2011年01月22日 

東北をめぐる鉄道の旅その8〜仙台から普通列車・日帰りでどこまで行ける?

tohoku  この冬の青春18きっぷの期間が終わった。1人で5日分(または5人で1日分なども可)、JRの普通列車が乗り放題となるこのきっぷは、その名前から若者限定のきっぷと勘違いされることもあるが、実際には誰でも使える。

 以前書いたように、仙台を起点とすると、1日で北は津軽海峡を越えて函館(その先の森)、南は姫路(上野駅でダッシュすれば播州赤穂)まで行ける。では、「日帰り」、すなわち1日でまた仙台まで帰ってくることを考えた場合どこまで行けるものだろうか。調べてみた。

 まず北に向かってみる。北は仙台6:00発の東北本線に乗ると、盛岡からIGR(いわて銀河鉄道)、JR花輪線、奥羽本線を経由して弘前まで行ける(14:20着)。弘前を14:54に発車する秋田行に乗って来た路線を戻れば、仙台には22:32に帰って来れる。厳密に言えば、弘前の2つ先の川部までは行けるが、そうなると川部14:31着、14:39発で滞在時間はわずか8分である(笑)。

 青春18きっぷの適用とはならないが、盛岡からIGRと青い森鉄道を利用してみると、野辺地まで行ける(13:30着)。どうせならそこから大湊線で下北方面までちょっとでも行ってみたいところだが、その日のうちに仙台に戻るためには残念ながら行けない。青い森鉄道でさらに青森方面に足を延ばすと、野辺地の4つ先の西平内までは行けるが、13:48着、13:55発で、滞在時間は7分である。

 盛岡から進路を東に取り、JRの山田線で三陸沿岸を目指してみると、宮古には楽々行ける。さらにそこから三陸鉄道を使うと普代まで行ける(14:04着)。普代からは14:52発の三陸鉄道に乗れば、仙台に21:32に帰って来れる。ちなみに、普代の2つ先の野田玉川までも行けるが、そうすると14:23着、14:32発で滞在時間は9分である。

 盛岡から西に向かってみたいと考えると、列車接続の関係で仙台を出るのは10:40発一関行きでよい。盛岡からJR田沢湖線を使うと田沢湖には15:18に着ける。帰りは田沢湖17:10発の盛岡行で、仙台には21:32着である。田沢湖に2時間近くいられることを考えるとこれはなかなか現実的なプランであると言える。

 盛岡まで行かずに、途中の北上から日本海側に抜けるルートを取ると、仙台6:45発の小牛田行を皮切りに、JR東北本線、北上線、横手から奥羽本線で秋田まで行ってさらにそこから男鹿線に乗れば、終点の男鹿まで行ける(14:45着)。帰りは男鹿15:17発なので、男鹿の滞在時間は32分だが、終着駅に行きたければこのルートがオススメである。男鹿線ではなく羽越本線で北上しようとすると接続が悪く八郎潟止まりである(14:48着)。いずれも仙台には22:32に着く。

 仙台から西の山形県庄内方面を目指すルートは2つある。まず、小牛田からJR陸羽東線、陸羽西線を使うルート。これだと仙台8:01発で東北本線・陸羽東線・陸羽西線を経由して酒田に12:18着。ここから北は秋田まで行け(14:36着、14:46発)、南は新潟県の村上まで行ける(15:17着、15:57発)。帰りは酒田17:48発、余目18:15発の新庄行に乗れば小牛田を経由して仙台には22:32着である。

 もう一つのルートは仙台から仙山線を使って山形方面に向かい、羽前千歳から奥羽本線で北上して新庄から陸羽西線を利用するルートである。先のルートよりも実はこちらの方が酒田まで早く着く。仙台7:07の仙山線に乗れば、酒田11:18着である。また、そこから北に向かっても南に向かっても、滞在できる時間は先のルートよりも長く、村上なら17:04発、秋田なら16:38で大丈夫である。仙台23:04着である。

 仙台から新潟方面に向かうルートは他に2つある。一つは仙台から仙山線、奥羽本線、米坂線、羽越本線を経由するルートである。これだと仙台8:15発で新発田15:43着である。新津まで行けるが16:24着、16:35発で滞在時間は11分である。新発田止まりであれば17:05発でよいので1時間半弱は滞在できる。仙台にはやはり23:04着である。

 もう一つ、仙台から東北本線、磐越西線を経由して新潟方面に向かうと、仙台7:01発で新潟まで行ける(13:36着)。帰りは新潟15:45発で、仙台着は23:14である。

 仙台から首都圏方面に向かってみる。仙台6:03発の東北本線に乗れば、乗り継いで小山11:43着、大宮12:33着、上野13:01着である。小山から上毛線に乗れば高崎に14:01着、帰りは15:30発である(高崎から3つ先の新前橋には14:50着で帰りは14:51発、滞在時間は1分である)。大宮から信越本線を利用すると横川には14:52着で帰りは14:57発、5分の滞在時間である。

 宇都宮から「湘南新宿ライン」を利用し、東海道線に出ると、大船には14:06着で帰りは15:17発、逗子には14:19着で帰りは15:05発である。ちなみに大船から6つ先の二宮まで行けるが、14:40着で帰りは14:41発である。新宿から中央本線に乗ると、上野原に14:49着、帰りが14:53発で滞在時間は4分である。いずれの場合も仙台には23:14に着く。

 仙台から常磐線経由で首都圏を目指してみると、5:29発いわき行きに乗れば、乗り継いで上野に12:40着である。そこから東京に出て内房線に乗ると木更津14:21着、その1つ先の君津には14:32着で帰りは14:50発である。外房線に乗ると上総一ノ宮には14:32着で帰りは14:38発である。いずれの場合も仙台には22:59着である。

 あれこれ書いたが、要は地図に赤で記入したところが仙台から行って帰って来れる範囲である(笑)。

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔