ベルギービール  

2017年06月07日

ついにできた!仙台初の地ビール!〜東北で地ビールが飲める店その75

DSCN0649 ことあるごとにぼやいていたのだが、日本の百万都市の中で地ビールがないのは仙台だけである。
 宮城県内には4つの地ビールがあるが、いずれも仙台市ではない。
 誰か造ってくれないかなぁと常々思っていたのだが、今年の初めくらいから、どうやら仙台にブルーパブ(ブルワリーとパブが一体となった店舗兼醸造所)ができるらしい、という話をあちこちで聞いた。
ただ、その詳細がさっぱり分からず、いつ、どこで、誰が始めるのか分からないままでいた。

 そうしたところ、塩竈市内で私の行きつけのお店の一つである「Bar Argon」のマスターの武藤さんから、仙台でブルーパブを立ち上げるという人と会った、という話を聞いた。
 武藤さんもゆくゆくは塩竈で地ビールを醸造しようと準備している人なのだが、そのために税務署主催の講習会に参加した折に、その人と会って連絡先を交換してきた、とのことだった。
 そこで武藤さんが聞いたというその人の電話番号を教えてもらい、電話してみた。

 電話の相手は今野高広さんという方で、ちょうど去年の6月から準備を進めていたそうである。
 これまではいつ醸造免許が得られるか分からなかったので積極的には情報を発信していなかったそうだが、その醸造免許が順調にいけばこの8月にも得られる見通しとなったので、ちょうど情報を発信し始めようとしていたところだったとのことであった。
 今野さんはベルギービールがお好きで、それで当初はベルギービールのお店を始めようと考えていたが、仙台市内には既にダボスを始め、ベルギービールのお店が複数あったことから、差別化を考えてブルーパブを始めることにしたそうである。

 ぜひ中を見せていただきたいとお願いしたところ、準備中のそのブルーパブを見せてくださるということで早速足を運んでみた。
 場所は若林区穀町(こくちょう)の穀町郵便局の斜め向かい辺りで、既にお店の内装はほぼ出来上がっていた。
 自宅を改装して造ったカウンター席が6席のお店で、やはり自宅内にある醸造所でできた出来立てのビールが飲める。

 住所としては若林区石名坂だが、ビールの名称は「穀町ビール」、そしてブルーパブの名称は「ビア兄(にいに)」となるそうである。
 元々ベルギービールがお好きということで、ハイアルコールのビールなども醸造する予定とのことであった。

 素晴らしいと思ったのは、この「穀町ビール」、県外には卸さないつもりだということである。
 その心は、このビールが飲みたいということであればぜひ仙台に足を運んでほしい、という願いからで、そうでなくてどこでも手に入るようだと地域活性化にはつながらないという問題意識が今野さんにはおありだった。
 逆に仙台市内では飲めるお店をここ以外にもつくりたいそうで、早くも既に10くらいの飲食店が「穀町ビール」を置いてくれることになっているそうである。
 また、宮城県内の地ビールは店に置きたいと考えているとのことであった。

 醸造免許は8月にも得られる見通しとのことで、そこから醸造を始めて、順調にいけば8月末から9月には開店できるようである。
 この穀町、私の職場から徒歩で5分くらいのところである。
 そのような場所にブルーパブができてしまったら毎日のように通ってしまうのではないかと今から心配であるが、とにかく開店が待ち遠しいところである。


追記(2017.9.29):ブルーパブ「ビアニーニ」(最終的にこの表記になったらしい)の開店日が決まった。1か月後、10月29日(日)の昼12時とのことである。楽しみである。

追記(2017.9.29):10月29日(日)は1日限定のプレオープンとのことであった。11月以降については、仕込みの日程が決まり次第改めてアナウンスがあるそうである。

追記(2017.10.29):
DSCN0917 「穀町ビール」の醸造所兼店舗である「ビア兄(にいに)」のプレオープン、12時からとのことで、12時に行ってみたら既に行列ができていた。
 この日はプラカップで1杯500円で提供されていたが、その場で飲む人の他に、瓶での購入を求める人も多くいて、用意した瓶はあっという間に品切れとなっていた。


DSCN0918 この日飲めた「穀町エール」は濃褐色のアルコール度数10%のビールであるが、濃厚ながらとても飲みやすい味に仕上がっていた。
ベルギーのトラピストビールと同系統の味、と言うとベルギービールが好きな人には分かってもらえるかもしれない。
ハイアルコールのビールを作りたいというお話は以前伺っていたが、よもやそれを最初に造ってしまうとはすごいの一言である。
これからどんなビールが出てくるか楽しみである。

DSCN0922 お店の方は今野さんご夫妻が切り盛りされていたが、ご近所の方、今野さんご夫妻のお知り合い、そして私のようなビール好きが、初対面ながらお互いに和気あいあいと話しながら仙台初の地ビールとなるこの「穀町エール」を飲んでいた。
人と人の距離を近づけるビール、そしてお店であった。

 なお、正式オープンは11月20日(月)となるそうで、それ以降は、月・木・金の19時から22時までの営業となるとのことである。
また、荒町の及川酒造店で瓶が購入できる他、一番町の「旨い屋 楓」、国分町の「仙一ホルモン」、「アナログガーデン」でも「穀町ビール」が飲めるそうである。


追記(2017.11.10):瓶の「穀町エール」がこれである。
171110-183330アルコール度数10%を表す「」があしらわれている。
今のところまだ一般には販売されていないが、及川酒造店では11月20日(月)から販売開始とのことであった。

 なお、明日11月11日(土)も19時から22時まで、「ビア兄」が臨時オープンするそうである。
プレオープンには行けなかったが20日(月)の正式オープンの前に飲みたい、という人にはうってつけである。


anagma5 at 00:44|PermalinkComments(0)clip!

2014年05月16日

東北各地のビールイベント2014年版(随時更新)〜東北で地ビールが飲める店 番外編その26

追記(2019.1.19):2019年版はこちら

追記(2018.4.9):2018年版はこちら

追記(2017.1.28):2017年版はこちら

追記(2016.1.20):2016年に東北各地で開催されるビールイベントについては、こちらを参照していただければ幸いである。

追記(2015.3.21):2015年に東北各地で開催されるビール関係のイベントについては、こちらを参照していただければ幸いである。


 今年もビールが美味しい季節がやってきた。と書くと、季節に関係なくビールを飲んでいるではないかという至極ごもっともなツッコミが入りそうであるが(汗)、ともあれ、世間的には暑くなるこれからの季節はビールが美味しい季節とされていて、大手のビール会社から夏限定のビールが登場したり、デパートやホテルにビアガーデンができたりする。

 そのような中、ビール関連のイベントもこれからの季節、各地で開催される。東北も一昔前までは一関の全国地ビールフェスティバルin一関と、仙台のオクトーバーフェストが目立つくらいだったが、最近の充実ぶりには目覚ましいものがある。ビール好きとしては嬉しい限りである。

 というわけで、現段階で私が把握している今年2014年に開催される東北のビール関連のイベントについて、以下にまとめておく(当然自分の備忘録も兼ねている;笑)。開催の可否も含めて現段階で分かる情報が限られているイベントもあり、また今後新たに明らかになるイベントもあると思われるので、例年通りその都度追記していくようにしたい。

仙台市内

東北の地ビール祭 (終了)
e23fcfe774e29fe42da4adc8234a5d5e
日時:2014年5月20日(火)、21日(水)、23日(金)、24日(土)、31日(土)、6月1日(日)、3日(火)、4日(水)、11日(水)、12日(木)、14日(土)、15日(日)※Koboスタでの試合がある日のみ
場所:楽天Koboスタジアム宮城 スタジアム正面広場

 セ・パ交流戦に合わせて、Koboスタで楽天のホームゲームがある日に東北の地ビールが飲めることになった。みちのく福島路ビール、いわて蔵ビール、秋田のあくらビールが樽生で飲める(販売銘柄は試合により異なる)。生ビールはセルフで500円、瓶ビールは800円である。昨年好評だった「東北の駅弁フェア」も同時開催される。(2014.5.20修正)

地ビールフェア(終了)

2844_001日時:2014年5月21日(水)〜8月16日(月)
場所:癒.酒.屋.わおん

 毎年恒例となった地ビールフェアで、期間中は全国の地ビール30種が用意される。スタンプラリーもあり、通常は10本飲んだら1本プレゼントとなるが、8周年祭として8月16日(土)までは5本飲んだら1本プレゼントとなるそうである。(2014.7.7修正)

東北オクトーバーフェスト 2014
(終了)
logo-top
日時:2014年6月6日(金)〜15日(日)
   平日16:00〜21:00、土日11:00〜21:00(いずれも20:30LO)
場所:錦町公園(仙台市青葉区本町2丁目21-1)

 仙台で6月と9月の2回オクトーバーフェスト。6月は「ジャーマンフェスト」と称していたこともあったが、昨年からこちらも「オクトーバーフェスト」の名称になった。例年通り、ドイツビールや地ビールの樽生、それにドイツのソーセージや地元の料理などが楽しめるはずである。(2014.6.12修正)
 
03日時:2014年7月8日(火)〜13日(日)開場1時間前〜試合終了後30分(予定)
場所:楽天Koboスタジアム宮城 スタジアム正面広場

 この時期毎年恒例となったイベントで、世界のビールが100種類以上揃う。今年は何と、これら世界のビールが樽生でも瓶でもすべて税込500円で飲めるという大盤振る舞いである。しかも今年は世界の肉料理も大集合するとのことで、例年よりもさらに盛り上がりそうである。(2014.6.15修正)

 

  
ベルギービールウィークエンド仙台(終了)
logo-sendai
日時:2014年7月10日 (木)〜13日 (日)
   平日16:00〜22:00、土日11:00〜22:00(最終日のみ21:00まで)
場所:勾当台公園(仙台市青葉区本町3丁目9)

 ベルギーの首都ブリュッセルでは毎年9月の第1週末にベルギービールウィークエンドというイベントが開催されるという。日本でも2010年に東京・六本木で始まったが、今年は仙台でも開催される。4日間、ベルギービールとベルギー料理、さらにベルギーのアーティストによるライヴが楽しめるそうである。オリジナルグラス1個と飲食用コイン11枚がついたスターターセット当日3,100円(前売3,000円)、追加コインは5枚1,050円で販売される。

伊達美味マーケット in 仙台トラストシティ(終了)
072526チラシol日時:2014年7月25日(金)、26日(土)、8月15日(金)、16日(土)11:00〜21:00
場所:仙台トラストシティプラザ前広場

 サンモール一番町商店街で4月から隔週木金土に開催されている「伊達美味(だてうま)マーケット」が、上記日程など時折仙台トラストシティ前広場で開催されている。マーケットでは仙台の美味いもの(=伊達美味)が買えるが、その中に「やくらいビール」もある。瓶での販売だが、広場には席があるので、買った「伊達美味」な食材と一緒にその場で味わうことができる。


イメージ 1日時:2014年8月6日(水)〜8日(金)
場所:AER(アエル)北側 アエル広場

 仙台七夕まつりに合わせて、今年もアエルの七夕ビアガーデンがオープンする。今年は地元の飲食店が9店出店し、各店自慢のメニューを提供する。今年もアンバーロンドも出店し、輸入ビールや地ビールが樽生で飲めるそうである。ノイマルクトのドイツソーセージ他、ビールに合いそうな料理もいろいろ登場するそうである。(2014.7.27修正)
 
仙台オクトーバーフェスト 2014(終了)
BmZlYFHCUAAyshV
日時:2014年9月19日(金)〜28日(日)11:00〜21:00(19、24、25、26日は16:00〜21:00)
場所:錦町公園(仙台市青葉区本町2丁目21-1)

 仙台で年2回開催されるオクトーバーフェストの「後半戦」。例年9月の方が規模が大きく、ビールの種類も料理の種類も多い。今年は今のところ日時と場所以外決まっていないが(正確な開催時間が分かったので追記(2014.527))、またきっといろいろなドイツビールや地ビール、それに地産地消を意識した料理が楽しめるはずである。



コボスタ オクトーバーフェスト(終了)
main
日時:2014年9月29日(月)、30日(火)、10月3日(金)、4日(土)、6日(月) 15:30〜(4日は15:00〜)
場所:楽天koboスタジアム宮城正面広場

 仙台オクトーバーフェストが終了したと思ったらなんと、その翌日から東北楽天ゴールデンイーグルスの本拠地楽天koboスタジアム宮城(コボスタ宮城)で、「コボスタ オクトーバーフェスト」が開催される。開催されるのは、コボスタ宮城の開催試合のある9月29日(月)、30日(火)、10月3日(金)、4日(土)、6日(月)の5日間で、その日は開場1時間前から正面広場で、ホフブロイなどドイツビールやベルギービール約20種類のビールが、樽生ですべて500円で飲めるとのことである。

 仙台の美味いものが味わえる「伊達美味(だてうま)」も登場し、仙台マーボー焼そば、仙台牛ステーキ、三角あぶら揚げ、笹かま焼きが食べられる他、ステージが設けられ、ヨーデル・チロリアンらがライブを行うそうである。(2014.9.27追加)

最終日10月6日(月)の試合が雨で中止となり、振替試合が7日(火)となったことに伴い、7日(火)も「コボスタ  オクトーバーフェスト」が開催されることになった。(2014.10.6追加)

10483812_544281289017169_3771303916823657246_o日時:2014年10月4日(土)11:00〜21:00、5日(日)11:00〜19:00
場所:錦町公園(仙台市青葉区本町2丁目21-1)
 
 宮城県内の飲食店と南東北3県の生産者がブース出展し、投票によってグランプリを決定するというイベント。昨年は飲食ブースに出店する飲食店の中に地ビールを提供する店も数店あった。今年出店する飲食店の中にも「TEMAKAKE KITCHEN STYLE ENN」や「IZAKAYA 仁」があるので、行けば美味しい料理と共に地ビールや海外のビールが楽しめそうである。(2014.9.30修正)


 


宮城県内
 
やくらいビール限定商品発売イベント(復興エール発売イベント)(終了)
3156_001日時:2014年10月11日(土)、12日(日)、13日(月)11:00〜20:00LO

 昨年7月に初めて開催された「加美町やくらい地ビールまつり」、今年は開催されなかったが、代わりに10月の三連休に新作ビールのお披露目も兼ねたイベントが開催される。

 岡山大学は復興支援の一環で塩害と湿害に強い大麦を開発し、被災農地での栽培を進めているが、今回作られるビールはその大麦を使って作るビールで、やくらいビールとしては初めてのアメリカン・ペールエールである。その名も「復興エール」で、この名称は、震災からの復興にエールを送るという意味も込めたという。

 当日は生ビールが通常よりも安く飲めるが、前売券はさらにお得で、グラスビール3杯綴り券が1,000円、4種類飲み比べセット券が600円、グラスビール3杯綴り+1フード券が1,500円、4種類飲み比べセット+1フード券が1,100円となっている。さらに前売券特典として、前売券4枚購入につき「ムール貝」引換券1枚が進呈される他、前売券には「復興エール」瓶1本が当たる抽選クジがついているとのことである。

 重大な発見があった。今回の会場ともなる「レストランぶな林」、今までずっと「ぶなばやし」と読むものと思っていたが、実は「ぶなりん」と読むそうである(笑)。(2014.9.28修正)

000120日時:2014年7月18日(金)、19日(土)、25日(金)、26日(土)、8月2日(土)、9日(土)、15日(金)、16日(土)、22日(金)、23日(土)、29日(金)、30日(土)17:30〜21:30(21:00ラストオーダー)
場所:仙南シンケンファクトリー 屋外テント

 普段予約を除いて昼間しか営業していない仙南シンケンファクトリーだが、この時期はビアガーデンが設置され、夜間の営業も行われる。夏季限定のシンケンラガー、スタウトが1杯500円(通常600円)となる他、これらが90分飲み放題となるプランは1,800円である。フードの方も「ビアガーデン専用メニュー」が登場する。予約不要である。(2014.7.25修正)


醸室夏まつり週末ビアガーデン(終了)
image日時:2014年7月11日(金)・12日(土)、18日(金)・19日(土)、25日(金)・26日(土)、8月1日(金)〜4日(月)、8日(金)・9日(土) 17:30〜20:30LO
場所:みちのく古川食の蔵 醸室(かむろ)

 7月11日(金)から8月10日(日)まで、大崎市古川の「みちのく古川食の蔵 醸室」で「醸室夏まつり」が開催されているが、期間中の金曜日、土曜日と古川まつり開催日の8月3日(日)、4日(月)には「週末ビアガーデン」が開催される。
 週末ビアガーデンでは、大崎市鳴子温泉鬼首の地ビール(発泡酒)の「鳴子の風」が生樽出しで提供される他、橋平酒造の冷酒なども飲める。フードも姉妹都市である北海道の当別町直送「生ラムジンギスカン」や今野バークシャー牧場の黒豚ソーセージ、デリシャスファームのトマトなどが揃う。19:00から20:00には野外ライブも行われる。ただし、雨天の場合中止となることがあるので注意が必要である。(2014.7.30追加)

仙南うまいもの祭 2014「仙南を食べよう!」(終了)
sennan日時:2014年9月21日(日)10:00〜15:00
場所:国営みちのく杜の湖畔公園 南地区 湖畔のひろば

 昨年初開催された、仙南地域の特色ある料理やスイーツ、加工食品などを一堂に集めて販売する食の祭典である。今年も仙南地域の食品製造販売事業者などが29のブースを作るが、そこで仙南シンケンファクトリーの仙南クラフトビールや同じ敷地内にあるビッセンのハム・ソーセージなども味わえる。(2014.9.2追加)





福島県内
 
日時:2014年6月28日(土)、29日(日)11:00〜16:00
 会津高原たかつえの「チロリアンビレッジ」で5月15日〜6月29日まで「チロリアンフェスタ」が行われているが、その一環でドイツやチロル地方の民族衣装であるディアンドルのお祭りが6月28、29日に開催される。11:00〜16:00まで屋外でビール祭りが同時開催されるそうで、詳細は不明だがドイツビールが樽生で飲めるようである。

ビアフェスふくしま2014日時:2014年7月18日(金)15:00〜20:00、19日(土)11:00〜20:00、20日(日)   11:00〜20:00
場所:JR福島駅東口 中合ツイン広場(福島市栄町1-1)

 全国の70数銘柄の地ビールが揃うビールイベント。昨年まではチケット(前売3,000円、当日3,500円)を購入して入場すると全てのビールが飲み放題になるというシステムだったが、今年はすべての銘柄1杯(410ml)600円となった。また、場所も昨年までのS-PAL福島5Fから、今年は屋外の中合ツイン広場に変わった。今年は1日増えて3日間の開催となる。(2014.5.23修正)


  サマーフェスタ 2014<ビール祭>(終了) 
top1日時:2014年7月23日(水)〜25日(金)17:00〜21:00、26日(土)・27日(日)14:00〜21:00 
場所:開成山公園 自由広場(郡山市開成1丁目5)

 郡山市で開催される大手メーカーのビールのみのイベントだが、今年で20回目を迎えるという歴史と、会場5,000人収容という規模は東北屈指である。前売券2,000円、当日券2,500円で、入場料とビール引換券2枚と1,000円分の金券がつく。(2014.6.15修正)






山形県内
 
東北六魂祭「六魂Food Park」(終了)
logo2014_2line_CS3
日時:2014年5月23日(金)11:30〜19:00、24日(土)9:00〜19:00、25日(日) 9:00〜18:00
場所:文翔館(山形市旅篭町3-4-51)

 東北六魂祭は今年は5月24日(土)、25日(日)に山形で開催されるが、その関連イベントとして、六魂FoodParkが前日23日(金)から文翔館で開催される。山形をはじめとする東北6県の各地域で親しまれている郷土料理と、詳しい銘柄は不明ながら東北の地ビールが会場内で味わえる。山形の伝統芸能ステージやパレードの様子を見ることができるパブリックビューイングも開催される。

 六魂FoodParkで飲める地ビールは、青森の奥入瀬ビール、岩手のいわて蔵ビール、秋田のあくらビール、田沢湖ビール、湖畔の杜ビール、福島の猪苗代地ビールの6醸造所の計12の樽生である。他に瓶で地ビール月山が衣替えした「山形ビール『山形日和。』」も買える。また、東北六魂祭メイン広場でもあくらビールの樽生が飲める他、瓶で岩手のベアレンビールも買える。(2014.5.24追記)
 
世界のビールフェア(終了)
イメージ 1a
日時:2014年5月1日(木)〜6月30日(月)※日曜定休
場所:タスパークホテル 9F「BAR 誰主?君主!」
 
 長井市にあるタスパークホテルの「BAR 誰主?君主!(「タスクス」と読む)」では、毎年この時期に「世界のビールまつり」を開催している。バーテンダーが吟味し、厳選した12種類のビールが飲める。

2014050215565600_main_image日時: 2014年6月23日(月)〜26日(木)19:00〜(受付18:30)
場所:パレスグランデール

 生ビール飲み放題で生ビールの中にはベルビュー・クリークなど海外のビールも加わる。料理もビュッフェスタイルで食べ放題である。「KAWAMURA BAND」のエンターテイメントライブも開催される。料金は大人8,200円、20歳未満3,500円、小学生以下2,500円となっている。

いちらくビアガーデン(終了)
10506693_757562430970627_8447945108433392953_o日時:2014年7月15日(火)〜8月23日(土)18:00〜20:30(最終入館19:00、ラストオーダー20:00)
場所:湯坊いちらく テラス

 敷地内に醸造所「天童ブルワリー」を持つ珍しい温泉ホテル、「湯坊いちらく」の毎年恒例のビアガーデンが今年も開催。今年は新発売の木苺ビール「フランボワーズ」も味わえるとのことで要注目である。

 会場は同館のテラスで焼き肉がメインの料理6品+90分飲み放題で、飲み放題では「天童ブルワリー」の醸造した「聖桜坊(セントチェリー)」というさくらんぼのビール、「Mr.A」というそばを使ったビール、そして木苺の「フランボワーズ」が楽しめる。温泉入浴付(タオル付)で、チェックインが17:00からで、チェックアウトが21:30なので、ビアガーデンの前後に入浴することが可能である。要予約で2名からの受付。1人3,500円で、宿泊(朝食付)する場合はプラス5,000円である。(2014.7.23追加)

10436132_476873552448676_6048290675638305682_n日時:2014年7月25日(金)〜8月31日(日) 
 南陽市にある洋食レストラン西洋葡萄で今年もフランス・ベルギービールフェアが開催される。フランスのクローネンブルグ1664とベルギーのシメイ・ブルーがそれぞれ税込600円で飲める他、「ビール&サーロインステーキコース〈夏野菜トマトソース〉」が税込2,400円で用意される。ビールがどちらか1本付き、生ハムサラダにパンかライス、アンガス牛のサーロインステーキ、デザートなどが楽しめるコースである。(2014.7.25修正)
 
Beer Festival in Londontei(終了)
bf
日時:2014年8月23日(土)12:00から
場所:London亭
 
 ヨーロッパを中心に世界のビールが飲めるイベント。毎回、世界のビールが80〜90種類揃い、普段お目にかかれないようなレアアイテムも多い。前売り3,000円、当日3,500円で100mlを10杯飲める券がつく。追加チケットは3枚1000円で当日購入できる。つまみもFish & Chipsやピザなどビールに合うものが用意される。




旭銀座のれん会 オクトーバーフェスト(終了)
10669161_737361536329203_6842897858137913875_o日時:2014年10月11日(土)12:00〜17:00
場所:山形市七日町 シネマ通り(旧旭銀座通り)(地図)(未定)

 昨年、山形県内で初めて開催されたオクトーバーフェスト。昨年は18種類のドイツビールの他、山形の「地ビール月山」も飲めた。ドイツフードに加えて、旭銀座のれん会加盟店の自慢の一店逸品も味わえた。今年はLondon亭のブースで、東北初となるドイツPlankの 樽生7種類同時開栓がある他、瓶でもいろいろなドイツビールが揃うそうである。(2014.9.24修正)





岩手県内
 
10406563_656273141108251_9000182316078048841_n日時:2014年8月22日(金)17:30〜20:00、23日(土)11:00〜20:00、24日(日)11:00〜18:00
場所:一関文化センター前広場(一関市大手町2-16)

  全国各地の地ビールが一堂に会する一大イベント。今年で17回目と、東北のビールイベントでは郡山の「ビール祭」に次ぐ歴史を誇る。昨年は全国60社、約150種類のビールが揃った。今年はなんと約200種類のビールが集結するとの話である。

 当日はLサイズ(約300cc)400円、Mサイズ(約200cc)300円で、前売りでLサイズ6枚綴シートとMサイズ8枚綴シートがそれぞれ2,000円で販売される。地産地消を意識した地元店舗の料理も楽しめる。8月22日(金)が前夜祭(飲み食いは問題なくできる)、翌23日(土)の10:45から開会式である。(2014.7.16修正) 

9c40595dedc5c21dbb82ce19fcb4b658-640x904日時:2014年7月1日(火)〜9月6日(土)18:00〜21:00 ※日祝休み
料金:前売り5,000円(税込)、当日5,400円(税込)

 毎年恒例となったホテル東日本盛岡のビアホール、今年は同ホテルの和食、洋食、中華の各料理長のオリジナルメニューなど30種類のフードが食べ放題とのことである。3時間飲み食べ放題で、飲み放題のメニューの中には、銀河高原ビールのヴァイツェンの樽生がある他、今年は東北産のホップを100%使用した東北限定の「サッポロ生ビール黒ラベル『東北の恵み』」の樽生も登場するなど、ビールの品揃えは他のビアホールとは一線を画する。なお、昨年より値上がりしているが、開催日前日の6月30日(月)に「ビアホールのモニター」を募集中で、この日は18:00から4,000円で飲み食いができるとのことである(要電話予約)。(2014.6.24修正)

ベアレンビール祭り IN ふだい中止・代替イベント開催
fudai-1日時:2014年8月10日(日)11:00〜16:00
場所:普代村まついそ公園(三陸鉄道堀内駅より徒歩5分)
 
 昨年開催され好評だった普代村でのベアレンのイベントが今年も開催される。震災から復興したまついそ公園での開催である。前売りチケット2,000円でベアレンのビールが飲み放題になる。地元普代村の海の幸、山の幸も登場する。ジョッキは持参する必要があるが、会場でイベント限定ジョッキが800円で販売される。各種アトラクションもあり、キッズコーナーもあって家族で楽しめるイベントとなるそうである。(2014.8.6追加)

 当日、台風に伴う 雨と強風のため中止となった。9月6日(土)に代替イベントを再度開催する他、当日は急遽ベアレン醸造所工場内にて代替飲み放題イベントが開催された。(2014.8.11追記)

baerencamp日時:2014年8月17日(日)11:00〜15:00
場所:ベアレン醸造所前

 前売りチケット1,500円でベアレンビールが飲み放題となるイベント。椅子、テーブル、テントなどの用意はなく、全て自前で持ち込む必要があるが、火器OK、食材などの持ち込みもOKで、グループでのバーベキューなどが楽しそうである。(2014.8.6追加)




 
kanegasaki日時:2014年8月23日(土)11:30〜16:30
場所:JR金ケ崎駅前イベント広場

 昨年岩手県内の全市町村で開催したベアレンのイベントの中で、一人当たり飲んだビールが最も多かったというイベントである。前売りチケット2,000円でベアレンビールが飲み放題となる。フードコーナーには地元から出店が多数あるとのことである。前売りチケットにジョッキは付いておらず、貸し出しもないので持参する必要がある。(2014.8.6追加)

 


ふだいまつり「復興うまいもの広場」(終了)
fudai-ticket-revenge-omote日時:2014年9月6日(土)12:00〜17:00
場所:普代駅前「復興ふれあい広場」

 台風のため中止となった上記「ベアレンビール祭り IN ふだい」の代替イベントが、9月5日(金)〜7日(日)に行われる「ふだいまつり」の2日目に開催される。「ベアレンビール祭り IN ふだい」と同様の飲み放題企画が予定されている。「ベアレンビール祭り IN ふだい」のチケットはそのまま利用できるとのことである。(2014.8.11追加)




ベアレンビアフェスト 紫波町オガール広場 (終了)
995626_808185199213417_6545206892440358108_n日時:2014年9月14日(日)11:00〜16:00
場所:オガール広場(JR紫波中央駅より徒歩5分)

 昨年10周年イベントで開催された紫波町でのビアフェストが今年も開催される。ベアレンビールが飲み放題となるチケットが前売り2,000円、当日2,500円である。ジョッキは持参する必要があるが、会場にて限定ジョッキの販売もある。地元飲食店のフードコーナーもある。座席は少なく、芝生に敷物などを敷いて飲むのがよさそうである。なお、イベント参加者は宿泊施設「オガールベース」の宿泊が割引になる(通常9,000円が6,000円)。(2014.8.19追加) 


1625581_807678579264079_7399391698866213818_n日時:2014年9月21日(日)〜23日(火・祝)11:00〜16:00(開場10:00)
場所:ベアレン醸造所敷地内特設会場(北山工場前)

 ベアレンビール最大のイベントがこのオクトーバーフェスト。チケット購入でベアレンビールが飲み放題である他、地元飲食店も出店し、フードメニューも充実している。限定ジョッキ付の前売りチケットは8月18日(月)からベアレン醸造所の直売所、直営店(ビアパブベアレン材木町、ビアバーベアレン中の橋)、ウェブショップで発売開始、休日である21、23日分は2,800円(各日500枚限定)、平日の22日分は2,500円(300枚限定)である。当日チケットは3,500円でジョッキは付かないので、当日チケットの場合はジョッキを持参する必要がある。当日は盛岡駅前からシャトルバスも運行される。行きは無料、帰りは100円である。(2014.8.6修正)

いわて蔵ビール オクトーバーフエスト 2014(終了)
10303293_924726374210217_8911568531067703499_n日時:2014年10月4日(土)、5日(日)10:00〜16:00
場所:世嬉の一酒造(岩手県一関市田村町5-42)

 いわて蔵ビールを醸造している世嬉の一酒造が中庭を開放して、初めてのオクトーバーフエストを開催することになった。当日は、ビール工場見学(試飲つき)、おかわりビールじゃんけん大会(勝てば無料)、蔵ビールグッズオークション、一関ミート「豚の桃肉焼」販売、などの他、わたあめ、アイス、屋台コーナー、イワナのつかみ取りコーナー、クラウンロックショー(土)、ビートトリッパーダンスショー(日)、岩手の郷土料理コーナーなど、親子連れでも楽しめる、料理もビールも充実したイベントにするとのことである。(2014.9.2追加)

オクトーバーフェスト in ARIV北上(終了)
banner_special日時:2014年10月8日(水)〜12日(日)
場所:ARIV(アリーブ)北上店

 JR北上駅前にあるビアレストラン、アリーブで今年もオクトーバーフェストが開催される。期間中は地ビール4社のビールが2種類ずつ揃う。例年通りの企画であれば、それらが120分飲み放題で2,500円となる他、一部のフードメニューも大幅値引きとなるはずである。




秋田県内
 
東北地ビールフェスティバル in 秋田(終了)

TOHOKU-CraftFes
日時:2014年6月13日(金)16:00〜21:00、14日(土)11:00〜21:00、15日 (日)11:00〜16:00
場所: エリアなかいち にぎわい広場(秋田市中通1-4-3)

 昨年久々に開催された、東北6県の地ビールが揃う貴重なイベント。特に、普段あまりイベントに参加しない青森の奥入瀬ビールや宮城の仙南クラフトビールが飲めるのが嬉しい。今年は北海道からノースアイランドビールも参加するそうである。東北ミートフェスティバルも同時開催で、東北各地の肉も食べられる。今年は1日増えて3日間の開催となった。
 


  ドイツビールフェスティバル IN 湯沢(「ゆざわの休日・夏2014」同時開催)(終了)
yuzawa日時:2014年7月19日(土)、20日(日)11:00〜21:00
場所:湯沢市柳町 イベント交流広場(旧大丈跡地)、柳町商店街路上の一部

 湯沢市で昨年初めて開催されたビールイベント。当日はビットブルガー・プレミアム・ピルス、ケストリッツアー・シュヴァルツビア、エルディンガー・ヴァイス・ビア・ヘーフェが飲め、またドイツビールに合う湯沢市の食材を使った料理も味わえる。今年は毎年恒例の「たんせ市」に「湯沢・酒まつり」と「ドイツビールフェスティバル」が加わる形で、「ゆざわの休日・夏2014」として開催される。(2014.7.4修正)


 
田沢湖ビール祭り(終了)
日時:2014年7月19日(土)、20日(日)11:00〜21:00
 年に1回開催される田沢湖ビールのイベント。期間中は田沢湖ビールが全品半額で飲める。グラスビールは通常税別350円が税別175円となる。(2014.7.15修正)
 
クラフトビアフェスティバル in AKITA2014(終了)
10526015_725108620870121_696206052481125580_n日時:2014年8月30日(土)11:00〜19:00、31日(日)10:00〜16:00
場所:秋田駅前 アゴラ広場 大屋根下(秋田市中通2-​6​-​1) 

 一関の全国地ビールフェスティバルや福島のビアフェスふくしまと同様、全国の地ビールが揃うビールイベント。今年は全国47醸造所のビールが集まるとのことである。前売りチケットが全国のサークルKサンクスで購入できるが、オリジナルグラス付チケット(200ml×4杯券付)が1,500円、グラスの付かない200ml×4杯券が1,000円である。当日は200ml×4杯が1,200円、200ml1杯が350円である。今年も2日間の開催で大いに盛り上がりそうである。(2014.7.15修正)
 

 秋田オクトーバーフェスト
OctFes2014日時:2014年10月16日(木)・17日(金) 16:00〜21:00、18日(土) ・19日(日)11:00〜21:00
場所:エリアなかいち にぎわい広場(秋田市中通1-4-3)

 秋田オクトーバーフェストでは、ドイツビールと秋田県内3社の地ビールが味わえる。今年も「秋田ソーセージフェスティバル」との同時開催で、ドイツや秋田の美味しいソーセージもビールの一緒に味わえる。今年は国民文化祭2014のイベントと同時開催だそうである。(2014.9.12修正)




オクトーバーフェスト(ワインパラディース主催)(未定)
日時:未定
場所:未定
 秋田ではもう一つオクトーバーフェストがある。男鹿市にあるワインパラディースが主催するイベントで、昨年は10月5日(土)に男鹿市内で、10月27日(日)に秋田市内でそれぞれ開催し、ハッカープショールのフェストビア30L樽を開栓し、ビールに合う料理と共に堪能したそうである。
 

青森県内
 
INF00108191054259676_1日時:2014年10月5日(日)12:00〜18:00
場所:土手町コミュニティパークA館 多目的ホール(屋内)・ポム広場(屋外)(弘前市土手町31)

 昨年、青森県内で初めて開催されたビールイベント。今年は地元、津軽路ビールや 
奥入瀬ビール他、あくらビール、いわて蔵ビールなど東北の地ビール、登別地ビール鬼伝説、よなよなエール、サンクトガーレン、ひでじビールなど各地の地ビールが楽しめる。フードコーナーは弘前市の飲食店が出店する。前売り券は7枚綴り3,000円で、全てのビールとフードがチケット1枚と交換になる。当日はチケット1枚500円で販売される。 (2014.9.1修正)



anagma5 at 19:34|PermalinkComments(0)clip!

2014年04月28日

仙台散歩その52〜map版「仙台で地ビール・輸入ビールが飲める店まとめ」

仙台で地ビール・輸入ビールが飲めるお店まとめ 以前、「仙台で地ビール・輸入ビール(ドイツビール・ベルギービールなど)飲める店」を、「国分町・一番町界隈」、「仙台駅周辺」、「仙台市内その他地域」に分けてまとめて紹介したことがあった。必要があってそれらの店が仙台市内でどのように分布しているか、Google Map上にプロットしてみたが、せっかく作成したので、公開することにした。

 上の画像か下記のリンクをクリックすると作成したマップに飛ぶ(はずである)。地図上に本ブログに掲載した際の説明や写真も付加したので、美味しいビールが飲める店を探す際に役立てていただければありがたい。

 「仙台で地ビール・輸入ビールが飲める店マップ」 

anagma5 at 19:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2011年08月23日

仙台散歩その48〜いろんなビールが飲めるおいしいハンバーガー店

110822-184331 以前書いたように、泉区には大瓶でベルギービールを置いてある稀有なカレー店「あちゃーる」くらいしか、いろいろなビールが飲める店はない、と思っていたのだが、今回ついでがあったので、改めて泉中央周辺を散策してみたところ、1軒、ベルギービールやアメリカのビールが飲めるいい店を見つけた。それもバーなどではなく、何とハンバーガー店である。それが「Happy Buruger & Cafe KAME HOUSE(カメハウス)」である。

 仙台でハンバーガーと言えば、何と言っても国分町にある「ほそやのサンド」(仙台市青葉区国分町2-10-7大内ビル1F、TEL022-223-9228、11:30〜22:00、お盆と正月のみ休業日あり)である。戦後まもなくの1950年に創業した日本でも屈指の老舗ハンバーガー店で、創業者の細谷正志さんが1個1個丁寧に作り続けたハンバーガーは、2002年には何と100万個にも達した。

 ここのハンバーガーはとてもおいしい。おいしくて、昔懐かしい味である。そう言えば、私が子供の頃はこのような、いかにも手づくりということを感じさせる味のハンバーガーがあちこちで食べられた気がする。いつの間にか、ハンバーガーというとマクドナルドに代表される、全国どこでも均質の(それはそれですごいことだが)「あの味」がメジャーになってしまったが、「ほそやのサンド」のハンバーガーは、そうした時代の流れとは関係なく、創業当時の味を今に伝えてくれている。

 創業者の細谷さんは昨年4月83歳で亡くなった。その1ヶ月半くらい前に定番の「ほそやのハンバーガー」を食べたが、その時は元気そうに見えたので亡くなったと聞いた時には驚いたものである。今は息子さんがしっかりと後を継いで、その味を守っている。心残りと言えば、いつか食べようと思っていた「ほそやのジャンボハンバーガー」を、細谷さんの生きているうちに食べないでしまったことである。今度、息子さんがつくるジャンボハンバーガーを食べに行ってみようと思う。

 さて、泉にあるこの「KAME HOUSE」、一昨年にオープンしていたそうである。ちっとも知らないでしまったが、ここのオーナーの星さんは自らもハンバーガーが大好きで、肉の挽き加減や練り方、ソースの調合に至るまで研究を重ね、納得できる味のオリジナルハンバーガーを完成させて店を開いたのだそうである。そのハンバーガーはどれもボリュームたっぷりで食べ応え抜群である。中でも「カメハメハバーガー」は、ラーメンで言えば「全部入り」に当たるメニューで、バンズの間にソース、タマゴ、パイナップル、チーズ、ベーコン、ハンバーグ、玉ねぎ、トマト、レタス、マヨネーズという、同店でバンズに挟むアイテムのうち、アボガドを除くすべてのものが挟まれたハンバーガーである。

 「おいしいハンバーガーを食べてハッピーになってもらいたい」との思いから店名に「Happy Burger」を冠しているそうで、確かにこのハンバーガーだけでハッピーな気分になれそうだが、私にとってはさらにビールが充実していることでもハッピーな気分になれる(笑)。バドワイザーの樽生の他、ベルギービールではヒューガルデンホワイトとデュベル、アメリカのビールではブルックリンラガーやアンカースティーム、ハワイのツナミやタヒチのヒナノも置いてある。ブルックリンラガーは仙台市内でも置いてある店が少ない貴重なビールである。また、私的には以前書いたハワイのツナミが置いてあるのが嬉しい。…と思ったら、私が行った時には残念ながら品切れだった…。ハンバーガー以外につまみになりそうなサイドメニューもあるので、それで好きなビールを楽しんだ後、締めにハンバーガーにかぶりつくというパターンがオススメである。


追記(2015.1.31):この「KAME HOUSE」、2014年9月下旬で閉店してしまった。あのハンバーガーがもう食べられないと思うととても残念である。ご本人のツイッターを見ると、「今は次のステージへ向けて準備中!」とあるので、どのような形で戻ってこられるのか期待して待ちたいと思う。

anagma5 at 00:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2010年12月02日

仙台散歩その46〜仙台で地ビール・輸入ビール(ドイツビール・ベルギービールなど)が飲める店まとめ 峭駟町・一番町界隈」編

 仙台市内で地ビールや海外のビールが飲める店については、主に「仙台散歩」のところで紹介してきたが、だいぶ数も増えてきて目当ての店を探すのが大変なの で(自分が;笑)、ここらでまとめてみることにした。併せて、「仙台散歩」で紹介していない店でそうしたビールが飲める店についてもリストアップしておこ うと思う(主に自分のため;笑)。追加があれば随時アップするようにしたいと思う。

追記(2012.6.5):このブログ、1エントリーにつき全角15,000字、半角30,000字という制限があるのだが、それに引っ掛かって追加しての更新ができなくなったので(HTMLの書式情報などカウントしても15,000には達していないのだが、なぜ?)、「国分町・一番町界隈」編「仙台駅周辺」編「仙台市内その他地域」編の3つに分けて掲載することにした。まずは「国分町・一番町界隈」編である。

追記(2014.4.28):ここで紹介した店を地図にしてみた。併せて参照していただければ幸いである。

国分町界隈
563eddd2.jpg
Amber Rondo(アンバーロンド)
ブログ過去記事
 ビールがとても充実しているバー。私の好きなヴァイツェンも樽生、瓶合わせて7、8種あるのが嬉しい。

追記(2011.7.11):最近、秋田のあくらビールが時折樽生で入荷するようになった。仙台市内で飲めるところは今までなかったのでこれはありがたい。

55fce16d.jpg隠空(いんくう)
ブログ過去記事
 場所も店内も隠れ家的な雰囲気の店。地酒が充実しているが、その時々で各地の地ビールも置いてあり、行く度に楽しめる。


a23ee5cc.jpgWine & Formaggio Cave Timone(ティモーネ)(仙台市青葉区国分町1-6-1ルナパーク一番町ビルB1F、TEL022-227-2952、19:00〜2:00、日曜祝日定休)
ブログ過去記事
 隠空は和風でこちらはイタリアンの隠れ家。ビールはエルディンガーのヴァイスのみ。これが常時飲めるのは東北でここだけである。

84e7dd44.jpgSHOT & FOOD SIMON'S BAR(サイモンズ・バー)(仙台市青葉区国分町2-9-1大信ビル1F、TEL022-223-8840、19:00〜2:00、※金・土・祝前日は〜4:00、無休)
ブログ過去記事
 コイン制(現金払いも可)のバー。ロンドンのパブ風だが、ドイツのビールも瓶で何種類か置いてある。

5b8189b6.jpgSHOT BAR 9 1/2 The Second's(ナインハーフ・ザ・セカンズ)
ブログ過去記事
 カクテルで有名な店だが、ビールではパウラナーのヘフェ・ヴァイスの樽生が飲める。

追記(2012.11.20):ヒューガルデン・ホワイトの樽生も飲めるようになっていた。ドイツのヴァイスビールとベルギーのホワイトビールが両方飲めるところはあまりないので、これは嬉しい。

追記(2014.5.29):パウラナーがなくなってしまい、代わりに(?)ヒューガルデンに加えてベルビュー・クリークも樽生で飲めるようになっていた。

091002-193931barbe(バルベ)(仙台市青葉区国分町2-5-13Aビル1F、TEL022-263-3339、19:00〜6:00、無休)
 ヒューガルデンの樽生が飲めるバー。ヒューガルデンは通常のサイズの他に、量が倍のラージサイズもある。他に瓶でニュートン、エルディンガー、ベルビュークリーク、レフラデュースなどが飲める。


090325-215401火星 MARS(かせい マーズ)(仙台市青葉区国分町2-12-12-B1F、TEL022-222-0103、18:00〜2:00、日曜定休)
 仙台市内で恐らく唯一盛岡のベアレンの樽生が飲める店。シュバルツが置いてある。

追記(2014.5.29):6月に同じビルの2階にある「鮪菜酒酎てなんご」と「合併」することになったとのことである。シュバルツは引き続き樽生で飲める他、瓶も置きたいとのことであった。

091002-191944R-Bar(アール・バー)
(仙台市青葉区国分町2-1-24福原ビルB1F、TEL022-215-3381、20:00〜5:00、無休)
 実は入ったことはないが、ベルギーのビールが4種類置いてあると書いてある。

追記(2012.6.5):ベルギービールはヒューガルデン・ホワイトのみとなったようである。

120518-182821イタリア風伊酒屋 VINO(ヴィーノ)(
仙台市青葉区国分町2-1-8カーパークビル2F、TEL022-223-2389、17:30〜23:30LO、不定休)
 地元の肉や野菜を使って作るイタリアンがおいしい「伊酒屋」。ドイツのエルディンガーのヘーフェヴァイスとケストリッツァーの黒ビールが瓶で飲める。


120518-183644Spain Bar Dining Vamos!(スペイン・バル・ダイニング・バーモス)
(仙台市青葉区国分町2-1-1 19フジビル1F、TEL022-748-4026、月〜木・日17:00〜1:00LO、金・土17:00〜2:00LO、無休)
 本格的なスペイン料理が食べられるダイニングバー。バス・ペールエールの樽生に加え、瓶でスペインのビール、クルスカンポが飲める。

修正(2014.5.8):ベルギービールの樽生の提供はなくなったようである。

120524-211844L'essentiel Bar(レサシエル・バール)(仙台市青葉区国分町2-9-1大信ビル1F、TEL022-715-6288、19:00〜3:00、不定休)
 シングルモルト中心のバーだが、ビールではヒューガルデン・ホワイトが瓶で飲める。



 フードメニューも充実しているバー。ワインの種類が豊富だが、ビールでは瓶で長野の志賀高原ビール5種と大阪の箕面ビール6種が置いてあった。いずれも仙台で唯一だと思う。
 


121127-215748SOLA(仙台市青葉区一番町4-4-4三桝ビルB1、TEL022-215-5250、17:00〜1:30LO(月〜土)、17:00〜0:30LO(日祝)、無休)
 ラクレットチーズやパエリア、バーニャカウダが名物のダイニングバー。瓶でヒューガルデン・ホワイトとデュベルが置いてある。


8445f782GOOD BEER MARKET ENN(グッド・ビア・マーケット・エン)(仙台市青葉区国分町2-8-12 国分町Kビル5F、TEL022-224-6511、18:00〜2:00LO、月曜定休)
 「仙台駅周辺編」で紹介した「TEMAKAKE KITCHEN STYLE ENN」の2号店である。その名の通り、地ビールや各国のビールなど様々なビールを樽生と瓶で飲んでもらおうという趣旨の店である。私が訪れた時にはベルギーのヴェデットの樽生や茨城の常陸野ネストビールの樽生があった。これから特に東北の地ビールを充実させていきたいとのことであった。

140227-234848蕎麦Bar 月うさぎ(仙台市青葉区国分町3-2-5 ゼロキュービル4F、TEL022-263-3577、11:30〜14:30、18:00〜24:00、日祝11:30〜14:30、無休)
 定禅寺通りのケヤキ並木を見下ろすロケーションのダイニングバー。その名の通り、手打ちそばが美味しい。埼玉のCOEDOビールの「白」と「紅赤」が瓶で置いてある。他にドイツのエルディンガー・ヴァイスも瓶で飲める。


140502-184909Cadiz(カディス)(仙台市青葉区国分町2-1-10阿部フォートビル1F、TEL022-796-3525、18:00〜4:30LO、日曜定休(月曜が祝日の場合月曜定休))
 フルーツカクテルや手作りピザが人気のショットバーだが、ビールも充実している。ベルギー始め各国のビールが10種類置いてある。とりわけデリリウム・レッドがあるのは貴重である(※りえさん、情報ありがとうございました)。チャージなしで飲んだ分だけというのもありがたい。

140502-195023深夜食堂 チェスコ屋(仙台市青葉区一番町2丁目7−9第七丸昌興業ビル、TEL090-2996-9333、18:00~5:00、日曜定休)
 仙台では珍しいチェコ料理が食べられる店。マスターのルミール・トマシークさんは陽気なチェコ人。ビール大国チェコだけあって、世界のビールが50種類置いてある。特に、3種類入れ替わる樽生の中に、ドイツのヴァイエンシュテファンがあるのは嬉しい。いずれチェコのビールの樽生も置く予定だそうである(※りえさん、情報ありがとうございました)。

追記(2015.2.19):今年から上記の住所に移転した。

140521-233000OCEAN FATARE(オーシャン・ファターレ)(仙台市青葉区国分町2-15-2グランパレビル1F、TEL022-263-6440、18:00〜3:00LO、日18:00〜24:00LO、年末年始休)
 船上レストランをイメージしたシーフードレストラン&バー。スペインやイタリアの海鮮料理が食べられる。COEDOビールを瓶で希少な「白」も含めて全5種類置いている。

140529-215614RESTAURANT BAR 牧水(仙台市青葉区国分町2-9-1、TEL022-213-5993、18:00〜5:00、日祝18:00〜3:00、無休)
 その名の通り、食事メニューが充実したバー。樽生はカールスバーグだけだが、瓶でドイツのエルディンガー・ヴァイスが飲める。



140530-003709ROUND DINING(仙台市青葉区国分町2‐10-7金英堂薬局ビルB1F、TEL022-267-5749、18:00〜6:00、無休)
 朝方までやっている、宮城野ポークやイベリコ豚の料理など肉料理のメニューが充実しているダイニングバー。瓶でヒューガルデン・ホワイト、ブルームーン、リンデマンスの各種フルーツビールなどが飲める。


140730-215650東北みちのえき(仙台市青葉区国分町2-5-11民平ビル2F、TEL022-797-0964、17:00〜3:00、金土祝前日17:00〜5:00、月一回不定休)
 名前の通り、東北各地の料理が楽しめる居酒屋。料理と一緒にあおもりアップルドラフト、いわて蔵ビールヴァイツェン、あくら秋田美人のビール、仙台七夕まつりビール、福島路ビールピーチエールなど東北各地の地ビールが瓶で飲めるのがいい。市内に3店舗あるが、地ビールが置いてあるのはこの国分町店と朝市通り店の2店である。

140730-231931T.R.G.E.(仙台市青葉区国分町2-1-3エーラクフレンディアビル1F、TEL022-281-8030、11:00〜14:30LO、17:00〜2:30LO、楽天デーゲーム開催日11:00〜2:30LO、無休)
 東北楽天ゴールデンイーグルスのオフィシャルスポーツラウンジ。ヒューガルデンが樽生で飲める他、ブルックリンラガーやサミュエルアダムス・ボストンラガー、ブルームーン、コナビールなどが瓶で飲める。

150705-211620DD DINER(ディーディー・ダイナー)(仙台市青葉区国分町1-4-21、TEL022-266-2694、18:00〜3:00、水曜定休)
 自家製のピザやフライドチキン、ラスポテト、スペアリブなどの料理が楽しめるダイニングバー。海外のビールが瓶で10種類ほど置いてある。現在、樽生はキリンの3種だが、今後内外のビールも入れていきたい都のことである。

150705-225900Gulp Down Cafe(ガルプ・ダウン・カフェ)(仙台市青葉区国分町2-10-30FOX BLD.3F、TEL022-261-2038、火〜木18:00〜1:00LO、金土・休前日18:00〜2:00LO、日17:00〜0:00LO、月曜定休)
 ヨーロッパのカフェをイメージした店構えに、フレンチをベースとした手作り料理が美味しいカフェバー。ビールは、ヒューガルデンやブルームーンが瓶で置いてある他、樽生で海外のいろいろなビールを仕入れている。最近はブリュードッグのパンクIPAが飲める。

CRAFT BEER MARKET(クラフトビアマーケット)仙台国分町店(仙台市青葉区国分町2-1-12瀬戸勝ビル1F、151228-192153TEL022-796-6366)
 都内に7店舗を展開するクラフトビアマーケットの初めての地方店。他の店舗同様国内外の樽生ビールが常時30種類飲める。料理はシーフードBBQがウリで、ショーケースに並んだ三陸直送の魚介類を調理法を指定して調理してもらう形式。炭火焼き、鉄板焼き、蒸し焼きなどが選べるが、シェフお任せにもできる。


一番町界隈
e33a3c81.jpgCurry & Bar yaman(やまん)(仙台市青葉区一番町4-5-19東一市場内、TEL022-224-7724、11:30〜15:00、17:30〜24:00、日11:30〜15:00、17:30〜20:00、無休)
ブログ過去記事
 飲みながら本格カレーが食べられる嬉しい店。アメリカのアンカースティームやリバティーエールが飲める。

194357.jpgベルギービール&ダイニング ダボス
ブログ過去記事
 仙台では老舗のベルギービールの店。ベルギービールの品揃えはさすがで、行く度に違うビールが楽しめたりする。



091212-200550うさぎや(仙台市青葉区一番町4-1-1仙台セントラルビルB1F、TEL022-265-9578、17:00〜2:00、日曜〜0:00(連休の場合は最終日に振替)、不定休)
 バドワイザー、ハイネケン、コロナ、ギネス、カールスバーグ、レーベンブロイなど、いわゆる「よくある外国のビール」がひと通り置いてある店。


120524-191416L'equipe Bond(レキップ・ボンド)(仙台市青葉区一番町2-4-16ムツミヤビル2F、TEL022-721-9338、11:00〜14:00、18:00〜23:00(月〜木)、18:00〜0:30(金・土)、日曜定休)
 2012年4月にオープンしたばかりの新しいイタリアンレストラン。パウラナーのヘーフェヴァイスが樽生で飲める。1パイント780円は他店に比べて安い!


120524-191656旬菜酒場 なんぶ彩葉(いろは)(仙台市青葉区一番町2-3-28中央市場113号、TEL022-712-7332、12:00〜13:00、17:30〜22:30LO)
 壱弐参横町に2012年2月にオープンした南部産食材を使った料理が食べられるカウンターのみの居酒屋。岩手の地酒や地ワインに加えて、地ビール(ベアレン)も置いてある。


120524-210846
菅原酒店(仙台市青葉区一番町4丁目3-1菅原酒店ビル1F、TEL022-222-6381、9:00〜20:00、元旦のみ定休)
 一番町通りと広瀬通りが交差するところにある酒店だが、ここに火曜日〜土曜日の17:00〜22:30LOで広さ5坪の「日本酒スタンディングバー」ができた。ビールでは仙台ではここだけというベルギーのステラ・アルトワの樽生がある。

追記(2013.5.29):ステラ・アルトワの樽生は夏限定だそうで、普段の樽生はエビス・クリーミートップである。今年も6月くらいからステラ・アルトワが飲めるようである。

120524-224347一番町開国屋(仙台市青葉区一番町3-5-27梅屋ビル2F、TEL022-265-3151、15:00〜17:00、17:00〜23:30LO)
 昼は喫茶、夜はワインと家庭料理の店。シャンソンのライブもある。ベルギーのニュートン、ヒューガルデン・ホワイト、禁断の果実、グランクリュ、シメイ・ブルー、セント・セバスチャンが瓶で飲める。


120524-225230enji(エンジ)(仙台市青葉区一番町2-3-37文化横丁内、TEL022-748-5877、17:00〜00:00、日曜定休)
 一番町から文化横丁に入ってすぐのところにあるダイニングバー。ベルギーのヴェデット、リーフマン、シメイ、デュベル、ドイツのサリトス、フォーエレメンツが瓶で飲める。


121120-200047BAR BAR BAR(バル・バール・バー)(仙台市青葉区一番町2-3-28いろは横丁D120、TEL022-211-5185、17:00〜3:00(月〜金)、18:00〜3:00(土・祝)、日曜定休(月曜が祝日の場合営業))
 一番町の壱弐参横丁(いろは横丁)にあるカウンター・バー 。これまで樽生はバス・ペールエールだけだったが、9月のリニューアルを機に、常陸野ネストビールのホワイトエールが飲めるようになった。上のL'equipe Bond(レキップ・ボンド)からピザを取り寄せることもできる。

758ac3f1癒.酒.屋.わおん 一番町店(仙台市青葉区一番町1-1-8青葉パークビルB1F、TEL022-395-7496、11:30〜13:30LO、18:00〜20:30LO、無休)(ブログ過去記事
 「癒.酒.屋. わおん」(ブログ過去記事)の姉妹店として2015年7月オープン。特筆すべきは、地ビールの樽生が常時6種類飲めることで、やくらいビールのピルスナー、ヴァイツェン、デュンケル、福島路ビールのエクストラピルスとレッドエール、それに新潟麦酒のブラックビールが揃っている。新潟麦酒の樽生はこちらに書いた「TEMAKAKE KITCHEN STYLE ENN」でも飲めるが、やくらいビールと福島路ビールの樽生が飲めるのは仙台市内では恐らくここだけだと思われる。「仙台駅前店」同様美味しい和食が楽しめる。

120614-132327仙台カレー食堂
(仙台市青葉区一番町2-11-12、TEL022-265-8901、11:30〜14:30、17:00〜21:00、日祝定休)
ブログ過去記事
 インド風のオリジナルカレーが美味しい店だが、昨年からビールがかなり充実した。全て瓶・缶だが、インドのビール5種、スリランカのライオン・スタウトとラガー、ヒューガルデン、エチゴビール各種、銀河高原ビール、それにサンサンオーガニックビールやよなよなエールなどヤッホーブルーイングのビール各種が揃っている。

s_0034ご馳走串屋 えびすけ 仙台一番町店(仙台市青葉区一番町4-2-15 2F、TEL.022-217-0205、17:00〜1:00、日曜定休(祝日により変更あり))
 盛岡が本店の居酒屋。仙台駅前にもあるが、こちらは名前の通り、串焼きが充実している。いわて蔵ビールと銀河高原ビールが瓶で飲める。いわて蔵ビールはこの店のオリジナルラベルである。

140730-214232鉄板酒場 壱○弐(いちまるに)(仙台市青葉区一番町4-4-4三桝ビル1F、TEL022-796-0490、17:00〜2:00、17:00〜3:00、無休)
 鉄板焼きと串焼きがメインの店。瓶でヒューガルデンやブルームーンが飲める。



150424-220157魚沼釜蔵 東北総本店(仙台市青葉区一番町4-6-1仙台第一生命タワービル21F、TEL022-796-4472、11:30〜14:00(月〜金)、17:00〜23:00、無休)
 新潟県の魚沼産の食材やお米、新潟県沿岸で取れた海の幸など、新潟のうまいものが食べられる居酒屋。「八海山」と関係が深いらしく、「八海山」のほとんどの銘柄が揃っているが、「八海山泉ビール」も置いてあるのが私にとってはポイントが高い。

cdf1928a田沢湖ビール―SENDAI―(仙台市青葉区一番町3-6-12菊地ビル2F、TEL022-796-2988、11:00〜14:00、17:00〜23:00、日曜または連休最終日定休)
 以前あった銀河高原ビールの直営店「サトゥラギ」が撤退して以来、久々に仙台にできた地ビール醸造所の直営店。店内では田沢湖ビール全種類と、各地の地ビールがゲストビールで2種飲める。レギュラー、ラージの他、日本一深い湖である田沢湖の深さの1000分の1の432mmの深さを誇る「田沢湖グラス」は1Lサイズである。男鹿港から毎日直送されてくる海の幸を始め、秋田の食材を使った料理も美味しい。

160823-202549時々ハレ酒場HALU(仙台市青葉区一番町3-8-1ラベルヴィビル3F、TEL022-208-2109、17:00〜0:00、土15:00〜0:00、日曜定休)
 電力ビルの裏手にある隠れ家的な居酒屋。地ビールとアメリカのクラフトビールが数種類瓶で飲める。鉄板焼きやおばんざいなどの料理も美味しい。




県庁市役所周辺
2857294b.jpgKitchen プラス1(キッチン・プラス・ワン)(仙台市青葉区上杉1-7-1-B1F、TEL022-223-3881、11:30〜14:00、18:00〜22:00、土曜夜は予約のみ、日曜定休)
ブログ過去記事
 東北で一番早くヒューガルデンの樽生を出した店。インドネシア風のおいしいアジアンカレーが食べられるのも嬉しい。
100123-203506杜ノ都 DINING MeCCA(仙台市青葉区国分町3丁目1-4 ムサシヤビルB1F、TEL022-224-8018、17:00〜3:00、無休)
 アイスヴァインや仙台では珍しいバーニャカウダーが食べられるダイニングバー。レフブロンドの樽生が飲める他(仙台で2店目)、瓶でレフブラウンや紅茶ビール、エルディンガーのヘフェ・ヴァイスも飲める。

091212-204245一心(いっしん)(仙台市青葉区国分町3-3-1定禅寺ヒルズB1F、TEL022-261-9888、17:00〜24:00、日曜定休(第二・第四日曜日は営業)
 高級和食店(私から見ると)で、地酒などが充実しているが、ビールではシメイ・ブルーが置いてあるのが素晴らしい。これが結構和食と合う。




西公園付近
c920e846.jpg
和醸良酒 ○たけ(マルタケ)
ブログ過去記事
 古民家風の店構えが印象的な居酒屋。おいしい和食と一緒に、仙台市内で唯一という伊達政宗麦酒の樽生が楽しめる。

b3287d6e.jpgのんびり酒場ニコル
ブログ過去記事
 仙台市内では恐らくここだけの「リアルエール」(いわて蔵ビール)が飲める店。厳選素材を使用したフードメニューもいい。


194254.jpgクレプスキュールカフェ
ブログ過去記事
 メディアテークの1階にある、ベルギービールの飲めるカフェ。図書館の入った公共施設の1階でビールが飲めるというのは珍しいと思う。



二日町
140521-213555麦酒食堂3F-22(仙台市青葉区二日町14-10八百吉ビル3F、TEL022-302-7933、17:00〜1:00、土17:00〜0:00、日曜定休)
 地下鉄北四番丁駅から徒歩圏内にある、その名の通り世界各国のビールが常時30種類超置いてあり、無国籍の料理も味わえる店。樽生はヒューガルデン・ホワイトでラージサイズもある。ビールの顔触れは随時変わり、普段あまり見掛けない珍しいビールが入荷していたりする。


anagma5 at 01:34|PermalinkComments(29)TrackBack(0)clip!

仙台散歩その46〜仙台で地ビール・輸入ビール(ドイツビール・ベルギービールなど)が飲める店まとめ◆崟臑羆惻辺」編

というわけで、続いて「仙台駅周辺」編である。「国分町・一番町界隈」編「仙台市内その他地域」編と合わせて参照されたい。

追記(2014.4.28):ここで紹介した店を地図にしてみた。併せて参照していただければ幸いである。

仙台駅西口近辺
aeeca557.jpg夕焼け麦酒園(仙台市青葉区花京院1-2-20、TEL022-262-5573、17:00〜2:00、休日〜0:00、日曜定休、年末年始・GW・お盆休業)
ブログ過去記事
 私の行きつけ(?)の店。銀河高原ビールの樽生が飲める。ビール、料理とも、リーズナブルでかつおいしいのも私的に嬉しい。

e05b6765.jpgべこ政宗 名掛丁店
ブログ過去記事
 調味料に至るまで素材にこだわった牛タン料理の店。ヒューガルデンの樽生が飲める。以前は他にベルビュー・クリーク、ロシュホールもあったのだが今はなくなってしまったのが残念。復活を望みたい。
追記(2012.9.21):このところずっとヒューガルデンの樽生が品切れ中である。お店の人に聞いてもいつ入るか分からないと言う。これは甚だ残念である。瓶で松島ビールのヘレスとデュンケルは飲めるが、ヴァイツェンとボックは置いていない。

f24e0c00.jpg癒.酒.屋.わおん 仙台駅前店
ブログ過去記事
 東北各地の素材を使ったおいしい料理と新潟麦酒5種が楽しめる店(地酒もたくさんある)。夏には地ビール祭りも開かれて各地の地ビールが楽しめる。


101203-210433ご馳走串屋 えびすけ
 以前盛岡のところで紹介した「えびすけ」の仙台店。東北の食材を使ったおいしい串焼きなどが食べられる店。いわて蔵ビール、ベアレン、銀河高原ビールがそれぞれ瓶で置いてある。



101126-210249Baru Oggi Domani(バル・オッジ・ドマーニ)
 立ち飲みとカウンターがメインのバー。いつ行ってもけっこうな人の入りである。ヒューガルデンの樽生が飲める他、常時4、5種くらいの外国のビールが置いてある。私が行ったときにはエルディンガーのヘフェ・ヴァイスやオルヴァルが置いてあった。


101203-211252古々がみそ(仙台市青葉区中央3-1-21仙台駅前ビルEAST 7F、TEL022-738-8836、15:00〜1:00、無休)
 仙台味噌を使った創作和食が食べられる店。松島ビールが3種飲めるのがいい。



101203-224655BAR BEVITORE!(バー・ベヴィトーレ)
 夕焼け麦酒園の向かいにあるイタリアン・バー。ワインがメインだが、瓶でエルディンガーが飲める。




110917-192200
ロイヤルホスト仙台花京院店
 いわゆるファミレスのロイヤルホストだが、ここの店には松島ビールも置いてある。



110809-194945土風炉(とふろ) 仙台あおば通駅前店
 十割そばと豆腐と備長炭焼きがウリの居酒屋。店オリジナルの地ビール、「富士地ビール」がある。「白」と「緋」があって、「白」はヴァイツェン風の白濁色のビール、「緋」はアルト風の文字通り緋色のビールである。「プレミアム飲み放題」にするとこれら地ビールも飲み放題に含まれる。ただし、仙台あおば通駅前店で飲めるのは残念ながら「緋」のみである。

110809-200317
bar BAROCK(バー・バロック)
 上のBaru Oggi Domani(バル・オッジ・ドマーニ)の並びにある、同系列のバー。ウィスキーが中心だが、ビールではベルギーのウェストマールのダブルとトリプルが置いてある。



101203-210632和食処 大ばん
古民家のような雰囲気の居酒屋。郷土料理を中心としたおいしい料理がリーズナブルに食べられるのがよい。いわて蔵ビールのペールエールが樽生で飲める。 




140213-203703HUB BRITISH PUB(ハブ・ブリティッシュ・パブ)(仙台市青葉区中央1-7-6西原ビル1F、TEL022-722-8682、16:00〜0:00、金土16:00〜2:00、無休)
 '13年11月にできた、仙台で初めて(たぶん)のブリティッシュ・パブ。季節ごとにレシピが異なるというオリジナルエールビールのHUB ALE(ハブエール)が美味しい。他に、フラーズESBやロンドン・プライド、ヒューガルデン、シメイ・レッドなども瓶で飲める。
追記(2015.3.23):同店オリジナルのHUBエールを醸造しているのは、新潟のエチゴビールだそうである。

140622-011336BAR ASHIR(バー・アシル)
仙台市青葉区中央1-8-31名掛町センター街2F、TEL
022-738-7434、19:00〜3:30LO、
日曜定休

 季節のフレッシュフルーツを使ったカクテルなど、カクテル全般が美味しいバー。ビールはエーデルピルスの樽生の他、瓶でアンカーのスティームとリバティーエールが置いてある(※りえさん、情報ありがとうございました)。

141205-005033CRAFTSMAN Sendai(クラフトマンSendai)(仙台市青葉区中央2-2-38、TEL022-797-8431、11:30〜1:00、1/1のみ定休日)
 東京の「クラフト麦酒ビストロクラフトマン」の系列店。なんと国内のクラフトビールなど常時31種類のビールが樽生で飲める他、東北の食材を使った美味しいイタリアンも楽しめる。

150423-211549ROSIE(ロジー)(仙台市青葉区中央3-5-30T&I NEXT Bldg.4F、TEL022-796-3101、17:00~2:00、水曜定休)
 LABI仙台の近くのビルの4階にあるカジュアルバー。屋内のカウンターとテーブル席もあるが、外を見下ろせるテラス席がいい感じである。レーベンブロイとバスペールエール、そしてヒューガルデンの3種が樽生で飲める他、10名以上いれば通常の飲み放題(3,600円〜)に500円プラスすることで、これらの樽生ビールが飲み放題に加わる。ヒューガルデンが飲み放題になるのは、現在仙台では私の知る限りここだけである。

デリリウムカフェSENDAI(仙台市青葉区中央3-7-5仙台PARCO2 1F、TEL022-395-4451、11:00〜0:00、無休)
 仙台PARCO2内にオープンしたベルギービールの有名店。ベルギービールの各種樽生が約30種ほど飲める他、東北の地ビールも飲める。熟成肉や三陸の海の幸を使った料理も楽しめる。

161008-185228しろくまコーヒー仙台(仙台市青葉区中央1-10-25、TEL090-6680-4559、11:00〜21:00、無休)
 共に北海道に店舗を構えるアウトドアショップのコールマンと喫茶店のしろくまコーヒーが仙台駅前のEDEN内にコラボショップ「コールマンサテライトショップ in しろくまコーヒー」を出店した。2017年7月末までの期間限定だが、しろくまコーヒーでは志賀高原ビールや海外のビールなどが瓶で飲める。



仙台駅構内

エスパル本館地下1階
101126-201750ひっつみ庵
 盛岡のところで紹介したひっつみ庵の仙台店。おいしい和食がリーズナブルに食べられる他、銀河高原ビールとベアレンが飲めるのがいい。
追記(2012.6.5):銀河高原ビールがなくなり、地ビールがベアレンのシュバルツだけになってしまったのは甚だ残念である。

101126-201825郷土料理 みやぎ乃

 宮城の郷土料理がメインの店。缶の伊達政宗麦酒が置いてある。



101126-201634飯・魚・酒・肴 松島
 宮城の食材を使った食事とお酒が楽しめる店。その名の通り(?)、松島ビールが置いてある。



エスパル東館2階
BIKiNi TAPA+
160517-203624 スペインのタパス料理がカジュアルに食べられる店。東北ではここだけという「エストレージャ・ガリシア」が樽生で飲める他、普段あまり見かけないスペインのビールが瓶で6種類ほど置いてある。





エスパル東館3階
6Ken Kitchen incontrare TOHOKU
160517-202801 「牛たん炭焼き 利久」が手掛ける、東北六県の食材をふんだんに使ったバラエティに富んだイタリアンが食べられる店。東北六県の地ビール6種類が瓶で飲める。




奥州ろばたセンダイエキ天海

 160517-202720仙台発祥の炉端焼きが味わえる店。伊達政宗麦酒と松島ビールが瓶で飲める。




シーフードポット&オイスター ザ・スチーム エスパル仙台店
160517-202742 三陸産の魚介類や牡蠣、地元産の野菜を蒸し上げた料理が食べられる店。岩手・大槌町の真牡蠣を使ったオイスタースタウト「牡蠣ノ星」が瓶で飲める。



グリルみのる
160517-202616 東北の食材を使ったグリル料理が食べられる店。ベアレンの定番3種が瓶で飲める。





J.S.FOODIES
160517-203101 ハンバーガーやパンケーキ、スムージーが美味しい店。ハイネケンの樽生の他、ヒューガルデン、ブルームーン、ブルックリンラガーなどが瓶で飲める。






仙台駅東口近辺
2407dc8b.jpgTHE HA'PENNY BRIDGE(ザ・ハーフペニー・ブリッジ)
ブログ過去記事
 人気のアイリッシュパブ。樽生でパウラナーのヘーフェ・ヴァイスやいわて蔵ビールのリアルIPAが飲める。


110216-213126Broad Grow(ブロード・グロウ)
(仙台市宮城野区榴岡1-2-47イーストセブンビル3F、TEL022-298-2535、18:00〜5:00、無休)
 駅東口にほど近いダイニングバー。樽生はカールスバーグのみだが、瓶でヒューガルデンが飲める。


110216-213753岩手ダイニング Danaha(ダナハ)
(仙台市宮城野区榴岡2-2-25-B1、TEL022-792-1675、11:30〜14:00LO、17:30〜23:00LO、日曜定休)
 岩手出身の店主による、岩手が誇る海の幸、山の幸を用いたおいしい料理が食べられる店。岩手の地酒が充実しているが、ビールではいわて蔵ビールが樽生で飲める他、瓶も数種類置いてある。

110216-213921Bistro Campagne(ビストロ・カンパーニュ)
(仙台市宮城野区榴岡2-2-24名掛丁パルス熊万ビル3F、TEL022-292-7277、11:30〜14:00(平日のみ)、17:00〜24:00、第3日曜定休)
 ココットを使った料理がメインのフランス料理店。ワインやシャンパンと並んでベルギービールも充実しており、ビーケンやブルッグス・ゾット・ブロンドなど他店ではあまり見掛けないものも含めて9種類が瓶で飲める。

110216-214215Wine House Bouchon(ワインハウス・ブウション)
 地下セラーに常時1,000種類、13,000本以上のワインを保管しているという、仙台でも屈指のワインショップで、1階にはバーもあるが、そこでドイツのエルディンガー・ヴァイスが瓶で飲める。



111019-203233土風炉 仙台東口店
 土風炉は東口にも店舗がある。こちらでも残念ながら、「富士地ビール」は「緋」しか置いていない。


111019-203316Cantine Reposer(カンティーヌ・ルポゼ)(仙台市宮城野区榴岡2-2-24、TEL022-293-4266、11:30〜14:00LO、17:00〜2:00(木〜土)、17:00〜24:00(日〜水)、不定休)
 ビストロ・カンパーニュの姉妹店。「東口のワイン食堂」だが、全国で3箇所だけ、東北で初登場というフラーズのESB(エクストラ・スペシャル・ビター)の樽生が飲める。他にも瓶でギネス、セント・アンドリュース、エルディンガー・ヴァイスビール、シェッファーホッファー・グレープフルーツ、ヴァルシュタイ ナーが置いてあるのがいい。
追記(2013.2.5):ESBは瓶のみになってしまったが、代わりにドイツのパウラナーの樽生が飲めるようになった。しかも、21時までに入店すれば、人数に制約なく90分2,100円でこのパウラナーの樽生を含む生ビール3種とワイン7種が飲み放題となるプランがある。
追記(2014.2.5):ちょっと前からパウラナーの代わりに茨城の常陸野ネストビールの樽生が飲めるようになった。21時までの飲み放題でも飲めるが、ちょっと値上がりして90分2,500円になった。

111019-213709牛たん 串やきダイニング 備前(仙台市宮城野区榴岡4-6-25、TEL022-293-7623、11:30〜14:00(土日祝除く)、17:30〜24:00、日曜定休)
 2種類の炭をブレンドして焼く牛たんが評判の店。牛たんを使ったつくねやメンチカツもある。瓶で銀河高原ビールが飲める。

110916-192801TEMAKAKE KITCHEN STYLE ENN(手間掛洋食屋 and 酒場 えん)
 2011 年7月にオープンした、各国の煮込み料理が食べられる店。ビールも充実しており、海外のビールが11種ほどあり、そのうちベルギービールとしてヒューガル デン・ホワイト、シメイ・ブルー、レフ・ブロンド、チェリーが置いてあった。また、メニューにないビールもあり、私が行った時にはギロチン、デュベル、 ブーン・グース、ローデンバッハ・クラシック、それにピルスナー・ウルケルがあった。
追記(2012.11.5):久々に行ったら、ヴェデットの樽生が置いてあった。また、何と新潟麦酒のエスプレッソの樽生も入荷した。瓶内二次発酵の新潟麦酒に樽生があったとは知らなかった。これは貴重品である。今後もいろいろ仕入れてくれる予定らしい。今後の期待度大である。

130508-212146SK7 Bistro & Bar(サカナ ビストロ & バル)
 2013年2月にオープンした、「SK7」と書いて「サカナ」と読ませるビストロ・バル。 カウンターにズラリと並んだビールサーバーのタップが目を引く。オリジナル地ビール 「尾張千種」、「伊達政宗麦酒」、それにハートランド、バドワイザー、エビス、エビス・クリーミートップ、ヒューガルテン、バスペールエールが常時樽生で飲める他、毎月東北の地ビールが入荷する。伊達政宗麦酒が樽生で飲めるのはこれまで「和醸良酒 ○たけ(マルタケ)」のみだったので貴重である。海鮮をメインにした料理もなかなかのものである。

141106-213641 Pizza&cafe BIRD
 美味しいピザがリーズナブルに食べられるカフェ。直径27cmのピザがどれも580円である。ビールは樽生がハートランドのみだが、瓶でピルスナーウルケルやブルームーン、アンカースチーム、ストーンIPA、サミュエルアダムスなど、海外のビールが8種類ほど置いてある。

anagma5 at 01:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

仙台散歩その46〜仙台で地ビール・輸入ビール(ドイツビール・ベルギービールなど)が飲める店まとめ「仙台市内その他地域」編

最後に「仙台市内その他地域」編である。「国分町・一番町界隈」編「仙台駅周辺」編と合わせて参照されたい。ここの文末に変更履歴を記載している。

追記(2014.4.28):ここで紹介した店を地図にしてみた。併せて参照していただければ幸いである。

五橋・荒町
22f769a2.jpg
Bistro RED HOT(ビストロ・レッド・ホット)
ブログ過去記事
 マスター手作りのハム、ソーセージやフランス家庭料理、カレー(フランスではキュリーと言うらしい)が楽しめる店。ビールは常時数十種類を揃え、また時々東北ではここだけというシメイホワイトの樽生が飲める。

追記(2012.8.5):その後樽生のサーバーがどんどん増殖していき、現在7種の樽生が常時飲めるようになっている。これは嬉しい。

140407-145706bahn, Cosmos(バーンコスモ)
(仙台市若林区清水小路 5-6エステート五橋1F、TEL022-266-6554、11:00〜14:30、17:00〜21:30LO、日曜定休)
 「お箸で楽しむ創作料理」がキャッチフレーズの、フランス料理やイタリア料理をベースにした創作料理のレストラン。ワインが充実しているが、ビールではドイツのヴェルテンブルガー、ディーベルス、それに銀河高原ビールが置いてある。

150520-185157Barm's IRISH PUB(バーンズ・アイリッシュパブ)
(仙台市青葉区五橋2-11-18第三ショーケービル112、TEL022-221-0839、18:00〜23:30LO、火曜定休)
 ギネス、キルケニーの樽生、スコッチウィスキー、アイルランド料理や自家製燻製が楽しめるアイリッシュパブ。瓶でヒューガルデンやブルームーンが飲める他、最近ゲストビールとして各国のいろいろなビールがその時々で樽生で飲めるようになった。


連坊小路
140515-211840ステーキハウス VANGUYS(バンガイズ)
(仙台市若林区連坊小路70玉屋ビル1F、TEL022-291-9828、17:30〜24:00、日祝17:00〜23:30、第1・3・5月曜定休(祝日の場合は翌日が休み))
 アメリカンな雰囲気の内外装が特徴のステーキハウス。ステーキやハンバーグはもちろんどれも美味しいが、加えて海外のビールや地ビールが瓶や缶で置いてある。他の店には置いていないような珍しいビールに出会えることも多い。ビールのラインナップは年に2、3回入れ替わる。


河原町
140508-230228イタリア食堂ムジカ(仙台市若林区河原町1-3-57、TEL022-796-3370、17:30〜24:00LO、土日15:00〜24:00LO、月曜定休)
 河原町商店街に程近い所にある、日本の季節感を大事にしたイタリアンレストラン。イタリアンワインが充実しているが、ビールではイタリアのモレッティ、メッシーナに加えてヒューガルデン・ホワイト、それに静岡のベアードビール各種が飲める。


上杉
1467418_545045548902820_661289122_nピッツェリア・パドリーノ・デル・ショーザン
(仙台市青葉区上杉2-1-50仙台勝山館1階、TEL022-213-9220、11:30〜14:00 LO、17:30〜21:00 LO、月曜定休 (祝日の場合は翌日))
 仙台で初めて、東北で3店目の「真のナポリピッツァ協会」認定店。イタリアビールのメッシーナがあるが、それだけでなく、ナポリの地ビール、ラガー酵母を使ったエールであるイル・キオストロ・ゴールド・アーレと、シチリアレモンを使用したビリフィッチィオ・ソレントが置いてあるのが素晴らしい。もちろん、ピッツァは絶品。


宮町
131128-212325IZAKAYA 仁(仙台市青葉区宮町2-2-17、TEL022-263-5335、17:00〜2:00、無休)
 東北六県の地ビールが揃っている稀有な居酒屋。青森の奥入瀬ビール(ダークラガー)、岩手のいわて蔵ビール(IPA)、秋田の田沢湖ビール(アルト)、宮城の松島ビール(ヘレス)、山形の地ビール月山のミュンヒナー、福島の福島路ビールの米(マイ)ビールとエクストラピルスが味わえる。東北の郷土料理を織り交ぜたメニューの料理も美味しい。


北仙台
091229-205705浜料理 隆生丸
(仙台市青葉区昭和町5-55、TEL022-271-4820、17:00〜23:00、火曜定休)
 仙台浅草にある南三陸志津川の海の幸が食べられる店。以前紹介した「志津川牡蠣のスタウト」や「海鞘エール」が飲める唯一の店。もちろん、鮮度のいい海の幸もおいしい。


長町
101228-215056魚菜四季 ひょうたん

 JR長町駅前にある、新鮮な海の素材を使った料理など、おいしい和食が食べられる店。地酒などと共に、銀河高原ビールのスターボトルが置いてあるのがいい。

追記(2011.8.22):7月から長町駅前から太白区文化センターのある「たいはっくる」の2Fに移転・営業再開している。

101203-000456Bar Grotta Azzurra(バー・グロッタ・アズーラ)青の洞窟(仙台市太白区長町3-6-7、TEL022-249-2945、18:00〜3:00LO、日曜定休)
 長町2番街の中にあるバー。樽生はギネスだけだが、瓶でデュベルなどのベルギービールが置いてある。


120723-133937カレーの店 南國堂(仙台市太白区八本松1-1-50、TEL022-246-7510、11:00〜15:00、18:00〜22:00、水曜・第3火曜定休)
ブログ過去記事
 絶品の「インド式ヘルシーカレー」が食べられる店。最近、アメリカのクラフトビールで、ベルギーのホワイトビールスタイルのビール、Blue Moonが瓶で飲めるようになった。
カレー好き、ビール好きの私には嬉しい対応である。

140426-212501PUBLIC. COFFEE & BARパブリック・コーヒー&バー)(仙台市太白区長町3-7-3、TEL022-738-7463、11:00〜23:30LO、月曜定休)
 市道河原町長町南線(旧国道4号線)沿いに'14.3.19にオープンしたカフェバー。ヒューガルデン、シメイ・ブルー、デュベルなど各国のビールが19種類揃っている。タパスが美味しく種類も多いので、ビールのつまみにも事欠かない。

150519-134133Curry spot 祭(sai)
(仙台市太白区長町南4-12-16、TEL022-395-4117、11:00〜14:30LO、17:00〜21:00LO、木曜定休)
 インド風とも違うオリジナルのスパイシーカレーの店。ヒューガルデンなど海外のビールが瓶で6種類ほどあり、また各種肉巻や手羽元などビールのつまみになりそうな料理もある。


西多賀
7b136f9d.jpgダイニングパブ ガストホフ・マリア
(仙台市太白区西多賀4-1-1、TEL022-244-4619、17:00〜21:00、日曜定休)
ブログ過去記事
 ドイツのおかみさん、マリアさんが切り盛りするドイツ料理店。仙台市内では恐らくここだけの松島ビールの樽生が飲める。



苦竹
140512-184924洋風居酒屋 開国屋(仙台市宮城野区平成1-21-1大市ビル、TEL022-231-5947、18:00〜23:00LO、日曜定休)
 JR仙石線苦竹駅からもJR東北本線東仙台駅からも徒歩圏内にある洋風居酒屋。ニュートン、シメイ、ヒューガルデン、アダムとイブ、リンデマン、フローリス、セントセバスチャンなど、ベルギービールが瓶で飲める。酒屋併設の居酒屋だけあって、酒屋で購入した酒の持ち込みも可。フードも充実している。


140801-200746a-rest(仙台市宮城野区苦竹2-1-46、TEL022-290-5760、18:00〜24:00、土日11:30〜15:00、18:00〜24:00、不定休)
 JR苦竹駅のすぐ近くにあるカフェバー、海外のビールや地ビールが5,6種くらい置いてある。何が飲めるかはその時によって異なるが、ドイツやベルギーのビールが置いてあるのが嬉しい。


泉中央
130706-205652Izumi kitchen STORIA(イズミ・キッチン・ストーリア)(仙台市泉区泉中央2-19-10日泉パーキングビル1F、TEL022-375-2667、11:30〜14:30LO、18:00〜23:00LO、不定休)
 イズミティ21近くにあるダイニングバー。生はカールスバーグだけだが、瓶で世界各国のビールが15種類あり、ベルギーのニュートンやドイツのイェヴァー、そして銀河高原ビールが飲める。

130706-205324BAR SHELTER(バー・シェルター)(仙台市泉区泉中央1-17-5ビルドスマイル2 1F、TEL022-773-4498、20:00〜1:00、日曜定休)
 地下鉄泉中央駅からほど近い場所にある、カウンターとテーブル席を備えた少し広めのバー。生はレーベンブロイとカールスバーグで、他に瓶で、ベルギーのシメイ3種、デュベル、ヒューガルデン、アメリカのアンカー3種、コナ4種、ドイツのヴァイエンシュテファンが飲める。

140129-221737COCKTAIL & FOOD ADONIS(カクテルとフードの店・アドニス(仙台市泉区泉中央1丁目18-11、TEL022‐772‐2290、20:00〜4:00LO、日曜定休)
 地下鉄泉中央駅近くにあるバー。カクテルの種類が豊富だが、時折地ビールなど珍しいビールが置いてあることがある。そのようなビールが入荷した時には入り口の看板にその旨表示される(※こえりさん、情報提供ありがとうございました)。

150204-225948はたごや(仙台市泉区泉中央1-19-1 さくらパーキングビル遊食館2、TEL022-739-7343、月〜土11:30〜14:00、17:00〜23:30LO、日17:00〜23:30LO、不定休)
 天然ほやや菜彩鶏、八幡平ポークなど、東北の食材を使った和食メニューが美味しい居酒屋。盛岡の地ビール、ベアレンが置いてある。私が行った時にはイングリッシュ・サイダーとチョコレート・スタウトがあった。

 

高森
825111.jpg
カレーと珈琲の店 あちゃーる
ブログ過去記事
 泉パークタウンの住宅地にあるインドカレーの店。数種類のベルギービールが大瓶で置いてある貴重な店である。



その他

びっくりドンキー
 ハンバーグレストランチェーンであるびっくりドンキーには、あまり知られていないが「ドンキーオーガニックビール」や「ベルギーチェリー」といったビールがあり、ファミリーレストランとして異彩を放っている。これらは実は、系列の「小樽ビール」が醸造しているビールで、手稲山系の軟水、バイエルン産の麦芽、ハラタウ産の有機栽培ホップ、醸造所オリジナルの酵母を用いて醸造されている。
 

変更履歴(追記含まず)
2011.1.14:「べこ政宗 国分町店」を削除。
2011.6.25:「シンドール」を削除。
2011.7.29:「岩手ダイニングDanaha」「Bistro Campagne」「Wine House Bouchon」を追加。
2011.8.10:「もつ源」「土風炉」「bar BAROCK」を追加。
2011.8.23:「Happy Burger & Cafe KAME HOUSE」を追加。
2011.10.20:「Cantine Reposer」「牛たん 串やきダイニング 備前」を追加。
2011.10.22:「TEMAKAKE KITCHEN STYLE ENN」を追加。
2012.2.17:「べこ政宗 中央二丁目店」を削除。
2012.6.5: 地域毎に3分割。「L'equipe Bond」「旬菜酒場なんぶ彩葉」「菅原酒店」「一番町開国屋」「イタリア風伊酒屋VINO」「Spain Bar Dining Vamos!」「enji」「L'essentiel Bar」を追加。
2012.11.20:「BAR BAR BAR」を追加。
2012.12.6:「餃子びすとろ マル鶏酒場」「シヅクトウヤ」「SOLA」を追加。
2013.2.5:「Restaurante waon」を追加。
2013.3.24:「和食処大ばん」を追加 。
2013.4.19:「GOOD BEER MARKET ENN」を追加。 
2013.5.28: 「海の幸 山の幸 こだわりやま 仙台一番町店」「路地裏BALU CROWN CROWN」を削除、「SK7 Bistro & Bar」を追加。
2013.11.19:「 『和み』Dining 雅−MIYAVI−」「LITTLE JOHN」を削除、「Izumi kitchen STORIA」「BAR SHELTER」を追加。
2013.11.29:「餃子びすとろ マル鶏酒場」を削除、「IZAKAYA 仁」を追加。
2014.1.22:「カレーの店 南國堂」「仙台カレー食堂」を追加。
2014.1.30:「COCKTAIL & FOOD ADONIS」を追加。
2014.2.12:「ピッツェリア・パドリーノ・デル・ショーザン」を追加。
2014.2.17:「HUB BRITISH PUB」を追加。 
2014.2.27:「蕎麦Bar 月うさぎ」を追加。
2014.4.4:「bahn, Cosmos」を追加。
2014.4.12:「やきとり道場 こだわりやま 仙台国分町店」を追加。 
2014.4.26:「PUBLIC. COFFEE & BAR」を追加。
2014.4.28:紹介した店の地図を公開。
2014.5.2:「Cadiz」「深夜食堂 チェスコ屋」を追加。 
2014.5.8:「イタリア食堂ムジカ」を追加。 
2014.5.12:「洋風居酒屋 開国屋」を追加。 
2014.5.15:「ステーキハウス VANGUYS」を追加。
2014.5.21:「麦酒食堂3F-22」「OCEAN FATARE」を追加。
2014.5.29:「RESTAURANT BAR 牧水」「ROUND DINING」「びっくりドンキー」を追加。
2014.6.15:「Foods Bar Miya」を削除。
2014.6.21:「BAR ASHIR」を追加。
2014.7.2:「ご馳走串屋 えびすけ 仙台一番町店」を追加。
2014.7.30:「東北みちのえき」「鉄板酒場 壱◯弐」「T.R.G.E.」を追加。 
2014.8.11:「a-rest」を追加。 
2014.11.10:「Pizza&cafe BIRD」を追加。 
2014.12.24:「Beer TARU」を削除、「CRAFTSMAN Sendai」を追加。
2015.2.4:「KAME HOUSE」を削除、「はたごや」を追加。
2015.4.2:「うまい鮨勘」を削除。 
2015.5.8:「もつ源 仙台駅前中央店」を削除、「ROSIE」を追加。 
2015.5.13:「和食 みちのく」を削除、「魚沼釜蔵 東北総本店」を追加。
2015.5.28:「Barm's IRISH PUB」、「Curry spot 祭(sai)」を追加。
2015.7.14:「Restaurant waon」「こだわりやま仙台国分町店」を削除、「癒.酒.屋.わおん 一番町店」「DD DINER」「Gulp Down Cafe」を追加。 
2015.11.5:「ブルネンハイム」を削除(残念である…)。
2016.1.28:「CRAFT BEER MARKET(クラフトビアマーケット)仙台国分町店」を追加。
2016.5.17:「BIKiNi TAPA+」、「16Ken Kitchen incontrare TOHOKU」、「奥州ろばたセンダイエキ天海」、「シーフードポット&オイスター ザ・スチーム エスパル仙台店」、「グリルみのる」、「J.S.FOODIES」を追加。
2016.10.28:「田沢湖ビール―SENDAI―」、「時々ハレ酒場HALU」、「デリリウムカフェSENDAI」、「しろくまコーヒー仙台」を追加。


anagma5 at 01:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2010年10月10日

東北で地ビールが飲める店その55〜岩手県盛岡市その2

398be590.jpg  というわけで、前回に引き続き盛岡市内で地ビールが飲める店の紹介である。今回は前回紹介した以外に私が把握している地ビールが飲める店を一挙紹介したいと思う。ちなみに順不同である。

Italian Wine Bar bacaro gustare(バーカロ・グスターレ)
(盛岡市大通1-3-5、TEL019-626-7210、17:00〜25:00LO、日曜定休)
 イタリアンワインがメインの立ち飲みバー。ベアレンクラシック、ヒューガルデンホワイトが飲める。

べべどーる(Be Be Dor)
(盛岡市大通3-1-15志和ビル6階、TEL019-626-3336、17:00〜25:00LO(月〜土)、〜23:30LO(日)、無休)
 「世界の酒、料理を格安で提供」がモットーの多国籍居酒屋。特にシーフード料理、肉料理が充実。ベアレンクラシックが飲める。

火no山(HINO・YAMA)
 地元の食材を使った創作料理のある居酒屋。銀河高原ビールの「小麦のビール」、ベアレンクラシックが飲める。

いざか屋 花太郎
 盛岡の旬の素材を使った季節の料理がある居酒屋。ベアレンクラシックが飲める。

駅前酒場 開運とん
 花巻産の白金豚を使った「焼とん」をはじめ、岩手の食材を使った料理がメインの居酒屋。ベアレンクラシックが樽生で飲める。

居酒屋 串焼だいにんぐ えびすけ
 伊達鶏、奥中山高原のキャベツ、無農薬大豆を使った登米味噌、白金豚など、素材にこだわった串焼・串揚がメインの居酒屋。ベアレンの樽生といわて蔵ビールが飲める。

居酒屋 駅前炭串屋 とりぼん
 伊達鶏を使用した備長炭のやきとりと、白金豚の串カツが看板メニュー。ベアレンの樽生といわて蔵ビールのヴァイツェン、スタウトが飲める。

岩手の居酒屋うま舎(盛岡市盛岡駅前通15-6、TEL019-653-9733、11:30〜13:30、17:00〜24:00、無休)
居酒屋じょ居(盛岡市盛岡駅前通10-6、TEL019-625-6665、17:00〜0:00、無休)
南部居酒屋なはん(盛岡市駅前通8-11、TEL019-623-1275、17:00〜23:59、不定休)
 いずれも三陸の海の幸、岩手の山の幸などが手頃な値段で味わえる居酒屋。ベアレンクラシックが飲める。

HoT JaJa(ホット・ジャジャ)
 盛岡市内で冷麺で有名な「ぴょんぴょん舎」が出したじゃじゃ麺の専門店。ベアレンクラシック、シュバルツが飲める。

日本料理田中 ひっつみ庵(盛岡市盛岡駅前通1-44フェザン本館B1F、TEL019-654-7686、10:00〜22:00、不定休)
 JR盛岡駅に隣接する盛岡フェザンの地下1階のレストラン街にある岩手の食材を使った料理がおいしい和食店。銀河高原ビールのヴァイツェン、ベアレンのシュバルツが飲める。

三陸山田 磯よし(盛岡市盛岡駅前通1-44フェザン本館B1F、TEL019-654-7688、10:00〜22:00、第3水曜日 (2月.8月)
 ひっつみ庵の隣にある三陸の魚料理がメインの店。銀河高原ビールの小麦のビール、ベアレンクラシックが飲める。

盛岡じゃじゃ麺専門店 小吃店(しょうすうてん)(盛岡市盛岡駅前通1-44フェザン南館B1Fめんこい横丁、TEL019-622-0345、9:00〜22:00)
 JR盛岡駅の地下にあるじゃじゃ麺専門店。ベアレンクラシックが飲める。

南部酒席ござそうろ
 大通にある、気軽に食べられるメニューがたくさんある居酒屋。銀河高原ビールのヴァイツェンが飲める。

WISHING WELL21(盛岡市大通2-6-11日興産業ビル3F、TEL019-651-2001、18:00〜4:00、無休)
 大通にある静かなバー。ベルギーのデリリュウムトレメンスやスリランカのライオンスタウトが飲める。

ロシア亭北斗
 本格的なロシア料理が食べられる店。その料理に合うように、ロシアのビールを置いている。

ITALIAN CHACOAL GRILL RISAIA ALTURA(リザイア・アルトゥーラ)(盛岡市菜園1-5-25リデルモリオカビル2F、TEL019-654-6411、11:30〜13:30LO、17:30〜23:00LO、不定休)
 四季折々のイタリア料理が食べられる店。ベアレンクラシックが飲める。

Italian dining AVAZ(アーヴァーズ)
 岩手の食材を使ったイタリア料理が食べられる店。ベアレンクラシック、シュバルツ、シメイブルーなどが飲める。

創菜酒家TOKICHIRO(藤吉郎)
 焼き鳥と創作料理の店。ベアレンクラシックとシュバルツが飲める。

炭焼厨房HAKO(盛岡市菜園1-11-15佐々木ビル1F、TEL019-654-6356、18:00〜3:00、日曜定休)
 特にホルモンがおいしい炭火焼肉の店。ベアレンの樽生が飲める。

銀河離宮
 いわて牛の焼肉やしゃぶしゃぶが食べられる岩手畜産流通センターの直営店。ベアレンクラシックが飲める。

黒ヂョカ
 とにかく焼酎の品揃えが充実しているバーだが、シュバルツなどベアレンの瓶も数種類置いてある。

Accatone(アッカトーネ)(盛岡市中ノ橋通1-5-12、TEL019-624-3310、18:30〜2:00、日曜定休)
 イタリア料理が充実しているワインバー。ワインだけでなく世界のビールも40種ほど置いてある。

CHARLY'S BAR(チャーリーズ・バー)
 前回紹介したヌッフ・デュ・パプの系列のバー。ベアレンのクラシックやシュバルツの樽生や季節のビール、ベルビュークリークなどが飲める他、瓶でデュベルも置いてある。

酒蔵北地蔵(盛岡市盛岡駅前通10-6、TEL019-623-0081)
 盛岡駅の近くにある「村の掟で酒は北地蔵ときまっている」という看板が目印の居酒屋。ベアレンが飲める。

カフェOOD(ウード)
 多国籍な料理が特徴のカフェ。東北ではここだけが置いているという「東京エール」が飲める。

SECOND DINING JARAN(セカンド・ダイニング・ジャラン)
 焼肉・冷麺のぴょんぴょん舎がやっている無国籍料理の店。ベアレンクラシックの樽生が飲める。

焼肉・冷麺 盛楼閣
 以前紹介した冷麺のおいしい焼肉店。銀河高原ビールのヴァイツェン瓶(スターボトル)が置いてある。

焼肉・冷麺三千里大通店
 和牛の焼肉や冷麺が比較的リーズナブルに食べられる店。銀河高原ビールのシルバーボトルが置いてある。

番屋ながさわ(盛岡市菜園2-6-1、TEL019-622-2646、17:00〜23:00LO、日曜定休)
 三陸の魚介類や前沢牛の炭火焼きが食べられる店。銀河高原ビールのヴァイツェンと「小麦のビール」が飲める。

jizake-bar 蔵
 今年3月にオープンした岩手酒造組合の直営店。もちろん地酒がメインだが、ズモナビールの「三陸 海のビール」、いわて蔵ビールのヴァイツェンとペールエールなど県産の地ビールも置いてある。

香醤(こうじゃん)
 これまた以前紹介した夜遅くまでやっているじゃじゃ麺の店。銀河高原ビールのシルバーボトルが置いてある。

すし香(盛岡市材木町2-26、TEL019-654-5682)
 個人のお店ながら時々食べ放題などもやっている寿司店。銀河高原ビールが飲める。

メキシコ料理 ディエス・オーチョ
 盛岡駅近くにあるメキシコ料理店だが、ビールの品揃えが素晴らしい。ベアレン、銀河高原ビール、ベルビュークリーク、バスペールエール、キルケニーが樽生で飲める他、スプマリーナ(テキーラ入りメキシカンビール)、ベルギーランビック、デュベル、オルヴァル、シメイ3種、ヒューガルデンホワイト、シュナイダーヴァイツェンが飲める。

一番星(盛岡市内丸5-16、TEL019-622-8180、17:00〜1:00、無休)
 岩手の食材を使った料理が食べられる居酒屋。ベアレン3種が飲める。

Ristoro 金宝堂(リストーロ きんぽうどう)
 老舗和菓子店の喫茶部から始まった盛岡駅前にある洋食店。ベアレンクラシックが飲める。

スパニッシュ・ライツ(盛岡市菜園1-3-6農林会館B1、TEL019-652-6791、17:00〜2:00、月曜定休)
 本格的なスペイン料理が食べられる店。ビールも充実しており、ビットブルガー・ピルスが樽生で飲める他、ボルダム、ダブ・オリジナル、ハンネン・アルト、ケストリッツァー・シュバルツ、ドム・ケルシュ、シュナイダー・ヴァイス、紅茶ビール、ニュートン、グリゼット・フリュデボア、デュカシス、リーフマンス・グーデンバンド、ボンヴー、セゾン・デュポン、ブリガンドが飲める。ベアレンも数種置いてある。

ガーデンキッチン・シニガン(盛岡市菜園1-6-9第10菱和ビル1-A、TEL019-622-3385、11:30〜1:00、不定休)
 立ち飲みが基本のビストロ。地元の食材を使った料理が食べられる。ベアレンクラシックが飲める。

ビストロ・シュパーゲル(盛岡市菜園1-8-20八光ビル1F、TEL019-624-7555、17:00〜24:00LO(金土は25:00LO)、火曜定休)
 ドイツビールとワイン、自家製ソーセージの店。ドイツビールでは、ヴァルシュタイン、ビットブルガー、パウラナー・ヘフェヴァイス、ケストリッツァー・シュバルツ、ハンネン・アルトなどが飲める。

みちのく味処 四季
 岩手の食材を使った郷土料理が食べられる居酒屋。銀河高原ビールが飲める。

創作料理の店 ザ・耕作(盛岡市中ノ橋通1-5-4、TEL019-652-3030、11:30〜14:00、17:00〜23:00LO、日祝定休)
 和洋折衷の創作料理が食べられる店。詳細は忘れてしまったが、確か店オリジナルのビールがあったはず。

TEX-MEX料理 SunDance(サン・ダンス)
 アメリカ風メキシコ料理の店。禁断の果実、シメイブルー、デュベル、マレッツ、ウェストマールトリプル、ベアレンエール、レフブロンド、クリークブーン、ドゥーシャスドブルゴーニュ、ライオンスタウト、ベアレンクラシック、バスペールエールなど、いろいろなビールが置いてある。

浜や
 海鮮料理や天ぷらのおいしい店。銀河高原ビールのヴァイツェンが飲める。

 だいぶ長くなってしまったが、以上である。ご覧の通り、実に多くの店で地ビールが飲めることが分かる。人口で3倍以上の仙台市内でもこれほど地ビールが飲める店の数は多くないと思う。そして恐らくここに挙げた店以外にもさらに多くの地ビールが飲める店が、盛岡市内にはあるのだと思う。ご存じの方の情報を求めたいと思う。

 ちなみに、写真はライトアップされた岩手公園である。盛岡市内で地ビールをたらふく飲んだ帰り道に見える風景である(笑)。


追記(2010.11.14):上記に追加である。

ディエスオーチョ2号店(盛岡市盛岡駅前通15-22鷹木ビル5F、TEL019-622-6113、17:00〜1:00(日曜日は〜24:00)、月曜定休)
 メキシコ料理のディエスオーチョに2号店ができていた。オープンしたのは昨年で、1号店が地下の隠れ家的場所であるのに対し、2号店は5階で見晴らしがいい。こちらでも自慢のメキシコ料理とベアレンなどの地ビールや世界のビールが味わえる。

GOOD TIME CHARLY(グッタイム・チャーリー)(盛岡市大通1-9-10レインボービル2F、TEL019-654-7569、17:30〜1:00(日・祝は〜24:00)、不定休)
 大通にあるメキシコ料理店。タコスなどを食べながらベアレンの樽生が飲める。それにしても、盛岡市内にはメキシコ料理店が多いような気がするのは私だけだろうか。

Alam Sinigang(アラム・シニガン)(盛岡市菜園2-3-1フロムハートビル3F、TEL019-622-3755、17:00〜24:00(金・土・祝前日は〜2:00)月曜定休)
 タイやベトナムなどのアジア料理が中心の多国籍料理の店。野菜や米などは地元岩手産のものを使っている。ベアレンクラシックの樽生が飲める他、アジア各国のビールも置いてある。

欧食酒堂dacotta(ダコッタ)(盛岡市菜園2-3-22プラザバンベールビル2F、TEL019-653-3338、月〜木12:00〜14:00LO、17:00〜1:00LO、金・土・祝前日17:00〜2:00LO、日・祝17:00〜0:00LO)、不定休)
 地元の食材をふんだんに使ったイタリアンが中心の欧風居酒屋。ベアレンクラシックの樽生が飲める。

酒GURA(盛岡市大通1-9-10レインボービル4F、TEL019-623-0095、17:30〜24:30LO、日曜定休)
 フードメニューも充実しているバー。ベアレンの樽生が飲める。

ジョアンズ・キッチン・シャトン
 わんこそばで有名な「東家(あずまや)」の系列のイタリア料理店。ブラジル人シェフのジョアンさんが切り盛りする。19時までの営業だが、ベアレンクラシックが飲める。

 なお、上で紹介した「すし香」は残念ながら閉店してしまっていた。


anagma5 at 01:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2010年08月31日

東北で地ビールが飲める店その54〜岩手県盛岡市その1

岩手県の県庁所在地盛岡市は、人口約29万8千人の市である。江戸時代は南部藩の城下町として栄え、今でも街中を北上川、中津川が流れる河畔の緑のきれいな、落ち着いた街並みを持っている。

 以前紹介したように、盛岡で食と言うと、わんこそば盛岡冷麺じゃじゃ麺の「三大麺」が有名だが、これまた以前触れたように東北は全国のホップ生産の98%を占める一大産地で、岩手県はその中でも全国の栽培面積の42.5%、生産量の36%を占めるホップ生産全国第1位の地である。

 これまで東北各地で地ビールの飲める店を紹介してきたが、主要都市の中でこの盛岡市だけは紹介していなかった。それは盛岡市内に地ビールが飲める店がないのではなく、逆に多すぎるのである。さすがはホップ生産第1位の県の県庁所在地である。岩手県内には他に毎年「全国地ビールフェスティバル」が開催される一関市があるので、断言するのは難しいのだが、地ビールや外国のビールが飲める店の多さやその多様性などから見ると、盛岡市は「東北の地ビールの都」と言えるのではないかと思う。

 さて、あまりの数の多さもあってこれまで盛岡には手を付けずに来たが、そろそろ一念発起して(?)盛岡市内で地ビールの飲める店についてまとめてみようと思う。ただ、1回で私の知っている店をすべて取り上げるのは不可能なので、2回に分けて紹介したい。1回目はその中でも私のオススメの店を取り上げたいと思う。

img620沢内甚句(盛岡市開運橋通5-4、TEL019-654-4860、11:30〜14:00(月〜金のみ)、17:00〜22:30、日曜定休)

 今は隣の和賀町と合併して西和賀町となったが、日本有数の豪雪地帯である旧沢内村の郷土料理が居酒屋感覚で食べられる店。春は山菜、秋はきのこの料理がおいしい。村の伝説にちなんだネーミングの、鶏もも肉一本をスパイシーな味付に仕上げた「ももどり」が名物料理である。

 旧沢内村と言うと、私のようなビール好きにとっては何と言っても銀河高原ビールである。ここでもキンキンに冷えたジョッキで銀河高原ビールが飲める。あ、ただ盛岡駅前に新しくできた系列の「ももどり駅前食堂」では銀河高原ビールは飲めないので要注意である。

 店名の「沢内甚句」というのは、旧沢内村に伝わる民謡の名前であるが、ここでは月に一度、津軽三味線のライブも開かれる。その時はこぢんまりした店内が人でごったがえす。ライブの日は、飲み放題に料理がセットになった特別料金(3,000円くらい)が設定される。


719050居酒屋・お好み焼き ぼっちゃん 駅前(盛岡市盛岡駅前通10-11、TEL019-625-6881、17:00〜4:00、無休)

 銀河高原ビールの人に教えてもらった店である。銀河高原ビールの人が盛岡に出張すると、たいていここで飲むのだそうである。海の幸からお好み焼きまでメニューが実に幅広く、サメの心臓の刺身とか、珍しいメニューもあったりする。一つひとつの料理をしっかり作って出してくれているのが見えるので、安心して食べることができる。

 銀河高原ビールはもちろん樽生で、自慢の料理と一緒に味わえる。たいていビアバーなどの店は洋風であることが多く、料理も洋風であることが多いが、上の沢内甚句と言い、このぼっちゃんと言い、おいしい和食と一緒に地ビールが飲める店があるのは嬉しい。


818031.jpgビアパブベアレン材木町

 ベアレンは盛岡市内に醸造所を持つ地ビールである。ドイツスタイルのビールが基本だが、最近はイギリスやベルギーのスタイルのビールなど、さまざまなビールを醸造している。ベアレンはこれまで外販に力を入れてきた。次回一気に(?)紹介するが、その甲斐あって、盛岡市内ではいろいろな店でベアレンビールが飲めるようになった。

 ベアレンはまた、ビールのことをもっと地元の人に知ってもらおうと、毎月第2木曜日、後で紹介するヌッフ・ドゥ・パプで「ニモクビールの会」という会を、醸造所でも定期的に「工場ビール祭り」を開催している。地元でビール好きの裾野を広げようというこうした取り組みは、100万都市でありながら地ビールがない仙台に住む身としては実にうらやましい話である。

 他に、毎月A4サイズの「BAEREN NEWS」を発行し、スタッフの声や限定醸造のビールの案内など、様々な情報を提供している。「BAEREN NEWS」はJR盛岡駅でも入手できる。こうした地域密着のための数々の取り組みは、並み居る東北の地ビール醸造所の中でもベアレンビールが最も積極的であるように見える。

 さて、そのようなベアレンが初めて作った直営店がこのビアパブベアレンである。ここでは、レギュラー、季節限定のベアレンの樽生が飲める。料理は地元の食材を使った洋風料理で、これもまたおいしい。

 この店でも「ニモクビールの会」とは別に月1回第4木曜日に「新ビアパブビール会」というビールのイベントを開催している。地域密着を貫く姿勢がこの店にも現れている。


0322023ビアバーベアレン中ノ橋

 最近オープンしたベアレンの直営第2号店。名前の通り、上のビアパブベアレンが「パブ」で食事も楽しめる方向性の店であるのに対して、こちらは「バー」としてよりビールに特化した店となっている。その象徴となっているのが、アメリカから直輸入したという注ぎ口が12もあるビアサーバーで、これのお蔭でここではいつも、ベアレン全種類を含め12種類の樽生が楽しめる。

 私が訪れた折には、ベアレンのクラシック、シュバルツ、アルトの定番ビールの他、ヴァイツェン、岩手の小麦のビール、ピルスナーといった季節のビール、それにドイツのドラフトビールとして、ビットブルガーピルスナー、シュレンケラーメルツェン、ヴェルテンブルガーアッサムボック、ベルギーのドラフトビールとしてイヒテヘムズ アウトブライン、モルトガット、ヴェデット、イギリスのドラフトビールとしてフラーズのロンドン・プライドがあった(ん?数えてみると1つ多い。このどれかは品切れだったかも)。

 これだけの国内外の樽生が常時飲めるのは、東北では間違いなくここだけである。ビール好きにはとことん楽しめる店である。立ち飲みスペースもあるので、気軽に立ち寄れる。


img732多国籍料理ステラモンテ

 「あさ開(あさびらき)」と言えば、岩手を代表する日本酒の一つである。考えてみれば、一関のいわて蔵ビールと言い、遠野のズモナビールと言い、岩手には日本酒の蔵元が手掛ける地ビールが多い。盛岡にあるここあさ開も実は地ビールを醸造している。が、それはいわて蔵ビールやズモナビールほど知られていない。同じ盛岡のベアレンに比べても知られていない。

 それもそのはず、あさ開の地ビールは、敷地内にある直営の多国籍レストラン「ステラモンテ」でしか味わえないのである。それ以外の外販などは一切していないため、ある意味「幻の地ビール」となっているのである(以前はJR盛岡駅内にあった系列の自然食バイキングレストラン「めぐみいわて」でも飲めたが、同店が閉店したため、本当に1箇所だけになった)。

 「ステラモンテ」にあるあさ開のビールは、ベルギーの白ビールタイプの「ホワイト・ステラ」と、チェコのピルスナータイプの「ステラ・ピルス」、それに季節のビールの3種がある。レストランに併設されて醸造所があるので、作りたてのビールが飲めるのがいい。料理の方も、日本、アジアからヨーロッパまで様々な地域の料理があって楽しめる。


1190400ビアレストランアリーブ盛岡店

 以前、北上店を紹介したが、アリーブは盛岡にもある。と言うか、私にとってはこちらの店の方がなじみ深い。ホテル東日本の地下にあるこの店では、銀河高原ビールのヴァイツェン、ベアレンのシュバルツ等3種、それにいわて蔵ビールの岩手の誇る3つの地ビールの樽生が飲める。

 イタリア製の石窯で焼かれるピザを始めとするイタリアンもおいしい。岩手の地ビールを飲み比べるのであればイチオシの店である。



121520ヌッフ・デュ・パプ

 ベアレン樽生3種と銀河高原ビール樽生が飲める。他にレーベンブロイ、ヒューガルデン、バス・ペールエール、ベルビュークリークの樽生も飲める。瓶でシメイブルー、レッド、オルヴァル、デュベル、缶でよなよなエールも置いてある。地元岩手の食材を使った各種料理もおいしい。

 前述のように、ベアレン主催の「ニモクビールの会」の会場でもある。ちょっと発音しにくい(私だけか?)店名は、南フランスのローヌ地方にあるワインの名産地「シャトー・ヌフ・デュ・パプ」から取ったそうである。


820360la CUCINA new york kitchen(ラ・クッチーナ・ニューヨーク・キッチン)

 発音しにくいことでは上のヌッフ・デュ・パプと双璧をなす(?)洋風居酒屋。ただ、ビールの品揃えという意味でも、盛岡市内では以前からヌッフ・デュ・パプと双璧をなす存在である。

 ここではベアレンが全種類置いてある。このうち季節限定のものは樽生で、定番のビールは瓶でそれぞれ味わうことができる。他に、ベルギーなど海外のビールも瓶で揃っているのでそちらも楽しめる。

 こちらの店でも岩手の食材をふんだんに使った、とにかくおいしそうな料理がたくさんある。ベアレンとだと、ビールも料理も進みそうである。


img731ビアレストラン熊福

 何となく居酒屋のような店名だが、ここはベルギービールがいろいろ揃っているビアレストランである。サンフーヤンのトリプル、ブロンド、グリゼット・ブロンシュ、グリゼット・フリュデボア、デュポンのウルション、セゾン・ヴォアザン、セゾン・デュポン、ルフェーブルのバルバール、ブリュノオのトラディション、ブロンシュ・バイオロジーク、ビレッジ、アベイデロックなど、私もよく知らない(笑)ベルギービールの瓶が常時10数種類揃っている。

 他に、ベルギービールの樽生1種とベアレン・クラシックの樽生も置いてある。私が訪れた際にはサンフーヤンのブロンドが樽生としてあった。

 料理も宮古直送の海の幸や契約農家から届く野菜を使った和洋中の料理が充実しており、おいしい。


森の食堂 燻製屋 Velvo

 自家製手作りの燻製とスープカレーが味わえる店である。ベアレンも数種類置いてあり、地ビールを飲んでカレーが食べられる、私にとっては嬉しい店である。盛岡市内で夜遅くまでカレーが食べられる店はここ以外ほとんどなかったので貴重な店だった。

 昨年移転して飲食店が集中している大通りとは駅を挟んで反対側に移転してしまったので、このところはすっかりご無沙汰してしまっているが、たまに食べたくなるカレーである。


東日本ビアホールホテル東日本盛岡(のビアホール

 ホテル東日本では、毎年7月初めから9月中旬までビアホールを開いている。ビアホールでは、前売3,900円(当日4,200円)でホテルメイドの料理が食べ放題、ビールなど各種飲み物が飲み放題である。

 ホテル東日本の親会社である東日本ホームが、当時子会社であった銀河高原ビール株式会社を清算して以来途絶えていた、このビアホールでの銀河高原ビールの飲み放題が、嬉しいことに昨年復活した。従って、昨年から再び銀河高原ビールを好きなだけ飲みながら、和洋中のいろいろな種類のおいしい料理をめいっぱい食べる、ということが可能になったわけである。

 今年は、「中華激辛三銃士」として、「激辛中華風手羽先」、「激辛四川風麻婆豆腐」、「激辛牛モツ肉屋台風」が登場した。私のような辛いもの好きにはうれしいポイントである。

anagma5 at 00:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2010年08月08日

仙台散歩その42〜泉区(とその近辺)のオススメカレー店

今から10年以上も前のことになるだろうか。かつて、泉区の泉ヶ丘に「ちゃんだん」というカレー屋さんがあった。若いご夫婦が切り盛りしていたそれほど大きくない店だったが、インドカレー、タイカレー、スリランカカレーの3種類のカレーを出し、しかもそのどれもがおいしいという稀有な店だった。中でもインドカレーは私の大のお気に入りで、このカレーを食べたいがために、週1回は必ず足を運んでいたほどであった。今でもこの「ちゃんだん」のインドカレーを上回るカレーには出会っていないように思う。

 しかし、この「ちゃんだん」、残念ながら閉店してしまい、私の泉区通いも終わった。それ以来、カレーを食べに泉区に行くということは久しくなかったが、探してみるとその後泉区内にもカレーのおいしい店がいくつかできていた。


443531.jpgセイロンティー&カリー プンチランカ

 かつて「ちゃんだん」があった泉ヶ丘にできたスリランカカレーの店。元々はスリランカ直輸入の紅茶を販売する専門店だったが、食文化を含めてスリランカの文化を伝える拠点にということで現在の店になったそうである。「ひげのおんちゃん」が一人で切り盛りしている。

 「ちゃんだん」がなくなり、以前紹介した亘理のフレスコキクチのスリランカカレーもなくなって、スリランカカレーが味わえる店としてはこれまた以前紹介した老舗のスリランカセンターしかなくなっていただけに、新店の開店はカレー好きには嬉しい。

 ここでは、「スリランカと日本の食材の融合」を掲げ、スパイスとパリップ(インドの挽き割り豆)以外の食材は国内産で、米と野菜は宮城県産のものを使っている。私が訪れた時は、チキンが東北、じゃがいもが北海道、パリップがインド、なすが高知、ゴーヤーが鹿児島、いんげんが宮城とあった。

 メニューは、好きなカレー2種類にサラダがつく「カリーセット」と、カレー3種類にサラダ、デザートがつく「スペシャルカリーセット」がある。十数種類のスパイスとココナッツミルクを使ったというスープ状のカレーは、確かにインド系のカレーとも違う味わいでおいしい。セイロンティーも各種楽しめる。


825111.jpgカレーと珈琲の店 あちゃーる

 泉パークタウン高森の住宅地の中にあるインド・ネパールカレーとコーヒーの店である。「ネパール人が作ったインドカレーのレシピを日本人が作る」というコンセプトのカレーが食べられる。

 メニューは、カレー単品の「エクターリー」、メインカレーとサブカレーが選べて薬味とチャパティー、ターメリックライスがつく「ドゥイターリー」がある。カレーはチキン、マトン、キーマ、エッグに日替わりの5種ある。

 面白いのは辛味の調節で、よくあるチリペッパーなどではなく、50,000スコヴァル(スコヴァルとは辛さの単位らしい)の辛さを誇る「カラミゲンA」、それでも物足りない私のような人間には、タバスコの500倍辛いという謎の赤い滴が出される。

 私にとって嬉しいのはこの店、ビールがけっこう充実していることである。ネパールとインドに縁があるので、ネパールのアイスビール、エベレストビール、インドのマハラジャ・プレミアム、キングフィッシャー、ゴールデンイーグルがあるのにはあまり驚かないが、これらに加えて、ベルギーのアヘル、ウェストマール・トリプル、デュベルが置いてある。しかもいずれも小瓶ではなく大瓶である(なぜかは知らないが小瓶より大瓶の方がおいしいと思う)。泉区内でこうしたビールが飲める店は、以前地下鉄泉中央駅近くにあったビアバーが閉店して以来見つけられていなかったので、その意味でも貴重な店である。


404121.jpgキッチン味楽(キッチンみらく)(黒川郡富谷町東向陽台2-11-3、TEL0120-37-8120、022-372-8120、11:00〜14:30、17:00〜20:00、月曜定休)

 泉区と言うか、住所は既に隣の富谷町になってしまっているが、ここは正真正銘の穴場店である。ネット上にも情報はないようである。私も教えてもらって初めて知った。

 以前紹介した「おおわ田」には私の職場の上司がよく足を運んでいるが、そこに時々「グルメの達人」のような人が現れるのだそうである。その人は県内のおいしい店の情報に極めて詳しいらしく、しかも決して有名店でない店まで熟知しているのだそうである。その人に上司が「カレーが一番おいしい店はどこですか」と聞いて出てきた答えがこの「キッチン味楽」だったそうである。

 実際行ってみると、この店、東向陽台の住宅地の中にある一見何の変哲もない食堂で、メニューも洋食と中華、うどん、そば、丼ものがメインである。しかし、よく見ると確かに「インドカレー」があった。「C定食」がそれで、「スパイスたっぷりインドカレー」とライス、「生野菜」(サラダとは呼ばないらしい)がセットで750円である。そのインドカレーについては、「インド人から直伝」、「小麦粉を使用していない」、「味は日本人向きにしている」ことが店内の壁に書かれている。

 食べてみると、確かに「日本人向けにしている」というだけあって辛さこそさほどでもないが、その割にとてもスパイシーである。どの味が突出しているわけでもなく、とてもバランスの取れた味わいである。他のメニューから見ると明らかに異彩を放っているこのインドカレー、さすが「グルメの達人」が一押しするだけあって、カレー好きの人にオススメできる味である。


追記(2010.11.8):上で紹介した「プンチランカ」であるが、何とスリランカカレーの提供をやめてしまったそうである(店自体はまだある)。ちゃんだんと言い、フレスコキクチと言い、スリランカカレー、なかなか定着しないようである。そう考えると一貫してスリランカカレーのみを提供している名取のスリランカセンターはやはりすごいと思う。


140107-133743追記(2014.1.7):久しぶりに「キッチンみらく」に行ったら、嬉しい事にカレーのメニューが増えていた。従来のインドカレーは「本格インドカレーライス」として健在で、それ以外に、焼いた小麦粉を使用したルータイプでかつスパイシーな「みらく特製カレーライス」(通常の「カレーライス」とは別物)と、「インドキーマカレーライス」が加わった。

 さらに、菜食主義の人でも食べられるように、これら3種のカレーのベジタリアン版、「ベジタリアンカレーライス」、「ベジタリアンインドカレーライス」、「ベジタリアンキーマカレーライス」もある。ベジタリアン版はスープも通常のものとは別に野菜からだけ取っており、菜食主義の人でも安心して食べられる。キーマカレーライスのひき肉は「大豆ミート」を使用している。

 ちょっと見ない間にすごい充実ぶりである。そのわけをご主人に聞いてみたところ、「最近、ブログでも紹介されて、それを見た人が来てくれるようになったので、手を抜かないで一生懸命作りたいと思った」とおっしゃっていた。それというのはひょっとして、このブログもちょっとは貢献できたということだろうか。だとすれば嬉しい限りである。

anagma5 at 18:45|PermalinkComments(2)clip!

2009年12月02日

東北で地ビールが飲める店その47〜秋田県八郎潟町

8b705ba5.jpg 今まで東北のあちこちの市町村で地ビールや外国のビールを飲める店を紹介してきたが、そのほとんどは「市」であり、「町」や「村」はほとんどなかった(銀河高原ビールの醸造所がある西和賀町卍麦雫(まんじむぎしずく)を醸造する住職のいる大間町は貴重な例外である)。

 それと言うのも、当然のことながらこのような「普通じゃないビール」が置いてある店が成り立つためには、ある程度の市場規模が必要で、つまり私のような人間が一定数以上いるようなところじゃないと、とてもじゃないが経営が成り立たないわけで、そんなこともあって私がこのような店を探し歩くのも、「市」レベルに限られていた。しかし、店主の情熱(?)さえあれば、小さい町でもそのような店が見つかるものだということが、今回よく分かった。

 秋田県の中央部、その名の通り八郎潟の東岸にある八郎潟町は、人口約7,000人、市町村合併が相次いだ秋田県内で今や最も小さな町となってしまったが、釣り好きにはよく知られた町である。そもそも町のサイトに「釣り情報」が出ているのは、東北ではここだけではないだろうか。

 その八郎潟町の中心部にあるJR八郎潟駅から商店街を南方向に歩いたところにある「洋風居酒屋 シャポー」(南秋田郡八郎潟町字一日市188、018-875-3645、17:30〜23:45LO、月曜定休)は、ヒューガルデン・ホワイトの樽生が置いてある、この界隈では貴重な店である。店主がベルギーのビールが大好物なのだそうで、それでお客さんにもぜひ味わってほしいということで置くようになったそうである。食べ物もピザやパスタなどイタリアンを中心に、酒のつまみから食事のメニューまで幅広く揃っているので、最初の飲みから締めの食事までここ1軒で大丈夫、というような店である。

 他にも中心部を歩いてみたが、地ビールの店どころか、居酒屋のような店すら数が多くない感じであったので、このような店があるのはきっと地元の人にとっても貴重なのだろう。実際、2階が座敷になっているが、町内の様々な会合の会場としてよく利用されているようである。

 かつては樽生のヒューガルデン以外にも瓶で何種類かベルギービールを置いていたそうだが、今メニューにあるのはヒューガルデンの樽生以外には、(国内大手のビールを除くと)ヒューガルデンの「禁断の果実」くらいである。その「禁断の果実」も私が行った時には品切れとのことで残念ではあったが、ヒューガルデンの樽生だけはこれからもずっと飲める店であってほしいと思う。

anagma5 at 23:47|PermalinkComments(0)clip!

2008年07月12日

仙台散歩その24〜ベルギービールが飲めるインド料理店

82499af3.jpg 仙台市内で私がよく足を運んでいたインド料理店は、旧ams西武にあった「ブカラ」である。ここのランチに登場するエッグビリヤニは安くておいしかったので、よく私の昼食になっていたし、たまに食べに行った夕食ではチリチキンなど凝ったインド料理に舌鼓を打っていたものである。しかし、ブカラはams西武の撤退に伴って閉店。「きっと戻ってきてください」と、最後に食べに行った時に話したりしたものだった。

 その後、旧ams西武が改装されてLoftになって少ししてから「ラ・ポルト・デス・インディア」という名前で旧「ブカラ」の人たちが再出店した。しかし、ここもしばらくして閉店。あの味はもう食べられないのかと思っていたのだが、その後五橋にできたインド料理店「シンドール」(仙台市青葉区五橋2丁目4-10、TEL022-215-2488、11:00〜15:30,17:30〜22:00)に行ってみたところ、「ブカラ」の時からいて顔なじみのシャルマさんがいた。こちらに移ってきたとのこと。メニューを見れば、ブカラにあったインド料理がほとんどある。私のお気に入りのチリチキンもある。もちろん、味もそのままであった。つくってる人が同じだから、当たり前と言えば当たり前であるが。

 そのようなわけで、仙台市内では私はこのシンドールによく行っている。実際、仙台市内では一番おいしいのではないかと思う。同じくカレー好きで、若い頃インドを放浪したこともあるという知り合いも同じことを言っていたので、けっこうそう思っている人は少なからずいるのではないだろうか。

 最近、私がシンドールに行くもう一つのモチベーションが生まれた。このシンドール、マスターの趣味で、もともとビールの種類が豊富であった。キングフィッシャー、ゴールデンイーグル、マハラジャといったインドビールはたいていインド料理店にはあるが、それだけでなくクアーズ、バドワイザー、ハイネケン、ギネス、レーベンブロイ、カールスバーグ、チリビール、コロナなどがあった。国産もキリン、アサヒ、サッポロが置いてあった。

 マスターに、「これでヒューガルデンなどベルギーのビールがあればもっといいですね」、と言ったら、ホントに対応してくれて、ヒューガルデンの「ホワイト」と「禁断の果実」を置いてくれるようになったのである。インド料理を食べながらヒューガルデンが飲めるという店は仙台市内はもちろん、東北全体でも見当たらないし(以前紹介した、青森市にある「トムヤムクン」は東〜東南アジア料理であるし)、東京でもお目にかかったことがない。その意味でこのシンドール、私にとってかけがえのない店になったわけである。言いだしっぺの責任として、せっかく置いてくれたヒューガルデンが賞味期限切れにならないよう、これからも時々足を運ばなくては(笑)。


追記(2009.3.10):昼のランチについていたチャイ、コーヒーがセルフサービスで飲み放題になっていた。ちょっとしたことだが嬉しい心配りである。


追記(2011.6.25):このシンドール、どうも経営者が変わったようで、メニューは同じだが、ビールがアサヒの生以外全部なくなってしまった。まったく残念なことである。


追記(2011.10.11):ついに最後まであったアサヒの生もなくなってしまい、アルコールの提供をしていない旨の張り紙が貼られていた。店の奥にはパキスタン国旗が飾られていた。メニューに変化はなく、店名もそのままだが、インド料理店からパキスタン料理店に変わったようである。

anagma5 at 22:36|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!

2006年06月06日

仙台散歩その12〜無添加・天然素材にこだわる肉屋の牛たん屋

e05b6765.jpg いつの間にやら、ここ仙台は牛たんが名物の町として全国に知られるようになった。私が子どもの頃は、少なくとも今ほど有名ではなかったように思う。

 その仙台の牛たん焼きの元祖は昭和23年に仙台市中心部に牛たん焼き専門店「味太助」を開いた佐野啓四郎氏であるとされるから確かに歴史はある。氏は、東京で料理修行をしていた昭和10年頃、フランス人のシェフからシチューなどに使う牛たんの味を教わり、それを元に日本人好みの味付けを工夫して牛たん焼きに行き着いたのだという。

 その「味太助」を始め、仙台市内の牛たん焼き専門店では、白菜やきゅうりの塩漬け、青唐辛子のみそ漬けなどの付け合わせがついた牛たん焼き、テールスープ、麦飯の3点セットからなる「牛たん焼き定食」が最もオーソドックスである。なぜ、牛の頭と尻尾だけ食べて肉を食べないのが不思議と言えば不思議だが(笑)、焼肉店で食べる牛たんなどと違い、仙台の牛たんは肉厚で柔らかくジューシーなのが特徴で、確かにあえて肉を食べなくてもこれはこれで一つの完結した世界なのだとも言える。

 この牛たんだが、実は高級牛である仙台牛のたんではない。吉野屋の牛丼などと同じくアメリカ産牛肉のたんを使っている店が圧倒的多数である。だから、例のBSE騒動によるアメリカ産牛肉の禁輸問題で打撃を受けたのは、吉野家だけではなく、仙台の牛たん焼き店もである。このBSE騒動で初めて仙台の牛たんがアメリカ産であったことを知った仙台市民も少なからずいたようである。ブームに乗って一時期100軒以上あった牛たん焼き店は、半分ほどに減ってしまったのだそうな。残っている店も牛たんの確保に苦慮し、軒並み値上げしており、牛たん焼き定食はいまや庶民の手が届きにくい高級料理となりつつある感がある。

 その仙台市内の牛たん焼き店であるが、もちろん先に紹介した元祖の「味太助」は観光ガイドブックなどでも真っ先に取り上げられる有名店である。ただ、地元仙台市民に最近人気なのは、「利久」である。駅前の店舗などはよく行列ができている。が、私のおすすめの店はさらにまた別の店、その名も「べこ政宗」である。この店名、もちろん仙台の武将伊達政宗をもじったものである。もともとは仙台の歓楽街国分町にある店だが、私は仙台駅近くのアーケード名掛丁にできた店の方によく行く(写真参照)。自然木や土壁、間接照明を使った雰囲気のいい店である。

 「べこ政宗」はもともと地元で40年以上の歴史を持つ肉屋で、その知識と経験を生かして良質の素材を選んで牛たん焼きに用いているという。また、「余分なものを足したり、有益なものをひいたりせず、自然の素材がもつ本来のおいしさを極限まで引き出すこと」がモットーで、そのため、素材である牛たんの鮮度はもちろん、塩やしょうゆなどの副原料にもこだわり、地場の老舗「亀兵商店」の国産丸大豆100%の本醸造みそとしょうゆ、海水より精製したミネラル塩「伯方の塩」、沖縄産きび砂糖、「一ノ蔵」純米酒無鑑査など、すべて無添加・天然素材を使用しているそうである。

 そこまでこだわっているだけあって、もちろん普通の牛たんもおいしいが、「べこ政宗」では牛たん一本から約100グラムしかとれない極上の部分を「とろ牛たん」と名づけて出しており、その牛たん焼きや刺身、寿司も絶品である。

 もう一つ、私が「べこ政宗」がお気に入りであるわけは、仙台市内の牛たん焼き店には珍しく、ベルギービールが飲めるからである。「ヒューガルデン」の生を始め、「ベルビュー・クリーク」や「ロシュホール」などが飲める。牛たんを食べながらベルギービールを味わえるのは、私が知る限り仙台広しと言えどもここだけである。このベルギービールが牛たんに実によくマッチするのである。

 他にも無添加天然素材にこだわる同店らしく、食前酒の豆乳カクテルや梅酒サワー、黒酢健康サワー、紫蘇サワーのなどサワー類、黒糖モヒートやクランベリーカクテルなどのカクテル類、ゆずカクテルや百草茶といったソフトドリンクまで、素材を生かしたドリンクの種類が豊富であり、「健康志向」の人にとっては嬉しいラインナップと言える。

anagma5 at 22:58|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!

2004年11月24日

東北の食べ処その4〜青森市

b2e1fb0c.jpg 青森市は言うまでもなく、青森県の県庁所在地である。もともと青森県は西半分の旧津軽藩と東半分の南部藩という、文化も風土も違う2つの地域が合わさってできた県であるので、両方の間にあって、陸奥湾に面したこの地に県庁所在地が置かれた。ただ、文化的には(言葉も含めて)津軽の影響の方が色濃い。


トムヤムクン青森市本町3-3-3、TEL017-777-9899、17:00〜24:00(日祝〜22:00)、無休)
 アジア料理のお店。店の名前にもなっているトムヤムクンとチキングリーンカレーがおいしいが、その他のものもいずれ劣らずおいしい。

 お酒の種類も多く、アジア各国のビールも飲めるが、私的に何よりも嬉しいのがベルギービール「ヒューガルデン」の樽生が飲めること。店の雰囲気もオシャレでいい。

おすすめ:トムヤムクン、チキングリーンカレー、ヒューガルデン


マル海ラーメン青森市安方2-2-16、TEL017-722-4104、10:30〜20:30、日曜定休)
 家族4人で年商1億を稼ぎ出す青森市内の大繁盛ラーメン店。朝日新聞の全国のラーメン店10店にも選ばれた。メニューは「大」と「中」のみ。

 2種類の小麦粉をブレンドした太麺と魚のダシが効いたやや酸味のあるスープの組み合わせが病みつきになる。

おすすめ:ラーメン


六兵衛青森市古川1-17-2、TEL 017-776-5639、17:00〜23:00、日曜定休)
 むつ湾の新鮮な魚料理とおいしい地酒を手頃な値段で出してくれる嬉しいお店。店の中はそれほど広くないが、それがかえって落ち着ける。

 週末はすぐ席が埋まってしまうので、早目に出掛けるのが○。

おすすめ:ホタテの貝焼き、その日ある刺し身


甚太古(じんたこ)(青森市安方1-6-16、TEL017-722-7727、18:30〜22:30(LO21:00)、第1・3日曜定休)
 伝説の津軽三味線奏者、故高橋竹山の一番弟子だったおかみさん西川洋子さんの手料理と津軽三味線が味わえるお店(写真参照)。

 一般に、津軽三味線はバチを叩き付けるような迫力のある演奏と捉えられがちだが、故高橋竹山が「三味線は叩くものじゃなく弾くもの」と言っていたのを髣髴とさせる繊細な音色に引き付けられる。曲の合間の津軽弁の語りもユーモアたっぷりで楽しめる。

 ただし、要予約のお店なので、行く前に電話を。コースが5,000円くらい。

おすすめ:津軽三味線

anagma5 at 18:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!