2010年07月23日 

仙台散歩その41〜仙台でおいしい手打ちそばが食べられる店

imageCAR5LN7S  以前、山形市内のおいしい店を紹介した時に、丸五そばのもりそばを食べて「そばってこんなにおいしい食べ物だったのか」と思ったということを書いたが、私が知らなかっただけなのか当時は仙台市内で「これはおいしい!」と思ったそばを食べたことがなかった。

 その後、健康志向の高まりに乗ってそば、とりわけ手打ちそばがブームになるにつれ、仙台市内でもそれぞれに特徴のある手打ちそばを食べさせる店が増えてきた。その中でも特に私のオススメの店が今回紹介する「手打ちそばと地酒処 おおわ田」(仙台市太白区長町6-2-12、TEL022-248-1848、11:30〜14:30、17:00〜20:30、月曜定休)である。
 「おおわ田」は、仙台南警察署の隣にある。確か、今年でできて5年くらいである。ここのご主人はもともと商社マンだったが、定年前に脱サラして手打ちそばの修業をしてこの店を出した。ご主人自ら選んだ国産のそば粉を使って、一番粉と二番粉のみで打った喉越しのよい爽やかな細打ちそばと、引きぐるみの粉で打った歯ごたえがあってそばの香りも強い太打ちそばの2種類のそばを作っている。山形のそばが好きな私の好みはもちろん太打ちの方だが、細打ちの方ももちろんおいしい。

 ここの特徴は、店名にもある通り、夜には東北の地酒を季節の料理と一緒に楽しめることである。自らも酒好きのご主人のつくる季節の料理は地酒に実によく合う。そうして地酒と料理を味わい、締めには手打ちそばを食べる、というのが、この店の夜の醍醐味である。最近はそば居酒屋を標榜する店も増えているが、地酒の種類、地酒の肴となる料理、そして出されるそばのクオリティの3つを考えた時にこの店を超える店というのは、仙台市内にはそうそうないのではないかと思う。

 ただ、この「おおわ田」、酒を出す店の割に閉まるのが早い。何と言っても8時半がラストオーダーである。しかし、それもやむを得ないことである。ご主人は毎朝早く起きてその日出すそばを打たなければいけないのだから。

 ビール好きの立場から言えば、そばや地酒に対するこだわりの何分の一かのこだわりをビールにも向けてくれたら、とも思うが、それを差し引いても、そば好きの人にも安心してオススメできる店が仙台市内にもあることは、特に山形から知人を招いた時にもありがたいことである。

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔