2007年04月28日 

東北で地ビールが飲める店その21〜青森県八戸市

6135762c.jpg 青森県の太平洋岸、南部地方(「南部」とは県南地方という意味ではなく旧南部藩地域という意味である)の中心地八戸市には八戸シャトービールという地ビールがある。作っているのはシャトーカミヤ八戸で、八戸市の中心部に程近いJR本八戸駅の近くに醸造所兼レストランがある。

 シャトーカミヤは元々は茨城県牛久市のワイン醸造所であるが、ここ八戸のシャトーカミヤでは、八戸市蟹沢地区に湧く名水「蟹沢(がんじゃ)の水」で仕込んだヘレス、デュンケル、ピルスナー、それに季節ごとのスペシャルの4種の地ビールが味わえる。

 蟹沢の水はビール醸造に最適な硬度を持っているとのことで、確かにいずれのビールもすっきりした喉越しでありながらコクもあるという味わいのビールに仕上がっている。料理も地元の食材を取り入れた和食、洋食が楽しめてよい。

 レストランは写真の通り、まさに「シャトー」という感じの建物である。東北の地ビール醸造所でこれだけの威容を誇るのは、他には西和賀町の銀河高原ビールくらいではないだろうか。

 さて、シャトーカミヤ八戸で地ビールと料理をいただいて、さらに八戸の街中を歩いてみた。十三日町と三日町が八戸市の中心街だが、その付近になんと800軒もの飲食店が集中しているのだそうである。

 その中で、「世界各地のビールを取り揃えています」というポスターの貼ってある店を見つけた。それが長横町にあるジョアンナストロベリークラブである。長横町の細い路地を入っていったところにあるビルの地下にある店で、我ながらよく見つけたものだと思う。本来はダーツバーだそうだが、ビールは各国のビールが22種類ほど置いてあった。特に、店の名前にふさわしいベルギーの「フローリスストロベリー」は、他ではなかなか見かけない。店のスタッフの感じもよく、いい雰囲気の店であった。


追記(2008.4.15):「ミッシェル・ブラッスリ」(八戸市南類家2-2-17、TEL0178-45-8160、11:30〜14:00LO、18:00〜21:00LO、水曜定休)はフランス料理の店だが、ビールやワインも揃っている。ビールでは茨城県の常陸野ネストビールが置いてあった。他地域の地ビールが飲める店はそう多くないので、これは嬉しい。


追記(2011.8.31):上で紹介したシャトーカミヤ八戸だが、7月末で閉店してしまった(参照サイト)。茨城県牛久市のシャトーカミヤは健在なので、「シャトービール」自体はそちらで飲めるが、その「牛久シャトービール」は当然ながら八戸の「蟹沢の水」は使っていないので、レシピが同じでも厳密には別物である。東北の地ビールが一つなくなってしまったのは残念なことである。

 以前紹介した、同じ蟹沢の水を使ってシャトーカミヤ八戸が醸造していた岩手県久慈市の「琥珀の森」がどうなるのかなど、心配である。


追記(2013.7.12):FUSION BAR 3(八戸市長横町18-2F、TEL0178-44-0225、18:00〜5:00、日祝定休)には埼玉県のCOEDOビールが置いてある。


150606-203541追記(2015.6.7):八戸市内にいいビールの店が2軒新たにできていた。まず「CraftBeer & Dining Muddy's(クラフトビア&ダイニング・マディーズ)」(八戸市六日町10番地いわとくパルコ本館2F、TEL0178-32-0513、18:00〜23:00、金土18:00〜1:00、日月定休)は、地ビールが樽生で2種、それに瓶で大阪の箕面ビール、静岡のベアードビール、神奈川のサンクトガーレンがそれぞれ全種類揃っている。私が訪れた時には「水曜日のネコ」と志賀高原ビールのIPAが樽生であった。ピザを始め、フードメニューもいろいろあって楽しめる。


150606-213342 もう一軒の「kenkemビア・ファクトリー(ケンケン・ビア・ファクトリー)」八戸市六日町22−2 男山ビル1F、TEL0178-20-9199、月〜木11:30〜13:30LO、17:00〜23:00LO、金11:30〜13:30LO、17:00〜0:00LO、土17:00〜0:00LO、日17:00〜23:00LO、無休)は、ヒューガルデン、ベルビュー・クリーク、ギネス、レーベンブロイ、バスペールエールが樽生で飲める他、あおもりアップルドラフトや奥入瀬ビールなど、青森の地ビールが瓶で揃っている。こちらもフードメニューがいろいろある。



150606-214327 また、上で紹介した「Fusion Bar 3(フュージョン・バー・サン)」には、海外ビールと地ビールの2種の樽生に、瓶で海外のビールが28種揃っていた。私が訪れた時は海外ビールの方はレーベンブロイ、地ビールの方はCOEDOの「白」だったが、海外ビールの方がヒューガルデンであることが多いそうである。また、地ビールの方はその時々で入れ替わるそうである。お通しに出されるチーズ3種がビールに合って美味しい。


この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔