2010年01月04日 

東北で地ビールが飲める店その50〜秋田県能代市

662024ed.jpg 秋田県能代市は、秋田県の北部の日本海沿岸にある、人口約6万1千人の市である。江戸時代から植林された700万本の日本最大の松林である風の松原や、全国大会で幾度もの優勝を果たした能代工業高校のバスケットボールなどで有名である。

 この能代市内で地ビールが飲める店を探してみたが、正直これといった店は見つけられなかった。「HARAJUKU ORION-3」(能代市追分町3-17、TEL0185-55-0428)でレーベンブロイとミラースペシャル、「Beer & Wine BIG FOOT」(写真参照、能代市柳町6-16、TEL0185-54-7989)でバス・ペールエールの生とギネス、エビス生、ミラースペシャル、「焼酎Bar 彩香亭」でレーベンブロイの生とギネス、「いやしん房 びや樽」(能代市柳町9-31、TEL0185-52-9299 )でコロナ、クアーズ、エビス、エビス・ザ・ホップが飲めるが、日本の地ビール、レーベンブロイ以外のドイツのビールやベルギーのビールなどが飲める店は見つけられなかった。これまで同様、やはり日本海沿岸の町でビールの充実している店を見つけるのはけっこう難しいようである。

 ところで、能代市には洋食のおいしいオススメの店がある。まず「le tablier(ラ・タブリエ)」(能代市柳町13-13、TEL0185-54-2111)というレストランである。フレンチがメインの店だが、串揚げもオススメである。地元の食材がメインのとてもおいしい料理がリーズナブルに食べられる。ここにはキリンのブラウマイスターの生とハートランドが置いてある。

 「キッチン菅野鮮魚店(すがのせんぎょてん)」も港町らしく新鮮な魚介類がメインのフランス料理が楽しめる。お任せスタイルの店で、その日どんな料理が出てくるかは親方次第である。ここではバドワイザーの生が飲める。瓶ではないバドワイザーの生は比較的珍しい。

 他に、「Bamboo Grill 窟(いわや)」は韓国からインドまで様々なアジア料理が楽しめる能代では貴重な店だが、ここにはギネス、ハイネケン、コロナ、バドワイザーが瓶で置いてある。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔