2008年10月16日 

東北をめぐる鉄道の旅その6〜「青春18きっぷ」を使った関西方面の旅

7de5ebd7.jpg 帰りであるが、えきねっとの「乗換・運賃案内」で検索してみると、京都が起点の場合、平日は京都6:14発に乗って仙台22:59または仙台23:13着となり、土日祝日の場合は京都を5:30に出て仙台22:09着か、京都を6:39に出て仙台22:59着という行程になるようである。大阪が起点だともっと早く出ることになるだろう。

 しかし、せっかくはるばる関西まで前日16時間以上もかけて来て、睡眠時間も含めた滞在時間が8時間あるかないかというのではちょっともったいない。せめて1日くらいは街中を散策したり、おいしいものを食べたりしたいところである。そうなると問題は宿泊費である。元々それほどお金をかけずに旅できるのが青春18きっぷのメリットの一つなのだが、ここで2泊分もの宿泊費を負担するのはちょっとイタい(そう思うのは私だけかもしれないが)。その解決策として「快速ムーンライトながら」を使う手がある。

 「快速ムーンライトながら」については、いろいろなサイトで解説されているので詳細はそちらを参考にしていただきたいが(例えばここここ)、東京と大垣を1日1往復結んでいる夜行列車である。夜行列車と言っても、全席指定ではあるものの特急や急行ではなく快速なので、指定席券料510円は必要ながら乗車券は青春18きっぷが使える。これを使えば、2泊目の宿泊代を負担することなく、昼間の時間を十分に活用することができる。ちなみに指定席はリクライニングシートになっており、高速バスのシート程度には倒すことができるが、車内灯は一晩中ついたままなので、明るいと眠れない人はアイマスクがあるとよいかもしれない。

 具体的な行程としては、京都21:30発の新快速米原行きに乗って22:23米原着。その後、米原22:31発の大垣行き普通列車に乗ると23:02大垣着で、大垣23:19発の快速ムーンライトながら東京行きに乗る。ちなみに、日付が変わる駅は大府で、京都を起点とした場合乗車券代が2,940円となり、青春18きっぷの1日当たりの金額(2,300円)を上回るので、京都から大垣までの分も青春18きっぷを使用した方がおトクである。東京には5:05に到着する。

 ここから一刻も早く仙台に帰りたければ、上野5:47発の宇都宮行きに乗って乗り継いでいけば12:16に仙台に到着するが、それほど急がないのであればその日は夕方まで東京に滞在することもできる。上野16:23発の宇都宮行きがその日仙台まで帰るための最終列車となるが、これに乗れば23:13に仙台着である。

 まとめれば、青春18きっぷ3日分と1泊の宿泊費、510円の指定席券代で、2泊3日の関西方面旅行(&東京散策)が実現するわけである。ちなみに、青春18きっぷが利用できる期間中のムーンライトながらの指定席はけっこう人気なので(特にお盆、年末年始など)、早めの予約が肝心である。

 さて、「東北で地ビールが飲める店番外編」の続きだが、京都市の街中で飲める地ビールのもう一軒は、キンシ正宗が醸造する京都町家麦酒(「堀野記念館」の「京都町屋麦酒醸造所」をクリック)が味わえる「ダイニングバー堺町ほっこり」(写真参照)である。京都町家麦酒にはケルシュアルト黒ビール、それにエールタイプの「同志社ビール寒梅館」があり、この堺町ほっこりでは隣接している醸造所(写真参照)で作られた出来立てのビールを味わうことができる。毎年お盆期間中は「舞妓と楽しむ京町家ビアホール」と称して、地ビールが90分飲み放題(おつまみ付)で舞妓さんが客席を回って歓談してくれるというイベントもある。要事前予約だが、当日空きがあれば飛び込みで参加できることもある。

 先に紹介した「じろく亭」もだが、どちらの店も京都の食材を活かした和食メニューが豊富で、いずれも日本酒醸造元らしく水にこだわった(京都麦酒は「伏水」、京都町家麦酒は「桃乃井の名水」)地ビールと共に堪能することができる。

 なお、ムーンライトながらで東京に着いたら、まず一風呂浴びたいと思うかもしれない。そのような時は、東京駅から中央線快速で二駅の御茶ノ水駅から徒歩5分の神田アクアハウス江戸遊がオススメである。朝8:00までやっており、「せんとうコース」なら3時間まで450円である。リンスインシャンプーとボディソープは備え付けてあるので、自前のタオルがあれば快適に入浴できる。

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. えきねっと  [ キーワードマーケティング実験室 ]   2008年10月27日 20:00
えきねっとに関連するブログを集めてみました....

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔