伊達政宗麦酒  

2014年03月25日

東北で地ビールが飲める店 番外編その25〜東北地ビール紀行第5回「宮城県編」(「東北復興」紙への寄稿原稿)

 「東北復興」紙第20号では、いつもの連載の他に、「東北地ビール紀行」の第5回目として宮城県の地ビールについても取り上げた。宮城県には「地発泡酒」を含めて4つの醸造所がある。東北最大の都市、仙台市に醸造所が皆無なのは残念だが、4つの醸造所にはそれぞれ個性がある。


東北地ビール紀行そのァゝ楙觚編

宮城県の地ビール事情
 宮城県と言えば周知のように、東北で唯一人口百万人の大都市仙台市を擁する県である。その宮城県は東北では岩手県に次ぐ四つの地ビール醸造所がある。惜しむらくは、東北では突出した人口規模を持つその仙台市に地ビール醸造所がないことである。二つの地ビール醸造所を有する盛岡市を始め、東北の県庁所在地では秋田市と福島市に地ビール醸造所があり、それぞれしっかりと地域に根付いていることや、年二回市内で開催されているオクトーバーフェストがかなりの盛り上がりを見せていることを鑑みても、仙台に地ビール醸造所があればきっと相応に受け入れられていたに違いない。しかし、仙台市以外に拠点を置く四つの醸造所はそれぞれしっかり地域に根付いている。

JAが運営する地産地消の地ビール
仙南シンケンファクトリーはドイツ風の建物である まず宮城県南部、角田市にある「仙南クラフトビール」から。阿武隈急行の角田駅に程近い場所に、JA宮城仙南が運営する、ドイツのロマンチック街道にある建物をイメージして建てられた仙南シンケンファクトリー(角田市角田字流197-4、TEL0224-61-1150)がある。

 仙南クラフトビールは、この仙南シンケンファクトリーの中にある醸造所で造られている。ピルスナー、ヴァイツェン、ミュンヘンラガー(ピルスナーより麦芽風味が強い)、さらにアルコール度数が高めのスタウト、それに地元で取れた古代米を副原料に使った古代米エールがある。角田産の大麦を使ったビールも期間限定で醸造される。

 ハムやソーセージも自家製である他、JAが運営しているだけあって料理に使われる食材も仙南地域のものがメインで、地産地消を意識したメニューとなっている。

 唯一残念なのは、この仙南シンケンファクトリー、ビアガーデンが開設される夏期の週末を除いて基本的に昼のみの営業で、夜は四名以上で予約しないと営業しないということである。もっとも、ビール好きを集めて阿武隈急行で飲みに行ってみるのもいいかもしれない。

山中の松島?
夢実の国では地ビールと温泉が楽しめる 宮城県の中部、大郷町には「松島ビール」がある。松島の海岸沿いではなく、そこからずっと内陸の愛宕山という山の麓に、夢実の国(黒川郡大郷町東成田新田11-1、TEL022-359-5555)という日帰り温泉施設がある。「松島ビール」はその中にある醸造所で造られている。運営しているのは、サプリメント製造で知られるサンケーヘルスで、経営の多角化の一環で地ビール醸造を始めたそうである。

 温泉は、四段になった露天風呂が特徴で、湯上りに出来たての地ビールが味わえるのがいい。ヘレス(ピルスナータイプだがよりまろやか)、バイツェン、デュンケル(濃色のビール)、ボック(アルコール度数が高めのビール)の四種があり、いずれも館内のレストランで味わえる。特徴的なのはボックで、通常のボックと違うヴァイツェン系のボックである。

 宮城県内では「伊達政宗麦酒」(ヴァイツェン)、「支倉常長麦酒」(ピルスナー)、「片倉小十郎麦酒」(ケルシュ)という地ビールが売られている。戦国武将ブームもあって相応の売れ行きのようだが、これらのビールの醸造も、現在は「松島ビール」が引き継いでいる。

「加美富士」の麓の地ビール
 宮城県の北西部、加美町には「やくらいビール」がある。ここに薬莱山(やくらいさん)という山があり、その山容から「加美富士」とも呼ばれる。その麓にやくらいリゾート(加美郡加美町味ケ袋薬莱原1-81、TEL0229-67-5211) という、日帰り温泉や宿泊施設、レストラン、プール、パークゴルフ場などが併設された複合施設があるが、この中のレストランぶな林内に「やくらいビール」の醸造所がある。

 運営しているのは第三セクターの薬莱振興公社で、ここのレストランも手作りソーセージや地元産の食材を使った料理など、地産地消のメニューが揃う。ビールは、ピルスナー、ヴァイツェン、デュンケルの三種である。

 ちなみに、やくらいビールのあるレストランぶな林と、日帰り温泉施設やくらい薬師の湯は隣接しているので、夢実の国同様、やはり湯上がりに出来たて地ビールを楽しむことができる。ここも夢実の国も、車でないと行きにくいのが悩ましいところではあるのだが。

地ビールならぬ「地発泡酒」
 宮城県の北部にある大崎市鳴子温泉にある鳴子温泉郷は県内屈指の温泉地だが、そこからさらに国道108号線で秋田方面に向かうと鬼首(おにこうべ)高原がある。地熱発電所や間歇泉で知られるが、そこにリゾートパークオニコウベ(大崎市鳴子温泉鬼首字小向原9-55、TEL0229-86-2111) という、スキー場やホテル、キャンプ場、日帰り温泉施設、レストランからなるリゾート施設がある。

 ここのレストラン鳴子の風には、地ビールならぬ地発泡酒「鳴子の風」がある。地ビールと銘打たないのは、酒類製造免許の関係である。酒類製造免許では、法定製造数量という年間の製造数量の最低ラインが決められている。このうちビールは60kLだが、60kLと言えば350mL缶にして実に17万缶超という数量である。これだけのビールを売りさばくというのは大変なことである。一方、発泡酒ではこの法定製造数量は6kLとビールの10分の1である。「鳴子の風」はこの発泡酒の製造免許に基づいて醸造されているので、厳密には地ビールではないのである。

 とは言え、山ぶどうや地元米「ゆきむすび」など、地元の素材をふんだんに使った発泡酒は、まさに「地発泡酒」である。定番は「高原ラガー」と、この「山ぶどう」、「ゆきむすび」だが、これら以外にパイナップルを使った発泡酒など、季節限定のビールが登場する。

 ここにも日帰り温泉施設すぱ鬼首があり、湯上がりに「地発泡酒」が楽しめそうなのであるが、ただ、ここレストラン鳴子の風も、仙南シンケンファクトリー同様、昼間のみの営業なので、夜にゆっくり楽しみたいという向きは、ホテルオニコウベに宿泊してというのがベストの選択になるかもしれない。

仙台市内で宮城の地ビールを飲めるところ
 これまで見てきたように、宮城県内の地ビール、地産地消を意識した作りや、温泉に併設された施設が多いところに特徴があると言えそうである。それぞれの場所を訪れた時にゆっくり楽しみたいところである。

 先述のように、仙台市には残念ながら地ビールはないが、今まで紹介してきたもののうちのいくつかを飲める店はある。まず、Restaurant waon(レストラン・ワオン、仙台市青葉区一番町1-1-8青葉パークビルB1、TEL022-395-7496)では「やくらいビール」三種が樽生で飲める。和醸良酒○たけ(まるたけ)(仙台市青葉区大町2-4-1グランドソレイユ大町1F、TEL022-266-5541)とsk7(サカナ)Bistro & Bar(仙台市宮城野区榴岡1-2-37ダイワロイネットホテル1F、TEL022-292-5088) では「伊達政宗麦酒」が樽生で飲める。また、ダイニングパブGasthof MARIA( ガストホフ・マリア)(仙台市太白区西多賀4-1-1、TEL022-244-4619)では「松島ビール」三種が樽生で飲める。

 他に、瓶で飲める店もあるが、詳細は拙ブログをご参照いただければ幸いである。


anagma5 at 19:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2011年09月16日

東北で地ビールが飲める店 番外編その17〜仙台オクトーバーフェスト2011

110916-191554 今日から25日までの日程で、今年も錦町公園を会場に、仙台オクトーバーフェスト2011が開幕した。

 今年は、震災の影響で、6月に行われていた仙台ジャーマンフェストが中止となり、この仙台オクトーバーフェストも一時は開催が危ぶまれたが、関係各位の尽力によって、例年通り開催されることになった。喜ばしい限りである。

 私もひょんなことから思いがけず今日、会場を訪れることになったのだが、ご覧の通り、例年通りの「大入り満員」状態である。今年も、エルディンガーのヴァイスビアとヴァイスビア・デュンケル、ビットブルガー・プレミアム・ピルス、ケストリッツァー・シュヴァルツビア、フランツィスカーナのへーフェ・ヴァイスビアとヴァイスビアドュンケル、シュパーテンのミュンヘナーヘル、オプティメーター、プレミアムボック、ミュンヘナー・ヴァイスビール、ホフブロイのオリジナルラガー、シュヴァルツヴァイスビア、デュンケル、そしてドイツのオクトーバーフェスト限定のオクトーバーフェストビールなど、魅力的なドイツビールの樽生が目白押しで、それにやはりドイツ直輸入のオクトーバーフェストオリジナルソーセージやアイスバイン、ラビオリ、イエガーシュニッツェルなどのドイツ料理も食べられる。

 それだけでなく、この仙台オクトーバーフェストのいいところは、地元の料理や地ビールも味わえることで、今年は岩手のいわて蔵ビールズモナビール、秋田の田沢湖ビール、宮城の伊達政宗麦酒、それにこの会場ですっかりお馴染みになった、山梨の富士桜高原麦酒が軒を連ねている。料理でも、岩出山家庭ハムソーセージファクトリー・グルックルなど地元のハム、ソーセージを始め、酒房せんこま中嘉屋食堂麺飯甜仙台魚河岸、それに以前紹介した Oggi Domani(オッジ・ドマーニ)がそれぞれ腕によりをかけた料理を提供している。

 今回、私から見て特筆すべきは2点。一つは、以前ここに追記し、今年も10月1日に発売される田沢湖ビールの、すべて秋田県内産の原料を使い、モルトづくりから醸造まですべて秋田県内で製造したオール秋田の「あきた麦酒 恵(めぐみ)」が、発売に先行して、しかも樽生で飲めるということである。もちろん、二条大麦のものと六条大麦のものがある。これの樽生を一度たざわこ芸術村まで行って飲んでみたいと思っていたので、これは嬉しい!

 もう一つは、ここに追記した、今年7月末で残念ながら醸造をやめてしまった「八戸シャトービール」の樽生が、富士桜高原麦酒のゲストビールとして、この会場で飲めることである。飲めるのはヘレスで、富士桜高原麦酒の方に聞いたところ、シャトーカミヤ八戸が醸造した最後の樽を持ってきたとのことで、貴重品である。なくなり次第終了とのことなので、八戸の名水「蟹沢の水」で仕込んだこのビール、お別れの意味でも最後に味わっておきたい。

 このオクトーバーフェスト、今回もTakeo Ischi & Drei Winkler をはじめ、8つのバンドが音楽でフェスティバルを盛り上げる。今年はステージが大テントの中央に設置され、より観客(酔客?)との一体感が増しそうである。開催時間は11:00〜21:00(平日は16:00〜)である。


追記(2011.9.19):東北で「オクトーバーフェスト」が開催されるのは仙台だけではない。まず、盛岡市では、10月2日(日)に「オクトーバーフェスト in ベアレン 2011」が、醸造所前の特設会場で開催される。季節ごとに開催しているベアレンのイベントの中でも最大規模のイベントとのことで、前売り2,500円、当日3,000円でベアレンビールが飲み放題ということもあって、多くの人が集まりそうである。

 また、秋田市では、10月16日(日)に「第2回秋田オクトーバーフェスト」があくらビール中庭にて開催される。こちらは、秋田のあくらビール、田沢湖ビールの他、茨城のシャトー・カミヤ、栃木の栃木マイクロブルワリー、静岡のビアベリーなどが出展し、中でもシャトー・カミヤはフェストビールの「秋あがり」を出品するとのことである。こちらは、おつまみ付飲み放題で4,000円(予価)とのことである。

 季節はようやく夏から秋に移り変わりつつあるが、東北のビールイベント、まだまだ続きそうである。


anagma5 at 21:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2010年02月24日

東北で地ビールが飲める店その51〜宮城県白石市

e767e2ad.jpg 白石市は宮城県の南部、仙台市と福島市のほぼ中間にある人口約3万8千人の市である。伊達政宗に仕えた智将・片倉小十郎景綱が治めた城下町として知られ、現在では戦国武将ブームに乗って、片倉小十郎関連のイベントや商品も多く見かけるようになった(参照サイト)。

 元々有名なのは「温麺(うーめん)」(参照サイト)という、江戸時代以来の伝統を持つご当地麺である。そうめんの一種なのだが、麺の長さが約9cmと短く、食べやすいのが特徴である。

 さて、この白石市で地ビールなどのビールが飲める場所を探してみたが、結論から言えば見つけることができなかった。以前紹介したように、「片倉小十郎麦酒」がご当地ビールとしてお目見えしており、少なくともこれが飲める店は何軒かあるのではないかと期待したのだが、残念ながらそのような店は見当たらずじまいであった。

 「片倉小十郎麦酒」自体は、東北新幹線の白石蔵王駅内のコンビニNEWDAYSや市内の酒店、白石城内の売店などで購入することはできるのだが、飲める店がないというのがちょっと残念である。そう言えば、前回紹介した隠空」のご主人に聞いたのだが、この「片倉小十郎麦酒」や「伊達政宗麦酒」は、今のところ小売が優先で、飲食店にはほとんど卸されていないのだそうである。以前紹介した和醸良酒 ○たけ」は、その貴重な例外ということになる。

 というわけで、今回の写真は白石蔵王駅のNEWDAYSで購入した「片倉小十郎麦酒」である(笑)。

anagma5 at 23:54|PermalinkComments(0)clip!

2010年01月05日

仙台散歩その35〜仙台で唯一生の「伊達政宗麦酒」が飲める店

c920e846.jpg 晩翠通りから二本西公園寄りの細い通り(以前紹介したのんびり酒場ニコル」のある通りである)を歩いていたら、「伊達政宗麦酒」ののぼりのある店を見つけた。それが「和醸良酒 ○たけ(マルタケ)」である。

 内外装とも江戸時代の煮売屋を模したつくりの和風居酒屋で、店内は百年以上経つ古民家の木材を使用しているそうである。そのつくりの通り、元々全国の厳選地酒が多数置いてある店なのだが、ここにのぼりがあった通り、伊達政宗麦酒の生が置いてあった。

 「伊達政宗麦酒」は、宮城県登米市にある長沼環境開発株式会社が醸造する地ビールで、元々は「北緯39度麦酒」という名前だったのだが、この名前に変えたら売上が飛躍的に伸びたというエピソードを持っている。ちなみに、「伊達政宗麦酒」はヴァイツェン、「支倉常長麦酒」はピルスナー、「仙台七夕祭り」がケルシュというラインナップである。最近では、戦国武将ブームに乗って、「仙台七夕祭り」は「片倉小十郎麦酒」と名前を変えているようである。

 私としては、このうちヴァイツェンである「伊達政宗麦酒」がここで生で飲めるというのが嬉しい。店によると、この「伊達政宗麦酒」の生が飲めるのは仙台ではここだけだそうで、その意味でも貴重な店である。と言うより、「伊達政宗」を名乗るのであれば、仙台市内でなかなか飲めないというのは逆に問題がありそうな気もするが…(笑)。

 いずれにせよ、ここは内外装や照明に工夫が凝らされているせいか、くつろいで飲み食いができる雰囲気がある。料理も、「宮城野ポークの酒粕西京焼き」や「まるたけ特製さつま揚げ」、「伊達なだし巻たまご」など、品数こそ多くはないものの、工夫を凝らしたメニューがいろいろとあって楽しめる。

 地酒だけでなく、梅酒も充実している他、「子宝鳥海山麓ヨーグルト」や「梅乃宿あらごしみかん」などもあり、とにかく飲むことを楽しめるような店である。


追記(2013.5.28):別のところにも書いたが、仙台駅東口にできた「sk7(エスケーセブン)」でも「伊達政宗麦酒」が樽生で飲める。

anagma5 at 00:46|PermalinkComments(0)clip!

2009年09月27日

東北で地ビールが飲める店 番外編その10〜仙台オクトーバーフェスト2009

a85ac7b9.jpg 仙台で18日から27日までの日程で仙台オクトーバーフェスト2009が開催されている。以前書いたが今年は6月のジャーマンフェストに続いて2回目の開催で、仙台の季節のイベントとしてすっかり定着した感がある。

 今年もパウラナーのヴァイツェン、ヴァイツェン・デュンケルを始めとするドイツの樽生ビールが顔を揃えた。対してこれを迎え撃つ(?)東北の地ビールも、銀河高原ビールを始め、いわて蔵ビールズモナビールの岩手県勢に、鳥の海ブルワリー伊達政宗麦酒(瓶のみ)の地元宮城県勢、それに富士桜高原ビールが助っ人として加わった充実のラインナップである。

 料理の方もビールに負けないくらいの充実ぶりで、ドイツ直輸入のオクトーバーフェストオリジナルソーセージに、地元岩出山家庭ハムグルックルのハム、ソーセージ、それに東北の誇る庄内・平田牧場の三元豚がオクトーバーフェスト初登場である。

 おいしいビールとおいしい料理が味わえるとあって、連日連夜相変わらずの盛況ぶりで、週末などは席を確保するのにも一苦労の状況である。
 10日間にわたった今回のオクトーバーフェストも今日が最終日。きっと今日も昼から盛り上がっていることだろう。そうそう、足を運ぶ際には、公式ホームページからクーポン券をダウンロードして持っていくとよい。ビールや料理などが割引になってお得である。

anagma5 at 14:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2008年08月23日

東北で地ビールが飲める店 番外編その7〜仙台オクトーバーフェスト2008

1b4e4f5f.jpg 今年もオクトーバーフェストが仙台で始まった。昨年よりさらにパワーアップとの言葉通り、飲めるビールの種類もさらに多くなり、またフードメニューを提供するブースもワインを提供するブースも増え、ビール好き以外にも広くアピールできる陣容となっている。年々開催日は早まっているが、今年は8月23日から31日である。完全に「オーガストフェスト」である。もちろん、私としてはおいしいビールが飲めるイベントなら時期は問わないが。

 今年もエルディンガー・ヴァイスビア、ビットブルガー・プレミアム・ピルス、ケストリッツァー・シュバルツビアの生はもちろん飲めるが、今年はエルディンガー・ヴァイスビア・デュンケルが加わった。他に、フランツィスカーナ・ヘーフェ・ヴァイスビア・ゴールド、パウラーナー・ヴァイスビア、シュパーテン・オプティメーター、シュパーテン・ミュンヒナー・ヘル、プレミアムボックなどの生も飲める。瓶ではイギリスの5種類のエールやイタリア、チェコ、ギリシャ、フランス、フィリピン、オーストラリアなど各国のビールが味わえる。

 地ビールでは、岩手の銀河高原ビールのヴァイツェン、スタウト、ペールエールの生、ズモナビールのクリスタル・ヴァイツェン、ピルスナー・ボックの生、いわて蔵ビールのヴァイツェン、スタウト、インディア・ペールエール、レッドエール、宮城の鳥の海ブルワリーのシャンパンビール、仙台ラガーの生が飲める。今年は山梨の富士桜高原麦酒のヴァイツェン、ラオホ、ピルスも出展している。ラオホはドイツのビールも含めて会場内で唯一である。また、サイトには出ていないが、奥州仙台伊達政宗麦酒もホテルコムズ仙台のブースで飲める。

 銀河高原ビールでは、このオクトーバーフェストに合わせてつくったオリジナルのグラスが登場した。3種の生のいずれかとのセットで1,300円である。会場内のドイツビールと同様、グラスを返却するとその分の金額がバックされる。ドイツスタイルのビールが多い中、鳥の海ブルワリーでは今回で最後の醸造になるというブルーベリーのシャンパンビールが要注目だったが、醸造が間に合わず今回は見送りとなったそうである。あと1か月くらいとのことなので、鳥の海ブルワリーに足を運んで購入することになりそうである。

 フードメニューは、ドイツ直輸入のハム・ソーセージに交じって、地元宮城が誇る岩出山家庭ハムの種類豊富な手作りハム・ソーセージが目を引いた。他にもいわて蔵ビールの石蔵レストランクラストン、APAホテル、ホテルコムズ仙台、にぎわい居酒屋塩釜亭などが出店しており、好みに応じてさまざまな料理が味わえる。

 それにしても、またしても残念なのは昨年に引き続き天候である。初日も2日目も雨で、しかも気温も低く肌寒く、いわゆるビール日和でないのが惜しい。もっとも、昨年同様、そんな天候のことなどお構いなしにテント内の座席は大いに盛り上がっていた。3年目を迎え、仙台市民の間でもすっかり定着した感のあるイベントとなったようである。


追記(2008.8.29):事前の大雨予報にも関わらず天気が持ち堪えたこの日は、週末ということもあって、多くの人が訪れていた。初来日のドイツの楽団、ハッピーババリアンの演奏は、サイトには土日のみのように掲載されているが、実際にはこの日も楽しげな演奏を繰り広げており、会場の雰囲気を大いに盛り上げていた。しかし、無事終了時刻を迎えたと思ったら、それを待っていたかのように未曾有の雷雨が降ってきた。残り2日間どうなるか、天のみぞ知る、である。

anagma5 at 23:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2008年05月02日

東北で地ビールが飲める店 番外編その5〜第5回東北地ビールフェスティバルin福島

ea9e088c.jpg 明日5月3日から5日まで、「第5回東北地ビールフェスティバルin福島」がJR福島駅前のまちなか広場にて各日とも11:00〜17:00の予定で開催される。

 同フェスティバルは毎年、7月中旬の海の日を含む三連休期間に岩手の小岩井農場を会場に行われてきたが、今回は日程、開催場所とも変更しての開催である。

 東北各地の地ビール醸造所から、今年は青森の八戸シャトービール(合同酒精株式会社)、岩手の銀河高原ビール(東日本沢内総合開発株式会社、5月3日のみ出店)、遠野麦酒ZUMONA(上閉伊酒造株式会社)、宮城の奥州仙台伊達政宗麦酒(長沼環境開発株式会社)、鳥の海ブルワリー(株式会社宮城マイクロブルワリー)、山形の地ビール月山(西川町総合開発株式会社)、福島のみちのく福島路ビール(有限会社福島路ビール)、猪苗代地ビール(親正産業株式会社)が出店する予定となっている。東北各地の地ビールの飲み比べができる機会は少ない。その意味で、東北のビール好きにとって嬉しい、とても貴重なイベントである。

 今回のフェスティバルで特筆すべきは、上記の地ビールに加えて、少量の限定販売ながら、以前醸造を取り止めたことを伝えた会津麦酒写真参照)も会場で販売されることである。恐らく、会津麦酒を飲める最後の機会となるのではないだろうか。

 そう言えば、今回の福島での開催には、会津麦酒のジョン・シュルツ氏の協力があったと、会津若松の「くいしん坊」のおかみさんが言っていた。シュルツ氏が会場を訪れるかどうかは分からないが、なくなる前にもう一度会津麦酒を、という向きは、早めに来場することをオススメしたい。


追記(2008.5.6):毎日新聞の地域版に、今回の東北地ビールフェスティバルの模様が報じられていた(該当サイト)。「“幻のビール”に注文殺到」との見出しで、会津麦酒の最後の樽に注文が殺到したと書かれている。

anagma5 at 21:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!