2007年08月21日 

東北で地ビールが飲める店その26〜秋田県大仙市

d9c1a807.jpg 秋田県の県南、大仙市は、旧大曲市と周辺の町村が合併してできた新しい市である。

 大仙と言えば、何と言っても有名なのが毎年8月の第4週の土曜日に行われる、大曲の全国花火競技大会である。ただの花火大会ではなく、競技大会なのである。花火師にとっては、この大会に出場できるということは名誉なことだそうで、この花火大会は全国選りすぐりの花火師たちがその腕を競う場ということで、最初から最後まで非常に見応えのある花火大会である。

 当然見る人の数も多く、この日は全国からおびただしい数の人が大曲を訪れる。通常、仙台ー大曲間は東北自動車道、秋田自動車道を使うと車で2時間程度の行程だが、この日だけは花火が終わる9時過ぎに大曲を出ても、仙台に着くのは間違いなく明け方である。

 さて、そのような花火の町大仙でビールのおいしい店を探してみた。一番期待していたのは、嶋田ハムである。大曲にある嶋田ハムは、ドイツのハム・ソーセージ造りを学んで、その製法に忠実においしいハム・ソーセージを造っている。秋田県以外ではあまり見かけず知名度は必ずしも高くないが、高級品で贈答用に使われることも多い。JR大曲駅近くにはこの嶋田ハムの直営レストランがある。ドイツ式にこだわる嶋田ハムのレストランなら、それに合うドイツビールが置いてあるのではないかと期待したのである。が、レストランにはドイツワインこそ置いてあったが、ビールは国産大手のものしかなかった。残念であった。もちろん、ハム、ソーセージは絶品であったが…。

 iタウンページの「ビアホール」の項には大仙に2軒の店が載っていたが、そのうちの1軒「ビアホールチャコール」は、実際に行ってみるとどう見ても地ビールや外国のビールは置いてなさそうな雰囲気であった。もう1軒の「夢酒大曲店」は該当する住所に行ってみても店自体が存在しなかった(電話も「現在使われておりません」だった)。

 さらに飲食店が集中しているJR大曲駅周辺を探索してみると、「DrinkRoom Jooks」という店には、バドワイザー、コロナ、ジーマなどがあることが外から分かったが、それ以外はなさそうに見えた。横手市の時に紹介した「洋風居酒屋崖淵倶楽部」の大曲店もあったが、多分ビールの品揃えは横手店と大差ないだろうと判断して入らなかった。その上の「Pot Still」という店にはハイネケンがあることは看板から分かったし、「HE'Z BAR」という店はダーツバーで何となくビールがありそうにも思えたが、いずれも私が探している地ビールやドイツ、ベルギーのビールなど、あまり見かけないビールはなさそうと判断して結局いずれの店にも入らずじまいだった。

 どうやら大曲には私好みのビールが飲める店はなさそうだと判断し、それなら以前紹介したことのある「Moon Light(ムーンライト)」で飲み食いしようかと思い、久々に行ってみた。

 この店は、他の店とちょっと違う一風変わった店である。それは多趣味で多芸なマスターのキャラによるところが大きい。以前も書いたが、その日に何が食べられるかはマスターの気分次第である。お通し一つ取っても、私が行った日は「けっこううまくできたから食べてみて」という言葉と共に麻婆豆腐が出てきた。それも普通の食べやすい麻婆豆腐ではなく、中国の山椒のしっかり効いた辛口の本場四川流の麻婆豆腐である。私は大好きだが、一般には決して受けないだろうと思われるこのようなものを、しかもお通しとして出す店は、四川料理店の中にすらあるまい。ちなみに、その前の日は手打ちそばをお通しに出したのだそうな。何度も言うが、締めではなく、お通しに、である。

 そんなMoon Lightでビールは何があるか聞いたら、あるわあるわ、ハイネケン、シンハー、サンミゲールのダーク、チリビール、ハートランド、クアーズなどが冷蔵庫の中から続々出てきた。さらに冷蔵庫の奥からは、私の好きなベルギーのシメイブルーまで出てきた。これこれ、これを飲めれば私は満足である。大曲でシメイが飲めるのは多分ここだけだろうとマスターと笑ったが、私が街中を歩いた印象から言っても実際そうだろうと思う。

 以前紹介したタイのグリーンカレーが食べたかったが、その日は材料がなく作れないとのことだった。それなら代わりに何か辛い料理を、と頼んだら、ごそごそと材料を探して作ってくれたのはビビン冷麺であった。ただの冷麺ではなく、ビビン冷麺である。いかにもこのマスターらしいと思った。

 そんなわけで、1点ビハインドの9回裏2アウトランナーなしという敗色濃厚な状況から逆転サヨナラ勝ちしたような気分だったが、それはMoon Lightという稀有な店のお蔭であった。これからもずっと、「あそこに行けば何かある」、というような(妙な?)期待の持てる店でいてほしい(ちなみに写真はMoon Lightとは何の関係もないが、大曲オリエンタルホテルのイルミネーションである)。


追記(2019.2.26):大曲の街中にある「シーズンダイナー喜代」では、ヒューガルデンが樽生で飲める。また、タップマルシェが入ったので4種のクラフトビールも飲めるようになった。

この記事へのコメント

1. Posted by きりぞう   2007年08月22日 15:31
初めまして(o_ _)o))
大曲の花火をたどってやってきました♪
スタタタタタ (((((((o≧▽≦)oウケケ
ボクの日記では秋田の情報を紹介してるからぜひぜひ遊びに来てね♪
( ^^)r おいでおいで
2. Posted by 大友浩平   2007年08月24日 12:57
きりぞうさん、コメントありがとうございます。
なるほど、きりたんぽ味の雑炊できりぞうさんですか。
これは知りませんでした。
おいしそうですね。
って言うか、比内地鶏のスープに肉なら間違いなくおいしいでしょうね。
今度秋田に行ったら買ってみたいと思います。
今後ともよろしくです。
3. Posted by きりぞう   2007年08月24日 14:00
またお邪魔しちゃいました♪
花火はいよいよ明日です(*ノノ)キャ
写真、もし上手に撮れたらUPしますね♪
4. Posted by 大友浩平   2007年08月30日 13:01
きりぞうさん、花火は例年通り盛況だったようですね。
きりぞうさんの認知度も高まったのではないでしょうか。
それはそうと、皆既月食、そちらでは見えたんですね。
こっちは曇ってて全然ダメでした。(T_T) ウルウル

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔