2006年03月28日 

仙台散歩その10〜リーズナブルなタイ料理バイキング店

img72.jpg  仙台駅東口にあるBiVi(ビビ)は、複合商業施設である。かつてここには大型総合家電店LaOXがあり、向かいにあるヨドバシカメラ マルチメディア仙台と競い合っていた。が、2003年9月に閉店。残ったLaOXの建物を活用してできたのが、このBiViである。ちなみに、BiViは福岡が最初にでき、仙台の後、京都にもできた。もちろん、それぞれ入っている店は異なる。

 仙台東口のBiViは、当初なかなかスペースが埋まらなかったが、昨年8月にようやくほとんどのスペースにテナントが入った。その1階奥に、今回紹介するオープンスペースのタイ料理店「タイメシガーデン」(写真参照)がある。「仙台散歩」と言いつつ、ほとんどカレーバイキング(と手打ちラーメン)しか紹介していないような気もするが、カレーバイキングを目指して散歩しているものと解釈していただき、話を先に進めることにする。

 この店、タイ料理のバイキングがウリの店なのだが、私の周囲の反応にあまり芳しくないものが多かったので、これまで行かないでいた。しかし、今回ようやく意を決して行ってみたところの感想は、「なんだ、おいしいじゃん」というものであった。

  いや、正直な話、けっこうイケる。私はタイ料理も好きで、けっこうあちこちの店で食べたことがあるが、ここはそれらの専門店に引けを取らない。昼のバイキングは、私が行った日は、焼飯(タイ米のカレーチャーハン)、ご飯(タイ米)、タイの肉料理のおかず4種、スープ、カレー2種(レッドカレー、グリーンカレー)、サラダ2種(春雨サラダ、生野菜サラダ)、デザート(タピオカ)というラインナップで、この中から好きなものを好きなだけ食べて、それで690円というのは正直破格だと思う。

 タイ料理に欠かせない香草やココナツミルクの香りも生きているし、辛い料理はちゃんと辛いし、「なんちゃってアジア居酒屋」のようなところで食べるタイ料理とは、比較にならないくらいしっかり作られている。ご飯もタイ米なのがうれしい。タイのカレーはやっぱりタイ米がよく合うと思う。ランチバイキングが16:00までなのもういれしい。

 このタイメシガーデン、夜も990円でバイキングができる他、タイスキが加わったバイキングは1,980円、食べ放題飲み放題でも2,880円である。リーズナブルにかつ本格的なタイ料理が食べたければ、間違いなくここは一押しである。


追記(2008.6.20):なんと、このタイメシガーデン、閉店してしまったそうである。タイ料理のバイキングができる店というのは、仙台市内ではここだけだったので、残念である。


追記(2011.9.16):仙台パルコ9階にできた「マンゴツリーカフェ」では、「微笑みのランチブッフェ」を行っている。一人1,380円である。また、木町通にある「タイ料理 サバイ・サバイ」では、毎月最終土曜日19時から「サバイ感謝DAY!」として、2階フロアーで飲み放題(タイビール除く)、バイキングスタイルの食べ放題で一人3,500円だそうである。予約無しでOKとのことである。

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔