2005年12月13日 

東北で地ビールが飲める店その4〜岩手県西和賀町

4a1c6036.JPG 西和賀町とは聞き慣れない地名かもしれない。岩手県の山沿い、奥羽山脈を挟んで秋田県と接する湯田町と沢内村が合併してこの11月1日にできたばかりの新しい町である。

 沢内村と言えば、東北屈指の豪雪地帯であり、無医村だった同村にかつての深澤晟雄村長が苦心の末に国保病院を設置したエピソードは有名である。それと同時に沢内村は名水の里としても知られ、その水を使った東北を代表する地ビールである銀河高原ビール発祥の地である。この銀河高原ビールの工場が今も沢内村にはあり、工場に隣接してビアレストランと宿泊施設がある。「ホテル森の風アネックス 沢内銀河高原」(写真参照)がそれである。

 沢内村と合併した湯田町には湯田温泉郷という一大温泉地があり(参照サイト)、温泉の町として知られている。JRほっとゆだ駅には駅舎の中に温泉がある。豊富な温泉の熱で養殖しているスッポンの料理も有名である。また、湯田町を通る秋田自動車道の錦秋湖サービスエリアには同町が建てた東北では初のサービスエリア上の温泉入浴施設がある。一方の沢内村は湯田町ほど温泉が有名なわけではないが、沢内銀河高原に温泉がある(日帰り入浴も可)。循環式なのが残念だが、加水していないアルカリ性単純泉の湯はしっとりとした湯触りで心地よい。内湯の他に露天風呂もあり、温泉を十分満喫できる。

 地ビールに加えて温泉という、そのどちらも好きな私にとっては沢内銀河高原はまさに極楽のような場所である。以前書いたように、私は銀河高原ビールのヴァイツェンを毎日のように飲んでいるが、このうち、缶の「小麦のビール」より缶のヴァイツェン、缶のヴァイツェンよりは瓶のヴァイツェンの方が、生の銀河高原ビールに近い味がする。

 いずれ紹介する機会もあると思うが、私の住んでいる仙台にも銀河高原ビールを生で飲める店はある。しかし、ここ沢内銀河高原で飲む銀河高原ビールの生は、売られている缶や瓶のヴァイツェンとはもちろん、仙台の店で飲むヴァイツェンの生ともまた違う味がした。作りたてということのためなのだろうが、雑味がないと言うか、他の場所で飲むよりもキリッとした味わいがする。正直、私は銀河高原のヴァイツェンがこれほどキレのある味だとは、ここで飲む前には思っていなかった。仙台で飲む生、あるいは瓶や缶のヴァイツェンは、酵母が生きているが故に、日が経つにつれて発酵がさらに進み、その結果味にも違いが出てくるのだろう。生まれたての銀河高原ビールを味わいたければ、ここ沢内銀河高原はぜひ一度は訪れてみるべき場所である。

 ところで、沢内銀河高原における私の目当ては、もちろんこの銀河高原ビールと温泉だったのだが、実はここは食事もとびきりであることが分かった。料理には月替わりでテーマがあり、私が訪れた12月は「あったか煮物と煮込み料理」ということで、前菜「洋風前菜盛合せ」、造り「鱒、南蛮海老、紋甲烏賊、妻一式」、鍋物「サフラン鍋」、焼物「短角牛ステーキと豚肉のシチューパイ包み焼き」、煮物「郷土料理カスベの煮物」、中皿「白身魚の海藻蒸し煮雲丹ソース」、食事「古代米」、留椀「赤魚の湯引き澄し汁」、香物「三点盛り」、デザート「クレームブリュレ」という、贅を尽くした料理であった。この一つひとつの料理がまた実においしかった。ここは間違いなく料理で人を呼べる宿である。

 私が今まで泊まった中では(当然極端に料金の高い宿は含まれないが)、以前紹介したことがあるが、「料理の鉄人」で鉄人と闘って敗れたという程の実力の料理人のいる秋田県大潟村のサンルーラル大潟の料理と肩を並べるレベルである。そしてまた、地元の食材や料理法にこだわった料理の内容もとても好ましい。部屋の冷蔵庫には「銀河の水」という名のおいしい水、温泉の入り口には「百草水」という多種の草を水出ししたお茶が用意されているなどの心配りも嬉しい。

 そうそう、「光害」のないこの地で見る星空は格別で、まさに「銀河高原」の名にふさわしい。沢内銀河高原では、晴天時は夜8時半から「スターウォッチング」を行っており、天体望遠鏡で星空をつぶさに眺めることができる。

 できたての銀河高原ビールと温泉、そして絶品の料理、満天の星空と、沢内銀河高原はまさに言うことなしの宿である。もちろん、館内はゆったりとしていて快適である。私は一人で泊まったが、ここは願わくば大事な人と一緒に訪れてゆっくりとくつろぎたい場所である。宿泊予約は沢内銀河高原のサイト内からの他、楽天トラベルからもできる。なお、沢内銀河高原は、2006年1月4日から1月31日までリニューアルのため休館するという。山あいの村に忽然と存在するこのリゾートホテルがどのように変わるのか楽しみである。


追記(2011.9.16):沢内銀河高原はリニューアルして、名称も「沢内銀河高原ホテル」となった。もちろん、出来たての銀河高原ビールと温泉は健在である。


追記(2018.11.1):銀河高原ビールと沢内銀河高原が2017年10月末に「よなよなエール」などを醸造している地ビール国内最大手のヤッホーブルーイングに売却された。銀河高原ビールも全国で五指に入る醸造量であるので、両者を合計すると恐らく地ビール醸造所中ダントツの醸造量となると思われる(ヤッホーブルーイングは醸造量を公表していないので正確には不明だが)。
それはともかく、銀河高原ビールは引き続き醸造されているが、沢内銀河高原は2017年11月1日から休館となってしまった。
再開時期は未定で、1年が経った今も再開についてのアナウンスがない。沢内銀河高原が休館していることで、年1回の「銀河高原ビールまつり」も開催されなかった。
ヤッホーブルーイングの親会社はかの星野リゾートである。星野リゾートの宿泊施設再生のノウハウを活かした早期の再開を心から期待したい。


この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔