2006年10月05日 

東北のオススメスポットその6〜「東北最後の秘境(?)」秋田県北地方

33e305c2.JPG 東北で「秘境」と言うと、どこだろうか。ちょっと考えて思いつくのは、以前紹介した東北の北端である下北半島、あるいはこれまた以前紹介した津軽半島であろうか。確かに、仙台を起点にして考えた場合、下北半島も津軽半島も東京に行くよりも、距離的にも時間的にも、さらには心理的にもはるかに遠い。

 しかし、これらの地は確かに本州の北端ということで、「最果ての地」というイメージはあるかもしれないが、実際には石川さゆりの歌う「津軽海峡冬景色」に登場する竜飛崎ライブカメラ)を抱える津軽半島、本州最北端の尻屋崎、日本三大霊場の恐山を抱える下北半島とも知名度は高く、訪れる人も多いので、必ずしも秘境ではない。

 ちなみに、私はここで「秘境」という言葉をこんな意味で使っている。行ってみる価値が大いにあるにもかかわらず、いまだにあまり知られていない場所あるいは地域、である。だから、極端な話、行ってみる価値がそれほどなさそうな場所であれば、それは今のまま人に知られなくても構わないのである。

 ちょっと前までは、秋田県と青森県の県境に広がる世界一のブナの森である世界遺産・白神山地は間違いなく「秘境」であった。しかし、世界遺産登録後、その知名度は格段に上がり、一躍東北屈指の観光スポットとなり、今では逆に手付かずの自然をいかに保全するかが大きな課題となっているほどである。

 さて、では東北の秘境はどこにあるかであるが、それは秋田県の県北地方にある、と私は言いたい。この地域には、もちろん手付かずの自然があり余るほどある。が、ただそれだけでなく、それらは見る人を魅了せずにはおかない魅力を持っているのである。にもかかわらず、あまりに知られていない。秋田県北地方と言えば十和田湖八幡平が代表的な観光地であり、それぞれ魅力的なエリアであるが(参照サイト)、それらは「秘境」ではない。

 秋田県北地方の中で、私が特にオススメなのは2つのエリアである。一つは北秋田市の旧森吉町・旧阿仁町の森吉山周辺、もう一つは能代市の旧二ツ井町にある仁鮒・水沢スギ植物保護林である。今回は前者を紹介したい。

 森吉山は標高1454mの独立峰で、山麓には白神山地と同様ブナの原生林など豊かな自然がそのまま残っている。6月から10月までは太平湖という人造湖に遊覧船が出るので、それに乗るのがオススメである。遊覧船の着いた先からは森吉山登山にも挑戦できるが、登山道に入らなくても「三階の滝」まで続いている小又峡の遊歩道は軽装で気軽に自然を満喫できる。小又峡を流れる水は驚くほどきれいで、また場所によって様々な表情を見せる。三階の滝は、この遊歩道の締め括りとしてはうってつけのスポットである。

 秋田県内には滝が多いが、ここ森吉山にはとりわけ多くの滝がある。つい10年ちょっと前にも地元のマタギの間に古くから「神々の滝」と言い伝えられてきたという「九階の滝」が実際に発見されて話題になった。他にも「桃洞(とうどう)の滝」など個性的な滝が多いので本格志向の方は十分な装備をした上でこうした滝を訪ね歩いてみるのもよい。

 冬は北側斜面の森吉スキー場と反対側の阿仁スキー場でスキーが楽しめる。雪質は地元の人が東北随一と自慢するだけあって、正真正銘のパウダースノーである。北側の森吉スキー場の方が雪質は良さそうだが、南側の阿仁スキー場は標高が高いので、大差はない。阿仁スキー場では樹氷も見られる。

 宿泊は森吉山の北側にある国民宿舎森吉山荘がオススメである。国道から延々1時間近く山の懐に入ったところにある「秘境の宿」だが、それだけに静かで自然に抱かれてのんびりできる。温泉もある。数年前に改築されてきれいになった。道も以前は車一台すれ違えるかどうかの狭い道だったが、最近は随分拡張されたので行きやすくなった。他に、温泉通であれば、その森吉山荘に温泉を供給している杣温泉(そまおんせん)がオススメである。また、大人数でわいわい泊まるのであれば、森吉山麓にある「妖精の森コテージラウル」がよい。森吉スキー場には森吉ヒュッテもある。

 南側の阿仁は「マタギの里」として知られる。こちらにも「安の滝(やすのたき)」という名瀑がある(写真参照)。日本三大名瀑に数えられる仙台の秋保(あきう)大滝のような、圧倒的な水量による迫力があるわけではないが、流れ落ちる水の軌跡が美しい、優しげな表情の滝である。こちら側であれば宿泊は、打当温泉(うっとうおんせん)がよい。少し前に新館「マタギの湯」もオープンした。近くの熊牧場も楽しい。人を見ると立ち上がって手を叩いて遠くから餌をせがむ、やけに人馴れしたツキノワグマたちの姿が愛らしい。

 打当温泉から先の林道をそのまま行くと、峠を越えて八幡平エリアにある、かの玉川温泉の手前に出る。阿仁・森吉エリアから八幡平エリアに出る最短ルート(距離的には)で私はよく使う道だが、ほとんど通る車はない。決して万人にオススメはしないが、林道マニアにはオススメの道である。


追記(2009.9.14):その後森吉スキー場は閉鎖されてしまった。残念である。阿仁スキー場は健在である。

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 加藤K子   2006年12月01日 16:59
大友さんお元気ですか?なんかとっても寒くなってきましたね。私も遊びにきました。ネパールのお店私も気になっていました。ランチ安いですね。今度食べに行ってみまーす。自転車にカレーに・・・大友さん全開のブログですね。自転車の欄はごめんなさい。苦笑して飛ばしました!!ゆっくり時間をかけてよませてくださいね。また遊びにきます。
2. Posted by 大友浩平   2006年12月03日 20:07
K子さん、ごぶさたしてます。
コメントありがとうござりまする。
カトマンドゥのカレーはけっこうオススメです。
あ、ただし今ランチはお休みです。
最後までよく読むように(笑)。
で、何ですと?自転車の欄を飛ばしたですと?
そんなことでは立派なサイクリストにはなれませんですよ(笑)。
というわけで、そちらにもまた寄らせていただきまーす。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔