2010年10月28日 

仙台散歩その45〜山形の辛味噌ラーメン、仙台に初上陸(?)

5348edaa.jpg  以前、私が好きなラーメンとして紹介した山形の「龍上海」の「赤湯からみそラーメン」、セブンイレブンでカップ麺になっていたり(その前にサンクスでカップ麺になったこともあった)、一時期生麺タイプがお弁当コーナーに並んだりしているが、食べるとやっぱり本物が食べたくなるのは私だけだろうか。

 とは言え、そうそう奥羽山脈を越えて山形まで食べに行けるわけではない。「鬼がらし」のようにこっちにもあったらなあと思うこともままあった。もちろん、仙台市内にも「味よし」や「姫ラーメン」など、辛味噌ラーメンを出すところがいくつかあって、それなりに悪くないし、今年、JR長町駅近くにオープンした「中華そば専門 田中そば店」には、そのものズバリ「山形辛みそラーメン」というメニューがあって、龍上海の雰囲気に近い辛味噌ラーメンを出してくれるが、私にとってはやはり龍上海がベストなのである。

 そんな中、先日JR仙台駅東口付近を歩いていたところ、「やまがた辛味噌ラーメンりゅうぞう」(仙台市宮城野区名掛丁119-3、TEL022-781-7760、平日11:00〜15:00、17:00〜23:00、土日11:00〜23:00(ただしスープがなくなり次第終了)、無休)という店を見つけた。なんと、今月オープンしたばかりだそうである。

 表の壁には以下のような説明がある。

「手塩にかけたこの一杯
心にしみる辛味噌の味…
昔、山形県・赤湯の辛味噌ラーメン人気店で修行を積んだ職人と、味・材料をとことん追求しないと気が済まない店主が、寝る間も惜しんで研究を重ね遂にたどり着いた味。厳選した風味豊かな味噌と、数十種類の香辛料をブレンドした深い味わいのある辛味噌。香り・太さとのどごしにこだわった自慢の自家製麺を特製スープで仕上げた至極の逸品。仙台市民に味わって頂きたく初見参。
自慢の味をぜひ一度ご賞味あれ!」


 「山形県・赤湯の辛味噌ラーメン人気店」ってのはもちろん龍上海のことだろう。赤湯には龍上海の他にも辛味噌ラーメンを出す店はあるが、人気店と言えばやはり龍上海を措いて他にはない。…ということで、早速入ってみた。

 食券販売機を見ると、やまがた辛味噌ラーメン以外にもいろいろなラーメンがあったが、もちろん私はわき目も振らずに「やまがた辛味噌ラーメン」にした。辛味噌の追加が50円というのも龍上海を彷彿とさせる。

 運ばれてきたラーメンを見ると、油がかった白濁の味噌スープやもちもち感漂う麺などは龍上海の「赤湯辛味噌ラーメン」に似ている。違う点と言えば、キャベツの代わりに茎わかめが入っていること、青のりが入っていないこと、くらいだろうか。

 スープの味は確かに龍上海のそれと似ている。強いて言えば、龍上海のスープは口に含むと実に複雑な味わいが広がるが、それがこちらは龍上海に比べるとまとまった味わいとなっている、といった感じである。麺は龍上海の方が縮れが多いように思うが、スープの迫力に負けない味わいや歯ごたえはこちらの麺でも実現されている。辛味噌も龍上海同様、以前紹介した赤湯の「石焼唐辛子」(正確な表記は「石焼唐がらし」である)も使っているそうだが、かなり似た味わいになっているように感じた。全体として、これならそうそう山を越えて龍上海に食べに行かなくても大丈夫かも、と思わせる味であった。

 そのようなわけでこの「りゅうぞう」、仙台市内で辛味噌ラーメンを出す店の中での「龍上海度」は恐らく、先の「田中そば店」を抜いてナンバーワンだろうと思う。龍上海のラーメンが好きな人にオススメしたいラーメンである。そうそう、営業時間は一応23時までだが、私が行った時も22時過ぎには終了となっていたので、終了時刻間際の来店は要確認である。

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔