地ビール  

2020年04月22日

東北で生ビールをテイクアウトできる店(※7/7更新)〜東北で地ビールが飲める店 番外編その41

00100trPORTRAIT_00100_BURST20200501003306630_COVER~2毎年、東北のビールイベントについて情報をまとめて発信していた。
今年のものも別稿にあるが、今年は件の新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、既に多くのイベントが中止、または延期となっている。
この傾向は新型コロナウイルスの感染が終息するまで続くものと考えられる。

一方、不要不急の外出自粛の要請などもあり、飲食店においても厳しい経営状況を余儀なくされている。
私としても行って飲食していくらかでも支援できたらとは思うが、この状況ではそれも憚られる。

飲食店の苦境に、ほんの少し、本当に細い光が射したと言えるのが、国税庁による「料飲店等期限付酒類小売業免許」の付与という対応である(参照サイト)。
これまで飲食店は、自分の店の中でしか酒類を提供できなかった。要は、「テイクアウト」はダメ、ということで、持ち帰り用に販売するためには「酒類小売業免許」が別に必要なのだが、これは既存の酒類小売業の店(要は酒屋)と競合することになるため、飲食店(国税庁の言う料飲店)にはなかなか付与されなかった。
今回、6カ月という制限付きではあるが、この免許を取得することで、飲食店が在庫の酒類を持ち帰り用に販売することができるようになった。しかも、もちろん、ビールもそうで、瓶ビールはもとより、生ビールも専用の容器(グラウラー)や炭酸飲料用のペットボトルなどに詰めてもらうことができるようになった。

東北で美味しいビールを出す飲食店の中でも、早速この免許を取得してビールのテイクアウトを始める動きが出てきた。
お店に行って飲めない、でも、美味しいビールが飲みたい、という私のようなビール好きのニーズにも応えてくれる、ありがたい対応である。

しかも、国税庁でも状況を鑑みて、迅速な手続きで免許を付与するということである。実際、取得した飲食店で聞いたところ、土日を除いて3、4日で取得できた、とのことである。もしまだ取得していないお店はぜひ取得してほしいと思う。
「美味しいビールを出すお店は料理も美味しい」というのが私の経験則だが、今回のこの措置によって、その美味しい料理と美味しいビールのマリアージュが、テイクアウトで可能になることになる。これはやらない手はない。
特に、瓶や缶のビールではなく、樽生のビールは個人ではなかなか入手しづらい。
それが持ち帰れるというのは朗報である。

ここでは、現段階で樽生ビール(一部瓶ビールも)のテイクアウトが可能であることが確認できているお店をまとめてみた。お店のサイトの他、最新情報についてはfacebookページ等にアップされることが多いので、そちらも併記しておいた。随時追加予定である。

青森県

八戸市
Bar Chit Chat
HP
SNS
クラフトビールのテイクアウト可。

HOP BEAT
HP
SNS
国内外のクラフトビール4種がテイクアウト可。1mL1.4〜2.0円。
詳細


弘前市
Be Easy Brewing

HP 
SNS
樽生4種、1L単位でテイクアウト可。瓶ビールの販売も始まり、こちらもテイクアウト可である。
詳細


大鰐町
大鰐町地域交流センター鰐come(わにかむ)
HP
SNS
樽生津軽路ビールのプラカップによるテイクアウトが可能。
詳細


岩手県
盛岡市
ベアレンビール
HP
SNS
直営レストランでベアレンビールが100mL100円(菜園クラフトビールは100mL120円)。別売りで持ち帰り用のスナッパーボトルあり。500mL用100円、2L用800円。

Aeron Standard
HP
SNS
50種類以上のクラフトビールが店内価格の10%引きでテイクアウト可。
詳細

fu-dao
HP
SNS
台湾のクラフトビールが数種、テイクアウト可。
詳細



花巻市
BREWBEAST TAP ROOM(Lit work place 2F)
グラウラーを持ってきてもらえればテイクアウト可能とのこと。


遠野市
遠野醸造 TONO BREWING COMPANY
SNS
生ビール、瓶ビールのテイクアウト可。要事前予約(5/6まで)。グラウラーの購入可(市内の人には貸出あり)。
詳細


秋田県
秋田市
秋田あくらビール
HP
SNS
100mL税別150円、現段階では要容器持参。
詳細

酒場 戸隠
HP
SNS
100mL200円で500mL、1L、1.5L、2Lで販売。要容器持参。
詳細

BEER FLIGHT
HP
SNS
テイクアウト可(500mL〜)。
詳細

サミット
HP
SNS
樽生4種100mL税込200円で、500mL、1L、1.5L、2Lで販売。要容器持参。
詳細

YA-YA Stazione B
SNS
HP
田沢湖ビールのテイクアウトが可能。
詳細


横手市
Hostel&Bar CAMOSIBA
SNS
500mL、1Lで販売。クラフトビールは要予約。レンタル容器1週間200円。
詳細


宮城県
仙台市
ベルギービール ダボス
HP
SNS
樽生1種(当面)、瓶ビールテイクアウト可。要容器持参。
詳細

夕焼け麦酒園
HP
SNS
樽生6種、500mL900円、1L1,800円。テイクアウト用ペットボトルあり(有料)。
詳細

癒.酒.屋わおん
HP
SNS
樽生8種、瓶15種あり。樽生は1L1,500〜2,000円。グラウラーの無料レンタルあり。
詳細

アンバーロンド
HP
SNS
テイクアウトは店内価格の10%off。ドライブスルー対応もあり。
詳細

チェスコ屋
HP
SNS
樽生ビール、瓶ビールのテイクアウト可。
詳細

グッドビアマーケット エン ichibancho
HP
SNS
ビールのテイクアウト可。
詳細

麦酒食堂 3F-22
HP
SNS
プラカップ(350mL)は店内価格、グラウラーでの販売は500mL300円off、1L600円off、2L1,200円off。瓶は350mL200円off、500mL300円off、700mL400円off。
詳細

Craftsman Sendai クラフトマン
HP
SNS
5/9から。国内産クラフトビール1mL税別1.3円、海外産クラフトビール1mL税別1.5円、容器代税別100円。
詳細

ブッチャー・リパブリック 仙台 シカゴピザ&ビア
HP
SNS
5/7からテイクアウト可の予定だったが店舗休業の延長に伴い5/14からに延期。要容器持参。
詳細

東北カフェ&バル トレジオン エスパル仙台店
HP
SNS
5/11からテイクアウト可。
詳細

宮千代BASE
HP
SNS
グラウラーなどでのテイクアウト可。瓶ビールも販売。
詳細

Brasserie Lloyd ブラッスリー ロイド
HP
SNS
樽生、ボトルビールが店内価格の20〜30%off。樽生持ち帰り用のリターナブル瓶も用意。
詳細

菅原酒店
HP
SNS
タップマルシェのクラフトビールをテイクアウト可能。
詳細

タクデリ(ハミングバード)
HP
SNS
フード2,000円以上注文で松島ビールへレス注文可。仙台市中心部に配達可能。

日仏食堂ラトリエ・ドゥ・ヴィーブル
HP
SNS
瓶のガージェリービールのテイクアウトが可。
詳細

CRAFT BEER Market 仙台国分町店
HP
SNS
10種類の樽生クラフトビールをテイクアウト可。テイクアウト専用のペットボトルは100円。
詳細

ハムとソーセージの店 アインベルク
HP
SNS 
ドイツビール瓶6種がテイクアウト可。3本以上のまとめ買いで割引あり。
詳細

多国籍料理&バー リチクク
HP
SNS
店内で取り扱っている各国のビールをテイクアウト可能。
詳細


石巻市
松ばる
HP
SNS
樽生クラフトビールがテイクアウト可(要ペットボトル持参)。
詳細


塩竈市
アルゴン・ブリューイング
HP
SNS
複数の証言から、テイクアウト可の模様。


気仙沼市
Black Tide Brewing
HP
SNS
BTBオリジナルのビールを含むクラフトビールがテイクアウト可。
詳細


登米市
BEER BAR Fillmore
SNS
HP
店内の樽生ビール5種が15%引き価格でテイクアウト可。
詳細


柴田町
村田や
HP
SNS
樽生ビールテイクアウト可。要容器持参。
詳細


山形県
山形市
BeerStorage
SNS
生ビール、瓶ビールのテイクアウト可。生ビールは要容器持参。
詳細

RoughroLL
HP
SNS
瓶ビール4種各500円でテイクアウト可。
詳細

Day & Coffee
HP
SNS
長井ブルワリークラフトマンの「ひょう」「くきたち」「きなこ」のテイクアウト可。
詳細

ブルーマーケット ブラザーズ
HP
SNS
国内のクラフトビール、海外ビールの瓶7種がテイクアウト可。
詳細


天童市
桜桃の花 湯坊いちらく
HP
SNS
自家醸造の「SOBA DRY」がテイクアウト可能。自家製のローストビーフとのセットもあり。
詳細



米沢市
極楽麦酒本舗
HP
SNS
オリジナル発泡酒瓶、テイクアウト、出前可。
詳細


酒田市
CRAFT BEER BAR JAMPY
HP
SNS
各種ビールのテイクアウト可。
詳細


福島県
福島市
肴や KIHACHI
HP
SNS
樽生クラフトビール4種(タップマルシェ)がテイクアウト可能。
詳細

マジー・ノアール
HP
SNS
福島路ビールのアメリカンIPA樽生を税込250円/100mLでテイクアウト可。
詳細

tachinomi kakato
HP
SNS
樽生クラフトビール4種がテイクアウト可。
詳細


いわき市
橋本酒店
SNS
HP
瓶ビール5種がテイクアウト可。2本以上購入でタイの揚げたてえびせんのプレゼントあり。

Bar Quartet
HP
SNS
店内の樽生、缶、ボトルのクラフトビールをテイクアウト可。樽生は持参したグラウラー持参か500mlプラカップでの提供。
詳細


郡山市
Piccolo Bar Tigre
SNS
HP
箕面ビール数種が瓶でテイクアウト可。
詳細


会津若松市
洋食屋セピア
HP
SNS
クラフトビールが3L(恐らくタップマルシェ)か瓶でテイクアウト可能。
詳細

ビアカフェ third place
HP
SNS
3タップの国内クラフトビールがテイクアウト可。


南会津町
南会津マウンテンブルーイング / taproom beer fridge ビア フリッジ
HP
SNS
樽生ビール、瓶ビール、缶ビールのテイクアウト可。
詳細


anagma5 at 18:58|PermalinkComments(0)clip!

2020年04月20日

新旧銀河高原ビール比較〜東北で地ビールが飲める店 番外編その40

 このブログで「銀河高原ビール」のことを書いたのは2005年3月のことだった(当時の記事)。それ以前から飲んでいたことは間違いないが、少なくとも15年以上の付き合いであることは間違いない。

 前回の「さらば!岩手の銀河高原ビール」でも書いたが、そのように思い入れのあるビールだったので、岩手・旧沢内村からの撤退、樽生ビールや限定ビールの製造中止といった一連の措置は返す返すも残念だったが、銀河高原ビールブランドを残すために必要なことだったとするのならばやむを得ない面もあるとは思う。

P1002794 さて、そんな中、現在の親会社であるヤッホーブルーイングのある長野県内で造られ、缶のデザインも変更となった新しい銀河高原ビールがこの4月から出回り始めたので、早速買って、今までのと飲み比べてみた。










P1002795 左が新しい「小麦のビール」、真ん中がかつてのフラッグシップ、熱処理をしていない「ヴァイツェン」、右が3月までの「小麦のビール」である。「ヴァイツェン」は既に昨年9月末で製造を終了しており、手元に残っていたのはちょうど今月中旬が賞味期限のものだったので、飲み比べはギリギリのタイミングであった。






P1002798 飲み比べてみるとよく分かるのだが、味は同じ銀河高原ビールでも違っている。一番濃厚に感じられるのは旧「小麦のビール」で、「ヴァイツェン」はそれよりも少し軽やかでフレッシュな感じ、新「小麦のビール」は「ヴァイツェン」と同じ方向性を目指したようにも思ったが、もっとスッキリ目であっさりしてる感じであった。






P1002797 その辺りは見た目にも現れてて、色合いは旧「小麦のビール」が一番濃くて、次いで「ヴァイツェン」、新「小麦のビール」の順の濃さである。濁り具合はまた差が際立ってて、旧「小麦のビール」と「ヴァイツェン」はグラスを持つと向こう側の指は全然見えないが、新「小麦のビール」はちゃんと指が見えた。







P1002796 新「小麦のビール」はあっさりした味で、「地ビールはクセがあってちょっと…」という人にもあまり抵抗なく飲んでもらえる感じに仕上がっているが、かつての味に慣れ親しんだ人からすると、ちょっとスマートになってよそ行きの顔になってしまったようにも感じた。ただ、では銀河高原ビールではないか、と言われると、いや、これはこれでちゃんと銀河高原ビールの系譜を受け継いでいるようにも感じる。「やまや」の店頭などには今まだ岩手・旧沢内村産の銀河高原ビールが並んでいるので、それがあるうちはそちらを飲むが、それがなくなったらこの新しい銀河高原ビールを飲もうと思う。

 なお、新しい銀河高原ビール、当初、セブンアンドアイグループのスーパー「ヨークベニマル」と一部のファミリーマートにあったが、現在はいずれも品切れ状態で、出足はなかなか好調のようである。現在は、一部のローソンでも販売が始まったので、そちらを探してみるのがよいと思う。


anagma5 at 19:28|PermalinkComments(0)clip!

2020年04月10日

さらば!岩手の銀河高原ビール(「東北復興」紙への寄稿原稿)〜私的東北論その129

 2月16日発行の「東北復興」第93号では、銀河高原ビールについて書いた。岩手の山あい、屈指の豪雪地帯である旧沢内村(現西和賀町沢内)に1996年に誕生した銀河高原ビールは、キリン、アサヒ、サッポロ、サントリーなどの国内大手ビールメーカーが造るピルスナータイプのビールとは全く違う、ヴァイツェンというスタイルのビールが看板ビールだった。

 私がビールの奥深さを知るきっかけとなったビールでもあり、それだけに思い入れもあるビールだったのだが、今年3月末で発祥の地である旧沢内村での醸造を止めることになった。4月からは現在の親会社であるヤッホーブルーイングのある長野県軽井沢町で「小麦のビール」一種のみが造り続けられることになった。

 以下が寄稿した全文である。


さらば!岩手の銀河高原ビール

「岩手のビール」でなくなる!
 昨年末、衝撃的なニュースが飛び込んできた。銀河高原ビールが、岩手県内にある醸造所での生産をやめ、樽生ビールや瓶ビールの生産も終了する、というのである。

 銀河高原ビールと言えば、岩手県の山あい、旧沢内村(現西和賀町沢内)に醸造所(ブルワリー)を構えるビール会社である。今、クラフトビールと呼ばれるようになった小規模のブルワリーが造ったビールがかつて「地ビール」と呼ばれていた時代からあった。

 全国各地に地ビールブルワリーができるようになったのは、1994年4月の酒税法改正によって、ビールの最低製造数量基準がそれまでの2,000kLから60kLへと緩和されたことがきっかけである。これによって全国各地に小規模の醸造所が相次いで誕生した。大手メーカーのビールと違って地域密着でその地域のみで流通することがほとんどで、また既にあった日本酒における「地酒」呼称になぞらえて、これらは地ビールと呼ばれるようになった。

 全国初の地ビールは1995年2月に誕生した新潟のエチゴビールだったが、銀河高原ビールもその翌年1996年7月に誕生しており、この業界では老舗と言っていい存在である。誕生のきっかけは、旧沢内村の「村おこし」であった。地元岩手県の住宅メーカーである東日本ハウス(現日本ハウスホールディングス)創業者の中村功氏が東日本ハウスの子会社として銀河高原ビール株式会社を設立したのである。

 一時は、大手メーカーに続くビール会社を目指して、沢内の他に、那須、飛騨高山、阿蘇にもブルワリーを設立し、広く全国展開していた時期もあったが、地ビールブームの沈静化などの影響を受けて、次第に規模を縮小させ、ブルワリーは発祥の地沢内だけになった。会社は二度の特別清算を経て、2017年11月からは、クラフトビール業界で最大手と目されている長野のヤッホーブルーイングの完全子会社となっていた。

 それでも経営は上向かず、ブルワリー併設の沢内銀河高原ホテルの休館、生きたビール酵母入りのヴァイツェン缶とスターボトルの一時の値上げを経ての販売終了など、残念なニュースが次々と飛び込んできていた。その最後に最も残念なニュースに接することになってしまったのである。

私と銀河高原ビール
 創業者の中村功氏の銀河高原ビールに掛けた思いについては、例えばウェブ上にある「日食外食レストラン新聞」の233号(2001年8月6日)に掲載されたインタビュー記事でも確認できるが、その中で中村氏は、「日本のビールは、確かにのどが乾いたときの清涼飲料水としてはよいが、食事をしながら飲むビールとしては物足りないと思っていた」、「日本の大手四社が造るビールとは違った、もう一つこんなビールがあるんだという思いで造ったのが『銀河高原ビール』」、「食べ物のメニューは一〇〇種類あってもビールは一種類。これからはビールも選ぶ時代だ」などと述べている。

 その思いはビール好きの私にとっても共感できるものである。そもそも、私がビール好きとなるきっかけとなったビールがこの銀河高原ビールだった。大手メーカーのビールはいずれもピルスナーというスタイルのビールで、しっかりとした苦みとのど越しのよさが特徴である。当時の私は、このスタイルのビールにはまるで馴染めなかったのだが、何かのきっかけで銀河高原ビールを飲んだ時に、大手メーカーのビールとは全く違う、看板ビールであるヴァイツェンというスタイルのビールの、フルーティーな香りと苦みがあまり感じられないまろやかで優しい味に驚いたものである。そこからピルスナー以外に多種多様なビールが存在することを知り、少しずつビールの世界に入り込んでいって今に至るのであるのである。大手メーカーが造るピルスナーだけではないビールの奥深さを教えてくれたビールであり、そしてまた、今も家で飲む晩酌の定番ビールであった。

銀河高原ビールの功績
 銀河高原ビールの大きな功績としては、このピルスナーではないビールの存在を知らしめたことも挙げられるが、もう一つ重要なこととして、ビール酵母が生きたままのビールを初めて全国に流通させたということも挙げられる。ビール酵母というのは、ビールの原料である麦芽(大麦を発芽させたもの)を栄養にして、アルコールと炭酸を生成する、ビールを造るのに欠かせない微生物である。ただ、発酵が終わった後もビール酵母がビールの中に存在するとそこからさらに発酵が進んでビールの味が変わってしまう恐れがあるため、大手メーカーのビールは全てこのビール酵母を完璧にろ過して味が変わらないようにしている。それによって常温での保管や輸送ができるのだが、銀河高原ビールはこのビール酵母をろ過せず、チルドでの輸送とすることでビール酵母が働かないようにして、できたままのビール本来の味を味わえるようにしたのである。銀河高原ビールの味のまろやかさはこのビール酵母のお陰もある。

 大手メーカーはろ過した後の、いわば「産業廃棄物」であるビール酵母を固めて錠剤にしてサプリメントとして販売したりしている。サプリメントとして販売されていることからも分かる通り、ビール酵母は麦芽の栄養をその中に溜め込んでいる。ならば、いっそのこと、ろ過などせずにビールと一緒に摂取すれば栄養面でもいいのではないか、ということも言える。

 そもそも、乳酸菌をろ過したヨーグルト、麹をろ過した味噌がないのに対して、ビールはビール酵母をろ過するのが当たり前のようになってしまっている。そうしたビールを全否定するつもりはないが、そうではないビールも選べるという、ビールの選択肢を限られた地域ではなく全国に広げてくれたという点で、銀河高原ビールの功績は大である。

銀河高原ビールの今後
 この、生きたビール酵母のビールはこれまで、ヴァイツェン缶、スターボトル(瓶)、そして飲食店向けの樽で味わえていたのだが、これらもヴァイツェン缶とスターボトルは昨年9月末で終売となり、残った樽も沢内の醸造所が閉鎖となる3月末の出荷を以て終売となることになった。季節ごとに販売されていた限定ビールも全てなくなる。

 辛うじて残るのはただ1種、「小麦のビール」という缶のみとなる。これはヴァイツェンに熱処理を加えることによってビール酵母の働きを止め(要は「殺菌」して)、常温での輸送を可能にしたもので、もちろんヴァイツェンの味わいも残ってはいるが、熱を加えたことにより、本来あった生ビールならではのフレッシュさがなくなってしまっているように感じられる。今年4月以降は、この「小麦のビール」缶のみが、岩手県内ではない、どこか別の地域の工場で造られることになるということである。

 ただ、銀河高原ビールのホームページには、「ビール造りにおいて、水質はビールの味と品質を決める重要な要素です。銀河高原ビールでは、岩手県和賀岳の伏流水をくみ上げて使用しています。適度なミネラルを含む天然水は仕込み水として最適です」と書いてある。4月以降は、この大きな「売り」だった和賀山系の天然水ではない水で造られることになるので、ひょっとしたら「小麦のビール」自体の味わいも違ってきてしまうことも考えられる。

 それでも、と思う。いろいろと残念な結果とはなってしまったが、「銀河高原ビール」の銘柄自体はギリギリ残ることになったわけである。ここまでしなければいけなかったというのは、状況が傍で見ている以上によくなかったということであろう。最悪、銀河高原ビールそのものがなくなってしまうかもしれなかった状況だったということも考えられる。そう考えれば、もちろん返す返すも残念ではあるが、その名前が辛うじて残ったのはまだよしとするべきなのかもしれない。

 なお、生きたビール酵母が入った銀河高原ビールは、今はまだ飲食店向けの樽が流通しているので、取り扱っている飲食店に行けば、少なくとも3月末までは飲むことができる。例えば仙台であれば、駅近くにある「夕焼け麦酒園」がそうであるし、盛岡と北上にある「アリーヴ」、盛岡の「沢内甚句」、「居酒屋坊ちゃん」、会津若松の「会津葡萄酒倶楽部」などでも飲むことができる。興味ある向きにはぜひ、まだあるうちに飲んでみていただきたい。

受け継がれるその思い

 なくなるブルワリーもあれば、新しくできるブルワリーもある。銀河高原ビールは岩手県内からはなくなるが、一方で、東北各地に新しいブルワリーが誕生し、あるいはこれから誕生する予定になっている。新しく立ち上がるブルワリーの方々と話をすると、何となく共通する思いがあるように感じられる。それは地域への愛着である。ビールを通じて自分たちの地域を盛り上げたい、地元の材料を使ったビールを造って地域をPRしたい、そういった言葉が口々に出てくる。これはまさに、24年前に銀河高原ビールが生まれた時の思いに酷似している。村おこしの起爆剤としていち早くビールに着目した銀河高原ビールの思いは、新たに立ち上がる同じ東北のブルワリーへとしっかり受け継がれているのである。

 そして、銀河高原ビールのこの味わいも、この世から消えてなくなるわけではない。銀河高原ビールで長らく醸造責任者として活躍していた方は、いずれ都内に新しくブルワリーを立ち上げ、そこで銀河高原ビール本来の味のビールを再現させようとしている。これも楽しみな話である。

 また、実はこの銀河高原ビールには「お手本」が存在する。銀河高原ビールを立ち上げる際、主要メンバー3人がドイツに行って、いろいろなビールを飲んでどんなビールを造ろうかと検討したらしいのだが、その時行った3人が一致して「これがウマい」となったのが、世界最大のビールイベント「オクトーバーフェスト」が開催されるドイツのミュンヘンにある、1328年からの歴史を誇る市内最古のブルワリー、アウグスティナーのヴァイスビア(ヴァイツェン)で、銀河高原ビールはこのアウグスティナーのヴァイスビアをお手本に造られているのだそうである。アウグスティナーは残念ながら、国外には出荷されていないのだが、ドイツ・ミュンヘンに行けば、銀河高原ビールの原点となったビールが味わえるわけである。

anagma5 at 17:49|PermalinkComments(0)clip!

2020年01月08日

東北各地のビールイベント2020年版(※7/10更新)〜東北で地ビールが飲める店 番外編その39

※2020.4.27追記:新型コロナウイルス禍で、東北のビールイベントも中止や延期が相次いでいる。飲食店に足を運ぶのも憚られる状況だが、国税庁が「料飲店等期限付酒類小売業免許」を付与する対応を始めたことで、生ビールのテイクアウト販売を始める飲食店も増えてきた。それについては別稿にまとめてあるのでご参照いただきたい。


  2020年に東北各地で開催されるであろうビールイベントについてまとめてみた。今年も県ごとにリストアップし、詳細が分かり次第追記していくようにする。


 仙台市内 

(終了)シメイグランドレザーブを飲み尽くせ!
日時:2020年1月13日(月)15:00〜20:00
場所:Brasserie Lloyd(ブラッスリー・ロイド)(仙台市青葉区大町2-14-11-2F、TEL022-797-2246)

ベルギーのシメイグランドレザーブの1.5L瓶×5の飲み尽くしイベント。会費2,500円でドリンク別、おつまみ8品がつく。シメイは250mlで1,000円、330mlで1300円である。


(終了)ブッチャーリパブリック仙台1周年感謝企画
日時:2020年1月29日(水)
場所:ブッチャーリパブリック仙台(仙台市青葉区中央3-7-5仙台パルコ2 1F、TEL022-395-4451)

ブッチャーリパブリック仙台のリニューアル1周年の感謝還元企画として、同店自慢の熟成牛と蔵王JAPAN X.鶏もも肉が食べ放題で、チョップドサラダと自家製ピクルスもセットで付くプランが用意される。1ドリンク付税込2,900円、飲み放題付税込3,900円と破格である。(1/24更新)



(終了)裏ハブの日
日時:2020年2月8日(土)16:00〜24:00
場所:HUB仙台名掛丁店(仙台市青葉区中央1-7-6西原ビル1F、TEL022-722-8682)、HUB仙台一番町四丁目店(仙台市青葉区一番町4-4-33トレンドビル1F、TEL022-217-8682)、HUB仙台マーブルロード店(仙台市青葉区一番町3丁目5-24テークビル1F、TEL022-216-5828)

2月8日は「8(ハ)2(ブ)の反対」で「裏ハブの日」。今年はHUB40周年ということで、閉店までの間、全てのドリンクが40%OFFとなる。(1/31更新)


(終了)6周年イベント「ロックにハンガック」
日時:2020年2月26日(水)、27日(木)18:00〜25:00
場所:麦酒食堂3F-22(仙台市青葉区二日町14-10 八百吉ビル3F、TEL022-302-7933)

麦酒食堂3F-22の周年イベント。今年は2日間、樽生7種全品全サイズが半額となるそうである。(2/14更新)


(終了)ブラッスリーロイド クロージングパーティ@First stage 2F
日時:2020年2月29日(土)17:00〜0:00
場所:ブラッスリー ロイド(仙台市青葉区大町2-14-11、TEL022-797-2246)

3月から新店舗で営業するブラッスリーロイドの現店舗での最後のイベント。会費1,500円でフードと1ドリンクがつく。(2/27追加)


(終了)ダボス 26th Anniversary
日時:2020年3月2日(月)〜7日(土)17:00〜23:30
場所:ベルギービールダボス(仙台市青葉区青葉区一番町1-6-19、TEL022-211-6816)

今年で26周年を迎えるベルギービールバーの老舗ダボスの周年イベント。イベント期間中は、通常1,000円以上するベルギービールの樽生4種類がどれも1杯なんと500円で飲める。(2/17更新)


(終了)東北魂ビール6種!同時開栓!!
日時:2020年3月14日(土)〜
場所:CRAFT BEER MARKET 仙台国分町店(仙台市青葉区国分町2-1-12瀬戸勝ビル1F、TEL022-796-6366)

昨年に続き、「東北魂ビールプロジェクト」で造られた6つのビールが同時に開栓されるイベントが開催される。今年のビールは「SMaSHペールエール」である。3/17現在、6種類ともまだ飲めるようである。(3/17更新)



(延期)第4回食べて応援しよう! in 仙台
日時:未定
場所:勾当台公園市民広場(仙台市青葉区国分町3丁目7)

被災3県(岩手県、宮城県、福島県)の農林水産物や食品が出店され、販売されるイベント。やくらいビールといわて蔵ビールが出店している。3/14,15に開催予定だったが延期が決定した。(3/2更新)


(延期)GOOD BEER MARKET ENN(グッドビアマーケット・エン)7周年祭
日時:未定
場所:GOOD BEER MARKET ENN 一番町店(仙台市青葉区国分町1-6-1ルナパーク一番町ビルB1F、TEL022-762-7703)

GOOD BEER MARKETができて7年、一番町がオープンしたのが4月1日とのことで、この日から3日間7周年祭が開催される予定だったが、無期限延期となった。現在のところ、周年記念ビールの開栓が決まっている。(4/2更新)


(未定)ブッチャー・リパブリックお花見2020 IN 榴ヶ岡公園
日時:未定
場所:榴岡公園(仙台市宮城野区五輪1丁目)

3年前から開催されているお花見イベントで、ベルギービール10種類が飲み放題で軽食もついて、当日2,500円、前売りは2,000円の参加費だったが、昨年は開催されなかった。


藤崎オープンビアテラス
日時:2020年7月6日(月)〜8月31日(月)16:00〜21:00
場所:藤崎本館屋上(仙台市青葉区一番町3-2-17、TEL022-261-5111(6662))

毎年開催されている恒例のビアガーデン。今年は新型コロナ禍で中止かと思われたが、通常より1ヶ月半ほど遅れて、名称も変わって開始となった。何とフリータイム飲み放題で2,700円、料理は安全のためバイキング形式を取り止め、単品での販売となる。受付にてお食事券(1セット100円券5枚)が別途購入できる。(7/10更新)


(未定)2020三越本館屋上ビアガーデン
日時:未定
場所:仙台三越本館屋上(仙台市青葉区一番町4-8-15、TEL022-221-5359)

毎年開催されている恒例のビアガーデン。昨年は5/24〜9/8に開催され、2時間3,800円、フリータイム4,000円、アーリータイム(17:00〜18:30)2,700円、レイトタイム(5,6,9月19:30〜、7,8月20:30〜)2,700円、BBQ付のガーデンプランもあった。+400円で4種のクラフトビールが飲めた。


(中止)仙台青葉まつり 「杜の市」
日時:2020年5月16日(土)、17日(日)
場所:勾当台公園 市民広場(仙台市青葉区国分町3丁目7)

仙台青葉まつりに合わせて、勾当台公園市民広場では、美味しい食べ物が味わえる「杜の市」が開催される。昨年は田沢湖ビールが出店し、大崎市のブースでは鳴子ブルワリーと塩竈のアルゴンブリューイングのビールが、一関市のブースではいわて蔵ビールが、福島市のビールでは福島路ビールが飲めた。今年は中止となった。(4/2更新)



(未定)14周年記念謝恩セール!
日時:未定
場所:癒.酒.屋わおん(仙台市青葉区中央3-3-18新庄ビルB1、TEL022-722-0560)

癒.酒.屋わおんの周年記念イベント。昨年は5/25〜30に樽詰クラフトビール8種が半額となった。



(未定)クラフトビールと餃子WEEK
日時:未定
場所:楽天生命パーク宮城 スタジアム正面広場(仙台市宮城野区宮城野2-11-6、TEL022-298-5300)

昨年は交流戦中の6/4〜6の3日間、東北六県の醸造所の地ビール8種類が飲め、全国各地の餃子8種類が味わえた。


(未定)東北オクトーバーフェスト2020
日時:未定
場所:錦町公園(仙台市青葉区本町2丁目21-1)

仙台では毎年2回オクトーバーフェストが開催され、これがその1回目。一昨年は6/29〜7/8に開催されたが、昨年は開催されなかった。


ビアガーデン2020
日時:2020年7月1日(水)〜9月30日(水)17:00〜21:30(日曜16:00〜21:30)
場所:仙台サンプラザ レストランサンパステル テラス席(仙台市宮城野区榴岡5-11-1、TEL022-257-3304)

120分飲み放題で、スタンダードプランが4,200円(税込)、BBQプランが4,500円。ただ、今年はタップマルシェのクラフトビールはないようである。(7/10更新)


(未定)クラフトビールフェア
日時:未定
場所:癒.酒.屋わおん(仙台市青葉区中央3-3-18新庄ビルB1、TEL022-722-0560)

毎年恒例のイベント。店主の石川さんが厳選した地ビールが飲める。昨年は6/3〜8/31に開催され、樽生6種類を含む30種類の東北中心の地ビールが揃った。


(未定)世界のビールと肉まつり
日時:未定
場所:楽天生命パーク宮城 スタジアム正面広場(仙台市宮城野区宮城野2-11-6、TEL022-298-5300)

世界のビールの樽生と瓶、それに世界の肉料理が楽しめるイベント。昨年は7/5〜7に開催され、ビールが5店舗、肉料理が6店舗出店した。


ブラックタイド初醸造お披露目会ツアー
日時:2020年7月31日(金)
場所:Craftsman仙台(仙台市青葉区中央2-2-38、TEL022-797-8431)

今年気仙沼市にできた「BLACK TIDE BREWING」の初醸造を記念したお披露目会。当日は醸造した5〜8種類のクラフトビールが飲める。「ツアー」とある通り、他に東京(8/1)、京都(8/2)、名古屋(8/8)でも開催される。


(未定)ハブの日
日時:2020年8月2日(日)
場所:HUB仙台名掛丁店(仙台市青葉区中央1-7-6西原ビル1F、TEL022-722-8682)、HUB仙台一番町四丁目店(仙台市青葉区一番町4-4-33トレンドビル1F、TEL022-217-8682)、HUB仙台マーブルロード店(仙台市青葉区一番町3丁目5-24テークビル1F、TEL022-216-5828)

8月2日は「ハブの日」で、全てのドリンクが終日半額となる。


(未定)SUMMER BEER NIGHT 2020
日時:未定
場所:ホテルメトロポリタン仙台4F グランドボールルームSENDAI

スペシャルライブを聴きながら、ビールと料理を楽しむイベント。昨年は8/6〜9に開催され、料金は8,000円だった。ドリンクは飲み放題で、「プレミアム生ビール」も飲めた。


(中止)仙台七夕まつり
日時:2020年8月6日(木)〜8日(土)
場所:勾当台公園 いこいのゾーン

東北三大夏祭りの一つ「仙台七夕まつり」で、一昨年は勾当台公園いこいのゾーンにやくらいビールとサンクトガーレンが出店していた。今年は中止が決まった。(4/20更新)


(未定)第4回仙台クラフトビールフェスティバル
日時:未定
場所:勾当台公園 市民広場(仙台市青葉区国分町3丁目7

仙台で初めてのクラフトビールを前面に出したイベント。昨年は8/10〜12に開催され、東北の12醸造所が出店し、飲食店ブースも設けられた。


(未定)ブリュッセルベルギービールセッション in 仙台
日時:未定
場所:未定

「年に1度、仙台でベルギービールをもっとカジュアルに楽しめる日を」をコンセプトに3日間で120種類のベルギービールを愉しめる、一
昨年初開催された「ブラッスリーロイド」によるイベント。昨年は8/16〜18に開催され、前売り券は2,500円で、ビール250ml×4杯チケットにベルジャンフリッツがついた。


(未定)仙台オクトーバーフェスト2020
日時:未定
場所:錦町公園(仙台市青葉区本町2丁目21-1)

仙台で年2回開催されるオクトーバーフェストの2回目。昨年は9/12〜23に開催され、10醸造所のドイツビールに加えて、東北の7醸造所の地ビールも飲め、地元飲食店のフードも楽しめた。


(未定)泉マルシェ2020
日時:未定
場所:泉中央ペデストリアンデッキ

ヨーロッパの朝市“Marche(マルシェ)”をテーマにしたイベント。昨年は9/14に開催され、産直・西洋野菜やアンティーク雑貨、フードやドリンクなど約150店舗が出店。海外のビールやクラフトビールを手掛ける店が出店するとそれらが味わえる。


(未定)TOHOKU酒日和
日時:未定
場所:勾当台公園市民広場(仙台市青葉区国分町3丁目7)

昨年10/5に初開催された、東北の食材と酒を一緒に味わうことができるイベント。田沢湖ビールが出店した。


(未定)みやぎまるごとフェスティバル2020
日時:未定
場所:宮城県庁1階、県庁前駐車場、勾当台公園、市民広場

昨年で20回目を迎えた、ふるさと宮城の素晴らしい「味(み)や技(ぎ)」を「まるごと」楽しめる秋の恒例イベント。やくらいビールが出店する。昨年は10/19,20に開催された。


(未定)青葉通BEER PICNIC
日時:未定
場所:地下鉄東西線大町西公園駅前〜青葉通り歩道(ローソン仙台青葉通一番町店付近)

「ケヤキの下で乾杯しよう!」を合言葉に、昨年10/19,20に初開催されたイベント。大町西公園駅から一番町近辺までの青葉通りの歩道にオープンビアスタンドが立ち、秋田あくらビール、ARGON BREWING、イシノマキ・ファーム、穀町ビール、仙南クラフトビール、鳴子の風のクラフトビール、Brasserie Lloydのベルギービールが500円から楽しめた。


(未定)2020フレッシュホップフェス インWAON
日時:未定
場所:癒.酒.屋わおん(仙台市青葉区中央3-3-18新庄ビルB1、TEL022-722-0560)

毎年秋に各地のビール醸造所が醸造する、IBUKIホップを生のまま使ったフレッシュホップビールが飲めるイベント。遠野麦酒ZUMONAややくらいビールなど4つの醸造所のフレッシュホップビールが樽生で登場した。


(未定)みなみ北海道・東北食旅フェスタin仙台
日時:未定
場所:勾当台公園 市民広場(仙台市青葉区国分町3丁目7)

函館など南北海道と北東北三県の観光PRや物産の展示販売が行われるイベント。昨年は11/16,17に開催され、あくらビールが出店した。


日時:2020年11月28日(土)10:00〜17:00、29日(日)9:00〜16:00
場所:あきう・木の家ロッジ村(仙台市太白区秋保湯本字馬乙2-1)

今年で5回目となる、秋保温泉にあるロッジ村を仮想店舗に見立ててクラフトやフードのお店が軒を連ねるイベント。昨年は4/13に開催され、森民酒造のブースで「穀町エール」が樽生で飲めた。今年は塩竈の「アルゴンブリューイング」も出店するそうである。4/18,19から11/28,29への延期が決まった。(5/29更新)


(未定)6TH Anniversary イベント
日時:未定
場所:クラフトマン仙台(仙台市青葉区中央2-2-38、TEL022-797-8431)

昨年12/6,7に開催されたクラフトマン仙台の5周年イベントでは、
女性1,500円、男性2,000円で東北六県の12醸造所の樽生ビールが31種飲み放題であった。


(未定)Craft Beer Market 仙台国分町店 5周年 Party!!
日時:未定
場所:CRAFT BEER MARKET 仙台国分町店(仙台市青葉区国分町2-1-12瀬戸勝ビル1F、TEL022-796-6366)

毎年12月28日にクラフトビアマーケット仙台国分町店の周年記念イベントが開催される。


 宮城県内 

(終了)だらだら呑み会「フィナーレ」
日時:2020年1月19日(日)13:00〜16:00
場所:TAVERNA JIRO(塩竈市海岸通り8-10、TEL022-385-6609) 

本塩釜駅近くにあるイタリアンの名店「TAVERNA JIRO」で時折開催されるイベント。毎回、オーナーシェフ自慢の料理に、地ビール飲み放題が加わる。同店は1/25で閉店が決まっており、今回の開催が文字通り「フィナーレ」となる。会費は5,000円で、アルゴンブリューイングのビールの登場が決まっている。


(終了)Tasting with Style : 1.Farmhouse Edition
日時:2020年1月19日(日)13:00〜14:30
場所:拓(ヒラケル)内 BTB TAP ROOM(気仙沼市南町3-2-5、TEL0226-28-9640)

気仙沼に新しくできたブルワリー「Black Tide Brewing」で開催される、ヘッドブルワーのJames氏による「飲み比べワークショップ」。今回は「セゾン」を含む「ファームハウス」スタイルのビールについて、James氏の説明を聞き、その後6種類のビールを飲み比べる。今後、他のスタイルのビールについても順次取り上げていくとのことである。参加費は2,500円でつまみも用意される。



(中止)第1回上を向いて歩こうチャリティーコンサート
日時:2020年2月29日(土)17:00〜
場所:仙南シンケンファクトリー(角田市角田流197-4、TEL0224-61-1150)

大きな被害をもたらした台風19号からの早期復興を願ってのイベント。立食形式の食事と1ドリンクが付いたチケットは2,500円で、+1,800円で4種の仙南クラフトビールが飲み放題となる。(1/24追加)


(中止)第220回鹿島台互市
日時:2020年4月10日(金)〜12日(日)
場所:JR鹿島台駅前商店街

藩政時代の物々交換が始まりといわれ、東北各地で行われる互市(たがいち)。その中でも最大の規模と言われるのが大崎市鹿島台のJR鹿島台駅前商店街で春と秋に行われる鹿島台互市である。明治43年以来、今年で111年目、実に220回目の開催である。当日は200店以上の出店があるが、例年「やくらいビール」も出店し、樽生ビールが飲める。春は4月10〜12日、秋は11月10〜12日に開催される。今回は中止となった。(4/2更新)


BLACK TIDE Brewing レセプションパーティー
日時:2020年7月18日土曜日 14:00〜15:00
場所:Black Tide Brewing(気仙沼市南町3-2-5、TEL0226-28-9640)

気仙沼にできた新しいブルワリー、BLACK TIDE BREWINGの醸造開始記念のお披露目イベント。
4月29日(水)に開催予定だったが、延期され、7月18日の開催となった。(7/10更新)



(延期)おおさき食楽まつり
日時:未定
場所:鳴子峡レストハウス特設会場(大崎市鳴子温泉星沼13-5、TEL0229-87-2050)

鳴子峡を会場に行われるご当地グルメの祭典。「鳴子の風」が樽生で飲めた。今年は5/30,31に開催予定だったが延期が決まっている。(5/29更新)



(中止)多賀城ビアサミット2020
日時:未定
場所:JR多賀城駅 南口 駅前公園

多賀城駅前で4年前から開催されているビールイベント。キリンと関わりのあるブルックリンラガーとよなよなエールも飲める。今年の開催は中止となった。(4/2更新)



(未定)ビアホール塩釜館周年記念イベント
日時:未定

昨年は8/1〜9/20に開催され、地ビール90分飲み放題が1,000円だった。


(未定)醸室夏まつり週末ビアガーデン
日時:未定
場所:みちのく古川食の蔵 醸室(かむろ)(大崎市古川七日町3-10、TEL0229-21-1020)

「醸室夏まつり週末ビアガーデン」として毎年6月末から8月上旬の金曜と土曜に開催される恒例の夏祭企画。



(中止)屋外テントガーデンバーベQ
日時:定休日(水曜日)以外 11:00〜14:00、17:00〜21:00
場所:仙南シンケンファクトリー 屋外テント(角田市角田流197-4、TEL0224-61-1150)

毎年夏季の金土には屋外にビアガーデンが設置されてきたが、昨年は曜日に関係なく、予約があれば(4名以上?)昨年初開催された屋外テントでのバーベQプランが適用された。仙南クラフトビール(銘柄不明)が90分飲み放題で、JAPANXポーク300gのバーベQがついたプランが2,980円、JAPANXポークとUSビーフ合わせて300gのバーベQがついたプランが3,980円であった。現在臨時休業中である。(4/20更新)


(未定)
ふるさと花火 in 長沼
日時:未定
場所:長沼フートピア公園(登米市迫町北方字天形161-84、TEL0220-22-7600)

年一回開催される長沼の花火大会に登米市のビアバー「Fillmore」が出店し、会場では海外のビールやクラフトビールが飲めた。昨年は8/13に開催された。


(未定)第9回かくだ酒まつり
日時:未定
場所:仙南シンケンファクトリー(角田氏角田字流197-4、TEL0224-61-1150)

角田産梅のオリジナル梅酒、角田の地酒、そして仙南クラフトビールが一堂に会するイベント。昨年は8/24に開催され、仙南クラフトビールが10種登場した。


(未定)やくらいごちそうフェスティバル
日時:未定
場所:レストランぶな林前特設コーナー(加美郡加美町字味ケ袋薬来原1-81、TEL0229-67-5211)

昨年9/29に開催された「やくらいふれあいカーニバル」の一イベントで、加美町産牛BBQセットの前売り券は1人前券2,700円、3人前券7,500円で抽選券が付いた。やくらいビールのコーナーも設けられた。


(未定)MARUVELO(マルベロ) a marumori
日時:未定
場所:齋理屋敷(伊具郡丸森町字町西25、TEL0224-72-6636)

3年前に初開催された、「自転車と旅とアート」をテーマとしたイベント。マーケットブースには「アンバーロンド」が出店して、ヨーロッパの樽生ビールと瓶ビール、餃子が味わえた。昨年は10/5に開催された。


(未定)白浜ビーチパークディ
日時:未定
場所:白浜ビーチパーク(石巻市北上町十三浜白浜、TEL0225-61-7713)

白浜ビーチパークで時折開催されるイベント。昨年10/27の回は「星空を見上げる防潮堤-星空レストラン-」と題して夜間に開催され、イシノマキファームの「巻風エール」も飲めた。


\Pop-up/石巻Fresh Hop!!クラフトビールスタンド
日時:毎月第3金曜日
場所:Irori Ishinomaki(石巻市中央2-10-2、TEL0225-25-4953)

石巻産のホップで造るクラフトビール「巻風エール」の樽生を地元で楽しむイベント。昨年11/15以降月1回第3金曜日に定期開催される。


第221回鹿島台互市
日時:2020年11月10日(火)〜12日(木)
場所:JR鹿島台駅前商店街

藩政時代の物々交換が始まりといわれ、東北各地で行われる互市(たがいち)。その中でも最大の規模と言われるのが大崎市鹿島台のJR鹿島台駅前商店街で春と秋に行われる鹿島台互市である。春に続いて、明治43年以来、今年で111年目、これが221回目の開催である。当日は200店以上の出店があるが、例年「やくらいビール」が出店し、樽生ビールが飲める。秋は毎年11月10〜12日の開催である。


 福島県内 

(未定)BEER博 IWAKI '20
日時:未定
場所:磐城平城本丸跡地(いわき市平字旧城跡28番地)

4年前の9月に初めて開催されたいわき市初のビールイベント。3年前は7月、一昨年は9月、昨年は5/3〜5に開催された。


(未定)アティ郡山屋上「ツインビアガーデン」
日時:未定
場所:アティ郡山屋上(郡山市駅前1-16-7、TEL024-932-1104)※受付は8F

郡山駅前のアティ郡山で開催される屋上ビアガーデンで、クラフトビールも飲める。昨年は耐震補強工事に伴い、休業だった。


日時:2020年7月10日(金)〜30日(木)
場所:福島県観光物産館(福島市三河南町1-20 コラッセふくしま1F、TEL024-525-4031)

昨年6/14〜7/4に初開催されたイベント。今年も福島県内の5醸造所のビールが揃い、ゆで落花生や川俣シャモなど県産食材を使ったビールに合うおつまみも販売される。(7/10更新)


(未定)大宴会 in 南会津 2020
日時:未定
場所:会津山村道場うさぎの森オートキャンプ場(南会津郡南会津町糸沢西沢山3692-20、TEL0241-66-2108)

南会津で行われる年に一度の音楽祭で、飲食ブースや物販ブースも充実している。地元の「南会津マウンテンブルーイング」が出店し、オリジナルビールを販売する。昨年は6/15に開催された。


(未定)真夏のビールフェア at 福島競馬場
日時:未定
場所:福島競馬場(福島市松浪町9-23、TEL024-534-2121)馬場内さくらんぼ広場

昨年6/29〜7/21の福島競馬期間中、猪苗代ビールや沼津のリパブリュー、アメリカ西海岸のクラフトビールなどが樽生で飲め、福島県内の飲食店も出店した。



(未定)赤べこビアガーデン
日時:未定
場所:星野リゾート磐梯山温泉ホテル(耶麻郡磐梯町大字更科字清水平6838-68、TEL0242-74-5100)

一昨年初開催された、会津地方の郷土玩具「赤べこ」をテーマにしたビアガーデン。猪苗代ビールが飲めた。昨年は7/12〜8/31に開催された。


(未定)第4回天栄村 ブリティッシュヒルズ ふれあいデー
日時:未定
場所:ブリティッシュヒルズ マナーハウス前コートヤード(岩瀬郡天栄村大字田良尾字芝草1-8、TEL0120-131-386)

 天栄村にある「ブリティッシュヒルズ」で開催される「飲んで食べて英国と天栄村の魅力を再発見」するためのイベント。昨年は7/6に開催され、オリジナルの「ブリティッシュヒルズプライドブロンドエール」に加え、那須高原ビール2種も無料で提供された。JR新白河駅から無料送迎バスも運行された。


(中止)ビアフェスふくしま 2020
日時:未定
場所:中合ツイン広場(福島市栄町5-1)

福島の食材を使った料理と、日本と海外の地ビールが楽しめる今年で13回目となるイベント。昨年は7/19〜21に開催され、90銘柄
以上のビールが揃った。国内銘柄は1杯(340ml)500円で、海外銘柄が1杯600円である。今年は残念ながら開催中止となるようである。(5/29更新)


(未定)ベルヴィ郡山館ビアパーティー
日時:未定
場所:ベルヴィ郡山館

郡山市内の結婚式場ベルヴィ郡山館で開催されるビアホール。世界各国のビールが飲めた。昨年は「東南アジア各国をイメージした創作料理の数々」が食べられた。7月中旬から8月中旬の金土日月に開催された。


(中止)会津田島祇園祭
日時:2020年7月22日(水)〜24日(金)
場所:田出宇賀神社・熊野神社(南会津郡南会津町田島宮本甲629)ほか

日本三大祇園祭の一つである、南会津町の会津田島祇園祭には、地元の南会津マウンテンブルーイングが出店している。昨年は2種類のスペシャルエールと骨付きソーセージが味わえた。


(中止)サマーフェスタ 2020<ビール祭>
日時:未定
場所:開成山公園 自由広場(郡山市開成1丁目5)

郡山市で開催される大手メーカーのビールのみのイベントだが、今年で26回目を迎えるという歴史と、5,000人収容の会場規模は東北屈指である。前売券2,000円、当日券2,500円で、入場料とビール引換券2枚と1,000円分の金券がつく。昨年は7/24〜28に開催された。


(中止)第51回福島わらじまつり
日時:2020年8月3日(月)、4日(火)
場所:中合福島店(福島市栄町5-1)1Fピロティ

8/3,4の福島わらじまつりの期間中、ビアフェスふくしまの実行委員会は中合のピロティにて、日本の地ビールや海外のビールを販売した。今年は中止が決定した。(5/29更新)


(未定)ぐるぐるめぐる交流フェスタ in あぶくま洞
日時:未定
場所:あぶくま洞特設広場(田村市滝根町菅谷東釜山1)

その鍾乳石の数と美しさから、全国でも有数の鍾乳洞として知られる 「あぶくま洞」で開催される、県内外からご当地グルメ、名物グルメが大集結する食のイベント。猪苗代地ビールが出店する。昨年は8/17,18に開催された。


(未定)都路ホップガーデンブルワリークラフトビール即売会
日時:未定
場所:大堀相馬焼陶吉郎窯(いわき市四倉町細谷字水俣75-17、TEL0246-38-7855)

昨年8/25に、特別企画展に合わせて開催されたビールイベント。福島県田村市の都路ホップガーデンブルガリーのクラフトビール3種(サーバー限定の樽生ビール、瓶ビール2種)に生ホップをのせて陶吉郎窯特製タンブラーにて飲めた。


(未定)ふくしまフードフェス
日時:未定
場所:開成山公園特設会場 (福島県郡山市開成1-5)

農家、飲食店、酒蔵がコラボするフードイベント。8/25に開催され、福島路ビールが出店していた。


 山形県内 

(未定)BeerMeeting

日時:未定
場所:BeerStorage(山形市七日町2-7-30藤ビル1F、TEL023-625-2232)

時折開催される、世界の様々なビールを楽しむイベント。珍しい銘柄が楽しめる。フードもついて会費は5,000円で、要予約である。


(未定)クラフトビールの会、略して"クラビ会"
日時:未定
場所:THE ARCHIGRAM British Pub & Cafe(ジ・アーキグラム・ブリティッシュ・パブ&カフェ)(山形市十日町2-1-35、TEL023-622-7570)

時折開催される、海外のビールや地ビールなど、毎回テーマを決めて様々なビールが味わえる、以前「(仮)クラフト・地ビールの会」と称していたイベント。会費はフード付きで3,000円である。


(延期)第13回ビア会
日時:未定
場所:CRAFT BEER BAR JAMPY(酒田市中町2-1-11、TEL0234-31-8788)

酒田市にある「CRAFT BEER BAR JAMPY」で2カ月に1回開催されるビールイベントで、樽生ビールとボトルビールがそれぞれ2、3種ずつ用意される。定員20名で、会費はビール代と食事代込みで4,500円である。4月の開催は延期となった。(4/2更新)


(終了)うしとらブルワリー Tap Take Over と アーキグラム12周年祭
日時:2020年2月22日(土)17:00〜
場所:THE ARCHIGRAM British Pub & Cafe(アーキグラム・ブリティッシュパブ&カフェ)(山形市十日町2-1-35、TEL023-622-7570)

毎年恒例の周年祭、今年も昨年好評だった栃木の「うしとらブルワリー」の樽生ビールが飲める。昨年の5種類から今年は7種類に増えるそうで、山形市出身で同ブルワリーのブルワー半田さんがサービングもしてくれるとのことである。(2/7更新)



(終了)アイデンティ&将棋むら 春のビア・パーティー
日時:2020年3月5日(木)〜7日(土)18:30〜20:00
場所:将棋むら天童タワー(天童市大字久野本1273-2、
TEL023-653-3222

将棋むら天童タワーで毎年3月と7月にビア・パーティーが行われる。料金は税別4,000円で、ビール等が飲み放題の他、料理もつく。自前の地ビールはなくなったが、2/22から敷地内で醸造を開始した「ブリューラボ108」のビールもお目見えする。要予約である。(2/26更新)


(延期)The Romp 5th Anniversary 3days
日時:未定
場所:Publichouse & Charcoal The Romp(山形市霞町1-7-1藤田ビル2F、TEL023-674-6678)

山形駅前にあって、樽生も含めた地ビールが飲めるブリティッシュパブスタイルの店「The Romp」の周年イベント。昨年は4/4〜6に開催され、最終日は樽生クラフトビールが500円、1時間飲み放題が1,000円であった。各日とも300〜500円のフードも用意された。今年は延期となった。


(未定)4周年Thanksgiving
日時:未定
場所:BeerStorage(山形市七日町2-7-30藤ビル1F、TEL023-625-2232)

ロンドン亭がBeerStorageになっての「生誕祭」。昨年は5/2〜8に開催され、店内の生ビールがどれでも300円引きで飲めた。


(未定)ビアパーティー
日時:未定
場所:桜桃の花湯坊いちらく(天童市鎌田本町2-2-21、TEL023-654-3311)

年3回開催される、湯坊いちらくが醸造する地ビールがメインのイベントの一つで、会費6,000円で食べ放題の食事と飲み放題の地ビールが楽しめる。要予約。昨年は5/15〜21に開催され、「平成」をテーマにした食べ放題のメニューが用意された。


(延期)東北絆まつり2020山形
日時:未定
場所:山形市内

震災後に始まった東北六魂祭は、東北六県を一巡して終了したが、一昨年からその後継イベントとして「東北絆まつり」が開催されている。今年は山形市での開催が決定していたが、1年の延期が決定した。会場では例年、東北の地ビールも飲める。(4/8更新)


(未定)クラフトビールフェア
日時:未定
場所:タスパークホテル 9F「BAR 誰主?君主!」(長井市館町北6-27、TEL0238-88-1833)

長井市にあるタスパークホテル9Fの「BAR 誰主?君主!(「タスクス」と読む)」で毎年ビールイベントが開催されるが、昨年は「クラフトビールフェア」と題して、タップマルシェの1銘柄ごと売り切れ次第入替の計24種類のクラフトビールがスモールが308円、ラージが608円で飲めた。


(未定)旭銀座のれん会 オクトーバーフェスト
日時:未定
場所:山形市七日町 シネマ通り(旧旭銀座通り)

6月と10月の2回開催される山形市内のオクトーバーフェスト。昨年は6/22に開催され、8種類のドイツビールの樽生が飲め、ソーセージやアイスバイン、生ウインナーなどドイツフードも味わえた。


(未定)パレスグランデール・ビアパーティー
日時:未定
場所:パレスグランデール(山形市荒楯町1丁目17-40、TEL023-633-3313)

毎年開催されているビアパーティーで、飲み放題の生ビールの中にはベルビュー・クリークなど海外のビールも加わる。料理もビュッフェスタイルで食べ放題である。昨年は6/24〜27に開催され、料金は大人8,500円であった。


(未定)アイデンティ&将棋村 夏のビア・パーティー
日時:未定
場所:将棋むら天童タワー(天童市大字久野本1273-2、TEL023-653-3222)

将棋むらブルワリー、果実むらブルワリーの名で地ビール(発泡酒)を醸造している将棋むら天童タワーで毎年3月と7月にビア・パーティーが行われるが、昨年は8/20〜22に開催された。料金は4,000円(要予約)で、地ビールが飲み放題の他、料理がハーフバイキングで食べられた。


(未定)トラベリング・ビアホール2020
日時:未定
場所:ホテルリッチ&ガーデン酒田1Fスカンジナビア(酒田市若竹町1-1-1、TEL0234-26-1115)

酒田市内のホテル、ホテルリッチ&ガーデン酒田で開催されるビアホール。7月上旬から8月末まで断続的に開催され、昨年は「旅するように世界をめぐるビアホール」として、7月はアジア・オセアニア、8月は欧米がテーマの料理が楽しめた。前売券は金土が4,700円、日〜木が4,500円で、200円の「クラフトビアオプション」で世界のクラフトビールも味わえた。


(未定)桜桃の花湯坊いちらくビアガーデン2020
日時:未定
場所:湯坊いちらく 「さくらんぼテラス」(天童市鎌田本町2-2-21、TEL023-654-3311)

敷地内に醸造所「天童ブルワリー」を持つ温泉ホテル「湯坊いちらく」で開催されるビアガーデン。2名以上の申し込みで、同ホテルの野外テラスを会場に焼肉と海鮮焼きがメインの料理に90分飲み放題がつく。飲み放題メニューの中に「天童ブルワリー」の地ビールが含まれる。昨年は7/13〜8/3に開催され、温泉入浴付(タオル付)で1人3,800円であった。


(未定)天童ホテルサマービアフェスタ
日時:未定
場所:天童ホテル(天童市鎌田本町2-1-3、TEL023-654-5511)

毎年恒例のイベント。昨年は7/16〜18に開催され、飲み放題のビールにクラフトビールも加わった。


(中止)山形花笠まつり
日時:2020年8月5日(水)〜7日(金)
場所:山形市十日町・本町七日町通り〜文翔館

山形花笠まつりの期間中、みずほ銀行山形支店の南隣「れんげ草」敷地内で「Rough roLL」が出店していて、昨年も海外ビール4種が樽生で飲めた。前日祭にはのし梅本舗佐藤屋本町店前(山形市本町2-4-62、TEL023-622-2433)に「BeerStorage」が出店した。今年はまつりの中止が決定した。(5/7更新)


(未定)た〜んとほおバルフェスタ in ひがしね 2020
日時:未定
場所:東根市民体育館駐車場(東根市東根乙1119-1、TEL0237-42-2311)ほおバル特設会場

正式名称は、「た〜んとほおバルフェスタ 肉の祭典 OKTOBERFEST オクトーバーフェスト in ひがしね 2019」。昨年は9/13〜15に開催された。イベントは大きく3つに分かれ、このうち、「ひがしね×オクトーバーフェスト」は「市内及び友好都市で食されているグルメやドイツで食されているグルメ・ビールが集結!」とあり、ドイツビールが飲めた。


(未定)第4回オクトーバーフェストin中山
日時:未定
場所:ひまわり温泉ゆ・ら・ら前交流広場

3年前に初開催されたイベント。昨年は9/7に開催され、海外ビール(主にドイツ)8種類が販売された他、地ビール月山も登場した。ビール2杯とおつまみ券300円×2の前売り券は2,000円、ビール2杯のみの前売り券は1,500円であった。


(未定)まるごと西川 三山祭り

日時:未定
場所:道の駅にしかわ(西村山郡西川町大字水沢2304、TEL0237-74-2100)

1974年に廃線になった三山電車をモチーフにしたイベント。昨年は10/6に開催され、地酒・地ワイン・地ビールの「三酒まつり」が開催された。前売り券は1,500円で、当日は2,000円である。他に要予約だが、月山山菜そばの新そばまつりなども開催された。


(未定)中町フェス
日時:未定
場所:中町モール(酒田市中町5)

昨年10/6に開催された、南三陸チャリティーライブ・ロックインサカタ、SAKATA MUSIC FESTIVAL、中町肉フェスからなるイベント。中町肉フェスに「CRAFT BEER BAR JAMPY」が出店していた。


(未定)旭銀座まつり&シネマ通りマルシェ
日時:未定
場所:山形市七日町 シネマ通り(旧旭銀座通り)

昨年10/12に開催された第9回街なか賑わいフェスティバルの中の上記イベントに、「BeerStorage」が出店した。


(未定)月山地ビールオクトーバーフェストin弦円庵
日時:未定
場所:弦円庵(寒河江市元町1-19-1、TEL0237-86-3866)

昨年10/12に初開催された月山ビールとのコラボイベント。参加費5,000円で弦円庵の創作料理と月山ビールの樽生4種が楽しめた。


(未定)第10回オクトーバーフェスト in 東北ハム
日時:未定
場所:東北ハム駐車場(鶴岡市宝田3-6-58鶴岡東工業団地内、TEL0235-28-0086)

鶴岡市にある東北ハムが主催のオクトーバーフェスト。自慢のウィンナー、フランク、ベーコン、ハム、ソーセージが食べられる他、ドイツビールも飲めた。不揃い品即売会やウィンナー詰め放題、ウィンナー教室、大抽選会なども催される。昨年は10/13の予定だったが、台風の影響で中止となった。


(未定)山形駅前ハロウィンパーティーFIESTA
日時:未定
場所:欧州酒場DonDonTei、居酒家 紅月、居酒屋 田々、The ROMP、SLOW JAM、Bar Karakahl、Bistro&Bar Robinson、50's cocktail's bar Cool、フェニックス、ぶどう酒食堂Bacchanale、YAMAGATA 1971、Ritz Garden、Little Diners

山形駅前の様々な飲食店ではしご酒で楽しむイベント。一昨年までは「FIESTA Vol.〜」と呼ばれていたが、店舗数が大幅に増えた昨年は「山形駅前最大のハロウィンパーティー」と銘打って10/27に開催された。ドリンク4枚+フード1枚の5枚つづりのチケットが前売2,500円、当日3,500円であった。


(未定)第7回山形ビッグウィングフェスティバル
日時:未定
場所:山形ビッグウィング(山形市平久保100、TEL023-635-3100)

村山地域7市7町のうまいものフェアを中心としたイベント。「山形市伝統的工芸品まつり」と「みちのくこけしまつり」も併催される。昨年は11/30,12/1に開催され、西川町からは他の特産品と共に地ビール月山が登場した。



 岩手県内 

(中止)ARIV北上店ビール会
日時:2020年4月21日(火)19:00〜
場所:ARIV(アリーブ)北上店(北上市大通り1-3-27入山北ビル1F、TEL0197-61-0484)

北上駅前にある地ビールが飲めるビアダイニング、ARIV北上店で毎月開催されているビールイベント。会費は税別4,000円である。今回のテーマは「春野菜とベアレンビール」である。休業に伴い中止となった。(4/20更新)


(未定)ARIV盛岡店ビール会
日時:未定
場所:ARIV(アリーブ)盛岡店(盛岡市大通3-3-18 ホテル東日本B1、TEL019-621-4055)

ホテル東日本の地下にあるARIVの盛岡店でも時折ビール会が開催されている。


ニモクビール会
日時:毎月第2木曜日19:30〜
場所:ヌッフ・デュ・パプ(盛岡市大通2-4-22サンライズタウン4F、TEL019-651-5050)

月1回毎週第2木曜日に開催される、ベアレンのビールと世界のビールを楽しむ気軽な会。会費は4,000円である。


材木町ビール会
日時:毎月第4木曜日19:00〜
場所:ビアパブベアレン材木町(盛岡市材木町7-31、TEL・FAX019-626-2771)

毎月第4木曜日に開催されている、テーマに合わせたベアレンビールと料理を楽しむ会。会費は3,500円である。


中ノ橋ビール会

日時:毎月第1火曜日19:00〜
場所:ビアバーベアレン中ノ橋(盛岡市中ノ橋通1-1-21、TEL・FAX019-651-6555)

毎月第1火曜日に開催される、ビール初心者からエキスパートまで幅広く楽しめるベアレンのビール会。会費は4,000円である。


菜園ビール会

日時:毎月第3水曜日19:30〜
場所:菜園マイクロブルワリー with Kitchen(盛岡市菜園一丁目5-10グリムハウス1F、TEL019-606-0171)

毎月1回第3水曜日に開催される、初心者のためのベアレンのビールと世界のビール、旬の食材を使った料理を楽しむ会。会費は3,500円である。「クッチーナ」がベアレンの「菜園マイクロブルワリー with Kitchen」となったが、変わらず開催されている。


日時:毎月第2・第4木曜日19:00〜22:00
場所:ハンバーグレストラン ベル大通店(盛岡市大通1丁目4-7、TEL019-629-2245)

全国の「びっくりドンキー」の第一号店として知る人ぞ知る、盛岡のハンバーグレストラン「ベル」で毎月2回開催されているビールイベント。参加費2,100円で、系列の小樽ブルワリーで醸造されたドイツスタイルのビール3種が飲み放題である。空きがあれば当日参加も可である。


(終了)遠野クラフトビールナイト vol.15〜三陸ジンジャーナイト〜
日時:2020年1月25日(土)18:30〜21:00
場所:遠野醸造TAPROOM(遠野市中央通り10-15、TEL0198-66-3990)

「ビール好きの、ビール好きによる、ビール好きのためのゆるりとした飲み会」。今回のテーマは「三陸ジンジャーナイト」で、陸前高田で栽培されている生姜を使ったコラボビール「三陸ジンジャーゴールデン」がお披露目される。参加費は2,000円で、1ドリンクと「特製しょうが5種盛りプレート」が付く。


(終了)決算在庫一掃!がっつりビールパーティ
日時:2020年1月30日(木)19:00〜22:00
場所:菜園マイクロブルワリー with kitchen(盛岡市菜園1-5-10グリムハウス1F、TEL019-606-0171)

昨年も開催された、ベアレンビールと世界のビール全40種類以上がほぼ飲み放題状態となる「年に一度の大盤振る舞い」のイベント。参加費3,500円で、申し込みは不要、ビュッフェ方式の立ち飲みスタイルである。


(終了)遠野醸造 × 三陸ジンジャー ナイト
日時:2020年2月7日(金)18:00〜21:00
場所:箱根山テラス(岩手県陸前高田市小友町字茗荷1-232、TEL0192-22-7088)

遠野醸造が陸前高田で栽培されている無農薬の生姜「三陸ジンジャー」を使った「三陸ジンジャーゴールデン」を醸造したことが縁で陸前高田で開催されるビールイベント。参加費4,000円で遠野醸造のクラフトビール3種にビュッフェ形式の食事がつく。ビールの追加はキャッシュオンでオーダー可。(1/15追加)



(終了)花巻初上陸!遠野醸造がmeinnにやってくる2020
日時:2020年2月15日(土)18:30〜21:30
場所:ゲストハウスmeinn(花巻市末広町2-13、TEL0198-33-4167)

花巻市内のゲストハウスmeinnで開催されるビールイベント。参加費4,000円で遠野醸造の3〜4種のビールが飲み放題で、フードも食べ放題である。(1/15追加)


(終了)ベアレン 冬のビールフェスト in マリオス展望室 2020
日時:2020年2月15日(土)17:00〜20:00
場所:マリオス20F展望室、カフェテラス「スカイメトロ」

盛岡駅前西口のマリオスの展望室を貸し切りにして開催されるビールイベント。前売り券2,100円(当日券なし・要グラス持参)で3時間ベアレンビールが飲み放題となる。展望室内のカフェテラス「スカイメトロ」ではビールに合う料理の販売ブースが設けられる。(1/15追加)


(終了)いわて蔵ビール周年祭 まさかの真冬のビアフェスタ!
日時:2020年2月22日(土)11:00〜16:00、23日(日)11:00〜15:00
場所:世嬉の一酒造(岩手県一関市田村町5-42、TEL0191-21-1144 )

いわて蔵ビールの冬のビールイベント。音楽あり、出店あり、足湯ありで、周年祭ビールが登場する他、先着50名様に「わんかっプリン」がプレゼントされる。お得な前売りチケットも発売される。


(中止)ベアレン レストラン大感謝祭

日時:2020年2月29日(土)12:00〜16:00
場所:盛岡八幡宮 参集殿(盛岡市八幡町13-1、TEL019-652-5211)

ベアレンビール直営のレストランによる初の合同イベント。前売りチケット2,100円(当日チケット3,100円)でベアレンビールが飲み放題である。残念ながら開催が中止された。(3/2更新)


(中止)Cider Night! ベアレン醸造所×遠野醸造の洋梨を使ったサイダーの収穫祭
日時:2020年3月6日(金)16:00〜22:00
場所:Azumane倉庫(紫波郡紫波町下松本字上渡89-3、TEL019-601-2855)

地元紫波農園の洋梨で造ったサイダーが楽しめるイベント。ベアレンが「バートレット」、遠野醸造が「ラ・フランス」を使ったサイダーを提供する。入場料1,500円でまず2つのサイダーが飲め、あとはキャッシュオンで合計8タップのサイダーやビールが飲める。※開催中止となった。(3/6更新)



(延期)第3回ベアレンビールまつり マルカンビル大食堂
日時:未定
場所:花巻マルカンビル大食堂(花巻市上町6-2、TEL0198-29-5588)

見事復活したマルカンビル大食堂の周年日に合わせて、一昨年、昨年の2月に「ベアレンビールまつり」が開催された。3/21から5/23に延期されていたが、再度の延期が決まった。(5/7更新)


(未定)三陸ビールを楽しむ会@kerasse
日時:未定
場所:すみたのだいどころkerasse(気仙郡住田町世田米字世田米駅13、TEL0192-22-7828)

昨年3/23に開催されたイベント。参加費は5,000円で、三陸ビール3種飲み放題に、ビールに合う食事「kerasse特別メニュー」7種類のビュッフェが付いた。


(中止)ベアレンビールスプリングフェスト
日時:未定
場所:ベアレン醸造所敷地内特設会場(北山工場前)(盛岡市北山1-3-31、TEL019-606-0766)

2,400円の前売りチケットを買うと(当日券なし)、ベアレン醸造所の敷地内でベアレンビールが最大5時間飲み放題となるイベント。フードコーナーでは各種つまみや料理の販売がある。昨年は4/28,29,5/2,3に開催され、チケットは各日400枚限定であった。盛岡駅前からシャトルバスも運行した(片道200円)。合間の4/30,5/1には「勝手にスプリングフェスト」も開催され、ビール1杯が400円で販売された。今年は中止となった。(4/8更新)


(未定)ありがとう3周年!きゃっせん黄金週間
日時:未定
場所:キャッセン大船渡(大船渡市大船渡町字野々田10-3)

大船渡駅前の商業施設キャッセン大船渡の周年記念イベントがゴールデンウィーク期間に開催されるが、昨年5/2,3には三陸ビールが出店し、定番2種と新作1種が飲めた。


(未定)遠野醸造taproom2周年感謝week!!
日時:未定
場所:遠野醸造TAP ROOM(遠野市中央通り10-15、TEL0198-66-3990)

昨年5/3〜10に遠野醸造TAP ROOMオープン1周年のイベントが開催され、周年記念の超限定ビールのリリースなどが行われた。


(未定)ほんまるまるしぇ
日時:未定
場所:まちなか広場・ほんまるの家(陸前高田市高田町字大町39)

昨年5/2〜4に陸前高田のまちなか広場で開催されたイベントで、最終日に三陸ビールが出店した。


(未定)ベアレン×野田村スプリングフェスト2020
日時:未定
場所:村民広場特設会場(野田村役場前)

前売りチケット2,000円、当日入場チケット3,000円でベアレンビールが飲み放題となるイベント。フードコーナーには地元の7店が出店した。昨年は5/26に開催され、往復1,575円で盛岡と会場を結ぶバスも運行された。


(中止)第12回食楽まつり
日時:未定
場所:食楽日和(盛岡市中ノ橋通1-8-2、TEL019-622-2580)

浅沼醤油店の直営店「食楽日和」(くらびより)で年1回開催されるイベント。「くらマルシェ」にベアレンビールが出店した。今年は6/13,14に予定されていたが中止となった。(5/29更新)


(未定)町家deビアパーティー
日時:未定
会場:もりおか町家物語館 風の広場(盛岡市鉈屋町10-8)

昨年6/15に開催された、あさ開とベアレン醸造所の4種類のビールが飲み放題で楽しめるイベント。入場料は前売2,500円、当日3,000円で、軽食販売もあり、フード持込も可だった。


(未定)APPI HAPPY 花火大会 全国和牛フェストグルメ&ビールとワインとウィスキー
日時:未定
場所:安比プラザ2Fプラザホール特設会場(八幡平市安比高原、TEL0195-73-5010)

6月に3回開催される花火大会に合わせて開催されるグルメイベント。昨年は6/15,22,29の開催で、全国8種の和牛の料理や三陸産の魚介が味わえる他、ベアレンを始め世界各国のビールも瓶で用意された。専用チケットは10枚2,500円、追加1枚250円で販売された(ビールは2枚で交換)。


(未定)ベアレンビール祭り with イハナマーケット in 花巻
日時:未定
場所:花巻市上町通りエセナ跡地(花巻市吹張町12-16)

一昨年初開催された、
前売りチケット2,500円、当日チケット3,500円でベアレンビールが飲み放題となるイベント。昨年は5/18の開催だった。イハナマーケットの30店舗との共催で、フードブースも20店舗あった。


(未定)第10回Moriokaワインフェスティバル2020
日時:未定
場所:ホテルニューカリーナ2F(盛岡市菜園2−3−7、TEL019-625-2222)

4,000円の前売りチケットで、岩手ワインと輸入ワイン30社100種類のワインが味わえるイベント。別料金とはなるが、会場にはベアレンビールも出店し、ワインだけでなく樽生ビールも味わえた。6/16に開催された。


(未定)いわて幸せ大作戦!!いわてクラフトビールまつり
日時:未定
場所:盛岡駅前 滝の広場

昨年、JR東日本盛岡支社によって開催されたいわて春の観光キャンペーン「いわて幸せ大作戦!!〜美食 ・ 絶景 ・ イベント『黄金の國、いわて。』〜」の節目となったイベント。岩手県内の6つのクラフトビール醸造所とスプリングバレーブルワリーが出店すると共に、地元飲食店7店舗も出店した。



(未定)介寿荘 夏のご宴会プラン

日時:未定
場所:アートホテル盛岡(盛岡市大通3-3-18)

昨年7/1〜8/31の間のプラン。料理7品で2時間飲み放題付5,000円(税別)で、飲み放題の中にベアレンクラシックの樽生が含まれており、料理の中にも「ベアレンビール揚げ」や「べアレンビール漬け」などがあった。+1,000円(税別)の「プレミアム飲み放題」では飲み放題の中に銀河高原ビールが加わった。


(未定)いわての地ビールフェア
日時:未定
場所:八幡平マウンテンホテル 石窯ダイニング白樺(八幡平市松尾寄木1-509-1、TEL0195-78-4111)

八幡平山麓にある八幡平マウンテンホテルのレストラン「石窯ダイニング白樺」で一昨年から開催されている地ビールフェア。昨年は7/16〜8/31に開催され、ベアレンビール、いわて蔵ビール、銀河高原ビールが各種揃った。


(未定)ZUMONAビールまつり in 蔵の道 2020
日時:未定
場所:Kitchen of the earth Koyomina(コヨミーナ) レストラン&中庭(遠野市中央通り4-6、TEL0198-68-3290)

今年で15回目を迎えるイベント。昨年は7/18,19に開催され、遠野の定番ビール、限定ビールが味わえた。


(未定)ベアレンビアフェスト in 衣里 2020
日時:未定
場所:長者ヶ原廃寺跡(奥州市衣川区田中西38)特設会場

「1000年前の遺跡でビールを飲もう!」という趣旨で3年前に初開催された、ベアレンビールが飲み放題となるイベント。昨年は7/6に開催され、前売りチケットは2,000円であった(当日券なし)。


(未定)ビアパブベアレン材木町店12周年・ビアバーベアレン中ノ橋店10周年合同周年記念パーティ
日時:未定
場所:ビアパブベアレン材木町店(盛岡市材木町7-31、TEL019-626-2771)、ビアバーベアレン中ノ橋店(盛岡市中ノ橋通1-1-21、TEL019-651-6555)

昨年7/9にビアパブベアレン材木町店11周年とビアバーベアレン中ノ橋店9周年を記念してパーティーが行われた。立食形式で、どちらの店を行き来しても2,000円で飲み放題だった。


(未定)山形村短角牛バーベキュー&ベアレンビールフェス IN 久慈
日時:未定
場所:久慈市中町イベント広場(久慈市中町1丁目67)

山形村短角牛のバーベキューが味わえるイベント。昨年は7/14に開催され、前売りチケットは山形短角牛バーベキューチケット、ベアレンビール飲み放題チケットとも各2,000円、セットで500円引きとなった(当日チケットはバーベキューチケットが2,500円、ビール飲み放題チケットはなし)。盛岡から無料シャトルバスも利用できた(要申込、先着順)。


(未定)もりおかsummerガーデン〜岩手の肉&ビアフェスティバル〜
日時:未定
場所:盛岡八幡宮特設会場

昨年7/19〜21に開催された、岩手県内の地産地消の飲食店が提供する肉料理が食べられ、ベアレンビールが飲めるイベント。1セット2,000円のチケットを会場で購入して料理やドリンクと引き換えられた。


(中止)盛岡さんさ踊り
日時:2020年8月1日(土)〜4日(火)
場所:もりおか歴史文化館前(盛岡市内丸1-50)マチナカ屋台村他

岩手を代表する夏祭り「盛岡さんさ踊り」の期間中、ベアレンビールが飲める。昨年は三陸復興応援屋台村(もりおか歴史文化館前)(15:00〜20:30)、芳本酒店前(17:00〜21:00)、ワインとチーズのお店よしだ屋前でベアレンビールが樽生で飲めた。今年の開催は中止となった。(5/29更新)


(未定)オガール祭り2020 ビアフェスト
日時:未定
場所:紫波中央駅前オガール広場(紫波郡紫波町紫波中央駅前2-3-3)

7/31〜8/4の「オガール祭り」の期間中、オガール広場に巨大テントが設営され、オクトーバーフェストのような雰囲気のビアフェストが開催され、ベアレンビール樽生3種と紫波の食材を使ったフードが楽しめる。


(未定)盛岡七夕祭り

日時:2020年8月4日(火)〜7日(金)
場所:肴町商店街アーケード(鍵屋前)

盛岡七夕祭り会場でもベアレンビールが飲める。昨年も鍵屋前(中ノ橋通りから入ってすぐ右側)で飲めた。


(未定)安比ロッキーイン2周年記念!バーベキュー・クラフトビール飲み放題宿泊プラン
日時:未定
場所:安比ロッキーイン(八幡平市安比高原605-64、TEL090-9030-1314)

「泊まれるビアバー」がコンセプトの安比ロッキーインで、昨年7/29〜9/1に周年イベントが開催され、10,000円で1泊、牛豚の塊肉のバーベキュー、クラフトビール90分飲み放題、朝食が付いた。


(未定)ベアレンビール祭り IN ふだい 2020
日時:未定
場所:普代浜園地キラウミ(下閉伊郡普代村第7地割)

今年で7回目となるベアレンのイベント。昨年は8/11に開催され、前売りチケット2,000円でベアレンのビールが飲み放題である。地元普代村から海の幸などのフードコーナーも多数出店し、+2,000円の料金で盛岡駅前からの往復送迎バスも出た。


(未定)しずくいし工場ビールまつり
日時:未定
場所:七ツ森ヴィレッジ(岩手郡雫石町沼返19-53)

昨年5月に稼働し始めたばかりのベアレン醸造所雫石工場のある七ツ森ヴィレッジで8/18に初開催されたイベント。工場見学やワークショップのある「ベアレン工場フェス OPEN THE DAY」、飲み放題のベアレンビールと雫石の食で盛り上がる「ホップ収穫祭」の2つのイベントが開催され、ホップ収穫祭のベアレン飲み放題チケット(前売のみ)は2,000円であった。



(未定)ベアレンビアフェスタかもん金ヶ崎2020
日時:未定
場所:金ヶ崎駅前イベント広場

今年で8回目となる、ベアレンビールが飲み放題となるイベント。昨年は8/18に開催され、前売りチケット2,100円で当日チケットはなかった。フードコーナーには地元からの出店があった。


第23回全国地ビールフェスティバル in 一関
日時:2020年8月21日(金)〜23日(日)
場所:一関文化センター前広場(一関市大手町2-16)

全国各地の地ビールが一堂に会する、東北のビールイベントの中でも一大イベント。今年で23回目と、東北のビールイベントでは郡山の「ビール祭」に次ぐ歴史を誇る。今年は8/21〜23の開催が決定したが、その後通常とは異なる形での開催となる旨アナウンスがあった。(7/10更新)


(中止)遠野ホップ収穫祭2020
日時:2020年8月22日(土)、23日(日)
場所:蔵の道ひろば 特設会場(岩手県遠野市中央通り4-28)

遠野産ホップと畑の恵みの収穫を祝う、ビールと食の祭典。バラエティ豊かなラインナップのビールとビールに合うおつまみが楽しめ、ホップ畑見学ツアーなどが実施された。今年は8/22,23の開催が決まっていたが、中止が決定した。(7/10更新)


(未定)ベアレン工場前1日限りのキャンプサイト
日時:未定
場所:ベアレン醸造所北山工場敷地内

工場前の敷地を開放して行う、持ち込み自由でベアレンビール飲み放題のイベント。
昨年は8/25に開催され、食べ物、焼き台、炭、イス、テーブル、ジョッキなどは用意する必要があるが、1,500円で飲み放題であった。


(未定)ベアレンビアフェスト in キャッセン大船渡
日時:未定
場所:キャッセン大船渡(大船渡市大船渡町野々田10-3)

3年前から開催されている、ベアレンビールが飲み放題となるイベント。JR大船渡駅前の商業施設キャッセン大船渡とのコラボイベントで、キャッセンの飲食店によるフードコーナーもある。前売りチケットは2,000円(当日3,000円)で、昨年は9/8に開催された。


(未定)ベアレン ビアフェスト in サラダファーム
日時:未定
場所:サラダファーム特設会場(八幡平市平笠2-6-333)

八幡平の「食と癒しの空間」サラダファームで昨年9/8に初開催されたベアレンビールが飲み放題となるイベント。前売りチケットは2,000円、当日チケットは3,000円で、いずれもビール飲み放題とガーデンパーク入園料が含まれていた。


(未定)ベアレンビアフェスト 紫波町オガール広場 2020
日時:未定
場所:オガール広場(JR紫波中央駅徒歩5分)

ベアレンビールが最大4時間飲み放題となるイベント。昨年は9/15に開催され、前売りチケットは2,000円で当日チケットはなかった。


(未定)ベアレンオクトーバーフェスト2020
日時:未定
場所:ベアレン醸造所敷地内特設会場(北山工場前)(盛岡市北山1-3-31、TEL019-606-0766)

岩手県内各地で開催される
ベアレンビールのイベントの中でも最大のイベント。チケット購入でベアレンビールが飲み放題である他、地元飲食店も出店し、フードメニューも充実している。完全前売り制とで当日券はない。昨年は9/21〜24に開催され、前売りチケットは日によって2,800〜3,300円だった。


(未定)ベアレン 赤レンガビール祭り 2020 in 盛岡ふれあい覆馬場プラザ
日時:未定
場所:盛岡ふれあい覆馬場プラザ(盛岡市青山二丁目6-8)

今年で9回目となるイベント。昨年は10/13に開催予定だったが台風で中止となっり11/10に開催された。1杯目500円、お代わり300円で、容器を返却すると200円が返金された。


(未定)FRESH HOP FEST(フレッシュホップフェスト) WEEK in 遠野
日時:未定
場所:遠野醸造TAPROOM(遠野市中央通り10-15、TEL0198-66-3990)、あえりあ遠野(遠野市新町1-10、TEL0198-60-1700)

毎年10月に、その年に収穫した国産ホップでつくったビールを解禁!という趣旨で5年前から開催されているイベント。昨年は10/21〜28にフレッシュホップフェストWEEKとして開催され、遠野醸造TAPROOMを会場に、市内外のブルワリーで造られた遠野産フレッシュホップビール(10種類程度)が順次繋がれた。


(未定)しずくいし産業まつり
日時:未定
場所:雫石町総合運動公園(岩手郡雫石町高前田104)

昨年10/19,20に開催されたしずくいし産業まつりには、雫石に工場をつくったベアレンも出店して、缶と瓶、それに樽生のビールを販売した。雫石の「しずくいしホップチャレンジ」のホップを使用して仕込んだスペシャルビールも樽生で飲めた。 


(未定)遠野醸造創業祭2020
日時:未定
場所:遠野醸造TAPROOM(遠野市中央通り10-15)

遠野醸造の周年イベント。昨年は11/28に開催され、遠野市の姉妹都市であるチャタヌーガに焦点を当て、チャタヌーガのムーンパイビールの開栓、チャタヌーガの何かを使った超限定ビールの開栓、チャタヌーガのアメリカンフードの提供などが行われた。


 秋田県内 

クラフトビールを楽しむ会

日時:奇数月第3水曜日
場所:ビアカフェあくら(秋田市大町1-2-40、TEL018-864-0141)

奇数月の第三水曜日に開催されているあくらビール主催のイベント。毎回テーマが決まっていて多様なビールが楽しめる。ほぼ毎回ビール4種類とあくらビール2種類に料理がついて会費は3,500円である(要予約)。


(終了)昼からビール天国 クラフトビールとソーセージ飲食放題!
日時:2020年1月19日(日)12:00〜22:00
場所:BEER FLIGHT(秋田市南通亀の町4-15、TEL018-838-4773)

毎年冬に何度か開催されるイベント。60分間クラフトビール5種類が飲み放題で、合わせられる料理も食べ放題である。今回はポルミートのジャンボソーセージが食べ放題である。料金は3,500円で、さらに60分の延長料金は1,000円である。


(終了)生ハム原木を囲んで飲むイベント
日時:2020年2月11日(火)15:00〜18:00
場所:酒場 戸隠(秋田市山王2-7-29 2F、TEL018-863-8699)

河辺にある「山の学校 北の風」で生産した2年熟成の生ハムが食べ放題(おつまみ付き)、クラフトビールとワインが飲み放題で参加費は税込6,000円である。(2/7追加)



(終了)昼からビール天国 餃子Party #2
日時:2020年2月16日(日)12:00〜22:00
場所:BEER FLIGHT(秋田市南通亀の町4-15、TEL018-838-4773)

この時期恒例の「昼からビール天国」、今回はクラフトビールを含む樽生ビール6種類が飲み放題、宇都宮直送ジャンボ餃子が食べ放題で、60分税込3,000円、延長60分税込1,500円である。(2/7追加)


(中止)初登場!牛久醸造場のビールと牛喰う会
日時:2020年3月7日(土)19:00〜22:00
場所:酒場 戸隠(秋田市山王2丁目7-29 2F、TEL018-863-8699)

茨城県牛久市にあったシャトーカミヤ牛久ブルワリーにいた角井さんが新たに立ち上げた牛久醸造場のビールが飲めるイベント。牛久にちなんで牛を喰うことにしたとのこと。会費は5,000円で、3時間食べ飲み放題である。※開催中止となった。(3/6追加)



(終了)東北魂ビールプロジェクト7種同時開栓!
日時:2020年3月20日(金)17:00〜2:00
場所:BEER FLIGHT(秋田市南通亀の町4-15、TEL018-838-4773)

昨年に続き、東北魂ビールプロジェクトにて醸造された「春霞IPA〜Foggy Spring IPA〜」7種が同時開栓される。3/8からスライド開催される予定である。(3/10更新)


(延期)秋田初!!遠野醸造Tap Room!
日時:2020年3月14日(土)18:00〜21:00
場所:Hostel&Bar CAMOSIBA(横手市十文字町曙町7-3、TEL0182-23-5336)

秋田で遠野醸造のビールとサイダーが飲める初めてのイベント。会費3,000円で3時間飲み放題である。定員は約30名で要予約である。※開催延期となった。(3/6更新)


(終了)戸隠50周年ありがとう企画 3・4月限定 五臓六腑満足コース
日時:2020年3月2日(月)〜4月30日(木)
場所:酒場 戸隠(秋田市山王2丁目7-29-2F、TEL018-863-8699)

この4月で50周年を迎える酒場戸隠の周年企画。クラフトビール樽生6種の他、地酒約50種なども2時間飲み放題で、8品の料理もつく。1名6,000円で、3名以上、前日までの予約が必要である。(3/2更新)


(未定)Kamenocho 2020 Spring Beer Festa
日時:未定
場所:KAMENOCHO STORE、BEER FLIGHT(秋田市見浪通亀の町4-15ヤマキウビル1F、TEL018-838-4773)

昨年4/21、「KAMENOCHO STORE」と「BEER FLIGHT」を会場に、10種類以上のクラフトビールと、普段提供していないビールに合うスペシャルフードが楽しめた。前売りチケットは6枚綴りで税込3,000円、当日チケットは5枚綴りで税込3,000円。チケット1枚で、ビール1杯かフード1品と引替えできた。


(未定)第13回うご牛まんまフェスティバル
日時:未定
場所:五輪坂温泉としとらんど 野外特設会場(雄勝郡羽後町足田五輪坂下43-4、TEL0183-62-4126)

羽後町産黒毛和牛一頭分が食べられるイベント。焼肉250gパック2,500円、ステーキ250g1枚3,500円、羽後牛カレー一食700円、で「まんま」(羽後町産あきたこまち)は無料である。昨年は4/29に開催され、羽後麦酒が出店して、樽生と瓶でビールが飲めた。


(未定)あきた地ビールフェスタ2020
日時:未定
場所:エリアなかいち にぎわい広場(秋田市中通1-4-3)

昨年4/30〜5/6に初開催された、ABS秋田放送主催のイベント「あきたラーメンフェスタ」と同時開催のイベント。SUMMIT、田沢湖ビール、あくらビール、湖畔の杜ビールが出店した。


(未定)Beer Flightを飲み干せ!! 2020 ゴールデンウィーク
日時:未定
場所:BEER FLIGHT(秋田市南通亀の町4-15ヤマキウビル1F、TEL018-838-4773)

毎年恒例となっている、ゴールデンウィーク最終日5月6日のイベント。同店の樽生ビール11種類が3時間飲み放題となる。昨年は5/6の開催で、会費は5,000円(税込)でおつまみ、スナック付き、フードの持ち込みも可だった。


(未定)これが秋田だ!食と芸能大祭典2020

日時:未定
場所:アゴラ広場、エリアなかいち

4年前に初開催された、秋田県内各地の食文化や郷土芸能が一堂に会するイベント。昨年は5/24〜26に開催され、4つの会場のうち、アゴラ広場の「あきたグルメ屋台&演舞ステージ」には田沢湖ビールとあくらビールが出店し、エリアなかいちの五城目町ブースでは五城目ラズベリースタウトが販売された。


(未定)あくらカニ喰い祭り2020
日時:未定
場所:あくら広場(秋田市大町1-2-40、TEL018-864-0141)

毎年恒例となった秋田・金浦港直送の「紅ズワイガニを喰らいつくすイベント」。昨年は6/9に開催され、地元で水揚げされた特大の紅ズワイガニが2杯、料理5品、あくらビールが飲み放題で、会費5,500円であった。


(中止)東北地ビールフェスティバル in 秋田 2020
日時:未定
場所:エリアなかいち にぎわい広場(秋田市中通1-4-3)

東北6県の地ビールが揃う貴重なイベント。普段あまりビールイベントに参加しない青森の奥入瀬ビールや宮城の仙南クラフトビールも飲めるほか、4年前からは北海道のノースアイランドビールも参加し、事実上「北海道・東北地ビールフェスティバル」となっている。東北ミートフェスティバルも同時開催で、東北各地の肉料理も食べられた。昨年は6/14〜16に開催されたが、今年は中止が決定した。(5/29更新)


(未定)HAPPY BIRTHDAY ORAE21周年
日時:未定
場所:湖畔の杜レストランORAE(仙北市田沢湖田沢字春山37-5、TEL0187-58-0608)

湖畔の杜ビールのレストランORAEの20周年を記念して、昨年は6/1〜30の期間中、20周年記念版「2500えんdeディナーコース」、「20thバースデー特別メニュー」などが登場した。


(未定)世界のクラフトビール&絶品のマリアージュ
日時:未定
場所:グランドパレス川端・本館2F(大仙市大曲浜町7-39、TEL0187-62-0354)

一昨年7/1に初開催された、日本、ベルギー、ドイツ、アイルランドの7種類のクラフトビールとマリアージュ料理が楽しめるイベント。料理はビュッフェ形式で、料金は6,000円であった。


(未定)うごBBBQ(ビア・バーベキュー) in 端縫いの郷
日時:未定
場所:道の駅 端縫いの郷(雄勝郡羽後町西馬音内字中野200、TEL0183-56-6128)

昨年7/6,7に、羽後町の道の駅「端縫いの郷」3周年と羽後麦酒2周年を記念して開催されたイベント。羽後麦酒が飲め、ステーキやビア缶チキンが食べられた。5枚綴りの「前売りビアチケット」は2,000円であった。


(未定)屋上ビアガーデン2020
日時:未定
場所:湯沢ロイヤルホテル2階特設会場(湯沢市田町2-2-38、TEL0183-72-2131)

湯沢市にある湯沢ロイヤルホテルで開催されるビアガーデン。昨年は7/11〜8/18に開催され、羽後麦酒」のゴールデンエール、ペールエール、ベルジャンホワイトが日替わりで登場した。


(未定)ゆぽぽサマーフェスト2020〜ビールと肉の祭典〜
日時:未定
場所:温泉ゆぽぽ(仙北市田沢湖辛田字早稲田430、TEL0187-44-3333)

昨年7/12〜14に、田沢湖ビールと同じ敷地内にある温泉ゆぽぽ開湯27周年を記念して、田沢湖ビールと温泉ゆぽぽがコラボして「ゆぽぽ本館ビアホール計画」が実行された。2時間、田沢湖ビール各種を始めとするドリンクが飲み放題、牛肉の田沢湖ビール煮など多彩なフードが食べ放題で、料金は4,000円(税込)であった。


(未定)ベルギービールフェスタ in アルヴェ
日時:未定
場所:秋田拠点センターアルヴェ(秋田市東通仲町4-1)

秋田市内で5年前に初めて開催されたベルギービールのイベント。昨年は7/12〜14に開催され、8つのサーバーで異なるカテゴリーのベルギービールがそれぞれ樽生で飲めた。


(中止)土崎港曳山まつり
日時:2020年7月20日(月)、21日(火)
場所:土崎神明社(秋田市土崎港中央3-9-37、TEL018-845-1441)ほか

毎年7/20,21に開催される、秋田市の北部にある土崎神明社の例祭として行われる港祭りで、昨年は北都銀行土崎支店(秋田市土崎港中央1-17-14、TEL018-845-1128)の駐車場に田沢湖ビールが、秋田あくらビールは老人ホーム遥か駐車場(元あったまりーな)、秋田銀行ブースに羽後麦酒が出店した。今年は開催中止が決定した。(5/29更新)


(未定)ゆざわの休日・夏2020
日時:未定
場所:湯沢市柳町商店街

湯沢市で夏か秋に開催されるイベント。5年前と3年前は「ゆざわの休日・秋」として秋に開催され、4年前と2年前と昨年は「ゆざわの休日・夏」で夏に開催され、昨年は7/14の開催だった。ドイツビールが飲める。


(未定)星空を眺めながらビールを飲む会2020
日時:未定
会場:秋田あくらビール中庭

会費4,000円で秋田あくらビールが飲み放題で料理もつくイベント。昨年は7/31に開催された。


(中止)秋田竿燈まつり
日時:2020年8月3日(月)〜6日(木)
場所:秋田市内中央会場(産業会館跡地)、大町イベント広場(秋田ニューシティ跡地)ほか

秋田を代表する夏祭り「秋田竿燈まつり」の開催期間、昨年は田沢湖ビールとあくらビールが竿燈屋台村市役所会場で、田沢湖ビールが竿燈屋台村中央会場、あくらがJTB跡地で、田沢湖、あくら、湖畔の杜がご当地グルメフェスティバルで飲めた。今年は開催中止となった。(5/29更新)


(未定)第12回かくのだて絵燈籠夏まつり
日時:未定
会場:秋田県仙北市・角館 立町ポケットパーク

地元の子供たち自作の絵燈籠パレードを始め、様々なイベントが開催される角館の夏祭り。昨年は8/3に開催され、田沢湖ビールが出店した。


(未定)竿燈クラフトビール祭り2020
日時:未定
場所:山王胃腸科駐車場(竿燈大通り側)(秋田市山王2-1-49、TEL018-862-5211)

昨年8/3〜6、秋田竿燈まつり期間中に開催された、今年で3回目となるビールイベント。秋田市内のビアバー「SUMMIT」が各種クラフトビールを提供した。


(中止)七夕絵どうろうまつり
日時:2020年8月5日(水)〜7日(金)
場所:湯沢市街地一円

8/5〜7に開催される湯沢市の夏の伝統行事である七夕絵どうろうまつりに、羽後麦酒が出店している。今年は中止となった。(5/29更新)


(未定)あきた芸術村の花火大会と盆踊り
日時:未定
場所:秋田県仙北市・あきた芸術村大駐車場

わらび座恒例のミュージカル花火大会の会場で田沢湖ビールが飲めた。昨年は8/14に開催された。


(中止)西馬音内盆踊り

日時:2020年8月16日(日)〜18日(火)
場所:羽後町西馬音内字本町地内(通称本町通り)

毎年8/16〜18に開催され、全国的に知られる羽後町の西馬音内盆踊りの会場で、羽後麦酒が飲めた。今年は開催中止が決まった。(5/29更新)


(中止)クラフトビアフェスティバル in AKITA 2020
日時:未定
場所:秋田駅前 アゴラ広場 大屋根下(秋田市中通2-6-1)

一関の全国地ビールフェスティバルと同様、全国の地ビールが揃うビールイベント。前売りチケットが全国のサークルKサンクスで購入でき、オリジナルグラス付チケット(200ml×4杯券付)が1,500円、グラスの付かない200ml×4杯券が1,000円、当日は200ml×4杯が1,200円、200ml1杯が350円であった。昨年は8/17,18に開催されたが、今年は中止が決定した。(5/29更新)


(中止)第93回全国花火競技大会「大曲の花火」
日時:2020年8月29日(土)
場所:雄物川河川敷(大曲花火大橋と姫神橋の間)

毎年8月最終週の土曜日に開催され、人口4万人弱の大仙市大曲地区に全国からおよそ80万人の観覧者が訪れるという、東北はもとより全国でも屈指の花火大会。全国の花火競技大会の中でも最も権威ある大会と位置づけられ、全国の選りすぐりの花火師たちがその腕を競う。田沢湖ビールが大曲技術専門校駐車場(大仙市大曲川原町2-30)に出店し、昨年は羽後麦酒も出店した。今年は中止が決まった。(5/29更新)


(未定)秋田CARAVAN MUSIC FES
日時:未定
場所:サン・スポーツランド協和野球場

今年で5回目を迎える音楽イベント。昨年は9/14,15に開催され、飲食ブースには、田沢湖ビール、湖畔の杜ビール、羽後麦酒が出店していた。


(未定)田沢湖ビール23年祭
日時:未定
場所:田沢湖ビールレストラン(仙北市田沢湖卒田早稲田430、TEL0187-44-3988)

昨年9/20に田沢湖ビール誕生22周年を記念してイベントが開催された。田沢湖ビール飲み放題、フードメニュー食べ放題で会費は5,000円(税込)、わらび座俳優によるスペシャルライブも行われた。


(未定)アキタ・バール街2020
日時:未定
場所:秋田市内参加各店(オープニングセレモニー&パフォーマンスは17時から大町イベント広場で開催)

あらかじめ購入したチケットで「1ドリンク&1ディッシュ」を楽しみながら飲食店を回る「飲み・食べ歩き」イベント。今年が9回目となる。酒場戸隠や、あくらビール直営のレストランプラッツ、ビアカフェあくらが参加する。昨年は9/28に開催され、前売りチケットは3,500円で、当日券は4,000円であった。


(中止)秋田オクトーバーフェスト
日時:未定
場所:エリアなかいち にぎわい広場(秋田市中通1-4-3)

秋田オクトーバーフェストでは、ドイツビールと秋田県内3社の地ビールの両方が味わえる。「秋田ソーセージフェスティバル」との同時開催で、ドイツや秋田の美味しいソーセージもビールと一緒に味わえる。昨年は10/11〜14に開催されたが、今年は中止が決まった。(5/29更新)


(未定)新・秋田の行事 2020
日時:未定
場所:未定

全国最多17件の国指定重要無形民俗文化財を有する秋田県を代表する伝統芸能や祭りが一堂に会する伝統芸能の祭典。3年前に大曲で初開催され、一昨年は角館で開催、昨年は10/12,13に男鹿で開催予定だったが、台風の影響で中止となった。一昨年はグルメストリートに田沢湖ビールが出店した。


(未定)YOKOTE発酵FES
日時:未定
場所:横手市交流センターY2プラザ、よこてイーストにぎわい広場(横手市駅前町1-21)
   
一昨年に開催された、横手の発酵技術と食文化の魅力を発信するイベント。県内の4醸造所、田沢湖ビール、あくらビール、湖畔の杜ビール、羽後麦酒が横手産ホップを使用して醸造したクラフトビール4種が飲み比べできた。昨年は開催されなかったようである。


(未定)JOZO(醸造)まにあくす
日時:未定
場所:秋田銘醸株式会社 旧第二工場(旧岩崎蔵)(湯沢市岩崎岩崎137)

東北六県の限定醸造酒など約50種類の日本酒、ビール、カクテルが味わえるイベント。ビールでは田沢湖ビールが楽しめるほか、昨年は羽後麦酒が初出店した。昨年は10/19に開催された。


(未定)BEER FLIGHT 5周年感謝イベント
日時:未定
場所:BEER FLIGHT(秋田市南通亀の町4-15、TEL018-838-4773)

BEER FLIGHTの周年記念イベント。昨年は10/25〜27の期間中、周年記念醸造ビールが開栓された他、このビールを含む4タップのビールが1杯500円で飲めた。


(未定)BUILDA Presents Novem beer Fest
日時:未定
場所:BEER FLIGHT(秋田市南通亀の町4-15、TEL018-838-4773)

秋田市内で「酒場 戸隠」「BEER FLIGHT」「SUMMIT」を運営する「BUILDA」主催のビールイベント。昨年11/24に開催され、厳選した樽生ビール10種以上が1杯500円から飲め、2時間飲み放題プランも3000円であった。


(未定)秋田あくらビール創業23周年記念イベント
日時:未定
場所:レストランプラッツ(秋田市大町1-2-40、TEL018-883-4366)

毎年開催されているあくらビールの周年イベント。あくらビール3時間飲み放題にバイキング形式で料理がついて、前売4,000円、当日4,500円であった。当日は周年記念ビールや秘蔵のビールも登場した。


(未定)杜のクリスマスパーティー2020
日時:未定
場所:湖畔の杜レストランorae(仙北市田沢湖田沢字春山37-5)

湖畔の杜ビールの直営レストランで毎年開催されるクリスマスパーティー。昨年は12/14に「20周年記念パーティー」と銘打って開催された。飲み放題、料理付きで、料金は大人5,500円、当日は田沢湖畔に打ち上げ花火も上がった。


 青森県内 

(中止)奥入瀬ビール「麦酒館の日」
日時:毎月第3木曜日
場所:奥入瀬麦酒館(十和田市大字奥瀬字堰道39-1、TEL0176-72-3201)

毎月第3木曜日、奥入瀬麦酒館では「麦酒館の日」として、奥入瀬ビール始め日本酒、焼酎、ワイン、ソフトドリンクが2時間飲み放題で1,600円、パスタ、ピザ、おつまみ、デザートが90分食べ放題 1,300円(要予約)となる。当面の間休止されることになった。(5/7更新)


(中止)奥入瀬ビール「地ビールの日」
日時:2020年4月23日(木)
場所:奥入瀬麦酒館(十和田市大字奥瀬字堰道39-1、TEL0176-72-3201)

日本地ビール協会などが制定した「地ビールの日」である4月23日には、奥入瀬麦酒館では2時間1,080円という破格の価格で奥入瀬ビールが飲み放題となる。今年も十和田市文化センターD51前と奥入瀬麦酒館の間で無料シャトルバスが運行される。今年は中止となった。(5/7更新)


(未定)生ビールフェア
日時:未定
場所:ウェスパ椿山レストラン「カミリア」(西津軽郡深浦町舮作鍋石226-1、TEL0173-75-2261)

3年前から開催されている、ウェスパ椿山のレストラン「カミリア」で開催されるビールイベント。昨年は5/18〜10/31まで開催され、2時間飲み放題2,000円、+1,000円で1時間延長可。キリンのビール3種にハイネケン、バドワイザー、それによなよなエールや常陸野ネストのだいだいエールなど4種類のクラフトビールも飲めた。


(未定)極上泡酒倶楽部シーズン3
日時:未定
場所:一般財団法人済誠会サン・ロイヤルとわだ(十和田市東三番町37-7、TEL0176-23-2266)

一昨年から開催されているビールイベント。昨年は7/26,27に開催され、チケット代5,000円で、「生ビールの種類が半端ない!」とのことであった。


(中止)弘前ねぷたまつり
日時:2020年8月1日(土)〜7日(金)
場所:まちなか情報センター(弘前市大字土手町94-1)の斜め向かい

津軽の夏を彩る弘前ねぷたまつりの期間中、昨年は地元のBe Easy Brewingがまちなか情報センターのななめ向かいに出店した。今年は中止が決まった。(5/29更新)


(未定)ドイツビアフェストinアスパム
日時:2019年8月16日(金)〜25日(日)16:00〜21:00(土日は11:00〜、金土は〜21:30)
会場:アスパム西側特設会場・1Fイベントホール(青森市安方1-1-40、TEL017-735-5311)

三角の建物が特徴的な青森県観光物産館アスパムで昨年8/16〜25に初開催されたドイツビールのイベント。ドイツビールと青森県内の地ビール各種が飲めた他、フードも充実していた。入場料は200円だが、館内テナントで税込500円以上買い物する場合、入場券を200円割引券として利用できた。


(未定)奥入瀬ビールまつり
日時:未定
場所:サン・ロイヤルとわだ(十和田市東三番町37-7、TEL0176-23-2266)

奥入瀬ビールの年1回のイベント。昨年は10/4に開催され、定番4種に限定ビールが2時間飲み放題で、ビールに合う料理も提供され、予約制でチケットは5,000円であった。


(未定)第8回世界のビール祭り
日時:未定
場所:鰐come(南津軽郡大鰐町大字大鰐字川辺11-11 TEL0172-49-1126)

大鰐温泉の中にある日帰り温泉施設、多目的ホール等を備えた複合施設「鰐come」で開催されるビールイベント。昨年は9/6に開催され、料理付き飲み放題で会費は5,000円、津軽路ビール、松島ビール、それに「当日のお楽しみ銘柄」のビールが樽生で飲めた。


(未定)津軽オクトーバーフェスト
日時:未定
場所:弘前市りんご公園(清水富田字寺沢)

一昨年9/22,23の「
ひろさきりんご収穫祭2018♪」の中で開催されたイベント。津軽生まれのシードル・日本酒・ワイン・クラフトビールなどが登場した。弘前のBe Easy Brewingも出店した。昨年は開催されなかった。


(未定)かだるべ クラフトビアフェス 2020 in ひろさき
日時:未定
場所:土手町コミュニティパーク(弘前市土手町31、TEL0172-31-5755)A館多目的ホール、ポム広場

2013年から開催されているビールイベント。地元津軽路ビールや奥入瀬ビール他、あくらビール、いわて蔵ビなど東北の地ビール、それにその他の地域の7醸造所の地ビールも飲めた。フードコーナーには弘前市内の飲食店が出店する。昨年は「諸般の事情により」中止となった。


(未定)弘前クラフトビールフェス〜Jazz&ピッツァnight〜
日時:未定
場所:ピッツェリア・ダ・サスィーノ(弘前市大字土手町62-1-1F、TEL0172-33-2139)

弘前市内のナポリピッツァ専門店の「ピッツェリア・ダ・サスィーノ」で10/1〜6に開催されたイベント。Be Easy Brewingのビールが3種類飲めた他、フェス限定の料理も多数登場した。


(未定)ABA番組祭り
日時:未定
場所:ワ・ラッセ&西の広場

ABA(=青森朝日放送)の年1回のイベント。昨年は10/12,13に開催され、弘前のBe Easy Brewingが出店して3種類のクラフトビールが飲めた。


(未定)第15回十和田湖ふるさとまつり
日時:未定
場所:道の駅「奥入瀬」奥入瀬ろまんパーク(十和田市大字奥瀬字堰道39-1、TEL0176-72-3201)

年に1回、奥入瀬麦酒館のある道の駅「奥入瀬」奥入瀬ろまんパークで開催されるイベント。昨年は10/27に開催され、特設会場で奥入瀬ビールが通常より100円安い1杯400円で、4種類セットが1,400円で飲めた。


(未定)Be Easy Brewing 4rd Anniversary Party Special Live
日時:未定
場所:Be Easy Brewing(弘前市松枝5-7-9、TEL0172-78-1222)

Be Easy Brewingの周年記念イベント。昨年は11/21に開催され、ライブにギャレスさん自らも登場した。2ドリンク込みの料金が3,800円で、3周年企画ビールも開栓された。


anagma5 at 18:49|PermalinkComments(0)clip!

2019年02月24日

東北で地ビールが飲める店その82〜福島県喜多方市

170915-171330 喜多方市は福島県の西部、会津地域にある人口約47,000人の市である。その名の通り(以前は「北方」と表記した)会津の中心地である会津若松市の北方にあり、「蔵とラーメンの町」として有名である。特に「喜多方ラーメン」は、日本三大ラーメンの一つに数えられることもあり、全国的にファンが多い。週末などは人気店に長蛇の列ができる。

 喜多方を含む会津地域は日本酒が有名で、11年前に「会津麦酒」がなくなって以来、昨年南会津に「南会津マウンテンブルーイング」ができるまでの10年間、福島県の約4割を占めるこの広大な地域に、地ビールは「猪苗代ビール」が孤軍奮闘状態であった。会津全体がそのような状況であるので、喜多方市内でもその御多分に漏れず、地ビールが飲める店は今まで見つけられていなかった。

 というような話を2年前の9月くらいに、会津若松で行きつけの「時さえ忘れて」でしたところ、マスターから喜多方市役所裏にある「醸造酒バー二代目Kogiku」を教えていただいた。ちょうどその半年くらい前に、店を前の人から受け継いだのだそうで(だから店名が「二代目」)、その名の通り、醸造酒である日本酒、ワイン、そしてビールがいろいろ揃っていた。ビールは福島路ビール、ブルックリンラガー、ヒューガルデン、ベルビュー・クリークが樽生で置いてあった。その後、タップマルシェも入った。醸造酒に合いそうな料理もいろいろと揃っていていい店である。

anagma5 at 19:48|PermalinkComments(0)clip!

東北で地ビールが飲める店その81〜山形県川西町

WP_20190108_18_02_28_Rich_LI 川西町は山形県の内陸南部、置賜地域にある人口約15,000人の町である。置賜地域の中心である米沢市の西隣に位置している。日本最大規模の観光ダリア園である「川西ダリア園」で有名である。

 町の中心部はJR羽前小松駅の西側で、役場も駅から徒歩4分のところにある。その反対の東側、町民総合体育館に向かう途中に「Spice kitchen GARBANZO(スパイスキッチン・ガルバンゾー)」(東置賜郡川西町中小松2236-5、TEL0238-33-9174、11:30〜14:30※土日祝は〜15:00、17:00〜22:00、水曜定休)がある。スパイスカレーが美味しく、かつクラフトビールも揃う、いい店である。

 ビールは、地元の米沢ジャックスブルワリーのビールやタップマルシェなど樽生7種に、国内外の瓶ビールが13種ある。カレーの看板メニューは「濃厚バターチキンカレー」だが、「厳選スパイスのキーマカレー」など、いろいろある他のカレーも美味しい。

 米沢方面から向かう際にはJR米坂線を利用することになるが(路線バスは時間が掛かる上に平日3便のみの運行である)、夜に行ってビールを飲もうとすると、米沢に戻る最終列車が最寄りの羽前小松駅19:37発(米沢駅20:02着)なので、行きは米沢駅17:03発の列車に乗りたい(羽前小松駅17:25着)。羽前小松駅から店までは徒歩10分弱である。


anagma5 at 19:13|PermalinkComments(0)clip!

2019年02月21日

東北で地ビールが飲める店その80〜福島県西郷村

 西郷村(「さいごう」ではなく「にしごう」と読む)は、福島県の中通り南部、手打ち麺がメインの「白河ラーメン」で有名な白河市の隣にある、人口約20,000人の村である。この20,000人という人口、村としては多いなと思って調べてみたら、やはり日本の村の中で3番目の多さだそうである。東北新幹線の駅の中で、東北の最南端の駅である新白河駅は、実は白河市ではなく、この西郷村に位置している。新白河駅は、全国の新幹線駅の中で唯一、「村」にある駅なのである。

 この、村内に新幹線駅がある西郷村に、昨年地ビール醸造所ができたと聞いたので行ってみた。他の地域のことは知らないが、少なくとも東北では初めての、村にできた地ビール醸造所である。

WP_20190123_14_29_15_Pro_LI その地ビール醸造所「ハイランドポートブルワリー」は、新白河駅からだと徒歩50分(4km)、東北本線の白坂駅からだと徒歩40分(3km)であるが、平日であれば福島交通の路線バスも利用できる。ハイランドポートブルワリーの最寄り停留所は「千本桜入口」で、同ブルワリーは12:00〜17:00の営業なので、「新白河駅高原口」12:45発の「南部循環大平・役場回り」(所要12分)か15:10発の「南部循環西原・役場回り」(所要25分)が利用できる。帰りは15:35発の「新白河駅高原口」行(所要15分)か17:30発の「白河駅前」行(新白河駅まで17分、白河駅まで27分)がある。

 あとは、飲んだ帰りは押して帰る定めとなるものの、東北本線の白河駅に併設されている観光案内所でレンタサイクルを借りて、7kmの道を行くという方法もある。ただし、3〜10月は18時まで、11〜2月までは17時までに返却しなければいけないので、それに間に合うように注意が必要である。ちなみに、軽快車(いわゆるママチャリ)は無料、クロスバイクは3時間1,000円、1日2,000円である。

 本筋とは関係のない話だが、同案内所では、レンタカーが1時間500円で借りられるので、それと比較してしまうとクロスバイクは何とも割高な料金設定のように感じる。ただ、東北の多くのレンタサイクルが冬期間は休業となってしまう中で、冬期間もレンタルできるようになっているのはありがたい。東北の特に太平洋側は冬であっても路面に全く雪のない日も多いので、こういうところがもっと増えてくれるといいなと、冬でも雪がなければ自転車に乗っている私は思う。

WP_20190123_14_20_29_Pro_LI さて、現地に足を運ぶと、自宅を開放したカフェ「お家パン オブ」があり、離れの倉庫にハイランドポートブルワリーの醸造設備がある。ハイランドポートブルワリーのビールは常時7,8種類あるが、「お家パン オブ」ではそのうち樽生が1種類つながっており、残りは瓶で飲める。大谷さんご夫妻が切り盛りしているカフェで、旦那さんがビールを造り、水曜日であれば奥さんの焼いた天然酵母の手づくりパンや焼き菓子が食べられる。ビールとパンは麦と酵母つながりである。

WP_20190123_16_47_13_Pro_LI 「ハイランドポートブルワリー」の名前の由来をお聞きしてみたところ、醸造所が新白河駅の2つある出口のうち「高原口」側にあることから、それを英訳した名前をつけたとのことである。ビールはペールエール、IPA、スタウト、ラガー、ヴァイツェンなど多彩でどれも美味しいが、ユニークなのは、ホップの使用量と地域の標高が連動したネーミングになっていることで、あまりホップを多く使わないヴァイツェンは「白河ヴァイツェン」(標高356m)、ホップを大量に使うIPAは「三本槍岳IPA」(標高1916.9m)などとなっている。西郷村特産の赤いルバーブを使った赤いビールもある。気候がよくなったらイベントなども企画したいとのことで、楽しみである。なお、村内の「まるごと西郷館」でも、ここのビールと手づくりパンを購入することができる。

anagma5 at 18:18|PermalinkComments(0)clip!

2019年01月19日

東北各地のビールイベント2019年版(※12/6更新)〜東北で地ビールが飲める店 番外編その38

追記(2020.1.8):2020年版はこちら

  2019年も東北各地で開催されるであろうビールイベントが多数ある。例によって県ごとにリストアップし、詳細が分かり次第追記していく。


 仙台市内 

(終了)Brasserie Lloyd 1ST Anniversary PARTY
日時:2019年1月27日(日)15:00〜22:00 21:30 ラストオーダー
場所:Brasserie Lloyd(ブラッスリー・ロイド)(仙台市青葉区大町2-14-11-2F、TEL022-797-2246)

ブラッスリー・ロイドの1周年記念パーティ。今年のテーマは「大瓶をシェアする文化を広めたい」で、ドリンクチケット3杯分+フード付き。


(終了)裏ハブの日
日時:2019年2月8日(水)16:00〜24:00
場所:HUB仙台名掛丁店(仙台市青葉区中央1-7-6西原ビル1F、TEL022-722-8682)、HUB仙台一番町四丁目店(仙台市青葉区一番町4-4-33トレンドビル1F、TEL022-217-8682)、HUB仙台マーブルロード店(仙台市青葉区一番町3丁目5-24テークビル1F、TEL022-216-5828)

2月8日は「8(ハ)2(ブ)の反対」で「裏ハブの日」ということで、例年16時から閉店時刻まで、全てのドリンクが半額となっていたが、今年は「終日ハッピーアワー」とのことである。(1/28修正)


(終了)5周年企画 Beer 3 Days
日時:2019年2月19日(火)〜21日(木)17:00〜1:00
場所:麦酒食堂3F-22(仙台市青葉区二日町14-10 八百吉ビル3F、TEL022-302-7933)

麦酒食堂3F-22の周年イベント。今年は期間中の3日間、ヒューガルデン・ホワイトが1mL当たり1円となる。(2/5修正)


(終了)ベルギービールダボス25周年イベント
日時:2019年3月11日(月)〜16日(土)17:00〜23:30LO
場所:ベルギービールダボス(仙台市青葉区青葉区一番町1-6-19、TEL022-211-6816)

仙台で25年の歴史を誇るベルギービールバーの老舗ダボスは、毎年3月上旬から中旬のうちの1週間あまり、周年イベントを開催している。イベント期間中は、通常1,000円以上するベルギービールの樽生4種類がどれも1杯なんと500円で飲める。(2/20修正)


(終了)第3回食べて応援しよう! in 仙台
日時:2019年3月16日(土)10:00〜16:00、17日(日)10:00〜15:00
場所:勾当台公園市民広場(仙台市青葉区国分町3丁目7)

被災3県(岩手県、宮城県、福島県)の農林水産物や食品が出店され、販売されるイベント。やくらいビールといわて蔵ビールが出店する。(3/15修正)


(終了)東北魂ビール「春霞」6TAP同時開栓
日時:2019年4月7日(日)15:00〜0:00
場所:CRAFT BEER MARKET 仙台国分町店(仙台市青葉区国分町2-1-12瀬戸勝ビル1F、TEL022-796-6366)

「東北魂ビールプロジェクト」は今回、8社で同じ「春霞IPA」を醸造したが、そのうちの仙南クラフトビール、やくらいビール、いわて蔵ビール、秋田あくらビール、遠野麦酒ズモナ、田沢湖ビールの6種類が同時に開栓される。当日は飲み比べセットも用意される。
(4/10修正)


(中止)ブッチャー・リパブリックお花見2019 IN 榴ヶ岡公園
日時:未定
場所:榴岡公園(仙台市宮城野区五輪1丁目)

一昨年から開催されているお花見イベント。昨年は4月11日に開催され、ベルギービール10種類が飲み放題で軽食もついて、参加費は税込で当日2,500円、前売りはグラス無し2,000円、グラス付2,500円だった。(4/1修正)


(終了)あきうクラフトフェア「手ん店」
日時:2019年4月13日(土)10:00〜17:00、14日(日)10:00〜16:00
場所:あきう・木の家ロッジ村(仙台市太白区秋保湯本字馬乙2-1)

今年で4回目となる、秋保温泉にあるロッジ村を仮想店舗に見立ててクラフトやフードのお店が軒を連ねるイベント。今年も森民酒造のブースで、「穀町エール」も樽生で飲める。(3/18修正)


(終了)藤崎ビアガーデン2019
日時:2019年5月29日(水)〜9月16日(月)16:00〜21:30(20:10最終受付)
場所:藤崎本館屋上(仙台市青葉区一番町3-2-17、TEL022-261-5111(6662))

毎年開催されている恒例のビアガーデン。今年は「クラフトビール」も樽生で飲めるとの記載があるが、銘柄は不明。90分食べ放題飲み放題で3,600円。月水は無料で30分延長、月〜木は17:00まで300円引き、藤崎で購入したドリンクも持ち込み自由である。(5/26修正)


(終了)2019三越本館屋上ビアガーデン
日時:2019年5月24日(金)〜9月8日(日)17:00〜21:00(※7,8月は〜22:00)
場所:仙台三越本館屋上(仙台市青葉区一番町4-8-15、TEL022-221-5359)

毎年開催されている恒例のビアガーデン。2時間3,800円、フリータイム4,000円、アーリータイム(17:00〜18:30)2,700円、レイトタイム(5,6,9月19:30〜、7,8月20:30〜)2,700円、BBQ付のガーデンプランもある。プラス400円で4種のクラフトビールが飲める。(5/26修正)


(終了)仙台青葉まつり 「杜の市」
日時:2019年5月18日(土)11:00〜21:00、19日(日)11:00〜18:00
場所:勾当台公園 市民広場(仙台市青葉区国分町3丁目7)

仙台青葉まつりに合わせて、勾当台公園市民広場では、美味しい食べ物が味わえる「杜の市」が開催される。今年は田沢湖ビールが出店し、大崎市のブースでは鳴子ブルワリーと塩竈のアルゴンブリューイングのビールが、一関市のブースではいわて蔵ビールが、福島市のビールでは福島路ビールが飲める。(5/17修正)


(終了)13周年記念謝恩セール!
日時:2019年5月25日(土)、27日(月)〜5月30日(木)
場所:癒.酒.屋わおん(仙台市青葉区中央3-3-18新庄ビルB1、TEL022-722-0560)

5月8日で13周年を迎えた癒.酒.屋わおんで13周年記念謝恩セールが開催される。期間限定で樽詰クラフトビール8種が半額となり、
880円ビールは440円、780円のビールは390円となる。(5/25修正)


(終了)クラフトビールと餃子WEEK
日時:2019年6月4日(火)〜6日(木)開場1時間前〜試合終了
場所:楽天生命パーク宮城 スタジアム正面広場(仙台市宮城野区宮城野2-11-6、TEL022-298-5300)

今年は例年ゴールデンウィークに開催されていた餃子フェアが交流戦のうち、巨人戦の3日間に開催される。東北六県の地ビール醸造所とタイアップして今年から6種類に増えた「イーグルスビール」を醸造している東北六県の醸造所の地ビール8種類が飲め、全国各地の餃子8種類が味わえる。(5/28修正)


(中止)東北オクトーバーフェスト2019
日時:未定
場所:錦町公園(仙台市青葉区本町2丁目21-1)

仙台で毎年2回あるオクトーバーフェストのうちの1回目。9月のオクトーバーフェストと比べるとこちらはドイツビールの種類が豊富で、「日本初上陸」のビールなども並んだりする。昨年は6月29〜7月8日に開催されたが、今年の開催はお台場が2回に、中野、日比谷、駒沢、天神のみで、仙台では開催しないことになった。(4/1修正)


(終了)ビアガーデン2019
日時:2019年6月1日(土)〜9月8日(日)17:00〜21:30(日曜16:00〜20:30)
場所:仙台サンプラザ レストランサンパステル テラス席(仙台市宮城野区榴岡5-11-1、TEL022-257-3304)

120分食べ放題・飲み放題で4,200円(税込)、前売りチケット利用で3,600円(税込)となる。20時以降の来店(日曜除く)は2,500円(税込)である。+500円でタップマルシェの4種類のビールも飲み放題となる。日曜は「わくわくHAPPYサンデー」として180分に延長される。(6/13追加)


(終了)クラフトビールフェア
日時:2019年6月3日(月)〜8月31日(日)
場所:癒.酒.屋わおん(仙台市青葉区中央3-3-18新庄ビルB1、TEL022-722-0560)

毎年恒例のイベント。店主の石川さんが厳選した地ビールが飲める。今年は樽生6種類を含む30種類の東北中心の地ビールが揃う。(6/10修正)


(終了)世界のビールと肉まつり
日時:2019年7月5日(金)15:00〜21:00、6日(土)13:00〜21:00、7日(日)10:00〜17:00
場所:楽天生命パーク宮城 スタジアム正面広場(仙台市宮城野区宮城野2-11-6、TEL022-298-5300)

世界のビールの樽生と瓶、それに世界の肉料理が楽しめるイベント。今年は交流戦のホーム戦ではなく、上記の日程の対日本ハム戦で開催される。今年はビールが5店舗、肉料理も6店舗が出店する。(7/5修正)


(終了)ハブの日
日時:2019年8月2日(金)14:00〜2:00(一番町店は12:00〜)
場所:HUB仙台名掛丁店(仙台市青葉区中央1-7-6西原ビル1F、TEL022-722-8682)、HUB仙台一番町四丁目店(仙台市青葉区一番町4-4-33トレンドビル1F、TEL022-217-8682)、HUB仙台マーブルロード店(仙台市青葉区一番町3丁目5-24テークビル1F、TEL022-216-5828)

2月8日は「裏ハブの日」で、8月2日は「ハブの日」。どちらも、全てのドリンクが終日半額となる。看板の「ハブエール」はすぐなくなるので飲みたい人は早めの来店がおススメである。(7/5修正)


(終了)SUMMER BEER NIGHT 2019
日時:2019年8月6日(火)〜9日(金)
場所:ホテルメトロポリタン仙台4F グランドボールルームSENDAI

スペシャルライブを聴きながら、ビールと料理を楽しむイベント。料金は8,000円で料理のチケットが4枚渡される。ドリンクは飲み放題で、「プレミアム生ビール」の表記があるものの、銘柄は不明。(6/10修正)


(終了)仙台七夕まつり
日時:2019年8月6日(火)〜8日(木)
場所:勾当台公園 いこいのゾーン

東北三大夏祭りの一つ「仙台七夕まつり」で、昨年は勾当台公園いこいのゾーンにやくらいビールとサンクトガーレンが出店していたが、今年はクラフトビールの出店はないようである。(8/7修正)


(終了)第3回仙台クラフトビールフェスティバル
日時:2019年8月10日(土)16:00〜21:00、11日(日)11:00〜21:00、12日(月)
11:00〜20:00
場所:勾当台公園 市民広場(仙台市青葉区国分町3丁目7

仙台で初めてのクラフトビールを前面に出したイベント。今年は東北の12醸造所が出店する。飲食店ブースも設けられる。(6/27修正)


(終了)ブリュッセルベルギービールセッション in 仙台
日時:2019年8月16日(金)16:00-22:00、17日(土)14:00-22:00、18日(日)14:00-21:00
場所:未定

「年に1度、仙台でベルギービールをもっとカジュアルに楽しめる日を」をコンセプトに3日間で120種類のベルギービールを愉しめる、
昨年初開催されたイベント。前売り券は2,500円で、ビール250ml×4杯チケットにベルジャンフリッツがついた。当日券は2枚チケットが1,300円、4枚チケットが2,500円であった。(2/20修正)


(終了)仙台オクトーバーフェスト2019
日時:2019年9月12日(木)〜23日(月祝)
場所:錦町公園(仙台市青葉区本町2丁目21-1)

仙台で年2回開催されるオクトーバーフェストの「後半戦」。全体的な規模はこちらの方が大きく、昨年は10醸造所のドイツビールに加えて、東北の7醸造所の地ビールも飲め、地元飲食店のフードも楽しめた。(5/14修正)


(終了)泉マルシェ2019
日時:2019年9月14日(土)10:00〜17:00
場所:泉中央ペデストリアンデッキ

ヨーロッパの朝市“Marche(マルシェ)”をテーマにしたイベント。産直・西洋野菜やアンティーク雑貨、フードやドリンクなど約150店舗が出店。海外のビールやクラフトビールを手掛ける店が出店するとそれらが味わえる。(7/23修正)


(終了)TOHOKU酒日和
日時:2019年10月5日(土)11:00〜21:00、6日(日)11:00〜19:00
場所:勾当台公園市民広場(仙台市青葉区国分町3丁目7)

今年初開催の、東北の食材と酒を一緒に味わうことができるイベント。田沢湖ビールが出店する。(10/4追加)


(終了)みやぎまるごとフェスティバル2019
日時:2019年10月19日(土)、20日(日)10:00~16:00
場所:宮城県庁1階、県庁前駐車場、勾当台公園、市民広場

昨年で19回目を迎えた、ふるさと宮城の素晴らしい「味(み)や技(ぎ)」を「まるごと」楽しめる秋の恒例イベント。今年もやくらいビールが出店する。(10/16修正)


(終了)青葉通BEER PICNIC
日時:2019年10月19日(土)12:00〜20:00、20日(日)12:00〜18:00
場所:地下鉄東西線大町西公園駅前〜青葉通り歩道(ローソン仙台青葉通一番町店付近)

「ケヤキの下で乾杯しよう!」を合言葉に、今年初開催されるイベント。大町西公園駅から一番町近辺までの青葉通りの歩道にオープンビアスタンドが立つ。当日は秋田あくらビール、ARGON BREWING、イシノマキ・ファーム、穀町ビール、仙南クラフトビール、鳴子の風のクラフトビール、Brasserie Lloydのベルギービールが500円から楽しめる。(10/10追加)


(終了)「2019フレッシュホップフェス」インWAON
日時:2019年10月22日(火祝)〜
場所:癒.酒.屋わおん(仙台市青葉区中央3-3-18新庄ビルB1、TEL022-722-0560)

この時期に各地ビール醸造所が醸造する、IBUKIホップを生のまま使ったフレッシュホップビールが飲める。遠野麦酒ZUMONAややくらいビールなど4つの醸造所のフレッシュホップビールが樽生で登場する。(10/23追加)


(終了)宮城の地ビール[仙南・やくらい・鳴子]&宮城のフード
日時:2019年11月14日(木)17:00〜1:00
場所:CRAFT BEER MARKET 仙台国分町店(仙台市青葉区国分町2-1-12瀬戸勝ビル1F、TEL022-796-6366)

宮城の地ビール醸造所のうち、仙南クラフトビール、やくらいビール、鳴子の風が合計26種飲める。その中には3醸造所がそれぞれ新たに醸造したIPAなども含まれる。14日だけでは26種はなくならなかったので、引き続き飲める。(11/15修正)


(終了)みなみ北海道・東北食旅フェスタin仙台
日時:2019年11月16日(土)10:00〜16:00、17日(日)10:00〜15:00
場所:勾当台公園 市民広場(仙台市青葉区国分町3丁目7)

函館など南北海道と北東北三県の観光PRや物産の展示販売が行われるイベント。今年もあくらビールが出店する。(11/15修正)


(終了)5TH Anniversary 東北クラフトビール31種類飲み放題
日時:2019年12月6日(金)、7日(土)17:00〜1:00
場所:クラフトマン仙台(仙台市青葉区中央2-2-38、TEL022-797-8431)

クラフトマン仙台の5周年イベントは、東北六県の12醸造所の樽生ビールが31種飲み放題である。2時間制(LO90分)で、女性1,500円、男性2,000円である。(11/18追加)


Craft Beer Market 仙台国分町店 4周年 Party!!
日時:2019年12月28日(土)15:00〜1:00
場所:CRAFT BEER MARKET 仙台国分町店(仙台市青葉区国分町2-1-12瀬戸勝ビル1F、TEL022-796-6366)

昨年12月28日にクラフトビアマーケット仙台国分町店の3周年記念で開催されたイベントでは、ビールがグラス390円、パイント690円となる他、ラムチョップグリルが1本390円、肉盛スペシャルが半額の1,490円となった。今年も同じ日の開催が告知された。(11/15修正)


 宮城県内 

(終了)だらだら呑み会 八重山:沖縄
日時:2019年5月19日(日)13:00〜17:00
場所:TAVERNA JIRO(塩竈市海岸通り8-10、TEL022-385-6609) 

本塩釜駅近くにあるイタリアンの名店「TAVERNA JIRO」で時折開催されるイベント。毎回、オーナーシェフ自慢の料理に、地ビール飲み放題が加わる。今回のテーマは「八重山:沖縄」だが、飲めるビールが何かなどは現在のところ不明。(3/18修正)


(終了)9周年Fete de Anniveraie!
日時:2019年1月27日(日)13:00〜16:00
場所:TAVERNA JIRO(塩竈市海岸通り8-10、TEL022-385-6609)

本塩釜駅近くにあるイタリアンの名店「タベルナ・ジロ」の周年イベント。今年のテーマは「日本の洋食」で、会費は4,000円。ゲストビールは1月4日にできたばかりの、同店の並びにある「アルゴン」のペールエールとのことである。


(終了)第218回鹿島台互市
日時:2019年4月10日(水)〜12日(金)
場所:JR鹿島台駅前商店街

藩政時代の物々交換が始まりといわれ、東北各地で行われる互市(たがいち)。その中でも最大の規模と言われるのが大崎市鹿島台のJR鹿島台駅前商店街で春と秋に行われる鹿島台互市である。明治43年以来、今年で110年目、実に218回目の開催である。当日は200店以上の出店があるが、例年「やくらいビール」も出店し、樽生ビールが飲める。春は4月10〜12日、秋は11月10〜12日に開催される。


(終了)第30回活き活き田園フェスティバル
日時:2019年6月8日(土)、9日(日)
場所:美里町野外活動施設、美里町南郷庁舎前広場ほか

美里町南郷地域で毎年行われている、町の産業と農村文化を考え、発信するイベント。「長ぐつ飛ばし大会」が目玉イベントだが、昨年は町内産の小麦を使った地ビール「ビアミーモ 美」の試飲ができたが、今年は今のところアナウンスがない。(5/13修正)


(終了)おおさき食楽まつり
日時:2019年6月15日(土)、16日(日)10:30〜15:00
場所:鳴子峡レストハウス特設会場(大崎市鳴子温泉星沼13-5、TEL0229-87-2050)

鳴子峡を会場に行われるご当地グルメの祭典。昨年は50を超える出展者があり、地発泡酒「鳴子の風」を醸造する株式会社オニコウベもあり、当日は「鳴子の風」が樽生で飲めた。(5/13修正)


(終了)多賀城ビアサミット2019
日時:2019年7月12日(金)17:00〜20:00、13日(土)・14日(日)11:00〜20:00
場所:JR多賀城駅 南口 駅前公園

多賀城駅前で3年前から開催されているビールイベント。一昨年からキリンと関わりのあるブルックリンラガーとよなよなエールも飲めるようになった。(6/13修正)


(終了)花巻フルーツビール製造工場創業10周年記念感謝セール
日時:2019年8月1日(木)〜9月20日(金)17:00〜21:00LO
場所:ビアホール塩釜館(塩竈市北浜1-1-2、TEL022-353-5315)

震災を機に宮城県亘理町から岩手県花巻市に移った宮城マイクロブルワリーの「夢花まき麦酒醸造所」の直営ビアホールが7月オープンしたが、その花巻工場の10周年を記念して開催される。8/20までの予定だったが、1カ月延長された。(9/2修正)


(終了)ミニビアガーデン
日時:2019年8月3日(土)、4日(日)11:00〜21:00
場所:みちのく古川食の蔵 醸室(かむろ)(大崎市古川七日町3-10、TEL0229-21-1020)

「醸室夏まつり週末ビアガーデン」として毎年6月末から8月上旬の金曜と土曜に開催される恒例の夏祭企画だったが、今年は施設改修のため、規模を縮小した開催される。(7/17修正)



屋外テントガーデンバーベQ
日時:定休日(水曜日)以外 11:00〜14:00、17:00〜21:00
場所:仙南シンケンファクトリー 屋外テント(角田市角田流197-4、TEL0224-61-1150)

毎年夏季の金土には屋外にビアガーデンが設置されてきたが、今年は曜日に関係なく、予約があれば(4名以上?)昨年初開催された屋外テントでのバーベQプランが適用される。昨年は7月13日〜10月31日の金曜夜と土曜昼に、バーベQとセットのプランで開催された。仙南クラフトビール(銘柄不明)が90分飲み放題で、JAPANXポーク300gのバーベQがついたプランが2,980円、JAPANXポークとUSビーフ合わせて300gのバーベQがついたプランが3,980円である。(6/13修正)


(終了)
ふるさと花火 in 長沼
日時:2019年8月13日(火)19:00〜21:00
場所:長沼フートピア公園(登米市迫町北方字天形161-84、TEL0220-22-7600)

年一回開催される長沼の花火大会に今年も登米市のビアバー「Fillmore」が出店し、会場では海外のビールやクラフトビールが飲める。(8/7修正)


(終了)第8回かくだ酒まつり
日時:2019年8月24日(土)10:30〜19:30
場所:仙南シンケンファクトリー(角田氏角田字流197-4、TEL0224-61-1150)

角田産梅のオリジナル梅酒、角田の地酒、そして仙南クラフトビールが一堂に会するイベント。今年は仙南クラフトビールが10種登場する。2,000円分の飲食・買い物券と「きき酒大会参加券」とお楽しみ抽選券がセットになった前売り券が2,000円である。(8/2修正)


(終了)やくらいごちそうフェスティバル
日時:2019年9月29日(日)
場所:レストランぶな林前特設コーナー(加美郡加美町字味ケ袋薬来原1-81、TEL0229-67-5211)

昨年まで「やくらいべごっこまつり」という名称で開催されていたが、今年は「やくらいふれあいカーニバル」の一イベントとして開催されるようである。加美町産牛BBQセットの前売り券は1人前券2,700円、3人前券7,500円で抽選券が付く。当日券は3,000円である。やくらいビールのコーナーも設けられる。(8/26修正)


(終了)MARUVELO(マルベロ) a marumori
日時:2019年10月5日(土)10:00〜16:00
場所:齋理屋敷(伊具郡丸森町字町西25、TEL0224-72-6636)

「自転車と旅とアート」をテーマとしたイベント「マルベロ」が丸森町で一昨年初開催された。今年もマーケットブースには「アンバーロンド」が出店して、ヨーロッパの樽生ビールと瓶ビール、餃子が味わえる。(9/2更新)


(終了)白浜ビーチパークディVol.7
日時:2019年10月27日(日)18:00〜
場所:白浜ビーチパーク(石巻市北上町十三浜白浜、TEL0225-61-7713)

今回は「星空を見上げる防潮堤-星空レストラン-」と題して夜間に開催される。参加費 は食事代込み3,500円で、別途料金とはなるがドリンクは特設スタンドBARにて購入でき、イシノマキファームの「巻風エール」も飲める。石巻駅前から無料のシャトルバスも運行される。


(終了)\Pop-up/石巻Fresh Hop!!クラフトビールスタンド
日時:2019年11月15日(金)18:00〜21:00
場所:Irori Ishinomaki(石巻市中央2-10-2、TEL0225-25-4953)

石巻産のホップで造るクラフトビール「巻風エール」の樽生を地元で楽しむイベント。今後は月1回第3金曜日に定期開催されるそうである。(10/30修正)


(終了)第219回鹿島台互市
日時:2019年11月10日(日)〜12日(火)
場所:JR鹿島台駅前商店街

藩政時代の物々交換が始まりといわれ、東北各地で行われる互市(たがいち)。その中でも最大の規模と言われるのが大崎市鹿島台のJR鹿島台駅前商店街で春と秋に行われる鹿島台互市である。春に続いて、明治43年以来、今年で110年目、219回目の開催である。当日は200店以上の出店があるが、例年「やくらいビール」が出店し、樽生ビールが飲める。毎年11月10〜12日の開催である。


 福島県内 

(終了)BEER博 IWAKI '19
日時:2019年5月3日(金)〜5日(日)13:00〜22:00
場所:磐城平城本丸跡地(いわき市平字旧城跡28番地)

3年前の9月に初めて開催されたいわき市初のビールイベント。一昨年は7月に開催され、昨年は9月に開催されたが、今年は5月3〜5日の開催が決まった。昨年は32醸造所の80種類超のビールが飲めた。
(3/26修正)


(終了)出張ビア博 in Cabinet + enva!
日時:2019年5月19日(日)15:00〜19:00
場所:enva(いわき市平谷川瀬2-6-4、TEL0246-68-6846(ハコプラスデザイン))

ハコプラスデザインが企画・運営する一日限りの小さなお祭り「Cabinet」が、築50年の古い建物をリノベーションして人が集い縁がつながる場を作る「enva」とつながった新企画「Cabinet +enva(キャビネットプラスエンバ)」に、「ビア博いわき」が出店する。(5/17追加)


(終了)東北絆まつり福島
日時:2019年6月1日(土)10:00〜18:00、2日(日)10:00〜17:00
場所:福島市役所西側駐車場、JRA福島競馬場、福島大学附属小学校、福島第二小学校、新浜公園など

震災後に始まった東北六魂祭は、東北六県を一巡して終了したが、一昨年からその後継イベントとして「東北絆まつり」が開催されている。今年もまず、メイン会場(福島市役所西側駐車場)の「WAKUWAKUメイン広場」の秋田市のブースでは「地ビール」(恐らくあくらビール)が飲める。また、サブ会場(福島第二小学校)の「東北グルメ広場」には田沢湖ビールが出店する。そして、サブ会場(新浜公園)の「福島うまいもの広場」には地元のみちのく福島路ビールを始め、遠野麦酒ZUMONA、やくらいビールが出店する。(5/26修正)


(中止)アティ郡山屋上「ツインビアガーデン」
日時:未定
場所:アティ郡山屋上(郡山市駅前1-16-7、TEL024-932-1104)※受付は8F

郡山駅前のアティ郡山で開催される屋上ビアガーデンで、一昨年から2店舗から選べる「ツインビアガーデン」となった。今年は耐震補強工事に伴い、休業となることになった。


(終了)福島地ビール祭り
日時:2019年6月14日(金)〜7月4日(木)9:30〜19:00
場所:福島県観光物産館(福島市三河南町1-20 コラッセふくしま1F、TEL024-525-4031)

福島県内の5醸造所のビールが揃うイベント。1杯500〜700円で飲める。福島牛や川俣シャモなどビールに合うおつまみも販売される。(6/16追加)


(終了)大宴会 in 南会津 2019
日時:2019年6月15日(土)11:30〜20:00
場所:会津山村道場うさぎの森オートキャンプ場(南会津郡南会津町糸沢西沢山3692-20、TEL0241-66-2108)

南会津で行われる年に一度の音楽祭で、飲食ブースや物販ブースも充実している。昨年に続き、今年も「南会津マウンテンブルーイング」が出店し、オリジナルビール「大宴会コーヒーエール」を販売する。入場料は、店舗販売5,000円、イープラス5,500円である。(5/14修正)


(終了)真夏のビールフェア at 福島競馬場
日時:6月29日(土)〜7月21日(日)の土日9:00〜16:30
場所:福島競馬場(福島市松浪町9-23、TEL024-534-2121)馬場内さくらんぼ広場

上記の福島競馬期間中、猪苗代ビールや沼津のリパブリュー、アメリカ西海岸のクラフトビールなどが樽生で飲め、福島県内の飲食店も出店する。(6/28追加)


(終了)赤べこビアガーデン
日時:2019年7月12日(金)〜8月31日(土)17:00〜21:00
場所:星野リゾート磐梯山温泉ホテル(耶麻郡磐梯町大字更科字清水平6838-68、TEL0242-74-5100)

昨年初開催された、会津地方の郷土玩具「赤べこ」をテーマにしたビアガーデン。赤べこをテーマにした空間で、赤べこの恰好をしたスタッフが赤べこの形をした「赤べこビアサーバー」を背負い、ビールをサーブして回る。昨年は猪苗代ビールが飲めた。(6/20修正)


(終了)第3回天栄村 ブリティッシュヒルズ ふれあいデー
日時:2019年7月6日(土)13:00〜16:00
場所:ブリティッシュヒルズ マナーハウス前コートヤード(岩瀬郡天栄村大字田良尾字芝草1-8、TEL0120-131-386)

 天栄村にある「ブリティッシュヒルズ」で開催される「飲んで食べて英国と天栄村の魅力を再発見」するためのイベント。今年は、一昨年完成した「ブリティッシュヒルズプライドブロンドエール」に加え、那須高原ビール2種も無料で提供される。天栄村特産の長ネギを使った英国料理、「ウェルシュレアビット」やローストチキンなどのフードも無料で提供される。天栄村特産品の販売やお楽しみ抽選会なども行われ、JR新白河駅から無料送迎バスも運行される。(6/5修正)


(終了)ビアフェスふくしま 2019
日時:2019年7月19日(金)15:00〜20:00、20日(土)10:00〜20:00、21日(日)10:00〜19:00
場所:中合ツイン広場(福島市栄町5-1)

福島の食材を使った料理と、日本と海外の地ビールが楽しめる今年で12回目となるイベント。昨年は90銘柄
以上のビールが揃った。国内銘柄は1杯(340ml)500円で、海外銘柄が1杯600円である。私が唯一、毎年飲む側ではなく、ボランティアとして飲んでもらう側に回るイベントでもある。(07/17修正)


(終了)ベルヴィ郡山館ビアパーティー
日時:7月19日(金)〜22日(月)、26日(金)〜 29日(月)、8月2(金)〜5日(月)、9日(金)〜12日(月)17:30〜21:00
場所:ベルヴィ郡山館

郡山市内の結婚式場ベルヴィ郡山館で開催されるビアホール。世界各国のビールが飲めた。今年は「東南アジア各国をイメージした創作料理の数々」が食べられるとのことである。一昨年は世界各国のビールが用意されたが、今年はビールの種類についてのアナウンスはない。料金は5,000円である。(7/23修正)


(終了)会津田島祇園祭
日時:2019年7月22日(月)〜24日(水)
場所:田出宇賀神社・熊野神社(南会津郡南会津町田島宮本甲629)ほか

日本三大祇園祭の一つである、南会津町の会津田島祇園祭に、今年も南会津マウンテンブルーイングが出店する。2種類のスペシャルエールと骨付きソーセージが味わえるとのことである。(7/8修正)


(終了)サマーフェスタ 2019<ビール祭>
日時:2019年7月24日(水)〜26日(金)17:00〜21:00、27日(土)、28日(日)15:00〜21:00
場所:開成山公園 自由広場(郡山市開成1丁目5)

郡山市で開催される大手メーカーのビールのみのイベントだが、今年で25回目を迎えるという歴史と、5,000人収容の会場規模は東北屈指である。前売券2,000円、当日券2,500円で、入場料とビール引換券2枚と1,000円分の金券がつく。(6/9修正)


(終了)第50回福島わらじまつり
日時:2019年8月3日(土)15:00〜21:00、4日(日)10:00〜21:00
場所:中合福島店(福島市栄町5-1)1Fピロティ

8月3、4日の福島わらじまつりの期間中、ビアフェスふくしまの実行委員会は中合のピロティにて、日本の地ビールや海外のビールを販売した。特製ウィンナーや福島ならではの桃100%のかき氷「ピーチクラッシュ」もあった。


(終了)ぐるぐるめぐる交流フェスタ in あぶくま洞
日時:2019年8月17日(土)、18日(日)10:00〜16:00
場所:あぶくま洞特設広場(田村市滝根町菅谷東釜山1)

その鍾乳石の数と美しさから、全国でも有数の鍾乳洞として知られる 「あぶくま洞」で開催される、県内外からご当地グルメ、名物グルメが大集結する食のイベント。例年通り猪苗代地ビールが出店する。(8/7修正)


(終了)都路ホップガーデンブルワリークラフトビール即売会
日時:2019年8月25日(日)10:00〜18:00
場所:大堀相馬焼陶吉郎窯(いわき市四倉町細谷字水俣75-17、TEL0246-38-7855)

特別企画展に合わせて開催されるビールイベント。福島県田村市の都路ホップガーデンブルガリーのクラフトビール3種(サーバー限定の樽生ビール、瓶ビール2種)に生ホップをのせて陶吉郎窯特製タンブラーにて飲める。(8/20追加)


(終了)ふくしまフードフェス
日時:2019年8月25日 (日) 11:00〜20:00
場所:開成山公園特設会場 (福島県郡山市開成1-5)

農家、飲食店、酒蔵がコラボするフードイベント。福島路ビールが出店していた。来年の備忘のため記載。(9/18追加)


(終了)ふくしまバーガーサミット in 桑折 2019
日時:2019年10月13日(日)10:00〜16:00
場所:桑折町ふれあい公園(伊達郡桑折町大字上郡字弁慶20)

東北六県と福島の隣接県である栃木・群馬の地元の食材を活かした「ご当地バーガー」が一堂に会するイベント。昨年は10月7日に開催され、地ビールも飲めた。今年は地ビールの出店はないようである。(9/11修正)


 山形県内 

(未定)BeerMeeting

日時:未定
場所:BeerStorage(山形市七日町2-7-30藤ビル1F、TEL023-625-2232)

時折開催される、世界の様々なビールを楽しむイベント。珍しい銘柄が楽しめる。フードもついて会費は5,000円で、要予約である。


(未定)クラフトビールの会、略して"クラビ会"
日時:未定
場所:THE ARCHIGRAM British Pub & Cafe(ジ・アーキグラム・ブリティッシュ・パブ&カフェ)(山形市十日町2-1-35、TEL023-622-7570)

時折開催される、海外のビールや地ビールなど、毎回テーマを決めて様々なビールが味わえる、以前「(仮)クラフト・地ビールの会」と称していたイベント。会費はフード付きで3,000円である。


(未定)第11回 ビア会
日時:2019年11月
場所:CRAFT BEER BAR JAMPY(酒田市中町2-1-11、TEL0234-31-8788)

酒田市にある「CRAFT BEER BAR JAMPY」で2カ月に1回開催されるビールイベントで、樽生ビールとボトルビールがそれぞれ2、3種ずつ用意される。定員20名で、会費はビール代と食事代込みで概ね4,500円である。(10/4修正)


(終了)アイデンティ&将棋村 冬のビア・パーティー
日時:2019年3月7日(木)〜9日(土)18:30〜20:00
場所:将棋むら天童タワー(天童市大字久野本1273-2、
TEL023-653-3222

将棋むらブルワリー、果実むらブルワリーの名で地ビール(発泡酒)を醸造している将棋むら天童タワーで毎年3月と7月にビア・パーティーが行われる。今年は3月7〜9日に開催されるそうである。料金は4,000円で、地ビールが飲み放題の他、豚しゃぶしゃぶや海の幸がメインの料理がつき、つまみとなる料理がバイキングで食べられる。事前の予約が必要である。(2/23修正)


(終了)うしとらブルワリー Tap Take Over と アーキグラム11周年祭
日時:2019年3月23日(土)18:00〜
場所:THE ARCHIGRAM British Pub & Cafe(アーキグラム・ブリティッシュパブ&カフェ)(山形市十日町2-1-35、TEL023-622-7570)

例年2月に開催される周年祭、今年は上記日程で開催される。当日は栃木の「うしとらブルワリー」の樽生ビールが5種類飲める。DJもあり、またプレゼント企画もあるそうである。(3/1追加)


(終了)The Romp 4th Anniversary 3days
日時:2019年4月4日(木)〜6日(土)18:00〜2:00
場所:Publichouse & Charcoal The Romp(山形市霞町1-7-1藤田ビル2F、TEL023-674-6678)

山形駅前にあって、樽生も含めた地ビールが飲めるブリティッシュパブスタイルの店「The Romp」の周年イベント。4日、5日はレーベンブロイが100円、ギネスビールが300円で飲め、最終日6日は樽生クラフトビールが500円、1時間飲み放題が1,000円である。各日とも300〜500円のフードも用意され、人気のステーキは3日間通して500円である。(3/26修正)


(終了)3周年Thanksgiving
日時:2019年5月2日(木)〜8日(水)
場所:BeerStorage(山形市七日町2-7-30藤ビル1F、TEL023-625-2232)

ロンドン亭がBeerStorageになっての「生誕祭♪」。期間中、店内の生ビールがどれでも300円引きで飲める。(5/7修正)


(終了)平成ノスタルジービアパーティー
日時:2019年5月15日(水)〜21日(火)18:30〜
場所:桜桃の花湯坊いちらく(天童市鎌田本町2-2-21、TEL023-654-3311)

年3回開催される、湯坊いちらくが醸造する地ビールがメインのイベントの一つで、会費6,000円で食べ放題の食事と飲み放題の地ビールが楽しめる。要予約。今年は「平成」をテーマにした食べ放題のメニューが用意される。露天風呂付き客室「桜桃庵宿泊券」などの豪華景品入りの抽選会も行われる。(4/9修正)


(終了)クラフトビールフェア
日時:2018年4月27日(土)〜
場所:タスパークホテル 9F「BAR 誰主?君主!」(長井市館町北6-27、TEL0238-88-1833)

長井市にあるタスパークホテル9Fの「BAR 誰主?君主!(「タスクス」と読む)」で毎年ビールイベントが開催されるが、今年は「クラフトビールフェア」と題して、タップマルシェの1銘柄ごと売り切れ次第入替の計24種類のクラフトビールが、「令和」(08)にちなんで、スモールが308円(通常430円)、ラージが608円(通常750円)で飲める。(5/7修正)


(終了)旭銀座のれん会 オクトーバーフェスト
日時:2019年6月22日(土)12:00〜16:00
場所:山形市七日町 シネマ通り(旧旭銀座通り)

6月と10月の2回開催される山形市内のオクトーバーフェスト。昨年は8種類のドイツビールの樽生が飲め、ソーセージやアイスバイン、生ウインナーなどドイツフードも味わえた。今年は6月22日(土)の開催が決まった。(4/5修正)


(終了)パレスグランデール・ビアパーティー
日時:2019年6月24日(月)〜27日(木)19:00〜
場所:パレスグランデール(山形市荒楯町1丁目17-40、TEL023-633-3313)

毎年開催されているビアパーティーで、飲み放題の生ビールの中にはベルビュー・クリークなど海外のビールも加わる。料理もビュッフェスタイルで食べ放題である。エンターテイメントライブも開催され、料金は大人8,500円である。(5/22修正)


(終了)アイデンティ&将棋村 夏のビア・パーティー
日時:2019年8月20日(火)〜22日(木)18:30〜20:00
場所:将棋むら天童タワー(天童市大字久野本1273-2、TEL023-653-3222)

将棋むらブルワリー、果実むらブルワリーの名で地ビール(発泡酒)を醸造している将棋むら天童タワーで毎年3月と7月にビア・パーティーが行われるが、今年は8月の開催となる。料金は4,000円(要予約)で、地ビールが飲み放題の他、豚しゃぶしゃぶや海の幸がメインの料理がつき、つまみとなる料理がバイキングで食べられる。事前の予約が必要である。(7/5修正)


(終了)トラベリング・ビアホール2019
日時:2019年7月5日(金)、9日(火)、10日(水)、12日(金)、13日(土)、16日(火)〜20日(土)、23日(火)、24日(水)、26日(金)、27日(土)、29日(月)〜8月2日(金)、7日(水)、8日(木)、10日(土)、13日(火)〜18日(日)、21日(水)、22日(木)、24日(土)、29日(木)〜31日(土)
場所:ホテルリッチ&ガーデン酒田1Fスカンジナビア(酒田市若竹町1-1-1、TEL0234-26-1115)

酒田市内のホテル、ホテルリッチ&ガーデン酒田で開催されるビアホール。今年も「旅するように世界をめぐるビアホール」として、7月はアジア・オセアニア、8月は欧米がテーマの料理が楽しめる。前売券は金土が4,700円、日〜木が4,500円である。200円の「クラフトビアオプション」で世界のクラフトビールも味わえる。(6/16修正)


(終了)桜桃の花湯坊いちらくビアガーデン2019
日時:2019年7月13日(土)〜8月3日(土)18:30〜20:30
場所:湯坊いちらく 「さくらんぼテラス」(天童市鎌田本町2-2-21、TEL023-654-3311)

敷地内に醸造所「天童ブルワリー」を持つ温泉ホテル「湯坊いちらく」で開催されるビアガーデン。2名以上の申し込みで、同ホテルの野外テラスを会場に焼肉と海鮮焼きがメインの料理に90分飲み放題がつく。飲み放題メニューの中に「天童ブルワリー」の地ビールが含まれる。温泉入浴付(タオル付)で1人3,800円である。(7/5修正)


(終了)天童ホテルサマービアフェスタ
日時:2019年7月16日(火)〜18日(木)
場所:天童ホテル(天童市鎌田本町2-1-3、TEL023-654-5511)

毎年恒例のイベント。今年からクラフトビールも加わったとのこと。来年の備忘のために記載。(12/16追加)。


(終了)山形花笠まつり
日時:2019年8月5日(月)〜7日(水)
場所:山形市十日町・本町七日町通り〜文翔館

山形花笠まつりの期間中、みずほ銀行山形支店の南隣「れんげ草」敷地内で「Rough roLL」が出店していて、今年も海外ビール4種が樽生で飲める。4日(日)の前日祭にはのし梅本舗佐藤屋本町店前(山形市本町2-4-62、TEL023-622-2433)で、「BeerStorage」が「のし梅スタイル」のビールを提供する。(8/6修正)


(終了)た〜んとほおバルフェスタ in ひがしね 2019
日時:2019年9月13日(金)16:00〜20:00、14日(土)11:00〜20:00、15日(日)11:00〜17:00
場所:東根市民体育館駐車場(東根市東根乙1119-1、TEL0237-42-2311)ほおバル特設会場

正式名称は、「た〜んとほおバルフェスタ 肉の祭典 OKTOBERFEST オクトーバーフェスト in ひがしね 2019」。イベントは大きく3つに分かれ、このうち、「ひがしね×オクトーバーフェスト」は「市内及び友好都市で食されているグルメやドイツで食されているグルメ・ビールが集結!」とあり、銘柄は不明であるもののドイツビールが飲める。(8/19修正)


(終了)第3回オクトーバーフェストin中山
日時:2019年9月7日(土)14:00〜20:00
場所:ひまわり温泉ゆ・ら・ら前交流広場

一昨年初開催されたイベント。今年も海外ビール(主にドイツ)8種類が販売される他、地ビール月山も登場する。ビール2杯とおつまみ券300円×2の前売り券は2,000円、ビール2杯のみの前売り券は1,500円である。(9/2修正)


(終了)まるごと西川 三山祭り

日時:2019年10月6日(日)
場所:道の駅にしかわ(西村山郡西川町大字水沢2304、TEL0237-74-2100)

1974年に廃線になった三山電車をモチーフにしたイベント。今年も地酒・地ワイン・地ビールの「三酒まつり」が開催される。前売り券は1,500円で、当日は2,000円である。他に要予約だが、月山山菜そばの新そばまつりなども開催される。今年は会場が道の駅にしかわに変更になっているので注意が必要である。(9/2修正)


(終了)中町フェス
日時:2019年10月6日(日)10:30〜17:00
場所:中町モール(酒田市中町5)

南三陸チャリティーライブ・ロックインサカタ2019、SAKATA MUSIC FESTIVAL、中町肉フェスからなるイベント。中町肉フェスに「CRAFT BEER BAR JAMPY」が出店する。(10/4追加)


(終了)旭銀座まつり&シネマ通りマルシェ
日時:2019年10月12日(土)11:00〜17:00
場所:山形市七日町 シネマ通り(旧旭銀座通り)

第9回街なか賑わいフェスティバルの一環として開催される上記イベントに、「BeerStorage」が出店する。(10/4修正)


(終了)第10回オクトーバーフェスト in 東北ハム
日時:2019年10月13日(日)10:00〜15:00
場所:東北ハム駐車場(鶴岡市宝田3-6-58鶴岡東工業団地内、TEL0235-28-0086)

鶴岡市にある東北ハムが主催のオクトーバーフェスト。自慢のウィンナー、フランク、ベーコン、ハム、ソーセージが食べられる他、ドイツビールも飲める。不揃い品即売会やウィンナー詰め放題、ウィンナー教室、大抽選会なども催される。昨年は悪天候で中止されたため、今年が第10回とのことで、「鶴岡『食の祭典』」として規模拡大して開催するとのことである。(8/26修正)


(終了)山形駅前ハロウィンパーティーFIESTA
日時:2019年10月27日(日)19:00〜23:00
場所:欧州酒場DonDonTei、居酒家 紅月、居酒屋 田々、The ROMP、SLOW JAM、Bar Karakahl、Bistro&Bar Robinson、50's cocktail's bar Cool、フェニックス、ぶどう酒食堂Bacchanale、YAMAGATA 1971、Ritz Garden、Little Diners

山形駅前の様々な飲食店ではしご酒で楽しむイベント。これまでは「FIESTA Vol.〜」と呼ばれていたが、店舗数が大幅に増えた今回から「山形駅前最大のハロウィンパーティー」と銘打って開催される。ドリンク4枚+フード1枚の5枚つづりのチケットが前売2,500円、当日3,500円である。(10/16修正)


(終了)第6回山形ビッグウィングフェスティバル
日時:2019年11月30日(金)、12月1日(土)10:00〜16:00
場所:山形ビッグウィング(山形市平久保100、TEL023-635-3100)

村山地域7市7町のうまいものフェアを中心としたイベント。「山形市伝統的工芸品まつり」と「みちのくこけしまつり」も併催される。西川町からは他の特産品と共に地ビール月山が登場する。(10/30修正)



 岩手県内 

日時:2019年12月17日(火)19:00〜
場所:ARIV(アリーブ)北上店(北上市大通り1-3-27入山北ビル1F、TEL0197-61-0484)

北上駅前にある地ビールが飲めるビアダイニング、ARIV北上店で毎月開催されているビールイベント。会費は税別4,000円である。今回のテーマは「ちょっぴり早いX'masパーティー」である。(11/22修正)


(未定)ARIV盛岡店ビール会
日時:未定
場所:ARIV(アリーブ)盛岡店(盛岡市大通3-3-18 ホテル東日本B1、TEL019-621-4055)

ホテル東日本の地下にあるARIVの盛岡店でも時折ビール会が開催されている。


ニモクビール会
日時:毎月第2木曜日19:30〜
場所:ヌッフ・デュ・パプ(盛岡市大通2-4-22サンライズタウン4F、TEL019-651-5050)

月1回毎週第2木曜日に開催される、ベアレンのビールと世界のビールを楽しむ気軽な会。会費は4,000円である。


材木町ビール会
日時:毎月第4木曜日19:00〜
場所:ビアパブベアレン材木町(盛岡市材木町7-31、TEL・FAX019-626-2771)

毎月第4木曜日に開催されている、テーマに合わせたベアレンビールと料理を楽しむ会。会費は3,500円である。


中ノ橋ビール会

日時:毎月第1火曜日19:00〜
場所:ビアバーベアレン中ノ橋(盛岡市中ノ橋通1-1-21、TEL・FAX019-651-6555)

毎月第1火曜日に開催される、ビール初心者からエキスパートまで幅広く楽しめるベアレンのビール会。会費は4,000円である。


菜園ビール会

日時:毎月第3水曜日19:30〜
場所:菜園マイクロブルワリー with Kitchen(盛岡市菜園一丁目5-10グリムハウス1F、TEL019-606-0171)

毎月1回第3水曜日に開催される、初心者のためのベアレンのビールと世界のビール、旬の食材を使った料理を楽しむ会。会費は3,500円である。「クッチーナ」がベアレンの「菜園マイクロブルワリー with Kitchen」となったが、変わらず開催されている。(4/22修正)


日時:毎月第2・第4木曜日19:00〜22:00
場所:ハンバーグレストラン ベル大通店(盛岡市大通1丁目4-7、TEL019-629-2245)

全国の「びっくりドンキー」の第一号店として知る人ぞ知る、盛岡のハンバーグレストラン「ベル」で毎月2回開催されているビールイベント。参加費2,100円で、系列の小樽ブルワリーで醸造されたドイツスタイルのビール3種が飲み放題である。空きがあれば当日参加も可である。(4/22追加)


(終了)決算在庫一掃!がっつりビールパーティ
日時:2019年1月31日(木)19:00〜22:00
場所:菜園マイクロブルワリー with kitchen(盛岡市菜園1-5-10グリムハウス1F、TEL019-606-0171)

ベアレンビールと世界のビール全40種類以上がほぼ飲み放題状態となる、「年に一度の大盤振る舞い」というイベント。
参加費3,000円で、申し込みは不要、ビュッフェ方式の立ち飲みスタイルとのことである。(1/24追加)


(終了)ベアレン冬のビールフェスト in ななっく2019
日時:2019年2月16日(土)17:00〜20:00
場所:ななっく地下フードテラス(ななっく横町)(盛岡市中ノ橋通1-6-8、TEL019-625-1800)

前売りチケット2,000円でベアレンビールが飲み放題となるイベント(当日チケットなし)。


(終了)ベアレンビールまつり 花巻マルカンビル大食堂2周年
日時:2019年2月23日(土)17:00〜20:00
場所:花巻マルカンビル大食堂(花巻市上町6-2、TEL0198-29-5588)

見事復活したマルカンビル大食堂の2周年に合わせて、昨年に引き続きベアレンビールまつりが開催される。ベアレンビールが飲み放題となる前売りチケットが2,000円である(当日3,000円)。本イベント限定で「ナポリかつハーフ」が販売され、ベアレンとマルカンのコラボグッズの販売もある。


(終了)いわて蔵ビール周年祭 まさかの真冬のビアフェスタ!
日時:2019年2月23日(土)11:00〜16:00、24日(日)11:00〜15:00
場所:世嬉の一酒造(岩手県一関市田村町5-42、TEL0191-21-1144 )

いわて蔵ビールの冬のビールイベント。音楽あり、出店あり、足湯ありで、先着50名様に「わんかっプリン」がプレゼントされる。お得な前売りチケットも発売される。


(終了)三陸ビールを楽しむ会@kerasse
日時:2019年3月23日(土)18:00〜21:00
場所:すみたのだいどころkerasse(気仙郡住田町世田米字世田米駅13、TEL0192-22-7828)

大船渡発で三陸地域の農作物や海産物を副原料に使ったクラフトビール「三陸ビール」が住田町に初登場するお披露目イベント。参加費は5,000円で、三陸ビール3種飲み放題に、ビールに合う食事「kerasse特別メニュー」7種類のビュッフェが付く。(3/22追加)


(終了)ベアレンビールスプリングフェスト
日時:2019年4月28日(日)、29日(月)、5月2日(木)、3日(金)11:00〜16:00
場所:ベアレン醸造所敷地内特設会場(北山工場前)(盛岡市北山1-3-31、TEL019-606-0766)

2,400円の前売りチケットを買うと(当日券なし)、ベアレン醸造所の敷地内でベアレンビールが最大5時間飲み放題となるイベントである。フードコーナーでは各種つまみや料理の販売を行う。チケットは各日400枚限定である。盛岡駅前からシャトルバスも運行する(片道200円)。合間の4月30日(火)、5月1日(水)の11:00〜16:00には「勝手にスプリングフェスト」も開催される。こちらは前売り制ではなく、ビール1杯400円での販売となる。(4/1修正)


(終了)ありがとう2周年!きゃっせん黄金週間
日時:2019年5月2日(木)、3日(金)10:00〜15:00
場所:キャッセン大船渡(大船渡市大船渡町字野々田10-3)

大船渡駅前の商業施設キャッセン大船渡の2周年記念イベントが4月27日〜30日と5月2日〜5日に開催されるが、このうち5月2日、3日には三陸ビールが出店する。「週末のうみねこ」と「ばばばスタウト」の定番2種に加えて、新作「伊達男IPA」も登場する。(4/26追加)


(終了)遠野醸造taproom1周年感謝week!!
日時:2019年5月3日(金)〜6日(月)12:00〜22:00、7日(火)定休、8日(水)〜10日(金)17:00〜22:00
場所:遠野醸造TAP ROOM(遠野市中央通り10-15、TEL0198-66-3990)

遠野醸造TAP ROOMオープン1周年のイベント。期間中は、3,000円以上で1回引ける、豪華グッズが当たるスピードくじ、1周年記念の超限定ビールのリリースなどが行われる。(4/23追加)


(終了)ほんまるまるしぇ
日時:2019年5月4日(土)10:00〜16:00
場所:まちなか広場・ほんまるの家(陸前高田市高田町字大町39)

陸前高田のまちなか広場で開催される「小さな市場」のイベント。5月2日〜4日に開催されるが、4日は三陸ビールが出店する。ここでも「週末のうみねこ」、「ばばばスタウト」、「伊達男IPA」が飲める。(4/26追加)


(終了)ベアレン×野田村スプリングフェスト2019
日時:2019年5月26日(日)11:00〜16:00
場所:村民広場特設会場(野田村役場前)

前売りチケット2,000円(昨年より500円OFF)、当日入場チケット3,000円でベアレンビールが飲み放題となるイベント。フードコーナーには地元の7店が出店する。プラカップなどは会場に用意していないので、マイグラスの持参が必要である。前売り券には地元の飲食店や宿泊施設での特典もある。往復1,575円で盛岡と会場を結ぶバスも運行される。(4/15修正)


(未定)ベアレン初夏のまつり in ビッグルーフ滝沢
日時:未定
場所:ビッグルーフ滝沢(滝沢市下鵜飼1-15(滝沢市役所そば))

一昨年12月、昨年6月9日に、滝沢市役所そばのビッグルーフ滝沢を会場として、ベアレンビールのイベントが開催された。


(終了)第11回食楽まつり
日時:2019年6月8日(土)、9日(日)10:00〜16:00
場所:食楽日和(盛岡市中ノ橋通1-8-2、TEL019-622-2580)

浅沼醤油店の直営店「食楽日和」(くらびより)で年1回開催されるイベント。みそ詰め放題や醤油仕込体験、搾りたて生醤油実演販売などが行われる。今年も「くらマルシェ」にベアレンビールが出店する。(6/2修正)


(終了)町家deビアパーティー
日時:2019年6月15日(土)11:00〜15:00
会場:もりおか町家物語館 風の広場(盛岡市鉈屋町10-8)

あさ開とベアレン醸造所の4種類のビールが飲み放題で楽しめるイベント。入場料は前売2,500円、当日3,000円で、軽食販売もあり、フード持込も可。雨天の場合は同じ敷地内の三㐂亭が会場となる。(6/2追加)


(終了)APPI HAPPY 花火大会 全国和牛フェストグルメ&ビールとワインとウィスキー
日時:2019年6月15日(土)、22日(土)、29日(土)17:00〜21:30
場所:安比プラザ2Fプラザホール特設会場(八幡平市安比高原、TEL0195-73-5010)

6月に3回開催される花火大会に合わせて開催されるグルメイベント。全国8種の和牛の料理や三陸産の魚介が味わえる他、ベアレンを始め世界各国のビールも瓶で用意される。専用チケットは10枚2,500円、追加1枚250円で販売される(ビールは2枚で交換)が、入浴券2枚が付いた20枚綴りの前売りチケットも5,000円で販売される。(6/5追加)


(終了)第13回ちゃぶ台返し世界大会
日時:2019年6月15日(土)10:30〜15:00
場所:ショッピングモールアルコ(紫波郡矢巾町南矢幅7-425-3、TEL019-697-1155)

その名の通り、ちゃぶ台をひっくり返すイベント。パフォーマンスと飛距離で優勝を争う。昨年は会場にベアレンビールが出店したが、今年は今のところアナウンスはない。(6/5修正)


(終了)ベアレンビール祭り with イハナマーケット in 花巻
日時:2019年5月18日(土)16:00〜20:00
場所:花巻市上町通りエセナ跡地(花巻市吹張町12-16)

昨年6月17日に初開催された、
前売りチケット2,500円、当日チケット3,500円でベアレンビールが飲み放題となるイベント。今年は5月18日(土)の開催となる。イハナマーケットの30店舗との共催で、フードブースも20店舗あった。ある。要ジョッキ持参である。(4/18修正)


(終了)第9回Moriokaワインフェスティバル2019
日時:2019年6月16日(日)12:00〜15:00、16:00〜19:00
場所:ホテルニューカリーナ2F(盛岡市菜園2−3−7、TEL019-625-2222)

4,000円の前売りチケットで、岩手ワインと輸入ワイン30社100種類のワインが味わえる。別料金とはなるが、会場にはベアレンビールも出店し、ワインだけでなく樽生ビールも味わえる。2部入替制となっている。(4/18修正)


(終了)いわて幸せ大作戦!!いわてクラフトビールまつり
日時:2019年6月29日(土)11:00〜20:00、30日(日)11:00〜16:00
場所:盛岡駅前 滝の広場

6月30日まで開催のJR東日本盛岡支社によるいわて春の観光キャンペーン「いわて幸せ大作戦!!〜美食 ・ 絶景 ・ イベント『黄金の國、いわて。』〜」の節目となるイベント。
当日は、岩手県内の6つのクラフトビール醸造所とスプリングバレーブルワリーが出店すると共に、地元飲食店7店舗も出店する。(6/3追加)


(終了)介寿荘 夏のご宴会プラン

日時:2019年7月1日(月)〜8月31日(土)
場所:アートホテル盛岡(盛岡市大通3-3-18)

前身のホテル東日本盛岡では銀河高原ビールが飲み放題で料理が食べ放題となるビアホールが開設されていたが、経営主体が変わり、内容も変更となった。料理7品で2時間飲み放題付5,000円(税別)で、飲み放題の中にベアレンクラシックの樽生が含まれる。また、料理の中にも「ベアレンビール揚げ」や「べアレンビール漬け」などがある。+1,000円(税別)の「プレミアム飲み放題」では飲み放題の中に銀河高原ビールが加わる。(6/10修正)


(終了)いわての地ビールフェア
日時:2019年7月16日(火)〜8月31日(土)
場所:八幡平マウンテンホテル 石窯ダイニング白樺(八幡平市松尾寄木1-509-1、TEL0195-78-4111)

八幡平山麓にある八幡平マウンテンホテルのレストラン「石窯ダイニング白樺」で昨年に続いて開催される地ビールフェア。今年は岩手県内のベアレンビール、いわて蔵ビール、銀河高原ビールが各種揃う。(7/17修正)


(未定)ベアレンビール & くずまきワインフェスタ in くずまき高原牧場
日時:未定
場所:くずまき高原牧場(岩手郡葛巻町葛巻40-57-176) くずまき交流館プラトー付近

今年で7回目となるくずまき高原牧場とベアレンビールがコラボして開催するビールとワインのイベント。昨年は7月8日に開催され、前売チケット2,000円、当日チケット3,000円で、ベアレンビールとくずまきワインが飲み放題であった。往復2,000円で盛岡駅からの送迎がある他、IGR(いわて銀河鉄道)のお得なセットチケットもあった。


(終了)ZUMONAビールまつり in 蔵の道 2019
日時:2019年7月18日(木)、19日(金)17:30〜20:30
場所:Kitchen of the earth Koyomina(コヨミーナ) レストラン&中庭(遠野市中央通り4-6、TEL0198-68-3290)

今年で14回目を迎えるイベント。遠野の定番ビール、限定ビールが味わえる他、市内の飲食店がフードメニューを提供する。ビール飲み放題で会費は2,300円である(要事前申込)。(6/27修正)


(終了)ベアレンビアフェスト in 衣里 2019
日時:2019年7月6日(土)11:00〜15:00
場所:長者ヶ原廃寺跡(奥州市衣川区田中西38)特設会場

「1000年前の遺跡でビールを飲もう!」という趣旨で一昨年7月に初開催された、ベアレンビールが飲み放題となるイベント。前売りチケットは2,000円である(当日券なし)。(6/27修正)


(終了)ビアパブベアレン材木町店11周年・ビアバーベアレン中ノ橋店9周年合同周年記念パーティ
日時:2019年7月9日(火)17:00〜22:00
場所:ビアパブベアレン材木町店(盛岡市材木町7-31、TEL019-626-2771)、ビアバーベアレン中ノ橋店(盛岡市中ノ橋通1-1-21、TEL019-651-6555)

ビアパブベアレン材木町店11周年とビアバーベアレン中ノ橋店9周年を記念して行われるパーティー。立食形式で、どちらの店を行き来しても2,000円で飲み放題となる。参加者にはそれぞれの店の記念ステッカーが進呈される他、8月末まで使えるグラスビール10杯分の「グラスビール特別回数券」が3,000円で販売される。(7/2追加)


(終了)山形村短角牛バーベキュー&ベアレンビールフェス IN 久慈
日時:2019年7月14日(日)12:00〜17:00
場所:久慈市中町イベント広場(久慈市中町1丁目67)

山形村短角牛のバーベキューが味わえるイベント。前売りチケットは山形短角牛バーベキューチケット、ベアレンビール飲み放題チケットとも各2,000円、セットで500円引きとなる(当日チケットはバーベキューチケットが2,500円、ビール飲み放題チケットはなし)。盛岡から無料シャトルバスも利用できた(要申込、先着順)。(6/18修正)


(終了)もりおかsummerガーデン〜岩手の肉&ビアフェスティバル〜
日時:2019年7月19日(金)14:00〜21:00、20日(土)11:00〜21:00、21日(日)11:00〜20:00(L.O.19:30)
場所:盛岡八幡宮特設会場

岩手県内の地産地消の飲食店が提供する肉料理が食べられ、ベアレンビールが飲めるイベント。1セット2,000円のチケットを会場で購入して料理やドリンクと引き換える。2,200円分を2,000円で購入できる前売りのプレミアムチケットもあった。(7/23追加)


(未定)沢内銀河高原ビールまつり
日時:未定
場所:ホテル森の風 沢内銀河高原(和賀郡西和賀町沢内字貝沢第3地割647-1、TEL0197-85-5311)特設会場

銀河高原ビールの醸造所に隣接するホテル森の風 沢内銀河高原を会場に行われる銀河高原ビールのイベント。先着200名に出来立ての銀河高原ビールが無料サービスされる他、当日限り銀河高原ビールが1杯300円となる。当日は盛岡駅から会場までの無料送迎バスも出る(要申込)。昨年は沢内銀河高原が休館中なので、開催されなかった。


(終了)盛岡さんさ踊り
日時:2019年8月1日(木)〜4日(日)
場所:もりおか歴史文化館前(盛岡市内丸1-50)マチナカ屋台村他

岩手を代表する夏祭り「盛岡さんさ踊り」の期間中、今年は三陸復興応援屋台村(もりおか歴史文化館前)(15:00〜20:30)、芳本酒店前(17:00〜21:00)、ワインとチーズのお店よしだ屋前でベアレンビールが樽生で飲める。(8/2修正)


(終了)オガール祭り2019 ビアフェスト
日時:2019年7月31日(水)〜8月2日(金) 16:00〜21:00、3日(土)11:00〜21:00、4日(日)11:00〜16:00
場所:紫波中央駅前オガール広場(紫波郡紫波町紫波中央駅前2-3-3)

オガール祭りの期間中、オガール広場に巨大テントが設営され、オクトーバーフェストのような雰囲気のビアフェストが開催され、ベアレンビール樽生3種と紫波の食材を使ったフードが楽しめる。(8/2修正)


(終了)盛岡七夕祭り

日時:2018年8月4日(日)〜7日(水)
場所:肴町商店街アーケード(鍵屋前)

盛岡七夕祭り会場でもベアレンビールが飲める。今年も鍵屋前(中ノ橋通りから入ってすぐ右側)1箇所である。(8/7修正)


(未定)三陸鉄道ベアレンビール列車 IN 宮古
日時:未定
場所:三陸鉄道宮古駅発着

参加費4,000円で、三鉄宮古駅と田野畑駅を往復する間、列車内でベアレンビールが飲み放題(おつまみ付き)となるイベント。車内では景品付きビンゴ大会も開催される。定員48名で、定員となり次第募集締め切りとなる。8月8日に開催された。


(未定)
ベアレン山の日ビアフェスタ IN 都南つどいの森

日時:未定
場所:都南つどいの森(盛岡市湯沢1地割88番地)第二駐車場

一昨年、昨年と8月11日の「山の日」に開催されたベアレンビールのイベント。「つどいの森山の日まつり」と同時開催で、
前売チケット2,000円、当日3,000円でベアレンビールが飲み放題である。JRいわて飯岡駅からシャトルバスも出る。


(未定)LIGHT UP NIPPON×野田村 2019

日時:未定
場所:十府ヶ浦公園

「東北を、日本を、花火で、元気に。」と、毎年8月11日に東北各地を始め、日本全国で開催される「LIGHT UP NIPPON花火大会」、その野田村の会場では、当日15時よりベアレンビールが販売された。ベアレンビールは、「LIGHT UP NIPPON」とのコラボレーションビール「ハナビール・クラシック」も醸造している。


(終了)安比ロッキーイン1周年記念!バーベキュー・クラフトビール飲み放題宿泊プラン
日時:2019年7月29日(月)〜9月1日(日)
場所:安比ロッキーイン(八幡平市安比高原605-64、TEL090-9030-1314)

「泊まれるビアバー」がコンセプトの安比ロッキーインで開催されるイベント。10,000円で1泊、牛豚の塊肉のバーベキュー、クラフトビール90分飲み放題、朝食が付く。(7/23修正)


(終了)ベアレンビール祭り IN ふだい 2019
日時:2019年8月11日(日)11:00〜15:00
場所:普代浜園地キラウミ(下閉伊郡普代村第7地割)

今年で6回目のベアレンのイベント。前売りチケット2,000円でベアレンのビールが飲み放題である。要グラス持参。地元普代村から海の幸などのフードコーナーも多数出店し、+2,000円の料金で盛岡駅前からの往復送迎バスも出る。今年は会場がまついそ公園から変更になったので要注意である。(7/23修正)


(終了)しずくいし工場ビールまつり
日時:2019年8月18日(日)11:00〜16:00
場所:七ツ森ヴィレッジ(岩手郡雫石町沼返19-53)

今年5月に稼働し始めたばかりのベアレン醸造所雫石工場のある七ツ森ヴィレッジで初開催されるイベント。工場見学やワークショップのある「ベアレン工場フェス OPEN THE DAY」、飲み放題のベアレンビールと雫石の食で盛り上がる「ホップ収穫祭」の2つのイベントが開催される。ホップ収穫祭のベアレン飲み放題チケット(前売のみ)は2,000円である。(7/5追加)



(終了)ベアレンビアフェスタかもん金ヶ崎2019
日時:2019年8月18日(日)11:30〜15:30
場所:金ヶ崎駅前イベント広場

今年で7回目となる、ベアレンビールが飲み放題となるイベント。前売りチケット2,100円で、今年は当日チケットがないので要注意である。要グラス持参。別料金となるが、フードコーナーには今年も地元からの出店がある。(7/23修正)


(未定)十三日、夏野菜マルシェと野菜たくさんカレーまつり

日時:未定
場所:十三日(とみか)(盛岡市肴町10-10、TEL019-658-8701)

盛岡市十三日町(現肴町)の築約120年の古民家をリノベーションした小型複合商業施設「十三日(とみか)」で開催されるイベント。収穫したての新鮮な野菜を使ったカレーなどが楽しめる。昨年は8月19日に開催されて「クラフトビアホッパーズ」が出店し、会場でクラフトビールも楽しめた。


(終了)第22回全国地ビールフェスティバル in 一関
日時:2019年8月23日(金)15:00〜20:00、24日(土)11:00〜20:00、25日(日)11:00〜18:00
場所:一関文化センター前広場(一関市大手町2-16)

全国各地の地ビールが一堂に会する、東北のビールイベントの中でも一大イベントである。今年で22回目と、東北のビールイベントでは郡山の「ビール祭」に次ぐ歴史を誇る。昨年は全国100社のビール200種類が集まった。前売りチケットは6枚綴り2,000円、当日チケットは5枚綴り2,000円で、大サイズ(420ml)はチケット2枚、小サイズ(200cc)はチケット1枚と交換という形で、おつまみ購入の金券としても使えた。今年は8月23〜25日に開催されることが決定した。(3/22修正)


(終了)遠野ホップ収穫祭2019
日時:2019年8月24日(土)、25日(日)11:00〜21:00
場所:遠野蔵の道ひろば 特設会場(岩手県遠野市中央通り4-28)

遠野産ホップと畑の恵みの収穫を祝う、ビールと食の祭典。バラエティ豊かなラインナップのビールとビールに合うおつまみが楽しめ、ホップ畑見学ツアーなどが実施された。今年は8月24、25日の開催が決定した。(3/18修正)


(終了)ベアレン工場前1日限りのキャンプサイト
日時:2019年8月25日(日)11:00〜15:00
場所:ベアレン醸造所北山工場敷地内

工場前の敷地を開放して行う、持ち込み自由でベアレンビール飲み放題のイベント。
食べ物、焼き台、炭、イス、テーブル、ジョッキなどは用意する必要があるが、1,500円で飲み放題である。(8/18追加)


(終了)ベアレンビアフェスト in キャッセン大船渡
日時:2019年9月8日(日)12:00〜16:00
場所:キャッセン大船渡(大船渡市大船渡町野々田10-3)

一昨年、昨年と開催された、ベアレンビールが飲み放題となるイベント。JR大船渡駅前の商業施設キャッセン大船渡とのコラボイベントで、キャッセンの飲食店によるフードコーナーもある。前売りチケットは2,000円(当日3,000円)で、要ジョッキ持参である。(8/18修正)


(終了)ベアレン ビアフェスト in サラダファーム
日時:2019年9月8日(日)11:00〜15:00
場所:サラダファーム特設会場(八幡平市平笠2-6-333)

八幡平の「食と癒しの空間」サラダファームで今年初開催されるベアレンビールが飲み放題となるイベント。前売りチケットは2,000円、当日チケットは3,000円で、いずれもビール飲み放題とガーデンパーク入園料が含まれる。要ジョッキ持参。(9/2追加)


(終了)ベアレンビアフェスト 紫波町オガール広場 2019
日時:2019年9月15日(日)11:00〜15:00
場所:オガール広場(JR紫波中央駅徒歩5分)

ベアレンビールが最大4時間飲み放題となるイベント。前売りチケットは2,000円で当日チケットはないので注意が必要である。要ジョッキ持参。(9/2追加)


(終了)ベアレンオクトーバーフェスト2019
日時:2019年9月21日(土)〜24日(火)11:00〜16:00
場所:ベアレン醸造所敷地内特設会場(北山工場前)(盛岡市北山1-3-31、TEL019-606-0766)

岩手県内各地で開催される
ベアレンビールのイベントの中でも最大のイベント。チケット購入でベアレンビールが飲み放題である他、地元飲食店も出店し、フードメニューも充実している。完全前売り制とで当日券はない。前売りチケットは21日分が3,000円、22日分が3,300円、23日分が3,000円、24日分が2,800円である。(8/18修正)


(未定)白金豚とベアレンビールを思いっきり楽しむ会
日時:未定
場所:レストランポパイ(花巻市若葉町3-11-17、TEL0198-23-4977)

白金豚直営店「ポパイ」で開催されるベアレンビール飲み放題のイベント。前売りチケットは3,000円で、ベアレン飲み放題と1,000円分の食事券が含まれる。9月29日に開催された。


(終了)ベアレン 赤レンガビール祭り 2019 in 盛岡ふれあい覆馬場プラザ
日時:2019年11月10日(日)11:00〜16:00
場所:盛岡ふれあい覆馬場プラザ(盛岡市青山二丁目6-8)

今年で8回目となるイベント。10月13日に開催予定だったが台風で中止となっていた。1杯目500円、お代わり300円で、容器を返却すると200円が返金される。(10/30修正)


(終了)FRESH HOP FEST(フレッシュホップフェスト) WEEK in 遠野
日時:2019年10月21日(月)〜28日(月)17:00〜22:00(26日は12:00〜、22,27日は12:00〜21:00)※23,24日は店休
場所:遠野醸造TAPROOM(遠野市中央通り10-15、TEL0198-66-3990)、あえりあ遠野(遠野市新町1-10、TEL0198-60-1700)

毎年10月に、その年に収穫した国産ホップでつくったビールを解禁!という趣旨で4年前から開催されているイベント。今年はフレッシュホップフェストWEEKとして、遠野醸造TAPROOMを会場に、市内外のブルワリーで造られた遠野産フレッシュホップビール(10種類程度)を順次繋ぐ。28日はあえりあ遠野で一番搾りとれたてホップの初飲み会も開催される。(10/21修正)


(終了)しずくいし産業まつり
日時:2019年10月19日(土)9:30〜16:00、10月20日(日)9:30〜15:30
場所:雫石町総合運動公園(岩手郡雫石町高前田104)

雫石に工場をつくったベアレンも出店して、缶と瓶、それに樽生のビールを販売する。雫石の「しずくいしホップチャレンジ」のホップを使用して仕込んだスペシャルビールも樽生で飲める。(10/16追加) 


(終了)遠野醸造創業祭2019〜チャタヌーガナイト〜
日時:2019年11月28日(木)18:00〜22:00
場所:遠野醸造TAPROOM(遠野市中央通り10-15)

遠野醸造の2周年イベント。今年は遠野市の姉妹都市であるチャタヌーガに焦点を当て、チャタヌーガのムーンパイビールの開栓、チャタヌーガの何かを使った超限定ビールの開栓、チャタヌーガのアメリカンフードの提供などが行われる。(10/30修正)


(未定)ベアレンビール列車in久慈2019
日時:未定
場所:三陸鉄道北リアス線久慈駅13:10発

毎年11月23日に運行されていた北リアス線のベアレンビール列車だが、昨年は12月1日(土)の運行であった。レトロ列車2両が走り、三陸の風景を楽しみながら、おつまみ付でベアレンビールが飲み放題で楽しめる。乗車運賃も含まれるチケットは3,675円で、1〜4名で利用できる
ボックス席は12,600円で販売された。(いずれも要予約)。盛岡市内からの往復バスチケットは3,000円であった。


 秋田県内 

クラフトビールを楽しむ会

日時:奇数月第3水曜日
場所:ビアカフェあくら(秋田市大町1-2-40、TEL018-864-0141)

奇数月の第三水曜日に開催されているあくらビール主催のイベント。毎回テーマが決まっていて多様なビールが楽しめる。ほぼ毎回ビール4種類とあくらビール2種類に料理がついて会費は3,500円である(要予約)。

(終了)チャリティ・ハワイアンイベント 第6回ALOHA秋田
日時:2019年2月24日(日)10:00〜17:00
場所:秋田拠点センター アルヴェ きらめき広場(秋田市東通仲町4-1、TEL018-887-5310)

東日本大震災の記憶とハワイ・アメリカからの支援への感謝の気持ちを風化させないためのチャリティイベント。昨年、会場では「酒場 戸隠」がハワイの地ビールを販売し、「BEER FLIGHT」では「Flight To Hawaii」というタイアップイベントを開催した。


(終了)東北魂ビールプロジェクト【春霞IPA〜Foggy Spring Ipa〜】7種同時開栓!
日時:2019年3月10日(日)15:00〜23:00
場所:BEER FLIGHT(秋田市南通亀の町4-15、TEL018-838-4773)

3月10日(日)の開店とともに、今年の東北魂ビールプロジェクトにて、東北のブルワリー各社で醸造された「春霞IPA〜Foggy Spring IPA〜」7種を同時開栓するイベント。東北の7醸造所の東北魂ビールが味わえる。当日は、飲み比べのための7種のトライアルセット(各液種100ml)が用意される他、通常サイズのグラスでの飲み比べも割安にできるプランも用意される。(3/1追加)


(終了)今シーズン最後の【昼からビール天国】餃子パーティー!!
日時:2019年3月24日(日)12:00〜22:00
場所:BEER FLIGHT(秋田市南通亀の町4-15、TEL018-838-4773)

今冬で2期目の「昼からビール天国」の今シーズン最後となるイベント。60分間クラフトビール5種類が飲み放題で、今回は餃子が食べ放題となる。フードやドリンクなどの持込も自由。料金は60分税込で3,000円(席は75分制)、60分税込1,500円で延長もできる。(3/15追加)


(終了)BULLET & BLITZ
日時:2019年3月31日(日)11:30〜20:00
場所:酒場 戸隠(秋田市山王2丁目7-29-2F、TEL018-863-8699)

ここ5年ほど、毎年この時期に「酒場 戸隠」の周年記念ビールが造られるが、今年もあくらビールの協力を得てオリジナルビール「SMaSH Bullet Pale Ale」ができ、16時から「酒場 戸隠」でお披露目会が開催される。オリジナルビール他全3種のビールが飲み放題、おつまみ付きで会費は5,000円である。(3/4追加)


(終了)Kamenocho 2019 Spring Beer Festa
日時:2019年4月21日(日)15:00〜23:00
場所:KAMENOCHO STORE、BEER FLIGHT(秋田市見浪通亀の町4-15ヤマキウビル1F、TEL018-838-4773)

「KAMENOCHO STORE」と「BEER FLIGHT」を会場に、今年も10種類以上のクラフトビールと、普段提供していないビールに合うスペシャルフードが楽しめる。前売りチケットは6枚綴りで税込3,000円、当日チケットは5枚綴りで税込3,000円。チケット1枚で、ビール1杯かフード1品と引替えできる。(4/3修正)


(終了)第12回うご牛まんまフェスティバル
日時:2019年4月29日(月)11:00〜15:00
場所:五輪坂温泉としとらんど 野外特設会場(雄勝郡羽後町足田五輪坂下43-4、TEL0183-62-4126)

羽後町産黒毛和牛一頭分が食べられるイベント。焼肉250gパック2,500円、ステーキ250g1枚3,500円、羽後牛カレー一食700円、で「まんま」(羽後町産あきたこまち)は無料である。今年も羽後麦酒が出店して、樽生と瓶でビールが飲める。(4/26修正)


(終了)あきた地ビールフェスタ2019
日時:2019年4月30日(火)〜5月6日(月)10:00〜20:00(6日は16:00まで)
場所:エリアなかいち にぎわい広場(秋田市中通1-4-3)

ABS秋田放送主催のイベント「あきたラーメンフェスタ」と同時開催されるイベント。SUMMITが出店し、樽替わりであきたラーメンフェスタに出店するラーメン店のある土地の地ビールを出すとのことである。田沢湖ビール、あくらビール、湖畔の杜ビールも出店する。(4/22修正)


(終了)Beer Flightを飲み干せ!! 2019 ゴールデンウィーク
日時:2019年5月6日(月)15:00〜18:00
場所:BEER FLIGHT(秋田市南通亀の町4-15ヤマキウビル1F、TEL018-838-4773)

毎年恒例となっている、ゴールデンウィーク最終日5月6日のイベント。同店の樽生ビール11種類が3時間飲み放題となる。会費は5,000円(税込)でおつまみ、スナックが付くが、フードの持ち込みも可。定員は30名で要予約である。(4/10修正)


(終了)これが秋田だ!食と芸能大祭典2019

日時:2019年5月24日(金)16:00〜21:00、25日(土)10:00〜20:00、26日(日)10:00〜17:00
場所:アゴラ広場、エリアなかいち

3年前に初開催された、秋田県内各地の食文化や郷土芸能が一堂に会するイベント。4つの会場のうち、アゴラ広場の「あきたグルメ屋台&演舞ステージ」には今年も田沢湖ビールとあくらビールが出店し、エリアなかいちの五城目町ブースでは五城目ラズベリースタウトが販売される。(5/22修正)


(終了)あくらカニ喰い祭り2019
日時:2019年6月9日(日)12:00〜15:00
場所:あくら広場(秋田市大町1-2-40、TEL018-864-0141)※雨天時は「ビアカフェあくら」内にて開催

毎年恒例となった秋田・金浦港直送の「紅ズワイガニを喰らいつくすイベント」。地元で水揚げされた特大の紅ズワイガニが2杯、料理5品、あくらビールが飲み放題で、会費5,500円である。(6/9修正)


(終了)東北地ビールフェスティバル in 秋田 2019
日時:2019年6月14日(金)〜16日(日)
場所:エリアなかいち にぎわい広場(秋田市中通1-4-3)

東北6県の地ビールが揃う貴重なイベント。普段あまりビールイベントに参加しない青森の奥入瀬ビールや宮城の仙南クラフトビールも飲めるほか、3年前からは北海道のノースアイランドビールも参加し、事実上「北海道・東北地ビールフェスティバル」となっている。東北ミートフェスティバルも同時開催で、東北各地の肉料理も食べられた。今年は6月14日(金)〜16日(日)の開催である。(4/5修正)


(終了)HAPPY BIRTHDAY ORAE20周年
日時:2019年6月1日(土)〜30日(日)
場所:湖畔の杜レストランORAE(仙北市田沢湖田沢字春山37-5、TEL0187-58-0608)

ORAEの20周年を記念して、20周年記念版「2500えんdeディナーコース」、「20thバースデー特別メニュー」などが登場する。食事の時にグラスビール1杯など4種類から選べるプレゼントももらえる。(6/2修正)


(未定)世界のクラフトビール&絶品のマリアージュ
日時:未定
場所:グランドパレス川端・本館2F(大仙市大曲浜町7-39、TEL0187-62-0354)

昨年7月1日に初開催された、日本、ベルギー、ドイツ、アイルランドの7種類のクラフトビールとマリアージュ料理が楽しめるイベント。料理はビュッフェ形式で、料金は6,000円であった。


(終了)うごBBBQ(ビア・バーベキュー) in 端縫いの郷
日時:2019年7月6日(土)、7日(日)10:00〜19:00
場所:道の駅 端縫いの郷(雄勝郡羽後町西馬音内字中野200、TEL0183-56-6128)

羽後町の道の駅「端縫いの郷」3周年と羽後麦酒2周年を記念して開催されるイベント。羽後麦酒が飲め、ステーキやビア缶チキンが食べられる。5枚綴りの「前売りビアチケット」は2,000円である(当日2,200円)。(6/27追加)


(終了)屋上ビアガーデン2019
日時:2019年7月11日(木)〜8月18日(日)
場所:湯沢ロイヤルホテル2階特設会場(湯沢市田町2-2-38、TEL0183-72-2131)

湯沢市にある湯沢ロイヤルホテルで開催されるビアガーデンに、今年も「羽後麦酒」が加わる。ゴールデンエール、ペールエール、ベルジャンホワイトが日替わりで登場する。2,000円で2,100円分使える前売り券も発売される。(6/10修正)


(終了)ゆぽぽサマーフェスト2019〜ビールと肉の祭典〜
日時:2019年7月12日(金)〜14日(日)17:00〜21:00
場所:温泉ゆぽぽ(仙北市田沢湖辛田字早稲田430、TEL0187-44-3333)

田沢湖ビールと同じ敷地内にある温泉ゆぽぽ開湯27周年を記念して、田沢湖ビールと温泉ゆぽぽがコラボして開催される「ゆぽぽ本館ビアホール計画」。2時間、田沢湖ビール各種を始めとするドリンクが飲み放題、牛肉の田沢湖ビール煮など多彩なフードが食べ放題で、料金は4,000円(税込)である。(6/13追加)


(終了)ベルギービールフェスタ in アルヴェ
日時:2019年7月12日(金)17:30〜21:00、13日(土)・14日(日)17:00〜21:00
場所:秋田拠点センターアルヴェ(秋田市東通仲町4-1)

秋田市内で4年前に初めて開催されたベルギービールのイベント。昨年は8つのサーバーで異なるカテゴリーのベルギービールがそれぞれ樽生で飲めた。(7/12修正)


(終了)土崎港曳山まつり
日時:2019年7月20日(土)、21日(日)
場所:土崎神明社(秋田市土崎港中央3-9-37、TEL018-845-1441)ほか

毎年7月20日、21日に開催される、秋田市の北部にある土崎神明社の例祭として行われる港祭りで、昨年は北都銀行土崎支店(秋田市土崎港中央1-17-14、TEL018-845-1128)の駐車場には田沢湖ビールが出店した。樽生3種が飲める他、角館名物の御狩場焼きなども食べられた。今年も同様と思われる。秋田あくらビールは老人ホーム遥か駐車場(元あったまりーな)に出店、今年は秋田銀行ブースに羽後麦酒が出店する。(7/17修正)


(終了)ゆざわの休日・夏2019
日時:2019年7月14日(日)11:00〜20:00
場所:湯沢市柳町商店街

湯沢市で夏か秋に開催されるイベント。4年前と2年前は「ゆざわの休日・秋」として秋に開催され、3年前と昨年は「ゆざわの休日・夏」で夏開催、今年も夏のようである。ドイツビールが飲める。(7/5修正)


(終了)星空を眺めながらビールを飲む会2019
日時:2019年7月31日(水)19:00〜21:00
会場:秋田あくらビール中庭

会費4,000円で秋田あくらビールが飲み放題で料理もつくイベント。その名の通り、屋外での開催だが、雨天の場合はビアカフェあくら店内で開催される。(7/23追加)


(終了)秋田竿燈まつり
日時:2019年8月3日(土)〜6日(火)
場所:秋田市内中央会場(産業会館跡地)、大町イベント広場(秋田ニューシティ跡地)ほか

秋田を代表する夏祭り「秋田竿燈まつり」の開催期間、田沢湖ビールとあくらビールが竿燈屋台村市役所会場(秋田市役所駐車場、15:00〜22:30、8/2前夜祭も営業)で、田沢湖ビールが竿燈屋台村中央会場(産業会館跡地、竿燈大通りつきあたり、15:00〜21:30)、あくらがJTB跡地で、田沢湖、あくら、湖畔の杜がご当地グルメフェスティバル(イーホテル秋田向かい、15:00〜21:30)で飲める。(8/6修正)


(終了)第11回かくのだて絵燈籠夏まつり
日時:2019年8月3日(土)
会場:秋田県仙北市・角館 立町ポケットパーク

地元の子供たち自作の絵燈籠パレードを始め、様々なイベントが開催される角館の夏祭り。昨年は8月4日に開催され、田沢湖ビールが出店した。


(終了)竿燈クラフトビール祭り2019
日時:2019年8月3日(土)16:00〜21:30、4日(日)12:00〜21:30、5日(月)・6日(火)17:30〜21:30
場所:山王胃腸科駐車場(竿燈大通り側)(秋田市山王2-1-49、TEL018-862-5211)

昨年8月4、5日、秋田竿燈まつり期間中の週末に開催された初のビールイベント。秋田市内のビアバー「SUMMIT」が今年も各種クラフトビールを提供する。(7/23修正)


(終了)第5回肉の博覧会 in おおだて
日時:2019年6月1日(土)、2日(日)
場所:秋田犬の里(大館市御成町1-13-1、TEL0186-59-4649)

市の特産物である比内地鶏や秋田県北部の食文化として根付いている馬肉、新たなブランドの大館さくら豚、秋田牛などの肉が集結するイベント。昨年は8月に開催されたが、今年は6月に会場を秋田犬の里に移して開催された。今年はオオダテビールの出店はなかったようである。(6/13修正)


(終了)七夕絵どうろうまつり
日時:2019年8月5日(月)〜7日(水)
場所:湯沢市街地一円

8月5〜7日に開催される湯沢市の夏の伝統行事である七夕絵どうろうまつりに、今年も羽後麦酒が出店する。(8/7修正)


(未定)秋田市国際フェスタ
日時:未定
場所:秋田市拠点センターアルヴェ(秋田市東通仲町4-1)1階「きらめき広場」

秋田竿燈まつりの最終日8月6日に開催される、秋田市の友好都市・姉妹都市との交流を目的としたイベント。昨年は田沢湖ビールが樽生で飲めた他、嶋田ハムのソーセージなども食べられた。


(終了)あきた芸術村の花火大会と盆踊り
日時:2019年8月14日(水)
場所:秋田県仙北市・あきた芸術村大駐車場

わらび座恒例のミュージカル花火大会で、会場で田沢湖ビールが飲める。


(終了)西馬音内盆踊り

日時:2019年8月16日(金)〜18日(日)
場所:羽後町西馬音内字本町地内(通称本町通り)

毎年8月16〜18日に開催され、全国的に知られる羽後町の西馬音内盆踊りの会場で、今年も羽後麦酒が飲める。(8/7修正)


(終了)クラフトビアフェスティバル in AKITA 2019
日時:2019年8月17日(土)、18日(日)
場所:秋田駅前 アゴラ広場 大屋根下(秋田市中通2-6-1)

一関の全国地ビールフェスティバルと同様、全国の地ビールが揃うビールイベント。前売りチケットが全国のサークルKサンクスで購入でき、オリジナルグラス付チケット(200ml×4杯券付)が1,500円、グラスの付かない200ml×4杯券が1,000円、当日は200ml×4杯が1,200円、200ml1杯が350円であった。今年は8月17日(土)、18日(日)に開催される。(4/5修正)


(終了)第92回全国花火競技大会「大曲の花火」
日時:2019年8月31日(土)
場所:雄物川河川敷(大曲花火大橋と姫神橋の間)

毎年8月最終週の土曜日に開催され、人口4万人弱の大仙市大曲地区に全国からおよそ80万人の観覧者が訪れるという、東北はもとより全国でも屈指の花火大会。全国の花火競技大会の中でも最も権威ある大会と位置づけられ、全国の選りすぐりの花火師たちがその腕を競う。毎年田沢湖ビールが大曲技術専門校駐車場(大仙市大曲川原町2番30号)に出店する(18:30まで)。昨年は羽後麦酒も出店した。


(終了)秋田CARAVAN MUSIC FES
日時:2019年9月14日(土)、15日(日)
場所:サン・スポーツランド協和野球場

今年で4回目を迎える音楽イベント。飲食ブースには、田沢湖ビール、湖畔の杜ビール、羽後麦酒が出店していた。来年の備忘のために記載。(2019.9.18追加)


(終了)田沢湖ビール22年祭
日時:2019年9月20日(金)18:00〜
場所:田沢湖ビールレストラン(仙北市田沢湖卒田早稲田430、TEL0187-44-3988)

田沢湖ビール誕生22周年を記念して開催されるイベント。田沢湖ビール飲み放題、フードメニュー食べ放題で会費は5,000円(税込)。わらび座俳優によるスペシャルライブも開催される(要予約)。(9/6追加)


(終了)アキタ・バール街2019
日時:2019年9月28日(土)14:00〜24:00
場所:秋田市内参加各店(オープニングセレモニー&パフォーマンスは17時から大町イベント広場で開催)

あらかじめ購入したチケットで「1ドリンク&1ディッシュ」を楽しみながら飲食店を回る「飲み・食べ歩き」イベント。今年が8回目となる。酒場戸隠や、あくらビール直営のレストランプラッツ、ビアカフェあくらが参加する。昨年は前売りチケットは3,500円で、当日券は4,000円であった。(8/19修正)


(終了)ABSまつり2019
日時:2019年10月5日(土)、6日(日)10:00〜16:00
場所:エリアなかいち 特設会場(にぎわい広場ほか)(秋田市中通1-4-3)

ABS秋田放送の年に一度のイベント。昨年は9月22、23日に開催され、あくらビールが出店した。今年は今のところ情報がない。(8/26修正)


(終了)秋田オクトーバーフェスト
日時:2019年10月11日(金)〜14日(月祝)
場所:エリアなかいち にぎわい広場(秋田市中通1-4-3)

秋田オクトーバーフェストでは、ドイツビールと秋田県内3社の地ビールの両方が味わえる。「秋田ソーセージフェスティバル」との同時開催で、ドイツや秋田の美味しいソーセージもビールと一緒に味わえる。(4/5修正)


(終了)新・秋田の行事 in 男鹿 2019
日時:2019年10月12日(土)、13日(日)
場所:道の駅おが「なまはげの里オガーレ」周辺など

全国最多17件の国指定重要無形民俗文化財を有する秋田県を代表する伝統芸能や祭りが一堂に会する伝統芸能の祭典。一昨年大曲で初開催され、昨年は角館、今年は男鹿で開催される。昨年はグルメストリートに田沢湖ビールが出店した。(8/26修正)


(未定)Re:MIX オクトーバーフェスト2019
日時:未定
場所:Re:MIX(横手市十文字町梨木羽場下14-26)

横手市十文字町で地ビールが飲める「Re:MIX」で開催されるオクトーバーフェスト。昨年は10月1〜7日の期間中、クラフトビール一杯につきビールに合うおつまみ一品がサービスされた。おつまみは全7種類、ビールは全17種類であった。


(未定)YOKOTE発酵FES
日時:未定
場所:横手市交流センターY2プラザ、よこてイーストにぎわい広場(横手市駅前町1-21)
   
昨年初開催された、横手の発酵技術と食文化の魅力を発信するイベント。県内の4醸造所、田沢湖ビール、あくらビール、湖畔の杜ビール、羽後麦酒が横手産ホップを使用して醸造したクラフトビール4種が飲み比べできた。


(終了)JOZO(醸造)まにあくす
日時:2019年10月19日(土)11:00〜20:00
場所:秋田銘醸株式会社 旧第二工場(旧岩崎蔵)(湯沢市岩崎岩崎137)

東北六県の限定醸造酒など約50種類の日本酒、ビール、カクテルが味わえるイベント。ビールでは田沢湖ビールが楽しめるほか、羽後麦酒が初出展する。(9/2修正)


(終了)BEER FLIGHT 4周年感謝イベント
日時:2019年10月25日(金)〜27日(日)17:00〜23:00
場所:BEER FLIGHT(秋田市南通亀の町4-15、TEL018-838-4773)

BEER FLIGHTの4周年を記念して開催されるイベント。期間中、4周年記念醸造ビール「視界良香2」が開栓される他、このビールを含む4タップのビールが1杯500円で飲める。(10/24追加)


(終了)BUILDA Presents Novem beer Fest
日時:2019年11月24日(日)12:00〜20:00
場所:BEER FLIGHT(秋田市南通亀の町4-15、TEL018-838-4773)

秋田市内で「酒場 戸隠」「BEER FLIGHT」「SUMMIT」を運営する「BUILDA」主催のビールイベント。厳選した樽生ビール10種以上が1杯500円から飲め、2時間飲み放題プランも3000円である。(11/11追加)


(終了)秋田あくらビール創業22周年記念イベント
日時:2019年12月1日(日)14:00〜17:00
場所:レストランプラッツ(秋田市大町1-2-40、TEL018-883-4366)

毎年開催されているあくらビールの周年イベント。あくらビール3時間飲み放題にバイキング形式で料理がついて、前売4,000円、当日4,500円で、150枚販売で終了である。当日はステージ演奏もある他、周年記念ビールや秘蔵のビールも登場する。(10/10修正)


(終了)杜のクリスマスパーティー2019
日時:2019年12月14日(土)18:30〜
場所:湖畔の杜レストランorae(仙北市田沢湖田沢字春山37-5)

湖畔の杜ビールの直営レストランで毎年開催されるクリスマスパーティー。今年は「20周年記念パーティー」と銘打って開催される。飲み放題、料理付きで、料金は大人5,500円である。当日はピアノとサックスの演奏があり、田沢湖畔に打ち上げ花火も上がるそうである。(11/22修正)


昼からビール天国 餃子とクラフトビールと飲食放題!
日時:2019年12月22日(日)12:00〜22:00
場所:BEER FLIGHT(秋田市南通亀の町4-15、TEL018-838-4773)

毎年冬に何度か開催されるイベント。60分間クラフトビール5種類が飲み放題で、合わせられる料理も食べ放題である。今回は餃子が食べ放題である。料金は3,500円で、さらに60分の延長料金は1,000円である。(12/6追加)


 青森県内 

奥入瀬ビール「麦酒館の日」
日時:毎月第3木曜日
場所:奥入瀬麦酒館(十和田市大字奥瀬字堰道39-1、TEL0176-72-3201)

毎月第3木曜日、奥入瀬麦酒館では「麦酒館の日」として、奥入瀬ビール始め日本酒、焼酎、ワイン、ソフトドリンクが2時間飲み放題1,600円、パスタ、ピザ、おつまみ、デザートが90分食べ放題 1,300円(要予約)となる。


(終了)奥入瀬ビール「地ビールの日」
日時:2019年4月23日(火)11:00〜19:00
場所:奥入瀬麦酒館(十和田市大字奥瀬字堰道39-1、TEL0176-72-3201)

日本地ビール協会などが制定した「地ビールの日」である4月23日には、奥入瀬麦酒館では2時間1,080円という破格の価格で奥入瀬ビールが飲み放題となる。例年、十和田市文化センターD51前と奥入瀬麦酒館の間で「無料シャトルバス」も運行される。十和田市文化センターD51前18:30発で、帰りは奥入瀬麦酒館21:15発である。(1/22修正)


(終了)生ビールフェア
日時:2019年5月18日(日)〜10月31日(木)(※6/20〜7/1、8/10〜18は宿泊者のみ)11:00〜21:00
場所:ウェスパ椿山レストラン「カミリア」(西津軽郡深浦町舮作鍋石226-1、TEL0173-75-2261)

一昨年から開催されている、ウェスパ椿山のレストラン「カミリア」で開催されるビールイベント。2時間飲み放題2,000円、+1,000円で1時間延長可。5月31日までは1,800円で、前売り券も5月31日まで1,800円で販売している。キリンのビール3種にハイネケン、バドワイザー、それによなよなエールや常陸野ネストのだいだいエールなど4種類のクラフトビールも飲める(4種はタップマルシェと思われる)。(5/26修正)


(終了)極上泡酒倶楽部シーズン2
日時:2019年7月26日(金)、27日(土)18:30〜
場所:一般財団法人済誠会サン・ロイヤルとわだ(十和田市東三番町37-7、TEL0176-23-2266)

昨年から開催されているビールイベント。チケット代5,000円で、「生ビールの種類が半端ない!」とのことである。(6/10修正)


(終了)弘前ねぷたまつり
日時:2019年8月1日(木)〜7日(水)
場所:まちなか情報センター(弘前市大字土手町94-1)の斜め向かい

津軽の夏を彩る弘前ねぷたまつりの期間中、地元のBe Easy Brewingがまちなか情報センターのななめ向かいに出店する。(8/2追加)


(終了)ドイツビアフェストinアスパム
日時:2019年8月16日(金)〜25日(日)16:00〜21:00(土日は11:00〜、金土は〜21:30)
会場:アスパム西側特設会場・1Fイベントホール(青森市安方1-1-40、TEL017-735-5311)

三角の建物が特徴的な青森県観光物産館アスパムで今年初開催されるドイツビールのイベント。ドイツビールと青森県内の地ビール各種が飲める他、フードも充実している。入場料は200円だが、館内テナントで税込500円以上買い物する場合、入場券を200円割引券として利用できる。(8/18追加)


(終了)奥入瀬ビールまつり
日時:2019年10月4日(金)18:30〜
場所:サン・ロイヤルとわだ(十和田市東三番町37-7、TEL0176-23-2266)

奥入瀬ビールの年1回のイベント。昨年通りであれば、定番4種に限定ビールが2時間飲み放題で、ビールに合う料理も提供されるはずである。空くじなしの大抽選会も開催される。予約制でチケットは5,000円である。今年は会場が奥入瀬麦酒館ではなくサン・ロイヤルとわだに変更になっているので要注意である。(9/11修正)


(終了)第7回世界のビール祭り
日時:2019年9月6日(金)18:00〜
場所:鰐come(南津軽郡大鰐町大字大鰐字川辺11-11 TEL0172-49-1126)

大鰐温泉の中にある日帰り温泉施設、多目的ホール等を備えた複合施設「鰐come」で開催されるビールイベント。料理付き飲み放題で会費は5,000円、津軽路ビール、松島ビール、それに「当日のお楽しみ銘柄」のビールが樽生で飲める。(8/26修正)


(未定)津軽オクトーバーフェスト
日時:未定
場所:弘前市りんご公園(清水富田字寺沢)

昨年9月22日(土)、23日(日)に開催された「
ひろさきりんご収穫祭2018♪」の中で開催されたイベント。津軽生まれのシードル・日本酒・ワイン・クラフトビールなどが登場した。弘前のBe Easy Brewingも出店した。今年は「ひろさきりんご収穫祭」の中にオクトーバーフェストに関する記載がないので、開催しないものと思われる。(9/20修正)


(中止)かだるべ クラフトビアフェス 2019 in ひろさき
日時:未定
場所:土手町コミュニティパーク(弘前市土手町31、TEL0172-31-5755)A館多目的ホール、ポム広場

2013年から開催されているビールイベント。地元津軽路ビールや奥入瀬ビール他、あくらビール、いわて蔵ビなど東北の地ビール、それにその他の地域の7醸造所の地ビールも飲めた。フードコーナーには弘前市内の飲食店が出店する。今年は「諸般の事情により」中止となった。(8/26修正)


(終了)弘前クラフトビールフェス〜Jazz&ピッツァnight〜
日時:2019年10月1日(火)〜6日(日)
場所:ピッツェリア・ダ・サスィーノ(弘前市大字土手町62-1-1F、TEL0172-33-2139)

弘前市内のナポリピッツァ専門店の「ピッツェリア・ダ・サスィーノ」で開催されたイベント。Be Easy Brewingのビールが3種類飲めた他、フェス限定の料理も多数登場した。来年の備忘のために記載。(10/21追加)


(終了)ABA番組祭り
日時:2019年10月12日(土)、13日(日)
場所:ワ・ラッセ&西の広場

ABA(=青森朝日放送)の年1回のイベント。今年も弘前のBe Easy Brewingが出店し、3種類のクラフトビールが飲める。(10/10修正)


(終了)第14回十和田湖ふるさとまつり
日時:2019年10月27日(日)
場所:道の駅「奥入瀬」奥入瀬ろまんパーク(十和田市大字奥瀬字堰道39-1、TEL0176-72-3201)

年に1回、奥入瀬麦酒館のある道の駅「奥入瀬」奥入瀬ろまんパークで開催されるイベント。昨年は特設会場で奥入瀬ビールが通常より100円安い1杯400円で、4種類セットが1,400円で飲めた。(9/2修正)


(終了)Be Easy Brewing 3rd Anniversary Party Special Live
日時:2019年11月21日(木)19:00〜
場所:Be Easy Brewing(弘前市松枝5-7-9、TEL0172-78-1222)

Be Easy Brewingの3周年を記念して行われるイベント。ライブにはギャレスさん自らも登場する。2ドリンク込みの料金が3,800円で、3周年企画ビールも開栓予定である。(11/11更新)
続きを読む

anagma5 at 22:58|PermalinkComments(0)clip!

2018年07月31日

ホップとビールでまちを盛り上げる!(「東北復興」紙への寄稿原稿)〜私的東北論その108

 4月16日に発行された「東北復興」第71号には、「ホップとビールでまちを盛り上げる!」と題して、東北特産のホップを巡る話題を取り上げた。ビールに欠かせない原料で、最近その成分についての研究も進んでいるホップについては、依然東北が国内全体の約96%と圧倒的なシェアを占めるが、その生産量は年々低下しているという現状もある。その一方でこのホップをまちづくりに活かそうという動きも東北各地に見られ、これからの展開が楽しみでもある。以下がその全文である。


ホップとビールでまちを盛り上げる!

減り続ける国内産ホップ
 ビールに欠かせない原料の一つにホップがある。世界最古の食品関連の法律とされるドイツの「ビール純粋令」には、「ビールは大麦、ホップ、水、酵母のみを原料とすべし」とあるが、逆に言えばビールづくりにこの4つは欠かせないものであると見ることもできる。

 このうち、ホップは、ビールの苦みと香りをつけるのに欠かせない原料である。このホップについては、以前書いたことがあるが、国内では東北地方のシェアが極めて高い。東北では宮城と福島を除く4県でホップが栽培されており、2011年時点で、国内産ホップに占める東北産ホップのシェアは98.9%と圧倒的である。最近では、クラフトビール市場が拡大するにつれて、他地域でも栽培が始まっているが、それでも昨年時点で約96%が東北産と聞いているので、いまだに日本でホップと言えば東北、という状況が続いている。

 しかし、大きな問題がある。シェアは依然として高いものの、生産量は年々減少してきているのである。国内全体で見ると、ホップの生産量が過去最大だったのは1968年の3,295トンだが、これが2011年時点で330トンと、実に10分の1にまで減少している。東北の中でも最大のホップ生産県は国内産ホップのうち5割の生産量を誇る岩手だが、その岩手を見ても、平成に入った1989年に647トンだった生産量は、2016年には101トンにまで落ち込んでいる。その理由は生産者の高齢化と後継者不足で、そのために生産者が減少し、栽培面積も減少するという状況に陥っているのである。栽培戸数を見ても、1989年に538戸だったのが、2016年には何と79戸にまで減少しているのである。東北の他県でも概ね同じような状況であり、この状況が続くと、近いうちに東北産ホップを使ったビールが飲めなくなるという大いなる懸念がある。

キリンビールによる地域活性化への取り組み
 こうした現状に危機感を募らせている企業がある。キリンビールである。実は、国内産ホップのうちのおよそ70%をキリンビールが購入している。キリンビールは岩手の中でも最大の生産量である遠野を始め、江刺、秋田県の大館周辺、大雄、山形県南など、東北各地に契約栽培地を持っている。サッポロビールやアサヒビールも東北で契約栽培を行っているが、その購入量はキリンビールに遠く及ばない。

 このキリンビールが、CSV活動の一環として、国産ホップの価値化に取り組み始めた。具体的な取り組みの一つとして、ホップの契約栽培を通じておよそ50年の付き合いがある岩手県遠野市とコラボレートして、共同で地域活性化に取り組んでいる。遠野市とキリンビール、遠野ホップ農業協同組合などが「TK(遠野・キリン)プロジェクト」を立ち上げ、「ホップの里」から「ビールの里」へを合言葉に、単なるホップの栽培地からホップを核としたまちづくりを進めているのである。具体的には、毎年夏に「遠野ホップ収穫祭」を開催すると共に、ホップの収穫体験や農家への民泊体験などを含めた「遠野ビアツーリズム」の実施、「フレッシュ・ホップ・フェスト」というその年に取れたホップを使って造ったビールの解禁を祝うイベントの開催、親子を対象とした「遠野ホップ畑生きもの観察会」の開催など、ホップをキーワードとした交流人口を増やすための様々な取り組みを行っている。同様の取り組みは、やはりホップの契約栽培を行っている秋田県横手市でも行われている。

 キリンビールの取り組みはそれだけにとどまらない。昨年10月末には「IBUKI BREWER'S MEETING」を開催した。東北で栽培されているホップ「IBUKI」をテーマに、ホップ生産者、クラフトビール醸造者、そしてビール消費者が一堂に会しての集まりで、当日はキリンビールの担当者から国産ホップについてのキリンの取り組みについて説明があった後、キリンビールを始め、青森で奥入瀬ビールを造るOIRASE Brewery、秋田であくらビールを造るあくら、岩手でズモナビールを造る上閉伊酒造、いわて蔵ビールを造る世嬉の一酒造、キリンビールのクラフトビール会社であるスプリングバレーブルワリーがそれぞれ「IBUKI」を使って醸造したオリジナルビールを飲み比べできた。同じホップを使っても、多様なビールができるということが、飲み比べをするとよく分かった。

東北産ホップの利用拡大に向けた動き
 実は、東北のクラフトビール各社が東北産のホップを使えるようになったのは、ごく最近のことである。先述の通り、国内では圧倒的なシェアを持つ東北産ホップだが、そのほとんどがキリンビールを始めとする大手ビールメーカーの契約栽培によるものであり、当然納入先はそれら大手メーカーであるので、同じ地元にあるとは言え、東北のクラフトビール各社は、自社栽培するなどごく一部の例外を除けばこの東北産ホップを自由に使うことはできなかったのである。

 それが大きく変わったのは昨年4月、キリンビールが国内のクラフトビール各社を対象に契約栽培の東北産ホップ「IBUKI」を供給することに踏み切ってからである。それまで東北産のホップを使ったビールと言えば、毎年秋にキリンビールやサッポロビールが発売する限定ビールで味わう以外なかったが、これによって東北産のホップを使った東北のクラフトビールが飲めるようになったのである。

 キリンビールが国内産ホップを使用する割合は、キリンビールが使用する全ホップのうちの約9%だという。全体から見ればごくわずかとも言える割合だが、それでもキリンビールが国内産ホップを支援する理由について、「IBUKI BREWER'S MEETING」ではキリンビールの担当者からは「国産のホップの品質は素晴らしい」、「国産ホップでしか味わえないビールがある」、「国産ホップを通じて日本のビール文化をもっと面白くしたい」といった話があった。

 ビールに発泡酒、「第三のビール」を加えたビール系飲料の出荷量は昨年まで13年連続で減少しており、昨年は過去最低を更新している。その一方で、2009年まで年間15,000Lほどでほとんど増減がなかったクラフトビールの出荷量は、その後増加に転じ、2014年には26,824Lとそれまでのおよそ1.8倍にもなっている。こうした状況を踏まえて、大手各社もクラフトビールの醸造に相次いで参入してきているが、中でも特に意欲的なのがキリンビールである。先述のスプリングバレーブルワリーの立ち上げ以外にも、クラフトビール最大手と見られ、「よなよなエール」で知られるヤッホーブルーイングと業務・資本提携をするなど、クラフトビールへの関与を強めている。昨年11月には東北のクラフトビール7社が参加して共同でビールを醸造する「東北魂ビールプロジェクト」にも参画し、キリンビールが「IBUKI」ホップを提供し、スプリングバレーブルワリーが醸造に加わった。

 こうした取り組みを通して、クラフトビールがさらに勢いづけば、ビール市場全体の活性化にもつながる。また、国内産ホップの需要が高まれば、遠野などホップ生産地が活性化して、ホップづくりを志向する人材が増えて生産量が増加に転じることも期待される。

東北各地で始まっているビールとホップによる地域活性化
 昨年仙台には「穀町ビール」ができ、秋田県羽後町には「羽後麦酒」ができた。「穀町ビール」を造る今野さんにも、「羽後麦酒」を造る斎藤さんにも話を聞いたことがあるが、いずれも自分たちの地域の活性化を強く意識していた。今野さんは「ぜひ仙台に来て飲んでほしい」ということで通販などは行わず、一方で市内の飲食店には卸していて、地元密着でビールづくりと販売を進めている。斎藤さんは地元で採れたイチゴやブルーベリー、そして食用菊などを使ったビールづくりを積極的に進めている。

 件の遠野市にも、昨年秋に「遠野醸造」が立ち上がった。既に醸造を始め、今月中にも地元産のホップを使ってビールを造るブルーパブ(醸造設備のあるビアパブ)をオープンさせるとのことである。それ以外にも今年は、私が知る限り、宮城県内に2箇所、福島県内に1箇所、新たにブルーパブが立ち上がる予定である。いずれも「ビールで自分たちの地域を盛り上げていきたい」と志す人たちが立ち上げており、今後がとても楽しみである。

 以前、埼玉に行った折に、さいたま市で初のクラフトビール「氷川ブリュワリー」併設のパブ「氷川の杜」に行ってみた。ちょうど創業者の菊池さんがおられて、いろいろと話が聞けたが、そこでも仙台同様クラフトビールがなかったさいたま市に初めてつくるということで、その意義についていろいろと考えたそうで、その結果、「ビールを通じて人と人とをつなぐ」、「地域への愛着を深めてもらう」、「地域づくりに貢献する」、といったことを重視したいということになったそうである。この考えは、東北各地でビールに携わっている多くの人にも共通する姿勢である。

 ホップそのものの栽培も広がろうとしている。宮城県石巻市では「イシノマキファーム」がホップ栽培を始めた。昨年収穫したホップはいわて蔵ビールに醸造を委託してクラフトビール「巻風エール」として石巻市内で販売された。石巻市ではもう一つ「鈴木ファーム」が栽培したホップを使って向陽ホールディングスがやはりいわて蔵ビールに醸造を委託してできたクラフトビール「石巻日和」もある。当初3種類の展開だったが、今年2月には、地元のゆずを使った第2弾となるビールを発売した。「羽後麦酒」もそうだが、地元産原料の使用というのも今後の東北のクラフトビールを考える上で、一つの重要なキーワードとなるに違いない。最近は以前の「地ビール」という言葉よりも「クラフトビール」という言葉の方が、各地に生まれた小規模のビール醸造所で造られたビールを表現するのに一般的な用語となりつつあるが、恐らく今後「地ビール」は、地元産の原材料を用いて造られたその土地ならではのビールを表す言葉として使われていくようになるのではないかと思う。

 また、福島県田村市では、「ホップジャパン」が地元農家とタイアップしてホップ栽培を始めた。地元で作ったホップを使ったクラフトビールを醸造し、ホップ栽培の6次産業化を目指すという。醸造所は早ければ今年秋、遅くても来年春には開業するとのことで、こちらも楽しみである。宮城と福島という、現在ではホップ栽培が途絶えていた地域でこうした動きが相次いで起きていることは大変興味深い。

 普段ビールを飲む際にホップのことはあまり意識しないが、ビールの苦みも香りも大部分はホップに依っている。このホップに着目した地域づくりが今、東北のあちこちで始まっているのである。今後のさらなる展開に大いに期待したい。

anagma5 at 19:43|PermalinkComments(0)clip!

2018年04月06日

東北各地のビールイベント2018年版(※11/26更新)〜東北で地ビールが飲める店 番外編その37

追記(2020.1.8):2020年版はこちら

追記(2019.1.19):2019年版はこちら


170820-165323 2018年も東北各地で開催されるビールイベントが多数ある。昨年、「来年からは年末年始の休みに取り組まないと間に合わなさそうである」などと書いておきながら、はや4月である(汗)。取り急ぎ今後開催されるビールが関係するイベントについて、例によって県ごとにリストアップしてみる。今のところ開催日程などが未定のイベントも多いが、分かり次第追記していく。タイトル欄に更新日を記載していくが、その更新日の日付が記載されていて「追加」または「修正」とあるイベントが更新されたものである。


 仙台市内 

(終了)デリリウムお花見2018IN榴ヶ岡公園
日時:2018年4月11日(水)19:00〜21:30
場所:榴岡公園(仙台市宮城野区五輪1丁目)

昨年から開催されている「デリリウムカフェ仙台」のお花見イベント。ベルギービール10種類が飲み放題で軽食もつく。参加費は税込で当日2,500円、前売りはグラス無し2,000円、グラス付2,500円。


(終了)あきうクラフトフェア「手ん店」
日時:2018年4月14日(土)10:00〜17:00、15日(日)10:00〜16:00
場所:あきう・木の家ロッジ村(仙台市太白区秋保湯本字馬乙2-1)

秋保温泉にあるロッジ村を仮想店舗に見立てて、クラフトやフードのお店が軒を連ねるイベント。3回目となる今年はクラフト88店、フード24店が集まる。森民酒造のブースで、「穀町エール」が樽生で飲める。


(終了)ゴールデンウィーク餃子フェア

日時:2018年5月4日(金祝)〜6日(日)
場所:楽天生命パーク宮城 スタジアム正面広場(仙台市宮城野区宮城野2-11-6、TEL022-298-5300)

昨年は「ご当地ビール」と全国の餃子が食べられるイベントだったが、今年は餃子店のみの出店となるようである。東北六県の地ビール醸造所とタイアップして今年から6種類に増えた「イーグルスビール」を買って飲むのがよいかもしれない。今年も全国の餃子店6店が出店する。(2018.4.27修正)


(終了)藤崎ビアガーデン2018
日時:2018年5月15日(火)〜9月17日(月)16:00〜21:30
場所:藤崎本館屋上(仙台市青葉区一番町3-2-17、TEL022-261-5111(6662))

毎年開催されている恒例のビアガーデン。和・洋・中・イタリアンなど40種超のフードメニューがある。昨年はオリオンやスーパードライに加えて、ステラアルトワ、ヒューガルデン、レフ・ブロンド、バスペールエールも飲み放題に加わったが、今年はそのアナウンスがない。食べ放題・飲み放題90分で税込3,500円(小学生〜19歳税込1,800円、未就学児無料)だが、月〜金曜日は17:00までのスタートで税込3,200円、20:00以降にスタートでも税込3,200円である。藤崎で購入した酒類の持ち込みも可能である。(2018.5.6修正)


(終了)2018三越本館屋上ビアガーデン
日時:2018年6月1日(金)〜9月9日(日)
場所:仙台三越本館屋上(仙台市青葉区一番町4-8-15、TEL022-221-5359)

毎年開催されている恒例のビアガーデン。今年も揚げ物などの定番料理や、東北や世界の料理がビュッフェ形式で食べ放題である。ビールはスーパードライのみだが、プラス300円でベルビュー・クリーク、バス・ペールエール、レーベンブロイに、今年からグロールシュのプレミアム・ヴァイツェンも飲み放題となる。今年は飲み放題・食べ放題2時間3,600円(小学生1,900円)で、フリータイム営業(営業時間内無制限)が4,000円(小学生2,100円)、アーリータイム割引(5・6月17:00〜18:30、7・8・9月16:00〜17:30)とレイトタイム割引(7・8・9月20:30〜22:00)が90分2,600円(小学生1,300円)である。今年は例年より遅く、6月1日からの開始となった。(2018.6.5修正)


(終了)仙台青葉まつり「杜の市」
日時:2018年5月19日(土)11:00〜21:00、20日(日)11:00〜18:00
場所:勾当台公園市民広場(仙台市青葉区国分町3丁目7)

仙台青葉まつりに合わせて、勾当台公園市民広場では、「旬の食材を自分で調理し振る舞うのがおもてなしの心とする」と言ったと伝えられる伊達政宗にちなんで、旧伊達藩の市町村の美味しい食べ物が味わえる「杜の市」が開催される。今年も一関市のブースではいわて蔵ビールの樽生が、大崎市のブースでは鳴子ブルワリーの鳴子の風の樽生が、あきた芸術村のブースでは田沢湖ビールの樽生が飲める。場所は不明だがみちのく福島路ビールも飲めるそうである。東北楽天ゴールデンイーグルスも出店するので、今年から東北6社の6種類となった「イーグルスビール」も飲めるかもしれない。(2018.4.27修正)


日本縦断クラフトビールフェア

日時:2018年6月15日(金)〜
場所:癒.酒.屋わおん(仙台市青葉区中央3-3-18新庄ビルB1、TEL022-722-0560)

毎年恒例のイベント。店主の石川さんが厳選した地ビールが飲める。今年は例年の倍の全国40種類の地ビールが瓶で揃う。(2018.6.18修正)


(終了)世界のビールと肉まつり
日時:2018年6月12日(火)〜15日(金)15:00〜21:00、16日(土)11:00〜18:00、17日(日)10:00〜17:00
場所:楽天生命パーク宮城 スタジアム正面広場(仙台市宮城野区宮城野2-11-6、TEL022-298-5300)

世界のビールの樽生と瓶、それに世界の肉料理が楽しめるイベント。今年も交流戦のホーム戦に合わせて上記の日程で開催される。今年は約90種類のビールが楽しめ、肉料理も6店舗出店するそうである。(2018.6.4修正)


(終了)東北オクトーバーフェスト2018
日時:2018年6月29日(金)〜7月8日(日)16:00〜21:00(土日祝は11:00〜21:00)
場所:錦町公園(仙台市青葉区本町2丁目21-1)

仙台で毎年2回あるオクトーバーフェストのうちの1回目。9月のオクトーバーフェストと比べるとこちらはドイツビールの種類が豊富で、「日本初上陸」のビールなども並んだりする。


(終了)恩返しチャリティーイベント(西日本豪雨)
日時:2018年7月26日(木)17:00〜22:00
場所:グッドビアマーケット・エン晩翠通り店(仙台市青葉区国分町2-8-12国分町Kビル5F、TEL022-224-6511)

 西日本豪雨災害を受けて、東日本大震災で受けた支援の恩返しとして、いわて蔵ビールの佐藤航社長が呼び掛けて東北の地ビール7社がビール樽を提供、販売されたビールの金額全額を西日本豪雨被災地に支援金として寄付するイベント。先の熊本地震の際にも航社長の呼び掛けで同様のイベントが実施された。(2018.7.23追加)


(終了)ハブの日
日時:2018年8月2日(木)16:00〜24:00
場所:HUB仙台名掛丁店(仙台市青葉区中央1-7-6西原ビル1F、TEL022-722-8682)、HUB仙台一番町四丁目店(仙台市青葉区一番町4-4-33トレンドビル1F、TEL022-217-8682)

2月8日は「裏ハブの日」で、8月2日は「ハブの日」。どちらも、全てのドリンクが終日半額となる。看板の「ハブエール」はすぐなくなるので飲みたい人は早めの来店がおススメである。(2018.7.28修正)


(終了)SUMMER BEER NIGHT 2018
日時:2018年8月6日(月)〜10日(金)18:00〜20:45
場所:ホテルメトロポリタン仙台4F グランドボールルームSENDAI

スペシャルライブを聴きながら、ビールと料理を楽しむイベント。料金は8,000円で料理のチケットが4枚渡され、和食、フランス料理、中華料理の中で好きなものを選べる。ドリンクは飲み放題で、「プレミアム生ビール」の表記があるが、銘柄等については不明。(2018.7.28修正)


(終了)
仙台七夕まつり
日時:2018年8月6日(月)〜8日(水)10:00〜21:00
場所:勾当台公園 いこいのゾーン

東北三大夏祭りの一つ「仙台七夕まつり」で、今年は勾当台公園いこいのゾーンにやくらいビールとサンクトガーレンが出店している。(2018.8.6修正)


(終了)ブリュッセルベルギービールセッション in 仙台

日時:2018年8月17日(金)16:00-22:00、18日(土)14:00-22:00、19日(日)14:00-21:00
場所:ブラッスリーロイド(仙台市青葉区大町2-14-11 Fast Stage I 2F、TEL022-797-2246)

「年に1度、仙台でベルギービールをもっとカジュアルに楽しめる日を」コンセプトに3日間で120種類のベルギービールを愉しめる、今年初開催のイベント。前売り券は2,500円で、ビール250ml×4杯チケットにベルジャンフリッツがつく。当日券は2枚チケットが1,300円、4枚チケットが2,500円である。フードはキャッシュオンデリバリーで提供される。(2018.8.4追加)


(終了)
ENN創業7周年フェスティバル《7th FOUNDED FESTIVAL》
日時:2018年8月19日(日)15:00〜22:00
場所:グッドビアマーケット・エン一番町店(仙台市青葉区国分町1-6-1ルナパーク一番町ビルB1F、TEL022-762-7703)、グッドビアマーケット・エン晩翠通り店(仙台市青葉区国分町2-8-12国分町Kビル5F、TEL022-224-6511)

仙台市内でグッドビアマーケット・エンを2店舗展開するENN株式会社の7周年を記念して開催されるイベント。前売り5,000円、当日5,500円で、両店舗で合わせて11種類の樽生ビールが最大7時間飲み放題となる。おつまみ、オードブルも付くが、フードの持ち込みも可である。(2018.7.28追加)


(終了)第2回仙台クラフトビールフェスティバル
日時:2018年8月31日(金)16:00〜21:00、9月1日(土)11:00〜21:00、2日(日)11:00〜20:00
場所:勾当台公園いこいのゾーン(仙台市青葉区本町3丁目9-2)

仙台で初めてのクラフトビールを前面に出したイベント。東北の10醸造所が出店する他、東北の醸造所と西日本豪雨の被災県の醸造所のビールも提供される。また、仙台の飲食店がビールに合うフードを提供する。当初、錦町公園と記載していたが、その後変更があったようで、勾当台公園のいこいゾーン(県庁のある側)での開催となっているので気を付けていただきたい。(2018.8.25修正)


(終了)EKITUZI STATION ビアガーデン
日時:〜2018年9月30日(日)まで
場所:EKITUZI(エキツジ)(仙台市宮城野区榴岡1-1-1)

 「食と遊びで未来を志向する実験広場」である「EKITUZI」で9月末まで開催しているビアガーデン。「縁側」テイクアウト窓口でリストバンドを購入すると、料理8品つきで2時間飲み放題¥3,900(税別)で屋外ビアガーデンが楽しめ、+500円でクラフトビール8種も飲み放題となる。(2018.9.12追加)


日時:2018年9月13日(木)〜24日(月祝)16:00〜21:00(土日祝は11:00〜21:00)
場所:錦町公園(仙台市青葉区本町2丁目21-1)

仙台で年2回開催されるオクトーバーフェストの「後半戦」。全体的な規模はこちらの方が大きく、昨年は10醸造所のドイツビールに加えて、東北の7醸造所の地ビールも飲め、地元飲食店のフードも楽しめた。(2018.7.28修正)


(終了)泉マルシェ2018
日時:2018年9月22日(土)10:00〜17:00
場所:泉中央ペデストリアンデッキ

ヨーロッパの朝市“Marche(マルシェ)”をテーマにしたイベント。産直・西洋野菜やアンティーク雑貨、フードやドリンクなど約150店舗が出店。海外のビールやクラフトビールを手掛ける店が出店するとそれらが味わえる。今年は9月22日(土)の開催が決まった。(2018.7.28修正)


(終了)二日食堂
日時:2018年9月29日(土)、30日(日)11:00〜20:00
場所:錦町公園(仙台市青葉区本町2丁目21-1)

昨年まで「仙台フードコンベンション」として、宮城県内の飲食店と南東北3県の生産者がブース出展し、投票によってグランプリを決定するというイベントが今年は「二日食堂」と銘打ってモデルチェンジするようである。内容は現段階で不明だが、キリンビールが関わることから、クラフトビールなども飲めるのではないかと期待される。(2018.7.28修正)


(終了)クラフトビールトークイベント "SENDAI CRAFTALK"
日時:2018年10月13日(土)14:15〜16:15
場所:jam(johzenji atelier meets) (仙台市青葉区国分町3-10-30永瀬ビル2F)

ベアレン醸造所の嶌田洋一氏と「飲んべえアイドル」今野亜美氏によるクラフトビールに関するトークイベント。主催は全力アソビプロジェクト。参加費は5,000円で、ベアレンビール2種と軽食が付く。(2018.10.1追加)


日時:2018年10月20日(土)、21日(日)10:00〜16:00
場所:宮城県庁1階、県庁前駐車場、勾当台公園、市民広場

昨年で18回目を迎えた、ふるさと宮城の素晴らしい「味(み)や技(ぎ)」を「まるごと」楽しめる秋の恒例イベント。今年も昨年同様、やくらいビールなど宮城県内の地ビールも出店するものと思われる。(2018.9.28修正)


(終了)みなみ北海道・東北食旅フェスタin仙台
日時:2018年11月17日(土)10:00〜16:00、18日(日)10:00〜15:00
場所:勾当台公園 市民広場(仙台市青葉区国分町3丁目7)

函館など南北海道と北東北三県の観光PRや物産の展示販売が行われるイベント。今年も秋田のあくらビールが出店する。(2018.11.16修正)


(未定)紅白ビア合戦2018
日時:未定
場所:CRAFT BEER MARKET 仙台国分町店(仙台市青葉区国分町2-1-12瀬戸勝ビル1F、TEL022-796-6366)

昨年12月28日にクラフトビアマーケット仙台国分町店の2周年記念で開催されたイベント。当日はビールがグラス390円、パイント690円となる他、ラムチョップグリルが1本390円、肉盛スペシャルが半額の1,490円となった。今年も何らかの周年イベントは開催されるものと思われる。


 宮城県内

(終了)第216回鹿島台互市
日時:2018年4月10日(火)〜12日(木)9:00〜16:00
場所:JR鹿島台駅前商店街

藩政時代の物々交換が始まりといわれ、東北各地で行われる互市(たがいち)。その中でも最大の規模と言われるのが大崎市鹿島台のJR鹿島台駅前商店街で春と秋に行われる鹿島台互市である。明治43年以来、今年で109年目、実に216回目の開催である。当日は200店以上の出店があるが、例年「やくらいビール」が出店し、樽生ビールが飲める。秋は11月10日(土)〜12日(月)に開催される。


(終了)だらだら呑み会「馬・鹿・vacca」
日時:2018年8月5日(日)13:00〜16:00
場所:TAVERNA JIRO(塩竈市海岸通り8-10、TEL022-385-6609) 

本塩釜駅近くにあるイタリアンの名店「TAVERNA JIRO」で時折開催されるイベント。毎回、オーナーシェフ自慢の料理に、地ビール飲み放題が加わる。今回の内容は今のところ不明だが、「馬・鹿・vacca」とあるので、馬肉と鹿肉の料理が出されるのかもしれない。ビールの銘柄も不明だが、フリードリンクで会費は3,500円である。(2018.7.12修正)


(終了)第29回活き活き田園フェスティバル
日時:2018年6月9日(土)13:45〜21:00、10日(日)9:00〜15:10
場所:美里町野外活動施設、美里町南郷庁舎前広場ほか

美里町南郷地域で毎年行われている、町の産業と農村文化を考え、発信するイベント。「長ぐつ飛ばし大会」が目玉イベントだが、今年は町内産の小麦を使った地ビール「ビアミーモ 美」の試飲ができる。2日間で200杯分が用意されるとのことである。(2018.5.30追加)


(終了)おおさき食楽まつり

日時:2018年6月16日(土)、17日(日)
場所:鳴子峡レストハウス特設会場(大崎市鳴子温泉星沼13-5、TEL0229-87-2050)

鳴子峡を会場に行われるご当地グルメの祭典。昨年は6月17日、18日に開催され、50を超える出展者があった。その中に地発泡酒「鳴子の風」を醸造する株式会社オニコウベもあり、当日は「鳴子の風」が樽生で飲めた他、そばがき汁、牛ステーキ、筍ごはんが味わえた。パンフレットに記載はないが、ホテルオニコウベも後援しているので、今年も「鳴子の風」は飲めるものと思われる。(2018.5.8修正)


(終了)多賀城ビアサミット2018
日時:2018年7月13日(金)17:00〜20:00、14日(土)・15日(日)11:00〜20:00
場所:JR多賀城駅 南口 駅前公園

多賀城駅前で一昨年から開催されているビールイベントである。ビールはキリンがメインだが、昨年からキリンと関わりのあるブルックリンラガーとよなよなエールも飲めるようになった。600円のビール2杯とおつまみプレート1皿、オリジナルスタジアムクッションがセットになった前売りチケットは2,000円であった。今年も同様の内容と思われる。(2018.5.8修正)


日時:2018年6月29日(金)〜8月4日(土)の毎週金曜日・土曜日17:30〜21:00LO
場所:みちのく古川食の蔵 醸室(かむろ)(大崎市古川七日町3-10、TEL0229-21-1020)

毎年6月末から8月上旬の金曜と土曜に開催される恒例の夏祭企画。7枚綴りの当日券は3,000円で500円分(1杯分)得になっている。毎年地ビール(発泡酒)の「鳴子の風」も飲める。(2018.7.2修正)


(終了)バーベQビアーガーデン
日時:2018年7月13日(金)〜10月31日(水)の金曜17:00〜21:00・土曜11:00〜14:00
場所:仙南シンケンファクトリー 屋外テント(角田市角田流197-4、TEL0224-61-1150)

普段予約を除いて昼間しか営業していない仙南シンケンファクトリーだが、7月中旬から8月末までの金曜日と土曜日には屋外にビアガーデンが設置され、夜間の営業も行われる。今年は金曜夜と土曜昼に、バーベQとセットのプランで開催される。仙南クラフトビールのピルスナー、ヴァイツェン、それに「シークレット」の3種が90分飲み放題で、JAPANXポーク300gのバーベQがついたプランが2,980円、JAPANXポークとUSビーフ合わせて300gのバーベQがついたプランが3,980円である(どちらも野菜各種、おにぎり付き)。なお上記日程以外も予約で対応可である。(2018.7.9修正)


(終了)白浜海水浴場 復活祭 カンパイビールフェス
日時:2018年8月12日(日)11:00〜15:00
場所:石巻市北上町十三浜字白浜 白浜海水浴場

日本で唯一の「ビール神社」がある白浜地区にあり、今年から本格再開される白浜海水浴場で初開催されるビールイベント。
当日は「石巻日和」「穀町ビール」「やくらいビール」「巻風エール」という、宮城県内の4つの地ビールが飲める。十三浜の各種海鮮焼きやアメリカンハンバーガーなどの飲食ブースも登場する他、ステージイベントも開催される。(2018.7.31追加)


(終了)
ふるさと花火 in 長沼
日時:2018年8月13日(月)19:00〜
場所:長沼フートピア公園(登米市迫町北方字天形161-84、TEL0220-22-7600)

年一回開催される長沼の花火大会に今年は登米市のビアバー「Fillmore」が出店するので、会場では海外のビールやクラフトビールが飲めるはずである。(2018.8.4追加)


日時:2018年8月25日(土)10:30〜20:30
場所:東松島市商工会前ほか

 毎年8月の第4土曜日に開催されている夏祭り。会場で、東松島市で栽培されている「希望の大麦」を使ってやくらいビールが造っている「グランドホープ」の第2弾のビールが紹介され、飲める予定となっている。(2018.7.2修正)


(終了)かくだ酒まつり
日時:2018年8月25日(土)
場所:仙南シンケンファクトリー(角田氏角田字流197-4、TEL0224-61-1150)

 角田産梅のオリジナル梅酒、角田の地酒、そして仙南クラフトビールが一堂に会するイベントで、昨年は11月4日に開催されたが、今年は8月の開催だった。今年は東北の地ビール12種も揃ったそうである。「かくだきき酒3酒競技会」参加費と飲み物引換券5枚がセットになった参加費が当日2,500円、前売り2,000円であった。(2018.8.30修正)


(終了)第33回やくらいべごっこまつり
日時:2018年9月9日(日)
場所:やくらい高原特設会場(加美郡加美町字味ケ袋薬莱原1-76)※雨天時は小野田文化会館(加美郡加美町中原南105)

加美町産和牛の焼き肉が味わえるイベント。昨年同様、加美町産牛肉、野菜、タレがセットになった当日券は2,500円、前売り券は2,000円、3名グループ券5,500円、6名グループ券10,000円であった。今年はやくらいビールの割引券が発行される。(2018.8.28修正)


(未定)宮城地ビールフェス 2018
日時:未定
場所:仙南シンケンファクトリー(角田市角田字流197-4、TEL0224-61-1150) 中庭パティオ

3年前は鳴子、一昨年は角田、昨年は松島で開催された、宮城県内4社の地ビール、やくらいビール、松島ビール、鳴子の風、仙南クラフトビールが一堂に会するイベント。昨年は10月14日、15日に開催された。今年の開催地、開催日程などは未定。


日時:2018年10月7日(日)10:00〜16:30
場所:齋理屋敷(伊具郡丸森町字町西25、TEL0224-72-6636)

「自転車と旅とアート」をテーマとしたイベント「マルベロ」が丸森町で昨年10月1日に初開催された。マーケットブースには今年も「アンバーロンド」が出店し、ヨーロッパの樽生ビールと瓶ビール、餃子が味わえる。(2018.9.28修正)


(終了)第217回鹿島台互市
日時:2018年11月10日(土)〜12日(月)9:00〜16:00
場所:JR鹿島台駅前商店街

藩政時代の物々交換が始まりといわれ、東北各地で行われる互市(たがいち)。その中でも最大の規模と言われるのが大崎市鹿島台のJR鹿島台駅前商店街で春と秋に行われる鹿島台互市である。春に続いて、明治43年以来、今年で109年目、217回目の開催である。当日は200店以上の出店があるが、例年「やくらいビール」が出店し、樽生ビールが飲める。今回は週末に重なるので一層人出が多そうである。春は毎年4月10日〜12日に開催される。(2018.5.19追加)


福島県内

日時:2018年4月8日(日)10:00〜16:00
場所:福島駅東口駅前通り、街なか広場前道路、パセオ通りパセナカミッセ

ハンドメイドブースと飲食ブースが並び、音楽コンサート、パフォーマンスなどが行われるイベント。今年は福島駅前通りリニューアル記念と銘打って開催される。中合1番館前ブースで、ビアフェスふくしま実行委員会が福島路ビールやブリュードッグのビールを提供する。ドイツソーセージや厚切りベーコンステーキなども食べられる。


(終了)アティ郡山屋上「ツインビアガーデン」
日時:2018年5月18日(金)〜8月31日(金)17:00〜23:00(土日祝は16:00〜23:00)
場所:アティ郡山屋上(郡山市駅前1-16-7、TEL024-932-1104)※受付は8F

郡山駅前のアティ郡山で開催される屋上ビアガーデンで、昨年から2店舗から選べる「ツインビアガーデン」となった。このうち、バーベキュースタイルで焼肉・ホルモン&ビュッフェ食べ放題の「焼肉ビアガーデン ビアビア」では、焼肉&ホルモン&ビュッフェ食べ放題(大人3,218円)に飲み放題A(2,138円)を選ぶと海外ビールやクラフトビールも飲み放題となる。もう一つの「ビアテラスしのや」では、野菜と海鮮のバーベキューと飲み放題がセットになったA.アルコールセット4,500円を選ぶと福島路ビールを含むアルコールが飲み放題である。なお、ビアテラスしのやのみ日曜定休である(翌月曜が祝日の場合は営業し月曜が定休となる)。(2018.5.16修正)


日時:2018年6月16日(土)12:00〜19:30
場所:会津山村道場うさぎの森オートキャンプ場(南会津郡南会津町糸沢西沢山3692-20、TEL0241-66-2108)

南会津で行われる年に一度の音楽祭で、飲食ブースや物販ブースも充実している。南会津町に今年できた地ビール醸造所「南会津マウンテンブルーイング」がオリジナルビール「大宴会エール」を醸造して当日会場で販売したとのことである。来年の備忘のために掲載。入場料は、早割4,500円、店舗販売割5,000円、前売り5,500円、当日6,500円で、当日受付で生徒手帳・学生証を提示すると1,000円キャッシュバック、中学生以下と65歳以上入場無料であった。(2018.7.4追加)


(終了)第5回会津高原チロリアンフェスタ
日時:2018年6月30日(土)、7月1日(日)
場所:たかつえスキー場エリア(南会津郡南会津町高杖原535、TEL0241-78-2220)

毎年会津高原たかつえのペンション村「チロリアンビレッジ」で行われる「チロリアンフェスタ」、その一環でドイツやチロル地方の民族衣装であるディアンドルのお祭りが、昨年は6月17日、18日に開催された。チロリアングリルが1,000円で食べられ、レーベンブロイが樽生で飲めた年もあったが、今年は「フォークダンス祭り」がメインのイベントとなるようである。(2018.4.23修正)


日時:2018年7月15日(土)17:00〜20:00、16日(日)12:00〜15:00、17:00〜20:00
場所:ホテル辰巳屋(福島市栄町5-1、TEL024-522-5111)

翌週のビアフェスふくしまのメインイベントに先立って、今年はその前の週の土日に、福島駅前のホテル辰巳屋を会場に、プレイベントが開催される。国内外のビール20種類が3時間飲み放題で、前売り3,000円、当日3,500円である。500円から購入できるフードも準備されるとのことである。(2018.7.2修正)


(終了)ビアフェスふくしま 2018
日時:2018年7月20日(金)15:00〜20:00、21日(土)10:00〜20:00、22日(日)10:00〜19:00
場所:街なか広場(福島市本町1)

福島の食材を使った料理と、日本と海外の地ビールが楽しめる今年で11回目となるイベント。今年も90銘柄以上のビールが揃う。今年は国内銘柄は1杯(340ml)500円で、海外銘柄が1杯600円となる。なお、銘柄によっては量が変更になることもあるとのことである。国内では、あくら、いわて蔵、やくらい、松島、仙南、福島路ビール、猪苗代、胎内、うしとら、牛久が飲める。私が唯一、毎年飲む側ではなく、ボランティアとして飲んでもらう側に回るイベントでもある。今年は初日20日(金)に出没予定である。(2018.6.19修正)


(未定)ベルヴィ郡山館ビアパーティー
日時:未定
場所:ベルヴィ郡山館

郡山市内の結婚式場ベルヴィ郡山館で開催されるビアホール。昨年は8月1日から31日に開催され、世界各国のビールが飲めた。料理のテーマは「アジアン・インスパイヤード・キュイジーヌ」で、タイを中心に東南アジア各国をイメージした創作料理が味わえた。料金は5,000円であった。


(終了)会津田島祇園祭
日時:2018年7月22日(日)〜24日(火)
場所:田出宇賀神社・熊野神社(南会津郡南会津町田島宮本甲629)ほか

日本三大祇園祭の一つである、南会津町の会津田島祇園祭に、今年は南会津マウンテンブルーイングが出店した。祇園祭オリジナルのビール2種を含め、10種のビールが飲めたそうである。来年の備忘のために記録。(2018.8.1追加)


(終了)サマーフェスタ 2018<ビール祭>
日時:2018年7月25日(水)〜27日(金)17:00〜21:00、28日(土)・29日(日)14:00〜21:00
場所:開成山公園 自由広場(郡山市開成1丁目5)

郡山市で開催される大手メーカーのビールのみのイベントだが、今年で24回目を迎えるという歴史と、5,000人収容の会場規模は東北屈指である。前売券2,000円、当日券2,500円で、入場料とビール引換券2枚と1,000円分の金券がつく。(2018.7.2修正)


(終了)第49回福島わらじまつり
日時:2017年8月3日(金)15:00〜21:00、4日(土)10:00〜21:00
場所:中合福島店(福島市栄町5-1)1Fピロティ

昨年、福島わらじまつりの期間中、ビアフェスふくしまの実行委員会は中合のピロティにて、日本の地ビールや海外のビールを販売した。特製ウィンナーや福島ならではの桃100%のかき氷「ピーチクラッシュ」もあった。今年も「ビアフェスアフター」を兼ねて参加するとのことである。(2018.7.23修正)


(終了)一日限りの復活祭!ビアガーデン
日時:2018年8月11日(土)11:00〜20:00
場所:グリーンホテルミナト(南会津郡南会津町田島西番場甲367、TEL0241-62-3711)※雨天時は南会津役場

かつてグリーンホテルミナトの屋上で開催されていたビアガーデンを「南会津ワカモノ会議」が主催して1日限定で開催する。当日は南会津マウンテンブルーイングの樽生ビールが飲める。また、ビールの購入者はご当地グルメ「南会津トルティーヤ」が100円引きで購入できる。(2018.8.4追加)


(終了)ぐるぐるめぐる交流フェスタ in あぶくま洞

日時:2018年8月18日(土)、19日(日)
場所:あぶくま洞特設広場(田村市滝根町菅谷東釜山1)

その鍾乳石の数と美しさから、全国でも有数の鍾乳洞として知られる 「あぶくま洞」で開催される、県内外からご当地グルメ、名物グルメが大集結する食のイベント。昨年は8月19日、20日に開催され、例年通り猪苗代地ビールが出店した他、川内村観光協会が出店し、「ソバガルデン」も飲めた。今年は日程は決まったものの内容は現段階では不明。(2018.8.4修正)


(終了)BEER博 IWAKI '18
日時:2018年9月21日(金)16:00〜22:00、22日(土)14:00〜22:00、23日(日)14:00〜22:00
場所:磐城平城本丸跡地(いわき市平字旧城跡28番地)

一昨年9月に初めて開催されたいわき市初のビールイベント。昨年は7月14日から17日に開催されたが、今年はまた9月になった。今年は32醸造所の80種類超のビールが飲める。フードは今年も地元の飲食店が出店して提供するものと思われる。昨年は1ドリンク・1フードの入場チケットが前売り800円、当日1,000円であった。(2018.8.4修正)


(終了)京都醸造イベント
日時:2018年9月23日(日)18:00〜21:00
場所:時さえ忘れて(会津若松市栄町1-40-2F、TEL0242-22-0530)

会津若松市内で常時クラフトビール2種が樽生で飲める隠れ家的バーである「時さえ忘れて」で、京都の新進気鋭の醸造所である「京都醸造」のイベントが開催される。当日は、この日のために樽生のタップを3種に増設する他、京都醸造のスタッフがその樽生をサービングし、通常現地でしか購入できないボトルビールもお目見えするそうである。Tシャツや栓抜きなど、グッズの販売もあるとのことである。(2018.9.17修正)


日時:2018年10月7日(日)10:00〜16:00
場所:桑折町ふれあい公園(伊達郡桑折町大字上郡字弁慶20)

東北六県と福島の隣接県である栃木・群馬の地元の食材を活かした「ご当地バーガー」が一堂に会するイベント。昨年は10月22日に開催された。一昨年まで宮城のやくらいビールも出店していたが、昨年と今年は出店者一覧にその名前が見当たらない。(2018.9.28修正)


日時:2018年10月6日(土)、7日(日)11:00〜18:00
場所:福島さくら遊学舎(田村郡三春町大字鷹巣字瀬山213番地、TEL0247-61-6345)

福島県内で昨年10月1日から11月26日まで「アニメ・マンガを中心とした、本気で遊ぶ文化祭」である「マジカル福島」が開催され、その一環として11月3日から5日に三春町内の「福島さくら遊学舎」で「マジカルフェスティバル」が開催された。会場には「ご当地屋台・企業出展ブース」も設けられ、福島県内、地元の名物などをそろえた飲食屋台が出店した。一昨年は猪苗代ビールが出店したが、今年の出店については記載がない。(2018.9.28修正)


山形県内

(未定)BeerMeeting
日時:未定
場所:BeerStorage(山形市七日町2-7-30藤ビル1F、TEL023-625-2232)

毎回、世界の様々なビールを楽しむイベント。珍しい銘柄が楽しめる。フードもついて会費は5,000円で、要予約である。


(終了)クラフトビールの会、略して"クラビ会"
日時:2018年6月10日(日)17:00〜19:00
場所:THE ARCHIGRAM British Pub & Cafe(ジ・アーキグラム・ブリティッシュ・パブ&カフェ)(山形市十日町2-1-35、TEL023-622-7570)

海外のビールや地ビールなど、毎回テーマを決めて様々なビールが味わえる、以前「(仮)クラフト・地ビールの会」と称していたイベント。今回はどこか一つの国産クラフトビールブリュワリーに絞って、全スタイル飲み比べとのことである。会費はフード付きで3,000円である。(2018.6.1修正)


(終了)The Romp 3nd Anniversary 3days
日時:2018年4月4日(水)〜6日(金)
場所:Publichouse & Charcoal The Romp(山形市霞町1-7-1藤田ビル2F、TEL023-674-6678)

山形駅前にあって、樽生も含めた地ビールが飲めるブリティッシュパブスタイルの店「The Romp」の周年イベント。最初の2日間はレーベンブロイが100円で飲める他、300〜500円のフードメニューが登場する。最終日は樽生地ビールが500円で飲める他、飲み放題が1時間1,000円となる。3日間通してステーキが500円である。


日時:2018年5月7日(月)〜13日(日)18:00〜1:00
場所:BeerStorage(山形市七日町2-7-30藤ビル1F、TEL023-625-2232)

ロンドン亭がBeerStorageになっての「二周年ありがとう!生誕祭♪」。期間中、店内の生ビールがどれでも1パイント1,000円で飲める。(2018.5.7追加)


(終了)新緑のビアパーティー
日時:2018年5月8日(火)〜19日(土)18:30〜20:30
場所:桜桃の花湯坊いちらく(天童市鎌田本町2-2-21、TEL023-654-3311)

湯坊いちらくが醸造する地ビールがメインのイベントで、会費6,000円で食べ放題バイキング形式の食事と、新作のさくらんぼと木苺のビール「桜桃の花」など地ビールが飲み放題で楽しめる。要予約。


日時:2018年6月1日(金)〜 18:00〜23:00
場所:タスパークホテル 9F「BAR 誰主?君主!」(長井市館町北6-27、TEL0238-88-1833)

長井市にあるタスパークホテル9Fの「BAR 誰主?君主!(「タスクス」と読む)」で毎年ビールイベントが開催されるが、今年は「珍しいクラフトビールフェア」と題して、1本650円からクラフトビールが楽しめるようである。(2018.7.2修正)


(終了)旭銀座のれん会 オクトーバーフェスト
日時:2018年6月23日(土)12:00〜16:00
場所:山形市七日町 シネマ通り(旧旭銀座通り)

6月と10月の2回開催される山形市内のオクトーバーフェスト。今年も8種類のドイツビールの樽生が飲め、ソーセージやアイスバイン、生ウインナーなどドイツフードも味わえる。旭銀座のれん会店舗がフードメニューを販売する「一店逸品」コーナーも健在である。今年も「日本一さくらんぼ祭り」とタイアップして開催される。(2018.6.4修正)


(終了)パレスグランデール・ビアパーティー
日時:2018年6月25日(月)〜28日(木)19:00〜
場所:パレスグランデール(山形市荒楯町1丁目17-40、TEL023-633-3313)

毎年開催されているビアパーティーで、飲み放題の生ビールの中にはベルビュー・クリークなど海外のビールも加わる。料理もビュッフェスタイルで食べ放題である。エンターテイメントライブも開催される。料金は大人8,200円、20歳未満3,500円、小学生以下2,500円、3歳未満無料となっている。(2018.6.4修正)


(未定)アイデンティ&将棋村 ビア・パーティー
日時:未定
場所:将棋むら天童タワー(天童市大字久野本1273-2)

将棋むらブルワリー、果実むらブルワリーの名で地ビール(発泡酒)を醸造している将棋むら天童タワーで毎年3月と7月にビア・パーティーが行われる。今年の3月分は1〜3日に開催された。料金は4,000円(要予約)で、地ビールが飲み放題の他、豚しゃぶしゃぶや海の幸がメインの料理がつき、つまみとなる料理がバイキングで食べられる。事前の予約が必要である。


日時:2018年7月3日(火)、4日(水)、6日(金)〜10日(火)、13日(金)、15日(日)〜17日(火)、19日(木)、20日(金)、22日(日)〜26日(木)、28日(土)、30日(月)、31日(火)、8月2日(木)、3日(金)、5日(日)〜11日(土祝)、13日(月)〜16日(木)、18日(土)〜23日(木)、25日(土)、27日(月)〜30日(木)18:00〜20:45LO(日曜は17:30〜20:15LO)
場所:ホテルリッチ&ガーデン酒田1Fスカンジナビア(酒田市若竹町1-1-1、TEL0234-26-1115)

酒田市内のホテル、ホテルリッチ&ガーデン酒田で開催されるビアホール。毎年企画内容が変わるが、今年は「旅するように世界をめぐるビアホール」ということで、7月はニュージーランド料理とニュージーランドのクラフトビールが、8月はアジア、ヨーロッパ、アメリカの料理と世界のクラフトビールが楽しめる。前売券は金土が4,700円、日〜木が4,500円、当日券は5,200円である。上記の通り、開催日程が極めて変則的なので、要確認である。(2018.7.2修正)


(終了)Craft Beer Night 山のてっぺんで地ビールを楽しむ会
日時:2019年7月5日(金)18:30〜
場所:ロッジしらくら(Asahi自然観)(西村山郡朝日町白倉745-1、TEL0237-83-7112)

今回で3回目のベアレンビールの樽生4種類が飲み放題のイベント。フードプレート付きで、チケットは4,000円である。(12/22追加)


(終了)桜桃の花湯坊いちらくビアガーデン2018
日時:2018年7月16日(月)〜31日(火)18:00〜20:30
場所:湯坊いちらく 「さくらんぼテラス」(天童市鎌田本町2-2-21、TEL023-654-3311)

敷地内に醸造所「天童ブルワリー」を持つ温泉ホテル「湯坊いちらく」で開催されるビアガーデン。2名以上の申し込みで、同ホテルの野外テラスを会場に焼肉と海鮮焼きがメインの料理に90分飲み放題がつく。飲み放題メニューの中に「天童ブルワリー」の「桜桃の華」(聖桜坊から名称変更?)(さくらんぼビール)、Mr.A(そばビール)が含まれる。温泉入浴付(タオル付)で1人3,800円である。(2018.7.9修正)


(終了)山形花笠まつり
日時:2018年8月5日(日)〜7日(火)
場所:のし梅本舗佐藤屋本町店前(山形市本町2-4-62、TEL023-622-2433)

山形花笠まつりの期間中、今年もみずほ銀行山形支店の南隣「れんげ草」敷地内で「Rough roLL」が出店していて、バス・ペールエール、ギネス、ハイネケンに加えて、グロールシュ・プレミアムヴァイツェンが樽生で飲める。(2018.8.6修正)


(終了)桜桃の花湯坊いちらくビアガーデン in 「さくらんぼテラス」
日時:2018年9月1日(土)〜9日(日)18:00〜20:30
場所:湯坊いちらく 「さくらんぼテラス」(天童市鎌田本町2-2-21、TEL023-654-3311)

敷地内に醸造所「天童ブルワリー」を持つ温泉ホテル「湯坊いちらく」で開催されるビアガーデン。7月いっぱいで終了したが、好評につき復活するという。前回同様2名以上の申し込みで、同ホテルの野外テラスを会場に焼肉と海鮮焼きがメインの料理に90分飲み放題がつく。飲み放題メニューの中に「天童ブルワリー」の「桜桃の華」(聖桜坊から名称変更?)(さくらんぼビール)、Mr.A(そばビール)が含まれる。温泉入浴付(タオル付)で1人3,800円である。(2018.8.28追加)


(終了)た〜んとほおバルフェスタ in ひがしね 2018
日時:9月14日(金)16:00〜20:00、15日(土)10:00〜20:00、・16日(日) 10:00〜15:00
場所:東根市民体育館駐車場(東根市東根乙1119-1、TEL0237-42-2311)ほおバル特設会場

パンフにあるイベント名をそのまま並べると「た〜んとほおバルフェスタ 肉の祭典 OKTOBERFEST オクトーバーフェスト in ひがしね 2018」となるのだが、東根市内でオクトーバーフェストが開催されるようである。イベントは大きく3つに分かれるようで、14日限定の「前夜祭!BBQ!」、3日間開催の「肉の祭典」、「ひがしね×オクトーバーフェスト」である。このうち、「ひがしね×オクトーバーフェスト」は「市内及び友好都市で食されているグルメやドイツで食されているグルメ・ビールが集結!」とあるので、銘柄は不明であるもののドイツビールが飲めるようである。「前夜祭!BBQ!」チケットは前売のみで10,000円(4人席、食材・抽選券4枚付)、3日間有効の食事チケットは前売りも当日も1冊1,000円(100円×10枚綴り)で同じだが、前売り券には抽選券2枚付く(当日券は1枚のみ)。(2018.7.18追加)



日時:2018年9月8日(土)14:00〜20:00
場所:ひまわり温泉ゆ・ら・ら前交流広場

昨年9月16日に初開催されたイベント。今年は海外ビール(主にドイツ)8種類と国内のビールが販売されるとのことである。海外ビール2種飲み比べできる前売り券は1,200円である。(2018.8.28修正)


(終了)第10回オクトーバーフェスト in 東北ハム
日時:2018年10月7日(日)10:00〜15:00
場所:東北ハム駐車場(鶴岡市宝田3-6-58鶴岡東工業団地内、TEL0235-28-0086)

鶴岡市にある東北ハムが主催のオクトーバーフェスト。自慢のウィンナー、フランク、ベーコン、ハム、ソーセージが食べられる他、ドイツビールも飲める。不揃い品即売会やウィンナー詰め放題、ウィンナー教室、大抽選会なども催される。(2018.9.28修正)


(終了)旭銀座のれん会 オクトーバーフェスト
日時:2018年10月13日(土)12:00〜16:00
場所:山形市七日町 シネマ通り(旧旭銀座通り)

昨年から6月と10月の年2回開催されるようになった山形市内のオクトーバーフェスト。8種類の樽生ドイツビールが飲め、ドイツフードに加えて、旭銀座のれん会加盟店の自慢の一店逸品も味わえる。(2018.9.22修正)


(終了)まるごと西川 三山祭り
日時:2018年10月14日(日)
場所:西川小学校前特設会場(西村山郡西川町大字海味1234、TEL0237-74-4119)

1974年に廃線になった三山電車をモチーフにしたイベント。昨年は10月8日に開催され、「三酒(地酒・地ワイン・地ビール」が開催され、地元の「地ビール月山」が飲め、町内外のうまいものを集めた「うまいものフェス in 西川」も同時開催された。地酒・地ワイン・地ビール等と引き換えられるドリンク券4枚とフードブースで使用できる100円券が2枚ついた前売りチケットは1,000円(当日1,300円)。当日はJR羽前高松駅から会場まで無料シャトルバスも運行された。(2018.9.28修正)


(終了)FIESTA vol.11
日時:2018年10月28日(日)
場所:欧州酒場DonDonTei(山形市香澄町1-7-6花笠ビル1F、TEL023-633-6833)、The ROMP(山形市香澄町1-7-1藤田ビル2F、TEL023-674-6678)

山形市内の「欧州酒場DonDonTei」と「ROMP」と「CLUB RUSH」が合同で開催するイベント。前回は3店舗出入り自由で3時間飲み放題であった。今回の日程は10/28となった。(2018.8.6修正)


第5回山形ビッグウィングフェスティバル
日時:2018年12月1日(土)、2日(日)10:00〜16:00
場所:山形ビッグウィング(山形市平久保100、TEL023-635-3100)

村山地域7市7町のうまいものフェアを中心としたイベント。「山形市伝統的工芸品まつり」と「みちのくこけしまつり」も併催される。西川町からは他の特産品と共に地ビール月山が登場する。(2018.9.28修正)



岩手県内

日時:2018年12月18日(火)19:00〜
場所:ARIV(アリーブ)北上店(北上市大通り1-3-27入山北ビル1F、TEL0197-61-0484)

北上駅前にある地ビールが飲めるビアダイニング、ARIV北上店で毎月開催されているビールイベント。会費は税込4,000円である。今回のテーマは「アリーブ北上&ベアレン ちょっと早めのクリスマスパーティー」である。ちなみに、その次は1月15日(火)で、「新春飲み放題&ビュッフェ」と題して開催予定である。(2018.11.26修正)


日時:2018年11月16日(金)19:00〜21:00
場所:ARIV(アリーブ)盛岡店(盛岡市大通3-3-18 ホテル東日本B1、TEL019-621-4055)

ホテル東日本の地下にあるARIVの盛岡店でも時折ビール会が開催されている。今回のテーマは「岩手の地ビール飲み比べ&秋の収穫祭」とのことで、会費は4,000円である。(2018.9.28修正)


ニモクビール会
日時:毎月第2木曜日19:30〜
場所:ヌッフ・デュ・パプ(盛岡市大通2-4-22サンライズタウン4F、TEL019-651-5050)

月1回毎週第2木曜日に開催される、ベアレンのビールと世界のビールを楽しむ気軽な会。会費は4,000円である。


材木町ビール会
日時:毎月第4木曜日19:00〜
場所:ビアパブベアレン材木町(盛岡市材木町7-31、TEL・FAX019-626-2771)

毎月第4木曜日に開催されている、テーマに合わせたベアレンビールと料理を楽しむ会。会費は3,500円である。


中ノ橋ビール会
日時:毎月第1火曜日19:00〜
場所:ビアバーベアレン中ノ橋(盛岡市中ノ橋通1-1-21、TEL・FAX019-651-6555)

毎月第1火曜日に開催される、ビール初心者からエキスパートまで幅広く楽しめるベアレンのビール会。会費は4,000円である。


菜園ビール会

日時:毎月第3水曜日19:30〜
場所:クッチーナ(盛岡市菜園一丁目5-10グリムハウス1F、TEL019-606-0171)

毎月1回第3水曜日に開催される、初心者のためのベアレンのビールと世界のビール、旬の食材を使った料理を楽しむ会。会費は3,500円である。(2018.5.8修正)


(終了)ベアレンオープンビアガーデン
日時:2018年4月28日(土)〜30日(月)11:00〜16:00
場所:ベアレン醸造所敷地内特設会場(北山工場前)(盛岡市北山1-3-31、TEL019-606-0766)

スプリングフェストのプレイベント。ベアレンビールが300mlグラス1杯500円で飲める。前売り券は4杯分1,500円となっている。料理の持ち込みも可である。(2018.4.25追加)


(終了)ベアレンビールスプリングフェスト
日時:2018年5月3日(木)〜6日(日)
場所:ベアレン醸造所敷地内特設会場(北山工場前)(盛岡市北山1-3-31、TEL019-606-0766)

2,400円の前売りチケットを買うと(当日券はない)、ベアレン醸造所の敷地内でベアレンビールが1日飲み放題となるイベントである。フードコーナーでは各種つまみや料理の販売を行う。チケットは各日400枚限定である。盛岡駅前からシャトルバスも運行する(片道200円)。


(終了)ベアレンビアフェスタ in 野田村 2018
日時:2018年5月13日(日)11:00〜16:00
場所:村民広場特設会場(野田村役場前)

前売りチケット2,500円、当日入場チケット3,000円でベアレンビールが飲み放題となるイベント。フードコーナーには今年も地元の7店が出店する。プラカップなどは会場に用意していないので、マイグラスの持参が必要であるが、今回はベアレンと野田村の連携協定締結を記念して、前売り券には「連携協定記念ジョッキ」が付く。当日は、岩手県北観光による盛岡駅からのツアーバスも運行される。(2018.4.23修正)


(終了)りんご畑 de コンサート 9
日時:2018年5月13日(日)11:00〜
場所:岩手県盛岡市黒川4-3 松本りんご園内

今年で9回目を迎える、その名の通りりんご畑を会場にして行われるクラシックがメインのコンサート。「畑のマーケット」にベアレンが出店する。(2018.4.25追加)


(終了)東北絆まつり
日時:2018年6月2日(土)10:00〜19:00、3日(日)10:00〜17:00
場所:盛岡城跡公園多目的広場、芝生広場及びもりおか歴史文化館前広場 ほか

震災後に始まった東北六魂祭は、東北六県を一巡して終了したが、昨年からその後継イベントとして「東北絆まつり」が開催されている。メイン会場の「もりおか食のキラ星セレクション」ブースではベアレンビールが、「秋田竿燈まつり」ブースでは秋田の地ビールが飲める。サブ会場(もりおか歴史館前)の「つながるフェスタ in いわて盛岡」では、「いわて蔵ビール ザ・ブリュワーズ平泉」が出店し、いわて蔵ビールの生ビールが飲める。そしてサブ会場(MOSSビル駐車場・SIDE-B)のうち、MOSS駐車場の「東北わくわくマルシェ in 絆まつり」では、「東北地ビール飲み比べ」ブースが設けられる他、「広田湾の牡蠣と三陸・海のビール」ブースでは三陸・海のビールが飲め、SIDE-Bの「三陸まるごとおもてなし広場」の「おおつちキッチンカープロジェクト」ブースでも地ビールが飲める。サブ会場(盛岡城跡公園芝生広場)の「東北味でつながるKIZUNAフェスタ」では、「多国籍料理ステラモンテ」が出店するのでホワイトステラが飲める他、「田沢湖ビール」と「みちのく福島路ビール」も出店し、それぞれ生ビールが飲める。「やくらいビール」と「仙南クラフトビール」も共同で出店する。昨年の仙台開催に引き続いて今年も東北の地ビールがかなり充実しているので、パレードを楽しむのはもちろん、ビール目当てに会場をハシゴするのも楽しそうである。(2018.6.1修正)


(終了)ベアレン初夏のまつり in ビッグルーフ滝沢

日時:2018年6月9日(土)
場所:ビッグルーフ滝沢(滝沢市下鵜飼1-15(滝沢市役所そば))

詳細は現段階で不明だが、昨年12月に続いて、滝沢市役所そばのビッグルーフ滝沢を会場として、ベアレンビールのイベントが開催されるようである。(2018.4.25追加)


(終了)第10回食楽まつり
日時:2018年6月9日(土)、10日(日)
場所:食楽日和(盛岡市中ノ橋通1-8-2、TEL019-622-2580)

浅沼醤油店の直営店「食楽日和」(くらびより)で年1回開催されるイベント。みそ詰め放題や醤油仕込体験、搾りたて生醤油実演販売などが行われる。今年も会場の「うまいもの広場」にベアレンビールが出店する。(2018.4.25修正)


(終了)第12回ちゃぶ台返し世界大会
日時:2018年6月16日(土)10:30〜
場所:ショッピングモールアルコ(紫波郡矢巾町南矢幅7-425-3、TEL019-697-1155)

その名の通り、ちゃぶ台をひっくり返すイベント。パフォーマンスと飛距離で優勝を争う。昨年は6月17日に開催され、会場にベアレンビールが出店した。今年もベアレンビールが出店するかどうかのアナウンスはまだない。(2018.5.8修正)


(終了)ベアレンビール祭り with イハナマーケット in 花巻
日時:2018年6月17日(日) 11:00〜16:00
場所:花巻市上町通りエセナ跡地(花巻市吹張町12-16)

今年初開催となるベアレンビールが飲み放題となるイベント。イハナマーケットの30店舗との共催で、フードブースも20店舗ある。前売りチケットは2,000円で当日チケットは3,000円である。(2018.5.22追加)


(終了)第8回Moriokaワインフェスティバル2018
日時:2018年6月17日(日)第一部12:00〜15:00、第二部:16:00〜19:00
場所:ホテルニューカリーナ2F(盛岡市菜園2−3−7、TEL019-625-2222)

4,000円のチケットで、岩手ワインと輸入ワイン30社のワインが味わえる。会場にはベアレンビールも出店し、ワインだけでなく樽生ビールも味わえる。フードは別料金となるが、盛岡市内の飲食店が参加する。(2018.4.23修正)



(終了)
ビアホール 2018

日時:2018年6月26日(火)〜9月15日(土)18:00〜20:00LO ※日・月・祝・8/11〜16定休
場所:ホテル東日本盛岡(盛岡市大通3-3-18)

毎年恒例となったホテル東日本盛岡のビアホール。3時間飲み食べ放題で、飲み放題30種類の中には、今年も銀河高原ビールのヴァイツェンの樽生がある。今年も前売りチケットは4,500円、当日券は4,800円である。(2018.6.18修正))


(終了)ベアレンビール & くずまきワインフェスタ in くずまき高原牧場
日時:2018年7月8日(日)11:00〜16:00
場所:くずまき高原牧場(岩手郡葛巻町葛巻40-57-176) くずまき交流館プラトー付近

今年で6回目となるくずまき高原牧場とベアレンビールがコラボして開催するビールとワインのイベント。前売チケット2,000円、当日チケット3,000円で、ベアレンビールとくずまきワインが飲み放題である。別料金になるが各種おつまみや食事を販売するフードコーナーも出店する。往復2,000円で盛岡駅からの送迎がある他、IGR(いわて銀河鉄道)のお得なセットチケットもある。グラスは持参する必要がある。(2018.6.7修正)


(終了)ベアレンビアフェスト in 衣里 2018
日時:2018年7月14日(土)11:00〜15:00
場所:長者ヶ原廃寺跡(奥州市衣川区田中西38)特設会場

「1000年前の遺跡でビールを飲もう!」という趣旨で一昨年7月に初開催された、ベアレンビールが飲み放題となるイベント。前売りチケットは今年も2,000円である。前売りチケットはベアレン各店と衣里地区センターで購入できる。(2018.6.25修正)


(終了)山形村短角牛バーベキュー&ベアレンビールフェス IN 久慈
日時:2018年7月15日(日)12:00〜17:00
場所:久慈市中町イベント広場(久慈市中町1丁目67)

山形村短角牛のバーベキューが味わえるイベント。前売りチケットは山形短角牛バーベキューチケット、ベアレンビール飲み放題チケットとも各2,000円、セットで500円引きとなる(当日チケットはバーベキューチケットが2,500円、ビール飲み放題チケットが3,000円)。盛岡から無料シャトルバスも利用できる(要申込、先着順)。(2018.6.18修正)


日時:2018年7月21日(土)、22日(日)11:00〜16:00
場所:盛岡市動物公園 ビクトリアコーナー

今回が初開催となる、盛岡市動物公園の入園料込みの2,500円のチケットでベアレンビールが飲み放題となるイベント。グラスは持参する必要がある。(2018.6.7追加)


(未定)沢内銀河高原ビールまつり

日時:未定
場所:ホテル森の風 沢内銀河高原(和賀郡西和賀町沢内字貝沢第3地割647-1、TEL0197-85-5311)特設会場

銀河高原ビールの醸造所に隣接するホテル森の風 沢内銀河高原を会場に行われる銀河高原ビールのイベント。先着200名に出来立ての銀河高原ビールが無料サービスされる他、当日限り銀河高原ビールが1杯300円となる。また、全長30mの銀河高原流しそば、各種ライヴなど多彩なイベントが行われる。当日は盛岡駅から会場までの無料送迎バスも出る(要申込)。昨年は7月23日に開催された。現在、沢内銀河高原が休館中なので、今年は開催されるのかどうか心配である。


(終了)盛岡さんさ踊り
日時:2017年8月1日(水)〜4日(土)15:00〜21:00
場所:もりおか歴史文化館前(盛岡市内丸1-50)マチナカ屋台村他

今年も岩手を代表する夏祭り「盛岡さんさ踊り」の期間中、桜山神社参道 芳本酒店前
もりおか歴史文化館前広場「盛岡マチナカ屋台村」でベアレンビールが樽生で飲める。(2018.8.1修正)


(終了)オガール祭りビアフェスト
日時:2018年8月1日(水)〜5日(日)
場所:紫波中央駅前オガール広場(紫波郡紫波町紫波中央駅前2-3-3)

オガール祭りの期間中、オガール広場に巨大テントが設営され、オクトーバーフェストのような雰囲気のビアフェストが開催される。今年もベアレンビールが樽生で飲める。(2018.8.1修正)


(終了)盛岡七夕祭り

日時:2018年8月4日(土)〜7日(火)
場所:肴町商店街アーケード(鍵屋前)

盛岡七夕祭り会場でもベアレンビールが飲める。今年は鍵屋前(中ノ橋通りから入ってすぐ右側)1箇所である。(2018.8.1修正)


(終了)三陸鉄道ベアレンビール列車 IN 宮古
日時:2018年8月8日(水)18:35〜20:50(宮古駅18:00集合)
場所:三陸鉄道宮古駅発着

参加費4,000円で、三鉄宮古駅と田野畑駅を往復する間、列車内でベアレンビールが飲み放題(おつまみ付き)となるイベント。車内では景品付きビンゴ大会も開催される。定員48名で、定員となり次第募集締め切りとなる。(2018.7.25修正)


(終了)
ベアレン山の日ビアフェスタ IN 都南つどいの森

日時:2018年8月11日(土祝)10:00〜14:00
場所:都南つどいの森(盛岡市湯沢1地割88番地)第二駐車場

昨年8月11日の「山の日」に開催されたベアレンビールのイベントが今年も開催される。「つどいの森山の日まつり」と同時開催で、
前売チケット2,000円、当日3,000円でベアレンビールが飲み放題である。JRいわて飯岡駅からシャトルバスも出る。(2018.7.25修正)

日時:2018年8月11日(土祝)19:30〜
場所:十府ヶ浦公園

「東北を、日本を、花火で、元気に。」と、毎年8月11日に東北各地を始め、日本全国で開催される「LIGHT UP NIPPON花火大会」、その野田村の会場では、当日15時よりベアレンビールが販売される。ベアレンビールは、「LIGHT UP NIPPON」とのコラボレーションビール「ハナビール・クラシック」も醸造している。(2018.8.8追加)

日時:2018年8月18日(土)15:00〜21:00
場所:ビアパブベアレン材木町、ビアバーベアレン中ノ橋、ビア&ヴルストベアレン(盛岡駅内)、クッチーナ(菜園)、MOSSビル前広場

ベアレン直営の4店とMOSSビル前ビアガーデンを巡って「はしご酒」を楽しむイベント。前売りチケットは3,500円で、各店でベアレンの樽生ビールと厳選おつまみ1品が提供される。(2018.7.25修正)


(終了)ベアレンビアフェスタかもん金ヶ崎2018
日時:2018年8月19日(日)11:30〜16:30
場所:金ヶ崎駅前イベント広場

今年で6回目となる、前売りチケット2,100円、当日チケット3,000円でベアレンビールが飲み放題となるイベント。別料金となるが、フードコーナーには今年も地元からの出店がある。


(終了)
十三日、夏野菜マルシェと野菜たくさんカレーまつり
日時:2018年8月19日(日) 11:00〜19:00
場所:十三日(とみか)

盛岡市十三日町(現肴町)の築約120年の古民家をリノベーションした小型複合商業施設「十三日(とみか)」で開催されるイベント。収穫したての新鮮な野菜を使ったカレーなどが楽しめる。「クラフトビアホッパーズ」が出店し、会場でクラフトビールも楽しめる。(2018.8.4追加)


(終了)第21回全国地ビールフェスティバル in 一関
日時:2018年8月24日(金)16:00〜20:00、25日(土)11:00〜20:00、26日(日)11:00〜18:00
場所:一関文化センター前広場(一関市大手町2-16)

全国各地の地ビールが一堂に会する、東北のビールイベントの中でも一大イベントである。今年で21回目と、東北のビールイベントでは郡山の「ビール祭」に次ぐ歴史を誇る。昨年は全国100社のビール200種類が集まった。前売りチケットは6枚綴り2,000円、当日チケットは5枚綴り2,000円で、大サイズ(420ml)はチケット2枚、小サイズ(200cc)はチケット1枚と交換という形で、おつまみ購入の金券としても使えた。


日時:2018年8月25日(土)、26日(日)
場所:遠野蔵の道ひろば 特設会場(岩手県遠野市中央通り4-28)

遠野産ホップと畑の恵みの収穫を祝う、ビールと食の祭典。今年は4月末に誕生するブルワリー「遠野醸造(Tono Brewing Company)」も加わり、昨年よりもさらにパワーアップした内容になるとのこと。バラエティ豊かなラインナップのビールとビールに合うおつまみが楽しめ、ホップ畑見学ツアーなどが実施される予定となっている。(2018.4.12修正)


日時:2018年8月26日(日)11:00〜16:00
場所:まついそ公園(下閉伊郡普代村堀内、三陸鉄道堀内駅より徒歩5分)

今年で5回目のベアレンのイベント。チケット2,000円でベアレンのビールが飲み放題である。地元普代村から海の幸などのフードコーナーも多数出店し、+2,000円の料金で盛岡駅前からの往復送迎バスも出る。昨年は6月25日に開催されたが今年は8月の開催である。(2018.8.1修正)


(終了)ベアレンビアフェスト 紫波町オガール広場日時:2018年9月16日(日)
場所:オガール広場(JR紫波中央駅より徒歩5分)

昨年9月10日に開催された、ベアレンビールが飲み放題となるイベント。別料金となるが、地元飲食店などのフードコーナーもあった。前売りチケットは2,000円(当日2,500円)で、要ジョッキ持参であった。今年は上記日程での開催である。(2018.8.1修正)


(終了)ベアレンビアフェスト in キャッセン大船渡
日時:2018年9月16日(日)
場所:キャッセン大船渡(大船渡市大船渡町野々田10-3)

昨年9月23日に開催された、ベアレンビールが飲み放題となるイベント。JR大船渡駅前の商業施設キャッセン大船渡が会場で、キャッセンの飲食店によるフードコーナーもあった。前売りチケットは2,000円(当日3,000円)で、要ジョッキ持参であった。今年は上記日程での開催である。(2018.8.1修正)


(終了)ベアレンオクトーバーフェスト2018
日時:2018年9月22日(土)〜25日(月)
場所:ベアレン醸造所敷地内特設会場(北山工場前)(盛岡市北山1-3-31、TEL019-606-0766)

岩手県内各地でイベントを開催するベアレンビールでも最大のイベント。チケット購入でベアレンビールが飲み放題である他、地元飲食店も出店し、フードメニューも充実している。完全前売り制とで当日券はない。前売りチケットは22日分が3,000円、23日分が3,300円、24日分が3,000円、25日分が2,500円である。(2018.8.28修正)


(終了)白金豚とベアレンビールを思いっきり楽しむ会
日時:2018年9月29日(土)12:00〜15:00
場所:レストランポパイ(花巻市若葉町3-11-17、TEL0198-23-4977)

白金豚直営店「ポパイ」で開催されるベアレンビール飲み放題のイベント。前売りチケットは3,000円で、ベアレン飲み放題と1,000円分の食事券が含まれる。(2018.9.12修正)


日時:2018年10月7日(日)、8日(月祝)10:00〜16:00
場所:盛岡ふれあい覆馬場プラザ(盛岡市青山二丁目6-8)

今年で7回目となるイベント。ビールジョッキは持参する必要があるが、今年も前売り2,300円、当日3,500円でベアレンビールが飲み放題となる。(2018.9.28修正)


日時:2018年10月20日(土)11:00〜19:00
場所:市営遠野駅前駐車場敷地内(岩手県遠野市新穀町8-3
(岩手日報遠野センター向かい)

毎年10月第一土曜日に、その年に収穫した国産ホップでつくったビールを解禁!という趣旨で3年前から開催されているイベント。昨年は10月7日に遠野市産業まつりの初日イベントの一環として開催されたが、今年は10月20日(土)に独立したイベントして開催することになった。東北六県の地ビール醸造所のうち、青森の「OIRASE Brewery」、岩手の「遠野麦酒ZUMONA」、「遠野醸造」、「いわて蔵ビール」、秋田の「秋田あくらビール」、「田沢湖ビール」、山形の「米沢ジャックスブルワリー」、宮城の「仙南クラフトビール」、「やくらいビール」、福島の「福島路ビール」、そして東京の「SPRING VALLEY BREWERY」(東京)が今年収穫されたばかりのIBUKIホップを使ったビールを販売する。恐らく、キリンビールも「とれたてホップ一番搾り」を先行販売するはずである。(2018.10.16修正)


(未定)国華&ズモナ号 in 三陸鉄道南リアス線
日時:未定
場所:三陸鉄道盛駅18:30発

昨年11月22日に開催された、レトロ調車両2両で盛駅を18:30に発車し、釜石駅で折り返して盛駅まで戻ってくる企画。盛駅着は20:42であった。参加費4,000円で上閉伊酒造が誇る地酒と遠野麦酒ズモナが食事付きで飲めた。


ベアレンビール列車in久慈2018

日時:2018年12月1日(土)
場所:三陸鉄道北リアス線久慈駅13:10発

毎年11月23日に運行されていた北リアス線のベアレンビール列車だが、今年は12月1日(土)の運行である。今年も13:10久慈駅発で、田野畑まで行って久慈駅15:30着であった。レトロ列車2両が走り、三陸の風景を楽しみながら、おつまみ付でベアレンビールが飲み放題で楽しめる。乗車運賃も含まれるチケットは3,675円で、1〜4名で利用できる
ボックス席は12,600円で販売される。(いずれも要予約)。盛岡市内からの往復バスチケットは3,000円である(2018.10.19修正)。


(未定)ベアレン飲み放題祭 in 鳥もと
日時:未定
場所:焼き鳥 鳥もと(宮古市大通2-6-12、TEL0193-63-6776)

宮古市の「焼き鳥 鳥もと」で開催される、ベアレンビール6種類が飲み放題となるイベント。昨年は11月29日に開催され、会費は料理も込みで税込4,500円であった。当日はシークレットビール1種類も加わった。


(未定)くべな会大忘年会
日時:未定
場所:菜園マイクロブルワリー with Kitchen(盛岡市菜園1-5-10、旧クッチーナ)

昨年12月7日に開催された、くずまきワイン、ベアレンビール、南部美人と県産食材が中心の料理を楽しむ会。チケット制で、前売りチケットは4,500円であった。南部美人の酵母、くずまきの山葡萄、ベアレンの麦汁を菜園マイクロブルワリーで仕込んだ「くべなビール」も登場した。


(未定)ベアレンビールまつり in ビッグルーフ滝沢2018

日時:未定
場所:ビッグルーフ滝沢(滝沢市下鵜飼1-15(滝沢市役所そば))

昨年12月22日に開催された、前売り2,000円(200枚限定)、当日3,000円でベアレンビールが飲み放題となるイベント。フードコーナーではソーセージや海鮮焼きなども登場した。菜園マイクロブルワリーのクラフトビールもあった。


秋田県内

クラフトビールを楽しむ会
日時:奇数月第3水曜日
場所:ビアカフェあくら(秋田市大町1-2-40、TEL018-864-0141)

奇数月の第三水曜日に開催されているあくらビール主催のイベント。毎回テーマが決まっていて多様なビールが楽しめる。ほぼ毎回ビール4種類とあくらビール2種類に料理がついて会費は3,500円である(要予約)。


(終了)戸隠48周年記念醸造ビールお披露目会
日時:2018年4月7日(土)19:00〜22:00
場所:酒場 戸隠(秋田市山王2-7-29シティパレス秋田壱号館2F、TEL018-863-8699)

酒場 戸隠は45周年から毎年あくらビールでオリジナルビール「ICY WIND」を醸造しているが、今年も「NORTH JAPAN WEST COAST IPA」を醸造した。当日は会費5,000円でこのビールが飲み放題となり、おつまみも付く。定員40名。


(終了)CAMOSIBA1周年THANK YOU Party!
日時:2018年4月14日(土)10:00〜18:00、19:00〜24:00
場所:Hostel&Bar CAMOSIBA(横手市十文字町曙町7-3、TEL0182-23-5336)

横手市十文字町にあるホステル&バー「CAMOSIBA」の一周年記念パーティ。羽後麦酒が出店する。地層食堂の料理と麹屋りんりんの落語と乾杯ドリンクが付いて会費3,500円で、ドリンクはすべてワンコインで提供される。「呑みたい放題」もあり5,000円である。(2018.4.9追加)


(終了)戸隠48周年感謝祭
日時:2018年4月17日(火)、18日(水)、19日(木)17:00〜23:00
場所:酒場 戸隠(秋田市山王2-7-29シティパレス秋田壱号館2F、TEL018-863-8699)

「酒場 戸隠」の48周年を記念して、この日はサッポロ生ビールが48分飲み放題で480円、戸隠48周年記念ビールが大グラスで480円となる。駿河湾の生シラス、生桜エビも一皿480円で提供するとのことである。(2018.4.17修正)


(終了)あきたプラチナ世代博2018

日時:2018年4月21日(土)、22日(日)9:30〜16:00
場所:秋田県立武道館(秋田市新屋町砂奴寄2-2、TEL018-862-6651)

プラチナのように輝き続ける世代を対象とした「心豊かな人生の応援イベント」。「SUMMIT(サミット)」が出店し、クラフトビールやベルジャンフリットが味わえる。


(終了)Kamenocho Spring Beer Festa 2018
日時:2018年4月22日(日)15:00〜23:00
場所:KAMENOCHO STORE、BEER FLIGHT(秋田市見浪通亀の町4-15ヤマキウビル1F、TEL018-838-4773)

昨年春、秋の2回開催された「KAMENOCHO BEER FESTA」が今年も開催される。当日は、「KAMENOCHO STORE」と「BEER FLIGHT」で、10種類以上のクラフトビールと、ビールに合うフードが楽しめる。前売りチケットは6枚綴りで税込3,000円、当日チケットは5枚綴りで税込3,000円。チケット1枚で、ビール1杯かフード1品と引替えとなる。


(終了)第11回うご牛まんまフェスティバル

日時:2018年4月29日(日)11:00〜15:00
場所:五輪坂温泉としとらんど 野外特設会場(雄勝郡羽後町足田五輪坂下43-4、TEL0183-62-4126)

羽後町産黒毛和牛一頭分が食べられるイベント。焼肉250gパック2,500円、ステーキ250g1枚3,500円、羽後牛カレー一食700円、で「まんま」(羽後町産あきたこまち)は無料である。羽後麦酒が出店して、樽生と瓶でビールが飲める。(2018.4.25追加)


(終了)Beer Flightを飲み干せ!! 2018 ゴールデンウィーク

日時:2018年5月6日(日) 15:00〜18:00
場所:BEER FLIGHT(秋田市南通亀の町4-15ヤマキウビル1F、TEL018-838-4773)

毎年恒例となっている、ゴールデンウィーク最終日のイベント。同店の樽生ビール11種類が3時間飲み放題となる。会費は5,000円(税込)でスナックが付くが、フードの持ち込みも可。定員は30名で要予約である。(2018.4.27追加)


(終了)これが秋田だ!食と芸能大祭典2018
日時:2018年5月25日(金)15:00〜21:00、26日(土)10:00〜20:00、27日(日)10:00〜17:00
場所:アゴラ広場、エリアなかいち

一昨年初開催された、秋田県内各地の食文化や郷土芸能が一堂に会するイベント。4つの会場に分かれ、広小路では芸能パレード、アゴラ広場では秋田グルメ屋台と演舞ステージ、エリアなかいちでは伝統芸能演舞ステージと観光物産PR、仲小路ではクラフト市とストリートパフォーマンスが開催されるが、アゴラ広場ではあくらビールと田沢湖ビールが出店し、エリアなかいちの五城目町ブースでは五城目ラズベリースタウトが飲める。(2018.5.22修正)


(終了)BOTTOM'S UP Vol.2 Hello, Newcomers
日時:2018年6月2日(土)18:00〜21:00
場所:酒場 戸隠(秋田市山王2丁目7-29 2F、TEL018-863-8699)
 「ビール愛好家のコミュニティーをさらに底上げする」という趣旨のビールイベント。今回は「ようこそ、新しい仲間達」がテーマで、今回のビールもこれまで紹介したことのない「新しい仲間達」ばかりとのこと。4つのブルワリーのビールが3時間飲み放題で、おつまみがついて会費は5,000円。35名定員である。(2018.5.23追加)


(終了)あくらカニ喰い祭り2018
日時:2018年6月3日(日)12:00〜15:00
場所:あくら広場(秋田市大町1-2-40、TEL018-864-0141)※雨天時は「ビアカフェあくら」内にて開催

毎年恒例となった秋田・金浦港直送の「紅ズワイガニを喰らいつくすイベント」。今年は地元で水揚げされた特大の紅ズワイガニが2杯、料理5品、あくらビールが飲み放題で、会費5,500円である(要予約)。(2018.4.26修正)


(終了)東北地ビールフェスティバル in 秋田 2018
日時:2018年6月15日(金)〜17日(日)
場所: エリアなかいち にぎわい広場(秋田市中通1-4-3)

東北6県の地ビールが揃う貴重なイベント。今年は6月15日〜17日の開催が決定した。普段あまりビールイベントに参加しない青森の奥入瀬ビールや宮城の仙南クラフトビールも飲めるほか、一昨年からは北海道のノースアイランドビールも参加し、事実上「北海道・東北地ビールフェスティバル」となっている。昨年も東北ミートフェスティバルも同時開催で、東北各地の肉料理も食べられた。


(終了)ORAE19年感謝祭
日時:6月の金・土・日16:00〜
場所:湖畔の杜レストランORAE(仙北市田沢湖田沢字春山37-5、TEL0187-58-0608)

湖畔の杜ビールの直営レストランORAEが19周年を迎えるのを記念して、6月の金・土・日の16:00からビールが半額で提供される。「リーズナブルなおつまみ」も多数用意されるとのことである。(2018.6.18修正)


(未定)湖畔の杜ビール祭り
日時:未定
場所:湖畔の杜レストランorae(仙北市田沢湖田沢字春山37-5、TEL0187-58-0608)

昨年、湖畔の杜ビール18周年を記念して、7月の週末16時からは湖畔の杜ビールが半額となった。特別メニューや300円おつまみも登場した。


日時:2018年7月1日(日)17:00〜
場所:グランドパレス川端・本館2F(大仙市大曲浜町7-39、TEL0187-62-0354)

 今年初開催された、日本、ベルギー、ドイツ、アイルランドの7種類のクラフトビールとマリアージュ料理が楽しめるイベント。料理はビュッフェ形式で、料金は6,000円であった。来年の備忘のために記載。(2018.9.13追加)


日時:2018年7月3日(火)〜8月26日(日)17:00〜20:30LO
場所:湯沢ロイヤルホテル2階特設会場(湯沢市田町2-2-38、TEL0183-72-2131)

湯沢市にある湯沢ロイヤルホテルで開催されるビアガーデンに、今年は「羽後麦酒」が加わる。ゴールデンエール、ペールエール、ベルジャンホワイトが日替わりで登場するとのことである。2,000円で2,100円分使える前売り券も発売される。7月10日(火)、11日(水)に開催される「冷涼まつり」の2日間は屋上ビアガーデンは休業となる。なお、「冷涼まつり」に「羽後麦酒」が登場するかどうかについてはアナウンスがない。(2018.7.2修正)


(未定)田沢湖ビール祭り
日時:未定
場所:田沢湖ビールレストラン前駐車場(仙北市田沢湖卒田字早稲田430、TEL0187-44-3988)

年に1回開催されるイベント。昨年は7月22日、23日に開催されたが、20周年の地元感謝代企画として、地元の新聞の折込チラシ持参で田沢湖ビールレストランでの飲食が20%OFFになる他、お土産ビールなど売店商品も20%OFFとなった。


(終了)ベルギービールフェスタ in アルヴェ
日時:2018年7月13日(金)17:30〜21:00、14日(土)・15日(日)17:00〜21:00
場所:秋田拠点センターアルヴェ(秋田市東通仲町4-1)

秋田市内で3年前に初めて開催されたベルギービールのイベント。前売りチケットなどの件は未定だが、日程についてはアナウンスがあった。ちなみに昨年は8つのサーバーで異なるカテゴリーのベルギービールがそれぞれ樽生で飲め、前売りセットコイン10枚が¥2,000(税込)、当日追加コイン2枚¥500(税込)、当日売りセットコイン10枚¥2,200(税込)であった。(2018.6.18修正)


(終了)土崎港曳山まつり
日時:2018年7月20日(金)、21日(土)
場所:土崎神明社(秋田市土崎港中央3-9-37、TEL018-845-1441)ほか

毎年7月20日、21日に開催される、秋田市の北部にある土崎神明社の例祭として行われる港祭りで、昨年は北都銀行土崎支店(秋田市土崎港中央1-17-14、TEL018-845-1128)の駐車場には田沢湖ビールが出店していた。樽生3種が飲める他、角館名物の御狩場焼きなども食べられた。


(終了)ゆざわの休日・夏2018
日時:2018年7月14日(土)
場所:湯沢市柳町商店街

湯沢市で夏か秋に開催されるイベント。3年前は「ゆざわの休日・秋」として秋に開催され、昨年は7月16日開催で「ゆざわの休日・夏」、昨年は9月9日に「ゆざわの休日・秋」として開催された。今年はまた夏に戻った。「いす−ワングランプリ」が注目されるが、ドイツビールも飲めるようである。(2018.7.12修正)


(終了)秋田竿燈まつり
日時:2018年8月3日(金)〜6日(月)15:00〜21:30
場所:秋田市内中央会場(産業会館跡地)、大町イベント広場(秋田ニューシティ跡地)ほか

秋田を代表する夏祭り「秋田竿燈まつり」の開催期間、秋田竿燈屋台村・市役所会場ではあくらビールが、秋田竿燈屋台村・中央会場(産業会館跡地)では田沢湖ビールとあくらビールが、ご当地グルメフェスティバル(ニューシティ跡地)では田沢湖ビール、あくらビール、湖畔の杜ビールが共同出店している。他に、場所は不明ながら羽後麦酒も出店している。(2018.8.4修正)


日時:2018年8月4日(土)18:00〜21:00
会場:秋田県仙北市・角館 立町ポケットパーク

地元の子供たち自作の絵燈籠パレードを始め、様々なイベントが開催される角館の夏祭り。田沢湖ビールが出店する。(2018.8.4追加)


(終了)第一回竿燈クラフトビール祭り
日時:2018年8月4日(土)15:00〜21:30、5日(日)12:00〜21:30
場所:山王胃腸科駐車場(竿燈大通り側)(秋田市山王2-1-49、TEL018-862-5211)
秋田竿燈まつり期間中の週末に開催される初のビールイベント。「SUMIT」が仙南クラフトビール、いわて蔵ビール、あくらビール、Be Easy Brewingの樽生クラフトビールを提供する他、山王デリカテッセンのフードも登場する。(2018.7.28追加)


(終了)第4回肉の博覧会 in おおだて
日時:2018年8月4日(土)、5日(日)
場所:ニプロハチ公ドーム・タクミアリーナ

市の特産物である比内地鶏や秋田県北部の食文化として根付いている馬肉、新たなブランドの大館さくら豚、秋田牛などの肉が集結するイベント。会場であくらビールが醸造を手掛けたオオダテビールの第5弾「ベルジャンメゾン」が飲める。(2018.8.4追加)


(終了)七夕絵どうろうまつり
日時:2018年8月5日(日)〜7日(火)
場所:湯沢市街地一円

湯沢市の夏の伝統行事である七夕絵どうろうまつりに、今年は羽後麦酒が出店する。場所は不明。(2018.8.4追加)


(終了)秋田市国際フェスタ
日時:2018年8月6日(月)10:00〜14:00
場所:秋田市拠点センターアルヴェ(秋田市東通仲町4-1)1階「きらめき広場」

秋田竿燈まつりの最終日に開催される、秋田市の友好都市・姉妹都市との交流を目的としたイベント。佐久根はここでも田沢湖ビールが樽生で飲めた他、嶋田ハムのソーセージなども食べられた。
日時:2018年8月11日(土) 13:00〜16:00
場所:阿専(雄勝郡羽後町田代字尼沢140)

築140年の古民家を改修したカフェ兼農家民宿である「阿専」で羽後麦酒飲み放題、BBQ食べ放題のイベントが開催される。参加費は5,500円で、専用サイトからの申し込みだと500円割引となる。(2018.8.1追加)
日時:8月14日(火)18:00〜
場所:秋田県仙北市・あきた芸術村大駐車場

わらび座恒例のミュージカル花火大会で、会場で田沢湖ビールが飲める。(2018.8.4追加)


(終了)
五輪坂花火大会
日時:2018年8月15日(水)(荒天の場合8月19日に延期)
場所:五輪坂アルカディア公園

羽後町の花火大会会場で、今年は羽後麦酒が飲める。(2018.8.4追加)


(終了)
西馬音内盆踊り
日時:2018年8月16日(木)18:20〜23:00、17日(金)19:00〜23:00、18日(土)19:00〜23:30
場所:羽後町西馬音内字本町地内(通称本町通り)

全国的に知られる羽後町の西馬音内盆踊りの会場で、今年は羽後麦酒が飲める。(2018.8.4追加)


(終了)
クラフトビアフェスティバル in AKITA 2018
日時:2018年8月18日(土)、19日(日)
場所:秋田駅前 アゴラ広場 大屋根下(秋田市中通2-6-1)

一関の全国地ビールフェスティバルと同様、全国の地ビールが揃うビールイベント。今年は8月18日、19日の開催が決定した。昨年は全国47醸造所のビールが集まった。前売りチケットが全国のサークルKサンクスで購入でき、オリジナルグラス付チケット(200ml×4杯券付)が1,500円、グラスの付かない200ml×4杯券が1,000円、当日は200ml×4杯が1,200円、200ml1杯が350円であった。


(終了)第91回全国花火競技大会「大曲の花火」
日時:2018年8月25日(土)
場所:雄物川河川敷(大曲花火大橋と姫神橋の間)

毎年8月最終週の土曜日に開催され、人口4万人弱の大仙市大曲地区に全国からおよそ80万人の観覧者が訪れるという、東北はもとより全国でも屈指の花火大会。全国の花火競技大会の中でも最も権威ある大会と位置づけられ、全国の選りすぐりの花火師たちがその腕を競う。今年も田沢湖ビールが出店する。昨年通りとすれば場所は大曲技術専門校駐車場(大仙市大曲川原町2番30号)である。今年は場所は不明ながら羽後麦酒も出店する。(2018.8.4修正)


日時:2018年9月8日(土)
場所:秋田市内参加各店(オープニングセレモニー&パフォーマンスは17時から大町イベント広場で開催)

あらかじめ購入したチケットで「1ドリンク&1ディッシュ」を楽しみながら飲食店を回る「飲み・食べ歩き」イベント。7回目となる今年も、酒場戸隠や、あくらビール直営のレストランプラッツ、ビアカフェあくらが参加する。前売りチケットは3,500円で、当日券は4,000円であった。(2018.8.28修正)


(終了)ABSまつり2018
日時:2018年9月22日(土)、23日(日)10:00〜16:00
場所:エリアなかいち 特設会場(にぎわい広場ほか)(秋田市中通1-4-3)

ABS秋田放送の年に一度のイベント。あくらビールが出店している。(2018.9.22追加)


日時:2018年10月11日(木)、12日(金)16:00〜21:00、13日(土)11:00〜21:00、14日(日)11:00〜19:00
場所:エリアなかいち にぎわい広場(秋田市中通1-4-3)

秋田オクトーバーフェストでは、ドイツビールと秋田県内3社の地ビールの両方が味わえる。「秋田ソーセージフェスティバル」との同時開催で、ドイツや秋田の美味しいソーセージもビールと一緒に味わえる。今年は10月11日から14日の4日間の開催が決定した。


(終了)新・秋田の行事in大仙 2018
日時:2018年10月6日(土)12:00〜20:00、7日(日)10:00〜16:00
場所:大仙市・角館内町エリア(角館樺細工伝承館周辺)、角館外町エリア(横町・中町・立町周辺)

全国最多17件の国指定重要無形民俗文化財を有する秋田県を代表する伝統芸能や祭りが一堂に会する伝統芸能の祭典。昨年初開催された。昨年は大曲で開催されたが、今年は角館で開催される。昨年はグルメストリートに田沢湖ビールが出店した。(2018.9.28修正)


日時:2018年10月1日(月)〜7日(日)
場所:Re:MIX(横手市十文字町梨木羽場下14-26)

横手市十文字町で地ビールが飲める「Re:MIX」で開催されるオクトーバーフェスト。今年は昨年とは趣向が変わって、期間中はクラフトビール一杯につきビールに合うおつまみ一品がサービスされる。おつまみは全7種類、ビールは全17種類とのことである。(2018.9.28修正)


(未定)第4回ドイツビール&ドイツワインを楽しむ会
日時:未定
場所:ワッフルカフェサイン(潟上市天王字鶴沼台62-1、TEL018-893-5143)

昨年11月3日に開催された、直輸入ワイン&ビールが飲み放題のイベント。ビールは、今回はいろんなスタイルを楽しめるよう、ピルス、ヴァイツェンなど5種類をボトルで用意された。料理は生ハム、ソーセージ、サラダ、ワッフルなどであった。料金は5,000円で、JR男鹿線を利用する人は上二田駅より送迎があった。


(終了)JOZO(醸造)まにあくす
日時:2018年11月10日(土)、11日(日)
場所:秋田銘醸株式会社 旧第二工場(旧岩崎蔵)(湯沢市岩崎岩崎137)

東北六県の限定醸造酒など約50種類の日本酒、ビール、カクテルが味わえるイベント。ビールでは今年も田沢湖ビールが楽しめる。昨年は7月の開催だったが、今年は11月の開催が決まった。(2018.9.12修正)


(終了)秋田あくらビール創業21周年記念イベント
日時:2018年11月25日(日)14:00〜17:00
場所:レストランプラッツ(秋田市大町1-2-40、TEL018-883-4366)

毎年開催されているあくらビールの周年イベント。あくらビール3時間飲み放題にバイキング形式で料理がついて、前売4,000円、当日4,500円で、150枚販売で終了である。当日はステージ演奏もある他、21周年記念ビールや秘蔵のビールも登場する。(2018.10.19修正)


杜のクリスマスパーティー2018
日時:2018年12月15日(土)18:30〜
場所:湖畔の杜レストランorae(仙北市田沢湖田沢字春山37-5)

湖畔の杜ビールの直営レストランで毎年開催されるクリスマスパーティー。飲み放題、食べ放題で、料金は大人5,400円である。(2018.11.26修正)


(未定)田沢湖ビールのクリスマス
日時:未定
場所:田沢湖ビールレストラン(仙北市田沢湖卒田字早稲田430、TEL0187-44-3988)

昨年12月9日に田沢湖ビール併設のレストランで開催されたクリスマス企画。詳細は分からなかった。



青森県内

奥入瀬ビール「麦酒館の日」

日時:毎月第3木曜日
場所:奥入瀬麦酒館(十和田市大字奥瀬字堰道39-1、TEL0176-72-3201)

毎月第3木曜日、奥入瀬麦酒館では「麦酒館の日」として、奥入瀬ビール始め日本酒、焼酎、ワイン、ソフトドリンクが2時間飲み放題1,600円、パスタ、ピザ、おつまみ、デザートが90分食べ放題 1,300円(要予約)となる。


(終了)奥入瀬ビール「地ビールの日」

日時:2018年4月23日(月)11:00〜19:00
場所:奥入瀬麦酒館(十和田市大字奥瀬字堰道39-1、TEL0176-72-3201)

日本地ビール協会などが制定した「地ビールの日」である4月23日には、奥入瀬麦酒館では2時間1,080円という破格の価格で奥入瀬ビールが飲み放題となる。十和田市文化センターD51前と奥入瀬麦酒館の間で「無料シャトルバス」も運行される。十和田市文化センターD51前18:30発で、帰りは奥入瀬麦酒館21:15発である。


(終了)奥入瀬ビールまつり
日時:2018年8月31日(金)18:30〜20:30
場所:奥入瀬麦酒館(十和田市奥瀬堰道39-1、TEL0176-72-3201)

チケット4,000円で、奥入瀬ビールの定番4種に夏限定のサマーエール、当日発表のシークレットビールの6種類が2時間飲み放題となるイベント。十和田ガーリックポークのアイスバインや奥入瀬のむヨーグルトのタンドリーチキンなどビールが進む料理8品も提供される。空くじなしの大抽選会も開催される。十和田市街からのバス送迎も行われる。(2018.8.4追加)


日時:2018年9月22日(土)16:00〜20:00
場所:弘前市りんご公園(清水富田字寺沢)

9月22日(土)、23日(日)に開催された「
ひろさきりんご収穫祭2018♪」の中で開催されたイベント。津軽生まれのシードル・日本酒・ワイン・クラフトビールなどが登場したとのこと。弘前のBe Easy Brewingも出店した。開会式の最後には、ニッカシードルロゼが先着100名に無料で振る舞われた。1,700円分のフード・ドリンクチケットが前売り1,500円で販売された。JR弘前駅4番乗り場と会場のりんご公園の間を専用の無料シャトルバスも運行された。来年の備忘のために記載。(2018.9.28追加)


日時:2018年10月7日(土)12:00〜18:00
場所:土手町コミュニティパーク(弘前市土手町31、TEL0172-31-5755)A館多目的ホール、ポム広場

2013年から開催されているビールイベント。地元津軽路ビールや奥入瀬ビール他、あくらビール、いわて蔵ビなど東北の地ビール、それにその他の地域の7醸造所の地ビールも飲めた。フードコーナーには弘前市内の飲食店が出店する。5枚綴り2,000円で、全てのビールとフードがチケット1枚と交換になる前売り券は「酒の柳田」が取り扱っている。当日はチケット1枚500円で販売される。今年は10月7日(土)の開催が決定した。(2018.7.18修正)


(終了)ABA番組祭り
日時:2018年10月6日(土)、7日(日)10:00〜16:00
場所:ワ・ラッセ&西の広場

ABA(=青森朝日放送)の年1回のイベント。昨年は弘前のBe Easy Brewingが出店していた。(2018.9.28修正)


(終了)第13回十和田湖ふるさとまつり
日時:2018年11月4日(日)
場所:道の駅「奥入瀬」奥入瀬ろまんパーク(十和田市大字奥瀬字堰道39-1、TEL0176-72-3201)

年に1回、奥入瀬麦酒館のある道の駅「奥入瀬」奥入瀬ろまんパークで開催される特産品、地場野菜、農畜林水産物、加工品の展示・販売や郷土芸能などのアトラクションが行われるイベント。昨年は特設会場で奥入瀬ビールが通常より100円安い1杯400円で、4種類セットが1,400円で飲めた。(2018.9.28修正)
続きを読む

anagma5 at 00:43|PermalinkComments(0)clip!

2018年03月31日

東北で地ビールが飲める店その79〜秋田県羽後町

WP_20180322_13_05_08_Rich 羽後町は秋田県の内陸南部にある、人口約14,000人の町である。お盆に毎年開催される「西馬音内(にしもない)の盆踊り」で全国に知られる。西馬音内と言えば、そばが美味しい。江戸時代の文政元年(1818年)に創業したという「弥助そばや」を始め、町内には少なくとも7軒のそば屋がある。新潟のへぎそばと同様の、つなぎにふのりを使った、つるつるとのど越しのいいそばが食べられる。西馬音内ではこのそばを「冷がけ」という冷たいかけそばで食べるのが一般的である。ちなみに私のお気に入りは、だいぶ以前にも書いたが、「松屋」である。

WP_20180322_13_59_40_Rich さて、この羽後町に昨年7月に新しい地ビール「羽後麦酒(うごばくしゅ」(雄勝郡羽後町西馬音内字本町109、TEL0183-56-7890)ができた。今月お邪魔させていただいたが、味噌蔵だったところを改装して醸造所としている。代表の鈴木隆弘さんによれば、元々あった地酒の蔵元があったそうだが、四半世紀前に廃業してしまったのだそう。地元のお酒で地域を元気づけたいと、10年以上前から地ビール造りを考えていたそうだが、このほどその思いがようやく形になったわけである。

 地元密着ということで、ゴールデンエール、IPA、ペールエール、ベルジャンホワイトといった地ビールで定番とも言えるビール以外に、地元の豊富な食材を取り入れたビールも積極的に醸造している。これまでに、食用菊、イチゴ、ブルーベリー、ゆずを使ったビールを造っている。醸造設備が小さいことを活かして、多品種少量生産の形で様々なスタイルのビール造りにチャレンジしている。




WP_20180322_14_08_43_Rich 東北では、イチゴを使ったビールは夢花まき麦酒やみちのく福島路ビール、松島ビールが醸造していて、ブルーベリーを使ったビールは青森市にあり、ゆずを使ったビールは宮城県石巻市の「石巻日和」があるが、食用菊を使ったビールは東北はもとより全国にも類例がないのではないかと思う。羽後町と言えば、先に書いたようにそばの美味しい地域。ひょっとすると今後、そばを使ったビールも出たりするかもしれない。

WP_20180329_00_00_08_Pro このビール、残念ながら醸造所では飲めないが、醸造所に隣接している「ワインバー蔵しこ」(雄勝郡羽後町西馬音内本町109、TEL0183-55-8384)の他、町内では「居酒屋炭炭(たんたん)」(雄勝郡羽後町西馬音内中野11-12、TEL080-3327-5459)「居酒屋あうん」(雄勝郡羽後町西馬音内上川原2-6、TEL0183-62-0738)で飲むことができる。これらの店では全て瓶での提供だが、横手市十文字町の「Re:MIX」、秋田市の「サミット」、湯沢市の「湯沢グランドホテル」では樽生が飲める。

anagma5 at 23:59|PermalinkComments(0)clip!

2018年01月29日

東北で地ビールが飲める店その78〜岩手県平泉町

 平泉町は岩手県の内陸南部にある人口約7,800人の町である。言わずと知れた、東北唯一の世界文化遺産「平泉−仏国土(浄土)を表す建築・庭園及び考古学的遺跡群−」を抱える町であるが、これらを築いた奥州藤原氏の全盛期には、平安京に次ぐ人口およそ10万人を数える都市だったそうである。

DSCN1144 この平泉町で地ビールが飲めるところと言えば、何と言っても、昨年8月に中尊寺の第一駐車場の敷地内にできた「The BREWERS HIRAIZUMI(ザ・ブリュワーズ平泉)」(西磐井郡平泉町平泉字衣関34-13、TEL0191-34-4044、10:00〜17:00、火曜定休)である。ここは一関の「いわて蔵ビール」の世嬉の一酒造と、気仙沼のアンカーコーヒーのコラボレーションでできたカフェで、常時いわて蔵ビールが樽生で6種類飲める。フードもいろいろとあって、「いわいどりの五穀米キーマカレー」や「豚角ビール煮の五穀米ごはん」は特におススメである。なお、フードメニューには単品だと500円の12ozビールを300円でつけられてお得である。

DSCN1134 同じく中尊寺近くにある「地水庵」(西磐井郡平泉町平泉字衣関1-3、TEL0191-46-5484、11:30〜16:00、火水定休)は、平泉町内で私のお気に入りの美味しい手打ちそばの店であるが、ここには盛岡のベアレンビールのクラシックが瓶で置いてある。





DSC_0035 また、平泉駅のすぐ左手にある「Kobiru Cafe(コビル・カフェ)平泉」(西磐井郡平泉町平泉字泉屋35-3、TEL0191-48-3905、10:00〜17:30、無休)には、瓶のいわて蔵ビールが数種類置いてある。列車待ちの時間などに気軽に立ち寄れるのがいい。





 これら3店、いずれも昼間だけの営業で、夜飲めるところがなかったのだが、「The BREWERS HIRAIZUMI(ザ・ブリュワーズ平泉)」では、この1月から「夜カフェ」を始めた。3日前までの予約が必要ではあるが、一人から予約可能で、「カフェの夜ごはんコース」(2,000円)などがある。+1,500円でいわて蔵ビールなどが飲み放題となるなど、魅力的な内容である。


WP_20180520_14_38_21_Rich(2018.5.21追記):毛越寺近くにある「麺房 高松庵」(西磐井郡平泉町平泉字志羅山77-5、TEL0191-46-5855、11:00〜16:00LO、火曜定休)は、地元産のそば粉を使った二八そば、それに薬味として遠野の暮坪地区で取れる希少な「暮坪かぶ」のおろしがついた「暮坪そば」が食べられるそば店である。岩手県南地域では珍しくじゃじゃ麺も食べられる。前沢牛でつくった肉みそが載った「平泉じゃじゃ麺」で、うどん以外にそばも選べるのが珍しい。ここでは銀河高原ビールのヴァイツェンが瓶で飲める。


anagma5 at 23:11|PermalinkComments(0)clip!

2017年08月05日

東北で地ビールが飲める店その76〜山形県村山市

 村山市は山形県の内陸中央部、村山地域にある人口約25,000人の市である。東沢バラ公園のバラ、最上川の三難所舟下りあらきそばに代表される田舎そばなどで有名である。

170804-182722 この村山市内で地ビールなどが飲める店だが、村山市の中心街のある楯岡地区には見当たらなかった。ただ、郊外に1軒あった。それが「ひつじや」(村山市富並4220-15、TEL0237-57-2862、平日11:30〜14:30、17:00〜21:00、休日11:30〜21:00、火曜定休)である。

 ひつじやでは自家飼育の羊と畑で取れた季節の野菜のジンギスカンが食べられるが、クラフトビールも置いてあるので、それを飲みながらジンギスカンの味わうことができるのである。私が訪れた際にはスコットランドのブリュードッグのビールが2種類置いてあったが、日本の地ビールが置いてあることもあるようである。

 なお、ひつじやでは、一週間に一頭分の羊肉を提供しているとのことで、ジンギスカンを注文するとその全ての部位が味わえるが、一週間に一頭分限定ということで、食材の在庫状況によっては臨時休業となる場合があるので、事前に電話での確認・予約が必須である。

 ところで、ビールを飲まないなら問題ないのだが、このひつじや、車以外でのアクセスがあまりよくない。最寄り駅はJR奥羽本線の袖崎駅であるが、そこからは約5km、歩くと1時間は掛かる。平日なら村山市市営バスを利用する手もある。JR村山駅から「山の内〜(長島)〜北村山公立病院線」に乗ると、ひつじやのある富並地区まで行ける(最寄りの停留所は「森」)。ただ、本数があまりない(富並に向かう便が3便、富並から帰ってくる便が4便)。昼に行くことを考えると、村山駅前発13:05森着13:48の「2便」があるが、村山駅に戻ってくる最終便である「4便」が森発14:23なので、ジンギスカンを食べていられる時間は実質30分くらいしかないことになる。夜に行くことを考えると村山駅前発17:25の「3便」があるが(森着17:49)、帰りの便はないので袖崎駅まで歩くか、タクシーを呼ぶ必要がある。JR村山駅でレンタサイクルを借りるという手もある。ただ、JR村山駅からひつじやまでは約9kmあり、レンタサイクルで40分は見ておいた方がよい。また、ひつじやでビールを飲んでしまうと帰りは押して帰ってこざるを得ないので、さらに時間が掛かる。

 ただ、そうした点を勘案しても、一度訪れてみる価値のあるお店であることは間違いない。クラフトビール以外にもワインや日本酒も充実しているので、ビール好き以外にもおススメである。



anagma5 at 14:51|PermalinkComments(0)clip!

2017年06月07日

ついにできた!仙台初の地ビール!〜東北で地ビールが飲める店その75

DSCN0649 ことあるごとにぼやいていたのだが、日本の百万都市の中で地ビールがないのは仙台だけである。
 宮城県内には4つの地ビールがあるが、いずれも仙台市ではない。
 誰か造ってくれないかなぁと常々思っていたのだが、今年の初めくらいから、どうやら仙台にブルーパブ(ブルワリーとパブが一体となった店舗兼醸造所)ができるらしい、という話をあちこちで聞いた。
ただ、その詳細がさっぱり分からず、いつ、どこで、誰が始めるのか分からないままでいた。

 そうしたところ、塩竈市内で私の行きつけのお店の一つである「Bar Argon」のマスターの武藤さんから、仙台でブルーパブを立ち上げるという人と会った、という話を聞いた。
 武藤さんもゆくゆくは塩竈で地ビールを醸造しようと準備している人なのだが、そのために税務署主催の講習会に参加した折に、その人と会って連絡先を交換してきた、とのことだった。
 そこで武藤さんが聞いたというその人の電話番号を教えてもらい、電話してみた。

 電話の相手は今野高広さんという方で、ちょうど去年の6月から準備を進めていたそうである。
 これまではいつ醸造免許が得られるか分からなかったので積極的には情報を発信していなかったそうだが、その醸造免許が順調にいけばこの8月にも得られる見通しとなったので、ちょうど情報を発信し始めようとしていたところだったとのことであった。
 今野さんはベルギービールがお好きで、それで当初はベルギービールのお店を始めようと考えていたが、仙台市内には既にダボスを始め、ベルギービールのお店が複数あったことから、差別化を考えてブルーパブを始めることにしたそうである。

 ぜひ中を見せていただきたいとお願いしたところ、準備中のそのブルーパブを見せてくださるということで早速足を運んでみた。
 場所は若林区穀町(こくちょう)の穀町郵便局の斜め向かい辺りで、既にお店の内装はほぼ出来上がっていた。
 自宅を改装して造ったカウンター席が6席のお店で、やはり自宅内にある醸造所でできた出来立てのビールが飲める。

 住所としては若林区石名坂だが、ビールの名称は「穀町ビール」、そしてブルーパブの名称は「ビア兄(にいに)」となるそうである。
 元々ベルギービールがお好きということで、ハイアルコールのビールなども醸造する予定とのことであった。

 素晴らしいと思ったのは、この「穀町ビール」、県外には卸さないつもりだということである。
 その心は、このビールが飲みたいということであればぜひ仙台に足を運んでほしい、という願いからで、そうでなくてどこでも手に入るようだと地域活性化にはつながらないという問題意識が今野さんにはおありだった。
 逆に仙台市内では飲めるお店をここ以外にもつくりたいそうで、早くも既に10くらいの飲食店が「穀町ビール」を置いてくれることになっているそうである。
 また、宮城県内の地ビールは店に置きたいと考えているとのことであった。

 醸造免許は8月にも得られる見通しとのことで、そこから醸造を始めて、順調にいけば8月末から9月には開店できるようである。
 この穀町、私の職場から徒歩で5分くらいのところである。
 そのような場所にブルーパブができてしまったら毎日のように通ってしまうのではないかと今から心配であるが、とにかく開店が待ち遠しいところである。


追記(2017.9.29):ブルーパブ「ビアニーニ」(最終的にこの表記になったらしい)の開店日が決まった。1か月後、10月29日(日)の昼12時とのことである。楽しみである。

追記(2017.9.29):10月29日(日)は1日限定のプレオープンとのことであった。11月以降については、仕込みの日程が決まり次第改めてアナウンスがあるそうである。

追記(2017.10.29):
DSCN0917 「穀町ビール」の醸造所兼店舗である「ビア兄(にいに)」のプレオープン、12時からとのことで、12時に行ってみたら既に行列ができていた。
 この日はプラカップで1杯500円で提供されていたが、その場で飲む人の他に、瓶での購入を求める人も多くいて、用意した瓶はあっという間に品切れとなっていた。


DSCN0918 この日飲めた「穀町エール」は濃褐色のアルコール度数10%のビールであるが、濃厚ながらとても飲みやすい味に仕上がっていた。
ベルギーのトラピストビールと同系統の味、と言うとベルギービールが好きな人には分かってもらえるかもしれない。
ハイアルコールのビールを作りたいというお話は以前伺っていたが、よもやそれを最初に造ってしまうとはすごいの一言である。
これからどんなビールが出てくるか楽しみである。

DSCN0922 お店の方は今野さんご夫妻が切り盛りされていたが、ご近所の方、今野さんご夫妻のお知り合い、そして私のようなビール好きが、初対面ながらお互いに和気あいあいと話しながら仙台初の地ビールとなるこの「穀町エール」を飲んでいた。
人と人の距離を近づけるビール、そしてお店であった。

 なお、正式オープンは11月20日(月)となるそうで、それ以降は、月・木・金の19時から22時までの営業となるとのことである。
また、荒町の及川酒造店で瓶が購入できる他、一番町の「旨い屋 楓」、国分町の「仙一ホルモン」、「アナログガーデン」でも「穀町ビール」が飲めるそうである。


追記(2017.11.10):瓶の「穀町エール」がこれである。
171110-183330アルコール度数10%を表す「」があしらわれている。
今のところまだ一般には販売されていないが、及川酒造店では11月20日(月)から販売開始とのことであった。

 なお、明日11月11日(土)も19時から22時まで、「ビア兄」が臨時オープンするそうである。
プレオープンには行けなかったが20日(月)の正式オープンの前に飲みたい、という人にはうってつけである。


anagma5 at 00:44|PermalinkComments(0)clip!

2017年06月06日

「東北絆まつり」は「東北地ビールまつり」だった!〜東北で地ビールが飲める店 番外編その36

map6月10日(土)、11日(日)に「東北絆まつり」が仙台市内で開催される。
東日本大震災の犠牲者の鎮魂と東北の復興のために震災のあった2011年の7月に仙台から始まった東北六魂祭は昨年の青森で東北六県の県庁所在地を一巡したが、その後継イベントとして、「多彩な東北が、熱い絆でひとつになる」をコンセプトとして再度仙台を皮切りに開催されることになった今年初開催のイベントである。

東北六魂祭と同様、東北六県の県庁所在地の夏祭り、すなわち青森市の青森ねぶた祭、盛岡市の盛岡さんさ踊り、仙台市の仙台七夕まつり、秋田市の秋田竿燈まつり、山形市の山形花笠まつり、福島市の福島わらじまつりが一堂に会するが、それだけでなく、会場には東北各地のグルメや物産も集まる。

その中で、国分町の元鍛冶丁公園で「牛たんと東北地ビール祭り」が開催されることはサイトの情報で知っていたのだが、実はこの「東北絆まつり」、それだけには留まらなかった。
アンバーロンド」の田村さんに教えてもらったのだが、この「牛たんと東北地ビール祭り」では岩手県一関市のいわて蔵ビールと、アンバーロンドがチョイスした12種の東北の樽生地ビールが飲めるとのことだが、それ以外の会場でも実は東北の地ビールが飲めるそうである。
具体的には、東北絆まつりのメイン会場である西公園では秋田市のあくらビールと盛岡市のベアレンビールが、「みやぎきずな市」が開催される市役所の南側の市民広場では宮城県加美町のやくらいビールと宮城県角田市の仙南クラフトビールが、「東北うまいもの広場」が開催される勾当台公園では秋田県仙北市の田沢湖ビールと福島市のみちのく福島路ビールが、それぞれ4〜6のタップで用意されるとのことである。

加えてこの両日は東北楽天ゴールデンイーグルスの本拠地である楽天Koboスタジアム宮城で「クラフトビールと餃子WEEK」が開催中であり、そこでは岩手県遠野市のZUMONAビール、いわて蔵ビール、やくらいビール、神奈川県厚木市のサンクトガーレンなどが飲める。
また、国分町にある「CRAFT BEER MARKET」でもこの両日は、30タップのうち半分が東北の地ビールとなることになっている。
これらを合計すると、「東北絆まつり」の期間中、仙台市内では一部重複はあるものの、なんと90種類近くの地ビールが樽生で飲めるのである。

これだけ多くの地ビール、それも特に東北の地ビールが集まる機会というのは、東北各地で開催されるビールフェスティバルでもそうそうあるものではない。
その意味では、この「東北絆まつり」、実は「東北地ビールまつり」と言い換えることもできるのではないだろうか。
ビール好きの人にとっては堪えられない2日間になりそうである。


anagma5 at 01:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2017年02月04日

東北で地ビールが飲める店その74〜宮城県多賀城市

 多賀城市は宮城県の中部沿岸、仙台市の北東に隣接する人口約62,000人の市である。奈良時代に陸奥国府多賀城が置かれたことで知られ、今もその遺構がある場所は仙台市内の小学校の遠足先となっている。

 この多賀城市、幹線道路の国道45号線沿いにはいろいろな店があるが、飲食店が軒を連ねている場所はほとんどない。地ビールが飲める店についても何度か探してみたことがあったが、これまで見つけられていなかった。

170120-184720 昨年3月多賀城市立図書館が移転、新築オープンした。運営するのはTSUTAYAを展開するカルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社で、いわゆる「TSUTAYA図書館」である。東北初、全国でも3例目である。この多賀城市立図書館には1階にスターバックスコーヒー、そして3階に「PUBLIC HOUSE」というレストランが入った。この「PUBLIC HOUSE」、海の幸、山の幸を使ったイタリアンがベースのメニューがいろいろあるが、ドリンクの中には何と盛岡のベアレンビールの定番3種、クラシック、アルト、シュバルツが瓶で置いてあった。ベアレン自体、仙台周辺で飲めるところはそれほど多くないので貴重である。他に、ブルックリンIPAもあった。

170201-172805 もう一軒見つけた。JR下馬駅のそばの踏み切りのそばにある、その名も「フミキリCAFE」である。偶然入ったのだが、5種類のコーヒー、6種類の紅茶、6種類の緑茶、5種類のスムージー、オリジナルのハーブティーなど、飲み物が豊富である。私が訪れた時には既に品切れだったが、手作りパンも人気が高いようである。カウンターにヤッホーブルーイングの地ビールが7,8種類ほど置いてあったので、尋ねてみると、メニューには載っていないものの、1缶500円で提供しているそうである。ヤッホーブルーイングの定番ビールだけではなく、限定ビールもあった。唯一の難点は、営業時間が18時までであることである。ビールを楽しむためには早めに来店する必要がある。


追記(2019.2.15):塩竈で「Sports&Smile TOO」をやっていた松野さんが、2月1日、JR多賀城駅近くWP_20190404_19_14_39_Rich_LI[1]に「DINING BAR TOO」(多賀城市中央1-5-2、TEL080-3326-3004、11:00〜14:00※平日のみ、17:00〜24:00、無休)をオープンさせた。塩竈の「Curry & Happy TOO」のカレーも食べられ、かつビールも7種類置いてある素晴らしいお店である。同じ2月1日に販売が開始された地ビール「塩竈ビール」も飲める。


anagma5 at 01:02|PermalinkComments(0)clip!

2017年01月28日

東北各地のビールイベント2017年版(※12/11更新)〜東北で地ビールが飲める店 番外編その35

追記(2020.1.8):2020年版はこちら

追記(2019.1.19):2019年版はこちら

追記(2018.4.9):2018年版はこちら


FILE1323 2017年も東北各地で開催される(予定も含む)ビールイベントが多数ある。今年も早くも1月からいろいろと予定されている。それらの情報について、例によって県ごとにリストアップしてみた。

 現段階で開催日程が未定なものも多いが、昨年まで開催されたものは今年も開催されるものとしてリストアップしておき、詳しい開催内容が分かり次第、随時追記・修正していきたいと思う。それと、今年の変更点として、毎月の開催、隔月での開催など年に3回以上開催されるビールイベントについては、直近のもののみを記載するようにする。

 残念ながら既に終了したイベントもある。来年からは年末年始の休みに取り組まないと間に合わなさそうである…。


 仙台市内

裏ハブの日(終了)
db5b12bc55c4ce15e086c02d3de215f4日時:2017年2月8日(水)16:00〜24:00
場所:HUB仙台名掛丁店(仙台市青葉区中央1-7-6西原ビル1F、TEL022-722-8682)、HUB仙台一番町四丁目店(仙台市青葉区一番町4-4-33トレンドビル1F、TEL022-217-8682)

 2月8日は「8(ハ)2(ブ)の反対」で「裏ハブの日」ということで、16時から閉店時刻まで、全てのドリンクが半額となる。(2017.2.7追加)





肉祭 Vol.1 クラフトビールと希少なお肉編(終了)
16299973_411776089169376_299383714898752076_o日時:2017年2月9日(木)〜11日(土祝)17:00〜2:00
場所:クラフトビアマーケット仙台国分町店(仙台市青葉区国分町2-1-12瀬戸勝ビル1F、TEL022-796-6366)
 シーフードがメインのクラフトビアマーケット仙台国分町店で、様々な肉とクラフトビールを楽しんでもらうという趣旨のイベントが初開催される。牛、豚、鶏、子羊、鴨の肉に加えて、普段食べられない肉も勢揃いするそうである。(2017.1.29追加)


3周年記念fest『Beer 3 Days』
(終了)
日時:2月21日(火)〜23日(木)17:00〜1:00
場所:麦酒食堂3F-22(仙台市青葉区二日町14-10 八百吉ビル3F、TEL022-302-7933)

 麦酒食堂3F-22の周年イベント。今年は樽生全サイズ、全種類が半額となる。何がつながっているかは当日のお楽しみで、レアビールもあるかも、とのこと。フードメニューも今年は限定なしのフルメニューである。(2017.2.7追加)


ベルギービールダボス23周年イベント(終了)
16708558_1253962194688623_3077597384874485261_n日時:2017年3月10日(金)〜18日(土)(※12日(日)は定休日)17:00〜23:30(土曜日は15:00〜23:30)
場所:ベルギービールダボス(仙台市青葉区青葉区一番町1丁目6−19、TEL022-211-6816)

 仙台で23年の歴史を誇るベルギービールバーの老舗ダボスは、毎年3月上旬から中旬の1週間あまり、周年イベントを開催している。イベント期間中は、通常1,000円以上するベルギービールの樽生4種類がどれも1杯なんと500円で飲める。今年は3月10〜18日に開催されることが決定した。(2017.2.16修正)


食べて応援しよう! in 仙台(終了)
日時:2017年3月18日(土)10:00〜17:00、19日(日)10:00〜16:00
場所:勾当台公園市民広場(仙台市青葉区国分町3丁目7)

 被災3県(岩手県、宮城県、福島県)の農林水産物や食品が出店され、販売されるイベント。会場ではいわて蔵ビールも出店し、樽生ビールが飲める。東北農政局による福島県川俣町山木屋で生産された米の無料配布も行われる。(2017.3.17追加)


グッドビアマーケット・エン4周年記念イベント(終了)
日時:2017年3月18日(土)、19日(日)、20日(月祝)
場所:グッドビアマーケット・エン(仙台市青葉区国分町2-8-12国分町Kビル5F、TEL022-224-6511)

 昨年の3周年記念イベントは3月13日〜15日に開催され、いわて蔵ビールにて醸造した記念のオリジナルビール「IPA THE GOOD BLAC」が開栓され、特別感謝価格のメニューも登場した。


BEER & CHINESE《桃園の酔い》
(終了)
日時:2017年5月14日(日)17:00〜23:00
場所:口福吉祥 喜喜龍(シーロン)(仙台市青葉区中央1-2-3仙台パルコ1F、TEL022-212-4606)

 昨年初めて開催された、喜喜龍(シーロン)とアンバーロンドのコラボイベント。今年もシーロンのオーナーシェフがつくる料理がビュッフェで10品ほど味わえ、厳選の中国酒、アンバーロンドがチョイスした「ヴァイツェンボック・イエティ」樽熟成Versionなどのクラフトビールが樽生で5種類、ボトルで5種類ほど味わえる。ビュッフェとビール3杯で会費は4,500円である。(2017.4.10修正)


藤崎ビアガーデン2017(終了)
藤崎ビアガーデン本館屋上にopen日時:2017年5月15日(月)〜9月18日(月)
時間:16:00〜21:30(最終受付20:10)
場所:藤崎本館屋上(仙台市青葉区一番町3-2-17、TEL022-261-5111(6662))

 毎年開催されている恒例のビアガーデン。和・洋・中・イタリアンなど40種超のフードメニューがある。今年から
オリオンやスーパードライに加えて、ステラアルトワ、ヒューガルデン、レフ・ブロンド、バスペールエールも飲み放題に加わった。食べ放題・飲み放題90分で税込3,500円(小学生〜19歳税込1,800円、未就学児無料)だが、月〜金曜日は17:00までのスタートで税込3,200円、20:00以降にスタートでも税込3,200円となる。藤崎で購入した酒類の持ち込みも可能である。(2017.5.19追加)

2017三越本館屋上ビアガーデン(終了)
beergarden2017_normal_01日時:2017年5月16日(火)〜9月17日(日)
場所:仙台三越本館屋上(仙台市青葉区一番町4-8-15、TEL022-221-5359)

 毎年開催されている恒例のビアガーデン。今年のテーマは「みちのくキッチン」で、東北の食材や名物料理が楽しめる他、「世界のマルシェ」としてヨーロッパや中南米の料理が月替わりで、計25品目以上が登場する。ビールはスーパードライのみだが、プラス300円でヒューガルデン、ベルビュー・クリーク、バス・ペールエール、レーベンブロイ、ステラアルトワ、レフ・ブロンドも飲み放題となる。飲み放題・食べ放題2時間3,500円(小学生1,800円)で、フリータイム営業(営業時間内無制限)が3,900円(小学生2,000円)、アーリータイム割引(5・6月17:00〜18:30、7・8・9月16:00〜17:30)とレイトタイム割引(7・8・9月20:30〜22:00)が90分2,500円(小学生1,300円)である。(2017.5.19修正)


仙台青葉まつり「杜の市」(終了)
日時:2017年5月20日(土)11:00〜21:00、21日(日)11:00〜18:00
場所:勾当台公園市民広場(仙台市青葉区国分町3丁目7)

 仙台青葉まつりに合わせて、勾当台公園市民広場では、「旬の食材を自分で調理し振る舞うのがおもてなしの心とする」と言ったと伝えられる伊達政宗にちなんで、旧伊達藩の市町村の美味しい食べ物が味わえる「杜の市」が開催される。今年も一関市のブースではいわて蔵ビールの樽生が、大崎市のブースでは鳴子ブルワリーの鳴子の風の樽生が、あきた芸術村のブースでは田沢湖ビールの樽生が飲める。他に森のソーセージレストランベルツのブースではドイツビールが、東北楽天ゴールデンイーグルスのブースではEaglesビールが飲めるかもしれない。(2017.5.19修正)


クラフトビールと餃子WEEK(終了)
img_170519_02_14日時:2017年5月30日(火)〜6月1日(木)、6月7日(水)〜6月11日(日)開場1時間前〜試合終了30分後まで
場所:楽天Koboスタジアム宮城 スタジアム正面広場(仙台市宮城野区宮城野2-11-6、TEL022-298-5300)

 昨年5月31日から6月12日までのホームでの交流戦に合わせて開催された「ご当地ビールまつり」、今年は「クラフトビールと餃子WEEK」としてバージョンアップした。5月30日〜6月1日は田沢湖ビール、鳴子の風、仙南クラフトビール、みちのく福島路ビール、猪苗代地ビールが、6月7日〜11日は遠野ZUMONAビール、いわて蔵ビール、やくらいビールなど、東北の誇る地ビールが飲める他、全国の餃子店6店が出店する。(2017.5.30修正)


東北絆まつり 「牛たんと東北地ビール祭り」ほか(終了)
main_sp_01日時:2017年6月10日(土)10:00〜20:00、11日(日)10:00〜17:00
場所:元鍛治丁公園(仙台市青葉区国分町2-9-29)

 東北六魂祭は、東北六県を一巡して終了したが、その後継イベントが「東北絆まつり」として開催されることになった。東北六魂祭では、関連イベントとして「東北うまいもの広場」が開催され、東北の地ビールが飲めた。今年の東北絆まつりでは「牛たんと東北地ビール祭り」と題して、仙台名物「牛たん」と東北各地の「地ビール」 をメインとしたイベントが元鍛冶丁公園で開催されることになった。さらになんと、西公園、市民広場、勾当台公園でも、それぞれ東北の地ビールが飲める。詳細は別稿にて。(2017.6.5修正)


クラフトビールフェア(終了)
無題日時:2017年5月27日(土)〜7月31日(月)
場所:癒.酒.屋わおん(仙台市青葉区中央3-3-18新庄ビルB1、TEL022-722-0560)

 毎年恒例のイベント。今年からクラフトビールフェアという名称になった。全国20種類の地ビールが瓶で飲める。10本飲むと1本プレゼントされるスタンプラリーも開催される。(2017.5.25修正)


世界のビールと肉まつり(終了)
日時:2017年6月30日(金)17:00〜、7月1日(土)13:00〜、2日(日)12:00〜、7日(金)17:00〜、8日(土)15:00〜、9日(日)12:00〜
場所:楽天Koboスタジアム宮城 スタジアム正面広場(仙台市宮城野区宮城野2-11-6、TEL022-298-5300)

 約100種類の世界のビールの樽生と瓶、それに世界の肉料理が楽しめるイベント。一昨年、昨年同様ホーム戦に合わせて開場の1時間前から試合終了まで開催されるものと思われる。(2017.6.22修正)


東北オクトーバーフェスト2017(終了)
tohokuoktoberfest日時:2017年7月7日(金)〜17日(月祝)16:00〜21:00(土日祝は11:00〜21:00)
場所:錦町公園(仙台市青葉区本町2丁目21-1)

 仙台では毎年2回オクトーバーフェストがある。毎年6月に開催されていた「東北オクトーバーフェスト」は、一昨年から7月初旬に開催されている。9月のオクトーバーフェストと比べるとこちらはドイツビールの種類が豊富で、「日本初上陸」のビールなども並んだりする。(2017.4.13修正)


ベルギービールウィークエンド仙台(終了)
日時:2017年7月27日(木)〜30日(日)
場所:勾当台公園(仙台市青葉区本町3丁目9)

 3年前に仙台で初めて開催された、ベルギーの首都ブリュッセルで開催されるベルギービールのイベントを模したイベント。昨年は7月14日〜18日の5日間、ベルギービールとベルギー料理、さらにベルギーのアーティストによるライヴが楽しめた。オリジナルグラス1個と飲食用コイン11枚がついたスターターセット当日3,100円(前売3,000円)、追加コインは5枚1,050円で販売された。今年は7月27日〜30日の開催が決定した。(2017.2.16修正)


ベルギービールフェア(未開催)
日時:未定
場所:クレプスキュールカフェ仙台(仙台市青葉区春日町2-1せんだいメディアテーク1F)

 上記ベルギービールウィークエンド仙台に合わせてせんだいメディアテーク1階のクレプスキュールカフェ仙台で開催されるベルギービールフェア。昨年はブラッセルズ・ビア・プロジェクトのソレイユ・ルヴァンと、デュポン醸造所のボン・ヴーが飲める。ベルギービールウィークエンドの専用グラスを持ち込むと特別価格で飲めた。


バル仙台2017(終了)
日時:未定
場所:勾当台公園市民広場(仙台市青葉区国分町3丁目7)

 一昨年初開催された「食と旅する支倉フェスティバル」と銘打たれたイベントが、昨年から「杜の都のワインまつり」と銘打って開催された。地元東北の地ワインや海外のワインが飲めたが、ビールは大手ビール以外なかった。


第5回農魂祭(終了)
日時:未定
場所:勾当台公園 市民広場(仙台市青葉区国分町3丁目7)

 宮城県内の6つのJAの青年部が中心となって行う農業のイベント。昨年は7月23日に開催され、会場でやくらいビールが飲めた。


ハブの日(終了)
日時:2017年8月2日(水)16:00〜24:00
場所:HUB仙台名掛丁店(仙台市青葉区中央1-7-6西原ビル1F、TEL022-722-8682)、HUB仙台一番町四丁目店(仙台市青葉区一番町4-4-33トレンドビル1F、TEL022-217-8682)

 2月8日は「裏ハブの日」だが、8月2日は「ハブの日」。同様に、全てのドリンクが終日半額となる。看板の「ハブエール」はすぐなくなるので飲みたい人は早めの来店がおススメである。(2017.7.20追加)


SUMMER BEER NIGHT 2017(終了)
日時:2017年8月10日(木)、11日(金)18:00〜20:45
場所:ホテルメトロポリタン仙台4F グランドボールルームSENDAI

 生演奏を聴きながら、ビールと料理を楽しむイベント。料金は7,000円。昨年はキリン、アサヒ、サッポロ、サントリーのプレミアム生ビールの他、オプションドリンクが用意され、クラフトビールも飲めたが、今年はオプションドリンクにクラフトビールなどの記載がない。(2017.8.5修正)


仙台七夕まつり(終了)
日時:2017年8月6日(日)〜8日(火)10:00〜21:00
場所:定禅寺通りグリーンベルト(市民広場近く)、S-PAL2

 東北三大夏祭りの一つ「仙台七夕まつり」で今年は田沢湖ビールが4種類樽生で飲める。場所は勾当台公園市民広場近くの定禅寺通りの緑地帯の中とのことである。また、仙台駅S-PAL2前にはアンバーロンドが出店し、東北の地ビール樽生4種と厳選ソーセージ盛り合わせが味わえる。(2017.8.5修正)


アエル七夕ビアガーデン&マルシェ(終了)
日時:2017年8月5日(土)〜8日(火)
場所:AER(アエル)北側 アエル広場特設会場(仙台市青葉区中央1-3-1、TEL022-723-8000)

 仙台七夕まつりに合わせてオープンするアエルの七夕ビアガーデン、今年も花火大会のある前夜祭の8月5日〜8日までの開催である。昨年は「東北のクラフトビール大集合」として、地元の飲食店が出す料理と一緒に東北の地ビールが楽しめたが、今年どんなビールが飲めるかは不明。「あおもり うまいもの市」も同時開催。(2017.8.3修正)


仙台クラフトビールフェスティバル2017(開催中止)
日時:未定
場所:錦町公園(仙台市青葉区本町2丁目21-1)

 一昨年初開催された、仙台で初めてのクラフトビールを前面に出したイベント。当日は、仙南クラフトビール、松島ビール、やくらいビール、鳴子の風の、宮城県内の全4醸造所の地ビールを始め、いわて蔵ビール、遠野ズモナビール、みちのく福島路ビール、猪苗代地ビール、あくらビール、田沢湖ビールの、東北の6醸造所の地ビールも樽生で飲め、合計で50近い種類のビールが揃った。また、仙台の11の飲食店がビールに合うフードを提供した。昨年は9月3日、4日の2日間開催されたが、今年は開催されないことになった。残念だが、来年に期待したい。(2017.8.23修正)


2017コボスタ宮城 オクトーバーフェスト(未開催)
日時:未定
場所:楽天koboスタジアム宮城 スタジアム正面広場(仙台市宮城野区宮城野2-11-6、TEL022-298-5300)

 過去2回開催された、楽天koboスタジアム宮城(コボスタ宮城)が会場のオクトーバーフェスト。一昨年は9月上旬と中旬でホームゲームのある6日間の開催であった。ドイツのビールを中心に28種類ほどのビールがどれも700円で飲めた。「伊達美味(だてうま)」も同時開催され、仙台マーボー焼きそば、牛たん焼、仙台牛ステーキ、仙台あおば餃子、三角あぶら揚げ、笹かまぼこなども味わえた。昨年は開催されなかった。


仙台オクトーバーフェスト2017(終了)
日時:2017年9月16日(土)〜24日(日)平日16:00〜21:00、土日祝11:00〜21:00
場所:錦町公園(仙台市青葉区本町2丁目21-1)

 仙台で年2回開催されるオクトーバーフェストの「後半戦」。全体的な規模はこちらの方が大きく、昨年は10醸造所のドイツビールに加えて、東北の7醸造所の地ビールも飲めた。今年のラインナップはまだ公表されていないが、昨年と同様にドイツビールプラス東北の地ビール&フードという構成で開催されるものと思われる。(2016.6.22修正)


泉マルシェ2017(終了)
日時:2017年9月16日(土)10:00〜17:00 ※雨天の場合翌17日(日)に順延
場所:泉中央ペデストリアンデッキ

 ヨーロッパの朝市“Marche(マルシェ)”をテーマにしたイベント。産直・西洋野菜やアンティーク雑貨、フードやドリンクなど約150店舗が出店。昨年は9月17日に開催され、アンバーロンドやレストランベルツ、日仏食堂ラトリエ・ドゥ・ヴィーブルが出店するので、海外のビールやクラフトビールが味わえる。(2017.8.30修正)
日時:2017年9月30日(土)、10月1日(日)10:00〜20:00
場所:錦町公園(仙台市青葉区本町2丁目21-1)

 宮城県内の飲食店と南東北3県の生産者がブース出展し、投票によってグランプリを決定するというイベント。昨年は10月1日、2日に開催され、「IZAKAYA 仁」が出店して、東北六県の地ビールが飲めた。今年の出店者は現段階で未公表である。(2017.8.30修正)


日時:2017年10月14日(土)、15日(日)10:00〜16:00
場所:宮城県庁1階、県庁前駐車場、勾当台公園、市民広場

 今年で18回目を迎える、ふるさと宮城の素晴らしい「味(み)や技(ぎ)」を「まるごと」楽しめる秋の恒例イベント。やくらいビールなど宮城県の地ビールも出店する。(2017.9.4追加)


Tohoku Coffee Stand Fes 2017(終了)
日時:2017年10月14日(土)、15日(日)10:00〜19:00
場所:西公園、定禅寺通り、錦町公園

 東北のコーヒーショップが集まるイベント。「THE MOST COFFEE」のブースでは、ホシヤマコーヒーとアンバーロンドといわて蔵ビールがコラボして造って好評だった「コーヒースタウト」が再登場する。(2017.10.4追加)


Miyagi Inbound Food Fes(終了)
日時:2017年10月14日(土)、15日(日)11:00〜17:00
場所:仙台空港

 宮城の食を外国人観光客へ宣伝するためのイベント。仙南クラフトビールも出店する。(2017.10.4追加)


みなみ北海道・北東北食旅フェスタin仙台(終了)
日時:2017年11月18日(土) 〜19日(日)10:00 〜 16:00
場所:勾当台公園 市民広場(仙台市青葉区国分町3丁目7)

 函館など南北海道と北東北三県の観光PRや物産の展示販売が行われるイベント。函館の地ビールや秋田のあくらビールなどが出店した年もあったが、今年出店する地ビールがあるかどうかは不明。(2017.11.15修正)


紅白ビア合戦2017
日時:2017年12月28日(木)17:00〜
場所:CRAFT BEER MARKET 仙台国分町店(仙台市青葉区国分町2-1-12瀬戸勝ビル1F、TEL022-796-6366)

 クラフトビアマーケット仙台国分町店の2周年記念で開催されるイベント。当日はビールがグラス390円、パイント690円となる他、ラムチョップグリルが1本390円、肉盛スペシャルが半額の1,490円となる。ちなみに、紅組は仙南クラフトビール、白組はワイマーケットブルーイングとなるようである。(2017.12.11修正)


クリスマスマーケット in 仙台トラストシティ(未定)
日時:未定
場所:仙台トラストシティ(仙台市青葉区一番町1-9 )

 毎年開催されているクリスマス&ウィンターイルミネーションに、昨年は12月21日から25日まで「クリスマスマーケットin仙台トラストシティ」が初開催された。ドイツ式クリスマスのイルミネーションや飾リ付けがされたヒュッテ(露店)では、グリューワインやソーセージ、それにドイツビール数種類が販売された。


Sendai Winter Park クリスマスマーケット2017(未定)
日時:未定
場所:勾当台公園 市民広場(仙台市青葉区国分町3-7)

 毎年恒例の「SENDAI光のページェント」に合わせて開催される「Sendai Winter Park」に昨年初めて登場したヨーロッパのクリスマスの雰囲気を味わえる飲食ブース。昨年は12月9日〜25日に開催され、グリューワインやホットワイン等の飲み物、クリスマスにちなんだ料理が提供された。暖房付きの大型客席テントも併設され、会場では田沢湖ビールも飲めた。



 宮城県内

だらだら飲み会(終了)
日時:2017年5月21日(日)13:00〜16:00
場所:TAVERNA GIRO(塩竈市海岸通8-10、TEL022-385-6609)

 JR本塩釜駅近くのイタリアンレストラン、TAVERNA GIRO(タベルナ・ジロ)で時折開催されるビールイベント。毎回料理に関するテーマが設定され、それに合うお酒も用意される。ビールはいわて蔵ビールなど、地ビールが樽生で用意されることが多い。会費はだいたいいつも4,000円である。今回は「だらだら呑み会 ティーパーティー in 新加坡」と題して、シンガポールのティーパーティースタイルの会で、ハイティースタイルのシンガポール料理が食べられる。ビールはいわて蔵ビールのレッドエールが飲めるそうである。(2017.5.11修正)


女川町復幸祭2017(終了)
日時:2017年3月19日(日)10:00〜16:00
場所:女川駅前広場(牡鹿郡女川町女川浜字大原316)〜シーパルピア女川周辺

 震災の翌年2012年から開催されているイベント。今年は3月19日に開催される。会場には今年も多数の飲食物販のブースの出店が予定されている。昨年は、会場の一部となるシーパルピア女川に移転している地元のビアバー「ガル屋Beer」は復幸祭に合わせて昼間から営業していた。(2017.1.31修正)


第214回鹿島台互市(終了)
日時:2017年4月10日(月)〜12日(水)9:00〜16:00
場所:JR鹿島台駅前商店街

 藩政時代の物々交換が始まりといわれ、東北各地で行われる互市(たがいち)。その中でも最大の規模と言われるのが大崎市鹿島台のJR鹿島台駅前商店街で春と秋に行われる鹿島台互市である。明治43年以来、今年で108年目、実に214回目の開催とのことである。当日は200店以上の出店があるが、例年やくらいビールが出店し、樽生ビールが飲める。秋は11月10日(金)〜12日(日)に開催される。(2017.4.5修正)


おおさき食楽まつり(終了)
日時:2017年6月17日(土)、18日(日)
場所:鳴子峡レストハウス特設会場(大崎市鳴子温泉星沼13-5、TEL0229-87-2050)

 鳴子峡を会場に行われるご当地グルメの祭典。昨年は6月18日、19日に開催された。今年も50を超える出展者があり、その中に地発泡酒「鳴子の風」を醸造する株式会社オニコウベもある。当日は「鳴子の風」が樽生で飲めた他、そばがき汁、牛ステーキ、筍ごはんが味わえる。


多賀城ビアサミット2017
(終了)
日時:2017年7月14日(金)17:00〜20:00、15日(土)、16日(日)11:00〜20:00
場所:JR多賀城駅 南口 駅前公園

 多賀城駅前で昨年から開催されているビールイベントである。ビールはキリンがメインだが、キリンと関わりのあるブルックリンラガーとよなよなエールも飲める。600円のビール2杯とおつまみプレート1皿、オリジナルスタジアムクッションがセットになった前売りチケットは2,000円である。(2017.6.22追加)


Reborn-Art Festival 2017 × ap bank fes(終了)
日時:2017年7月28日(金)〜30日(日)9:00〜21:00
場所:国営みちのく杜の湖畔公園北地区 風の草原(柴田郡川崎町大字川内字向原254)

 昨年開催された「Reborn-Art Festival × ap bank fes 2016」では、「HAMA MARCHE」に仙南クラフトビールとやくらいビールが共同で出店した他、アンバーロンドも出店し、岩手・秋田・福島の地ビールを提供した。今年もみちのく杜の湖畔公園を会場に3日間開催されるap bank fesの「FOOD -MARCHE-」に、やくらいビールと仙南クラフトビールが共同で出店、アンバーロンドも出店する。「FOOD -YOCOCHO-」にはバールムジカが出店するので、こちらでも地ビールが飲めるものと思われる。(2017.7.27修正)


醸室夏まつり週末ビアガーデン(終了)
日時:2017年6月30日(金)、7月1日(土)、7日(金)、8日(土)、14日(金)、15日(土)、21日(金)、22日(土)、28日(金)、29日(土)、8月4日(金)、5日(土)17:30〜21:30(21:00LO)
場所:みちのく古川食の蔵 醸室(かむろ)(大崎市古川七日町3-10、TEL0229-21-1020)

 毎年開催されている7月上旬から8月上旬にかけて開催される恒例の夏祭企画。基本的に金曜と土曜の開催だが、「古川まつり」期間も曜日に関係なく開催される。7枚綴りの当日券は3,000円で500円分(1杯分)得になっている。毎年地ビール(発泡酒)の「鳴子の風」も飲める。(2017.7.18修正)


仙南シンケンファクトリービアーガーデン(開催中止)
日時:未定
場所:仙南シンケンファクトリー 屋外テント(角田市角田流197-4、TEL0224-61-1150)

 普段予約を除いて昼間しか営業していない仙南シンケンファクトリーだが、7月中旬から8月末までの金曜日と土曜日には屋外にビアガーデンが設置され、夜間の営業も行われる。昨年は夏季限定のシンケンラガーとヴァイツェンが1杯500円(通常600円)で、これらが90分飲み放題となるプランが1,800円であった。フードの方も気軽に食べられる「ビアガーデン専用メニュー」がある。今年はビアガーデン開催スペースの改装工事が終わらず、開催しないことになったそうである。(2017.7.18修正)


クラフトビール祭りin上々(未定)
日時:未定
場所:中華そば上々(大崎市古川李埣三丁目4-5、TEL0229-22-8733)

 昨年8月2日に花火大会に合わせて開催されたビールイベント。麺類の提供はなく、クラフトビール4種類とビールに合うつまみが提供された。


K・B・G(カミマチ・ビア・ガーデン)(未定)
日時:未定
場所:麺屋 齋虎 駐車場(加美郡加美町字一本杉533-1)

 加美町の8つの飲食店が集合して一昨年8月2日に初めて行われたイベント。会場ではやくらいビールが飲めた。昨年は開催されなかった。


宮城地ビールフェスタ(未開催)
日時:未定
場所:吹上高原キャンプ場特設ステージ(大崎市鳴子温泉鬼首字本宮原23-89、TEL0229-86-2493)

 昨年、8月11日の「山の日」に吹上高原キャンプ場を会場に、「祝!山の日 in 吹上高原」が開催された。その中では、「森の音楽祭」、そして「宮城地ビールフェスタ」が行われた。宮城地ビールフェスタでは宮城県内の4つの地ビールが勢ぞろいした。枝豆やかき氷の出店コーナーもあった。


仙南うまいもの祭2017「仙南を食べよう!」(未開催)
日時:未定
場所:国営みちのく杜の湖畔公園 南地区 湖畔のひろば(柴田郡川崎町小野二本松53-9、TEL0224-84-5991)

 仙南地域の特色ある料理やスイーツ、加工食品などを一堂に集めて販売する食の祭典。一昨年は9月6日に開催された。仙南シンケンファクトリーの仙南クラフトビールや同じ敷地内にあるビッセンのハム・ソーセージなども味わえた。昨年は開催されなかったようである。


日時:2017年9月10日(日)10:30〜14:00
場所:やくらい高原特設会場(加美郡加美町字味ケ袋薬莱原1-76)※雨天時は小野田文化会館(加美郡加美町中原南105)

 加美町産和牛の焼き肉が味わえるイベント。加美町の特産品を扱うブースも設置され、やくらいビールが飲める。加美町産牛肉、野菜、タレがセットになった当日券は2,500円、前売り券は2,000円、3名グループ券5,500円、6名グループ券10,000円である。(2017.8.30追加)


宮城県地ビールフェスティバル in 角田 2017(終了)
日時:2017年10月1日(日)10:00〜14:30
場所:仙南シンケンファクトリー(角田市角田字流197-4、TEL0224-61-1150) 中庭パティオ

 昨年は10月2日に開催され、宮城県内の4社の地ビール、やくらいビール、松島ビール、鳴子の風、仙南クラフトビールが一堂に会するイベントだったが、今年は仙南クラフトビールのみが飲めるイベントとなった。ただ、普段レストランでは提供していないビールなども提供するとのことである。
フードは中庭でピザなどの販売がされる他、レストランでの食事も可能である。(2017.9.24修正)


MARUVELO(マルベロ) a marumori(終了)
日時:2017年10月1日(日)10:00〜16:30
場所:齋理屋敷(伊具郡丸森町字町西25、TEL0224-72-6636)

 「自転車と旅とアート」をテーマとしたイベント「マルベロ」が丸森町で初開催された。マーケットブースには「アンバーロンド」も出店し、ヨーロッパのクラフトビールとドイツソーセージが味わえた。(2017.10.4追加)


屋外テントガーデンバーベQ
日時:2017年10月1日(日)〜11月30日(木)11:00〜14:00、17:00〜21:00(※夜は3日前までに要予約)
場所:仙南シンケンファクトリー(角田市角田字流197-4、TEL0224-61-1150)

 いつもビアガーデンを開催しているテントガーデンの修復が一部完了したことを受けて、バーベQが開催される。肩ロース、モモ肉、味付けホルモン、バラ肉、ソーセージなど400gの肉と野菜各種とおにぎりがついて、仙南クラフトビールのピルスナーの90分飲み放題がついて、料金は一人2,980円である。(2017.9.24追加)


第1回宮城地ビールフェス in 松島(終了)
日時:2017年10月14日(土)、15日(日)10:30〜15:00
場所:みちのく伊達政宗歴史館(宮城郡松島町松島字普賢堂13-13、TEL022-354-4131)

  宮城県の地ビール会社4社が、今年は日本三景松島に集結する。今年はまだ4社が一堂に会する機会が県内ではなかったので、貴重である。(2017.10.10追加)


日時:2017年10月28日(土)、29日(日)
場所:富谷市総合運動公園(富谷市一ノ関臑合山6-8)

 「スイーツのまち」として売り出し中の富谷市で昨年から開催されているイベント。富谷の旬の食材を使った期間限定の「とみやスイーツ」が食べられる他、県内外の様々なスイーツ店が出店する。「アンバーロンド」も出店し、ミッケラーのフルーツビール「スポンタン柚子」やホシヤマコーヒーとコラボした「グァテマラコーヒースタウト」が樽生で飲める。(2017.10.11追加)

日時:2017年11月4日(土)16:00〜20:00
場所:仙南シンケンファクトリー(角田氏角田字流197-4、TEL0224-61-1150)

 角田産梅のオリジナル梅酒、角田の地酒、そして仙南クラフトビールが一堂に会するイベント。当日は、これらの飲み比べに、角田産食材の料理が出て、交流会も催される。商品がもらえる利き酒競技会も行われる。参加費は5,000円である。(2017.11.1修正)


ガル屋大忘年会(未定)
日時:未定
場所:ガル屋beer(牡鹿郡女川町浦宿浜字十二神60-3-3)

 女川町にあるガル屋beerで毎年開催される忘年会。昨年はビール別途、軽食付き1,500円で、食べ物の持ち込みもOKであった。軽食は鍋であった。



福島県内

郡山で餃子を焼かnight!
(終了)
日時:2017年1月25日(水)17:00〜23:00
場所:居酒屋 しのや(郡山市駅前2-6-3、TEL024-983-0081)

 福島名物「円盤餃子」の名店「照井」とみちのく福島路ビールのコラボイベント。この日は照井の餃子が1人前と、しのやの通常の飲み放題プランにみちのく福島路ビール6種がプラスになって、一人1,980円というお得なセットで提供された。


アティ郡山「ツインビアガーデン」(終了)
1494674292日時:2017年5月19日(金)〜9月18日(月祝)月〜金17:00〜23:00、土日祝16:00〜23:00
場所:アティ郡山屋上(郡山市駅前1-16-7、TEL024-932-1104)※受付は8F

 郡山駅前のアティ郡山で開催される屋上ビアガーデン、今年は2店舗から選べる「ツインビアガーデン」となった。このうち、バーベキュースタイルで焼肉・ホルモン&ビュッフェ食べ放題の「焼肉ビアガーデン ビアビア」では、飲み放題A(1,980円)を選ぶと地ビールも飲み放題となる。サンクトガーレン、コエドブルワリー、常陸野ネストビール、さぬきビールなどが揃う。もう一つの「居酒屋しのや ビアテラス」では、通常1,500円の飲み放題にプラス500円で、4大メーカーのプレミアムビールも飲み放題となる他、福島路ビールも飲み放題となる。ただし、どちらのビアガーデンでも飲み放題のみではなく、料理とセットでの注文が必須である。(2017.6.30追加)


開成山球場イベント(未開催)
日時:未定
会場:郡山開成山球場

 楽天の福島での交流戦に合わせて昨年6月8日に開催されたイベント。みちのく福島路ビールと猪苗代地ビールが飲めた。今年はみちのく福島路ビールの出店はなかった。(2017.5.11修正)


第4回会津高原チロリアンフェスタ(終了)
日時:2017年6月17日(土)、18日(日)
場所:たかつえスキー場エリア(南会津郡南会津町高杖原535、TEL0241-78-2220)

 毎年会津高原たかつえのペンション村「チロリアンビレッジ」で行われる「チロリアンフェスタ」、その一環でドイツやチロル地方の民族衣装であるディアンドルのお祭りが、昨年は6月25日、26日に開催された。一昨年はチロリアングリルが1,000円で食べられ、レーベンブロイが樽生で飲めた。


ビアフェスふくしま 2017(終了)
日時:2017年7月14日(金)15:00〜20:00、15日(土)10:00〜20:00、16日(日)10:00〜20:00
場所:街なか広場(福島市本町1)

 福島の食材を使った料理と、日本と海外の地ビールが楽しめるイベント。昨年は7月15〜17日に開催され、90銘柄以上のビールが揃った。すべての銘柄1杯(340ml)500円であった。私が唯一、毎年飲む側ではなく、ボランティアとして飲んでもらう側に回るイベントでもある。(2017.6.7修正)


ビアフェスアフター(終了)
20228263_295858140882774_618256790718229082_n日時:2017年7月28日(金)15:00〜19:30
場所:中合1Fピロティ―(福島市栄町5-1)

 プレミアムフライデーに合わせて開催されるビアフェスふくしまのアフターイベント。西日本の地ビールが1杯500円で飲める他、ビアフェス特製ソーセージもある。(2017.7.28追加)
日時:2017年8月1日(火)〜31日(木)(※8月2日を除く)17:00〜21:00(20:30LO)
場所:ベルヴィ郡山館

 郡山市内の結婚式場ベルヴィ郡山館で開催されるビアホール。昨年は世界各国のビールが飲めたとのことである。今年の料理のテーマは「アジアン・インスパイヤード・キュイジーヌ」で、タイを中心に東南アジア各国をイメージした創作料理が味わえる。料金は5,000円である。(2017.7.18修正)


福島路ビールとしゃぶしゃぶの会(未定)
日時:未定
場所:すきやき しゃぶしゃぶ家 雫と響と私(福島市置賜町4-10船山ビル2F・3F、TEL024-522-5331)

 昨年7月23日に開催された、福島路ビールとしゃぶしゃぶが飲み食べ放題となるイベント。福島路ビールは定番商品に加えて、福島では非売品の限定商品も飲み放題となった。会費は5,000円で先着50名限定であった。


サマーフェスタ 2017<ビール祭>(終了)
04(1)_ページ_1日時:2017年7月19日(水)〜23日(日)平日17:00〜21:00、土日14:00〜21:00
場所:開成山公園 自由広場(郡山市開成1丁目5)

 郡山市で開催される大手メーカーのビールのみのイベントだが、今年で23回目を迎えるという歴史と、5,000人収容の会場規模は東北屈指である。例年通り今年も前売券2,000円、当日券2,500円で、入場料とビール引換券2枚と1,000円分の金券がつく。(2017.6.30修正)




第48回福島わらじまつり(終了)
日時:2017年8月4日(金)15:00〜21:00、5日(土)10:00〜21:00
場所:中合福島店(福島市栄町5-1)1Fピロティ

 福島わらじまつりの期間中、ビアフェスふくしまの実行委員会は中合のピロティにて、日本の地ビールや海外のビールを販売するとのことである。特製ウィンナーや福島ならではの桃100%のかき氷「ピーチクラッシュ」もあるそうである。(2017.8.3追加)


ぐるぐるめぐる交流フェスタ in あぶくま洞(終了)
日時:2017年8月19日(土)10:00〜17:00、20日(日)10:00〜16:00
場所:あぶくま洞特設広場(田村市滝根町菅谷東釜山1)

 その鍾乳石の数と美しさから、全国でも有数の鍾乳洞として知られる 「あぶくま洞」で開催される、県内外からご当地グルメ、名物グルメが大集結する食のイベント。今年も猪苗代地ビールが出店した他、川内村観光協会が出店し、「ソバガルデン」も飲めた。(2017.8.23修正)


BEER博 IWAKI '17(終了)
日時:2017年7月14日(金)16:00〜21:00、15日(土)・16日(日)12:00〜21:00、17日(月)12:00〜20:00
場所:磐城平城本丸跡地(いわき市平字旧城跡28番地)

 昨年9月2〜4日に初めて開催されたいわき市初のビールイベント。国内12醸造所の地ビールが飲めた。東北ではみちのく福島路ビール、猪苗代地ビール、いわて蔵ビールが飲めた。フードは地元の飲食店8店が出店して提供した。1ドリンク・1フードの入場チケットが前売り800円、当日1,000円であった。(2017.5.12修正)


食の祭典「おいしい ふくしま いただきます!」フェスティバル2017(終了)
日時:2017年9月9日(土)10:00〜17:00、10日(日)10:00〜16:00
場所:ビッグパレットふくしま(郡山市南2-52)

 福島県の豊かな農林水産物やそれらを活用した加工品、名物料理など福島ならではの「食の魅力」と「県産業農林水産物の安全性」の県内を始め全国への発信、風評被害払拭と消費拡大を目的とした県内最大級の「食の祭典」。猪苗代地ビールが今年も出店する。(2017.9.8修正)
日時:2017年10月22日(日)10:00〜16:00
場所:桑折町ふれあい公園(伊達郡桑折町大字上郡字弁慶20)

 東北六県と福島の隣接県である栃木・群馬の地元の食材を活かした「ご当地バーガー」が一堂に会するイベント。昨年まで宮城のやくらいビールも出店していたが、今年は出店者一覧にその名前が見当たらないようである。(2017.9.8修正)
日時:2017年11月3日(金祝)〜5日(日)11:00〜16:30
場所:福島さくら遊学舎(田村郡三春町大字鷹巣字瀬山213番地、TEL0247-61-6345)

 福島県内で10/1(日)〜11/26(日)まで「アニメ・マンガを中心とした、本気で遊ぶ文化祭」である「マジカル福島」が開催される。期間中、県内各地で様々なイベントが開催されるが、11/3(金祝)〜11/5(日)は三春町内の「福島さくら遊学舎」(昨年と会場が異なる)で「マジカルフェスティバル」が開催される。「ご当地屋台・企業出展ブース」も設けられ、福島県内、地元の名物などをそろえた飲食屋台が出店する。昨年は猪苗代ビールが出店したが、今年出店するかどうかは不明。入場料は11/3と11/5が2,000円、11/4が3,000円、3日通し券が5,000円である。(2017.11.1修正)



山形県内

BeerMeeting(未定)
日時:未定
場所:BeerStorage(山形市七日町2-7-30藤ビル1F、TEL023-625-2232)

 毎回、世界の様々なビールを楽しむイベント。珍しい銘柄が楽しめる。フードもついて会費は5,000円で、要予約である。前回は昨年11月5日に開催された。


(仮)クラフト・地ビールの会(終了)
日時:2017年2月22日(水)20:00〜22:00
場所:THE ARCHIGRAM British Pub & Cafe(ジ・アーキグラム・ブリティッシュ・パブ&カフェ)(山形市十日町2-1-35、TEL023-622-7570)

 海外のビールや地ビールなど、毎回テーマを決めて様々なビールが味わえるイベント。会費は2,500円である。Vol.7の開催が2月22日(水)に決定した。内容は未定である。(2017.2.15修正)


Beer Storage in CAFE Labo 米沢で世界の美味いビールを飲もう!(終了)
日時:2017年1月29日(日)16:00〜23:00
場所:Cafe Laboratory(米沢市中央3-10-23、TEL0238-21-7557)

 山形市のビアバー「BeerStorage」が米沢のCafe Laboratoryとコラボして開催するイベント。キャッシュオンデリバリーでBeerStorageおススメの樽生ビールが気軽に飲める。ビールに合うつまみも登場する予定である。


The Romp 2nd Anniversary Premium 3days
(終了)
17800406_876446419165019_6476014312072160097_n日時:2017年4月5日(水)〜7日(金)
場所:Publichouse & Charcoal The Romp(山形市霞町1-7-1藤田ビル2F、TEL023-674-6678)

 山形駅近くにあるブリティッシュパブ「The Romp」の周年イベント。3日間開催されるが、内容は各日とも異なり、初日はレーベンブロイとハードシードルが100円、2日目は瓶のクラフトビールが500円、最終日は飲み放題が1時間1,000円などとなっていた。(2017.4.13追加)

BeerFestival in BeerStorage
(終了)
日時:2017年4月29日(土)13:00〜23:00
場所:Beer Storage(山形市七日町2-7-30藤ビル1F、TEL023-625-2232)

 London亭で好評だったBeerFestivalがBeerStorageでも定期的に開催されている。毎回80種類と言いつつ、結局あれもこれもと加わって100種類ものビールが集まってしまうというイベントである。前売りで10枚券が3,500円、4枚券が1,500円、当日は5枚券が2,000円で、チケット1枚または2枚で約100mlビールが飲めるという、いろいろなビールがちょっとずつ味わえるスタイルである。(2017.4.10修正)


アイデンティ&将棋村 ビア・パーティー(未定)
日時:未定
場所:将棋むら天童タワー(天童市大字久野本1273-2)

 将棋むらブルワリー、果実むらブルワリーの名で地ビール(発泡酒)を醸造している将棋むら天童タワーで毎年夏と冬に行われているビア・パーティー。冬は例年2月だったが、昨年は3月3〜5日に開催された。料金は4,000円(要予約)で、地ビールが飲み放題の他、海の幸がメインの料理もつく。蕎麦の早食い大会も行われた。


FIESTA vol.09(終了)
日時:2017年6月25日(日)20:00〜
場所:一次会:欧州酒場DonDonTei(山形市香澄町1-7-6花笠ビル1F、TEL023-633-6833)、ROMP(山形市香澄町1-7-1藤田ビル2F、TEL023-674-6678)、二次会:CLUB RUSH(山形市香澄町 1-15-16ラテス一番館B1F、TEL090-2985-8553)

 山形市内の「欧州酒場DonDonTei」と「ROMP」と「CLUB RUSH」が合同で開催するイベント。vol.07はドリンクチケットが5枚つづり3,000円で1,000円分のフード付であったが、vol.08は前売り男性5,000円、女性4,000円で飲み放題であった。今回は3店舗出入り自由で3時間飲み放題となるようである。(2017.6.7修正)


Tip Top 2017(未開催)
日時:未定
場所:七日町御殿堰(山形市七日町2-7-6)

 山形市の中心部、七日町にある御殿堰を会場として昨年開催された、「プレミアムな空間での食のイベント」。昨年は5月8日に開催され、「本町金六」、「London亭」、「佐藤屋」の三店がコラボレーションした。昨年はLondon亭からシメイの樽生などベルギービールが複数開栓された他、プレミアムな肉料理の競演が行われた。参加者は「本町金六」か「London亭」にて予約が必要。参加費用は一人12,000円だった。


旭銀座のれん会 オクトーバーフェスト(終了)
3580_001日時:2017年6月17日(土)12:00〜16:00
場所:山形市七日町 シネマ通り(旧旭銀座通り)

 昨年から6月と10月の2回開催された山形市内のオクトーバーフェスト。8種類のドイツビールの樽生が飲める他、ソーセージやアイスバイン、生ウインナーが味わえる。また、旭銀座のれん会7店舗がフードメニューを販売する「一店逸品」コーナーも設けられる。今年も同日開催される「日本一さくらんぼ祭り」との共催である。(2017.5.8修正)




パレスグランデール・ビアパーティー(終了)
日時:2017年6月26日(月)〜29日(木)19:00〜
場所:パレスグランデール(山形市荒楯町1丁目17-40、TEL023-633-3313)

 毎年開催されているビアパーティーで、飲み放題の生ビールの中にはベルビュー・クリークなど海外のビールも加わる。料理もビュッフェスタイルで食べ放題である。エンターテイメントライブも開催される。料金は大人8,200円、20歳未満3,500円、小学生以下2,500円、3歳未満無料となっている。(2017.5.11修正)
日時:2017年7月4日(火)、5日(水)、7日(金)、11日(火)、12日(水)、14日(金)、16日(日)〜25日(火)、27日(木)、31日(月)、8月2日(水)、3日(木)、6日(日)〜8日(火)、10日(木)、13日(日)、14日(月)、18日(金)、19日(土)、21日(月)、23日(水)、24日(木)、28日(月)、30日(水)、31日(木)18:00〜21:00(日は17:30〜)
場所:ホテルリッチ&ガーデン酒田1Fスカンジナビア

 酒田市内のホテル、ホテルリッチ&ガーデン酒田で開催されるビアホール。前売4,500円、当日5,000円で、樽生6種類(キリンなど)が飲み放題、ビールに合うフードが食べ放題となる他、1杯100円で世界のクラフトビールも味わえる。(2017.6.22修正)


夏祭り!〜麦酒(ビア)パーティー/世界の祭典(終了)
日時:2017年7月19日(水)〜21日(金)
場所:仙渓園 月岡ホテル(上山市新湯1-33、TEL023-672-1212)

 毎年同ホテルで開催される夏祭り、今年のテーマは「麦酒で乾杯!」で、世界の料理とその国にちなんだ世界のビールが楽しめる。料金は税込10,000円(縁日ゲーム1回付き)で、宿泊は朝食付きで+5,500円である。山形駅西口からマイクロバス送迎もある(要事前予約)。(2017.6.22追加)


アイデンティ&将棋村 ビア・パーティー(未定)
日時:未定
場所:将棋むら天童タワー(天童市大字久野本1273-2)

 将棋むらブルワリー、果実むらブルワリーの名で地ビール(発泡酒)を醸造している将棋むら天童タワーで毎年7月と2月に行われているビア・パーティーの7月分。一昨年は7月23日〜25日に開催された。会費4,000円で地ビール、日本酒が飲み放題、豚しゃぶしゃぶがメインの料理がつく他、つまみとなる料理がバイキングで食べられる。事前の予約が必要である。


桜桃の花湯坊いちらくビアガーデン2017(終了)
日時:2017年7月17日(月祝)〜8月4日(金)18:00〜20:30
場所:湯坊いちらく 野外テラス(天童市鎌田本町2-2-21、TEL023-654-3311)

 敷地内に醸造所「天童ブルワリー」を持つ温泉ホテル「湯坊いちらく」で開催されるビアガーデン。2名以上の申し込みで、同ホテルの野外テラスを会場に焼肉と海鮮焼きがメインの料理6品に90分飲み放題がつく。飲み放題メニューの中に「天童ブルワリー」の聖桜坊(さくらんぼビール)、Mr.A(そばビール)、フランボワーズ(木苺ビール)が含まれる。温泉入浴付(タオル付)で1人3,800円だが、今年は宿泊(朝食付)プランの記載がない。(2017.7.3修正)


世界のビール祭!!(終了)
日時:2017年6月1日(木)〜7月31日(月)18:00〜23:00
場所:タスパークホテル 9F「BAR 誰主?君主!」(長井市館町北6-27、TEL0238-88-1833)

 長井市にあるタスパークホテル9Fの「BAR 誰主?君主!(「タスクス」と読む)」で毎年ビールイベントが開催されるが、今年は世界15か国以上の個性ある27種類のビールが売り切れ御免で飲めるとのことである。(2017.6.22修正)


山形花笠まつり(終了)
日時:2017年8月5日(土)〜7日(月)
場所:のし梅本舗佐藤屋本町店前(山形市本町2-4-62、TEL023-622-2433)

 山形花笠まつりの期間中、のし梅本舗佐藤屋本町店前に「Beer Storage」が出店する。期間限定ののし梅ビアカクテルも登場するとのことである。また、みずほ銀行山形支店の南隣奥には「Rough roLL」が出店している。(2017.8.5修正)


蔵王龍岩祭2017(終了)
日時:2017年8月25日(金)〜27日(日)
場所:蔵王温泉スキー場 上ノ台エリア特設会場(山形市蔵王温泉上の台18、TEL023-694-9417 )

 蔵王温泉にて毎年開催されている東北最大級の入場無料の野外音楽祭。今年で12年目を迎えるが、今年で最終回とのことである。オフィシャルバーを始め、生ビール大権現(みちくさ堂隣)、ムーンバー、キャバレー黒薔薇、やまだい農園で地ビールが樽生、ボトルで飲める。(2017.8.24追加)


オクトーバーフェストin中山
(終了)
日時:2017年9月16日(土)14:00〜20:00
場所:ひまわり温泉ゆ・ら・ら前交流広場

 オクトーバーフェストが中山町で初開催された。国内外のビール4種や中山町の日本酒・ワインが販売された。「子ども縁日コーナー」や、一時間に一回行う「カウントダウン乾杯」などのイベントが開催されたそうである。ビール4種の飲み比べとおつまみがセットになった前売り券が1枚1,000円で販売された。(2017.9.24追加)
 

旭銀座のれん会 オクトーバーフェスト(未定)
日時:未定
場所:山形市七日町 シネマ通り(旧旭銀座通り)

 昨年から6月と10月の年2回開催されるようになった山形市内のオクトーバーフェスト。8種類の樽生ドイツビールが飲め、ドイツフードに加えて、旭銀座のれん会加盟店の自慢の一店逸品も味わえる。昨年は10月8日に開催された。


まるごと西川 三山祭り(終了)
日時:2017年10月8日(日)10:00〜
場所:西川小学校前特設会場(西村山郡西川町大字海味1234、TEL0237-74-4119)

 1974年に廃線になった三山電車をモチーフにしたイベント。今年の内容は未定だが、昨年は当日会場で「三酒(地酒・地ワイン・地ビール」が開催され、地元の「地ビール月山」が飲め、町内外のうまいものを集めた「うまいものフェス in 西川」も同時開催された。地酒・地ワイン・地ビール等と引き換えられるドリンク券4枚とフードブースで使用できる100円券が2枚ついた前売りチケットは1,000円(当日1,300円)。当日はJR羽前高松駅から会場まで無料シャトルバスも運行された。(2017.9.8修正)


第9回オクトーバーフェスト in 東北ハム(終了)
日時:2017年10月8日(日)
場所:東北ハム駐車場(鶴岡市宝田3-6-58鶴岡東工業団地内、TEL0235-28-0086)

 鶴岡市にある東北ハムが主催のオクトーバーフェスト。自慢のウィンナー、フランク、ベーコン、ハム、ソーセージが食べられる他、ドイツビールも飲める。不揃い品即売会やウィンナー詰め放題、ウィンナー教室、大抽選会なども催される。…って、見たら終わってた。開催の3日前にホームページに案内が掲載されたようだが、それではちょっと…。(2017.10.13修正)


第4回山形ビッグウィングフェスティバル(終了)
日時:2017年11月18日(土)、19日(日)10:00〜16:00
場所:山形ビッグウィング(山形市平久保100、TEL023-635-3100)

 村山地域7市7町のうまいものフェアを中心としたイベント。「山形市伝統的工芸品まつり」と「みちのくこけしまつり」も併催される。西川町からは他の特産品と共に地ビール月山が登場する。(2017.11.1修正)



岩手県内

ARIV北上店ビール会

日時:2017年12月19日(火)19:00〜
場所:ARIV(アリーブ)北上店(北上市大通り1-3-27入山北ビル1F、TEL0197-61-0484)

 北上駅前にある地ビールが飲めるビアダイニング、ARIV北上店で毎月開催されているビールイベント。会費は税込4,000円である。今回のテーマは食材は「1年の総集編」となっているが、詳しい内容は不明。(2017.12.11修正)


ARIV盛岡店ビール会 (終了)
日時:2017年11月17日(金)19:00〜21:00
場所:ARIV(アリーブ)盛岡店(盛岡市大通3-3-18 ホテル東日本B1、TEL019-621-4055)

 ホテル東日本の地下にあるARIVの盛岡店でも時々ビール会が開催されている。11月のテーマは「秋の収穫祭」とのことだが、詳細は現段階で未定である。(2017.10.10修正)


ニモクビール会
日時:毎月第2木曜日19:30〜
場所:ヌッフ・デュ・パプ(盛岡市大通2-4-22サンライズタウン4F、TEL019-651-5050)

 月1回毎週第2木曜日に開催される、ベアレンのビールと世界のビールを楽しむ気軽な会。会費は4,000円である。


材木町ビール会
日時:毎月第4木曜日19:00〜
場所:ビアパブベアレン材木町(盛岡市材木町7-31、TEL・FAX019-626-2771)

 毎月第4木曜日に開催されている、テーマに合わせたベアレンビールと料理を楽しむ会。会費は3,500円である。


中ノ橋ビール会
日時:毎月第1火曜日19:00〜
場所:ビアバーベアレン中ノ橋(盛岡市中ノ橋通1-1-21、TEL・FAX019-651-6555)

 毎月第1火曜日に開催される、ビール初心者からエキスパートまで幅広く楽しめるベアレンのビール会。会費は4,000円である。


菜園ビール会
日時:毎月第3水曜日19:30〜
場所:クッチーナ(盛岡市菜園一丁目5-10グリムハウス1F、TEL019-606-0171)

 毎月1回第3水曜日に開催される、初心者のためのベアレンのビールと世界のビール、旬の食材を使った料理を楽しむ会。会費は3,500円である。


ベアレン新年会(終了)
日時:2017年1月4日(水)18:00〜22:00
場所:ビア&ヴルストベアレン、ビアバーベアレン中ノ橋、ビアパブベアレン材木町、菜園クッチーナ

 予約不要でベアレン4店を巡って最初の店で会費2,000円を払うと他店でも飲み放題となるという形式であった。


ベアレン冬のビール祭り in ななっく(終了)
winterfes_kanban日時:2016年1月29日(土)17:00〜20:00
場所:ななっく地下フードテラス(盛岡市中ノ橋通1-6-8、TEL019-625-1800)

 ななっく(旧中三)の地下フードテラスで一昨年、昨年に続き、ベアレン飲み放題のイベントが開催される。ベアレンビール飲み放題付きのチケットが2,000円で、つまみはフードテラスの店舗で購入するというスタイルである。





トリワケンナイト@ベアレン(終了)
toriwakentei_baren-730x1024日時:2017年2月10日(土)19:00〜21:00
場所:ビアバーベアレン中ノ橋(盛岡市中ノ橋通1-1-21、)

 「トリワケとは、究極のコミュニケーション術!」との合言葉の下、トリワケ術を楽しみながら学ぶイベントがビアバーベアレン中ノ橋で開催される。会費はベアレンビール、料理込みで3,000円である。






もりおか雪あかり2017(終了)
日時:2016年2月9日(木)〜11日(土祝)16:00〜20:00
場所:盛岡歴史文化館前(盛岡城跡公園)

 盛岡市内の冬のイベント「もりおか雪あかり」。昨年はその一環として開催された「もりおか屋台村」でベアレンビールが樽生で飲める他、南部美人の燗酒、くずまきワインのホットワインも飲めた。飲み放題コース2,000円もあった。今年もベアレンビールが出店した。


ベアレンビール飲み放題イベント(未定)
日時:未定
場所:Cafe & Bar Reposer(ルポゼ)(大船渡市立根町字岩脇4-6、TEL0192-26-7488)

 三陸沿岸の大船渡市にある、北海道直伝のスープカレーが人気のカフェバー・ルポゼでベアレンビール飲み放題のイベントが昨年2月12日に開催された。ベアレンビールが樽生で4種飲み放題で食事がついて会費は3,500円であった。7月8日にも開催された。


まさかの真冬のビール祭り(いわて蔵ビール周年祭り)(終了)
16300504_968936193238302_4233737338374812134_o日時:2017年2月25日(土)11:00〜16:00、26日(日)11:00〜15:00
場所:世嬉の一酒造(岩手県一関市田村町5-42、TEL0191-21-1144 )

 手描きのパンフレットが新鮮な、いわて蔵ビールの冬のビールイベント。ドリンクコーナーでは周年祭限定オリジナルビールが登場する他、いわて蔵ビールが6種類以上飲める。フードコーナーでは一関ミートのソーセージやアイスバイン、おつまみや餅が登場する。各日先着50名にオリジナルグラスのプレゼントもある。他にも大オークション大会、大人用?ガシャポン、顔出し看板、牡蠣の蒸し焼き、足湯コーナー、陶芸教室、手づくりおもちゃ工作など、イベント目白押しである。前売りチケットは500円チケット5枚で2,000円である。


決算在庫一掃!がっつりビールパーティ(終了)
日時:2017年3月2日(木)19:00〜21:30LO
場所:クッチーナ(盛岡市菜園1-5-10、TEL019-606-0171)

 ベアレンのビールや世界のビールが全部で50種類以上飲み放題となる「年に一度の大盤振る舞いイベント」。参加費3,000円でベアレンと世界のビール合わせて50種類以上がセルフで飲み放題となる他、料理はビュッフェ方式で「ほぼ食べ放題」の立食形式のイベントである。申し込み不要だが、満席の際は入れない可能性があるとのこと。(2017.2.23追加)


ベアレンビールを楽しむ会 in かき小屋(終了)
16707359_1091150474344272_7417208169691496540_o日時:2017年3月10日(金)18:30〜20:30
場所:山田かき小屋(下閉伊郡山田町船越9-270)

 一人4,000円でベアレンビールが飲み放題となるイベント。蒸し牡蠣、おにぎり、付け合わせが付き、またつまみなどの持ち込みも可。先着50名限定で、今年も3月10日の開催が決まった。(2017.2.14修正)






銀河高原ビールの会(終了)
2日時:2017年3月12日(日)15:00〜
場所:ホテル森の風 沢内銀河高原(和賀郡西和賀町沢内字貝沢3-647-1、TEL0197-85-5311)

 銀河高原ビール醸造所に隣接しているホテル森の風 沢内銀河高原ではこの日、15:00からのチェックイン後、18:00まで最大3時間、ロビーラウンジにて工場直送の銀河高原ビールが飲み放題となる。さらに夕食時にも60分飲み放題がつき、実に合計最大4時間銀河高原ビールが飲み放題となる。他では味わえない「限定ビール」も登場するそうである。2名以上からで料金は一泊二食付きで11,880円である。盛岡駅からホテルまでの無料送迎もある。(2017.1.30追加)

紫波春マルシェ@日詰(終了)
17854767_400691213620129_6177464345263234404_o
日時:2017年4月22日(土)11:00〜19:00
場所:東裏公園(紫波郡紫波町日詰字東浦83)

 飲食やクラフトの出店の他、ヨガ、音楽ライブ、焚火、読み聞かせ、キャンドルツリーなど多彩な内容からなるイベント。会場には盛岡のビアバー「CRAFTBEER HOPPERS」も出店し、このイベントのために仕込んだという「紫波の小麦エール」他、3種類のクラフトビールが飲める。(2017.4.13追加)



東京ビアウィーク2017 in 岩手〜いわて蔵ビール TAP TAKE OVER〜(未開催)
日時:未定
場所:CRAFTBEER HOPPERS(盛岡市開運橋通1-3、TEL019-613-8871)

 昨年4月19日、「東京ビアウィーク2016」の連動イベントとして、CRAFTBEER HOPPERSの10のタップがいわて蔵ビールに占拠されるという趣旨で開催された。10種類のビールに加え、「お楽しみ」1種がオンタップされ、佐藤社長、後藤工場長の二人が来店した。予約制で、会費は2,000円、料理はビュッフェスタイル、フードの持ち込みも可で、ビールは別途キャッシュオンであった。今年は関連イベントは開催されなかった。


ベアレンビールスプリングフェスト
(終了)

E382B9E38397E383AAE383B3E382B0日時:2017年5月3日(水)〜6日(土)
場所:ベアレン醸造所敷地内特設会場(北山工場前)(盛岡市北山1-3-31、TEL019-606-0766)

 2,400円の前売りチケットを買うと(当日券はない)、ベアレン醸造所の敷地内でベアレンビールが1日飲み放題となるイベントである。チケットは各日400枚限定である。盛岡駅前からシャトルバスも運行するが(片道200円)、今年は最終日のみ運行がないので要注意である。(2017.4.10修正)



ベアレンビアフェスタ in 野田村 2017
(終了)
noda-ticket2017-02日時:2017年5月14日(日)11:00〜16:00
場所:愛宕参道広場(九戸郡野田村大字野田(愛宕町地区))

 前売りチケット2,000円、当日入場チケット3,000円でベアレンビールが飲み放題となるイベント。昨年は野田村産の山葡萄を使った山葡萄ラードラーも樽生で飲めた。フードコーナーには地元の7店が出店した。プラカップなどは会場に用意していないので、マイグラスの持参が必要である。当日は、盛岡市と野田村の会場を往復するバスも用意され、チケット代+2,000円で利用できる。(2017.5.1修正)



白金豚とベアレンビールを楽しむ会inポパイ2017(終了)
日時:2017年6月30日(金)19:00〜21:00
場所:レストランポパイ駐車場(花巻市若葉町3-11-17、TEL0198-23-4977)

 花巻市にある白金豚の直営店レストランポパイで開催されるイベント。ベアレンビール飲み放題に、今年は白金豚がビュッフェとなる。完全前売りチケット制で4,000円(50枚限定)である。(2017.6.13修正)


日帰りKenji号で過ごすプレミアムな時間
(終了)
3573_001日時:2017年5月26日(金)16:50頃発
場所:盛岡駅発着

 団体専用列車Kenji号で16:50頃盛岡駅を出発し、水沢駅折り返しで19:09頃に盛岡駅着となるイベント。社内では樽生ベアレンビールが飲み放題となる他、弁当と缶ビール1缶も付く。代金は4,800円で、事前にびゅうプラザでの申し込みが必要である。(2017.5.1追加)




おやじのソゴヂガラin陸前高田(未開催)
日時:未定
場所:箱根山テラス(陸前高田市小友町字茗荷1-232、TEL0192-22-7088)

 岩手県内で活動するミュージシャンが集結する三陸沿岸応援音楽イベント。昨年は5月29日に開催された。当日は飲食ブースも設けられ、ベアレンビールが出店した。盛岡と会場を結ぶ往復バスも運行された。


第9回食楽まつり(終了)
日時:2017年6月3日(土)、4日(日)
場所:食楽日和(盛岡市中ノ橋通1-8-2、TEL019-622-2580)

 浅沼醤油店の直営店「食楽日和」(くらびより)で年1回開催されるイベント。昨年は6月4、5日に開催され、みそ詰め放題や醤油仕込体験、搾りたて生醤油実演販売などが行われた他、会場の「うまいもの広場」にベアレンビールが出店した。


BEER TERRACE(未定)
日時:未定
場所:クロステラス盛岡屋上(盛岡市大通3-4-1、TEL019-626-5911)

 昨年6月5日、くずまきワインとベアレンビールと南部美人でつくる「くべな会」が盛岡市内のクロステラス盛岡で開催されるイベントに出店した。プロレスを観戦しながら、ビアガーデンで樽生ビールを、という趣向だった。


やまだチャンポン笑(ショー)(未開催)
日時:未定
場所: 山田町中央公民館 小ホール(山田町八幡町3-20)

 山田町のまちおこし団体「やまだ夢プロジェクト」が3年前から開催している、ベアレンビール、くずまきワイン、浜千鳥を文字通り(?)チャンポンで飲み放題で楽しめるイベント。昨年は6月18日に開催され、ベアレンビールは2種類味わえた。山田町内の飲食店のオードブル、おつまみ付きで4,000円であった。


第7回Moriokaワインフェスティバル2017(終了)
winefes2017-1日時:2017年6月18日(日)1部12:00〜15:00、2部16:00〜19:00
場所:ホテルニューカリーナ2F(盛岡市菜園2−3−7、TEL019-625-2222)

 岩手ワイン6社、輸入ワイン20社のワインが味わえるイベント。会場には今年もベアレンビールも出店し、ワインだけでなく樽生ビールも味わえる。今年から完全入替の2部制となった。(2017.5.1修正)






ズモナビールさん&肉フェスタ&レジュイールさん Vol.1「銘豚特集」! in ARIV morioka(終了)
2017_06_23_niku_fest日時:2017年6月23日(金)19:00〜21:00
場所:ARIV盛岡店(盛岡市大通り3-3-18ホテル東日本B1F、TEL019-621-4055)

ARIV盛岡店で開催されることになった肉フェスタで、第1回は「銘豚特集」として、白金豚、佐助豚、岩中豚など、様々な銘豚のいろいろな部位を食べ比べるという趣旨である。盛岡市前潟の人気パン屋「レジュイール」のパンが食べられ、さらに遠野のズモナビールが飲み放題である。会費は4,000円である。(2017.6.13追加)




第11回ちゃぶ台返し世界大会(終了)
日時:2017年6月17日(土)13:00〜
場所:ショッピングモールアルコ(紫波郡矢巾町南矢幅7-425-3、TEL019-697-1155)

 その名の通り、ちゃぶ台をひっくり返すイベント。パフォーマンスと飛距離で優勝を争う。昨年は6月25日に開催され、会場にベアレンビールが出店した。


ベアレンビール列車(南リアス線)(未定)
日時:未定 18:30盛駅発
場所:三陸鉄道盛駅(大船渡市盛町東町裏16)発着

 三陸鉄道の列車で行われるイベント。18:30に三陸鉄道盛駅を出発し、20:42に戻ってくるまでの間、ベアレンビールが飲み放題である他、食事も付いた。参加料は4,500円で要事前予約、先着40名限定であった。11月12日にも運行された。


ビアホール 2017(終了)
2db9656f247276d6b88e41d5dfd76d25日時:2017年6月27日(火)〜9月8日(金)18:00〜21:00※日・月・祝、8/11〜15は休み
場所:ホテル東日本盛岡(盛岡市大通3-3-18)

 毎年恒例となったホテル東日本盛岡のビアホール。3時間飲み食べ放題で、飲み放題のメニューの中には、今年も銀河高原ビールのヴァイツェンの樽生がある。今年は牛タン陶板焼き、杜仲茶ポークの蒸ししゃぶ、馬刺しが期間限定の肉料理として登場し、他にも、前沢牛のソテー、お刺身三種盛り、ラム陶板焼き、海老チリ、ビーフシチュー、イタリア産生ハムのカプレーゼ、クロカンブッシュなどの限定料理が日替わりで登場する(チケットの半券で一人一品選べ、別途料金にて追加注文も可)。前売りチケットは4,500円、当日券は4,800円である。(2017.6.13修正)


ベアレンビール祭り IN ふだい 2017(終了)
日時:2017年6月25日(日)11:00〜16:00
場所:まついそ公園(下閉伊郡普代村堀内、三陸鉄道堀内駅より徒歩5分)

 今年で4回目のベアレンのイベント。チケット2,000円でベアレンのビールが飲み放題である。地元普代村から海の幸などのフードコーナーも多数出店し、+2,000円の料金で盛岡駅前からの往復送迎バスも出る。昨年は7月17日に開催予定だったが、雨天だったため中止となった。代わりに9月3日(土)の「普代まつり」にベアレンが出店した。(2017.5.19修正)


ベアレンビール & くずまきワインフェスタ in くずまき高原牧場(終了)
日時:2017年7月2日(日)11:00〜16:00
場所:くずまき高原牧場(岩手郡葛巻町葛巻40-57-176) くずまき交流館プラトー付近

 今年で5回目となるくずまき高原牧場とベアレンビールがコラボして開催するビールとワインのイベント。前売チケット2,000円、当日チケット2,500円で、ベアレンビールとくずまきワインが飲み放題である。別料金になるが各種おつまみや食事を販売するフードコーナーも出店する。+1,500円で盛岡駅からの送迎もある。(2017.5.19修正)


ベアレンビアフェスト in 衣里 2017(終了)
日時:2017年7月16日(日)11:00〜15:00
場所:長者ヶ原廃寺跡(奥州市衣川区田中西38)特設会場

 「1000年前の遺跡でビールを飲もう!」という趣旨で昨年7月23日に初開催された、ベアレンビールが飲み放題となるイベント。前売りチケットは120枚限定で2,000円だった(当日2,500円)。地元店4店がフードコーナーに出店し、当日はガイドの会による特別解説会も同時開催された。


沢内銀河高原ビールまつり(終了)
19601160_1571671992845756_8258494559170685012_n日時:2017年7月23日(日)10:00〜15:00
場所:ホテル森の風 沢内銀河高原(和賀郡西和賀町沢内字貝沢第3地割647-1、TEL0197-85-5311)特設会場

 銀河高原ビールの醸造所に隣接するホテル森の風 沢内銀河高原を会場に行われる銀河高原ビールのイベント。先着200名に出来立ての銀河高原ビールが無料サービスされる他、当日限り銀河高原ビールが1杯300円となる。また、全長30mの銀河高原流しそば、各種ライヴなど多彩なイベントが行われる。当日は盛岡駅から会場までの無料送迎バスも出る(要申込)。(2017.7.11修正)




盛岡さんさ踊り(終了)
日時:2017年8月1日(火)〜4日(金)15:00〜21:00
場所:もりおか歴史文化館前(盛岡市内丸1-50)マチナカ屋台村他

 岩手を代表する夏祭り「盛岡さんさ踊り」の期間中、もりおか歴史文化館前の「マチナカ屋台村」でベアレンビールが数種類樽生で飲める。他に、桜山の吉本酒店前、よしだ屋、北ホテル前などでもベアレンビールが飲める。(2017.8.3修正)


オガール祭りビアフェスト(終了)
日時:2017年8月2日(水)〜4日(金) 16:00〜21:00、5日(土)11:00〜21:00、6日(日)11:00〜16:00
場所:紫波中央駅前オガール広場(紫波郡紫波町紫波中央駅前2-3-3)

 オガール祭りの期間中、オガール広場に巨大テントが設営され、オクトーバーフェストのような雰囲気のビアフェストが開催され、ベアレンビールが樽生で飲める。(2017.8.3修正)


盛岡七夕祭り(終了)

日時:2016年8月4日(金)〜7日(月)
場所:肴町アーケード(鍵屋前、平金商店本店)

 盛岡七夕祭り会場でもベアレンビールが飲める。今年も鍵屋前(中ノ橋通りから入ってすぐ右側)、平金本店(ホームセンター前、建物内1階、椅子あり)の2箇所である。(2017.8.3修正)


ハーベストレストラン2017
(終了)
日時:2017年8月5日(土)、6日(日)
場所:岩手山焼走り国際交流村(八幡平市平笠24地割728、TEL0195-76-2013)

 「収穫×体験×ふれあい×レストラン×ランチ」がコンセプトの、今年で5回目を迎える「いわてのうまい!」を一緒に味わおうと始まった食のアウトドアフェス。夕食時にはベアレンビール他、くずまきワインや鷲の尾などが飲める。基本的に宿泊が前提のイベントだが、スペシャルランチのみの参加も可能(2,000円)。ここでもベアレンが飲める。(2017.7.28修正)


ベアレンビール列車 IN 宮古
(終了)
日時:2017年8月9日(水) 18:35宮古発〜20:50宮古着
場所:三陸鉄道北リアス線宮古駅発着

 ベアレンビール各種が列車内で飲み放題となるイベント。「おつまみセット」と宮古市田老・善助屋食堂の名物「ミニどんこのからあげ丼」も提供される。景品付きのビンゴ大会も行われる。宮古発着は初開催である。前売りチケットは4,000円である。(2017.7.28追加)


ベアレン山の日ビアフェスタ IN 都南つどいの森
(終了)
日時:2017年8月11日(金祝)10:00〜14:00
場所:都南つどいの森(盛岡市湯沢1地割88番地)第二駐車場

 詳細は今のところ未定。「山の日」に開催されるという点では下の「くべな会」と同じなので、今年はこちらのみの開催となるのかもしれない。分かり次第追記。(2017.7.18追加)


第20回全国地ビールフェスティバル in 一関(終了)
日時:2017年8月18日(金)16:00〜20:00、19(土)11:00〜20:00、20日(日)11:00〜18:00
場所:一関文化センター前広場(一関市大手町2-16)

 全国各地の地ビールが一堂に会する、東北のビールイベントの中でも一大イベントである。今年で20回目と、東北のビールイベントでは郡山の「ビール祭」に次ぐ歴史を誇る。昨年は全国80社のビールが集まった。昨年から前売りチケットは6枚綴り2,000円、当日チケットは5枚綴り2,000円で、大サイズ(420ml)はチケット2枚、小サイズ(200cc)はチケット1枚と交換という形となった。おつまみ購入の金券としても使えた。今年は8月18〜20日の開催が決定し、全国100社のビールが集まるそうである。(2017.5.25修正)


ベアレンクロール(終了)
日時:2017年8月19日(土)15:00〜21:00
場所:ビアパブベアレン材木町、ビアバーベアレン中ノ橋、ビア&ヴルストベアレン(盛岡駅内)、クッチーナ(菜園)、MOSSビル前広場

 昨年6月1日に初開催されたベアレン直営、ベアレングループの4店を一気に巡り、「はしご酒」を楽しむイベント。前売りチケットは3,500円で、各店でベアレンの樽生ビール(ジョッキかグラス)と厳選おつまみ1品が提供された。今回はMOSSビル前広場で開催中のビアガーデンも含めて5か所を巡れる。(2017.8.6修正)



ベアレン工場前1日限りのキャンプサイト(未開催)
日時:未定
場所:ベアレン醸造所前(盛岡市北山1-3-31、TEL019-606-0766)

 ベアレン工場前敷地を開放して、持ち込み自由でベアレンビール飲み放題を楽しむイベント。前売りチケット1,500円でベアレンビールが飲み放題となる。椅子、テーブル、テントなどの用意はなく、全て自前で持ち込む必要があるが、火器OK、食材などの持ち込みもOKである。昨年は8月21日に開催されたが今年は開催されなかった。
日時:2017年8月26日(土)11:30〜16:30
場所:金ヶ崎駅前イベント広場

 今年で5回目となる、前売りチケット2,100円、当日チケット3,000円でベアレンビールが飲み放題となるイベント。昨年は8月27日に開催された。別料金となるが、フードコーナーには今年も地元からの出店がある。(2017.7.28修正)


山形村短角牛バーベキュー&ベアレンビールフェス IN 久慈(終了)
日時:2017年8月27日(日)12:00〜17:00
場所:久慈市中町イベント広場(久慈市中町1丁目67)

 山形村短角牛のバーベキューが味わえるイベント。山形短角牛バーベキューチケットが2,000円、ベアレンビール飲み放題チケットが2,000円、セットで500円引きとなる。セットチケットを購入すると、盛岡から無料シャトルバスが利用できる。(2017.7.28修正)


遠野ホップ収穫祭2017(終了)
日時:2017年8月26日(土)、27日(日)11:00〜21:00
場所:遠野蔵の道ひろば 特設会場(岩手県遠野市中央通り4-28)

 遠野産ホップと畑の恵みの収穫を祝う、ビールと食の祭典。 遠野産ホップを使ったキリン一番搾りや、遠野産果汁を使用した一番搾りフローズンの他、遠野ZUMONAビールの上閉伊酒造の遠野産ホップ収穫祭オリジナル限定ビールも飲める。フードブースでは、「遠野パドロン」や「遠野ビアフライトソーセージ」など、岩手の旬の食材を使った料理が楽しめる。ホップ畑見学バスツアーも開催される。


世界のビール祭り(終了)
日時:2017年8月31日(木)まで
場所:ファミリー居酒屋 義経(北上市九年橋3-8-20、TEL0197-63-8051)

 北上市の居酒屋 義経が12周年記念で開催しているイベント。ヒューガルデンやギネススタウトなど、世界のビール8種類が飲める。8月末までの開催である。(2017.8.27追加)


ベアレンビアフェスタ IN おおのキャンパス(終了)
日時:2017年9月9日(土)11:00〜16:00
場所:おおのキャンパス内特設会場(九戸郡洋野町大野58-12-30)

 ベアレンビールが飲み放題となるイベント。道の駅、産業デザインセンターなどからなる複合施設「おおのキャンパス」内に特設会場が設けられる。別料金となるが、洋野町の肉を使ったBBQも楽しめる。前売りチケットは2,000円(当日2,500円)で、要ジョッキ持参である。(2017.8.29追加)


日時:2017年9月10日(日)11:00〜16:00
場所:オガール広場(JR紫波中央駅より徒歩5分)

 ベアレンビールが飲み放題となるイベント。別料金となるが、地元飲食店などのフードコーナーもある。前売りチケットは2,000円(当日2,500円)で、要ジョッキ持参である。(2017.8.29追加)


ベアレンビアフェスト in キャッセン大船渡(終了)
日時:2017年9月23日(土)12:00〜16:00
場所:キャッセン大船渡(大船渡市大船渡町野々田10-3)

 ベアレンビールが飲み放題となるイベント。JR大船渡駅前の商業施設キャッセン大船渡が会場で、キャッセンの飲食店によるフードコーナーもある。前売りチケットは2,000円(当日3,000円)で、要ジョッキ持参である。(2017.8.29追加)


じぇじぇじぇマルシェ(未定)
日時:未定
場所:もりおか歴史文化館特設会場(盛岡城跡公園内)

 昨年9月17日〜19日に開催された、岩手・静岡・大阪の「うまいもん」が集まるイベント。3県のご当地グルメに加えて、銀河高原ビール、いわて蔵ビール、ズモナビールがそれぞれ樽生で飲めた。


ベアレンオクトーバーフェスト2017(終了)
日時:2017年9月15日(金)〜18日(月祝)11:00〜16:00
場所:ベアレン醸造所敷地内特設会場(北山工場前)(盛岡市北山1-3-31、TEL019-606-0766)

 岩手県内各地でイベントを開催するベアレンビールでも最大のイベントがこのオクトーバーフェスト。チケット購入でベアレンビールが飲み放題である他、地元飲食店も出店し、フードメニューも充実している。完全前売り制とで当日券はない。前売りチケットは15日分が2,500円、16〜18日分が3,000円で、各日400枚限定である。(2017.8.29修正)


白金豚とベアレンビールを思いっきり楽しむ会(終了)
日時:2017年9月30日(土) 16:00〜19:00
場所:花巻ポパイ

 白金豚直営店「ポパイ」で開催されるベアレンビール飲み放題のイベント。前売りチケットは3,000円で、ベアレン飲み放題と1,000円分の食事券が含まれる。(2017.9.24追加)


FRESH HOP FEST(フレッシュホップフェスト) 2017 in 蔵の道ひろば(終了)
日時:2017年10月7日(土)
場所:蔵の道ひろば 特設会場(遠野市中央通り4地内)

 毎年10月第一土曜日に、その年に収穫した国産ホップでつくったビールを解禁!という趣旨で一昨年が初開催となったイベント。昨年は10月8日に東京都内と遠野市の2会場でイベントが開催されたが、遠野では12時の解禁に合わせて遠野産ホップの樽開けセレモニーが行われた。今年も遠野市産業まつりの一環として10月7日(土)に開催された。(2017.10.10修正)
日時:2017年10月8日(日)、9日(月祝)11:00〜16:00
場所:盛岡ふれあい覆馬場プラザ(盛岡市青山二丁目6-8)

 今年で6回目となるイベント。ビールジョッキは持参する必要があるが、前売り2,300円、当日3,500円でベアレンビールが飲み放題である。(2017.9.8修正)


日時:2017年10月19日(木)〜21日(土)
場所:ARIV(アリーブ)北上店(北上市大通り1-3-27入山北ビル1F、TEL0197-61-0484)

 昨年は開催されなかったARIV北上店でのオクトーバーフェスト、今年は開催される。今年は盛岡のベアレンビールを5種類楽しめるイベントとして開催されるようである。来店者全員が引けて豪華景品が当たるくじ引きも準備しているとのことである。(2017.10.10追加)


第2回在庫一掃!がっつりビールパーティ(終了)
日時:2017年10月31日(火)18:00〜21:00
場所:ビアバーベアレン中ノ橋

 申し込み不要、参加費3,500円で、ベアレンと世界のビール50種類以上がセルフで飲み放題となるイベント。なお、ハロウィンの仮装をしてきた人は3,000円とのことである。
料理はビュッフェ方式でほぼ食べ放題、立食形式だが満席の際は入れない可能性があるとのことである。(2017.10.23追加)


ニッポンめんサミット in 盛岡(未定)
日時:未定
場所:もりおか歴史文化館前広場・芝生広場(盛岡市内丸1-50、TEL019-681-2100)

 全国各地の有名店の麺が味わえるイベント。メイン会場の「岩手県グルメ屋台スペース」にはベアレンビールが出店し、麺と一緒にビールも楽しめた。昨年は11月3〜6日に開催された。


国華&ズモナ号 in 三陸鉄道南リアス線(終了)
日時:2017年11月22日(水)
場所:三陸鉄道盛駅18:30発

 レトロ調車両2両で盛駅を18:30に発車し、釜石駅で折り返して盛駅まで戻ってくる企画。盛駅着は20:42である。参加費4,000円で上閉伊酒造が誇る地酒と遠野麦酒ズモナが食事付きで飲める。(2017.11.1追加)


三鉄ベアレンビール列車(北リアス線)(終了)
日時:2017年11月23日(水祝)
場所:三陸鉄道北リアス線久慈駅13:10発

 今年も11月23日に北リアス線でもベアレンビール列車が運行される。今年も13:10久慈駅発で、田野畑まで行って久慈駅15:30着である。レトロ列車2両が走り、三陸の風景を楽しみながら、おつまみ付でベアレンビールが飲み放題で楽しめる。海側のボックス席は1〜4名で利用できて12,000円、山側の「おひとり様席」は3,500円でいずれも要予約である。盛岡市内からバスツアーは3,000円である。(2017.11.1修正)


ベアレン飲み放題祭 in 鳥もと(終了)
23472360_833227903505661_1525193640690637564_n日時:2017年11月29日(水)18:30〜20:40LO
場所:焼き鳥 鳥もと(宮古市大通2-6-12、TEL0193-63-6776)

 宮古市の「焼き鳥 鳥もと」で開催される、ベアレンビール6種類が飲み放題となるイベント。会費は料理も込みで税込4,500円である。当日はシークレットビール1種類も加わる。(2017.11.14修正)






くべな会大忘年会(終了)
日時:2017年12月7日(木)19:00〜
場所:菜園マイクロブルワリー with Kitchen(盛岡市菜園1-5-10、旧クッチーナ)

 くずまきワイン、ベアレンビール、南部美人と県産食材が中心の料理を楽しむ会。チケット制で、前売りチケットは4,500円である。南部美人の酵母、くずまきの山葡萄、ベアレンの麦汁を菜園マイクロブルワリーで仕込んだ「くべなビール」も登場する。(2017.11.14修正)


ベアレンビールまつり in ビッグルーフ滝沢2017
日時:2017年12月22日(金)17:30〜21:00
場所:ビッグルーフ滝沢(滝沢市下鵜飼1-15(滝沢市役所そば))

 前売り2,000円(200枚限定)、当日3,000円でベアレンビールが飲み放題となるイベント。フードコーナーではソーセージや海鮮焼きなども登場する。菜園マイクロブルワリーのクラフトビールもある。(2017.11.14追加)



秋田県内

美味しいビールを楽しむ会(終了)   
日時:2017年4月1日(土)19:00〜22:00
場所:酒場 戸隠(秋田市山王2-7-29シティパレス秋田壱号館2F、TEL018-863-8699)

 酒場 戸隠で定期的に開催される地ビールを楽しむ会。今回は47周年オリジナルビールが開栓されるが、既に満員御礼でキャンセル待ちである。(2017.3.22修正)


クラフトビールを楽しむ会
日時:奇数月第3水曜日
場所:ビアカフェあくら(秋田市大町1-2-40、TEL018-864-0141)

 奇数月の第三水曜日に開催されているあくらビール主催のイベント。毎回テーマが決まっていて多様なビールが楽しめる。ほぼ毎回ビール4種類とあくらビール2種類に料理がついて会費は3,500円である(要予約)。直近では1月18日に開催された。(汗)


ZOT BEER WEEKEND #12 with Scotties(ZOT de Xmas Live Party Night)
日時:2017年12月23日(土)19:00〜22:00
場所:Belgian Beer Bar ZOT(秋田市中通4-17-30フォレストワン2F、TEL018-853-1723)

 秋田市内のベルギービールバーZOTで定期的に開催されているイベント。今回はクリスマスエールを含むベルギービールの樽生6種類飲み放題に食事がついて参加費は5,000円である。当日はScottiesによるクリスマスライブがある。(2017.12.11修正)


チャリティ・ハワイアンイベント 第4回ALOHA秋田(終了)
4dd5568da196626c5195556481f81314日時:2017年2月26日(日)10:00〜17:00
場所:秋田拠点センター アルヴェ きらめき広場(秋田市東通仲町4-1、TEL018-887-5310)

 東日本大震災の記憶とハワイ・アメリカからの支援への感謝の気持ちを風化させないために3年前に初めて開催されたチャリティイベント。昨年は2月28日に開催され、会場では今年も「酒場 戸隠」がハワイの地ビールを販売する。マウイ・ブルーイングの缶ビール3種の提供だが、このイベントに合わせて、今年も「酒場 戸隠」系列の「BEER FLIGHT」では、「Flight To Hawaii 2017」というタイアップイベントを15:00〜23:30まで開催、マウイ・ブルーイングの樽生を提供する他、ウクレレ演奏、フラダンスなども催される。(2017.2.16修正)


戸隠 47周年感謝祭
(終了)
日時:2017年4月17日(月)〜20日(木)17:00 〜23:00
場所:酒場 戸隠(秋田市山王2-7-29シティパレス秋田壱号館2F、TEL018-863-8699)
 戸隠が今年で47周年となるのを記念して、戸隠47周年記念醸造ビール「Icy Wind 2017  ニガイツェン」が小グラス(280ml)470円で提供されるのを始め、戸隠厳選地酒3種飲み比べや、サッポロ生ビール・本格焼酎・梅酒各種47分飲み放題が470円で提供される。周年記念の食事メニューも登場する。(2017.4.12追加)


Kamenocho Spring Beer Festa 2017(終了)
17523135_404645143238336_255181656627159725_n日時:2017年4月23日(日)15:00〜21:00
場所:KAMENOCHO STORE、BEER FLIGHT(秋田市見浪通亀の町4-15ヤマキウビル1F、TEL018-838-4773)

 今年初開催のビールイベント。13種類の樽生クラフトビールとビールに合うフードが楽しめるビール・フード共通券が6枚綴りとなった前売りチケットは3,000円。当日チケットは5枚綴りで3,000円である。(2017.4.10修正)





あくらカニ喰い祭り2017(終了)
日時:2017年6月4日(日)12:00〜15:00
場所:あくら広場(秋田市大町1-2-40、TEL018-864-0141)※雨天時は「ビアカフェあくら」内にて開催

 毎年恒例となった秋田・金浦港直送の「紅ズワイガニを喰らいつくすイベント」。昨年は6月5日に開催され、紅ズワイガニが食べ放題、あくらビールが飲み放題で、カニだけでなく料理も出、「甲羅酒」も出た。会費は5,000円で要予約であった。


これが秋田だ!食と芸能大祭典2017(終了)
日時:2017年5月26日(金)15:00〜21:00、27日(土)10:00〜20:00、28日(日)10:00〜17:00
場所:アゴラ広場、エリアなかいち

 昨年初開催された、秋田県内各地の食文化や郷土芸能が一堂に会するイベント。4つの会場に分かれ、広小路では芸能パレード、アゴラ広場では秋田グルメ屋台と演舞ステージ、エリアなかいちでは伝統芸能演舞ステージと観光物産PR、仲小路ではクラフト市とストリートパフォーマンスが開催されるが、このうちアゴラ広場の秋田グルメ屋台にはアクラビールが出店した。昨年同様であれば、エリアなかいちのうまいもの屋台に出店する秋田銀行のブースでも地ビールが飲めるはずである。(2017.5.19修正)


東北地ビールフェスティバル in 秋田 2017(終了)
日時:2017年6月16日(金)〜18日(日)
場所: エリアなかいち にぎわい広場(秋田市中通1-4-3)

 東北6県の地ビールが揃う貴重なイベント。今年は6月16日〜18日の開催が決定した。普段あまりビールイベントに参加しない青森の奥入瀬ビールや宮城の仙南クラフトビールも飲めるほか、一昨年からは北海道のノースアイランドビールも参加し、事実上「北海道・東北地ビールフェスティバル」となっている。昨年も東北ミートフェスティバルも同時開催で、東北各地の肉料理も食べられた。(2017.2.27修正)


ORAEの誕生日(終了)
日時:2017年6月22日(木)〜26日(日)
場所:湖畔の杜レストランORAE(仙北市田沢湖田沢字春山37-5、TEL0187-58-0608)

 湖畔の杜ビールの直営レストランORAEが18周年を迎えるのを記念して、「乾杯応援企画!」として今年は秋田県民限定で湖畔の杜ビールが2時間飲み放題で税込1,000円だそうである。ビールに合うつまみは税込324円で提供される。(2017.6.22修正)


JOZO(醸造)まにあくす(終了)
日時:2017年7月8日(土)、9日(日)
場所:I LOVE YUZAWAホール 駅前特設会場(旧ジジック、くらた隣り)(湯沢市表町2-1-23)

 昨年7月2、3日に開催された、東北六県の限定醸造酒など約50種類の日本酒、ビール、カクテルが味わえるイベント。ビールでは今年も田沢湖ビールが楽しめる。(2017.6.22修正)


湖畔の杜ビール祭り(終了)
日時:2017年7月7日(金)〜9日(日)、15日(土)、16日(日)、21日(金)〜23日(日)、28日(金)〜30日(日)16:00〜20:00
場所:湖畔の杜レストランorae(仙北市田沢湖田沢字春山37-5、TEL0187-58-0608)

 湖畔の杜ビール18周年を記念して、7月の週末16時からは湖畔の杜ビールが半額となる。特別メニューや300円おつまみも登場した。来年の備忘のために記載。(2017.8.3追加)


2017冷涼まつり(終了)
日時:2017年7月11日(火)〜13日(木)
場所:湯沢ロイヤルホテル2階特設会場(湯沢市田町2-2-38、TEL0183-72-2131)

 湯沢市にある湯沢ロイヤルホテルでビアガーデンとは別に毎年開催されるイベントだが、一昨年はいわて蔵ビール、仙南クラフトビール、みちのく福島路ビール、猪苗代地ビールが飲めた。ただし、昨年のパンフレットにはその記載はなかった。前売りチケットは3,500円(当日券もあり)である。


田沢湖ビール祭り(終了)
日時:2017年7月22日(土)、23日(日)
場所:田沢湖ビールレストラン前駐車場(仙北市田沢湖卒田字早稲田430、TEL0187-44-3988)

 年に1回開催されるイベント。今年は20周年の地元感謝代企画として、地元の新聞の折込チラシ持参で田沢湖ビールレストランでの飲食が20%OFFになる他、お土産ビールなど売店商品も20%OFFとなる。(2017.7.22修正)


ベルギービールフェスタ in アルヴェ(終了)
日時:2017年7月14日(金)、15日(土)、16日(日)
場所:秋田拠点センターアルヴェ(秋田市東通仲町4-1)

 秋田市内で一昨年初めて開催されたベルギービールのイベント。昨年は7月15〜17日に開催された。8つサーバーで異なるカテゴリーのベルギービールがそれぞれ樽生で飲め、ワッフルやソーセージなどのフードも充実していた。前売りセットコイン10枚が¥2,000(税込)、当日追加コイン2枚¥500(税込)、当日売りセットコイン10枚¥2,200(税込)であった。


土崎港曳山まつり
(終了)
日時:2017年7月20日(木)、21日(金)
場所:土崎神明社(秋田市土崎港中央3-9-37、TEL018-845-1441)ほか

 秋田市の北部にある土崎神明社の例祭として行われる港祭りには出店もたくさんあるが、北都銀行土崎支店(秋田市土崎港中央1-17-14、TEL018-845-1128)の駐車場には田沢湖ビールが出店している。樽生3種が飲める他、角館名物の御狩場焼きなども食べられる。(2017.7.20追加)


ゆざわの休日・秋2017(終了)
日時:2017年9月9日(土)10:00〜20:00
場所:湯沢市駅通り商店街路上(サンロード)

 湯沢市で夏か秋に開催されるイベント。一昨年は「ゆざわの休日・秋」として秋に開催されたが、昨年は7月16日開催と、また夏に戻っていた。昨年まで「ドイツビールフェスティバル」が開催され、当日はドイツビールフェスティバルとしてビットブルガー・プレミアム・ピルス、ケストリッツアー・シュヴァルツビア、エルディンガー・ヴァイス・ビア・ヘーフェが飲め、またドイツビールに合う湯沢市の食材を使った料理も味わえたが、今年は「さんまをメインに様々な屋台が大集合」とあるものの、ビールについての表記はない。(2017.9.8修正)


秋田竿燈まつり(終了)
日時:2017年8月3日(木)〜6日(日)15:00〜21:30
場所:秋田市内中央会場(産業会館跡地)、大町イベント広場(秋田ニューシティ跡地)ほか

 秋田を代表する夏祭り「秋田竿燈まつり」の開催期間、秋田市内の2会場で秋田の地ビールが飲める。中央会場では田沢湖ビールの樽生4種類が飲める。あくらビールも出店している。一方の大町会場では、田沢湖ビール、あくらビール、湖畔の杜ビールの秋田の地ビール3社が共同出店し、それら3社の地ビールが飲める。あくらビールはこの他、市役所会場にも出店している。(2017.8.5修正)


秋田市国際フェスタ
(終了)
日時:2017年8月6日(日)10:00〜14:00
場所:秋田市拠点センターアルヴェ(秋田市東通仲町4-1)1階「きらめき広場」

 秋田竿燈まつりの最終日に開催される、秋田市の友好都市・姉妹都市との交流を目的としたイベント。ここでも田沢湖ビールが樽生で飲める他、嶋田ハムのソーセージなども食べられる。(2017.8.6追加)


クラフトビアフェスティバル in AKITA 2017(終了)
日時:2017年8月26日(土)、27日(日)
場所:秋田駅前 アゴラ広場 大屋根下(秋田市中通2-6-1)

 一関の全国地ビールフェスティバルと同様、全国の地ビールが揃うビールイベント。今年は8月26日、27日の開催が決定した。昨年は全国47醸造所のビールが集まった。前売りチケットが全国のサークルKサンクスで購入でき、オリジナルグラス付チケット(200ml×4杯券付)が1,500円、グラスの付かない200ml×4杯券が1,000円、当日は200ml×4杯が1,200円、200ml1杯が350円であった。(2017.2.27修正)


第91回全国花火競技大会「大曲の花火」(終了)
日時:2017年8月26日(土)
場所:雄物川河川敷(大曲花火大橋と姫神橋の間)

 毎年8月最終週の土曜日に開催され、人口4万人弱の大仙市大曲地区に全国からおよそ80万人の観覧者が訪れるという、東北はもとより全国でも屈指の花火大会。全国の花火競技大会の中でも最も権威ある大会と位置づけられ、全国の選りすぐりの花火師たちがその腕を競う。昨年も大曲技術専門校駐車場(大仙市大曲川原町2番30号)に田沢湖ビールが出店した。
日時:2017年9月2日(土)
場所:秋田市内参加各店(オープニングセレモニー&パフォーマンスは17時から大町イベント広場で開催)

 あらかじめ購入したチケットで「1ドリンク&1ディッシュ」を楽しみながら飲食店を回る「飲み・食べ歩き」イベント。6回目となる今年も酒場戸隠や、あくらビール直営のレストランプラッツ、ビアカフェあくらが参加するので、地ビールも楽しめそうである。前売りチケットは3,500円で、当日券は4,000円である。(2017.8.23修正)
日時:2017年10月12日(木)、13日(金)16:00〜21:00、14日(土)11:00〜21:00、15日(日)11:00〜19:00
場所:エリアなかいち にぎわい広場(秋田市中通1-4-3)

 秋田オクトーバーフェストでは、ドイツビールと秋田県内3社の地ビールの両方が味わえる。「秋田ソーセージフェスティバル」との同時開催で、ドイツや秋田の美味しいソーセージもビールと一緒に味わえる。今年は10月12日から15日の4日間の開催が決定した。(2017.2.27修正)


新・秋田の行事in大仙 2017(終了)
日時:2017年10月14日〜15日10:00〜16:00
場所:大仙市・大曲駅前 花火通り商店街

 秋田の伝統芸能と大曲の花火をまとめて楽しめるイベント。角館・土崎・花輪の曳山も登場する。大仙グルメストリートには田沢湖ビールが出店した。(2017.11.2追加)


日時:2017年10月28日(土)17:00〜22:30LO
場所:Re:MIX(横手市十文字町梨木羽場下14-26)

 十文字町で地ビールが飲める「Re:MIX」で開催されるオクトーバーフェスト。入場料¥1,500で料理食べ放題、ドリンクはMサイズが2杯、Lサイズが1杯飲めるチケットが¥1,000、飲み放題は¥3,500である。羽後麦酒3種、いわて蔵ビールのパンプキンエール他、合計15種類のビールが飲める。(2017.10.26追加)


日時:2017年11月3日(金)18:30〜
場所:ワッフルカフェサイン(潟上市天王字鶴沼台62-1、TEL018-893-5143)

直輸入ワイン&ビールが飲み放題のイベント。ビールは、今回はいろんなスタイルを楽しめるよう、ピルス、ヴァイツェンなど5種類をボトルで用意するとのことである。料理は生ハム、ソーセージ、サラダ、ワッフルなどである。料金は5,000円で、JR男鹿線を利用する人は上二田駅より送迎がある。申し込みは、ワッフルカフェサイン(TEL018-893-5143)かワインパラディース(TEL0185-35-3626)まで。(2017.10.23修正)


昼からビール天国 Vol.1(終了)
日時:2017年11月19日(日) 12:00〜21:00LO
場所:BEER FLIGHT(秋田市南通亀の町4-15、TEL018-838-4773)

 60分間クラフトビール5種類が飲み放題となるイベント。大仙タベルスキーのソーセージ、フライドポテト、サラダも食べ放題で料金は税込3,000円である。席は75分制で、延長料金は60分税込1,500円、さらにその後60分は税込1,000円となる。予約優先となる。(2017.11.8追加)


酒場戸隠プレゼンツ NOVEM(BEER) FEST ラム肉とビールの会(終了)
日時:2017年11月23日(木)15:00〜20:00
場所:酒場 戸隠(秋田市山王2-7-29 2F)

 NovemberとBeerを掛けて、11月のビールイベント"NovemBeer Fest"が「酒場 戸隠」で開催される。メイン料理はラムカルビの串焼き、その他フードも満載、ビール飲み放題で、なんと会費は3,000円だそうである。(2017.10.24追加)


秋田あくらビール創業20周年記念イベント(終了)

4415_001日時:2017年11月26日(日)12:00〜15:00、17:00〜20:00
場所:レストランプラッツ(秋田市大町1-2-40、TEL018-883-4366)

 毎年開催されているあくらビールの周年イベント。今年は11月26日(日)に、初めて昼、夜の2部制で開催される。あくらビール飲み放題にバイキング形式で料理がついて、前売4,000円、当日4,300円であるが、各回限定70枚で、予定数量が完売次第発券終了となる。当日はステージ演奏もある。(2017.11.1修正)

湖畔の杜Xmasパーティー2017(終了)
日時:2017年12月2日(土)19:00〜
場所:湖畔の杜レストランorae(仙北市田沢湖田沢字春山37-5)

 湖畔の杜ビールの直営レストランで毎年開催されるクリスマスパーティー。料金は今年も、大人5,400円、中高生2,500円、小学生1,500円、小学生未満無料である。お楽しみ抽選会やスタッフによるハンドベル演奏なども行われる。(2017.11.9修正)

田沢湖ビールのクリスマス(終了)
日時:2017年12月9日(土)18:00〜20:30
場所:田沢湖ビールレストラン(仙北市田沢湖卒田字早稲田430、TEL0187-44-3988)

 田沢湖ビール併設のレストランでクリスマス企画があるようである。現段階で詳細は未定。(2017.11.9追加)


第3回ベルギービール&ドイツワイン大試飲会 in 男鹿(未定)
日時:未定
場所:男鹿市民ふれあいプラザハートピア(男鹿市船川港船川外ケ沢126-16、TEL0185-23-3838)

 男鹿市内で開催されるベルギービール飲み放題&ドイツワインの試飲会で、男鹿市の「ワインパラディ−ス」と秋田市の「Belgian Beer Bar ZOT」のコラボ企画であった。昨年12月11日に開催され、会費は食事つき5,000円で定員は50名であった。


アルヴェ クリスマスライブ & ビール・ワインフェスタ(未定)
日時:未定
場所:秋田拠点センターアルヴェ 1階きらめき広場(立席)、2階多目的ホール(着席)(秋田市東通仲町4番1号、TEL018-887-5310)

 アルヴェ(秋田市民交流プラザ)のクリスマスフェスタの一環として開催される、音楽と食事を楽しむイベント。昨年12月22、23日に開催された。入場無料で、飲食は専用コインを購入し、各ブースでドリンクやフードと交換する。Belgian Beer Bar ZOTも出店し、ベルギービールが飲めた。前売りセットコインは10枚2,000円、当日売りセットコインは10枚 2,200円、当日追加コインは5枚1,100円であった。



青森県内

奥入瀬ビール「麦酒館の日」

2017%201月麦酒館の日日時:毎月第3木曜日
場所:奥入瀬麦酒館(十和田市大字奥瀬字堰道39-1、TEL0176-72-3201)

 毎月第3木曜日、奥入瀬麦酒館では「麦酒館の日」として、奥入瀬ビール始め日本酒、焼酎、ワイン、ソフトドリンクが2時間飲み放題1,600円、パスタ、ピザ、おつまみ、デザートが90分食べ放題 1,300円(要予約)となる。






奥入瀬ビール「地ビールの日」(終了)
イメージ 1日時:2017年4月23日(日)11:00〜19:00
場所:奥入瀬麦酒館(十和田市大字奥瀬字堰道39-1、TEL0176-72-3201)

 日本地ビール協会などが制定した「地ビールの日」である4月23日には、奥入瀬麦酒館では2時間1,080円という破格の価格で奥入瀬ビールが飲み放題となる。今年は日曜日なので、例年より多くの人が訪れそうである。(2017.1.30修正)
日時:2017年10月1日(日)
場所:土手町コミュニティパーク(弘前市土手町31、TEL0172-31-5755)

 2013年から開催されているビールイベント。地元津軽路ビールや奥入瀬ビール他、あくらビール、いわて蔵ビなど東北の地ビール、それにその他の地域の7醸造所の地ビールも飲めた。フードコーナーには弘前市内の飲食店が出店する。5枚綴り2,000円で、全てのビールとフードがチケット1枚と交換になる前売り券は「酒の柳田」が取り扱っている。当日はチケット1枚500円で販売される。今年は10月1日の開催が決定した。(2017.2.27修正)


日時:2017年10月2日(月)〜31日(火)17:00〜23:30LO
場所:ケンケン・ビア・ファクトリー ビアパブ店(青森市新町1-12-8RDFビル2F、TEL017-718-3399)

 ビア・ファクトリー青森店がキャッシュオンデリバリー方式の「ビアパブ店」としてリニューアルオープンしたのを記念して10月いっぱいはビールが樽生、瓶とも全品2時間飲み放題2,750円となるイベントを開催している。(2017.10.10追加)


ABA番組祭り(終了)
日時:2017年10月7日(土)、8日(日)9:30〜16:00
場所:ワ・ラッセ&西の広場

 ABA(=青森朝日放送)の年1回のイベントに弘前のBe Easy Brewingが出店していたそうである。来年の備忘のために記載。(2017.11.9追加)


第12回十和田湖ふるさとまつり(終了)
日時:2017年10月29日(日)
場所:道の駅「奥入瀬」奥入瀬ろまんパーク(十和田市大字奥瀬字堰道39-1、TEL0176-72-3201)

 年に1回、奥入瀬麦酒館のある道の駅「奥入瀬」奥入瀬ろまんパークで開催される特産品、地場野菜、農畜林水産物、加工品の展示・販売や郷土芸能などのアトラクションが行われるイベント。特設会場では奥入瀬ビールが通常より100円安い1杯400円で、4種類セットが1,400円で飲める。(2017.10.10修正)


anagma5 at 19:11|PermalinkComments(2)clip!

2016年12月11日

東北で地ビールが飲める店その73〜宮城県登米市

 登米市は宮城県の北部、岩手県と県境を接する地域にある人口約81,000人の市である。いわゆる平成の大合併で、登米郡8町と隣接する本吉郡津山町の計9町が合併して誕生した。宮城県内では大崎市と並んで米の名産地として知られる他、市内にあるラムサール条約登録の伊豆沼、内沼に飛来する白鳥やガンによっても知られる。

161206-210103 この登米市で美味しいビールを飲める店を探してみた。登米市の中心部は、登米市役所のある旧迫町の佐沼地域である。登米市役所の近くには、通称「居酒屋通り」という、居酒屋やスナックなどが集中しているエリアがあるのであるが、残念ながらそこにはビールの美味しそうな店は見当たらなかった。しかし、そこからちょっと歩いたやはり飲食店が複数入居しているビルに「BEER BAR」を標榜する店があるのを見つけた。それが、「BEER BAR FILLMORE(フィルモア)」(登米市迫町佐沼字中江4-2-7リーファンビル2F、TEL0220-23-7192、18:00〜0:00、水曜定休)である。





161206-214427 ここは今年で3年目を迎えるという、猪又さんといううら若き女性がお一人で切り盛りしている店であった。世界各国のビールと日本の地ビールが瓶で20種類くらい置いてあり、ビールに合うつまみもいろいろあった。通常メニューのビール以外に、その月のおススメビールもあり、また通常メニューも猪又さんの気分次第(?)で入れ替えがあるので、いろいろなビールが楽しめる。

 少なくとも佐沼の中心部を隈なく歩いた限りではここ以外にこうした店は見当たらなかったので、いわば登米市中心部で唯一、ビール好きが満足できるいろいろなビールが飲める店であると言える。実際、この地域のビール好きの人は、ここに集まるそうである。

 あ、ちなみに、ビールだけの店ではなく、ワインやウィスキー、焼酎なども置いてあったので、ビール好きでない人がビール好きの人に連れられてやってきても大丈夫である。


anagma5 at 23:31|PermalinkComments(0)clip!

2016年11月18日

東北で地ビールが飲める店その72〜福島県相馬市

 相馬市は福島県の浜通り北部にある人口約36,000人の市である。南隣の南相馬市と共に、およそ1,200年も前から続くという相馬野馬追で有名である。藩政時代は中村藩六万石の城下町として栄えた。

161117-174456 以前紹介した南相馬市ではビールの美味しい店を見つけられたのだが、ここ相馬市ではこれまで、ビールの美味しい店を見つけることができないでいた。今回、JR相馬駅のすぐ近くに新しい店があるのを見つけ、そばに行ってみたところ、窓際にヒューガルデンの瓶が並んでいた。これはと思い、早速入ってみたところ、ヒューガルデン2種を含め、8種類の海外のビールが置いてあった。それが「Filly's Cafe & Diner」(相馬市中村錦町1-6、TEL050-3754-8402、11:00〜22:00、金土祝前日〜23:00、月曜定休)である。



161117-181316 8種類のうち樽生はカールスバーグのみで、あとは瓶だが、これまでこのように海外のビールがいろいろ楽しめる店は相馬市内には少なくとも私の知る限り存在しなかったので嬉しい限りである。「ビールにまでこだわる店は料理も美味しい」というのが私の経験則なのだが、ここもその私の経験則に違わず、料理も美味しかった。看板メニューの手羽先の唐揚げを始め、いろいろなフードが揃っているので、ビールを飲みながらこれらのマスターお手製の料理も楽しめる。ランチタイムには濃厚バターチキンカレーや各種パスタもあるとのことで、これも一度食べてみたいメニューである。

 聞けば今年9月にできたばかりというこの店、店主の西島さんもヒューガルデンが好きで置いているとのことであった。相馬市内で初めてのビールが楽しめる店、ぜひたくさんの人に足を運んでほしいものである。


anagma5 at 00:37|PermalinkComments(0)clip!

2016年06月29日

田沢湖ビールの直営店が仙台にオープン!〜仙台散歩その54

追記(2018.7.8):大変残念なニュースが入ってきた。下記で紹介している「田沢湖ビール -SENDAI-」、リニューアルに向けて休業中とのことだったのだが、「諸般の事情により営業終了の運び」となったそうである。
 田沢湖ビールが常に全種、樽生で飲める、仙台では貴重なお店だっただけに残念である。



160629-150522 秋田県第一号の地ビールである田沢湖ビールが、仙台市内に直営店「田沢湖ビール−SENDAI−」(仙台市青葉区一番町三丁目6-12菊地ビル2F、TEL022-796-2988)を7月1日(金)にオープンさせる。場所は、中央通りの「マーブルロードおおまち」の一角、千足屋仙台店とAOKI仙台一番町店の間にある菊地ビルの2階である。




160629-151912 最近、仙台市内でも地ビールが飲める店が増えてきているが、こと地ビール醸造所直営の店に限って言えば、以前あった銀河高原ビールの直営店「サトゥラギ」以来、久々のオープンとなる。「田沢湖ビール−SENDAI−」では、レギュラービール6種類に季節限定のビール2種類の合わせて8種類の田沢湖ビールが常時樽生で飲める。これまで一つの醸造所のいろいろなビールが樽生で飲める店は、仙台駅前にあって銀河高原ビールが樽生で3種類飲める「夕焼け麦酒園」を除くとほとんどなかったので、その意味でもとても嬉しい。まして、醸造所直営ということで、ビールのコンディションについても心配することなく、いつでもベストな状態で飲めるというのもありがたいことである。

160629-152109 フードの方は秋田名物いぶりがっこにクリームチーズを載せたものや、秋田の安藤醸造の味噌を使ったピザ、秋田のポルミートのソーセージといった、秋田の食材を使った料理を始め、ビールに合いそうな洋風料理がいろいろある。また、男鹿産の魚介類も毎日直送されるそうで、その新鮮な魚介類を使ったその日のおススメメニューも登場するそうである。




160629-154246 ビールはレギュラーグラス(300ml)が480円、ラージグラス(510ml)が780円と、一般に流通している田沢湖ビールの330ml瓶が500円弱であるのを考えると実に格安で、この辺りも醸造所直営ならではのありがたい価格設定である。そしてまた、これら2種類のサイズのグラスに加えて、ここには「田沢湖グラス」と名付けられた1,000mlサイズが1,500円で飲める。このグラスはとてもインパクトがある。ベルギービールの「パウエルクヮック」のグラスを大きくしたような形だが、日本一深い湖である田沢湖の深さ432mにちなんだ、高さ432mmのグラスである。お気に入りのビールをとことん味わいたい時にはピッタリである。

160629-154213 店内は合計25席で、今のところパーティープランなどはないが、相談があれば、貸切対応や飲み放題などについても検討するとのことである。営業時間は11:00〜14:30(14:00LO)と17:00〜23:00(フード22:00LO、ドリンク22:30LO)で、定休日は日曜日である(祝日を含む連休の場合は連休最終日が定休日)が、7月3日(日)は通常営業するとのことである。




 ビールに加えて、店内には田沢湖ビールの母体であるあきた芸術村や秋田の観光情報のパンフレットなども置いてあり、秋田に関する情報の発信基地にもなりそうである。今まで仙台市内で田沢湖ビールが常時飲める店はなかったが、醸造所自らが直営店をオープンさせてくれたお蔭で、麦芽100%のドイツ式製法に特化した自慢のビールがいつでも飲めるようになるのは、ビール好きにとっては大変ありがたいことである。ぜひ足を運んでみていただきたい。


anagma5 at 22:05|PermalinkComments(0)clip!