2007年05月19日 

東北で地ビールが飲める店その23〜福島県福島市

9bf12583.jpg 福島市には地ビールである「福島路ビール」がある。この福島路ビール、福島市の市街地からかなり外れたところにある。ほとんど車でないと行けないような場所なのだが、車で行ってはビールが飲めないので、福島路ビールのサイトの「交通ガイド」を参考にバスで訪れることにした。


 市街地から外れているだけあって、路線バスの終点に位置しているらしく、実際終点まで行ったら運賃が600円くらいにもなっており、はるばる来たという感じであった。


 ところがである。サイトに記載のある通りに当該路線の終点で降りたにも関わらず、見渡してみても自衛隊の駐屯地はあっても、地ビールの醸造所は見当たらない。まさか自衛隊の駐屯地の中にあるわけはないし、これはおかしいと思って福島路ビールに電話してみたところ、何とバス路線が変更されて、福島路ビールのあるところまでは行かなくなったとのことであった。それであるなら、サイトのアクセス案内を速やかに変更しておくべきではないですかと「異議申立」をしたが、後の祭りである。現在のバスの終点から歩いたらどれくらいかかりますかと尋ねたら1時間はかかるとのことである。当然、送迎もない。それでもせっかくここまで来たので今から歩いて行きますと言ったら、あと1時間で閉店なのでタクシーでどうぞとのこと。しかし、歩いて1時間となるとおよそ4kmくらいであろう。4kmをタクシーで行ったら恐らく2,000円くらいはかかる。往復で4,000円である。1杯のビールを飲むのにはあまりにも高い負担である。というわけで、結局飲まずにすごすごとバスではるばるまた街中まで戻ってきた。


 後日、同サイトの「交通ガイド」を確認したところ、「バスでのご来店はバス停から遠いため、難しくなっています」と修正されていたが、これは第二の犠牲者を出さなかったという意味で、私の「お手柄」と言ってもよいと思う(笑)。

 さて、気を取り直して、福島の街中でビールをウリにしている店を探してみた。飲食店が集中している置賜町や陣場町、万世町、大町などを歩いてみたが、なかなか見当たらない。人口ではいわき市の方が多いし、商業では郡山市の方が規模が大きいが、何と言っても県庁所在地である。ビールのおいしい店の一軒くらいあってもよさそうなものだと思って探してみたら、その通りようやく一軒見つけた。それが「Beer Bar RED」である(写真参照)。

 ここはビールのおいしい店が福島県内に少ないことを不満に思ったオーナーが2005年に開いた店で、確かに以前紹介したように郡山市はともかく、街中を歩き回った経験からすると、福島市ではこれだけのビールが揃う店はここぐらいではないかと思われる。外国のビールだけで生、瓶合わせて41種類のビールが揃っている。フードメニューもイタリアンを中心にビールに合いそうな欧風の料理が揃っていて、ビールを楽しむにはうってつけである。

 惜しむらくは、生がカールスバーグ、ハイネケン、バス・ペールエール、レーベンブロイなど、比較的よく見かけるビールのみであったことで、これにヒューガルデンやベルビュー・クリーク辺りの生もあれば申し分ないと思われた。ともあれ、福島市で確認できたところでは唯一のビア・バーである。これからも頑張ってほしいものである。


追記(2007.6.5):「福島路ビール」のサイトだが、大幅にリニューアルされていた。交通については、「バス」の表記は消え、「タクシー」の場合「福島→アンナガーデンへ。」となっていた。福島駅から乗った場合にどれくらいの料金がかかるかまで記載しておくとより親切だと思う。土地勘のない人がタクシーで行って、後で料金(4〜5,000円?)を見てびっくりする可能性もないとも言えないので。


080910-202729追記(2008.9.10):栄町にあるビアレストラン「ローゼンケラー」(写真参照)はアサヒビール系列の店だが、スーパードライ、黒生、熟撰、レーベンブロイに混じって、ベルビュー・クリークの樽生が置いてあるのがいい。また、瓶ではドイツのラーデベルガーがある。これは他の店ではあまり見かけない。料理もソーセージを始めビールに合いそうなメニューが豊富で、それに季節に応じたメニューがその時々で追加されるので、行く度に楽しみがある。



追記(2008.10.18):福島市郊外にある飯坂温泉は東北でも有数の規模の温泉街を有するが、その温泉街の中にある「Music & Sports Bar 楽屋」には、ビール好きの期待に応えるビールが取り揃えられているようである。具体的には、瓶のみのようだが銀河高原ビールのシルバーボトル、ギネス、ジーマ、バドワイザー、コロナ、タイガー、モレッティ、グローシュ、ヒューガルデンの「禁断の果実」、シメイブルーなどがあるようである。飯坂温泉でこれだけの種類のビールが飲めそうなのは恐らくここだけのようで、貴重な店である。


追記(2009.3.13):上で紹介した「Beer Bar RED」だが、何度か足を運んでも閉まっていたので、ひょっとして…と思っていたところ、やはり閉店してしまったようである。電話もつながらず、サイトにもアクセスできなくなっていた。
 福島市の市街地で多種類のビールを楽しめる店がなくなってしまったわけで、大変残念である。


090328-211031追記(2009.3.28):当のご本人からコメント欄でお知らせいただいた通り、Beer Bar REDは移転して健在だった(写真参照)。よかった。新しいサイトも紹介していただいたが、まだ新しいせいか、Googleで検索しても上位に表示されないようである。

 私が訪れた日は何と貸し切りで、残念ながら自慢のビールは味わえなかったが、ドイツのヴァイツェン・ビールの一つであるヴァイエンシュテファンの樽生もあるのが分かり、次に行くのがとても楽しみである。




追記(2009.6.15):Beer Bar REDヴァイエンシュテファンの樽生だが、1階の入り口に「本日ヴァイエンシュテファンあります」の貼り紙があったので行ってみたが、行ってみたら切れていた。残念である。このビール目当てで行く人は、事前に確認してから行った方が無難なようである。


184857追記(2009.10.29):福島で餃子を食べる時、いつも残念だったのは、当たり前と言えば当たり前なのかもしれないが、ビールがたいていキリンかアサヒオンリーだということであった。このおいしい餃子をもっと違ったビールで味わってみたいと思っていたが、そういう店はないものだと思っていた。

 ところが!あったのである。それが、「」(福島市万世町1-26-2F、TEL024-522-8744、17:30〜24:00(月〜木)、17:30〜1:00(金・土)、日曜定休(月曜日が祝日の場合営業))である。難しい字である。何て読むのか分からなかったので、お店の人に聞いたら、「はなしべ」と読むそうである。ケータイでも「しべ」と入力すると出てくると教えてくれた。あ、ホントだ!


212817 この店、嬉しいことにベルギービールが常時10種類以上置いてある。私が行った時には、ネロブロンド、パトラッシュ、ローデンバッハ・クラシック、ニュートン、デュベル、シメイのレッドとブルー、ヒューガルデンホワイト、ミスティックライム、レフ・ブラウン、セゾンレガルの11種があった。

 ネロブロンドとパトラッシュは初めて見た。もちろん、かの有名な「フランダースの犬」の、あのネロとパトラッシュである。そう言えば、あの話はベルギーのフランドル地方が舞台だった。子どもの頃、アニメで見た最終回で、友達は「泣いた〜」と言っていたが、私はひたすらあのアロアの父親に怒っていたのを思い出す。

 ま、それはともかく、ネロブロンドもパトラッシュもいかにもベルギー、と言うようなおいしいビールだった。もちろん、グラスもちゃんと専用のグラスである。

 ビールだけではない。ここの餃子もいい。「手打ち焼き餃子」は、福島県産小麦のゆきちからと米粉を使って作った皮のもちもち感がいい。「安達太良酵母牛 焼き餃子」は、その名の通り安達太良酵母牛を使ったジューシーな味わいの餃子である。他に、水餃子と福島名物円盤餃子もある。

 餃子以外の料理も絶品である。特に、肉、野菜、魚とも福島県産のものをメインに素材の味を引き出すような調理、味付けがされており、どれを頼んでも楽しめる。T・K・G(卵かけご飯)にも手を抜かない。福島の誇る「ネラの卵」を使い、しょうゆも「福島県産原料しょうゆ」を使うといった徹底ぶりである。

 おいしいベルギービールと地元のおいしい料理。まさに探していた店という感じである。福島市内でおいしいビールが飲める店の中で、間違いなく私のイチ押しの店である。


追記(2010.5.19):福島駅近くにある「Cafe Brasserie Remi(カフェ・ブラッセリー・レミ)」(福島市置賜町1-29、TEL024-522-9180、平日11:30〜14:00、17:00〜23:00、金土祝前日11:30〜24:00、日祝日11:30〜23:00、火曜定休)には、ベルギーのりんごを使ったビール、「ニュートン」が置いてあった。


111126-194218追記(2011.12.28):「Tea & Bar MAGIE・NOIR(マジー・ノアール)」は落ち着いたいい雰囲気のバーだが、ここで福島路ビールの樽生が飲める。飲めるのもエクストラ・ピルスという通常のピルスナーとは違う、4種類の麦芽と4種類のホップを使ったスペシャルビールである。

 また、「こだわりやま 福島駅前店」と「はなの舞 福島駅通り店」で、福島路ビールの樽生が飲めるようになった。以前書いたように、会津若松駅前のはなの舞では猪苗代地ビールの樽生が飲めて重宝しているが、今回のこの福島市内の両店での対応もビール好きには嬉しい限りである。飲めるのはピルスナーである。



追記(2012.3.15):上で紹介した福島路ビールだが、同社サイトによると、その後再度バス路線の変更があったらしく、最寄りの場所まで再びバスで行けるようになったようである。これは朗報である!福島交通バスで福島駅東口より土湯温泉方面行きに乗車して所要時間約30分、自治研修センター下車、運賃が670円、下車後約800mで徒歩約10分、2011年10月現在の情報であることも明記されている。この表記は分かりやすくてとてもよいと思う。

 なお、上で紹介したは「」でも福島路ビールが飲めるようになった。ピルスナーとレッドエールの2種類の瓶である。


追記(2015.1.29):福島駅近くにある「庵ぐら 福島駅前店」(福島県福島市栄町6-1エスタビルB1F、TEL024-522-1626、16:30〜23:00LO、日曜定休(三連休の日曜は営業))は福島の地物を使った料理が美味しい居酒屋だが、ここに福島路ビールのピルスナーが樽生で置いてあった。これはいい組み合わせである。


追記(2017.10.27):福島駅から歩いて5分くらいのところにある「炙り酒場 庵八 福島店」(福島市栄町12-1第一寿ビル2F、TEL024-522-7176、17:00〜23:00LO、日曜定休※土〜月の三連休の日曜は営業で月曜が休み)は、藁焼き料理や福島の地元の料理が美味しい店だが、よなよなエールの樽生が置いてあった。


追記(2017.11.17):福島駅近くにある「大阪お好み焼きペポパ」(福島市栄町12-1第一寿ビル1F、TEL024-522-5685、17:00〜23:30LO、不定休)は、大阪お好み焼きともんじゃ焼きが食べられる店だが、ここでは飲めるビールはその時その時で異なるが、みちのく福島路ビールが樽生で飲める。


WP_20180315_20_12_55_Rich[1]追記(2018.3.15):パセオ通りに「ワインと生ハム カミヤファクトリー」(福島市万世町5-6第3清水ビル2F、TEL080-5736-1219、18:00〜1:00、日曜定休)ができた。マスターの宇津木さんがチョイスした国産ワインと生ハムが美味しい店だが、ここでみちのく福島路ビールのヴァイツェンが飲める。福島の街中でみちのく福島路ビールのヴァイツェンが飲める店はなかったので貴重である。今後、みちのく福島路ビールとコラボしてオリジナルのビールも造りたいとのことで楽しみである。


この記事へのコメント

1. Posted by RED   2009年03月25日 02:57
blog拝見いたしました。
私の店のことをblogで紹介していただき、ありがとうございます。

実はジャガービルの店は私が体調を壊してしまい、2008年8月をもって閉店しました。
その後、BeerBar REDの事を支えて頂いたお客様の励ましの声をいただき、2008年11月17日に移転Openする事ができました。

今ではグレードアップして生ビールもヴァイエンステファン、ヒューガルデン、キルケニーなど海外生ビールを増やし、より満足いただける店となりました。
ぜひNew BeerBar REDに足を運んでください。


BeerBar RED
福島県福島市置賜町4-24ミヤコビル2階
http://x39.peps.jp/beerbarred

2. Posted by 大友浩平   2009年03月26日 13:00
REDさん、コメントありがとうございます。
そうでしたか、移転なさっていたのですね。
早とちりですみませんでした。
とっても嬉しいお知らせです。
私の好きなビールが生で飲めるようですし、これでまた福島に行く楽しみができました。
そのうちお邪魔させていただきます。
今後ともよろしくお願いします。
3. Posted by 蘂   2010年01月20日 22:30
こちらもblog拝見しました。

オーナーである私自身も福島餃子に合う美味しいビールを探していて出会ったのがベルギービールでした。
グラスとビールがセットで初めて意味をなすこのビールの楽しさにハマってしまいました。

セリス、オルヴァル、ビーケンetc新しいベルギービールも入荷してます。
餃子も更なるレベルアップを試みてお客様に喜んでいただけるように日々楽しみなが作ってます。

ぜひ福島に来た時はお立ち寄りください。
美味しいベルギービールと餃子でお待ちしております。
4. Posted by 大友浩平   2010年01月20日 23:44
蘂さん、コメントありがとうございます。
餃子始め福島のおいしい食材を使った各種の料理だけでなく、ビールにも並々ならぬこだわりをお持ちのようで、私のようなおいしいものとビールの両方が好きな者にとっては、まさに理想的なお店です。
店員さんの接客もいいですね。
また福島を訪れた折にはお邪魔させていただきます。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔