2011年07月20日 

東北で地ビールが飲める店 番外編その14〜この夏の東北のビアフェスタ・ビール祭り

追記(2019.1.19):2019年版はこちら

追記(2018.4.9):2018年版はこちら

追記(2017.1.28):2017年版はこちら

追記(2016.1.20):2016年に東北各地で開催されるビールイベントについては、こちらを参照していただければ幸いである。

追記(2015.3.21):2015年に東北各地で開催されるビール関連のイベントについては、こちらを参照していただければさいわいである。


beer
 東日本大震災の発生から4ヶ月が過ぎた。例年、東北地方の梅雨明けは7月の下旬になるのだが、今年は早々と7月11日に梅雨が明け、そこからは連日30度超えの厳しい暑さの日が仙台でも続いている。

 こう暑い日が続くと、私のようなビール好きでなくても、ビールがおいしいと感じる人が多くなると思われる。そのようなこともあって、夏にはビールに関連するイベントが多く催される。私にとって、東北のビールイベントと言えば、岩手県一関市で8月に開催される「全国地ビールフェスティバルin一関」と、仙台で9月に開催される「仙台オクトーバーフェスト」だが、実はこれら以外にもこの時期、東北の様々な地域でビールのイベントが開催されている。

 その中で、すごい!と思ったのは、福島県郡山市で7/27(水)〜7/31(日)に開催される「サマーフェスタ IN KORIYAMA 2011 ビール祭」である。今まで知らなかったが、このビール祭り、なんと今年で17回目だそうである。一関の「全国地ビールフェスティバルin一関」が今年で14回目だから、それよりも前から郡山市では夏にビールのお祭りを開催していたわけである。

 郡山市民の憩いの場である開成山公園で開催されるこのビール祭りでは、ドイツのバンドやストリートオルガンの演奏を始め、様々な催しが企画され、その中で地元のおいしい料理を食べながらビールを味わえる。ただ、唯一残念なのが、飲めるビールが、キリン、アサヒ、サッポロという、大手三社のビールのみという点である。これに地ビールや海外のビールが飲めたらビール好きにとってはさらに魅力あるイベントとなるのではないかと思う。

 一方、福島市では、7/24(日)に「ビアフェスタふくしま2011」が開催される。こちらは今年で3回目のイベントだが、全国各地のビールメーカー20社の44銘柄のビールが自由に飲めて3,000円(前売券)という料金設定が素晴らしい。地元の福島路ビール猪苗代地ビール、秋田のあくらビールや岩手のいわて蔵ビールを始め、普段あまり目にすることのない他地域の地ビールが飲めるのが嬉しい。大手各社も出展するが、アサヒが「熟撰」、サッポロが「エビス スタウト クリーミートップ」を出展するなど、地ビールメーカーに負けないという気合が感じられる。

 私の中の「二大ビールイベント」の一つ「全国地ビールフェスティバルin一関」は第14回目を迎える今年も8/19(金)〜8/21(日)に開催される。今年は全国70社、100銘柄以上のビールが集まるとのことで、やはり今年も規模的に全国屈指の地ビールイベントである。

 もう一つの「仙台オクトーバーフェスト」であるが、震災の影響で今年は6月の「仙台ジャーマンフェスト」が中止となり、9月のこのイベントもどうなるのか気を揉んだが、開催が決定してよかった。9/16(金)〜9/25(日)、今年も錦町公園を会場に開催されるそうである。今年は銀河高原ビールが出展しないとのことで残念だが、きっとまた連日盛り上がるに違いない。

 秋田市では「クラフトビアフェスティバル in AKITA 2011(秋田ビアフェス)」が9/10(土)、11(日)に開催される。今年で2回目だが、全国47社60銘柄以上の地ビールが集結し、既に「全国地ビールフェスティバルin一関」に次ぐ規模となっているのがすごい。昨年は開催前から注目を集め、前売券が売れに売れ、当日券がほとんどなかったということだが、今年もきっと多くの人が訪れるに違いない。

 それから、ホテル東日本盛岡の「ビアホール2011PDF)」では、今年も銀河高原ビールが飲み放題である。2時間食べ放題・飲み放題で4,000円(前売券)はお得だと思う。7/1(金)〜9/17(土)まで開催されている。

 他に、既に終わってしまったが、山形市のパレスグランデールの「ビアフェスタ2011」は、入場料7,500円だが、世界のビールが味わえて毎年様々なアーチストを招いての演奏も聴けるという趣向のイベントである。

 青森県八戸市の八食センターでも「夏のビール祭」を開催した。料理付3,000円で地ビール6種類が飲み放題というイベントであった。

 盛岡市のベアレン醸造所も2,500円でベアレンビールが飲み放題となる「ベアレンサマーフェスティバル」を開催した。ベアレン醸造所ではそれ以外にも季節ごとに様々なイベントを開催しているので、時々サイトをチェックしてみるとよい。

 ちなみに写真は、新潟市の地ビール、新潟麦酒のマスコットキャラクター(?)である。


イメージ 1追記(2011.7.29):仙台でこの週末にビアフェスタがあるようである。いや、30、31日に行われるアサヒビールが協賛の「ビアフェスタin仙台」(参照サイト)のことではない。今年、仙台市中央卸売市場近くに東北の地元食材が揃った「場外・市民市場」としてできた、「杜の市場」で29、30日に「杜の市場ビアフェスタ」なるイベントが開催されるようなのである(写真参照)。
 ところが、この「杜の市場ビアフェスタ」、内容が不明である(笑)。パンフを見ても「スーパーにない楽しさ!!」「暑い夏、頑張ったご褒美をどうぞ。」というコピーがあるだけである。と言うか、そもそもスーパーではビアフェスタなんてやってないし(笑)。「杜の市場」のサイトの「イベント情報」を見ても、当日だというのにこのビアフェスタのことは出ていない。これは行ってみるしかないか?(笑)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔