2005年04月01日 

東北の食べ処その5〜秋田県南地方のカレー

pokara 町の「成熟度」を測る方法はいろいろあるだろうが、私が個人的に意識しているのは、インド料理店の有無である。普通のカレーショップではなく、インド料理店である。インド料理店に限らず、タイ料理やベトナム料理でもよいのだが、要するにそうした店がやっていけるような、「異文化」を受け入れる余地がある町かどうかが、その町の成熟度を測る一つの目安になるのではないか、と勝手に思っている。大きな町にインド料 理店が複数あるのはそうした意味ではごく当然と言えるが、小さな町では1軒でもあるかないかで、町の印象はずいぶん違う(と思う)。

 と前置きしておいて、今回は秋田の県南地区でインドカレーなどアジア系の料理を食べられる店を紹介したいと思う。いずれも、町の規模から言えば、こうした料理を食べられる店がなくても不思議ではない町であるが、実際には1軒ずつでも店があり、存続している、私の基準から言えば「成熟した」町である。


インドカレーロダン由利本荘市出戸町字八幡下157 、TEL0184-24-3418、11:00〜14:00、17:00〜21:00、火曜定休)
 秋田県の沿岸南部で本格的なインドカレーが食べられる貴重なお店である。普通のカレーとインドカレーの2種類があって、それぞれいろいろな種類のカレーがあるが、ここに来たらインドカレーを食べないと意味がない、と断言したい。

 インドカレーはブイヨンと20種類のスパイスで煮込んだもので、くどくなくあっさりしていて飽きのこない味である。テイクアウトも可である。

 辛いのが好きなら、注文時に頼めば辛口にしてくれる。+50円で煮込んだにんにくの粒を入れてくれるが、これがまたホクホクしてて美味である。

おすすめ:チキンインドカレー(辛口)+にんにく粒


ムーンライト大仙市大曲黒瀬町10-10-1、TEL0187-62-3238、18:00〜24:00、日曜定休)
 無国籍料理の居酒屋だが、その日何があるかはマスターの気分次第である。注文は店の壁に掛けられている黒板を見て、その日そこに書いてあったものの中か ら選ぶことになる。でも、時々つくってくれるグリーンカレーはとてもおいしい。どうしても食べたいなら、行く前に電話をしておくのがいい。

 「作るのに時間がかかるから」という理由でいまだにお目にかかっていない、幻のインドカレーも死ぬまでに一度は食べてみたいものである。

おすすめ:グリーンカレー


歩空横手市安田字ブンナ沢80-47、TEL0182-32-5025、11:30〜23:00(日曜は21:30まで)、無休)
 歩空と書いて「ぽから」と呼ぶ。ポカラとはネパールの都市の名前である(参照サイト)。ここはすごい。店の外観、内装、いずれもアジア系の香りぷんぷんで個性的である(写真参照)。 夜などはますます怪しげな雰囲気を醸し出している。

 まずは同店のサイトを見ていただきたい。この店が並みのカレー屋でないことが分かる。「歩空経典」など を見ると、「怪傑ゾロリ」もびっくりのオヤジ系ギャグのオンパレードである。「ご予約はお電話で」と書きながら、電話番号がそばに書いてなかったり、「超!地図」はなんと銀河系外からの道順が書いてあったり、ツッコミどころ満載である。

 ご主人はおいしい紅茶が飲みたくてしょっちゅうインドに行っているうちに、店を開いてしまったそうだが、紅茶だけでなくインドカリーもなかなかのもので ある。インドカリー以外にもタイカリーやその他様々なオリジナルメニューもあり、まさにアジアの多様さを体現したような店である。辛いのが好きな人は頼めば辛くしてもらえる。

おすすめ:チキンマハラジャカリースペシャル


  ワンミント仙北市角館町岩瀬字花場下6-4、TEL&FAX0187-54-1315、11:00〜17:00(夜は4,5名から要予約))
 2年前、武家屋敷の街角館に初めてできた本格的なカレー店。カレー以外にもコーヒーとジャズ音楽もウリ。カレーは、コクのある欧風カレーの「母さんカ レー」、サラッとした南インド風の「父さんカレー」、母さんカレーと父さんカレーが半分ずつの「息子カレー」(笑)、そして父さんカレーにトマトと辛味を 加えた「娘カレー」(?)の4種があって、値段は650〜750円くらいである。

 私は大抵父さんカレーか娘カレーを食べるが、スパイスの効いた味わいで、 カレー好きにも満足できる味である。

 ご夫婦二人でやっている店だが、カレーもコーヒーもジャズももともとは旦那さんの趣味だそうである。にも関わらず、店は奥さんが一人で切り盛りしてい る。それもそのはず、旦那さんは公務員だそうで、兼業ができないのであった。閉店が17:00と比較的早いのも、旦那さんの夕食の準備があるからなのであった。旦那さんの定年まで、頑張れ!

おすすめ:父さんカレー、娘カレー


LUSH LIFE(湯沢市表町1-2-32、TEL0183-73-5676、10:00〜19:00、木曜定休)
 湯沢駅通り商店街から路地に入ったところにあるジャズ喫茶なのだが、ここの「特製印度カレー(辛口)」はかなりのものである。他にも「ビーフライス(牛丼)」、「ホットサンド(ツナ)」、「ピザトースト(サラミ)」などのメニューがあるが、脇目も振らず私はいつも「特製印度カレー(辛口)」である(笑)。

 ただし!ランチタイム終了後(14時)から夕方までの時間帯が要注意である。店は開いてるのに誰もいないという状況に遭遇することがある。まったく不用心である(笑)。ま、それでも何もないということは、湯沢という街の平和さを物語っているようで好ましい。ただ、この時間帯に訪れる際には事前に店に連絡を入れておくのがよいと思う。

おすすめ:特製印度カレー(辛口)

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by ravi0119   2005年04月02日 20:56
池袋は成熟しすぎですね(*^.^*) 今日はランチにインドカレー2軒はしごしました。開拓&馴染みの店

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔