2005年12月02日 

東北の安く泊まれる温泉宿その1〜青森県

9b5286d8.jpeg  仕事柄出張が多いため、宿泊予約サイトにはいつもお世話になっている。私 が利用するのは大抵楽天トラベルかベストリザーブかイサイズじゃらんであるが、これらのサイトから予約すると大抵の場合正規の値段より安く宿泊できる。だ から、これらのサイトに日常的にお世話になっていると、楽天トラベルの前身である「旅の窓口」ができる以前の6、7年前のように電話で予約して正規の値段 で宿泊するのは、いまや何となく損したように感じてしまう。
 ところで、これらのサイトに登録されている宿泊施設を見てみると、シティホテルやビ ジネスホテルはもちろんだが、温泉宿も少なからず登録されている。今更言うまでもなく東北は温泉どころであるので、東北の宿泊施設一覧の中にも温泉に入る ことのできる宿もかなり登録されている。
 ここではこれらの温泉宿のうち、私の経済状況を反映して、特に安く泊まれる宿を紹介したいと思う。ちな みに、私にとって宿泊代が「安い!」と感じるのは概ね5,000円くらいまでのように思えたので(懐具合が垣間見えるようであるが)、紹介する宿も素泊ま り食事付きを問わず、5,000円以下で泊まれる宿で、かつ(私にとってはこれが大事であるが)一人でも宿泊ができる宿とした。
 もちろん、値段 が安いということで、施設、設備、サービスなどにおいて必ずしも十分でない宿もあるかもしれない。しかし、「安く温泉」というのはかつての「湯治」にもつ ながる我が国に綿々と受け継がれてきた庶民の変わらぬ欲求であると思うので、これらの宿もその欲求を満たすべくうまく利用できればよいと思う。
 今回は第一弾ということで青森県である。が、実は青森にはこれらの宿泊サイトに掲載されている安く泊まれる温泉宿が少ない。青森は温泉地数143(全国4位)、源泉総数1,021(全国7位)を誇る全国有数の温泉県であるので、ぜひ頑張ってもらいたい(?)。

谷地温泉写真参照) 一泊4,200円(和室バス、トイレなし、朝食付きは4,935円)
青森県十和田市八甲田谷地温泉 TEL0176-74-1161
予約:楽天トラベル
  これは驚いた。八甲田山麓の名湯、谷地温泉にまさかこの値段で泊まれるとは。八甲田山麓の温泉と言えば、国民保養温泉地にも指定されている酸ヶ湯温泉が有 名だが、そのさらに上にある谷地温泉も負けず劣らずの名湯である。東北6県のその他のサイトで予約できる温泉を見回しても、温泉の質でここに並ぶ宿は鳴子 温泉の東川原湯くらいだろうと思われる。間違いなくオススメ!

ホテルニュー銀水(大鰐温泉) 一泊4,450円(土曜日は4,950円、朝食付きシングル)
南津軽郡大鰐町大鰐125  TEL0172-49-2450
予約:楽天トラベルイサイズじゃらん
  大鰐温泉は津軽地方を代表する温泉地である。スキー場もあり、冬でも多くの人が訪れる。そう言えば、温泉の熱を利用して栽培している「温泉もやし」が有名 である。ここは素泊まりが基本という珍しい温泉ホテル。貸切風呂もある。日によっては一泊3,500円になることもある。

八戸温泉駅前旅館 一泊4,725円(和室素泊まり)
八戸市尻内町八百刈46−7  TEL0178-23-4141
予約:楽天トラベルイサイズじゃらん
 JR 八戸駅から徒歩5分のところにある温泉旅館。貸切風呂もある。交通至便のところにあるという意味で、出張の時にも泊まりやすいし、車でなくても利用しやす いというメリットがある。ここ以外に駅前で安く泊まれる温泉と言えば、東北広しと言えどもあとは秋田県横手市の横手プラザホテルくらいである。

温泉民宿ヤマニ分館(大鰐温泉) 一泊4,850円(食事なし素泊まりプラン6畳)
 南津軽郡大鰐町湯の川原8  TEL0172-48-2970
予約:楽天トラベルイサイズじゃらん
 ホテルニュー銀水と同じく大鰐温泉の中にある。こちらは創業80年の老舗旅館。源泉掛け流しの温泉に24時間入ることができるのがいい。

 他に、国民宿舎十和田湖温泉も素泊まり4,150円で泊まれる宿(楽天トラベルから予約可能)だったが、現在素泊まりプランがなくなっている。東北を代表する観光地十和田湖畔初めての天然温泉(と言っても離れたところにある十和田ポニー温泉から毎日タンクローリーで温泉を運んできて利用している)なだけに残念である。同宿舎のサイト
には、「時期により『朝食付』『素泊』はお受けできない場合がございます」とあるので、あるいは今がその時期なのかもしれない。

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by Noriモラ坊円瓢   2005年12月03日 01:45
すげえ、安い!

東北は、実は記憶がある人生の中ではまだ行ったことがありませぬ。

今度、妻に講演の場所を近くで選んでもらい、軽くお寺周りなどを流すか、と話しております。その際はぜひ、よいお寺を見繕ってくださいませ。青森の恐山はちょっと怖いです。

合掌。
2. Posted by 大友浩平   2005年12月05日 12:17
Noriモラ坊円瓢様、コメントありがとうございます。ぜひ今度ご講演方々東北へお越しください。これからの時期、露天風呂に浸かりながら雪見酒というのもなかなか風情があってよいです。山深くの温泉ですと、誰か先客がと思って見てみたらお猿さんだったというようなこともあるかもしれません。
恐山は冬の間は閉山していますが、実は4つの「薬湯」があり、参拝者は自由に入れるようになっています。お寺巡りと温泉巡りが同時にできる稀有な場所とも言えます。ぜひお出掛けくださいませ。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔