卍麦雫  

2013年11月22日

東北で地ビールが飲める店 番外編その23〜東北地ビール紀行第2回「青森県編」(「東北復興」紙への寄稿原稿)

 「東北復興第15号では、通常の連載に加えて、「東北地ビール紀行」の第2回目として、青森県内の地ビールについて取り上げてみた。


東北地ビール紀行その∪朕晃編

全国唯一?お寺がつくる地ビール
 青森県内には以前、青森市、八戸市、弘前市と、主だった都市にそれぞれ地ビールの醸造所があって、地元特産のリンゴを使ったビールを作ったり、地元の名水で仕込んだりと工夫を凝らした取り組みをしていたが、現在ではいずれも醸造を止めてしまっている。現在醸造を行っているのは二箇所である。

 まず、何と言ってもユニークなのは、「卍麦雫(まんじむぎしずく)」という名前のビールを作っている、下北半島にある本州最北端の町、大間町のバイコードリンクB・S(青森県下北郡大間町奥戸93 、TEL0175-37-3342)である。この地ビール、本州最北端の地ビールであるが、それだけでなく、もう一つ大きな特徴がある。実はこの「卍麦雫」、お寺でつくっている地ビールなのである。大間町にある浄土宗の寺院、梅香山崇徳寺、ここが「醸造所」のある場所である。ちなみに、「崇徳寺」は「すとくじ」ではなく「しゅうとくじ」と読む。「梅香山」は「ばいこうざん」である。そう、醸造所を運営する「バイコードリンク」というのは、「崇徳寺」の山号から取られた名前なのである。

 醸造を手掛けるのは佐々木真萠さん、崇徳寺の住職である。崇徳寺の境内には古くから涸れることなく湧き出ている天然水があり、地元では「長生きの水」として親しまれていた。元々ビール好きだった佐々木さんはこの名水を使ってビールを作ろうと考え、発泡酒免許を取得して醸造を始めたのだそうである。

 それにしても、お寺にはよく「葷酒山門に入るを許さず」という札が掲げており、お酒はお寺の中に持ち込んではいけないことになっているのではないか、と思ったが、持ち込んだわけではなく、中で作っているのだからよいのかもしれない(笑)。それに、ベルギーやオランダには修道院が作っているビール、トラピスト・ビールの例もある。「卍麦雫」はその日本版とも言えるかもしれない。

崇徳寺境内にある卍麦雫の自動販売機
 東北以外の地ビールの情報には必ずしも明るいわけではないが、崇徳寺以外のお寺で地ビールを作っているという話は寡聞にして聞かない。恐らく、全国で唯一の「お寺がつくる地ビール」、いわば「寺(じ)ビール」なのではないかと思う。これまたユニークなのは、崇徳寺の境内には写真の通り、この「卍麦雫」の自動販売機まで設置されているのである(写真撮影:宮里涼子氏)

 当初、ペールエール、ビター、スタウトの三種だったが、これにラガー、ピルスナーが加わって現在五種類ある。いずれもボトルコンディションと言って、瓶の中で二次発酵させる、地ビールの中でも比較的珍しいタイプのビールで、醸造してから時間が経つ毎に違った味わいが楽しめる。下北半島の中心地、むつ市にあるむつ下北観光物産館「まさかりプラザ」や青森市内のデパートや土産店、道の駅「浅虫温泉」、「とわだ」などで売っているのを見掛ける。

 唯一残念なのは、このユニークな「寺ビール」、「買えるお店」はあっても「飲めるお店」がないことである。この「卍麦雫」を飲みながら、下北半島の新鮮な海の幸を味わえるお店があったらいいのになと思う。

 そうそう、バイコードリンク、委託生産も受け付けており、その結果「恐山ビール」(「卍麦雫」の五種+ヤマブドウラガー)、「あおもりアップルドラフト」、「あおもりカシスドラフト」、「ブルーベリードラフト」などが誕生し、最近では「あおもり黒にんにくビール」も開発され、販売されている。

奥入瀬の源流水でつくる地ビール、そして津軽は
 青森にはもう一つ地ビール醸造所がある。有名な奥入瀬渓流の源流水で仕込んだ地ビール、 「奥入瀬ビール」を醸造している十和田湖ふるさと活性化公社(十和田市大字奥瀬字堰道39‐1、TEL0176-72-3201)である。日本の地ビール醸造所はドイツのビールをお手本にしたところが多いが、ここはチェコに学んだそうである。ちなみに、チェコが「ビール大国」であることはあまり知られていないが、チェコは現在世界で最も多く飲まれていて、日本の大手メーカーも手掛けているピルスナーというスタイルのビールを生み出した国である。

 「奥入瀬ビール」はそのピルスナーに、ダークラガー、ハーフ&ハーフ、ヴァイツェンの四種類がある。醸造所のある「地ビールレストラン 奥入瀬麦酒館」では出来立ての奥入瀬ビールを、地元の銘柄豚「地養豚」のとんかつや奥入瀬ビールで煮たスペアリブ、ご当時グルメの十和田バラ焼き、山の芋を使ったコロッケや青森にんにくの丸揚げ、奥入瀬ビールで漬けたおしんこなど地元食材を使った料理と一緒に味わえる。また、これら地ビールが二一〇〇円で二時間飲み放題にできるのも醸造所直結ならではである。ちなみに、毎月第三木曜日は「麦酒館の日」として、この飲み放題が男性一五〇〇円、女性は一〇〇〇円で楽しめる。なお、十和田湖畔のホテル等でもこの奥入瀬ビールを置いてあるところもある。

 下北地域、南部地域にはこのように地ビールがあるが、津軽地域については地元で醸造しているところが残念ながら今はない。ただ、大鰐町にある「そうま屋米酒店」(南津軽郡大鰐町大鰐湯野川原109-7、TEL0172-48-3034)では、地元の阿闍羅(あじゃら)山からの伏流水を使った地ビールを、宮城県内で「松島ビール」を醸造しているサンケーヘルスに委託して醸造してもらって販売している。こうしてできた「津軽路ビール」は、大鰐町内のいくつかの旅館や飲食店で飲めるが、最近では青森市内で置く店も出てきている。個別の店名などについては、拙ブログを参照していただきたい。


anagma5 at 19:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2008年07月16日

東北で地ビールが飲める店その32〜青森県三沢市

be7fe317.jpg 青森県の南東部に位置する三沢市は、人口約42,000人の市である。在日米軍三沢基地がある東北唯一の「基地の町」であり、米国人・軍属及びその家族合わせて、42,000人とは別に約10,000人が三沢市に居住しているそうである。実際、街中を歩いていても、米軍関係者と思しき人とすれ違うことは多いし、道行く車のうちの相当数が米軍関係者の使用車であることを示す「Yナンバー」車である。

 そのような背景のある市であるので、飲食店などでもバドワイザーやクアーズ、ハイネケンなど、大手の外国ビールを出す店は少なからずある。そこからさらにもう一歩進んでさらにいろいろなビールを出す店があるかどうかと言うと、まずビールの種類なら「Beer House Figlio(フィリオ)」(三沢市中央町2-5-12-2F、TEL0176-51-1688)が一番多いと思う。生はカールスバーグのみだが、バドワイザー、ミラー、クアーズ、ハイネケン、レーベンブロイ、ギネス、コロナ、グローシュなど、メジャーな輸入ビールは一通り揃っている上、シンハー、バリハイ、ネグラモデロなどもある。デンマークのツボルグやアメリカのサミエルアダムス、イタリアのナストロ・アズーロ・べローニなど、他ではあまり見かけないビールもあり、貴重な店である。

 もう一軒、「カウビア」(写真参照、三沢市幸町1-7-3-2F、TEL0176-53-1022、18:00〜4:00、日曜定休)は、その名の通り(?)、牛肉(ステーキ)とビールが楽しめる店である。ビールにステーキはさすがに重い気がするが(アメリカの人は平気なのかもしれないが)、メニューにあるステーキサンドはビールを飲んだ後の食事にちょうどよい。ビールは、レーベンブロイ、ミラースペシャル、バス・ペールエール、アサヒ黒生、そしてベルビュークリークの生がある。私としては、ベルビュークリークの生が飲めるのが嬉しい。ハイネケン、コロナもある。

 ここには他に、ブラック、ホワイト、レッドという謎(?)のビールがある。ブラックはアサヒ黒生のことで、レッドはそのブラックとハーフ&ハーフ(だったかな)のミックスなのだが、ホワイトが何なのかは内緒だそうである。ヒューガルデンのように白色がかった色のビールで、飲んでみるとやはり同じようなほのかに酸味のある味がするのだが、あえて内緒にするのだから、答えがヒューガルデンではあまりにも簡単すぎる。きっと何か秘密があるに違いない。ちなみに、ビアカクテルなどの類ではないそうである。

 以上の2店が、三沢市内でおいしいビールが飲める店として私がオススメする店である(某アイリッシュパブは私が東北で唯一近寄らない店である;笑)。

 それから、「飲める店」ではないが、三沢基地近くにある中居酒店には、ヨーロッパを始め世界各国のビールが85種類置いてあった。地ビールでは、野辺地町の工藤商事が企画し、以前紹介した「卍麦雫」を醸造している崇徳寺住職の佐々木眞萌氏が醸造する「恐山ビール」が5種類置いてあった。ビール以外のアルコール類や食材も充実しており、その品揃えは素晴らしい。夜遅くまでやっていることもあって、米軍関係者らしき人たちもよく買いに来ている。


anagma5 at 23:58|PermalinkComments(0)clip!

2007年02月21日

東北で地ビールが飲める店その18〜青森県むつ市周辺

d27075c3.jpg 東北の、そして本州の最北部に位置する下北半島の、その北端に大間町という、まぐろの一本釣りで有名な町がある。そこに文字通り本州最北端の地ビールがある。その名も「卍麦雫」という(写真参照)。

 「麦雫」の名はビールが麦からできることからすると「さもありなん」というネーミングであるが、その前に「卍」がついている。だから、この地ビールは「むぎしずく」ではなく、「まんじむぎしずく」と読む。醸造元はと見ると、「バイコードリンク」という、これまたよくわからない名前の会社である。

 実はこの地ビール、大間町にある古刹崇徳寺というお寺が、境内に湧き出している地下水を利用して作っている地ビールなのである。ちなみに「バイコードリンク」という会社名は、実はこの崇徳寺が「梅香山」という山号を持っているところから名付けられている。この「卍麦雫」は、ネーミングに如実に現れている通り、全国初、お寺さんが醸造している地ビールなのである。

 お寺が地ビールを作るというのは確かに珍しく、他にそのような所があるということは寡聞にして聞かない。しかし、お寺というのは「葷酒山門に入るを許さず」で、ニラ・ニンニクの類や酒はご法度だったような気がしないでもない。まあ、実際にはお酒は「般若湯」(知恵のお湯?)という称号でお寺の山門の内にれっきとして存在するし、これは不勉強で知らなかったのだが、仏教に造詣が深い、と言うか、敬虔な仏教徒である知り合いによれば、ビールには「麦般若」という名称があるのだそうである。それに海外に目を転じれば、ベルギーのトラピスト・ビールのように、伝統的に修道院が地ビールを醸造している例もある。

 「卍麦雫」も住職の趣味が高じて、ということのようであるが(参照サイト)、寺の知名度アップ、収入源確保、そして地域振興にも一役買っているようである。これも「御仏のお導き」と言えるのかもしれない。

 この「卍麦雫」、発泡酒扱いのスタウト、ビター、ペールエールと、ビール扱いのラガー、ピルスナーの5種がある。もちろん崇徳寺で買い求めることができるし(境内には自動販売機も設置してある!)、下北半島の中心地むつ市では、むつ下北観光物産館「まさかりプラザ」で買い求めることができる他、地元のスーパー「マエダ本店」に置いてあることもある。そうそう、下北半島からはるか遠く、JR青森駅正面の土産店に置いてあるのも見つけた。

 ただ残念なのは、むつ市内にも大間町内にも、この「卍麦雫」が買える店はあっても、現在のところ「飲める店」はないということである。できれば、この「卍麦雫」を飲みながら、下北のおいしい海の幸を味わいたいものである。「御仏のお導き」に期待したい。


追記(2008.7.17):別のところにも書いたが、野辺地町の工藤商事(酒のくどう)が企画し、この「卍麦雫」の佐々木眞萌住職が醸造する「恐山ビール」が発売されている。5種類あり、ヤマブドウラガー、ビター、ペールエール、スタウト、そして恐山ラガービールがある。

 ヤマブドウラガー、ビター、ペールエール、スタウトは、麦芽使用量25%未満で発泡酒だが、醸造麦100%の発泡酒である。また、ヤマブドウラガーは、下北半島・八甲田・北奥羽山脈に自生する山葡萄100%の原液を使用している。恐山ラガービールは、麦芽使用量91.66%、醸造麦100%の地ビールである。

 いずれも青森県初のボトルコンディションビールと銘打たれている。ボトルコンディション(瓶内二次発酵)ビールは、新潟麦酒多摩の恵ビール(ペールエール)などが有名だが、青森だけでなく東北でも初めてではないだろうか。

 これらの地ビールにも以前紹介した青森の正直」のシールが貼ってあった。


追記(2019.2.26):その他、自家農園レストラン「アグレアーブル」では、箕面ビールが飲める。イタリアンレストラン「ラ・テーラ」では、ベアレンビールの定番3種が飲める。また、フレンチレストラン「パザパ」では、ヒューガルデンが飲める。


anagma5 at 23:17|PermalinkComments(2)clip!

2006年10月10日

東北で地ビールが飲める店その13〜青森県青森市

f965dbea.jpg  かつて青森市には本町に「青森ブルワリー」という地ビール醸造所があった。市の中心部、飲食店が立ち並ぶ一角にあって、とても行きやすい場所にあった。ここが開発したオリジナルビール「アオモリりんごエール」は皮ごとのりんごと麦芽とを同時に発酵させたもので、シードルのようなさわやかな風味が特徴であった。しかし、ここも数年前に醸造を取りやめてしまった。

 その他に青森市内では、「青森食堂」という、仙台食堂と同系列のお店があって、青森県内の厳選された素材を使った料理と国内外の様々なビールが味わえたが、ここも別の店に替わってしまっていた。

091015-203602  以前紹介したトムヤムクン」(左写真)は今も健在で、ここに行けば少なくともヒューガルデンの生は飲めるので、それで事が足りると言ってしまえばそうなのであるが、人口31万人余を抱える青森の県庁所在地であれば、もう1軒くらいどこかあってもよさそうなものである。

 と考えて、例によって飲食店をブラブラしていたら、さっそく見つかった。本町にある「そま屋de酒家ちゃおず」である。

 ここはオリジナル餃子が売りの店だが、それ以外のフードメニューも充実している。注目のビールは、アサヒ、コロナ、ギネスに混じって、ベルギーのチェリービールであるベルビュークリークが置いてあった。このベルビュークリークの存在が、私に同店の認識を「ちょっと変わった餃子屋さん」から「おいしいビールを飲みながらちょっと変わった餃子を食べられる店」へと格上げさせた(笑)。

 なおも歩いていると、ここにもあった!かつて秋田県大館市で私においしいビールを味わわせてくれた「びいる亭」である。ここ「AOMORIびいる亭」(青森市本町5-3-23オーロラ会館2F、TEL017-721-5227)は、世界34カ国153種類のビールがある(日によって品切れのビールもある)。「安全食材」と「安心料理」をモットーにしたビールに合う和洋中のフードメニューもあって、ビールをとことん堪能するにふさわしい店である。もちろん、生ビールもあり、ヒューガルデンは「白生」、ベルビュークリークは「赤生」と称されていた(ちなみに「黒生」はエビス黒)。そんなわけで、ここびいる亭では私のお気に入りのドイツやベルギーのビールをいろいろ味わうことができた。

 青森市では、エスニック料理を食べながらヒューガルデン生が味わいたければ「トムヤムクン」、餃子を食べながらベルビュークリークが飲みたければ「そま屋de酒家ちゃおず」、そしてビールそのものをとことん味わいたければ「AOMORIびいる亭」と、その時の気分に応じてチョイスできるだけの店があることがわかった。よかった(上写真は青森ベイブリッジ)。


img810追記(2008.2.15):柳町通りにある「欧風居酒屋Marco Polo」(マルコポーロ、左写真参照、(青森市本町1-1-40、TEL017-775-2588)にも、アメリカのミラー・スペシャルなどに混じって、ヒューガルデン・ホワイトの生が置いてあった。





091015-172925追記(2009.10.15):青森駅近くにあるほたて料理店「柿源」が以前紹介した津軽路ビールを置くようになった。大正時代初期創業という老舗店のほたて料理と地ビール、いい組み合わせである。また、津軽路ビールが大鰐町以外に登場するのもこれが初めてではないかと思われる。








091015-202242  「くつろぎ処 ののはな」(青森市新町2-6-4、TEL017-776-1913、17:00〜1:00、日曜定休)にはギネスとバス・ペールエールの樽生がある他、瓶で世界のビールが何種類か置いてあるようである。









091015-203021  「American & Irish Cafe Bar Atom」には、ギネスのスタウト、ドラフト、ビター(缶)、フォーリン・エクストラ(瓶)の他、キルケニー(缶)、サミュエル・スミス・スタウト(瓶)、オハラズ・アイリッシュ・スタウト(瓶)、マーフィーズ・アイリッシュ・スタウト(缶)、それに東京ブラック(缶)とよなよなエール(缶)、ハイネケンダーク(瓶)があった。東京ブラックやよなよなエールがあるのは東北では珍しい。

 「そま屋de酒家ちゃおず」にあったベルビュー・クリークは、残念ながらなくなっていた。


091016-062417 青森駅ビル・LOVINA(ラビナ)1階にある「あおもり路」には以前紹介した恐山ビール」と共に、同じく本州最北端大間町で卍麦雫を醸造している崇徳寺の佐々木眞萌住職が醸造する「あおもりカシスドラフト」(ペール、ビター、企画元:あおもりカシスの会)、「あおもりアップルドラフト」(企画元:有限会社工藤商事)、「山ぶどうラガー」(販売者:有限会社もりた観光物産)が揃っていた。和尚さんは最近、フルーツビールに凝っておられるようである(笑)。


追記(2009.11.17):「オリジナル料理 & ドリンク CHERE(シェール)」(青森市本町5-3-1、TEL017-773-2207、18:00〜23:00、不定休)では、トマト鍋を始めとするオリジナル料理が楽しめるが、シンハー、モレッティ、ビンタンに加えて、ヒューガルデンの「禁断の果実」も飲める。


追記(2011.9.14):「そま屋de酒家ちゃおず」だが、ベルビュークリークが復活していた。これは嬉しい。


追記(2018.8.17):


anagma5 at 21:33|PermalinkComments(4)clip!