2006年08月26日 

東北の歴史のミステリーその10〜泰衡は本当に凡愚の将だったのか

84a1f701.jpg 泰衡は最期の地となった比内(現在の秋田県大館市比内町)でいったい何をしていたのか。

 吾妻鏡によると、泰衡が平泉の自分の館に火を放ってさらに北に逃れたのが文治5年8月21日、河田次郎の裏切りに遭って命を落としたのが9月3日である。

 奥州は南端の白河関(福島県白河市)から北端の外ヶ浜(青森県青森市)まで、奥州藤原氏初代清衡が「奥大道(おくだいどう)」と呼ばれる街道を整備した。全行程20日余だという。平泉は白河と外ヶ浜のちょうど中間に位置しているので、平泉から外ヶ浜までは10日余である。

 泰衡が逃亡に逃亡を重ね、果ては夷狄嶋(北海道)を目指して北上したのだとすれば、普通の行程でも8月21日に平泉を立てば、8月末までには外ヶ浜までたどり着けたはずである。吾妻鏡に記されている通り、慌てふためいて一目散に逃げ出したのだとすれば、もっと早く外ヶ浜に着いて、「念願」の夷狄嶋への逃亡が可能だったに違いない。

 にも関わらず、河田次郎に殺害された9月3日の段階で泰衡が秋田県北部の比内(秋田県大館市比内)に留まっていたのはなぜなのか。さらに吾妻鏡には、夷狄嶋を目指して糠部郡に赴いたともある。糠部郡とは現在の青森県東南部から岩手県北部にかけての地域であり、秋田県北部の比内はそこに含まれない。

 さらに言えば、夷狄嶋を目指してということであれば、その順当な「逃走ルート」は奥大道であったろうから、そこから外れる糠部郡に向かうのには、何か理由があったのではないかとも考えられる。あるいは、奥大道に沿って北上したのではなく、糠部郡を経由して宇曽利郷(現在の下北半島)から夷狄嶋に渡ろうとしたのかもしれない。しかし、そうすると、なぜ糠部郡へ向かう道にない比内にいたのかやはり不明である。要するに、平泉を離れた後の泰衡の足取りには謎が多いように思えるのである。

 この間、泰衡は頼朝に命乞いの手紙を出したと吾妻鏡には記されている。その手紙には、返事は比内の辺りに落としてほしいと書いてあった。泰衡は頼朝からの返事を待つために比内に留まったのだろうか。しかし、吾妻鏡には夷狄嶋目指して逃亡していたとある。逃亡するなら、頼朝に命乞いの手紙を出す必要も、返事を待つ必要もないように思えるのだが…。この辺り、吾妻鏡の編者はどう考えていたのだろうか。

 以前、このブログを読んでくれた璃奈氏に兜神社鎧神社のことをコメントで指摘していただいた。指摘していただくまでその存在をすっかり忘れていたのだが、確かに、兜神社にはその名の通り泰衡の兜が、鎧神社には泰衡の鎧がご神体として祭られているという。

 問題なのは、これらの神社のある場所である。これらの神社はいずれも秋田県北西部の能代市の旧二ツ井町にある。最期の地比内からさらに西に約60kmの場所である。泰衡がここまで来ていたのだとすると、「夷狄嶋目指して北上した」という吾妻鏡の記述と矛盾するし、いったんここまで来ながらなぜ比内まで戻ったのかも不明である。

 兜神社にはその由来を記したものがなかったが、鎧神社には「泰衡が源義経をかくまったとして頼朝軍に攻められ平泉を逃れるが、この地に達したとき疲労甚だしく、鎧を薄井に置いて逃げたという。泰衡は郎党、河田次郎によって殺害されるが、村人はこれを憐みこの社に祀ったとされる」とある。さらっと「この地に達したとき」とあるが、この地に達した泰衡がなぜ比内に舞い戻ったのかについては記されていない。

 泰衡は逃げたのではなく、戦略的に北上したのだとする見方もある。海保嶺夫氏は「エゾの歴史−北の人びとと『日本』」(講談社学術文庫、アマゾン該当ページ)の中で、「平泉藤原氏はより北方に拠点(良港)を築いていた可能性がある」と指摘している。氏は泰衡の北走について、「四代泰衡が源頼朝の北征軍とろくな戦いもせず『夷狄島』へ逃げようとした(『吾妻鏡』)のは、たんなる逃走ではなく、彼なりの計算があったように思われてならない」と述べている。氏によれば、平和が100年も続いて実践の経験が皆無の奥州武士と、源平合戦などで実戦経験を十分に持っている関東武士との陸上戦の結果は見えているが、拠点を北方に移して日本海の荒波を乗り切った水軍を指揮して、海戦に持ち込めば勝機はあると泰衡は考えたのではないか、というのである。

 もちろん、氏自ら「文字通りの推測である」と述べており、泰衡がそのように考えて北に逃れたのだと判断できる材料は残っていない。津軽には安東水軍などの伝承はあるものの、奥州藤原氏が水軍を持っていたという確たる証拠も今のところない。しかし、吾妻鏡に記述されている材料を拾ってみても先に紹介したように、泰衡の行動には不可解さが残る。何か考えるところがあっての行動だったと解釈してもそう無理な推測ではないように思える。もちろん、それが何だったかは今となっては歴史の狭間に埋もれてしまってわからないままなのであるが(写真は泰衡最期の地なのではないかと私が考えている秋田県大館市の二井田八幡神社)。

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔