2005年08月24日 

東北の逸品その7〜栗駒高原牛乳、ヨーグルト、そして…

ba488640.jpg  宮城県と岩手県、そして秋田県の3県の県境にまたがる標高1,627mの栗駒山の山麓には良質の温泉が多い。宮城県側の駒の湯湯浜湯ノ倉温湯(ぬるゆ)、それに岩手県側の須川の5つの温泉を総称して栗駒五湯と言うが、いずれも古くからの温泉でのんびりするには最適の温泉である。湯浜温泉と湯ノ倉温泉は電気が通じていないランプの宿である。

 栗駒五湯には数えられていないが、秋田県側にも大湯温泉小安峡温泉(※小安峡温泉のある旧皆瀬村と合併した湯沢市のサイトにはまだ小安峡温泉などの観光情報がアップされていない)、それに栗駒からは少し離れるが泥湯温泉という、いい温泉がある。

 今回取り上げる栗駒高原牛乳とヨーグルトは、小安峡温泉に湧く豊富な温泉による地熱を全国で初めて活用した結果誕生した逸品である。製造元の栗駒フーズは、 栗駒山麓で酪農を営んでいた10名が共同で設立した企業だが、そこでは栗駒山麓の湧き水とこだわりの飼料で育てられた牛から搾乳された原料乳に、温泉熱を 利用した65℃-30分の低温殺菌処理を行い、自然な風味と栄養を持つ牛乳を作り出している。普通の牛乳ももちろんおいしいが、他にも脱脂粉乳を使ってい ない低脂肪乳や牛乳80%にロブスターとサントスをブレンドしたコーヒーを加えた炭焼珈琲牛乳など、こだわりを感じされる商品がある。

 ヨーグル トは低温殺菌した原料乳を、さらに温泉熱を利用し乳酸発酵させたもので、添加物、安定剤、防腐剤等、一切使用しておらず、牛乳の持つ風味とおいしさがその ままヨーグルトに出ている。ドリンクヨーグルトがメインだが、中でも甘味付けに三温糖と蜂蜜を使った甘さ控えめのハニーヨーグルトと、三温糖に苺果肉を加えた苺ヨーグルト(写真参照)が私のオススメの逸品である。

 牛乳やヨーグルトもおいしいのだが、もう一つのオススメはソフトクリームである。小安峡温泉近くにある栗駒フーズの工場で食べられる他、同じく小安峡温泉にあるとことん山、湯沢市の市街地にあるカウベル、横手市にある秋田ふるさと村、 それに秋田空港1F喫茶スペースsoraなどで食べられる。同じものだとは思うのだが、私的には工場のと、とことん山とカウベルのが他のところのよりおいしい 気がする。

 「牛乳屋さんのソフトクリーム」と銘打っている通り、おいしい牛乳の味がそのまま活かされているソフトクリーム で、私が今まで食べた中で一番おいしいと感じた。コンビニのミニストップのソフトクリームはおいしいと思うが、ここのソフトクリームはさらにその上を行っ ている 印象である。ぜひ一度試していただきたい。


追記(2006.1.26):秋田空港1F soraのソフトクリームは、栗駒高原牛乳のものではなくなったようである。久々に頼んでみたら、量はかなり増えていたが、味は何の変哲もない普通のソフトクリームのものだった。今まであった栗駒高原牛乳ののぼりもなくなっていたので、恐らく原料供給先が変わったのだと思われる。甚だ残念である。


追記(2006.11.12):秋田空港1F soraに「栗駒高原牛乳」ののぼりが復活した。ソフトクリームも栗駒高原牛乳のものになったそうである(チョコは除く)。牛乳そのものも飲めるが、この牛乳と有機栽培豆のコーヒーを使ったカフェオレがおいしそうである。


追記(2007.9.9):栗駒フーズのソフトクリーム「牛乳屋さんのソフトクリーム」を食べられる場所がもう一つあるのを忘れていた。東京のJR有楽町駅前の東京交通会館内にある「花まるっ秋田ふるさと館」である。秋田県内以外で食べられるのは、恐らくここだけである。東京交通会館内には他にも都道府県のアンテナショップがいくつもあり、北海道のアンテナショップでもソフトクリームは食べられるが、個人的にはこちらのソフトクリームの方がオススメである。

anagma5 at 19:04│Comments(0)TrackBack(0)clip!東北の逸品 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔