2007年02月21日 

東北で地ビールが飲める店その18〜青森県むつ市周辺

d27075c3.jpg 東北の、そして本州の最北部に位置する下北半島の、その北端に大間町という、まぐろの一本釣りで有名な町がある。そこに文字通り本州最北端の地ビールがある。その名も「卍麦雫」という(写真参照)。

 「麦雫」の名はビールが麦からできることからすると「さもありなん」というネーミングであるが、その前に「卍」がついている。だから、この地ビールは「むぎしずく」ではなく、「まんじむぎしずく」と読む。醸造元はと見ると、「バイコードリンク」という、これまたよくわからない名前の会社である。

 実はこの地ビール、大間町にある古刹崇徳寺というお寺が、境内に湧き出している地下水を利用して作っている地ビールなのである。ちなみに「バイコードリンク」という会社名は、実はこの崇徳寺が「梅香山」という山号を持っているところから名付けられている。この「卍麦雫」は、ネーミングに如実に現れている通り、全国初、お寺さんが醸造している地ビールなのである。

 お寺が地ビールを作るというのは確かに珍しく、他にそのような所があるということは寡聞にして聞かない。しかし、お寺というのは「葷酒山門に入るを許さず」で、ニラ・ニンニクの類や酒はご法度だったような気がしないでもない。まあ、実際にはお酒は「般若湯」(知恵のお湯?)という称号でお寺の山門の内にれっきとして存在するし、これは不勉強で知らなかったのだが、仏教に造詣が深い、と言うか、敬虔な仏教徒である知り合いによれば、ビールには「麦般若」という名称があるのだそうである。それに海外に目を転じれば、ベルギーのトラピスト・ビールのように、伝統的に修道院が地ビールを醸造している例もある。

 「卍麦雫」も住職の趣味が高じて、ということのようであるが(参照サイト)、寺の知名度アップ、収入源確保、そして地域振興にも一役買っているようである。これも「御仏のお導き」と言えるのかもしれない。

 この「卍麦雫」、発泡酒扱いのスタウト、ビター、ペールエールと、ビール扱いのラガー、ピルスナーの5種がある。もちろん崇徳寺で買い求めることができるし(境内には自動販売機も設置してある!)、下北半島の中心地むつ市では、むつ下北観光物産館「まさかりプラザ」で買い求めることができる他、地元のスーパー「マエダ本店」に置いてあることもある。そうそう、下北半島からはるか遠く、JR青森駅正面の土産店に置いてあるのも見つけた。

 ただ残念なのは、むつ市内にも大間町内にも、この「卍麦雫」が買える店はあっても、現在のところ「飲める店」はないということである。できれば、この「卍麦雫」を飲みながら、下北のおいしい海の幸を味わいたいものである。「御仏のお導き」に期待したい。


追記(2008.7.17):別のところにも書いたが、野辺地町の工藤商事(酒のくどう)が企画し、この「卍麦雫」の佐々木眞萌住職が醸造する「恐山ビール」が発売されている。5種類あり、ヤマブドウラガー、ビター、ペールエール、スタウト、そして恐山ラガービールがある。

 ヤマブドウラガー、ビター、ペールエール、スタウトは、麦芽使用量25%未満で発泡酒だが、醸造麦100%の発泡酒である。また、ヤマブドウラガーは、下北半島・八甲田・北奥羽山脈に自生する山葡萄100%の原液を使用している。恐山ラガービールは、麦芽使用量91.66%、醸造麦100%の地ビールである。

 いずれも青森県初のボトルコンディションビールと銘打たれている。ボトルコンディション(瓶内二次発酵)ビールは、新潟麦酒多摩の恵ビール(ペールエール)などが有名だが、青森だけでなく東北でも初めてではないだろうか。

 これらの地ビールにも以前紹介した青森の正直」のシールが貼ってあった。


追記(2019.2.26):その他、自家農園レストラン「アグレアーブル」では、箕面ビールが飲める。イタリアンレストラン「ラ・テーラ」では、ベアレンビールの定番3種が飲める。また、フレンチレストラン「パザパ」では、ヒューガルデンが飲める。


この記事へのコメント

1. Posted by miffy   2007年02月22日 08:03
おはようございます♪
朝から「御仏のお導き」のビールが気になり、今日一日そわそわして過ごしそうです(笑)
2. Posted by 大友浩平   2007年02月22日 23:49
miffyさん、コメントありがとうございます。
おや、miffyさんも「卍麦雫」に御縁がありましたか(笑)。
「麦般若」と言われるくらいですから、飲んで一休さん並に智慧が働くようになればよいのですが、私の場合飲んでも煩悩ばっかです(笑)。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔