2012年04月11日 

東北で地ビールが飲める店その62〜山形県寒河江市

 寒河江市は、山形県の内陸中部にある村山地方の西寄りに位置する人口約4万2千人の市である。知らない人は読めないかもしれないが「さがえ」と読む。千年以上も前、相模国から移住した人達が、相模国一宮の寒川神社から取ってこの地を寒川江(さむかわえ)と呼んだことから転じて「さがえ」になったとか。

 ちなみに、JR寒河江駅を通っている路線は以前西川町の「地ビール月山」を紹介した際にも登場したJR左沢線だが、これも難読地名として知られる。「あてらざわ」と読む。寒河江から見て終点の左沢(大江町の中心部)が最上川の対岸(左岸)にあり、それで「あちら」に「左」を当てたことに由来するとか。

120410-163331 寒河江市は、果物の生産が盛んな山形県にあって、特に東根市や天童市と並んでさくらんぼの生産量が多い。そのため、市の花はさくらんぼであるし、街の中心部から外れた国道112号線沿いに「道の駅 寒河江」の名前は「チェリーランド」である。このチェリーランドで、他では決して見かけないような「地ビール」を見つけた。

 チェリーランドは東北一の敷地面積を誇る大きな道の駅だが、その中核施設である「チェリーランドさがえ」に隣接して、「トルコ館」というオスマントルコ時代の建物を模した施設がある。なぜに寒河江にトルコ?と思ったのだが、実は寒河江市はさくらんぼの原産地であるトルコのギレスン市と姉妹都市となっており、その縁でチェリーランドにトルコ文化を紹介する施設を併設することになったそうである。

120410-235207 このトルコ館にはトルコの様々な物産が展示販売されているが、その中に「トルコではじめての地ビール」と銘打たれたTAPS(タップス)ビールが売られていた。トルコはイスラム教国だが、政教分離で世俗主義を取っている関係で、ビールやワインが普通に売られているらしい。そのトルコでビールと言うととにかくEFES(エフェス)というビールがかなりのシェアを持っているそうだが(日本で言うとキリンとアサヒを合わせたような存在?)、そこに初めて誕生した地ビールがこの「TAPSビール」なのだということである。レッドエールとケルシュの2種類があるのもいかにも地ビールらしくていいし、何と言っても1本350円、3本1,000円という価格もリーズナブルでいい。

 トルコ館の2階には姉妹都市の名前を取った「ギレスンカフェ」という喫茶店があるのだが、ここでもトルココーヒーやトルコワインと共にトルコのビールが飲める。1階で売られているこのTAPSビールが飲めるのかと思ったが、メニューには「トルコ・ピルスナー・ビール」と書かれていたので、恐らくそのトルコNo.1ビールであるEFESビールが飲めるのだろう。こちらは400円である。

120410-164419 「チェリーランドさがえ」の方にはレストランやお土産売り場に混じってファーストフードコーナーがあるが、ここにもトルコのファーストフードが味わえる店がある。餅のように伸びるアイス「どんとるまん」が名物だが(注文するとビックリさせられること請け合いである;笑)、それ以外にもケバブ類など写真の看板にあるように「世界3大料理」の名に賭けて「妥協しない」ファーストフードがいろいろ味わえる。そのメニューの中にもTAPSビールがあった。店で買うのと同じ350円である。しかし、道の駅に車で行かないのは私くらいなものだろうから、実際にここでこのビールを飲む人の数はごく限られるのではないかと思う。




120410-190250 寒河江の中心部では、本町界隈に飲食店が集中している。その中で地ビールや外国のビールなどが飲めそうな店も探してみたが、残念ながらそのような店は(少なくとも表から見る限りは)見つけられなかった。しょうがないので、列車が来るまで時間があったこともあり、たまたま通りかかった「COCKTAIL PUB OHARA(カクテル・パブ・オハラ)」(寒河江市本町3-1-1、TEL0237-86-1788、月〜木19:00〜2:00、金・土19:00〜3:00、日曜定休)というお店に入ったら、何とそこには瓶でヒューガルデン・ホワイトがあった。ちゃんとグラスも専用のものだった。

 聞けば以前は樽生で提供していたらしいが、街中で他に同じような店が見つからなかったことを考えると瓶であってもとても貴重である。同店は、スペイン産生ハム、スパムステーキ、ソーセージ盛り合わせ、パスタ各種、オイルサーディン缶焼き、すじこのくんせい、ウニホウレンなど、フードメニューも豊富だが、21時までに注文すると、これら630〜1,050円のフードメニューがすべて500円で食べられるというサービスも嬉しい。これからもぜひ、「いつもヒューガルデンが飲めるカクテルパブ」として頑張ってほしい。


追記(2019.2.20):寒河江出身の知人からの情報によると、寒河江駅近くに「C & B(チキン・アンド・ビール)」という、鶏料理とビールが楽しめるスポーツバーがオープンしたそうである。



この記事へのコメント

1. Posted by いそは   2012年05月25日 13:35
はじめまして。来週初めて仙台に行きます。おかげさまでビール好な友人のお土産に、仙台駅で美味しそうなのを見つけられそうです。良かった〜。ところで、仙台駅周辺で地元の人が行くような、居酒屋さんはご存じでしょうか?夜どこに行ったらいいのかさっぱりで。もしお時間ありましたら連絡ください。よろしくお願いします。 いそは
2. Posted by 大友浩平   2012年05月28日 12:26
いそはさん、コメントありがとうございます。
初めての仙台ですか、ぜひ楽しんでいってくださいね。
仙台駅周辺で地元の人が行くような居酒屋さん、ですね。
私も地元民ですが、かなーり偏っているかもしれませんので、あくまでもご参考までにということで。(^_^;)

夕焼け麦酒園(仙台市青葉区花京院1-2-20、TEL022-262-5573)
銀河高原ビールがウリのお店ですが、ホテルの料理人だったご主人手づくりの料理はどれもおいしいです。

癒酒屋わおん(仙台市青葉区中央3-3-18新庄ビルB1、TEL022-722-0560)
地元の素材にこだわったおいしい料理が食べられます。
地酒や地ビールも充実しています。

べこ政宗名掛丁店(仙台市青葉区中央1-8-32名掛丁センター街2F、TEL022-217-1151)
元が肉屋さんなので、肉の質には定評があります。
牛たん以外にもお酒に合うメニューがいろいろあります。

岩手ダイニングDANAHA(仙台市宮城野区榴岡2-2-25梅津ビルB1、TEL022-792-1675)
仙台なのに岩手料理のお店で恐縮ですが、岩手のおいしい郷土料理がいろいろ食べられます。
…と思ったら、何と!今日から来月5日までお休みですね…。
では代わりに、

えびすけ(仙台市青葉区中央1丁目7-1第一志ら梅ビル地下1階、TEL022-395-7118)
盛岡が本店の居酒屋チェーンですが、東北の素材を使った料理が食べられます。

駅周辺の居酒屋関係で思いつくのはだいたい以上です。
よいご旅行を。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔