2014年07月15日 

東北で地ビールが飲める店 番外編その27〜東北地ビール紀行第6回「山形県編」(「東北復興」紙への寄稿原稿)

 3月16日に刊行された「東北復興」の第22号では、東北地ビール紀行の第6回目として山形県内の地ビールと地発泡酒を取り上げた。片やドイツスタイルを貫き通す麦芽100%のビール、片や山形らしく果物や蕎麦などを使った発泡酒と、それぞれのスタイルで地ビール・発泡酒を醸造している。詳細は以下の通りである。


東北地ビール紀行その6 山形県編

山形県内で唯一の地ビール
 山形県内には現在、一つの地ビール醸造所と二つの地発泡酒醸造所がある。今回はこれらを紹介していきたい。
月山名水館では出来立ての「地ビール月山」が飲める
 まず、唯一の地ビールは山形県中央部、月山の麓の西川町にある「地ビール月山」である。ドイツの「ビール純粋令」に忠実に、麦芽とホップのみを使い、月山山麓に湧き出す「月山自然水」で仕込んだ地ビールである。馴染みあるピルスナーと、濃色のミュンヒナーが定番で、それに季節ごとの限定ビールが加わる。
 
 後で紹介する二つの醸造所が果物や蕎麦などを使った特徴的な地発泡酒を造っているのとは対照的に、麦芽とホップのみで造る地ビール月山は地味な印象もあるが、そのクオリティーは高く、多くのビール好きに評価されている。看板メニューのピルスナーは、普段あまりピルスナーを飲まない私が飲んでも他のビールとは違うことが分かる味である。ヴァイツェンなど地ビールに多いスタイルのビールが苦手という人にもぜひ飲んでみていただきたいビールである。
 
 国道112号線沿いにある「道の駅にしかわ 月山名水館」(西村山郡西川町大字水沢2304、TEL0237-74-4582)内に醸造所と地ビールレストランがあり、出来立ての地ビールが樽生で飲める。売店では瓶ビールを購入できる。月山名水館に隣接して「水沢温泉館」という日帰り温泉施設があるので、これまでに紹介した岩手の沢内銀河高原ホテル、秋田のたざわこ芸術村、宮城のやくらいリゾード、夢実の国、オニコウベと同様、湯上がりに地ビールを飲むという「極楽体験」もできる。
 
 ただし、この「月山名水館」、道の駅であることで分かるように、車以外では行きにくい場所にあるのが地ビールを目的に足を運ぶ際のネックと言えば言えるかもしれない。尤も、その気になれば山形市からJR左沢線と路線バスを使って行き来することもできる。

「果物王国」の地発泡酒
将棋むら天童タワーでは様々なフルーツの地発泡酒が飲める 地ビール月山以外の二つの地発泡酒は、いずれも将棋の駒の製造で有名な天童市にある。東北で「果物王国」というと山形と福島を指すことが多いが、これら二つの地発泡酒には「果物王国」山形の果物を使ったものがある。
 
 その一つは国道48号線沿いにある「将棋むら天童タワー」(天童市大字久野本1273-2、TEL023-653-3222)が醸造している「将棋(こま)のさとブルワリー」と「果実むらブルワリー」の二種の発泡酒である。前者はピルスナーやスタウトなど、ビールと同様の種類の発泡酒、後者は山形が誇るラ・フランスやさくらんぼ、りんご、ぶどうの発泡酒である。
 
 「将棋むら天童タワー」内にある売店で瓶のものが購入できる他、食堂ではこれらの樽生が飲める。これらの地発泡酒が飲み放題となる「宴会飲み放題コース」もある。

温泉ホテルが造る地発泡酒
全国でも珍しい温泉ホテルが醸造している地発泡酒がある湯坊いちらく もう一つは、天童温泉内にある温泉ホテル「桜桃の花 湯坊いちらく」(天童市鎌田本町2-2-21、TEL023-654-3311)内にある天童ブルワリーが醸造している地発泡酒である。ここでは、さくらんぼを使った「聖桜坊(セントチェリー)」、蕎麦を使った「Mr.A(ミスター・エー)」の、山形らしい二種の地発泡酒が飲める。
 
 先述のように、「地ビール月山」を始め温泉施設が併設されている地ビール醸造所は東北にいくつかあるが、温泉ホテルが自ら地ビール(地発泡酒)を醸造しているケースは全国的に見ても珍しいのではないだろうか。聞けば、既存のビールではない、オリジナルのビールで宿泊客をもてなしたいということで敷地内に醸造所を造ったそうである。従って、外来の客でも売店で瓶のものは購入できるが、ここで樽生が飲めるのは宿泊客だけである。
 
 ただ、山形市内には系列の居酒屋「かくれ居酒屋 桜桃の花」(山形市十日町4-2-7ホテルキャッスルB1F、TEL023-632-3687)がある。実はここでこれら二種の地発泡酒の樽生が飲めるので、温泉に宿泊して飲むことが難しい場合はこちらがオススメである。

各地の地ビールが飲める店も
アーキグラムでは常時各地の地ビール数種類が樽生で飲める 他に、醸造所ではないが、全国各地の地ビールが樽生で飲める店もある。山形市にある「ジ・アーキグラム・ブリティッシュ・パブ&カフェ」(山形市十日町2-1-35、TEL023-622-7570)がそうである。
 
 イギリスのパブ風の雰囲気の店内で、各地の地ビールが常時数種類樽生で飲める。何が飲めるのかはその時々で違うので、行く度に楽しみがある。東北以外の地ビールが樽生で飲める店は、東北では私が知る限り、ここと秋田市にある「酒場 戸隠」(秋田市山王2-7-29-2F、TEL018-863-8699)くらいであり、貴重である。



トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔