ドイツビール  

2014年05月16日

東北各地のビールイベント2014年版(随時更新)〜東北で地ビールが飲める店 番外編その26

追記(2019.1.19):2019年版はこちら

追記(2018.4.9):2018年版はこちら

追記(2017.1.28):2017年版はこちら

追記(2016.1.20):2016年に東北各地で開催されるビールイベントについては、こちらを参照していただければ幸いである。

追記(2015.3.21):2015年に東北各地で開催されるビール関係のイベントについては、こちらを参照していただければ幸いである。


 今年もビールが美味しい季節がやってきた。と書くと、季節に関係なくビールを飲んでいるではないかという至極ごもっともなツッコミが入りそうであるが(汗)、ともあれ、世間的には暑くなるこれからの季節はビールが美味しい季節とされていて、大手のビール会社から夏限定のビールが登場したり、デパートやホテルにビアガーデンができたりする。

 そのような中、ビール関連のイベントもこれからの季節、各地で開催される。東北も一昔前までは一関の全国地ビールフェスティバルin一関と、仙台のオクトーバーフェストが目立つくらいだったが、最近の充実ぶりには目覚ましいものがある。ビール好きとしては嬉しい限りである。

 というわけで、現段階で私が把握している今年2014年に開催される東北のビール関連のイベントについて、以下にまとめておく(当然自分の備忘録も兼ねている;笑)。開催の可否も含めて現段階で分かる情報が限られているイベントもあり、また今後新たに明らかになるイベントもあると思われるので、例年通りその都度追記していくようにしたい。

仙台市内

東北の地ビール祭 (終了)
e23fcfe774e29fe42da4adc8234a5d5e
日時:2014年5月20日(火)、21日(水)、23日(金)、24日(土)、31日(土)、6月1日(日)、3日(火)、4日(水)、11日(水)、12日(木)、14日(土)、15日(日)※Koboスタでの試合がある日のみ
場所:楽天Koboスタジアム宮城 スタジアム正面広場

 セ・パ交流戦に合わせて、Koboスタで楽天のホームゲームがある日に東北の地ビールが飲めることになった。みちのく福島路ビール、いわて蔵ビール、秋田のあくらビールが樽生で飲める(販売銘柄は試合により異なる)。生ビールはセルフで500円、瓶ビールは800円である。昨年好評だった「東北の駅弁フェア」も同時開催される。(2014.5.20修正)

地ビールフェア(終了)

2844_001日時:2014年5月21日(水)〜8月16日(月)
場所:癒.酒.屋.わおん

 毎年恒例となった地ビールフェアで、期間中は全国の地ビール30種が用意される。スタンプラリーもあり、通常は10本飲んだら1本プレゼントとなるが、8周年祭として8月16日(土)までは5本飲んだら1本プレゼントとなるそうである。(2014.7.7修正)

東北オクトーバーフェスト 2014
(終了)
logo-top
日時:2014年6月6日(金)〜15日(日)
   平日16:00〜21:00、土日11:00〜21:00(いずれも20:30LO)
場所:錦町公園(仙台市青葉区本町2丁目21-1)

 仙台で6月と9月の2回オクトーバーフェスト。6月は「ジャーマンフェスト」と称していたこともあったが、昨年からこちらも「オクトーバーフェスト」の名称になった。例年通り、ドイツビールや地ビールの樽生、それにドイツのソーセージや地元の料理などが楽しめるはずである。(2014.6.12修正)
 
03日時:2014年7月8日(火)〜13日(日)開場1時間前〜試合終了後30分(予定)
場所:楽天Koboスタジアム宮城 スタジアム正面広場

 この時期毎年恒例となったイベントで、世界のビールが100種類以上揃う。今年は何と、これら世界のビールが樽生でも瓶でもすべて税込500円で飲めるという大盤振る舞いである。しかも今年は世界の肉料理も大集合するとのことで、例年よりもさらに盛り上がりそうである。(2014.6.15修正)

 

  
ベルギービールウィークエンド仙台(終了)
logo-sendai
日時:2014年7月10日 (木)〜13日 (日)
   平日16:00〜22:00、土日11:00〜22:00(最終日のみ21:00まで)
場所:勾当台公園(仙台市青葉区本町3丁目9)

 ベルギーの首都ブリュッセルでは毎年9月の第1週末にベルギービールウィークエンドというイベントが開催されるという。日本でも2010年に東京・六本木で始まったが、今年は仙台でも開催される。4日間、ベルギービールとベルギー料理、さらにベルギーのアーティストによるライヴが楽しめるそうである。オリジナルグラス1個と飲食用コイン11枚がついたスターターセット当日3,100円(前売3,000円)、追加コインは5枚1,050円で販売される。

伊達美味マーケット in 仙台トラストシティ(終了)
072526チラシol日時:2014年7月25日(金)、26日(土)、8月15日(金)、16日(土)11:00〜21:00
場所:仙台トラストシティプラザ前広場

 サンモール一番町商店街で4月から隔週木金土に開催されている「伊達美味(だてうま)マーケット」が、上記日程など時折仙台トラストシティ前広場で開催されている。マーケットでは仙台の美味いもの(=伊達美味)が買えるが、その中に「やくらいビール」もある。瓶での販売だが、広場には席があるので、買った「伊達美味」な食材と一緒にその場で味わうことができる。


イメージ 1日時:2014年8月6日(水)〜8日(金)
場所:AER(アエル)北側 アエル広場

 仙台七夕まつりに合わせて、今年もアエルの七夕ビアガーデンがオープンする。今年は地元の飲食店が9店出店し、各店自慢のメニューを提供する。今年もアンバーロンドも出店し、輸入ビールや地ビールが樽生で飲めるそうである。ノイマルクトのドイツソーセージ他、ビールに合いそうな料理もいろいろ登場するそうである。(2014.7.27修正)
 
仙台オクトーバーフェスト 2014(終了)
BmZlYFHCUAAyshV
日時:2014年9月19日(金)〜28日(日)11:00〜21:00(19、24、25、26日は16:00〜21:00)
場所:錦町公園(仙台市青葉区本町2丁目21-1)

 仙台で年2回開催されるオクトーバーフェストの「後半戦」。例年9月の方が規模が大きく、ビールの種類も料理の種類も多い。今年は今のところ日時と場所以外決まっていないが(正確な開催時間が分かったので追記(2014.527))、またきっといろいろなドイツビールや地ビール、それに地産地消を意識した料理が楽しめるはずである。



コボスタ オクトーバーフェスト(終了)
main
日時:2014年9月29日(月)、30日(火)、10月3日(金)、4日(土)、6日(月) 15:30〜(4日は15:00〜)
場所:楽天koboスタジアム宮城正面広場

 仙台オクトーバーフェストが終了したと思ったらなんと、その翌日から東北楽天ゴールデンイーグルスの本拠地楽天koboスタジアム宮城(コボスタ宮城)で、「コボスタ オクトーバーフェスト」が開催される。開催されるのは、コボスタ宮城の開催試合のある9月29日(月)、30日(火)、10月3日(金)、4日(土)、6日(月)の5日間で、その日は開場1時間前から正面広場で、ホフブロイなどドイツビールやベルギービール約20種類のビールが、樽生ですべて500円で飲めるとのことである。

 仙台の美味いものが味わえる「伊達美味(だてうま)」も登場し、仙台マーボー焼そば、仙台牛ステーキ、三角あぶら揚げ、笹かま焼きが食べられる他、ステージが設けられ、ヨーデル・チロリアンらがライブを行うそうである。(2014.9.27追加)

最終日10月6日(月)の試合が雨で中止となり、振替試合が7日(火)となったことに伴い、7日(火)も「コボスタ  オクトーバーフェスト」が開催されることになった。(2014.10.6追加)

10483812_544281289017169_3771303916823657246_o日時:2014年10月4日(土)11:00〜21:00、5日(日)11:00〜19:00
場所:錦町公園(仙台市青葉区本町2丁目21-1)
 
 宮城県内の飲食店と南東北3県の生産者がブース出展し、投票によってグランプリを決定するというイベント。昨年は飲食ブースに出店する飲食店の中に地ビールを提供する店も数店あった。今年出店する飲食店の中にも「TEMAKAKE KITCHEN STYLE ENN」や「IZAKAYA 仁」があるので、行けば美味しい料理と共に地ビールや海外のビールが楽しめそうである。(2014.9.30修正)


 


宮城県内
 
やくらいビール限定商品発売イベント(復興エール発売イベント)(終了)
3156_001日時:2014年10月11日(土)、12日(日)、13日(月)11:00〜20:00LO

 昨年7月に初めて開催された「加美町やくらい地ビールまつり」、今年は開催されなかったが、代わりに10月の三連休に新作ビールのお披露目も兼ねたイベントが開催される。

 岡山大学は復興支援の一環で塩害と湿害に強い大麦を開発し、被災農地での栽培を進めているが、今回作られるビールはその大麦を使って作るビールで、やくらいビールとしては初めてのアメリカン・ペールエールである。その名も「復興エール」で、この名称は、震災からの復興にエールを送るという意味も込めたという。

 当日は生ビールが通常よりも安く飲めるが、前売券はさらにお得で、グラスビール3杯綴り券が1,000円、4種類飲み比べセット券が600円、グラスビール3杯綴り+1フード券が1,500円、4種類飲み比べセット+1フード券が1,100円となっている。さらに前売券特典として、前売券4枚購入につき「ムール貝」引換券1枚が進呈される他、前売券には「復興エール」瓶1本が当たる抽選クジがついているとのことである。

 重大な発見があった。今回の会場ともなる「レストランぶな林」、今までずっと「ぶなばやし」と読むものと思っていたが、実は「ぶなりん」と読むそうである(笑)。(2014.9.28修正)

000120日時:2014年7月18日(金)、19日(土)、25日(金)、26日(土)、8月2日(土)、9日(土)、15日(金)、16日(土)、22日(金)、23日(土)、29日(金)、30日(土)17:30〜21:30(21:00ラストオーダー)
場所:仙南シンケンファクトリー 屋外テント

 普段予約を除いて昼間しか営業していない仙南シンケンファクトリーだが、この時期はビアガーデンが設置され、夜間の営業も行われる。夏季限定のシンケンラガー、スタウトが1杯500円(通常600円)となる他、これらが90分飲み放題となるプランは1,800円である。フードの方も「ビアガーデン専用メニュー」が登場する。予約不要である。(2014.7.25修正)


醸室夏まつり週末ビアガーデン(終了)
image日時:2014年7月11日(金)・12日(土)、18日(金)・19日(土)、25日(金)・26日(土)、8月1日(金)〜4日(月)、8日(金)・9日(土) 17:30〜20:30LO
場所:みちのく古川食の蔵 醸室(かむろ)

 7月11日(金)から8月10日(日)まで、大崎市古川の「みちのく古川食の蔵 醸室」で「醸室夏まつり」が開催されているが、期間中の金曜日、土曜日と古川まつり開催日の8月3日(日)、4日(月)には「週末ビアガーデン」が開催される。
 週末ビアガーデンでは、大崎市鳴子温泉鬼首の地ビール(発泡酒)の「鳴子の風」が生樽出しで提供される他、橋平酒造の冷酒なども飲める。フードも姉妹都市である北海道の当別町直送「生ラムジンギスカン」や今野バークシャー牧場の黒豚ソーセージ、デリシャスファームのトマトなどが揃う。19:00から20:00には野外ライブも行われる。ただし、雨天の場合中止となることがあるので注意が必要である。(2014.7.30追加)

仙南うまいもの祭 2014「仙南を食べよう!」(終了)
sennan日時:2014年9月21日(日)10:00〜15:00
場所:国営みちのく杜の湖畔公園 南地区 湖畔のひろば

 昨年初開催された、仙南地域の特色ある料理やスイーツ、加工食品などを一堂に集めて販売する食の祭典である。今年も仙南地域の食品製造販売事業者などが29のブースを作るが、そこで仙南シンケンファクトリーの仙南クラフトビールや同じ敷地内にあるビッセンのハム・ソーセージなども味わえる。(2014.9.2追加)





福島県内
 
日時:2014年6月28日(土)、29日(日)11:00〜16:00
 会津高原たかつえの「チロリアンビレッジ」で5月15日〜6月29日まで「チロリアンフェスタ」が行われているが、その一環でドイツやチロル地方の民族衣装であるディアンドルのお祭りが6月28、29日に開催される。11:00〜16:00まで屋外でビール祭りが同時開催されるそうで、詳細は不明だがドイツビールが樽生で飲めるようである。

ビアフェスふくしま2014日時:2014年7月18日(金)15:00〜20:00、19日(土)11:00〜20:00、20日(日)   11:00〜20:00
場所:JR福島駅東口 中合ツイン広場(福島市栄町1-1)

 全国の70数銘柄の地ビールが揃うビールイベント。昨年まではチケット(前売3,000円、当日3,500円)を購入して入場すると全てのビールが飲み放題になるというシステムだったが、今年はすべての銘柄1杯(410ml)600円となった。また、場所も昨年までのS-PAL福島5Fから、今年は屋外の中合ツイン広場に変わった。今年は1日増えて3日間の開催となる。(2014.5.23修正)


  サマーフェスタ 2014<ビール祭>(終了) 
top1日時:2014年7月23日(水)〜25日(金)17:00〜21:00、26日(土)・27日(日)14:00〜21:00 
場所:開成山公園 自由広場(郡山市開成1丁目5)

 郡山市で開催される大手メーカーのビールのみのイベントだが、今年で20回目を迎えるという歴史と、会場5,000人収容という規模は東北屈指である。前売券2,000円、当日券2,500円で、入場料とビール引換券2枚と1,000円分の金券がつく。(2014.6.15修正)






山形県内
 
東北六魂祭「六魂Food Park」(終了)
logo2014_2line_CS3
日時:2014年5月23日(金)11:30〜19:00、24日(土)9:00〜19:00、25日(日) 9:00〜18:00
場所:文翔館(山形市旅篭町3-4-51)

 東北六魂祭は今年は5月24日(土)、25日(日)に山形で開催されるが、その関連イベントとして、六魂FoodParkが前日23日(金)から文翔館で開催される。山形をはじめとする東北6県の各地域で親しまれている郷土料理と、詳しい銘柄は不明ながら東北の地ビールが会場内で味わえる。山形の伝統芸能ステージやパレードの様子を見ることができるパブリックビューイングも開催される。

 六魂FoodParkで飲める地ビールは、青森の奥入瀬ビール、岩手のいわて蔵ビール、秋田のあくらビール、田沢湖ビール、湖畔の杜ビール、福島の猪苗代地ビールの6醸造所の計12の樽生である。他に瓶で地ビール月山が衣替えした「山形ビール『山形日和。』」も買える。また、東北六魂祭メイン広場でもあくらビールの樽生が飲める他、瓶で岩手のベアレンビールも買える。(2014.5.24追記)
 
世界のビールフェア(終了)
イメージ 1a
日時:2014年5月1日(木)〜6月30日(月)※日曜定休
場所:タスパークホテル 9F「BAR 誰主?君主!」
 
 長井市にあるタスパークホテルの「BAR 誰主?君主!(「タスクス」と読む)」では、毎年この時期に「世界のビールまつり」を開催している。バーテンダーが吟味し、厳選した12種類のビールが飲める。

2014050215565600_main_image日時: 2014年6月23日(月)〜26日(木)19:00〜(受付18:30)
場所:パレスグランデール

 生ビール飲み放題で生ビールの中にはベルビュー・クリークなど海外のビールも加わる。料理もビュッフェスタイルで食べ放題である。「KAWAMURA BAND」のエンターテイメントライブも開催される。料金は大人8,200円、20歳未満3,500円、小学生以下2,500円となっている。

いちらくビアガーデン(終了)
10506693_757562430970627_8447945108433392953_o日時:2014年7月15日(火)〜8月23日(土)18:00〜20:30(最終入館19:00、ラストオーダー20:00)
場所:湯坊いちらく テラス

 敷地内に醸造所「天童ブルワリー」を持つ珍しい温泉ホテル、「湯坊いちらく」の毎年恒例のビアガーデンが今年も開催。今年は新発売の木苺ビール「フランボワーズ」も味わえるとのことで要注目である。

 会場は同館のテラスで焼き肉がメインの料理6品+90分飲み放題で、飲み放題では「天童ブルワリー」の醸造した「聖桜坊(セントチェリー)」というさくらんぼのビール、「Mr.A」というそばを使ったビール、そして木苺の「フランボワーズ」が楽しめる。温泉入浴付(タオル付)で、チェックインが17:00からで、チェックアウトが21:30なので、ビアガーデンの前後に入浴することが可能である。要予約で2名からの受付。1人3,500円で、宿泊(朝食付)する場合はプラス5,000円である。(2014.7.23追加)

10436132_476873552448676_6048290675638305682_n日時:2014年7月25日(金)〜8月31日(日) 
 南陽市にある洋食レストラン西洋葡萄で今年もフランス・ベルギービールフェアが開催される。フランスのクローネンブルグ1664とベルギーのシメイ・ブルーがそれぞれ税込600円で飲める他、「ビール&サーロインステーキコース〈夏野菜トマトソース〉」が税込2,400円で用意される。ビールがどちらか1本付き、生ハムサラダにパンかライス、アンガス牛のサーロインステーキ、デザートなどが楽しめるコースである。(2014.7.25修正)
 
Beer Festival in Londontei(終了)
bf
日時:2014年8月23日(土)12:00から
場所:London亭
 
 ヨーロッパを中心に世界のビールが飲めるイベント。毎回、世界のビールが80〜90種類揃い、普段お目にかかれないようなレアアイテムも多い。前売り3,000円、当日3,500円で100mlを10杯飲める券がつく。追加チケットは3枚1000円で当日購入できる。つまみもFish & Chipsやピザなどビールに合うものが用意される。




旭銀座のれん会 オクトーバーフェスト(終了)
10669161_737361536329203_6842897858137913875_o日時:2014年10月11日(土)12:00〜17:00
場所:山形市七日町 シネマ通り(旧旭銀座通り)(地図)(未定)

 昨年、山形県内で初めて開催されたオクトーバーフェスト。昨年は18種類のドイツビールの他、山形の「地ビール月山」も飲めた。ドイツフードに加えて、旭銀座のれん会加盟店の自慢の一店逸品も味わえた。今年はLondon亭のブースで、東北初となるドイツPlankの 樽生7種類同時開栓がある他、瓶でもいろいろなドイツビールが揃うそうである。(2014.9.24修正)





岩手県内
 
10406563_656273141108251_9000182316078048841_n日時:2014年8月22日(金)17:30〜20:00、23日(土)11:00〜20:00、24日(日)11:00〜18:00
場所:一関文化センター前広場(一関市大手町2-16)

  全国各地の地ビールが一堂に会する一大イベント。今年で17回目と、東北のビールイベントでは郡山の「ビール祭」に次ぐ歴史を誇る。昨年は全国60社、約150種類のビールが揃った。今年はなんと約200種類のビールが集結するとの話である。

 当日はLサイズ(約300cc)400円、Mサイズ(約200cc)300円で、前売りでLサイズ6枚綴シートとMサイズ8枚綴シートがそれぞれ2,000円で販売される。地産地消を意識した地元店舗の料理も楽しめる。8月22日(金)が前夜祭(飲み食いは問題なくできる)、翌23日(土)の10:45から開会式である。(2014.7.16修正) 

9c40595dedc5c21dbb82ce19fcb4b658-640x904日時:2014年7月1日(火)〜9月6日(土)18:00〜21:00 ※日祝休み
料金:前売り5,000円(税込)、当日5,400円(税込)

 毎年恒例となったホテル東日本盛岡のビアホール、今年は同ホテルの和食、洋食、中華の各料理長のオリジナルメニューなど30種類のフードが食べ放題とのことである。3時間飲み食べ放題で、飲み放題のメニューの中には、銀河高原ビールのヴァイツェンの樽生がある他、今年は東北産のホップを100%使用した東北限定の「サッポロ生ビール黒ラベル『東北の恵み』」の樽生も登場するなど、ビールの品揃えは他のビアホールとは一線を画する。なお、昨年より値上がりしているが、開催日前日の6月30日(月)に「ビアホールのモニター」を募集中で、この日は18:00から4,000円で飲み食いができるとのことである(要電話予約)。(2014.6.24修正)

ベアレンビール祭り IN ふだい中止・代替イベント開催
fudai-1日時:2014年8月10日(日)11:00〜16:00
場所:普代村まついそ公園(三陸鉄道堀内駅より徒歩5分)
 
 昨年開催され好評だった普代村でのベアレンのイベントが今年も開催される。震災から復興したまついそ公園での開催である。前売りチケット2,000円でベアレンのビールが飲み放題になる。地元普代村の海の幸、山の幸も登場する。ジョッキは持参する必要があるが、会場でイベント限定ジョッキが800円で販売される。各種アトラクションもあり、キッズコーナーもあって家族で楽しめるイベントとなるそうである。(2014.8.6追加)

 当日、台風に伴う 雨と強風のため中止となった。9月6日(土)に代替イベントを再度開催する他、当日は急遽ベアレン醸造所工場内にて代替飲み放題イベントが開催された。(2014.8.11追記)

baerencamp日時:2014年8月17日(日)11:00〜15:00
場所:ベアレン醸造所前

 前売りチケット1,500円でベアレンビールが飲み放題となるイベント。椅子、テーブル、テントなどの用意はなく、全て自前で持ち込む必要があるが、火器OK、食材などの持ち込みもOKで、グループでのバーベキューなどが楽しそうである。(2014.8.6追加)




 
kanegasaki日時:2014年8月23日(土)11:30〜16:30
場所:JR金ケ崎駅前イベント広場

 昨年岩手県内の全市町村で開催したベアレンのイベントの中で、一人当たり飲んだビールが最も多かったというイベントである。前売りチケット2,000円でベアレンビールが飲み放題となる。フードコーナーには地元から出店が多数あるとのことである。前売りチケットにジョッキは付いておらず、貸し出しもないので持参する必要がある。(2014.8.6追加)

 


ふだいまつり「復興うまいもの広場」(終了)
fudai-ticket-revenge-omote日時:2014年9月6日(土)12:00〜17:00
場所:普代駅前「復興ふれあい広場」

 台風のため中止となった上記「ベアレンビール祭り IN ふだい」の代替イベントが、9月5日(金)〜7日(日)に行われる「ふだいまつり」の2日目に開催される。「ベアレンビール祭り IN ふだい」と同様の飲み放題企画が予定されている。「ベアレンビール祭り IN ふだい」のチケットはそのまま利用できるとのことである。(2014.8.11追加)




ベアレンビアフェスト 紫波町オガール広場 (終了)
995626_808185199213417_6545206892440358108_n日時:2014年9月14日(日)11:00〜16:00
場所:オガール広場(JR紫波中央駅より徒歩5分)

 昨年10周年イベントで開催された紫波町でのビアフェストが今年も開催される。ベアレンビールが飲み放題となるチケットが前売り2,000円、当日2,500円である。ジョッキは持参する必要があるが、会場にて限定ジョッキの販売もある。地元飲食店のフードコーナーもある。座席は少なく、芝生に敷物などを敷いて飲むのがよさそうである。なお、イベント参加者は宿泊施設「オガールベース」の宿泊が割引になる(通常9,000円が6,000円)。(2014.8.19追加) 


1625581_807678579264079_7399391698866213818_n日時:2014年9月21日(日)〜23日(火・祝)11:00〜16:00(開場10:00)
場所:ベアレン醸造所敷地内特設会場(北山工場前)

 ベアレンビール最大のイベントがこのオクトーバーフェスト。チケット購入でベアレンビールが飲み放題である他、地元飲食店も出店し、フードメニューも充実している。限定ジョッキ付の前売りチケットは8月18日(月)からベアレン醸造所の直売所、直営店(ビアパブベアレン材木町、ビアバーベアレン中の橋)、ウェブショップで発売開始、休日である21、23日分は2,800円(各日500枚限定)、平日の22日分は2,500円(300枚限定)である。当日チケットは3,500円でジョッキは付かないので、当日チケットの場合はジョッキを持参する必要がある。当日は盛岡駅前からシャトルバスも運行される。行きは無料、帰りは100円である。(2014.8.6修正)

いわて蔵ビール オクトーバーフエスト 2014(終了)
10303293_924726374210217_8911568531067703499_n日時:2014年10月4日(土)、5日(日)10:00〜16:00
場所:世嬉の一酒造(岩手県一関市田村町5-42)

 いわて蔵ビールを醸造している世嬉の一酒造が中庭を開放して、初めてのオクトーバーフエストを開催することになった。当日は、ビール工場見学(試飲つき)、おかわりビールじゃんけん大会(勝てば無料)、蔵ビールグッズオークション、一関ミート「豚の桃肉焼」販売、などの他、わたあめ、アイス、屋台コーナー、イワナのつかみ取りコーナー、クラウンロックショー(土)、ビートトリッパーダンスショー(日)、岩手の郷土料理コーナーなど、親子連れでも楽しめる、料理もビールも充実したイベントにするとのことである。(2014.9.2追加)

オクトーバーフェスト in ARIV北上(終了)
banner_special日時:2014年10月8日(水)〜12日(日)
場所:ARIV(アリーブ)北上店

 JR北上駅前にあるビアレストラン、アリーブで今年もオクトーバーフェストが開催される。期間中は地ビール4社のビールが2種類ずつ揃う。例年通りの企画であれば、それらが120分飲み放題で2,500円となる他、一部のフードメニューも大幅値引きとなるはずである。




秋田県内
 
東北地ビールフェスティバル in 秋田(終了)

TOHOKU-CraftFes
日時:2014年6月13日(金)16:00〜21:00、14日(土)11:00〜21:00、15日 (日)11:00〜16:00
場所: エリアなかいち にぎわい広場(秋田市中通1-4-3)

 昨年久々に開催された、東北6県の地ビールが揃う貴重なイベント。特に、普段あまりイベントに参加しない青森の奥入瀬ビールや宮城の仙南クラフトビールが飲めるのが嬉しい。今年は北海道からノースアイランドビールも参加するそうである。東北ミートフェスティバルも同時開催で、東北各地の肉も食べられる。今年は1日増えて3日間の開催となった。
 


  ドイツビールフェスティバル IN 湯沢(「ゆざわの休日・夏2014」同時開催)(終了)
yuzawa日時:2014年7月19日(土)、20日(日)11:00〜21:00
場所:湯沢市柳町 イベント交流広場(旧大丈跡地)、柳町商店街路上の一部

 湯沢市で昨年初めて開催されたビールイベント。当日はビットブルガー・プレミアム・ピルス、ケストリッツアー・シュヴァルツビア、エルディンガー・ヴァイス・ビア・ヘーフェが飲め、またドイツビールに合う湯沢市の食材を使った料理も味わえる。今年は毎年恒例の「たんせ市」に「湯沢・酒まつり」と「ドイツビールフェスティバル」が加わる形で、「ゆざわの休日・夏2014」として開催される。(2014.7.4修正)


 
田沢湖ビール祭り(終了)
日時:2014年7月19日(土)、20日(日)11:00〜21:00
 年に1回開催される田沢湖ビールのイベント。期間中は田沢湖ビールが全品半額で飲める。グラスビールは通常税別350円が税別175円となる。(2014.7.15修正)
 
クラフトビアフェスティバル in AKITA2014(終了)
10526015_725108620870121_696206052481125580_n日時:2014年8月30日(土)11:00〜19:00、31日(日)10:00〜16:00
場所:秋田駅前 アゴラ広場 大屋根下(秋田市中通2-​6​-​1) 

 一関の全国地ビールフェスティバルや福島のビアフェスふくしまと同様、全国の地ビールが揃うビールイベント。今年は全国47醸造所のビールが集まるとのことである。前売りチケットが全国のサークルKサンクスで購入できるが、オリジナルグラス付チケット(200ml×4杯券付)が1,500円、グラスの付かない200ml×4杯券が1,000円である。当日は200ml×4杯が1,200円、200ml1杯が350円である。今年も2日間の開催で大いに盛り上がりそうである。(2014.7.15修正)
 

 秋田オクトーバーフェスト
OctFes2014日時:2014年10月16日(木)・17日(金) 16:00〜21:00、18日(土) ・19日(日)11:00〜21:00
場所:エリアなかいち にぎわい広場(秋田市中通1-4-3)

 秋田オクトーバーフェストでは、ドイツビールと秋田県内3社の地ビールが味わえる。今年も「秋田ソーセージフェスティバル」との同時開催で、ドイツや秋田の美味しいソーセージもビールの一緒に味わえる。今年は国民文化祭2014のイベントと同時開催だそうである。(2014.9.12修正)




オクトーバーフェスト(ワインパラディース主催)(未定)
日時:未定
場所:未定
 秋田ではもう一つオクトーバーフェストがある。男鹿市にあるワインパラディースが主催するイベントで、昨年は10月5日(土)に男鹿市内で、10月27日(日)に秋田市内でそれぞれ開催し、ハッカープショールのフェストビア30L樽を開栓し、ビールに合う料理と共に堪能したそうである。
 

青森県内
 
INF00108191054259676_1日時:2014年10月5日(日)12:00〜18:00
場所:土手町コミュニティパークA館 多目的ホール(屋内)・ポム広場(屋外)(弘前市土手町31)

 昨年、青森県内で初めて開催されたビールイベント。今年は地元、津軽路ビールや 
奥入瀬ビール他、あくらビール、いわて蔵ビールなど東北の地ビール、登別地ビール鬼伝説、よなよなエール、サンクトガーレン、ひでじビールなど各地の地ビールが楽しめる。フードコーナーは弘前市の飲食店が出店する。前売り券は7枚綴り3,000円で、全てのビールとフードがチケット1枚と交換になる。当日はチケット1枚500円で販売される。 (2014.9.1修正)



anagma5 at 19:34|PermalinkComments(0)clip!

2014年04月28日

仙台散歩その52〜map版「仙台で地ビール・輸入ビールが飲める店まとめ」

仙台で地ビール・輸入ビールが飲めるお店まとめ 以前、「仙台で地ビール・輸入ビール(ドイツビール・ベルギービールなど)飲める店」を、「国分町・一番町界隈」、「仙台駅周辺」、「仙台市内その他地域」に分けてまとめて紹介したことがあった。必要があってそれらの店が仙台市内でどのように分布しているか、Google Map上にプロットしてみたが、せっかく作成したので、公開することにした。

 上の画像か下記のリンクをクリックすると作成したマップに飛ぶ(はずである)。地図上に本ブログに掲載した際の説明や写真も付加したので、美味しいビールが飲める店を探す際に役立てていただければありがたい。

 「仙台で地ビール・輸入ビールが飲める店マップ」 

anagma5 at 19:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2012年09月14日

東北で地ビールが飲める店 番外編その20〜仙台オクトーバーフェスト2012と東北各地の秋のビールイベント

追記(2019.1.19):2019年版はこちら

追記(2018.4.9):2018年版はこちら

追記(2017.1.28):2017年版はこちら

追記(2016.1.20):2016年に東北各地で開催されるビールイベントについては、こちらを参照していただければ幸いである。

120914-203949_m 仙台オクトーバーフェスト2012が9月14日(金)から23日(日)の予定で始まった。早いもので今年で7年目だが、すっかり仙台市内のビールイベントとして定着した感がある。今年も1,800人を収容できるセンターステージ付きのメインテントが準備された他、会話を楽しみたいという声にも応えてステージのない600人収容の「こかげテント」も設けた。また、この時期は雨天も多いことから、通路に特殊プラスチック製の床を敷いた。テントやステージの装飾にも工夫を凝らし、本場ミュンヘンの装飾を取り入れている。

 また、今回は仙台のオクトーバーフェスト初登場のビールもあり、さらに楽しめる。ドイツからはフランツィスカーナーシュパーテンホフブロイヴァイエンシュテファンアルピルスバッハー・クロスターブロイフレンスブルガーラーデベルガーシェッファーホッファーのビールが、地ビールではいわて蔵ビールズモナビール田沢湖ビール松島ビール仙南クラフトビールPDF)など、東北のお馴染みのビールが揃っている。

 フードも充実しており、これまた仙台のオクトーバーフェスト定番となった岩出山家庭ハムグルックルの地元のハム・ソーセージに、横浜のインビス・アイネ・ファミリエ、ドイツのフランツグリルが加わり、さらに中嘉屋食堂麺飯甜かきや no Kakiyaオッジ・ドマーニ五橋周平本町おやじ・せがれがそれぞれ自慢の料理を出している。

 今回のこの仙台オクトーバーフェストで今年の東北の主だったビールイベントはほぼ終了、と言いたいところだが、決してそうではない。これから秋にかけても東北各地でビール関連のイベントは引き続き開催される。まず宮城県角田市では9月30日(日)に「仙南シンケンファクトリーDream  LIVE」が予定されており、仙南クラフトビールや地場産の食材を用いた多彩な料理が楽しめる。

 福島市内では10月6日(土)、7日(日)に「第6回全国やきとリンピックinふくしま」と「がんばろう!ふくしま復興やきとりまつり」が開催される。福島市近郊には伊達鶏(だてとり)と川俣軍鶏(かわまたしゃも)という2つのブランド鶏肉があり、焼き鳥店も多い。10月6日(土)、7日(日)、8日(月・祝)に福島ガス主催で「世界の屋台」というイベントが開催される。この会場で福島路ビールあくらビール牛久シャトービールが飲めるそうである。

 一方、盛岡市では、以前も少し紹介したが10月7日(日)、8日(月・祝)、盛岡市内のベアレン醸造所で、「オクトーバーフェストINベアレン2012」が開催される。オリジナルジョッキが付いた前売り券が2,500円で、時間制限なしでベアレンビールが飲み放題である。また、今年はこの2日間のためだけに仕込んだスペシャルフェストビールも登場するそうである。

 10月8日(月・祝)には秋田市内で「秋田醸しまつり」が開催される(「あきたかもしまつり」と読む)。地酒、地ビール、地ワイン、味噌、醤油、豆腐、寒麹の漬物、創作発酵料理など、秋田が誇る自慢の発酵食品が勢揃いするイベントである。地ビールでは、秋田県内のあくらビール田沢湖ビール湖畔の杜ビールが揃う。


 10月13日(土)、14日(日)には福島市内で「全国餃子サミット&餃子万博inふくしま」が開催され、地元福島市、宇都宮市、浜松市を始め、全国各地の餃子が集結するが、その会場には福島路ビールも出展する。餃子とビール、とてもよく合いそうである。

 山形市内のLondon亭では、「London Night」が11月3日(土)に開催される。男性5,000円、女性2,000円で料理付き2時間飲み放題である。ただ、参加は2名以上からで10月27日(土)までに電話で申込が必要である。

 以上のように、まだまだビールのシーズンは終わっていないようである。追加情報があれば随時追記していきたい。


追記(2012.9.14):そうそう、直近になってしまったが、盛岡市では9月15日(土)、16日(日)の「IBCまつり in OROパーク2012」に、ベアレン醸造所ステラモンテが出展する。特にステラモンテのビールは同店以外ではなかなか飲めないので貴重な機会である。なお、ベアレン醸造所は同じ15日(土)、16日(日)、そして17日(月・祝)の3日間、ベアレンビールが1杯300円で飲める「ベアレンビアガーデン」(PDF)を開催する。


追記(2012.9.24):「秋田オクトーバーフェスト2012」が今年は10月21日(土)、22日(日)の2日間開催される。 第3回となる今回は、あくらビール田沢湖ビール湖畔の杜ビールの秋田県内の地ビール3社にドイツビールが加わる。また、手造りチーズなどのローカルフードも出店する他、同時開催として「秋田ソーセージフェスティバル」が開催されるので、きっとビールによく合うおいしいソーセージも食べられるものと思われる。


追記(2012.10.3): 上記で福島路ビールあくらビール牛久シャトービールが飲める、と紹介した福島市内のイベントは、「やきとリンピック」&「やきとりまつり」ではなく、「世界の屋台」というイベントであった。間違いのないように該当箇所を修正させていただいた。


追記(2012.10.4):10月6日(土)に、秋田市内で「第1回アキタ・バール街」が開催される。1冊5枚つづりのチケット(前売3,500円、当日4,000円)を購入すると、半券1枚で1ドリンク&1ディッシュ(おつまみ)が楽しめ、市内55店の参加店舗(参照PDF)をハシゴして回れるというイベントである。当日は、エリア内各所で音楽やダンスも披露されるそうである。

 このアキタ・バール街に、あくらビールビア・カフェ あくらレストラン・プラッツ、それに酒場 戸隠も参加するので、これらの店をハシゴすれば地ビールが楽しめる。酒場 戸隠では、「1ドリンク」では富士桜高原麦酒のヴァイツェンとスワンレイクビールのアンバーエールを準備し、「1ディッシュ」では同店自慢の「ヤバ旨チキン」(ハーフサイズ)と「八幡平ポーク串焼き」(2本)を出すそうである。


追記(2012.10.11):秋田市内の「酒場 戸隠」では10月27日(土)、「大人のハロウィン IN 山王 2012」を開催する。前日までにエントリー、当日は19時までに仮装して来店、3,000円でビュッフェ形式のおつまみ付フリードリンク、その後23時から仮装したまま市内山王地区をパレードするという、店主の三浦さん曰く「大人だからこその馬鹿馬鹿しいハロウィン仮装大会」である。

 フリードリンクとして、アメリカの サラナック・パンプキンエールと地ビール樽生一種他、厳選地酒2種、カクテル、サワー、梅酒、ウイスキー(ハイボール含む)、ワイン、ソフトドリンクが揃うそうである。


追記(2012.11.2):秋田市のあくらビールでは、今年11月1日で醸造開始から15年となったのを記念して、15周年記念イベントを開催する。12月2日(日)の14時〜19時(入場は18時まで)で、敷地内のレストランプラッツビアカフェあくらにおいて、会費3,500円であくらビール飲み放題に料理とお土産までつくということである。

 当日は15周年記念醸造のヴァイツェンや過去に製造した「秘蔵のビール」も登場するそうである。また、バンドの演奏もあるとのことで、盛り上がりそうである。


anagma5 at 19:41|PermalinkComments(0)clip!

2012年06月15日

東北で地ビールが飲める店 番外編その19〜仙台ドイツビアフェストと東北のビールイベント

追記(2019.1.19):2019年版はこちら

追記(2018.4.9):2018年版はこちら

追記(2016.1.20):2016年に東北各地で開催されるビールイベントについては、こちらを参照していただければ幸いである。

追記(2015.3.21):2015年に東北各地で開催されるビール関連のイベントに関しては、こちらを参照していただければ幸いである。


120613-210119
 これまで仙台市内のビールのイベントと言えば、先日も紹介した6月と9月に開催される「オクトーバーフェスト」がよく知られていたが、今年はこれに新しいイベントが加わった。その名も「仙台ドイツビアフェスト〜オクトーバーフェストウィークエンド〜in ヨドバシカメラ旧店舗」である。まさか日本一長い名前のビールイベントを目指したということでもないだろうが、長い名前である。しかも、「フェスト」という名前がダブっている、週末だけでなく毎日開催なのに「ウィークエンド」という言葉が入っている、などツッコミどころのある名称である。

 それはともかく、これまでの仙台のオクトーバーフェストが10日前後の開催期間なのに対して、この「仙台ドイツビアフェスト〜オクトーバーフェストウィークエンド〜in ヨドバシカメラ旧店舗」は6月8日に始まって、9月2日(日)まで毎日開催である。これは嬉しい。しかも、その名の通り、先ごろ新店舗に移転したヨドバシカメラマルチメディア仙台の旧店舗の2階ワンフロアが会場であるので、もちろん暑い日に屋外で飲むビールというのも格別なものがあるが、屋外の錦町公園が会場のオクトーバーフェストと違って天気に関係なく安心して飲めるのもいい。オクトーバーフェストが21時までなのに対し、こちらは22時までやっているのもいい。JR仙台駅に隣接しているのでアクセスもよい。

 この「仙台ドイツビアフェスト〜オクトーバーフェストウィークエンド〜in ヨドバシカメラ旧店舗」(あまりに長いので、以下「仙台ドイツビアフェスト」と略させていただく)、ザート商会という、ドイツのワインやビール、食品などの輸入卸販売を手掛け、都内でドイツレストランをチェーン展開している商社が主催している。オクトーバーフェストと違い、バンド演奏は土日のみだが(ひょっとして、だから「オクトーバーフェストウィークエンド」と言うのか?)、会場内には150インチのモニターが設置され、スポーツ放送の中継などを行っている。

120613-210205 肝心のビールだが、フランツィスカーナーヴァイスビアヴァイスビア・デュンケルシュパーテンオプティメーターなど3種、ホフブロイハウスヴァイスビアシュヴァルツ・ヴァイスビアなど4種、フレンスブルガーヴァイツェンなど4種が、それぞれ樽生で飲める。今回の「オクトーバーフェスト in 仙台」同様、私が聞いたことも飲んだこともないビールがあり、かつその「オクトーバーフェスト in 仙台」と飲めるビールが重なっていないのも嬉しい。他に、ワインやカクテルも飲める。フードメニューでは、ソーセージやプレッツェル、チュロス、ザワークラウトやピクルスなどがあるが、オクトーバーフェストと比べると種類は少なめである。

 ともあれ、この「仙台ドイツビアフェスト」、3ヶ月近くに亘って飲める「第三のオクトーバーフェスト」として定着するといいなと思う。ヨドバシカメラ旧店舗が取り壊されてしまった後の会場をどうするかという課題はあるわけであるが。

 さて、この夏も東北各地でビールのイベントが開催される。ことのついでに現在、私が把握しているイベントを紹介したい。ただし、大手メーカーのビールしか出てこないイベントにはまったく関心がないので、それ以外のイベント限定である。

 まず福島県内では、郡山市で「サマーフェスタ IN KORIYAMA 2012 ビール祭」が7月25日(水)〜29日(日)に開催される。国内最大級という5,000人収容の屋外ビアガーデンで、「オクトーバーフェストの郡山版」を銘打っている。仙台のオクトーバーフェスト同様、ドイツバンドの演奏を聴きながら生ビールや郡山の素材をいかした料理を楽しむことができる。縁日広場などもあり子供連れでも楽しめるよう工夫されているようである。飲めるビールは大手のビールのみだが、今年で18回目を迎えるという伝統に敬意を表してこれは紹介する。

 福島市では昨年に続いて、「ビアフェスタふくしま2012」が7月29日(日)に開催される。今年のテーマは「ビールと共に地元の食材の魅力に迫ろう」で、入場料(前売3,000円、当日3,500円)のみで32社63銘柄のビールが飲み放題というのが素晴らしい。私の今年の大注目は、地元福島のななくさ農園が醸造している「ななくさビーヤ」である。農水省のキャリア公務員から有機農家に転身した方が麦から作っているビールである。以前、日経ビジネスオンラインのサイトでこの方についての記事を読んだことがあり、その後に注目していた。現在、自給率100%のビール造りを目指して、大麦栽培、山ホップ採取に取り組むと共に、麦芽製造設備の開発も計画中とのこと。東北全体で見ても久々の新しい地ビール醸造所の誕生で、ぜひ味わってみたいものである。なお、二本松市内にある「道の駅ふくしま東和」では、瓶の「ななくさビーヤ」を購入することができる。

 宮城県内では、上で紹介した仙台ドイツビアフェスト以外に、仙台市内で「仙台オクトーバーフェスト2012」が9月14日(金)〜23日(日)の予定で開催される。例年、9月は6月よりもさらに規模が大きくなるので楽しみである。

 「癒.酒.屋 わおん」でも恒例の「クラフトビール(地ビール)フェア」が開催中である。全て瓶だが、全国各地の20種類の地ビールが揃っている。

 また、仙南クラフトビールをつくっている角田市の仙南シンケンファクトリーでは、7月28日(土)に「第10回角田産和牛賞味会」が開催される。角田産和牛ステーキなどの牛肉料理と地場産野菜を使ったコースディナーに仙南クラフトビールが飲み放題となるAコースは7,800円である。

 山形県内では、山形市のパレスグランデールで「ビアフェスタ 2012」が6月25日(月)〜28日(木)まで開催される。ビアフェスタとライブを組み合わせて毎年行われているイベントで、今年はサザンオールスターズのトリビュートバンド「KAWAMURA BAND」が連日ライブを行うそうである。料金は飲み放題・食べ放題込みで8,000円である。

 一方、天童市の将棋むら天童タワーで「夏のビア・パーティー」が7月26日(木)〜28日(土)の予定で開催される。サイト上にはまだ情報がないが、敷地内にある「将棋(こま)のさとブルワリー」で作っている地ビール(発泡酒)飲み放題とむげん豚などの料理がついて4,000円である。前日夕方までの予約が必要とのことである。

 岩手県内では何と言っても、「第15回全国地ビールフェスティバル in 一関」である。第15回を迎える今年は8月24日(金)〜26日(日)の開催である。今年も全国各地の地ビールと、地元の食材を使ったおいしい料理が楽しめると思うが、ただ一つ懸念は、会場の一関文化センター前広場が、敷地内の体育館の解体工事のため例年より狭くなるということである。昨年は70社約100銘柄のビールが揃い、3日間の来場者数が15,760人、ビール販売量7,880リットルというイベントであるだけに、今年は相当の混雑が予想される。今年は初めて海外メーカーの参加も予定されているとのことで楽しみである。

 他に、盛岡市内では、今年もホテル東日本盛岡で7月2日(月)〜8月31日(金)まで、「ビアホール2012」が開催される。前売3,980円、当日4,200円で3時間食べ放題・飲み放題で、飲み放題の中には銀河高原ビールの樽生も含まれるという魅力的なイベントである。フードメニューもさすが盛岡屈指のホテルだけあって、和食、洋食、中華からデザートまでクオリティの高い約30種類の料理が並ぶ。

 また、ベアレン醸造所では例年この時期、「ベアレンサマーフェスト」(7月三連休の日曜?)、「灼熱のBBQ大会 IN ベアレン」(8月お盆明けの日曜?)、「オクトーバーフェスト」(10月最初の日曜?)を開催している。現在のところサイト上にはいずれの案内も出ていないが、恐らく今年も例年通り開催されるものと思われる。

 秋田県内では、「クラフトビアフェスティバル in AKITA(秋田ビアフェス) 2012」が今年も9月8日(土)、9日(日)に開催されることが決定している。他に「第3回秋田オクトーバーフェスト」も開催されると聞いている。

 青森県内では、八戸市の八食センターで昨年「夏のビール祭」が行われたが、今年は開催の予定がないということであった。世界のビール10種類と日本の地ビール6種類が飲み放題で、料理込み3,000円という魅力的なイベントであっただけに残念である。他に何かあったらぜひ教えてほしい。


追記(2012.7.19):以前、山形市内でビールが飲める店として紹介したLondon亭は、8月18日(土)12:00から、「BeerFestival in Londontei」を開催する。世界のビールを瓶で約90種類揃え、その中からミニグラスで10杯分飲める入場券が、前売り3,000円、当日3,500円である。当日は3杯1,000円で追加ができる他、一皿500円の料理も出るそうである。山形市内では恐らく初めてのビアフェスで、楽しみである。


追記(2012.8.4):8月6日(月)から8日(水)まで、仙台七夕祭りに合わせて、仙台駅前のアエル広場特設会場において、「アエルの七夕ビアガーデン」が開催される(参照PDF)。「地元仙台で活躍する若手オーナー達の個性的な飲食店が『アエル広場』に集合!」との触れ込みで計11店舗が出店するが、その中で以前紹介したドイツ・ベルギーのビールが豊富な「アンバーロンド」も出店するとのことなので、足を運べばおいしいビールが飲めそうである。


追記(2012.8.9):今日9日(木)、10日(金)に仙台市地下鉄五橋駅近くの五橋公園で開催される「第六回五橋公園グリーンフェスティバル(イツフェス)」では、「公園にゴザを敷いてフラットなビアガーデン」ができるが、そこに出店する「五橋酒場」が伊達政宗麦酒も販売する、らしい。ちなみに、生はキリンのみのようである。


追記(2012.8.30):9月1日(土)、2日(日)と、仙台オクトーバーフェスト2012のプレイベントである「プロースト・カフェ」が、中央通りダイエー仙台店近くの復興支援施設「東北ろっけんパーク」にて開催される。仙台オクトーバーフェストで使用するベンチ・テーブルで、ドイツビールや地ビール、それにソーセージなどのフードも楽しめる。

 会場では、いわて蔵ビールの東北復興支援ビールで有名な盛岡の石割桜から採取した酵母で醸造した「福香ビール」が樽生(仙台市内では飲めない貴重品!)で無料試飲できる他、遠刈田温泉にあるベルツのソーセージの無料試食もある。また、仙台オクトーバーフェストで使える1割増し商品券も数量限定で販売とのことである。


追記(2012.8.31):なんと、宮城県角田市の仙南シンケンファクトリーでは7月20日(金)から8月31日(金)の土日限定で「ビアガーデン」を開いていたようである。これは迂闊にも知らなかった。通常、営業していない夜間(17:00-21:00LO)の営業の上、夏季醸造限定ビール「シンケンラガー」も含めて通常650円の地ビールが500円となる他、90分飲み放題1,800円というメニューもあってかなり魅力的である。って、今日までであるが(笑)。


追記(2012.9.15) :東北各地のこの秋のビールイベントについては、別稿で改めて紹介しているので併せてご参照いただければ幸いである。


anagma5 at 19:17|PermalinkComments(0)clip!

2012年06月12日

東北で地ビールが飲める店 番外編その18〜オクトーバーフェスト in 仙台

120612-195211 震災の影響で昨年は9月のみだったオクトーバーフェストが、今年は例年通り6月と9月の2回開催されることになり、6月の方の「オクトーバーフェスト in 仙台」が10日(日)から17日(日)の予定で開催されている。

 これまで6月の方は「ジャーマンフェスト」という名称だったが、やはりオクトーバーフェストの名の方が通りが良いのか、今年は「オクトーバーフェスト in 仙台」という名称となった。ちなみに、9月の方は「仙台オクトーバーフェスト2012」という名称である。微妙に名称が異なるが、それは6月の「オクトーバーフェストin仙台」と9月の「仙台オクトーバーフェスト2012」とで主催者が異なることによるもののようである。

 6月の方は東京にあってお台場や日比谷、芝、豊洲、神戸、長崎など各地でオクトーバーフェストを開催している「オクトーバーフェスト実行委員会」が主催で、9月の方は仙台に事務局を置く「仙台オクトーバーフェストプロジェクト」が主催なのである。もちろん、ビール好きにとってはおいしいビールが飲めるのであれば、主催者の違いなど与り知らぬことではある(笑)。

 さて、今回の「オクトーバーフェストin仙台」で特筆すべきは、何と言ってもドイツビールの種類の多さである。この辺りはさすがに各地でオクトーバーフェストを開催している主催者の底力という感じだろうか。私が好きなヴァイツェン系のビールだけ取ってみても、おなじみのエルディンガー・ヴァイスビアヴァイスビア・デュンケルパウラナー・ヘーフェ・ヴァイスビアとヴァイス・デュンケルに加え、バイエルン王家のヴァイツェンというケーニッヒ・ルートヴィヒ・ヴァイスビア・ヘル、ミュンヘンの6大醸造所に数えられるハッカープショールのへーフェ・ヴァイスビア、DLGドイツ最高金賞、ドイツ連邦栄誉賞を受賞した醸造所のエンゲル・ヴァイスビア、現存する最古の醸造所と言われるヴァイエンシュテファンのヘフェ・ヴァイスビア、これに仙台のオクトーバーフェストではすっかりおなじみとなった山梨の富士桜高原麦酒のヴァイツェンも加わり、何度通ったらすべて飲み比べられるのだろうという感じである(笑)。

 例年通り、6月の方は東北の地ビールの出展は少なめだが、地元宮城県の仙南クラフトビール松島ビールが飲め、茨城県の常陸野ネストビールも飲める。また、サイトには出ていないが、富士桜高原麦酒のブースには福島県の福島路ビール猪苗代地ビール、長野県の志賀高原ビールもある。フードメニューも今回は本場ドイツのソーセージなどがメインだが、地元仙台の居酒屋北の一チェーンが「東北応援ブース」として出展して、唯一地鶏焼きなど和風の料理を出している。

120612-192812 例年会場を盛り上げるバンド演奏も健在で、今年はミュンヘンのオクトーバーフェストで毎年演奏を行っているというディー・キルヒドルファーが、連日演奏を行っている。仙台を含む東北南部は9日に梅雨入りしたが、雨にも負けず本場ドイツに先駆けて行われるこの仙台のオクトーバーフェストを楽しみたいと思う。

anagma5 at 23:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2011年09月16日

東北で地ビールが飲める店 番外編その17〜仙台オクトーバーフェスト2011

110916-191554 今日から25日までの日程で、今年も錦町公園を会場に、仙台オクトーバーフェスト2011が開幕した。

 今年は、震災の影響で、6月に行われていた仙台ジャーマンフェストが中止となり、この仙台オクトーバーフェストも一時は開催が危ぶまれたが、関係各位の尽力によって、例年通り開催されることになった。喜ばしい限りである。

 私もひょんなことから思いがけず今日、会場を訪れることになったのだが、ご覧の通り、例年通りの「大入り満員」状態である。今年も、エルディンガーのヴァイスビアとヴァイスビア・デュンケル、ビットブルガー・プレミアム・ピルス、ケストリッツァー・シュヴァルツビア、フランツィスカーナのへーフェ・ヴァイスビアとヴァイスビアドュンケル、シュパーテンのミュンヘナーヘル、オプティメーター、プレミアムボック、ミュンヘナー・ヴァイスビール、ホフブロイのオリジナルラガー、シュヴァルツヴァイスビア、デュンケル、そしてドイツのオクトーバーフェスト限定のオクトーバーフェストビールなど、魅力的なドイツビールの樽生が目白押しで、それにやはりドイツ直輸入のオクトーバーフェストオリジナルソーセージやアイスバイン、ラビオリ、イエガーシュニッツェルなどのドイツ料理も食べられる。

 それだけでなく、この仙台オクトーバーフェストのいいところは、地元の料理や地ビールも味わえることで、今年は岩手のいわて蔵ビールズモナビール、秋田の田沢湖ビール、宮城の伊達政宗麦酒、それにこの会場ですっかりお馴染みになった、山梨の富士桜高原麦酒が軒を連ねている。料理でも、岩出山家庭ハムソーセージファクトリー・グルックルなど地元のハム、ソーセージを始め、酒房せんこま中嘉屋食堂麺飯甜仙台魚河岸、それに以前紹介した Oggi Domani(オッジ・ドマーニ)がそれぞれ腕によりをかけた料理を提供している。

 今回、私から見て特筆すべきは2点。一つは、以前ここに追記し、今年も10月1日に発売される田沢湖ビールの、すべて秋田県内産の原料を使い、モルトづくりから醸造まですべて秋田県内で製造したオール秋田の「あきた麦酒 恵(めぐみ)」が、発売に先行して、しかも樽生で飲めるということである。もちろん、二条大麦のものと六条大麦のものがある。これの樽生を一度たざわこ芸術村まで行って飲んでみたいと思っていたので、これは嬉しい!

 もう一つは、ここに追記した、今年7月末で残念ながら醸造をやめてしまった「八戸シャトービール」の樽生が、富士桜高原麦酒のゲストビールとして、この会場で飲めることである。飲めるのはヘレスで、富士桜高原麦酒の方に聞いたところ、シャトーカミヤ八戸が醸造した最後の樽を持ってきたとのことで、貴重品である。なくなり次第終了とのことなので、八戸の名水「蟹沢の水」で仕込んだこのビール、お別れの意味でも最後に味わっておきたい。

 このオクトーバーフェスト、今回もTakeo Ischi & Drei Winkler をはじめ、8つのバンドが音楽でフェスティバルを盛り上げる。今年はステージが大テントの中央に設置され、より観客(酔客?)との一体感が増しそうである。開催時間は11:00〜21:00(平日は16:00〜)である。


追記(2011.9.19):東北で「オクトーバーフェスト」が開催されるのは仙台だけではない。まず、盛岡市では、10月2日(日)に「オクトーバーフェスト in ベアレン 2011」が、醸造所前の特設会場で開催される。季節ごとに開催しているベアレンのイベントの中でも最大規模のイベントとのことで、前売り2,500円、当日3,000円でベアレンビールが飲み放題ということもあって、多くの人が集まりそうである。

 また、秋田市では、10月16日(日)に「第2回秋田オクトーバーフェスト」があくらビール中庭にて開催される。こちらは、秋田のあくらビール、田沢湖ビールの他、茨城のシャトー・カミヤ、栃木の栃木マイクロブルワリー、静岡のビアベリーなどが出展し、中でもシャトー・カミヤはフェストビールの「秋あがり」を出品するとのことである。こちらは、おつまみ付飲み放題で4,000円(予価)とのことである。

 季節はようやく夏から秋に移り変わりつつあるが、東北のビールイベント、まだまだ続きそうである。


anagma5 at 21:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2010年12月02日

仙台散歩その46〜仙台で地ビール・輸入ビール(ドイツビール・ベルギービールなど)が飲める店まとめ 峭駟町・一番町界隈」編

 仙台市内で地ビールや海外のビールが飲める店については、主に「仙台散歩」のところで紹介してきたが、だいぶ数も増えてきて目当ての店を探すのが大変なの で(自分が;笑)、ここらでまとめてみることにした。併せて、「仙台散歩」で紹介していない店でそうしたビールが飲める店についてもリストアップしておこ うと思う(主に自分のため;笑)。追加があれば随時アップするようにしたいと思う。

追記(2012.6.5):このブログ、1エントリーにつき全角15,000字、半角30,000字という制限があるのだが、それに引っ掛かって追加しての更新ができなくなったので(HTMLの書式情報などカウントしても15,000には達していないのだが、なぜ?)、「国分町・一番町界隈」編「仙台駅周辺」編「仙台市内その他地域」編の3つに分けて掲載することにした。まずは「国分町・一番町界隈」編である。

追記(2014.4.28):ここで紹介した店を地図にしてみた。併せて参照していただければ幸いである。

国分町界隈
563eddd2.jpg
Amber Rondo(アンバーロンド)
ブログ過去記事
 ビールがとても充実しているバー。私の好きなヴァイツェンも樽生、瓶合わせて7、8種あるのが嬉しい。

追記(2011.7.11):最近、秋田のあくらビールが時折樽生で入荷するようになった。仙台市内で飲めるところは今までなかったのでこれはありがたい。

55fce16d.jpg隠空(いんくう)
ブログ過去記事
 場所も店内も隠れ家的な雰囲気の店。地酒が充実しているが、その時々で各地の地ビールも置いてあり、行く度に楽しめる。


a23ee5cc.jpgWine & Formaggio Cave Timone(ティモーネ)(仙台市青葉区国分町1-6-1ルナパーク一番町ビルB1F、TEL022-227-2952、19:00〜2:00、日曜祝日定休)
ブログ過去記事
 隠空は和風でこちらはイタリアンの隠れ家。ビールはエルディンガーのヴァイスのみ。これが常時飲めるのは東北でここだけである。

84e7dd44.jpgSHOT & FOOD SIMON'S BAR(サイモンズ・バー)(仙台市青葉区国分町2-9-1大信ビル1F、TEL022-223-8840、19:00〜2:00、※金・土・祝前日は〜4:00、無休)
ブログ過去記事
 コイン制(現金払いも可)のバー。ロンドンのパブ風だが、ドイツのビールも瓶で何種類か置いてある。

5b8189b6.jpgSHOT BAR 9 1/2 The Second's(ナインハーフ・ザ・セカンズ)
ブログ過去記事
 カクテルで有名な店だが、ビールではパウラナーのヘフェ・ヴァイスの樽生が飲める。

追記(2012.11.20):ヒューガルデン・ホワイトの樽生も飲めるようになっていた。ドイツのヴァイスビールとベルギーのホワイトビールが両方飲めるところはあまりないので、これは嬉しい。

追記(2014.5.29):パウラナーがなくなってしまい、代わりに(?)ヒューガルデンに加えてベルビュー・クリークも樽生で飲めるようになっていた。

091002-193931barbe(バルベ)(仙台市青葉区国分町2-5-13Aビル1F、TEL022-263-3339、19:00〜6:00、無休)
 ヒューガルデンの樽生が飲めるバー。ヒューガルデンは通常のサイズの他に、量が倍のラージサイズもある。他に瓶でニュートン、エルディンガー、ベルビュークリーク、レフラデュースなどが飲める。


090325-215401火星 MARS(かせい マーズ)(仙台市青葉区国分町2-12-12-B1F、TEL022-222-0103、18:00〜2:00、日曜定休)
 仙台市内で恐らく唯一盛岡のベアレンの樽生が飲める店。シュバルツが置いてある。

追記(2014.5.29):6月に同じビルの2階にある「鮪菜酒酎てなんご」と「合併」することになったとのことである。シュバルツは引き続き樽生で飲める他、瓶も置きたいとのことであった。

091002-191944R-Bar(アール・バー)
(仙台市青葉区国分町2-1-24福原ビルB1F、TEL022-215-3381、20:00〜5:00、無休)
 実は入ったことはないが、ベルギーのビールが4種類置いてあると書いてある。

追記(2012.6.5):ベルギービールはヒューガルデン・ホワイトのみとなったようである。

120518-182821イタリア風伊酒屋 VINO(ヴィーノ)(
仙台市青葉区国分町2-1-8カーパークビル2F、TEL022-223-2389、17:30〜23:30LO、不定休)
 地元の肉や野菜を使って作るイタリアンがおいしい「伊酒屋」。ドイツのエルディンガーのヘーフェヴァイスとケストリッツァーの黒ビールが瓶で飲める。


120518-183644Spain Bar Dining Vamos!(スペイン・バル・ダイニング・バーモス)
(仙台市青葉区国分町2-1-1 19フジビル1F、TEL022-748-4026、月〜木・日17:00〜1:00LO、金・土17:00〜2:00LO、無休)
 本格的なスペイン料理が食べられるダイニングバー。バス・ペールエールの樽生に加え、瓶でスペインのビール、クルスカンポが飲める。

修正(2014.5.8):ベルギービールの樽生の提供はなくなったようである。

120524-211844L'essentiel Bar(レサシエル・バール)(仙台市青葉区国分町2-9-1大信ビル1F、TEL022-715-6288、19:00〜3:00、不定休)
 シングルモルト中心のバーだが、ビールではヒューガルデン・ホワイトが瓶で飲める。



 フードメニューも充実しているバー。ワインの種類が豊富だが、ビールでは瓶で長野の志賀高原ビール5種と大阪の箕面ビール6種が置いてあった。いずれも仙台で唯一だと思う。
 


121127-215748SOLA(仙台市青葉区一番町4-4-4三桝ビルB1、TEL022-215-5250、17:00〜1:30LO(月〜土)、17:00〜0:30LO(日祝)、無休)
 ラクレットチーズやパエリア、バーニャカウダが名物のダイニングバー。瓶でヒューガルデン・ホワイトとデュベルが置いてある。


8445f782GOOD BEER MARKET ENN(グッド・ビア・マーケット・エン)(仙台市青葉区国分町2-8-12 国分町Kビル5F、TEL022-224-6511、18:00〜2:00LO、月曜定休)
 「仙台駅周辺編」で紹介した「TEMAKAKE KITCHEN STYLE ENN」の2号店である。その名の通り、地ビールや各国のビールなど様々なビールを樽生と瓶で飲んでもらおうという趣旨の店である。私が訪れた時にはベルギーのヴェデットの樽生や茨城の常陸野ネストビールの樽生があった。これから特に東北の地ビールを充実させていきたいとのことであった。

140227-234848蕎麦Bar 月うさぎ(仙台市青葉区国分町3-2-5 ゼロキュービル4F、TEL022-263-3577、11:30〜14:30、18:00〜24:00、日祝11:30〜14:30、無休)
 定禅寺通りのケヤキ並木を見下ろすロケーションのダイニングバー。その名の通り、手打ちそばが美味しい。埼玉のCOEDOビールの「白」と「紅赤」が瓶で置いてある。他にドイツのエルディンガー・ヴァイスも瓶で飲める。


140502-184909Cadiz(カディス)(仙台市青葉区国分町2-1-10阿部フォートビル1F、TEL022-796-3525、18:00〜4:30LO、日曜定休(月曜が祝日の場合月曜定休))
 フルーツカクテルや手作りピザが人気のショットバーだが、ビールも充実している。ベルギー始め各国のビールが10種類置いてある。とりわけデリリウム・レッドがあるのは貴重である(※りえさん、情報ありがとうございました)。チャージなしで飲んだ分だけというのもありがたい。

140502-195023深夜食堂 チェスコ屋(仙台市青葉区一番町2丁目7−9第七丸昌興業ビル、TEL090-2996-9333、18:00~5:00、日曜定休)
 仙台では珍しいチェコ料理が食べられる店。マスターのルミール・トマシークさんは陽気なチェコ人。ビール大国チェコだけあって、世界のビールが50種類置いてある。特に、3種類入れ替わる樽生の中に、ドイツのヴァイエンシュテファンがあるのは嬉しい。いずれチェコのビールの樽生も置く予定だそうである(※りえさん、情報ありがとうございました)。

追記(2015.2.19):今年から上記の住所に移転した。

140521-233000OCEAN FATARE(オーシャン・ファターレ)(仙台市青葉区国分町2-15-2グランパレビル1F、TEL022-263-6440、18:00〜3:00LO、日18:00〜24:00LO、年末年始休)
 船上レストランをイメージしたシーフードレストラン&バー。スペインやイタリアの海鮮料理が食べられる。COEDOビールを瓶で希少な「白」も含めて全5種類置いている。

140529-215614RESTAURANT BAR 牧水(仙台市青葉区国分町2-9-1、TEL022-213-5993、18:00〜5:00、日祝18:00〜3:00、無休)
 その名の通り、食事メニューが充実したバー。樽生はカールスバーグだけだが、瓶でドイツのエルディンガー・ヴァイスが飲める。



140530-003709ROUND DINING(仙台市青葉区国分町2‐10-7金英堂薬局ビルB1F、TEL022-267-5749、18:00〜6:00、無休)
 朝方までやっている、宮城野ポークやイベリコ豚の料理など肉料理のメニューが充実しているダイニングバー。瓶でヒューガルデン・ホワイト、ブルームーン、リンデマンスの各種フルーツビールなどが飲める。


140730-215650東北みちのえき(仙台市青葉区国分町2-5-11民平ビル2F、TEL022-797-0964、17:00〜3:00、金土祝前日17:00〜5:00、月一回不定休)
 名前の通り、東北各地の料理が楽しめる居酒屋。料理と一緒にあおもりアップルドラフト、いわて蔵ビールヴァイツェン、あくら秋田美人のビール、仙台七夕まつりビール、福島路ビールピーチエールなど東北各地の地ビールが瓶で飲めるのがいい。市内に3店舗あるが、地ビールが置いてあるのはこの国分町店と朝市通り店の2店である。

140730-231931T.R.G.E.(仙台市青葉区国分町2-1-3エーラクフレンディアビル1F、TEL022-281-8030、11:00〜14:30LO、17:00〜2:30LO、楽天デーゲーム開催日11:00〜2:30LO、無休)
 東北楽天ゴールデンイーグルスのオフィシャルスポーツラウンジ。ヒューガルデンが樽生で飲める他、ブルックリンラガーやサミュエルアダムス・ボストンラガー、ブルームーン、コナビールなどが瓶で飲める。

150705-211620DD DINER(ディーディー・ダイナー)(仙台市青葉区国分町1-4-21、TEL022-266-2694、18:00〜3:00、水曜定休)
 自家製のピザやフライドチキン、ラスポテト、スペアリブなどの料理が楽しめるダイニングバー。海外のビールが瓶で10種類ほど置いてある。現在、樽生はキリンの3種だが、今後内外のビールも入れていきたい都のことである。

150705-225900Gulp Down Cafe(ガルプ・ダウン・カフェ)(仙台市青葉区国分町2-10-30FOX BLD.3F、TEL022-261-2038、火〜木18:00〜1:00LO、金土・休前日18:00〜2:00LO、日17:00〜0:00LO、月曜定休)
 ヨーロッパのカフェをイメージした店構えに、フレンチをベースとした手作り料理が美味しいカフェバー。ビールは、ヒューガルデンやブルームーンが瓶で置いてある他、樽生で海外のいろいろなビールを仕入れている。最近はブリュードッグのパンクIPAが飲める。

CRAFT BEER MARKET(クラフトビアマーケット)仙台国分町店(仙台市青葉区国分町2-1-12瀬戸勝ビル1F、151228-192153TEL022-796-6366)
 都内に7店舗を展開するクラフトビアマーケットの初めての地方店。他の店舗同様国内外の樽生ビールが常時30種類飲める。料理はシーフードBBQがウリで、ショーケースに並んだ三陸直送の魚介類を調理法を指定して調理してもらう形式。炭火焼き、鉄板焼き、蒸し焼きなどが選べるが、シェフお任せにもできる。


一番町界隈
e33a3c81.jpgCurry & Bar yaman(やまん)(仙台市青葉区一番町4-5-19東一市場内、TEL022-224-7724、11:30〜15:00、17:30〜24:00、日11:30〜15:00、17:30〜20:00、無休)
ブログ過去記事
 飲みながら本格カレーが食べられる嬉しい店。アメリカのアンカースティームやリバティーエールが飲める。

194357.jpgベルギービール&ダイニング ダボス
ブログ過去記事
 仙台では老舗のベルギービールの店。ベルギービールの品揃えはさすがで、行く度に違うビールが楽しめたりする。



091212-200550うさぎや(仙台市青葉区一番町4-1-1仙台セントラルビルB1F、TEL022-265-9578、17:00〜2:00、日曜〜0:00(連休の場合は最終日に振替)、不定休)
 バドワイザー、ハイネケン、コロナ、ギネス、カールスバーグ、レーベンブロイなど、いわゆる「よくある外国のビール」がひと通り置いてある店。


120524-191416L'equipe Bond(レキップ・ボンド)(仙台市青葉区一番町2-4-16ムツミヤビル2F、TEL022-721-9338、11:00〜14:00、18:00〜23:00(月〜木)、18:00〜0:30(金・土)、日曜定休)
 2012年4月にオープンしたばかりの新しいイタリアンレストラン。パウラナーのヘーフェヴァイスが樽生で飲める。1パイント780円は他店に比べて安い!


120524-191656旬菜酒場 なんぶ彩葉(いろは)(仙台市青葉区一番町2-3-28中央市場113号、TEL022-712-7332、12:00〜13:00、17:30〜22:30LO)
 壱弐参横町に2012年2月にオープンした南部産食材を使った料理が食べられるカウンターのみの居酒屋。岩手の地酒や地ワインに加えて、地ビール(ベアレン)も置いてある。


120524-210846
菅原酒店(仙台市青葉区一番町4丁目3-1菅原酒店ビル1F、TEL022-222-6381、9:00〜20:00、元旦のみ定休)
 一番町通りと広瀬通りが交差するところにある酒店だが、ここに火曜日〜土曜日の17:00〜22:30LOで広さ5坪の「日本酒スタンディングバー」ができた。ビールでは仙台ではここだけというベルギーのステラ・アルトワの樽生がある。

追記(2013.5.29):ステラ・アルトワの樽生は夏限定だそうで、普段の樽生はエビス・クリーミートップである。今年も6月くらいからステラ・アルトワが飲めるようである。

120524-224347一番町開国屋(仙台市青葉区一番町3-5-27梅屋ビル2F、TEL022-265-3151、15:00〜17:00、17:00〜23:30LO)
 昼は喫茶、夜はワインと家庭料理の店。シャンソンのライブもある。ベルギーのニュートン、ヒューガルデン・ホワイト、禁断の果実、グランクリュ、シメイ・ブルー、セント・セバスチャンが瓶で飲める。


120524-225230enji(エンジ)(仙台市青葉区一番町2-3-37文化横丁内、TEL022-748-5877、17:00〜00:00、日曜定休)
 一番町から文化横丁に入ってすぐのところにあるダイニングバー。ベルギーのヴェデット、リーフマン、シメイ、デュベル、ドイツのサリトス、フォーエレメンツが瓶で飲める。


121120-200047BAR BAR BAR(バル・バール・バー)(仙台市青葉区一番町2-3-28いろは横丁D120、TEL022-211-5185、17:00〜3:00(月〜金)、18:00〜3:00(土・祝)、日曜定休(月曜が祝日の場合営業))
 一番町の壱弐参横丁(いろは横丁)にあるカウンター・バー 。これまで樽生はバス・ペールエールだけだったが、9月のリニューアルを機に、常陸野ネストビールのホワイトエールが飲めるようになった。上のL'equipe Bond(レキップ・ボンド)からピザを取り寄せることもできる。

758ac3f1癒.酒.屋.わおん 一番町店(仙台市青葉区一番町1-1-8青葉パークビルB1F、TEL022-395-7496、11:30〜13:30LO、18:00〜20:30LO、無休)(ブログ過去記事
 「癒.酒.屋. わおん」(ブログ過去記事)の姉妹店として2015年7月オープン。特筆すべきは、地ビールの樽生が常時6種類飲めることで、やくらいビールのピルスナー、ヴァイツェン、デュンケル、福島路ビールのエクストラピルスとレッドエール、それに新潟麦酒のブラックビールが揃っている。新潟麦酒の樽生はこちらに書いた「TEMAKAKE KITCHEN STYLE ENN」でも飲めるが、やくらいビールと福島路ビールの樽生が飲めるのは仙台市内では恐らくここだけだと思われる。「仙台駅前店」同様美味しい和食が楽しめる。

120614-132327仙台カレー食堂
(仙台市青葉区一番町2-11-12、TEL022-265-8901、11:30〜14:30、17:00〜21:00、日祝定休)
ブログ過去記事
 インド風のオリジナルカレーが美味しい店だが、昨年からビールがかなり充実した。全て瓶・缶だが、インドのビール5種、スリランカのライオン・スタウトとラガー、ヒューガルデン、エチゴビール各種、銀河高原ビール、それにサンサンオーガニックビールやよなよなエールなどヤッホーブルーイングのビール各種が揃っている。

s_0034ご馳走串屋 えびすけ 仙台一番町店(仙台市青葉区一番町4-2-15 2F、TEL.022-217-0205、17:00〜1:00、日曜定休(祝日により変更あり))
 盛岡が本店の居酒屋。仙台駅前にもあるが、こちらは名前の通り、串焼きが充実している。いわて蔵ビールと銀河高原ビールが瓶で飲める。いわて蔵ビールはこの店のオリジナルラベルである。

140730-214232鉄板酒場 壱○弐(いちまるに)(仙台市青葉区一番町4-4-4三桝ビル1F、TEL022-796-0490、17:00〜2:00、17:00〜3:00、無休)
 鉄板焼きと串焼きがメインの店。瓶でヒューガルデンやブルームーンが飲める。



150424-220157魚沼釜蔵 東北総本店(仙台市青葉区一番町4-6-1仙台第一生命タワービル21F、TEL022-796-4472、11:30〜14:00(月〜金)、17:00〜23:00、無休)
 新潟県の魚沼産の食材やお米、新潟県沿岸で取れた海の幸など、新潟のうまいものが食べられる居酒屋。「八海山」と関係が深いらしく、「八海山」のほとんどの銘柄が揃っているが、「八海山泉ビール」も置いてあるのが私にとってはポイントが高い。

cdf1928a田沢湖ビール―SENDAI―(仙台市青葉区一番町3-6-12菊地ビル2F、TEL022-796-2988、11:00〜14:00、17:00〜23:00、日曜または連休最終日定休)
 以前あった銀河高原ビールの直営店「サトゥラギ」が撤退して以来、久々に仙台にできた地ビール醸造所の直営店。店内では田沢湖ビール全種類と、各地の地ビールがゲストビールで2種飲める。レギュラー、ラージの他、日本一深い湖である田沢湖の深さの1000分の1の432mmの深さを誇る「田沢湖グラス」は1Lサイズである。男鹿港から毎日直送されてくる海の幸を始め、秋田の食材を使った料理も美味しい。

160823-202549時々ハレ酒場HALU(仙台市青葉区一番町3-8-1ラベルヴィビル3F、TEL022-208-2109、17:00〜0:00、土15:00〜0:00、日曜定休)
 電力ビルの裏手にある隠れ家的な居酒屋。地ビールとアメリカのクラフトビールが数種類瓶で飲める。鉄板焼きやおばんざいなどの料理も美味しい。




県庁市役所周辺
2857294b.jpgKitchen プラス1(キッチン・プラス・ワン)(仙台市青葉区上杉1-7-1-B1F、TEL022-223-3881、11:30〜14:00、18:00〜22:00、土曜夜は予約のみ、日曜定休)
ブログ過去記事
 東北で一番早くヒューガルデンの樽生を出した店。インドネシア風のおいしいアジアンカレーが食べられるのも嬉しい。
100123-203506杜ノ都 DINING MeCCA(仙台市青葉区国分町3丁目1-4 ムサシヤビルB1F、TEL022-224-8018、17:00〜3:00、無休)
 アイスヴァインや仙台では珍しいバーニャカウダーが食べられるダイニングバー。レフブロンドの樽生が飲める他(仙台で2店目)、瓶でレフブラウンや紅茶ビール、エルディンガーのヘフェ・ヴァイスも飲める。

091212-204245一心(いっしん)(仙台市青葉区国分町3-3-1定禅寺ヒルズB1F、TEL022-261-9888、17:00〜24:00、日曜定休(第二・第四日曜日は営業)
 高級和食店(私から見ると)で、地酒などが充実しているが、ビールではシメイ・ブルーが置いてあるのが素晴らしい。これが結構和食と合う。




西公園付近
c920e846.jpg
和醸良酒 ○たけ(マルタケ)
ブログ過去記事
 古民家風の店構えが印象的な居酒屋。おいしい和食と一緒に、仙台市内で唯一という伊達政宗麦酒の樽生が楽しめる。

b3287d6e.jpgのんびり酒場ニコル
ブログ過去記事
 仙台市内では恐らくここだけの「リアルエール」(いわて蔵ビール)が飲める店。厳選素材を使用したフードメニューもいい。


194254.jpgクレプスキュールカフェ
ブログ過去記事
 メディアテークの1階にある、ベルギービールの飲めるカフェ。図書館の入った公共施設の1階でビールが飲めるというのは珍しいと思う。



二日町
140521-213555麦酒食堂3F-22(仙台市青葉区二日町14-10八百吉ビル3F、TEL022-302-7933、17:00〜1:00、土17:00〜0:00、日曜定休)
 地下鉄北四番丁駅から徒歩圏内にある、その名の通り世界各国のビールが常時30種類超置いてあり、無国籍の料理も味わえる店。樽生はヒューガルデン・ホワイトでラージサイズもある。ビールの顔触れは随時変わり、普段あまり見掛けない珍しいビールが入荷していたりする。


anagma5 at 01:34|PermalinkComments(29)TrackBack(0)clip!

仙台散歩その46〜仙台で地ビール・輸入ビール(ドイツビール・ベルギービールなど)が飲める店まとめ◆崟臑羆惻辺」編

というわけで、続いて「仙台駅周辺」編である。「国分町・一番町界隈」編「仙台市内その他地域」編と合わせて参照されたい。

追記(2014.4.28):ここで紹介した店を地図にしてみた。併せて参照していただければ幸いである。

仙台駅西口近辺
aeeca557.jpg夕焼け麦酒園(仙台市青葉区花京院1-2-20、TEL022-262-5573、17:00〜2:00、休日〜0:00、日曜定休、年末年始・GW・お盆休業)
ブログ過去記事
 私の行きつけ(?)の店。銀河高原ビールの樽生が飲める。ビール、料理とも、リーズナブルでかつおいしいのも私的に嬉しい。

e05b6765.jpgべこ政宗 名掛丁店
ブログ過去記事
 調味料に至るまで素材にこだわった牛タン料理の店。ヒューガルデンの樽生が飲める。以前は他にベルビュー・クリーク、ロシュホールもあったのだが今はなくなってしまったのが残念。復活を望みたい。
追記(2012.9.21):このところずっとヒューガルデンの樽生が品切れ中である。お店の人に聞いてもいつ入るか分からないと言う。これは甚だ残念である。瓶で松島ビールのヘレスとデュンケルは飲めるが、ヴァイツェンとボックは置いていない。

f24e0c00.jpg癒.酒.屋.わおん 仙台駅前店
ブログ過去記事
 東北各地の素材を使ったおいしい料理と新潟麦酒5種が楽しめる店(地酒もたくさんある)。夏には地ビール祭りも開かれて各地の地ビールが楽しめる。


101203-210433ご馳走串屋 えびすけ
 以前盛岡のところで紹介した「えびすけ」の仙台店。東北の食材を使ったおいしい串焼きなどが食べられる店。いわて蔵ビール、ベアレン、銀河高原ビールがそれぞれ瓶で置いてある。



101126-210249Baru Oggi Domani(バル・オッジ・ドマーニ)
 立ち飲みとカウンターがメインのバー。いつ行ってもけっこうな人の入りである。ヒューガルデンの樽生が飲める他、常時4、5種くらいの外国のビールが置いてある。私が行ったときにはエルディンガーのヘフェ・ヴァイスやオルヴァルが置いてあった。


101203-211252古々がみそ(仙台市青葉区中央3-1-21仙台駅前ビルEAST 7F、TEL022-738-8836、15:00〜1:00、無休)
 仙台味噌を使った創作和食が食べられる店。松島ビールが3種飲めるのがいい。



101203-224655BAR BEVITORE!(バー・ベヴィトーレ)
 夕焼け麦酒園の向かいにあるイタリアン・バー。ワインがメインだが、瓶でエルディンガーが飲める。




110917-192200
ロイヤルホスト仙台花京院店
 いわゆるファミレスのロイヤルホストだが、ここの店には松島ビールも置いてある。



110809-194945土風炉(とふろ) 仙台あおば通駅前店
 十割そばと豆腐と備長炭焼きがウリの居酒屋。店オリジナルの地ビール、「富士地ビール」がある。「白」と「緋」があって、「白」はヴァイツェン風の白濁色のビール、「緋」はアルト風の文字通り緋色のビールである。「プレミアム飲み放題」にするとこれら地ビールも飲み放題に含まれる。ただし、仙台あおば通駅前店で飲めるのは残念ながら「緋」のみである。

110809-200317
bar BAROCK(バー・バロック)
 上のBaru Oggi Domani(バル・オッジ・ドマーニ)の並びにある、同系列のバー。ウィスキーが中心だが、ビールではベルギーのウェストマールのダブルとトリプルが置いてある。



101203-210632和食処 大ばん
古民家のような雰囲気の居酒屋。郷土料理を中心としたおいしい料理がリーズナブルに食べられるのがよい。いわて蔵ビールのペールエールが樽生で飲める。 




140213-203703HUB BRITISH PUB(ハブ・ブリティッシュ・パブ)(仙台市青葉区中央1-7-6西原ビル1F、TEL022-722-8682、16:00〜0:00、金土16:00〜2:00、無休)
 '13年11月にできた、仙台で初めて(たぶん)のブリティッシュ・パブ。季節ごとにレシピが異なるというオリジナルエールビールのHUB ALE(ハブエール)が美味しい。他に、フラーズESBやロンドン・プライド、ヒューガルデン、シメイ・レッドなども瓶で飲める。
追記(2015.3.23):同店オリジナルのHUBエールを醸造しているのは、新潟のエチゴビールだそうである。

140622-011336BAR ASHIR(バー・アシル)
仙台市青葉区中央1-8-31名掛町センター街2F、TEL
022-738-7434、19:00〜3:30LO、
日曜定休

 季節のフレッシュフルーツを使ったカクテルなど、カクテル全般が美味しいバー。ビールはエーデルピルスの樽生の他、瓶でアンカーのスティームとリバティーエールが置いてある(※りえさん、情報ありがとうございました)。

141205-005033CRAFTSMAN Sendai(クラフトマンSendai)(仙台市青葉区中央2-2-38、TEL022-797-8431、11:30〜1:00、1/1のみ定休日)
 東京の「クラフト麦酒ビストロクラフトマン」の系列店。なんと国内のクラフトビールなど常時31種類のビールが樽生で飲める他、東北の食材を使った美味しいイタリアンも楽しめる。

150423-211549ROSIE(ロジー)(仙台市青葉区中央3-5-30T&I NEXT Bldg.4F、TEL022-796-3101、17:00~2:00、水曜定休)
 LABI仙台の近くのビルの4階にあるカジュアルバー。屋内のカウンターとテーブル席もあるが、外を見下ろせるテラス席がいい感じである。レーベンブロイとバスペールエール、そしてヒューガルデンの3種が樽生で飲める他、10名以上いれば通常の飲み放題(3,600円〜)に500円プラスすることで、これらの樽生ビールが飲み放題に加わる。ヒューガルデンが飲み放題になるのは、現在仙台では私の知る限りここだけである。

デリリウムカフェSENDAI(仙台市青葉区中央3-7-5仙台PARCO2 1F、TEL022-395-4451、11:00〜0:00、無休)
 仙台PARCO2内にオープンしたベルギービールの有名店。ベルギービールの各種樽生が約30種ほど飲める他、東北の地ビールも飲める。熟成肉や三陸の海の幸を使った料理も楽しめる。

161008-185228しろくまコーヒー仙台(仙台市青葉区中央1-10-25、TEL090-6680-4559、11:00〜21:00、無休)
 共に北海道に店舗を構えるアウトドアショップのコールマンと喫茶店のしろくまコーヒーが仙台駅前のEDEN内にコラボショップ「コールマンサテライトショップ in しろくまコーヒー」を出店した。2017年7月末までの期間限定だが、しろくまコーヒーでは志賀高原ビールや海外のビールなどが瓶で飲める。



仙台駅構内

エスパル本館地下1階
101126-201750ひっつみ庵
 盛岡のところで紹介したひっつみ庵の仙台店。おいしい和食がリーズナブルに食べられる他、銀河高原ビールとベアレンが飲めるのがいい。
追記(2012.6.5):銀河高原ビールがなくなり、地ビールがベアレンのシュバルツだけになってしまったのは甚だ残念である。

101126-201825郷土料理 みやぎ乃

 宮城の郷土料理がメインの店。缶の伊達政宗麦酒が置いてある。



101126-201634飯・魚・酒・肴 松島
 宮城の食材を使った食事とお酒が楽しめる店。その名の通り(?)、松島ビールが置いてある。



エスパル東館2階
BIKiNi TAPA+
160517-203624 スペインのタパス料理がカジュアルに食べられる店。東北ではここだけという「エストレージャ・ガリシア」が樽生で飲める他、普段あまり見かけないスペインのビールが瓶で6種類ほど置いてある。





エスパル東館3階
6Ken Kitchen incontrare TOHOKU
160517-202801 「牛たん炭焼き 利久」が手掛ける、東北六県の食材をふんだんに使ったバラエティに富んだイタリアンが食べられる店。東北六県の地ビール6種類が瓶で飲める。




奥州ろばたセンダイエキ天海

 160517-202720仙台発祥の炉端焼きが味わえる店。伊達政宗麦酒と松島ビールが瓶で飲める。




シーフードポット&オイスター ザ・スチーム エスパル仙台店
160517-202742 三陸産の魚介類や牡蠣、地元産の野菜を蒸し上げた料理が食べられる店。岩手・大槌町の真牡蠣を使ったオイスタースタウト「牡蠣ノ星」が瓶で飲める。



グリルみのる
160517-202616 東北の食材を使ったグリル料理が食べられる店。ベアレンの定番3種が瓶で飲める。





J.S.FOODIES
160517-203101 ハンバーガーやパンケーキ、スムージーが美味しい店。ハイネケンの樽生の他、ヒューガルデン、ブルームーン、ブルックリンラガーなどが瓶で飲める。






仙台駅東口近辺
2407dc8b.jpgTHE HA'PENNY BRIDGE(ザ・ハーフペニー・ブリッジ)
ブログ過去記事
 人気のアイリッシュパブ。樽生でパウラナーのヘーフェ・ヴァイスやいわて蔵ビールのリアルIPAが飲める。


110216-213126Broad Grow(ブロード・グロウ)
(仙台市宮城野区榴岡1-2-47イーストセブンビル3F、TEL022-298-2535、18:00〜5:00、無休)
 駅東口にほど近いダイニングバー。樽生はカールスバーグのみだが、瓶でヒューガルデンが飲める。


110216-213753岩手ダイニング Danaha(ダナハ)
(仙台市宮城野区榴岡2-2-25-B1、TEL022-792-1675、11:30〜14:00LO、17:30〜23:00LO、日曜定休)
 岩手出身の店主による、岩手が誇る海の幸、山の幸を用いたおいしい料理が食べられる店。岩手の地酒が充実しているが、ビールではいわて蔵ビールが樽生で飲める他、瓶も数種類置いてある。

110216-213921Bistro Campagne(ビストロ・カンパーニュ)
(仙台市宮城野区榴岡2-2-24名掛丁パルス熊万ビル3F、TEL022-292-7277、11:30〜14:00(平日のみ)、17:00〜24:00、第3日曜定休)
 ココットを使った料理がメインのフランス料理店。ワインやシャンパンと並んでベルギービールも充実しており、ビーケンやブルッグス・ゾット・ブロンドなど他店ではあまり見掛けないものも含めて9種類が瓶で飲める。

110216-214215Wine House Bouchon(ワインハウス・ブウション)
 地下セラーに常時1,000種類、13,000本以上のワインを保管しているという、仙台でも屈指のワインショップで、1階にはバーもあるが、そこでドイツのエルディンガー・ヴァイスが瓶で飲める。



111019-203233土風炉 仙台東口店
 土風炉は東口にも店舗がある。こちらでも残念ながら、「富士地ビール」は「緋」しか置いていない。


111019-203316Cantine Reposer(カンティーヌ・ルポゼ)(仙台市宮城野区榴岡2-2-24、TEL022-293-4266、11:30〜14:00LO、17:00〜2:00(木〜土)、17:00〜24:00(日〜水)、不定休)
 ビストロ・カンパーニュの姉妹店。「東口のワイン食堂」だが、全国で3箇所だけ、東北で初登場というフラーズのESB(エクストラ・スペシャル・ビター)の樽生が飲める。他にも瓶でギネス、セント・アンドリュース、エルディンガー・ヴァイスビール、シェッファーホッファー・グレープフルーツ、ヴァルシュタイ ナーが置いてあるのがいい。
追記(2013.2.5):ESBは瓶のみになってしまったが、代わりにドイツのパウラナーの樽生が飲めるようになった。しかも、21時までに入店すれば、人数に制約なく90分2,100円でこのパウラナーの樽生を含む生ビール3種とワイン7種が飲み放題となるプランがある。
追記(2014.2.5):ちょっと前からパウラナーの代わりに茨城の常陸野ネストビールの樽生が飲めるようになった。21時までの飲み放題でも飲めるが、ちょっと値上がりして90分2,500円になった。

111019-213709牛たん 串やきダイニング 備前(仙台市宮城野区榴岡4-6-25、TEL022-293-7623、11:30〜14:00(土日祝除く)、17:30〜24:00、日曜定休)
 2種類の炭をブレンドして焼く牛たんが評判の店。牛たんを使ったつくねやメンチカツもある。瓶で銀河高原ビールが飲める。

110916-192801TEMAKAKE KITCHEN STYLE ENN(手間掛洋食屋 and 酒場 えん)
 2011 年7月にオープンした、各国の煮込み料理が食べられる店。ビールも充実しており、海外のビールが11種ほどあり、そのうちベルギービールとしてヒューガル デン・ホワイト、シメイ・ブルー、レフ・ブロンド、チェリーが置いてあった。また、メニューにないビールもあり、私が行った時にはギロチン、デュベル、 ブーン・グース、ローデンバッハ・クラシック、それにピルスナー・ウルケルがあった。
追記(2012.11.5):久々に行ったら、ヴェデットの樽生が置いてあった。また、何と新潟麦酒のエスプレッソの樽生も入荷した。瓶内二次発酵の新潟麦酒に樽生があったとは知らなかった。これは貴重品である。今後もいろいろ仕入れてくれる予定らしい。今後の期待度大である。

130508-212146SK7 Bistro & Bar(サカナ ビストロ & バル)
 2013年2月にオープンした、「SK7」と書いて「サカナ」と読ませるビストロ・バル。 カウンターにズラリと並んだビールサーバーのタップが目を引く。オリジナル地ビール 「尾張千種」、「伊達政宗麦酒」、それにハートランド、バドワイザー、エビス、エビス・クリーミートップ、ヒューガルテン、バスペールエールが常時樽生で飲める他、毎月東北の地ビールが入荷する。伊達政宗麦酒が樽生で飲めるのはこれまで「和醸良酒 ○たけ(マルタケ)」のみだったので貴重である。海鮮をメインにした料理もなかなかのものである。

141106-213641 Pizza&cafe BIRD
 美味しいピザがリーズナブルに食べられるカフェ。直径27cmのピザがどれも580円である。ビールは樽生がハートランドのみだが、瓶でピルスナーウルケルやブルームーン、アンカースチーム、ストーンIPA、サミュエルアダムスなど、海外のビールが8種類ほど置いてある。

anagma5 at 01:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

仙台散歩その46〜仙台で地ビール・輸入ビール(ドイツビール・ベルギービールなど)が飲める店まとめ「仙台市内その他地域」編

最後に「仙台市内その他地域」編である。「国分町・一番町界隈」編「仙台駅周辺」編と合わせて参照されたい。ここの文末に変更履歴を記載している。

追記(2014.4.28):ここで紹介した店を地図にしてみた。併せて参照していただければ幸いである。

五橋・荒町
22f769a2.jpg
Bistro RED HOT(ビストロ・レッド・ホット)
ブログ過去記事
 マスター手作りのハム、ソーセージやフランス家庭料理、カレー(フランスではキュリーと言うらしい)が楽しめる店。ビールは常時数十種類を揃え、また時々東北ではここだけというシメイホワイトの樽生が飲める。

追記(2012.8.5):その後樽生のサーバーがどんどん増殖していき、現在7種の樽生が常時飲めるようになっている。これは嬉しい。

140407-145706bahn, Cosmos(バーンコスモ)
(仙台市若林区清水小路 5-6エステート五橋1F、TEL022-266-6554、11:00〜14:30、17:00〜21:30LO、日曜定休)
 「お箸で楽しむ創作料理」がキャッチフレーズの、フランス料理やイタリア料理をベースにした創作料理のレストラン。ワインが充実しているが、ビールではドイツのヴェルテンブルガー、ディーベルス、それに銀河高原ビールが置いてある。

150520-185157Barm's IRISH PUB(バーンズ・アイリッシュパブ)
(仙台市青葉区五橋2-11-18第三ショーケービル112、TEL022-221-0839、18:00〜23:30LO、火曜定休)
 ギネス、キルケニーの樽生、スコッチウィスキー、アイルランド料理や自家製燻製が楽しめるアイリッシュパブ。瓶でヒューガルデンやブルームーンが飲める他、最近ゲストビールとして各国のいろいろなビールがその時々で樽生で飲めるようになった。


連坊小路
140515-211840ステーキハウス VANGUYS(バンガイズ)
(仙台市若林区連坊小路70玉屋ビル1F、TEL022-291-9828、17:30〜24:00、日祝17:00〜23:30、第1・3・5月曜定休(祝日の場合は翌日が休み))
 アメリカンな雰囲気の内外装が特徴のステーキハウス。ステーキやハンバーグはもちろんどれも美味しいが、加えて海外のビールや地ビールが瓶や缶で置いてある。他の店には置いていないような珍しいビールに出会えることも多い。ビールのラインナップは年に2、3回入れ替わる。


河原町
140508-230228イタリア食堂ムジカ(仙台市若林区河原町1-3-57、TEL022-796-3370、17:30〜24:00LO、土日15:00〜24:00LO、月曜定休)
 河原町商店街に程近い所にある、日本の季節感を大事にしたイタリアンレストラン。イタリアンワインが充実しているが、ビールではイタリアのモレッティ、メッシーナに加えてヒューガルデン・ホワイト、それに静岡のベアードビール各種が飲める。


上杉
1467418_545045548902820_661289122_nピッツェリア・パドリーノ・デル・ショーザン
(仙台市青葉区上杉2-1-50仙台勝山館1階、TEL022-213-9220、11:30〜14:00 LO、17:30〜21:00 LO、月曜定休 (祝日の場合は翌日))
 仙台で初めて、東北で3店目の「真のナポリピッツァ協会」認定店。イタリアビールのメッシーナがあるが、それだけでなく、ナポリの地ビール、ラガー酵母を使ったエールであるイル・キオストロ・ゴールド・アーレと、シチリアレモンを使用したビリフィッチィオ・ソレントが置いてあるのが素晴らしい。もちろん、ピッツァは絶品。


宮町
131128-212325IZAKAYA 仁(仙台市青葉区宮町2-2-17、TEL022-263-5335、17:00〜2:00、無休)
 東北六県の地ビールが揃っている稀有な居酒屋。青森の奥入瀬ビール(ダークラガー)、岩手のいわて蔵ビール(IPA)、秋田の田沢湖ビール(アルト)、宮城の松島ビール(ヘレス)、山形の地ビール月山のミュンヒナー、福島の福島路ビールの米(マイ)ビールとエクストラピルスが味わえる。東北の郷土料理を織り交ぜたメニューの料理も美味しい。


北仙台
091229-205705浜料理 隆生丸
(仙台市青葉区昭和町5-55、TEL022-271-4820、17:00〜23:00、火曜定休)
 仙台浅草にある南三陸志津川の海の幸が食べられる店。以前紹介した「志津川牡蠣のスタウト」や「海鞘エール」が飲める唯一の店。もちろん、鮮度のいい海の幸もおいしい。


長町
101228-215056魚菜四季 ひょうたん

 JR長町駅前にある、新鮮な海の素材を使った料理など、おいしい和食が食べられる店。地酒などと共に、銀河高原ビールのスターボトルが置いてあるのがいい。

追記(2011.8.22):7月から長町駅前から太白区文化センターのある「たいはっくる」の2Fに移転・営業再開している。

101203-000456Bar Grotta Azzurra(バー・グロッタ・アズーラ)青の洞窟(仙台市太白区長町3-6-7、TEL022-249-2945、18:00〜3:00LO、日曜定休)
 長町2番街の中にあるバー。樽生はギネスだけだが、瓶でデュベルなどのベルギービールが置いてある。


120723-133937カレーの店 南國堂(仙台市太白区八本松1-1-50、TEL022-246-7510、11:00〜15:00、18:00〜22:00、水曜・第3火曜定休)
ブログ過去記事
 絶品の「インド式ヘルシーカレー」が食べられる店。最近、アメリカのクラフトビールで、ベルギーのホワイトビールスタイルのビール、Blue Moonが瓶で飲めるようになった。
カレー好き、ビール好きの私には嬉しい対応である。

140426-212501PUBLIC. COFFEE & BARパブリック・コーヒー&バー)(仙台市太白区長町3-7-3、TEL022-738-7463、11:00〜23:30LO、月曜定休)
 市道河原町長町南線(旧国道4号線)沿いに'14.3.19にオープンしたカフェバー。ヒューガルデン、シメイ・ブルー、デュベルなど各国のビールが19種類揃っている。タパスが美味しく種類も多いので、ビールのつまみにも事欠かない。

150519-134133Curry spot 祭(sai)
(仙台市太白区長町南4-12-16、TEL022-395-4117、11:00〜14:30LO、17:00〜21:00LO、木曜定休)
 インド風とも違うオリジナルのスパイシーカレーの店。ヒューガルデンなど海外のビールが瓶で6種類ほどあり、また各種肉巻や手羽元などビールのつまみになりそうな料理もある。


西多賀
7b136f9d.jpgダイニングパブ ガストホフ・マリア
(仙台市太白区西多賀4-1-1、TEL022-244-4619、17:00〜21:00、日曜定休)
ブログ過去記事
 ドイツのおかみさん、マリアさんが切り盛りするドイツ料理店。仙台市内では恐らくここだけの松島ビールの樽生が飲める。



苦竹
140512-184924洋風居酒屋 開国屋(仙台市宮城野区平成1-21-1大市ビル、TEL022-231-5947、18:00〜23:00LO、日曜定休)
 JR仙石線苦竹駅からもJR東北本線東仙台駅からも徒歩圏内にある洋風居酒屋。ニュートン、シメイ、ヒューガルデン、アダムとイブ、リンデマン、フローリス、セントセバスチャンなど、ベルギービールが瓶で飲める。酒屋併設の居酒屋だけあって、酒屋で購入した酒の持ち込みも可。フードも充実している。


140801-200746a-rest(仙台市宮城野区苦竹2-1-46、TEL022-290-5760、18:00〜24:00、土日11:30〜15:00、18:00〜24:00、不定休)
 JR苦竹駅のすぐ近くにあるカフェバー、海外のビールや地ビールが5,6種くらい置いてある。何が飲めるかはその時によって異なるが、ドイツやベルギーのビールが置いてあるのが嬉しい。


泉中央
130706-205652Izumi kitchen STORIA(イズミ・キッチン・ストーリア)(仙台市泉区泉中央2-19-10日泉パーキングビル1F、TEL022-375-2667、11:30〜14:30LO、18:00〜23:00LO、不定休)
 イズミティ21近くにあるダイニングバー。生はカールスバーグだけだが、瓶で世界各国のビールが15種類あり、ベルギーのニュートンやドイツのイェヴァー、そして銀河高原ビールが飲める。

130706-205324BAR SHELTER(バー・シェルター)(仙台市泉区泉中央1-17-5ビルドスマイル2 1F、TEL022-773-4498、20:00〜1:00、日曜定休)
 地下鉄泉中央駅からほど近い場所にある、カウンターとテーブル席を備えた少し広めのバー。生はレーベンブロイとカールスバーグで、他に瓶で、ベルギーのシメイ3種、デュベル、ヒューガルデン、アメリカのアンカー3種、コナ4種、ドイツのヴァイエンシュテファンが飲める。

140129-221737COCKTAIL & FOOD ADONIS(カクテルとフードの店・アドニス(仙台市泉区泉中央1丁目18-11、TEL022‐772‐2290、20:00〜4:00LO、日曜定休)
 地下鉄泉中央駅近くにあるバー。カクテルの種類が豊富だが、時折地ビールなど珍しいビールが置いてあることがある。そのようなビールが入荷した時には入り口の看板にその旨表示される(※こえりさん、情報提供ありがとうございました)。

150204-225948はたごや(仙台市泉区泉中央1-19-1 さくらパーキングビル遊食館2、TEL022-739-7343、月〜土11:30〜14:00、17:00〜23:30LO、日17:00〜23:30LO、不定休)
 天然ほやや菜彩鶏、八幡平ポークなど、東北の食材を使った和食メニューが美味しい居酒屋。盛岡の地ビール、ベアレンが置いてある。私が行った時にはイングリッシュ・サイダーとチョコレート・スタウトがあった。

 

高森
825111.jpg
カレーと珈琲の店 あちゃーる
ブログ過去記事
 泉パークタウンの住宅地にあるインドカレーの店。数種類のベルギービールが大瓶で置いてある貴重な店である。



その他

びっくりドンキー
 ハンバーグレストランチェーンであるびっくりドンキーには、あまり知られていないが「ドンキーオーガニックビール」や「ベルギーチェリー」といったビールがあり、ファミリーレストランとして異彩を放っている。これらは実は、系列の「小樽ビール」が醸造しているビールで、手稲山系の軟水、バイエルン産の麦芽、ハラタウ産の有機栽培ホップ、醸造所オリジナルの酵母を用いて醸造されている。
 

変更履歴(追記含まず)
2011.1.14:「べこ政宗 国分町店」を削除。
2011.6.25:「シンドール」を削除。
2011.7.29:「岩手ダイニングDanaha」「Bistro Campagne」「Wine House Bouchon」を追加。
2011.8.10:「もつ源」「土風炉」「bar BAROCK」を追加。
2011.8.23:「Happy Burger & Cafe KAME HOUSE」を追加。
2011.10.20:「Cantine Reposer」「牛たん 串やきダイニング 備前」を追加。
2011.10.22:「TEMAKAKE KITCHEN STYLE ENN」を追加。
2012.2.17:「べこ政宗 中央二丁目店」を削除。
2012.6.5: 地域毎に3分割。「L'equipe Bond」「旬菜酒場なんぶ彩葉」「菅原酒店」「一番町開国屋」「イタリア風伊酒屋VINO」「Spain Bar Dining Vamos!」「enji」「L'essentiel Bar」を追加。
2012.11.20:「BAR BAR BAR」を追加。
2012.12.6:「餃子びすとろ マル鶏酒場」「シヅクトウヤ」「SOLA」を追加。
2013.2.5:「Restaurante waon」を追加。
2013.3.24:「和食処大ばん」を追加 。
2013.4.19:「GOOD BEER MARKET ENN」を追加。 
2013.5.28: 「海の幸 山の幸 こだわりやま 仙台一番町店」「路地裏BALU CROWN CROWN」を削除、「SK7 Bistro & Bar」を追加。
2013.11.19:「 『和み』Dining 雅−MIYAVI−」「LITTLE JOHN」を削除、「Izumi kitchen STORIA」「BAR SHELTER」を追加。
2013.11.29:「餃子びすとろ マル鶏酒場」を削除、「IZAKAYA 仁」を追加。
2014.1.22:「カレーの店 南國堂」「仙台カレー食堂」を追加。
2014.1.30:「COCKTAIL & FOOD ADONIS」を追加。
2014.2.12:「ピッツェリア・パドリーノ・デル・ショーザン」を追加。
2014.2.17:「HUB BRITISH PUB」を追加。 
2014.2.27:「蕎麦Bar 月うさぎ」を追加。
2014.4.4:「bahn, Cosmos」を追加。
2014.4.12:「やきとり道場 こだわりやま 仙台国分町店」を追加。 
2014.4.26:「PUBLIC. COFFEE & BAR」を追加。
2014.4.28:紹介した店の地図を公開。
2014.5.2:「Cadiz」「深夜食堂 チェスコ屋」を追加。 
2014.5.8:「イタリア食堂ムジカ」を追加。 
2014.5.12:「洋風居酒屋 開国屋」を追加。 
2014.5.15:「ステーキハウス VANGUYS」を追加。
2014.5.21:「麦酒食堂3F-22」「OCEAN FATARE」を追加。
2014.5.29:「RESTAURANT BAR 牧水」「ROUND DINING」「びっくりドンキー」を追加。
2014.6.15:「Foods Bar Miya」を削除。
2014.6.21:「BAR ASHIR」を追加。
2014.7.2:「ご馳走串屋 えびすけ 仙台一番町店」を追加。
2014.7.30:「東北みちのえき」「鉄板酒場 壱◯弐」「T.R.G.E.」を追加。 
2014.8.11:「a-rest」を追加。 
2014.11.10:「Pizza&cafe BIRD」を追加。 
2014.12.24:「Beer TARU」を削除、「CRAFTSMAN Sendai」を追加。
2015.2.4:「KAME HOUSE」を削除、「はたごや」を追加。
2015.4.2:「うまい鮨勘」を削除。 
2015.5.8:「もつ源 仙台駅前中央店」を削除、「ROSIE」を追加。 
2015.5.13:「和食 みちのく」を削除、「魚沼釜蔵 東北総本店」を追加。
2015.5.28:「Barm's IRISH PUB」、「Curry spot 祭(sai)」を追加。
2015.7.14:「Restaurant waon」「こだわりやま仙台国分町店」を削除、「癒.酒.屋.わおん 一番町店」「DD DINER」「Gulp Down Cafe」を追加。 
2015.11.5:「ブルネンハイム」を削除(残念である…)。
2016.1.28:「CRAFT BEER MARKET(クラフトビアマーケット)仙台国分町店」を追加。
2016.5.17:「BIKiNi TAPA+」、「16Ken Kitchen incontrare TOHOKU」、「奥州ろばたセンダイエキ天海」、「シーフードポット&オイスター ザ・スチーム エスパル仙台店」、「グリルみのる」、「J.S.FOODIES」を追加。
2016.10.28:「田沢湖ビール―SENDAI―」、「時々ハレ酒場HALU」、「デリリウムカフェSENDAI」、「しろくまコーヒー仙台」を追加。


anagma5 at 01:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2010年10月10日

東北で地ビールが飲める店その55〜岩手県盛岡市その2

398be590.jpg  というわけで、前回に引き続き盛岡市内で地ビールが飲める店の紹介である。今回は前回紹介した以外に私が把握している地ビールが飲める店を一挙紹介したいと思う。ちなみに順不同である。

Italian Wine Bar bacaro gustare(バーカロ・グスターレ)
(盛岡市大通1-3-5、TEL019-626-7210、17:00〜25:00LO、日曜定休)
 イタリアンワインがメインの立ち飲みバー。ベアレンクラシック、ヒューガルデンホワイトが飲める。

べべどーる(Be Be Dor)
(盛岡市大通3-1-15志和ビル6階、TEL019-626-3336、17:00〜25:00LO(月〜土)、〜23:30LO(日)、無休)
 「世界の酒、料理を格安で提供」がモットーの多国籍居酒屋。特にシーフード料理、肉料理が充実。ベアレンクラシックが飲める。

火no山(HINO・YAMA)
 地元の食材を使った創作料理のある居酒屋。銀河高原ビールの「小麦のビール」、ベアレンクラシックが飲める。

いざか屋 花太郎
 盛岡の旬の素材を使った季節の料理がある居酒屋。ベアレンクラシックが飲める。

駅前酒場 開運とん
 花巻産の白金豚を使った「焼とん」をはじめ、岩手の食材を使った料理がメインの居酒屋。ベアレンクラシックが樽生で飲める。

居酒屋 串焼だいにんぐ えびすけ
 伊達鶏、奥中山高原のキャベツ、無農薬大豆を使った登米味噌、白金豚など、素材にこだわった串焼・串揚がメインの居酒屋。ベアレンの樽生といわて蔵ビールが飲める。

居酒屋 駅前炭串屋 とりぼん
 伊達鶏を使用した備長炭のやきとりと、白金豚の串カツが看板メニュー。ベアレンの樽生といわて蔵ビールのヴァイツェン、スタウトが飲める。

岩手の居酒屋うま舎(盛岡市盛岡駅前通15-6、TEL019-653-9733、11:30〜13:30、17:00〜24:00、無休)
居酒屋じょ居(盛岡市盛岡駅前通10-6、TEL019-625-6665、17:00〜0:00、無休)
南部居酒屋なはん(盛岡市駅前通8-11、TEL019-623-1275、17:00〜23:59、不定休)
 いずれも三陸の海の幸、岩手の山の幸などが手頃な値段で味わえる居酒屋。ベアレンクラシックが飲める。

HoT JaJa(ホット・ジャジャ)
 盛岡市内で冷麺で有名な「ぴょんぴょん舎」が出したじゃじゃ麺の専門店。ベアレンクラシック、シュバルツが飲める。

日本料理田中 ひっつみ庵(盛岡市盛岡駅前通1-44フェザン本館B1F、TEL019-654-7686、10:00〜22:00、不定休)
 JR盛岡駅に隣接する盛岡フェザンの地下1階のレストラン街にある岩手の食材を使った料理がおいしい和食店。銀河高原ビールのヴァイツェン、ベアレンのシュバルツが飲める。

三陸山田 磯よし(盛岡市盛岡駅前通1-44フェザン本館B1F、TEL019-654-7688、10:00〜22:00、第3水曜日 (2月.8月)
 ひっつみ庵の隣にある三陸の魚料理がメインの店。銀河高原ビールの小麦のビール、ベアレンクラシックが飲める。

盛岡じゃじゃ麺専門店 小吃店(しょうすうてん)(盛岡市盛岡駅前通1-44フェザン南館B1Fめんこい横丁、TEL019-622-0345、9:00〜22:00)
 JR盛岡駅の地下にあるじゃじゃ麺専門店。ベアレンクラシックが飲める。

南部酒席ござそうろ
 大通にある、気軽に食べられるメニューがたくさんある居酒屋。銀河高原ビールのヴァイツェンが飲める。

WISHING WELL21(盛岡市大通2-6-11日興産業ビル3F、TEL019-651-2001、18:00〜4:00、無休)
 大通にある静かなバー。ベルギーのデリリュウムトレメンスやスリランカのライオンスタウトが飲める。

ロシア亭北斗
 本格的なロシア料理が食べられる店。その料理に合うように、ロシアのビールを置いている。

ITALIAN CHACOAL GRILL RISAIA ALTURA(リザイア・アルトゥーラ)(盛岡市菜園1-5-25リデルモリオカビル2F、TEL019-654-6411、11:30〜13:30LO、17:30〜23:00LO、不定休)
 四季折々のイタリア料理が食べられる店。ベアレンクラシックが飲める。

Italian dining AVAZ(アーヴァーズ)
 岩手の食材を使ったイタリア料理が食べられる店。ベアレンクラシック、シュバルツ、シメイブルーなどが飲める。

創菜酒家TOKICHIRO(藤吉郎)
 焼き鳥と創作料理の店。ベアレンクラシックとシュバルツが飲める。

炭焼厨房HAKO(盛岡市菜園1-11-15佐々木ビル1F、TEL019-654-6356、18:00〜3:00、日曜定休)
 特にホルモンがおいしい炭火焼肉の店。ベアレンの樽生が飲める。

銀河離宮
 いわて牛の焼肉やしゃぶしゃぶが食べられる岩手畜産流通センターの直営店。ベアレンクラシックが飲める。

黒ヂョカ
 とにかく焼酎の品揃えが充実しているバーだが、シュバルツなどベアレンの瓶も数種類置いてある。

Accatone(アッカトーネ)(盛岡市中ノ橋通1-5-12、TEL019-624-3310、18:30〜2:00、日曜定休)
 イタリア料理が充実しているワインバー。ワインだけでなく世界のビールも40種ほど置いてある。

CHARLY'S BAR(チャーリーズ・バー)
 前回紹介したヌッフ・デュ・パプの系列のバー。ベアレンのクラシックやシュバルツの樽生や季節のビール、ベルビュークリークなどが飲める他、瓶でデュベルも置いてある。

酒蔵北地蔵(盛岡市盛岡駅前通10-6、TEL019-623-0081)
 盛岡駅の近くにある「村の掟で酒は北地蔵ときまっている」という看板が目印の居酒屋。ベアレンが飲める。

カフェOOD(ウード)
 多国籍な料理が特徴のカフェ。東北ではここだけが置いているという「東京エール」が飲める。

SECOND DINING JARAN(セカンド・ダイニング・ジャラン)
 焼肉・冷麺のぴょんぴょん舎がやっている無国籍料理の店。ベアレンクラシックの樽生が飲める。

焼肉・冷麺 盛楼閣
 以前紹介した冷麺のおいしい焼肉店。銀河高原ビールのヴァイツェン瓶(スターボトル)が置いてある。

焼肉・冷麺三千里大通店
 和牛の焼肉や冷麺が比較的リーズナブルに食べられる店。銀河高原ビールのシルバーボトルが置いてある。

番屋ながさわ(盛岡市菜園2-6-1、TEL019-622-2646、17:00〜23:00LO、日曜定休)
 三陸の魚介類や前沢牛の炭火焼きが食べられる店。銀河高原ビールのヴァイツェンと「小麦のビール」が飲める。

jizake-bar 蔵
 今年3月にオープンした岩手酒造組合の直営店。もちろん地酒がメインだが、ズモナビールの「三陸 海のビール」、いわて蔵ビールのヴァイツェンとペールエールなど県産の地ビールも置いてある。

香醤(こうじゃん)
 これまた以前紹介した夜遅くまでやっているじゃじゃ麺の店。銀河高原ビールのシルバーボトルが置いてある。

すし香(盛岡市材木町2-26、TEL019-654-5682)
 個人のお店ながら時々食べ放題などもやっている寿司店。銀河高原ビールが飲める。

メキシコ料理 ディエス・オーチョ
 盛岡駅近くにあるメキシコ料理店だが、ビールの品揃えが素晴らしい。ベアレン、銀河高原ビール、ベルビュークリーク、バスペールエール、キルケニーが樽生で飲める他、スプマリーナ(テキーラ入りメキシカンビール)、ベルギーランビック、デュベル、オルヴァル、シメイ3種、ヒューガルデンホワイト、シュナイダーヴァイツェンが飲める。

一番星(盛岡市内丸5-16、TEL019-622-8180、17:00〜1:00、無休)
 岩手の食材を使った料理が食べられる居酒屋。ベアレン3種が飲める。

Ristoro 金宝堂(リストーロ きんぽうどう)
 老舗和菓子店の喫茶部から始まった盛岡駅前にある洋食店。ベアレンクラシックが飲める。

スパニッシュ・ライツ(盛岡市菜園1-3-6農林会館B1、TEL019-652-6791、17:00〜2:00、月曜定休)
 本格的なスペイン料理が食べられる店。ビールも充実しており、ビットブルガー・ピルスが樽生で飲める他、ボルダム、ダブ・オリジナル、ハンネン・アルト、ケストリッツァー・シュバルツ、ドム・ケルシュ、シュナイダー・ヴァイス、紅茶ビール、ニュートン、グリゼット・フリュデボア、デュカシス、リーフマンス・グーデンバンド、ボンヴー、セゾン・デュポン、ブリガンドが飲める。ベアレンも数種置いてある。

ガーデンキッチン・シニガン(盛岡市菜園1-6-9第10菱和ビル1-A、TEL019-622-3385、11:30〜1:00、不定休)
 立ち飲みが基本のビストロ。地元の食材を使った料理が食べられる。ベアレンクラシックが飲める。

ビストロ・シュパーゲル(盛岡市菜園1-8-20八光ビル1F、TEL019-624-7555、17:00〜24:00LO(金土は25:00LO)、火曜定休)
 ドイツビールとワイン、自家製ソーセージの店。ドイツビールでは、ヴァルシュタイン、ビットブルガー、パウラナー・ヘフェヴァイス、ケストリッツァー・シュバルツ、ハンネン・アルトなどが飲める。

みちのく味処 四季
 岩手の食材を使った郷土料理が食べられる居酒屋。銀河高原ビールが飲める。

創作料理の店 ザ・耕作(盛岡市中ノ橋通1-5-4、TEL019-652-3030、11:30〜14:00、17:00〜23:00LO、日祝定休)
 和洋折衷の創作料理が食べられる店。詳細は忘れてしまったが、確か店オリジナルのビールがあったはず。

TEX-MEX料理 SunDance(サン・ダンス)
 アメリカ風メキシコ料理の店。禁断の果実、シメイブルー、デュベル、マレッツ、ウェストマールトリプル、ベアレンエール、レフブロンド、クリークブーン、ドゥーシャスドブルゴーニュ、ライオンスタウト、ベアレンクラシック、バスペールエールなど、いろいろなビールが置いてある。

浜や
 海鮮料理や天ぷらのおいしい店。銀河高原ビールのヴァイツェンが飲める。

 だいぶ長くなってしまったが、以上である。ご覧の通り、実に多くの店で地ビールが飲めることが分かる。人口で3倍以上の仙台市内でもこれほど地ビールが飲める店の数は多くないと思う。そして恐らくここに挙げた店以外にもさらに多くの地ビールが飲める店が、盛岡市内にはあるのだと思う。ご存じの方の情報を求めたいと思う。

 ちなみに、写真はライトアップされた岩手公園である。盛岡市内で地ビールをたらふく飲んだ帰り道に見える風景である(笑)。


追記(2010.11.14):上記に追加である。

ディエスオーチョ2号店(盛岡市盛岡駅前通15-22鷹木ビル5F、TEL019-622-6113、17:00〜1:00(日曜日は〜24:00)、月曜定休)
 メキシコ料理のディエスオーチョに2号店ができていた。オープンしたのは昨年で、1号店が地下の隠れ家的場所であるのに対し、2号店は5階で見晴らしがいい。こちらでも自慢のメキシコ料理とベアレンなどの地ビールや世界のビールが味わえる。

GOOD TIME CHARLY(グッタイム・チャーリー)(盛岡市大通1-9-10レインボービル2F、TEL019-654-7569、17:30〜1:00(日・祝は〜24:00)、不定休)
 大通にあるメキシコ料理店。タコスなどを食べながらベアレンの樽生が飲める。それにしても、盛岡市内にはメキシコ料理店が多いような気がするのは私だけだろうか。

Alam Sinigang(アラム・シニガン)(盛岡市菜園2-3-1フロムハートビル3F、TEL019-622-3755、17:00〜24:00(金・土・祝前日は〜2:00)月曜定休)
 タイやベトナムなどのアジア料理が中心の多国籍料理の店。野菜や米などは地元岩手産のものを使っている。ベアレンクラシックの樽生が飲める他、アジア各国のビールも置いてある。

欧食酒堂dacotta(ダコッタ)(盛岡市菜園2-3-22プラザバンベールビル2F、TEL019-653-3338、月〜木12:00〜14:00LO、17:00〜1:00LO、金・土・祝前日17:00〜2:00LO、日・祝17:00〜0:00LO)、不定休)
 地元の食材をふんだんに使ったイタリアンが中心の欧風居酒屋。ベアレンクラシックの樽生が飲める。

酒GURA(盛岡市大通1-9-10レインボービル4F、TEL019-623-0095、17:30〜24:30LO、日曜定休)
 フードメニューも充実しているバー。ベアレンの樽生が飲める。

ジョアンズ・キッチン・シャトン
 わんこそばで有名な「東家(あずまや)」の系列のイタリア料理店。ブラジル人シェフのジョアンさんが切り盛りする。19時までの営業だが、ベアレンクラシックが飲める。

 なお、上で紹介した「すし香」は残念ながら閉店してしまっていた。


anagma5 at 01:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2010年09月20日

東北で地ビールが飲める店 番外編その13〜仙台オクトーバーフェスト2010開幕!

d73c1ee7.jpg

 今年で5年目となる「仙台オクトーバーフェスト2010」が17日開幕した。「杜の都のビール祭り」としてすっかり定着した感がある。以前も書いたが、6月のジャーマンフェストと今回のオクトーバーフェストと年2回開催しているのは全国でも仙台だけである。


 ちょうど本場ミュンヘンでも200回目のオクトーバーフェストが18日に開幕したというニュースを新聞で見た。あちらは10月4日まで開催され、期間中650万人が訪れ、500万リットルのビールと50万本のソーセージが消費されるそうである。仙台のオクトーバーフェストはもちろんそれには到底及ばないが、今回も相変わらずものすごい人出である。席数を150増やしたそうであるが、ほとんど「焼け石に水」状態である。


 今回も、ドイツのエルディンガー・ヴァイスビアヴァイスビア・デュンケルビットブルガー・プレミアムピルスケストリッツァー・シュヴァルツビア、それに岩手の銀河高原ビールいわて蔵ビール遠野麦酒ZUMONA、地元の宮城からは亘理の鳥の海ビール、それに山梨の富士桜高原麦酒が飲める。それに加えて今回は、ミュンヘンのビアホール「ホフブロイハウス」の樽生ビールが初めてお目見えした。オリジナルラガー、ミュンヘナー・ヴァイスビール、シュヴァルツ・ヴァイスビール、デュンケルの4種類が楽しめる。


 他にドイツ各地のワインや福島・白河の千駒(せんこま)酒造の日本酒各種も味わえるなど、ビール好き以外にも楽しめるように配慮されている。


 フードの方もパワーアップしており、「常連」の岩出山家庭ハム、グルックルのソーセージ、ハライコ・ジャパンのドイツ直輸入のソーセージ、ホテルコムズ仙台のドイツ料理に、今回はKAKIYAのかき料理、中嘉屋食堂麺飯甜の中華料理が加わり、さらに「Sendai Markt」という日替わり限定ショップが登場し、以前紹介したガストホフ・マリアやブルネンハイムなど地元の店が日替わりで登場している。


 この「仙台オクトーバーフェスト」、私の中では先月紹介した「全国地ビールフェスティバルin一関」と並ぶ東北の一大ビールイベントとして不動の地位を占めているが(笑)、ぜひ今後も大切に育ててもらって、ぜひビールだけでなく地元の様々な食材・料理が一堂に会して楽しめる「収穫祭」のような秋のイベントとなればよいと思う。



anagma5 at 01:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2010年06月13日

東北で地ビールが飲める場所 番外編その11〜仙台ジャーマンフェスト2010

98c802eb.jpg この間もちょっと書いたが、全国で唯一年2回「オクトーバーフェスト」が開催される仙台で、今年もその「春の陣」とも言える「仙台ジャーマンフェスト2010」が6月11日(金)に錦町公園で開幕した。

 今年は20日(日)までの10日間の日程で、定番となったエルディンガー、ビットブルガー、ケストリッツァーなどのドイツビールを始め、富士桜高原ビール、東北からは岩手の遠野麦酒ZUMONAいわて蔵ビール、そして銀河高原ビールが出展している。食べ物も相変わらず充実しており、富士桜高原ビール直営の地ビールレストラン・シルバンズ、地元仙台のソーセージファクトリー・グルックル、ホテルコムズ仙台が顔を揃えた。

 ドイツビールでは、エルディンガーにいつものヴァイツェンに加えて、ヴァイツェン・デュンケルもお目見えしている。富士桜高原ビールにも季節限定で同じヴァイツェン・デュンケルがあり、飲み比べするのも楽しそうである。対する東北勢では、いわて蔵ビールのゴールデンエールやオイスタースタウト、銀河高原ビールのG-ケルシュが目を引いた。

 銀河高原ビールの方とは少し話をしたが、これから秋に向けて、既に水面下で新製品企画が動き出しているのだそうである。まず確実なのが、この春に限定生産で出た白ビール、これがさらにヴァージョンアップして秋に再びお目見えするそうである。それに加えて、詳細はまだ言えないとしながらもイギリス系のエールも現在熟成中とのことである。それ以外にも複数の企画が進行中とのことで、今後がとても楽しみである。

 それにしても相変わらずの賑わいぶりで、席を探すのが大変なのはいつも通りである。今回の生演奏は、ドイツ、オーストリア、スロバキアの3カ国混合のトリオ、ベルグランド・トリオで、14日(月)を除いて毎日演奏があってこのフェスティバルを盛り上げている。

 ちなみに、「秋の陣」の「仙台オクトーバーフェスト2010」は9月17日(金)から26日(日)の予定である。

anagma5 at 22:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2010年06月01日

仙台散歩その40〜エルディンガーの樽生が飲めるイタリアンの「隠れ家」

a23ee5cc.jpg  このブログでも何度か書いているが、「オクトーバーフェスト」は、今やすっかり仙台のイベントの一つとして定着した感がある。そもそも年に2回も開催される(6月に開催されるのは「オクトーバー」ではないので「ジャーマンフェスト」という名称である)のは全国でここ仙台だけである。それだけ集客がよいのだろう。

 オクトーバーフェストでは、私にとってはエルディンガーのヴァイツェンの樽生が飲めるのが嬉しい。パウラナーバイエンシュテファンのヴァイツェンが飲める店はあるが(パウラナーはここここ、バイエンシュテファンはここここである)、エルディンガーのヴァイツェンはこのイベント以外では、普段はなかなか飲めない。

 と思ったら、何と仙台市内に常時エルディンガーのヴァイツェンが飲める店があった。それが「Wine & Formaggio Cave Timone(ティモーネ)」(仙台市青葉区国分町1-6-1ルナパーク一番町ビルB1F、TEL022-227-2952、19:00-2:00、日曜祝日定休)である。「Formaggio」とはイタリア語でチーズのこと、「Cave」は英語で洞窟や地下蔵のことである。その通り、一番町と国分町の間に挟まれた路地のビルの地下にある、隠れ家的な店である。酒はワインがメイン、料理はイタリアンであるが、生ビールはなんとこのエルディンガー・ヴァイスの樽生のみである。日本の大手のビールの樽生がいくつか置いてあって、その上にこれがあるというのではないのである。生ビールはこれだけ!という、それがすごいと思う。聞けば案の定(?)、マスターもこのビールが好きなのだそうである。

 中はカウンター席がメインで、テーブル席は壁際に小さなのが2席のみというこの店、まさに隠れ家的な店にしたかったらしく、宣伝などもほとんどしていないそうである。おっと、ではここでの紹介も、控え目にしておかなければいけない。私のようなヴァイスビール好きが大挙して訪れるようなことになれば、お店に迷惑が掛かりそうであるし(そのような心配はほとんどないだろうが)。

 誰かと語らいながらお酒を楽しむということもできるし(その場合は「お通し」として出てくるチーズやハムやパンなどが盛り合わされたプレートだけでも十分である)、しっかり食事をということであれば、前菜からデザートまでマスターが腕によりをかけたイタリアンを堪能することもできる。

 私の中で「隠れ家」的な店と言うと、以前紹介したRED HOT」、これまた以前紹介した隠空」だったが、この「Timone」も同じように私の「隠れ家」認定である(笑)。「RED HOT」はフランス家庭料理(&カレー)の隠れ家、「隠空」は和食の隠れ家、そしてこの「Timone」はイタリアンの隠れ家ということになる。ビールについて言えば、「RED HOT」は外国のビール(&シメイの樽生)、「隠空」は地ビール、そして「Timone」はエルディンガーの樽生ということで、それぞれ「キャラが立っている」ので、料理共々その日の気分などによって「隠れ家」を変えられそうである(笑)。

anagma5 at 23:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2010年04月15日

東北をめぐる鉄道の旅その7&東北以外で地ビールが飲める場所その4〜JR水郡線と沿線の地ビール

 JR水郡線は福島県郡山市と茨城県水戸市を結ぶ地方交通線(いわゆるローカル線)である。都市間を結ぶ鉄道の場合、それぞれの都市の頭文字を取った名称がつけられることが多いが、この水郡線も水戸と郡山を結ぶということでその名がつけられている。東北で言えば、仙台と山形を結ぶ仙山線や、仙台と石巻を結ぶ仙石線がその例である。ちなみに、より大きな都市の名前が先に来るのが通例のようだが、この水郡線の場合、実は水戸よりも郡山の方が都市の規模は大きい。郡山の人口は仙台、いわきに次ぐ東北第3位の約33万9千人、対して水戸は約26万6千人である。それでも水戸の「水」が先に来ているのは、水戸が県庁所在地であることが影響しているのかもしれない。

 それはともかく。東北にあるローカル線で東北以外の地域にまで延びている路線はこの水郡線の他は、福島県会津若松市と新潟県魚沼市を結ぶJR只見線くらいである。…と思ったら、何と!以前紹介した、青森と函館を結ぶ津軽海峡線もJRの区分ではローカル線であるのを発見してびっくりした。どう見ても幹線(いわゆる本線)である。

 それもともかく。この水郡線、東北と関東、内陸と沿岸という、2つの意味で異なる地域を結ぶローカル線である。郡山駅を出て水戸駅に着くまでの147kmを約3時間かけて走る。距離から考えるといかにもローカル線らしい時間のかかり方である。車窓にはいかにも東北らしいのどかな田園風景が続く。のんびり旅をするにはぴったりの路線である。

 それからこの水郡線、実は沿線に地ビール醸造所が2つある、「地ビール線」(?)でもある。地ビール醸造所だけでなく、以前紹介したように郡山市内にも地ビールが飲める店もあるし、もちろん県庁所在地だけあって水戸市内にもある。

 2か所あるその地ビール醸造所はいずれも茨城県側にあるが、一つは常陸大子(ひたちだいご)駅が最寄り駅の、「やみぞ森林のビール」を醸造する大子ブルワリー、もう一つは常陸鴻巣(ひたちこうのす)駅が最寄り駅の、「常陸野ネストビール」を醸造する木内酒造(きうちしゅぞう)である。

moriizumisen.jpg  「やみぞ森林のビール」の大子ブルワリーへは常陸大子駅からは茨城県北バスの盛泉(もりいずみ)線を利用することになるが、水郡線との接続があまりよいとは言えない。うまく時間が合わないと、私のように駅から約8.5kmの道のりを走って行くことになる(笑)。

 ネット上には常陸大子駅からの発車時刻の記載はあったが、常陸大子駅に帰ってくる便の発車時刻が見当たらなかったので、現地で入手した時刻表をアップしておきたいと思う(写真参照)。赤枠で囲った「盛泉線」の欄がそれである。醸造所最寄のバス停は「志那志口(しなしぐち)」だが、そこの通過時刻は盛泉の発車時刻に4分を加えた時刻であった。ちなみに、常陸大子駅からはバスで15分ほどである。

131059.jpg  醸造所併設のレストラン(写真参照)はログハウス風の周囲の自然に溶け込んだ建物で、奥久慈シャモやこんにゃく、ゆばなど地元の名産品を使った料理などもおいしい。地ビールはピルスナー、ヴァイツェン、へレス、それに季節のビールがある。私が訪れた時にはデュンケルがあった。

 私の好きなヴァイツェンは、よく飲んでいる銀河高原ビールのヴァイツェンよりも濃厚ではないすっきり味で、大手ビール会社のビールに慣れ親しんだ人にもそれほど抵抗なく飲める味に仕上がっていると思う。店員の方々の応対にも好感が持てた。

222216.jpg  何より一般にはほとんど流通していない、特に東北ではまず手に入らないここのビールは、私にとっては「貴重品」であり、私のようなビール好きにとってははるばる足を運ぶ価値のあるスポットである。もちろん、お土産にも買ってきた(写真参照)。









163720.jpg  一方、木内酒造へは常陸鴻巣駅から徒歩で約5分とアクセスがいいのがありがたい。ここが醸造する「常陸野ネストビール」は、並みいる地ビールの中でも大手の部類に属し、やまやにも時たま並ぶ他、これまで紹介したように(ここここここここ、それにここで紹介したTHE ARCHIGRAM British Pub & Cafeにあることもある)東北の飲食店の中でも置いてある店がいくつかある。

 木内酒造の中では、敷地内の直販店の中に「利き酒」のできるスペースがあって生のビールが味わえる他、隣接する「な嘉屋(なかや)」でも味わえる。「な嘉屋」では、水を使わず酒で打った珍しい手打ちそばが味わえる。「常陸野ネストビール」はビールの種類も豊富で、ベルギースタイルのホワイトエール、ドイツスタイルのヴァイツェン他、さまざまな種類のビールがあり、ここではそれらのうちの何種類かが生で味わえる。

 水郡線の終点、水戸市にも地ビールの飲める店がいくつもある。木内酒造の「な嘉屋」の水戸店もある他、「創作和食Chaya須賀井」、「T`s四季菜楽bar」(水戸市宮町2-3-2、TEL090-8082-1581、18:00〜0:00、日祝日は〜22:00、不定休)には常陸野ネストビールの樽生があった。「Irish Pub Kells(アイリッシュ・パブ・ケルズ)」には珍しい常陸野ネストビールのリアルエールがある。他にも「Ale House S.H.I.(エールハウス スウィッチ)」や「The Drunken Duck(ザ・ドランケン・ダック)水戸店」には常陸野ネストビールのアンバーエール、ホワイトエールの瓶が置いてあった。

 他にも、「THE BRAVE HEART(ザ・ブレイブ・ハート)」、「ドイツ麦酒館MITOホフブロイハウス」(水戸市泉町3-2-7ポケットモールビル2F、TEL029-231-9245、11:30〜14:00(平日)、17:00〜0:00、日曜定休)、「BEER HOUSE BIBERE(ビベーレ)」など、世界各国のビールが飲める店が複数あるところは、さすがに関東圏の県庁所在地だけのことはある。


anagma5 at 00:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2009年09月27日

東北で地ビールが飲める店 番外編その10〜仙台オクトーバーフェスト2009

a85ac7b9.jpg 仙台で18日から27日までの日程で仙台オクトーバーフェスト2009が開催されている。以前書いたが今年は6月のジャーマンフェストに続いて2回目の開催で、仙台の季節のイベントとしてすっかり定着した感がある。

 今年もパウラナーのヴァイツェン、ヴァイツェン・デュンケルを始めとするドイツの樽生ビールが顔を揃えた。対してこれを迎え撃つ(?)東北の地ビールも、銀河高原ビールを始め、いわて蔵ビールズモナビールの岩手県勢に、鳥の海ブルワリー伊達政宗麦酒(瓶のみ)の地元宮城県勢、それに富士桜高原ビールが助っ人として加わった充実のラインナップである。

 料理の方もビールに負けないくらいの充実ぶりで、ドイツ直輸入のオクトーバーフェストオリジナルソーセージに、地元岩出山家庭ハムグルックルのハム、ソーセージ、それに東北の誇る庄内・平田牧場の三元豚がオクトーバーフェスト初登場である。

 おいしいビールとおいしい料理が味わえるとあって、連日連夜相変わらずの盛況ぶりで、週末などは席を確保するのにも一苦労の状況である。
 10日間にわたった今回のオクトーバーフェストも今日が最終日。きっと今日も昼から盛り上がっていることだろう。そうそう、足を運ぶ際には、公式ホームページからクーポン券をダウンロードして持っていくとよい。ビールや料理などが割引になってお得である。

anagma5 at 14:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2009年06月12日

東北で地ビールが飲める店 番外編その8〜オクトーバーフェスト2009春(!)

仙台の秋の一大ビールイベントとして、私の中ではすっかり定着した仙台オクトーバーフェストであるが、なんと今年はの年2回開催である。ちなみに、今年オクトーバーフェストが開催される5都市の中で、年2回開催されるのは仙台のみで、このイベントが私だけでなく仙台市民に広く浸透している様子が窺える。もちろん、年2回開催は本場ドイツでも例がないことのようである。

 それにしても、である。最初の年から入れさせていただいている、「オクトーバーじゃないじゃん」というツッコミは今年も春(6/10〜6/14)、秋(9/18〜9/27)とも有効で、やっぱりいずれも「オクトーバー」ではないのだが、秋はともかく、さすがに春はオクトーバーフェストとは言えなかったらしく、今回のイベント名は「仙台ジャーマンフェスト2009」である。

 まあ、おいしいドイツビールが生で飲める貴重な機会であるわけであるから、オクトーバーでないことはよしとしよう。しかし、屋外でのイベントであるにも関わらず、よりによって梅雨真っ盛りである6月と秋の長雨の9月に開催するとは、なんと言うかすごいことである。ここ仙台もまさに初日の10日に梅雨入りしている。

oqo6i2 ただ、実際過去の開催時期も雨の日が多かったが、それにも関わらず客足が衰えていないのがまたすごいところである。実は仙台はビール好きが予想以上に多いのかもしれない。主催者側もそれを見てある種開き直ってこの時期の開催に踏み切っているのだろうか。

 今回もたまたま中心部に出る用事があり夕方にちょっと寄ってみたが、週末ということもあってか、既にものすごい数の人が集まり、空いている席がないほどであった(写真参照)。
 例年通り、私の好きなエルディンガー・ヴァイスビアを始め、ビットブルガー・ピルスケストリッツァー・シュバルツが「三役揃い踏み」する他、新たにエルディンガーのヴァイスビア・デュンケルが加わったのが嬉しいポイントである。他に、富士桜高原麦酒ヴァイツェンピルスラオホ、それに限定ビールのオクトーバーフェスト・メルツェンが飲めるのもありがたい。

oqo6i2a もちろん、フードメニューもオリジナルソーセージなど、ドイツビールを引き立てるメニューが多く、飲食共に楽しめる。ただ、今回は出店者数が少ないこともあって、2つしかないフードメニューのテントには人が殺到し、長蛇の列となっていた(写真参照)。

 そして、やはり案の定の雨である。今日の天気予報では仙台は「曇り時々晴れ、雨の確率10%」であったが、主催者側に強烈な雨男でもいるのか、突然雨模様となった。天気予報を信じてか傘を持っている人は稀で、皆テントの中に避難したためテントの中はかなりの人口密度となったが、それでもビール片手に何事もなかったかのように談笑している人が多いのはすごい。晴れようが雨が降ろうが関係なく、相変わらずビール好きにとって楽しいイベントであることは間違いないようである。

anagma5 at 22:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2008年08月23日

東北で地ビールが飲める店 番外編その7〜仙台オクトーバーフェスト2008

1b4e4f5f.jpg 今年もオクトーバーフェストが仙台で始まった。昨年よりさらにパワーアップとの言葉通り、飲めるビールの種類もさらに多くなり、またフードメニューを提供するブースもワインを提供するブースも増え、ビール好き以外にも広くアピールできる陣容となっている。年々開催日は早まっているが、今年は8月23日から31日である。完全に「オーガストフェスト」である。もちろん、私としてはおいしいビールが飲めるイベントなら時期は問わないが。

 今年もエルディンガー・ヴァイスビア、ビットブルガー・プレミアム・ピルス、ケストリッツァー・シュバルツビアの生はもちろん飲めるが、今年はエルディンガー・ヴァイスビア・デュンケルが加わった。他に、フランツィスカーナ・ヘーフェ・ヴァイスビア・ゴールド、パウラーナー・ヴァイスビア、シュパーテン・オプティメーター、シュパーテン・ミュンヒナー・ヘル、プレミアムボックなどの生も飲める。瓶ではイギリスの5種類のエールやイタリア、チェコ、ギリシャ、フランス、フィリピン、オーストラリアなど各国のビールが味わえる。

 地ビールでは、岩手の銀河高原ビールのヴァイツェン、スタウト、ペールエールの生、ズモナビールのクリスタル・ヴァイツェン、ピルスナー・ボックの生、いわて蔵ビールのヴァイツェン、スタウト、インディア・ペールエール、レッドエール、宮城の鳥の海ブルワリーのシャンパンビール、仙台ラガーの生が飲める。今年は山梨の富士桜高原麦酒のヴァイツェン、ラオホ、ピルスも出展している。ラオホはドイツのビールも含めて会場内で唯一である。また、サイトには出ていないが、奥州仙台伊達政宗麦酒もホテルコムズ仙台のブースで飲める。

 銀河高原ビールでは、このオクトーバーフェストに合わせてつくったオリジナルのグラスが登場した。3種の生のいずれかとのセットで1,300円である。会場内のドイツビールと同様、グラスを返却するとその分の金額がバックされる。ドイツスタイルのビールが多い中、鳥の海ブルワリーでは今回で最後の醸造になるというブルーベリーのシャンパンビールが要注目だったが、醸造が間に合わず今回は見送りとなったそうである。あと1か月くらいとのことなので、鳥の海ブルワリーに足を運んで購入することになりそうである。

 フードメニューは、ドイツ直輸入のハム・ソーセージに交じって、地元宮城が誇る岩出山家庭ハムの種類豊富な手作りハム・ソーセージが目を引いた。他にもいわて蔵ビールの石蔵レストランクラストン、APAホテル、ホテルコムズ仙台、にぎわい居酒屋塩釜亭などが出店しており、好みに応じてさまざまな料理が味わえる。

 それにしても、またしても残念なのは昨年に引き続き天候である。初日も2日目も雨で、しかも気温も低く肌寒く、いわゆるビール日和でないのが惜しい。もっとも、昨年同様、そんな天候のことなどお構いなしにテント内の座席は大いに盛り上がっていた。3年目を迎え、仙台市民の間でもすっかり定着した感のあるイベントとなったようである。


追記(2008.8.29):事前の大雨予報にも関わらず天気が持ち堪えたこの日は、週末ということもあって、多くの人が訪れていた。初来日のドイツの楽団、ハッピーババリアンの演奏は、サイトには土日のみのように掲載されているが、実際にはこの日も楽しげな演奏を繰り広げており、会場の雰囲気を大いに盛り上げていた。しかし、無事終了時刻を迎えたと思ったら、それを待っていたかのように未曾有の雷雨が降ってきた。残り2日間どうなるか、天のみぞ知る、である。

anagma5 at 23:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2007年09月01日

東北で地ビールが飲める店 番外編その4〜仙台オクトーバーフェスト2007

19013425.jpg オクトーバーフェストが今年も仙台にやってきた。10月にドイツで行われる伝統的なビール祭りを日本でもということで始まったこのオクトーバーフェストは、昨年初めて仙台でも開催されたが、盛況だった。そんなわけで今年も開催という運びになったのだろうが、今年はなんと8月27日からの開催である。

 昨年行われた時は8月30日から9月3日の5日間だったので、オクトーバーじゃないじゃんと突っ込んだが、今年はさらに早まって8月27日開始である。「オーガストフェスト」である。もっとも、本国よりも先にビール祭りが楽しめるのは何となく得した気分になるし、何と言っても日本はビールと言うと夏というイメージが強いので、この時期の開催もよいのかもしれない。それに今年は開催期間も1週間と伸びたのも嬉しい。

 内容も今年は昨年よりもさらにパワーアップしていた。生で飲めるドイツビールも昨年はエルディンガー・ヴァイスなど3種だったが、今年は新たにフランツィスカーナ・ヘーフェヴァイスビアなど4種が加わって7種、その上このブログでも過去に紹介した銀河高原ビール該当ブログ1該当ブログ2)、平庭高原ビール該当ブログ)、ズモナビール該当ブログ)、みやもりビール該当ブログ)、いわて蔵ビール該当ブログ)など岩手県内の地ビールや、宮城県の鳥の海ブルワリーのシャンパンビール(該当ブログ)、伊達政宗麦酒など、東北の地ビールも飲めるようになった。フードメニューについても、ドイツソーセージも地元の名物もさらに充実しており、食の面でも楽しめる。

 ただ、問題は天気である。お盆明けまでの猛暑が嘘のように、このところ仙台は秋雨前線の影響で肌寒い雨がちな天気が続いており、屋外でビールをという雰囲気に文字通り水を差されたのが残念であった。もっとも、31日の夜に足を運んでみたが、そんなこととは関係なくテント席の中はたくさんのビール好きで盛り上がっていたし(写真参照)、傘を差しながら屋外の席で飲んでいる強者もいた。

 ドイツのビールはもちろんドイツの民俗音楽が流れるその場の雰囲気にマッチしていたが、東北の地ビールもドイツスタイルのものが多いので、違和感なくこのビールのお祭りに溶け込んでいた。

 中でも特筆すべきは、銀河高原ビールである。私の毎日の晩酌に欠かせないこのビールのブースを覗いてみたところ、馴染みのあるヴァイツェンではなく、限定醸造というサマーホワイト、赤銅麦酒という2種の生ビールがあった。サマーホワイトはベルギースタイルで、以前あった「白ビール」缶を思い起こさせる色あいだが、その頃の白ビールよりもさらに工夫を凝らして違ったビールに仕上がっているという。赤銅麦酒の方はイギリススタイルの赤褐色のエールで、これまでの銀河高原にはなかったビールである。どちらのビールも、以前紹介した醸造所のある沢内銀河高原<でもまだ飲めない貴重品とのことで、地ビール好きにとってこの銀河高原の限定ビールは実は、このビール祭りの大きな目玉の一つと言えよう。

 ブースにいた方としばし話をしたが、銀河高原ビールはこれからもいろいろなことにチャレンジしていくとのことだった。とりあえず数カ月後にも何か動きがあるようで、楽しみである。銀河高原ビールは、東北の地ビールの中ではやはりリーダー的存在だと私は思っているので、一時の苦難を乗り越えて新たなチャレンジが始まったことをとても嬉しく思った。

 そうそう、この仙台オクトーバーフェスト2007は、残すところ今日と明日の2日のみである。週末でもあるし、少しでも天気が回復してたくさんの人が訪れるとよいと思う。そしてまた来年もぜひとも開催していただき、前回紹介した全国地ビールフェスティバルin一関や、これまた以前ちょっと紹介したが毎年海の日の三連休に小岩井牧場で行われる東北地ビールフェスティバルと同様、東北のビール祭りとして定着すればよいなと思う。


追記(2007.12.1):このときの予告どおり、銀河高原ビールから新製品が相次いで出された。一つはWEB SHOP限定のクリスマス限定エール2種である。これらはホワイトエール (白ビール) で、小麦を使用した淡い黄金色のビールである。「クリスマス・ジェントルホワイト」(赤ラベル)と「ミステリアスホワイト」(青ラベル)というレシピの異なる2種類のビールで、2007年度クリスマス限定ラベルのボトル入りである。

 「クリスマス・ジェントルホワイト」は、ベルジャンエール酵母を使用し、やさしい甘みとすっきりしたのど越しが特徴で、一方の「ミステリアスホワイト」は、カスタム酵母 (オリジナル)を使用し、上品で奥行きのある香りと、甘みと軽い酸味が特徴である。飲み比べてみると同じ白ビールながら、味の違いがよく分かる。

 もう一つは、ペールエールである。琥珀色でホップの香りが特徴のフルーティでコクのある味わいのビールである。こちらは、首都圏を中心に展開しているスーパーのマルエツ、フーデックスプレス、サンデーマート、ポロロッカで先行販売が始まっている。

 それから、ヴァイツェン、スタウトと共に銀河高原ビールを形作ってきたピルスナーがなくなり、代わりにヘレスが登場した。ピルスナーより濃い目の色合いだが、苦味は少なく飲みやすい味である。


anagma5 at 13:00|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!

2006年09月01日

東北で地ビールが飲める店 番外編その2〜仙台オクトーバーフェスト2006

70e74b85.jpg 「オクトーバーフェスト」というのは、ドイツで毎年9月中旬から10月初旬まで16日間にわたって繰り広げられる世界的に有名なビール祭りのことである。バイエルン皇太子ルートヴィッヒとザクセン・ヒルトブルクハウゼンの王女テレーゼの成婚を祝って競馬が開催されたことにちなんで「テレージエンヴィーゼ(テレーゼの草原)」と名付けられたミュンヘン中央駅西側にある緑地が、戦時中を除いて毎年開催される「オクトーバーフェスト」の会場になっているそうである。

 42haの広大な会場に、ミュンヘン市内のビール醸造所が巨大テントの大ビアホールを作る。一番大きなホーフブロイハウスのテントは座席数1万席を数え、その他のどのテントも4000〜6000人を収容する大きさだと言うから、この祭りの規模の大きさが窺い知れるというものである。毎年約600万人の人が訪れ、市民も観光客も大いに盛り上る世界最大のビール祭りだそうである。

 このオクトーバーフェストを日本に紹介し、日本とドイツの交流と地域活性化を図ろうと、日本オクトーバーフェスト推進協議会が中心となって、日本でも数年前から毎年各地でオクトーバーフェストが開催されるようになった。今年は8月30日(水)から9月3日(日)の5日間の日程で、「仙台オクトーバーフェスト2006」と題して、初めて仙台市内でもこのオクトーバーフェストが開催されると聞いて、「まだ10月じゃないじゃん」と一人ツッコミを入れつつ、ついでがあったのでとにかく会場へ足を運んでみた。

 会場は仙台市中心部にある錦町公園で、ここで毎日午前11時から午後9時までオクトーバーフェストが開催されている。午後7時頃に足を運んでみたら、これがものすごい数の人である。雰囲気的には先に紹介した全国地ビールフェスティバル in いちのせき」に近いのだが、やはり人口が違うせいか、会場にいる人の数がまるで違う。老若男女、日本人、外国人問わず、多種多様な層の人たちが楽しそうにドイツビールを飲んでいるのであった。

 「全国地ビールフェスティバル in いちのせき」と違っているのは、こちらの会場には特設ステージが設けられ、そこでドイツのバンドが民俗音楽の演奏をしていることで、陽気なドイツの民族音楽をBGMにドイツ料理をつまみにドイツビールを飲んでいると、気分はすっかりドイツである。

 会場では3種類のドイツビールの生の他、瓶入りのドイツビールやドイツワインなども飲めるようになっている。生は、ドイツNo.1樽生のビットブルガー、フルーティーなエルディンガーヴァイス、ゲーテも愛飲した黒ビールケストリッツァーがあった。それぞれオリジナルのジョッキで飲めるのも嬉しい。つまみは、バイエルン名物のソーセージやドイツサンドなどが食べられる他、仙台野菜の漬け物など地元の味覚も味わえるようになっていた。

 仙台の後は、清水市内で9/14〜9/18、横浜市内で9/29〜10/9の日程で行われる予定になっている。ぜひ来年もまた仙台で開催してほしいものである。

anagma5 at 20:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!