2015年10月23日 

東北で地ビールが飲める店その70〜宮城県富谷市

 富谷市は、仙台の北に位置する人口約51,000人の市である。仙台市のベッドタウンとしての機能があり、現在全国の町村の中で最も人口の多い町であったが、2016年10月に富谷市となった。

151013-193324 その富谷市で美味しいビールが飲める店として見つけたのが、成田の住宅街の中にある「Restaurant Fume'de Cosmos (レストランテ・フュメ・ドゥ・コスモ)」(富谷市成田3-8-1、TEL022-351-0595、11:30〜14:30 17:00〜21:00 水曜定休)である。ここは、料理の研究のためにドイツに留学し、ホテル料理長を長年経験したオーナーシェフの漆田健三郎氏が、ホテルの高級コース料理を低価格で味わってもらいたいという想いから始めた店で、特注の薫製ボックスで作る極上のスモークを始めとした洋風の創作料理が美味しい店である。

 その料理に合う酒類としてはワインがとても充実しているが、ビールではドイツのヴェルテンブルガーの白ビール(ヴァイツェン)と、銀河高原ビールのシルバーボトルが置いてあるのが嬉しい。アラカルトのメニューもいろいろあるので、それを食べながら飲むこともできるし、また謝恩メニューとして始めたお得な「選べるフルコース」もあるので、しっかり食事をしながら飲むこともできる。

 ちなみに、仙台市若林区清水小路の旧仙台市立病院の並びに「bahn,Cosmos (バーン・コスモ)」という創作料理の店があるが、こちらは息子さんのやっている店だそうである。こちらでも自慢の創作料理を食べながら、ヴェルテンブルガーや銀河高原ビールを飲むことができる。

 富谷市内では他に、「麺や 遊大」(富谷市富ケ丘2-20-2サイバーパーク富谷102、TEL022-343-6971、11:00〜14:30、17:30〜21:00※売切次第終了、火曜定休)という自家製麺のタンメンが売りのラーメン店があるが、ここにはヒューガルデン・ホワイトが瓶で置いてある。ラーメン店でこの手のビールが飲める店は珍しく、貴重な存在である。


追記(2017.10.10):上記「麺や 遊大」のヒューガルデンはなくなってしまっていた。残念である。また、仙台の「バーン・コスモ」は、「フュメ・ドゥ・コスモ」に統合された。

追記(2019.1.20):富谷町は2016年10月に市制が施行され、富谷市となった。それに伴い、文中の表記を変更している。


この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔