2010年05月11日 

仙台散歩その39〜シビれる中華料理店

辛いもの好きの私にとっては、中華料理の中で一番好きなのはやはり四川料理である。陳式麻婆豆腐や坦々麺はとりわけ大好物である。ところで、一口に辛さと言っても、地域によって辛さの特徴はいろいろである。インドや東南アジアは唐辛子系のヒリヒリした辛さが特徴的だが、日本ではもちろんそうした唐辛子系の辛さもあるが、山葵や芥子のツーンとする辛さが特徴的であると思う。これに対して四川料理で特徴的なのが日本の山椒をはるかに上回る花椒のシビれる辛さではないだろうか。

 中国では、花椒のシビれる辛さを麻(マー)、唐辛子のヒリヒリする辛さを辣(ラー)と言うそうであるが、本場の陳式麻婆豆腐や坦々麺はこの両方の辛さが味わえる。この本格的な麻辣(マーラー)の辛さが味わえる店が仙台にもいくつかあって私のお気に入りの店である。

224409.jpg  一つは長町にある「万豚記(ワンツーチー) 長町店」である。ここは本格的な四川料理が味わえるが、中でもここの紅大陸坦々麺(くれないたいりくたんたんめん)という辛い坦々麺が私のお気に入りで、ヒリヒリの辛さとシビれる辛さが同時に味わえる。

 ちなみに、麻婆豆腐もそうした味が味わえるが、この坦々麺ほど辛くはない。また、功夫坦々麺(クンフーたんたんめん)の辛さも紅大陸坦々麺に匹敵する。ただ、私は紅大陸坦々麺の味の方が好き、ということである。





222417.jpg  もう一店は、仙台厚生病院の向かいにある台湾料理店の「香菜(シャンツァイ)」(仙台市青葉区柏木2-1-11、TEL022-219-6131、11:30〜14:30、17:30〜22:00(日祝21:20まで)、月曜(祝日の場合は翌日)定休)である。台湾料理も四川料理の流れを汲んでおり、名古屋発祥と言われる台湾ラーメンも辛いラーメンである。

 この店には「炎の激辣麺」というコピーの牛肉河粉(ニューローホーフン)とワンタン河粉(ホーフン)がある。河粉とは、きしめんのような平たい形のビーフンで、その麺に四川、韓国、日本の唐辛子をブレンドし、八角、桂皮、陳皮、花椒など10酒類以上の漢方生薬をブレンドして作ったという辣油を用いた麻辣なスープがよく合う。

 ちなみに、辛さだけで言えば、仙台駅前のパルコにある「龍之紅河(ドラゴンレッドリバー) 仙台パルコ店」の「世界一辛い麻辣坦々麺」、通称「レッドドラゴンクレイジー」が一番だと思う。辛いもの好きの人はぜひ一度注文してみてほしいと思うが、何と言っても、通称通り(?)、見た目が既にクレイジーである(笑)。

 注文しようとすると店員さんに「かなり辛いですが大丈夫ですか?」と聞き返されるが、大丈夫かどうかは食べてみないと誰にも分からないと思う(笑)。実際は、「激辛マニア」のような人でなくても、普通に辛いものが好きな人なら食べ切れる辛さだが、本当に「大丈夫」かどうかは「トッピング」を食べるかどうか次第だと思う。


追記(2012.7.24):上記で紹介した「万豚記」であるが、残念ながら6月で閉店してしまった。「『紅虎禅』でお待ちしております」などと書いてあるが、紅虎禅には紅大陸担々麺がないので、今ひとつ行く気が起きないのであった。万豚記は仙台では他に泉パークタウンタピオ店があるので、そちらで食べられることは食べられるが、ちと街中からは遠いのが難点である。

 晩翠通りの南端辺りにある台湾料理 海鮮館(仙台市青葉区片平1-1-5第二ダイワビル1F、TEL022-342-1988、11:30〜14:00、17:30〜1:00、無休)は、本格的な台湾料理が食べられる仙台では貴重な店であるが、ここに「特製台湾ラーメン」がある。「特製」というだけあって、同店の普通の台湾ラーメンとは次元の違う辛さが楽しめる。辛いもの好きにはうってつけのメニューである。何より値段が手頃(550円)なのが嬉しい。


追記(2013.4.12):「万豚記」の跡地に「白狼軒」ができた。 「万豚記」と同じ系列(ドラゴンレッドリバーとも)の店のようである。私の好きだった「紅大陸坦々麺」と似た担々麺も「炎の担々麺」という名前でメニューにある。しかも、さらに辛くできる旨も書いてあり、辛いもの好きには嬉しい。麺は万豚記の細麺とは違って中太のものになっている。

 そうそう、すぐ上の追記で紹介した「台湾料理 海鮮館」は木町通店もある(仙台市青葉区木町通2-6-20、TEL022-718-3878)。ただ、こちらの「特製台湾ラーメン」は片平のお店のものほど辛くはなかった。


追記(2017.2.28):上で紹介した「白狼軒」も閉店し、次に「タイガー餃子食堂」ができたが、それも閉店してしまった。「海鮮館」も別の中華料理店に替わってしまった。現在、「シビカラ」な麺を食べるのに一番のおススメは五橋でかつて「夜来香(イェライシャン)」があったところにオープンした「和醸良酒 隆の恵(りゅうのめぐみ)」である。ここの担々麺、酸辣湯麺、汁なし担々麺は間違いなく美味しい。



トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔