2012年09月14日 

東北で地ビールが飲める店 番外編その20〜仙台オクトーバーフェスト2012と東北各地の秋のビールイベント

追記(2019.1.19):2019年版はこちら

追記(2018.4.9):2018年版はこちら

追記(2017.1.28):2017年版はこちら

追記(2016.1.20):2016年に東北各地で開催されるビールイベントについては、こちらを参照していただければ幸いである。

120914-203949_m 仙台オクトーバーフェスト2012が9月14日(金)から23日(日)の予定で始まった。早いもので今年で7年目だが、すっかり仙台市内のビールイベントとして定着した感がある。今年も1,800人を収容できるセンターステージ付きのメインテントが準備された他、会話を楽しみたいという声にも応えてステージのない600人収容の「こかげテント」も設けた。また、この時期は雨天も多いことから、通路に特殊プラスチック製の床を敷いた。テントやステージの装飾にも工夫を凝らし、本場ミュンヘンの装飾を取り入れている。

 また、今回は仙台のオクトーバーフェスト初登場のビールもあり、さらに楽しめる。ドイツからはフランツィスカーナーシュパーテンホフブロイヴァイエンシュテファンアルピルスバッハー・クロスターブロイフレンスブルガーラーデベルガーシェッファーホッファーのビールが、地ビールではいわて蔵ビールズモナビール田沢湖ビール松島ビール仙南クラフトビールPDF)など、東北のお馴染みのビールが揃っている。

 フードも充実しており、これまた仙台のオクトーバーフェスト定番となった岩出山家庭ハムグルックルの地元のハム・ソーセージに、横浜のインビス・アイネ・ファミリエ、ドイツのフランツグリルが加わり、さらに中嘉屋食堂麺飯甜かきや no Kakiyaオッジ・ドマーニ五橋周平本町おやじ・せがれがそれぞれ自慢の料理を出している。

 今回のこの仙台オクトーバーフェストで今年の東北の主だったビールイベントはほぼ終了、と言いたいところだが、決してそうではない。これから秋にかけても東北各地でビール関連のイベントは引き続き開催される。まず宮城県角田市では9月30日(日)に「仙南シンケンファクトリーDream  LIVE」が予定されており、仙南クラフトビールや地場産の食材を用いた多彩な料理が楽しめる。

 福島市内では10月6日(土)、7日(日)に「第6回全国やきとリンピックinふくしま」と「がんばろう!ふくしま復興やきとりまつり」が開催される。福島市近郊には伊達鶏(だてとり)と川俣軍鶏(かわまたしゃも)という2つのブランド鶏肉があり、焼き鳥店も多い。10月6日(土)、7日(日)、8日(月・祝)に福島ガス主催で「世界の屋台」というイベントが開催される。この会場で福島路ビールあくらビール牛久シャトービールが飲めるそうである。

 一方、盛岡市では、以前も少し紹介したが10月7日(日)、8日(月・祝)、盛岡市内のベアレン醸造所で、「オクトーバーフェストINベアレン2012」が開催される。オリジナルジョッキが付いた前売り券が2,500円で、時間制限なしでベアレンビールが飲み放題である。また、今年はこの2日間のためだけに仕込んだスペシャルフェストビールも登場するそうである。

 10月8日(月・祝)には秋田市内で「秋田醸しまつり」が開催される(「あきたかもしまつり」と読む)。地酒、地ビール、地ワイン、味噌、醤油、豆腐、寒麹の漬物、創作発酵料理など、秋田が誇る自慢の発酵食品が勢揃いするイベントである。地ビールでは、秋田県内のあくらビール田沢湖ビール湖畔の杜ビールが揃う。


 10月13日(土)、14日(日)には福島市内で「全国餃子サミット&餃子万博inふくしま」が開催され、地元福島市、宇都宮市、浜松市を始め、全国各地の餃子が集結するが、その会場には福島路ビールも出展する。餃子とビール、とてもよく合いそうである。

 山形市内のLondon亭では、「London Night」が11月3日(土)に開催される。男性5,000円、女性2,000円で料理付き2時間飲み放題である。ただ、参加は2名以上からで10月27日(土)までに電話で申込が必要である。

 以上のように、まだまだビールのシーズンは終わっていないようである。追加情報があれば随時追記していきたい。


追記(2012.9.14):そうそう、直近になってしまったが、盛岡市では9月15日(土)、16日(日)の「IBCまつり in OROパーク2012」に、ベアレン醸造所ステラモンテが出展する。特にステラモンテのビールは同店以外ではなかなか飲めないので貴重な機会である。なお、ベアレン醸造所は同じ15日(土)、16日(日)、そして17日(月・祝)の3日間、ベアレンビールが1杯300円で飲める「ベアレンビアガーデン」(PDF)を開催する。


追記(2012.9.24):「秋田オクトーバーフェスト2012」が今年は10月21日(土)、22日(日)の2日間開催される。 第3回となる今回は、あくらビール田沢湖ビール湖畔の杜ビールの秋田県内の地ビール3社にドイツビールが加わる。また、手造りチーズなどのローカルフードも出店する他、同時開催として「秋田ソーセージフェスティバル」が開催されるので、きっとビールによく合うおいしいソーセージも食べられるものと思われる。


追記(2012.10.3): 上記で福島路ビールあくらビール牛久シャトービールが飲める、と紹介した福島市内のイベントは、「やきとリンピック」&「やきとりまつり」ではなく、「世界の屋台」というイベントであった。間違いのないように該当箇所を修正させていただいた。


追記(2012.10.4):10月6日(土)に、秋田市内で「第1回アキタ・バール街」が開催される。1冊5枚つづりのチケット(前売3,500円、当日4,000円)を購入すると、半券1枚で1ドリンク&1ディッシュ(おつまみ)が楽しめ、市内55店の参加店舗(参照PDF)をハシゴして回れるというイベントである。当日は、エリア内各所で音楽やダンスも披露されるそうである。

 このアキタ・バール街に、あくらビールビア・カフェ あくらレストラン・プラッツ、それに酒場 戸隠も参加するので、これらの店をハシゴすれば地ビールが楽しめる。酒場 戸隠では、「1ドリンク」では富士桜高原麦酒のヴァイツェンとスワンレイクビールのアンバーエールを準備し、「1ディッシュ」では同店自慢の「ヤバ旨チキン」(ハーフサイズ)と「八幡平ポーク串焼き」(2本)を出すそうである。


追記(2012.10.11):秋田市内の「酒場 戸隠」では10月27日(土)、「大人のハロウィン IN 山王 2012」を開催する。前日までにエントリー、当日は19時までに仮装して来店、3,000円でビュッフェ形式のおつまみ付フリードリンク、その後23時から仮装したまま市内山王地区をパレードするという、店主の三浦さん曰く「大人だからこその馬鹿馬鹿しいハロウィン仮装大会」である。

 フリードリンクとして、アメリカの サラナック・パンプキンエールと地ビール樽生一種他、厳選地酒2種、カクテル、サワー、梅酒、ウイスキー(ハイボール含む)、ワイン、ソフトドリンクが揃うそうである。


追記(2012.11.2):秋田市のあくらビールでは、今年11月1日で醸造開始から15年となったのを記念して、15周年記念イベントを開催する。12月2日(日)の14時〜19時(入場は18時まで)で、敷地内のレストランプラッツビアカフェあくらにおいて、会費3,500円であくらビール飲み放題に料理とお土産までつくということである。

 当日は15周年記念醸造のヴァイツェンや過去に製造した「秘蔵のビール」も登場するそうである。また、バンドの演奏もあるとのことで、盛り上がりそうである。


この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔