2010年12月20日 

東北で地ビールが飲める店その59〜宮城県気仙沼市

 気仙沼市は宮城県の北東端、南三陸沿岸にある人口約7万4千人の港町である。カツオ、サメ、メカジキはいずれも日本一の水揚げを誇り、特に最近ではフカヒレが特産品として有名である。

 この気仙沼市で地ビールの飲める店を探してみた。気仙沼市の市街地は主にJR南気仙沼駅を基点とする地域に集中しており、飲食店は同駅西側の田中前界隈、東側の仲町界隈や魚市場周辺、北側の南町(&魚町、八日町)界隈に点在している。

101218-112150  このうち、田中前界隈を歩いていて見つけたのが、ネパール・インド料理レストラン Yeti(イエティ)(気仙沼市田谷20-11、TEL0226-25-7096、11:00〜15:00、17:00〜22:00、月曜定休)である。ネパール料理が食べられるというだけでも「おぉ!」という感じであるのに、さらにこの店の入り口のドアには、何と、かの銀河高原ビールのシールが貼ってあるではないか。これはもう入ってみるしかない!ということで入ってみた。

 店に入ってみると確かに銀河高原ビールの、しかもスターボトル(ヴァイツェン)が置いてある。メニューを見ると普通のインド料理店でよく見るようなメニューの他に、ネパール料理もいろいろある。ミックスチョウミン(ネパール風焼きそば)やタカリトッパ(タカリ族のネパール風カ レーうどんまたはそうめん)、チキンモモ(チベット風蒸し餃子)、アールプデコ(じゃがいものカレー炒め)、アッチャール(ネパール風辛めの大根漬物)などである。これこれ、どこもかしこもインド一色というのではなく、こういうのが食べたいのである。

 中でも特筆すべきは、ダルバート(チャイかコーヒーがついたセットで提供される)のおいしさである。ダルバートというのはネパールの定食だそうが、チキンカレーとライスにネパールのおかずとスープがついたものであった。これがまた絶品である。カレーはもちろんおいしいが、おかずのアールプデコと豆のスープ、これがまた実にうまい!このような料理は以前紹介した仙台のカトマンドゥにはないので、このイエティが初体験だったのだが、とてもおいしい。これは銀河高原ビールも進みそうである(笑)。なお、辛さは控えめにしてあるそうだが、好みによって辛くしてくれる。

 帰ってからネットを検索してみると、やはりこのダルバートを絶賛する声は他にもあった(例えばこことかこことか)。私もあのダルバートを食べるためだけに仙台から足を運んでもいいかも、と思った。そうそう、このダルバート、本来ディナーだけのメニューだが、事前に連絡しておけば昼でもつくってくれるそうである。

 ちょうど2年前の12月にオープンしたという、ネパールのご夫婦お二人で切り盛りしているお店であるが、気仙沼でおいしい料理とおいしいビールを味わう いう点では私のイチオシの店である。そうそう、コーヒーについても豆は一関の佐惣珈琲店、水は須川秘水を使うなどこだわっているので、コーヒー好きにもよいかもしれない。

101218-123941 「飲める店」ではないが、田中前では他に写真のような「自ビール」のキットを販売している小野寺屋という酒店を見つけた。いずれ自分で自分好みのビールづくりにチャレンジしてみるのもよいかも、と思った。









101218-145321  続いて、南気仙沼駅の東側で探してみると、気仙沼市魚市場に隣接する「海鮮市場 海の市」の中にある、一見軽食店のような店構えの「ウ・メネス」でいわて蔵ビールが飲めるのを見つけた。ヴァイツェン、ペールエールなど4種類の瓶が置いてあり、その場で飲むことも買って帰ることもできるようになっていた。

 軽食店のような、と書いたが、ここでは、さんまの香油や地元のしょう油を使うなどした、かなりこだわったラーメンが食べられる。そう言えば店の張り紙を見て思い出したが、最近では気仙沼特産のさめの肉を使った「ふかバーガー」を売り出したことでも話題になった。さめの肉は低カロリー、高たんぱく、低脂肪、DHAが豊富だそうで、丁寧に仕込んだもうかざめの肉をフィッシュバーガーのようにフライにし、タルタルソースをかけて、竹炭入りの「鮫肌色」のバンズに挟んで食べるというものである。

 ただ一つ難点は、この「海鮮市場 海の市」、午後5時で閉店ということである。市場は朝が早いのでやむを得ないのだろうが、「ウ・メネス」でいわて蔵ビールを堪能するには早い時間帯から飲むことが必須となりそうである(笑)。

 なお、気仙沼で一番の繁華街である南町界隈では、残念ながらおいしいビールが飲めそうな店は見つからなかった。

04_00049_kan3
 他に、船で海を渡らなければならないが、大島の休暇村気仙沼大島では、レストランに田沢湖ビールが醸造している「ぶなの森ビール」が置いてあった。海の幸いっぱいの夕食と一緒に飲めるのが嬉しい。







160924-175039追記(2016.10.26):上で紹介した「Yeti」では銀河高原ビールが品切れ中だった。また「ウ・メネス」は震災後閉店してしまっていた。JR気仙沼駅近くにできたカフェバー、「SEA CANDLE COFFEE」にはパウラナーのヘーフェ・ヴァイスが瓶で置いてあった。恐らく気仙沼市内では唯一であると思われる。

 他に、「唐や」(気仙沼市上田中1-8-4、TEL0226-24-1525)には埼玉のCOEDOビールが瓶で置いてあった。


この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔