安倍貞任  

2009年11月20日

東北の歴史のミステリーその24〜消えた?「奥十七万騎」

165234.jpg 今でも覚えているのだが、中学校の時の歴史の副読本に東北の歴史について説明した冊子があった。その「奥州征伐」の項には(「征伐」というのは鎌倉側から見た一方的な表現であるので現在では「文治五年奥州合戦」という名称が定着している)、「なぜ源頼朝は28万4千もの大軍を率いて奥州に攻め込んだのでしょうか」という問いかけがあり、当時義経びいき、奥州藤原氏びいきだった私が、「そうだそうだ、いったいどんな理由があって東北に攻めてきたんだ?」と思いながら読み進めると、次の文章が「それは奥州藤原氏の兵力が20万騎と言われていたからです」と来て、「そっち(兵の数)の話かよ〜」と肩透かしを食らったような思いをした記憶がある(笑)。

 当時、 奥州藤原氏の擁する兵力は17万とも、18万とも、あるいは20万とも言われていて、それこそ今世界遺産登録を目指している通りの浄土思想を基調とした「平和国家」の顔の一方で、平氏や源氏とも単独で対等以上に渡り合える強大な軍事力を持っているとされていた。頼朝は平氏追討に当たって、自ら鎌倉を動くことはなかったが、それは背後に控える奥州藤原氏の「奥十七万騎」を脅威に感じてのことだったとも言われる。

 ところが、いざ文治五年奥州合戦となると、以前紹介した阿津賀志山の合戦で大将軍に任ぜられた泰衡の兄、西木戸太郎国衡が率いたのは二万騎だったと吾妻鏡にはある。しかも、阿津賀志山以降は散発的な抵抗はあったものの、大規模な合戦らしい合戦はなく、平泉は事実上「無血開城」だった。出羽方面でも戦闘が行われたと記述があるが、阿津賀志山以上の兵力がそちらに集結したと考える理由はない。してみると、17万騎どころか、実際にはほんの数万騎が、頼朝率いる大軍(もちろん28万4千騎という数字には誇張もあるだろうが)と戦ったわけである。ならば、奥州藤原氏が誇った残りの兵力は戦わずしてどこに消えたのか。

 前回、東北のオススメスポットとして、平泉衣川を紹介した(ここここ)が、両地域を比較して「おや?」と思ったことがある。史跡(地名にのみ言い伝えが残っているものも含めて)の数に、平泉と衣川とでは違いがあり過ぎるのである。すなわち、平泉は奥州藤原氏が100年の栄華を誇った地であるにも関わらず、それにしては遺跡の数が少なすぎやしないかということである。

 というのも、既に紹介した通り、衣川の遺跡、そしてそれは多くが安倍氏に由来するものだが、非常に多いのである。1日で全部回ろうと思ったら、それこそ誇張ではなく朝から夕方までかかる。安倍氏は当時奥六郡を中心とする大きな勢力であったが、陸奥出羽両国の全体を掌握していたわけではなかった。一方、奥州藤原氏はその両国、つまり今の東北地方のほぼ全域を掌握していたとされている。それにしては、その本拠地たる平泉に往時を偲ばせるような遺跡が少なすぎやしないだろうか。

 衣川には安倍氏が乗馬5〜600頭を繋いでいたという場所(「駒場」という地名で残っている)や「乗馬訓練場」跡(「馬駆」という地名で今も残っている)まで残っているのである。いかにも騎馬兵を主体とした精強な兵を率いた安倍氏にふさわしい伝承だが、対して奥十七万騎を誇る奥州藤原氏の訓練場跡があったという話はついぞ聞いたことがない。もちろん、安倍氏の訓練場をそのまま引き継いだということなのかもしれないが、それであれば「安倍氏の」ではなく、より新しくより強大な勢力を誇ったはずの「奥州藤原氏の」という伝承になってもよさそうなものである。

 これはいったい何を意味するのかと考えてみると、実は「奥十七万騎」は「虚構」と言うか、「誇大広告」だったのではないかということである。それだけの兵力はなかったが、そう喧伝することでかつての前九年の役のように、奥州を我が物にせんとする源氏のような勢力に外部から攻め込まれることを未然に防ごうとしたのではなかったかという気がするのである。

 その「情報戦略」は、頼朝が朝廷の制止を振り切って有無を言わさず攻め入ってきたことで「実像」が露呈して瓦解した。その実像とは、阿津賀志山の地で、全国から動員された頼朝の大軍を3日足止めするのが精いっぱいの兵力だったということなのではないだろうか。

 本当の意味での「判官びいき」、と言うか、義経が好きな人にしてみれば(かつての私もそうだったが)、奥州藤原氏のこのようなあっけない終焉をとらえて、義経さえ生きていればこのようにたやすく滅びることはなかったろうに、と思うものだが(以前紹介したが、「義経記」の作者もそのようなニュアンスの言葉で最後を締め括っている)、もしこのような圧倒的な兵力の差が端からあったのだとすると、仮に義経が生きていたとしても状況は同じであったかもしれない。いや、「ゲリラ戦」が得意だった義経がいればやはり状況は違っていたはずだ、という反論が即出そうではあるが。

 写真は残念ながら平泉の世界遺産登録に当たっての構成遺産からは外された白鳥館遺跡から見た北上川である。この遺跡は安倍貞任の弟、白鳥八郎則任の館跡と伝えられる。その立つ場所から考えて、奥州藤原氏時代にも重要な役割を果たしたのでは、とも思われるのだが、少なくともそのような伝承は聞いたことがない。

anagma5 at 23:31|PermalinkComments(6)TrackBack(0)clip!

2009年10月27日

東北のオススメスポットその11〜岩手県平泉・衣川地区その2

a6425b99.jpg 平泉の知名度は恐らく東北でも屈指と思われるが、衣川を知っている人はそう多くないに違いない。歴史に詳しい人なら、源義経が藤原泰衡に攻められ命を絶ったという合戦が「衣川の戦い」と呼ばれていて、義経最期の地であるということを知っているかもしれないが、それ以外で人口に膾炙することはほとんどないと言っていい。しかし、本当に興味があって平泉を訪れた人にはぜひ、衣川にも足を運んでほしいと思う。

 東北の歴史に詳しい人なら、衣川は安倍氏の本拠地だということを知っているかもしれない。安倍氏の安倍頼時(頼良)・貞任親子は、前九年の役で源頼義・義家親子と戦った俘囚(朝廷に従った蝦夷)の長である。奥州藤原氏から見ると、初代藤原清衡の母親が安倍氏の棟梁貞任の妹であったので、安倍氏は母方の家系ということになる。

 旧衣川村は、合併して奥州市の一部になったが、この旧衣川村は、平泉町の北隣で、現在の平泉町の北端である中尊寺から衣川を渡るとすぐである。この衣川以北が奥六郡と言われて俘囚の地とされていた。

 旧衣川村に足を運んで驚かされるのは、その遺跡の数の多さである。前回紹介した平泉町内の遺跡よりもはるかに多い数の遺跡が、今も旧村内のあちこちに残っているのである。そのうちのかなりの割合は、安倍氏の居館跡であった安倍舘古舘(安倍新城)、政庁であったという並木屋敷(衣川柵)など、安倍氏に関係するものだが、それだけ安倍氏がこの地で勢威を振るったことが窺える。

 もちろん、四代藤原泰衡の弟で最後まで義経を支持したという泉三郎忠衡の居館泉ヶ城跡や、三代藤原秀衡の母が衣川を渡って旅をしてきた人をもてなしたという言い伝えのある接待館(せったいだて)跡、秀衡が京都の御室御所の木をこの地に移し植えてつくった庭園跡と言われる室の木(むろのき)跡など、奥州藤原氏時代とされる遺跡もある。奥州藤原氏時代の衣川は、経済の中心地だったそうである。奥羽二国の政治の中心地であった平泉をワシントンにたとえれば、衣川はニューヨークに当たると言えるかもしれない。

 ただ、最近の発掘調査の結果からは、衣川は単に経済の中心地だっただけではなく、政治的にも重要な地位を占めていたことが明らかになってきている。それは柳之御所跡などから大量に見つかったかわらけという宴や儀礼の時に使われたという素焼きの杯が、衣川の接待館跡からも大量に見つかったことによる。

 東北の歴史に詳しい人にとっては、衣川は秀衡の政治顧問的な立場にあったとされる藤原基成(もとなり)の居館「衣河館」があったとされる場所ということも知っているかもしれない。そして、義経最期の地は、吾妻鏡によれば義経堂のある平泉の「高館」ではなく、この「衣河館」だということも知っているかもしれない。「衣河館」の場所は実はまだ特定されていないのだが、地元ではこの接待館が「衣河館」だったのではないか、とも言われている。

 さらに、以前も少し書いたが、この衣川には平泉の中尊寺の「奥の院」として栄えたという霊峰月山(がっさん)もある。この月山、山形にある出羽三山のひとつである同じ名前の月山とは比較にならないくらいの小さな山で、10数分も歩けば頂上の月山神社に着くほどの山であるが、そこに私が見ただけで、月山神社と麓にある三峯神社を含め、6つもの社が祀られていた。確かに古くから尊崇されてきた様子が窺える。

 その中で最も印象的なのは、山頂の月山神社の奥の院前にある、巨石を御神体とする和我叡登挙神社(わかえとのじんじゃ)である。巨石を御神体とする社殿のない神社、これは安倍氏の崇拝したという荒覇吐(あらはばき、または現在東北の夏のロックフェスティバルの名称に冠されて名を留める荒吐(あらばき)とも)の神を祀る神社の共通項である(旧衣川村内には磐神社女石神社という、やはり共に巨石を御神体とする荒覇吐神を祀る神社があり、陰陽一体の神として崇敬されてきたが、現在は社殿が設けられている)と同時に、同じ名を持つ月山を含む出羽三山との類似性も感じられる。このように衣川は、この時代の歴史に関心のある人にとっては、とても興味深い場所なのである。

 衣川歴史ふれあい館では係の人に面白いことを聞いた。平泉の無量光院跡からは、春分、秋分の日に太陽が金鶏山山頂に沈むのが見えることが分かっているが、衣川の長者ケ原廃寺(地元では元々単に「長者ケ原」と呼ばれ、義経を秀衡に引き合わせたとされる金売り吉次の屋敷跡と信じられてきたのだが、発掘調査の結果寺院であることが判明したため、現在ではこう呼ばれている)からは、春分、秋分の日に太陽が月山山頂に沈むのが見えるのだそうである。もし、これが無量光院と同様に意図的にそうなる地が選ばれた結果ということであれば、無量光院は衣川の長者ケ原廃寺を参考に作られた可能性があるわけである。

 平泉はこれまで京の都を参考に作られたとされてきたが、実はそれだけでなく、安倍氏の本拠地、すなわち蝦夷の都だった衣川も参考に作られていたのかもしれない。この辺りのことはきっと今後衣川の発掘調査が進んで明らかになるに違いない。そして、衣川にももっとスポットが当たることを期待したい(写真は月山山頂にある月山神社である。知らないで行くと見落とすかもしれないが、鳥居の奥に見えている拝殿のさらに奥に奥の院があり、そこに和我叡登挙神社もある)。


koromogawa1追記(2009.10.28):旧衣川村内にある数々の遺跡を、位置関係も含めて分かりやすく解説しているサイトはあまりないのだが、現地で入手したパンフレットがその点とても分かりやすかったので、興味を持った方のためにここにアップしておきたいと思う。





koromogawa2 遺跡は大きく分けて、旧衣川村内の東側の月山周辺(写真上)と西側の安倍館周辺(写真下)とに分かれて分布している。見て分かる通り、これだけ多くの遺跡がいまだこの地域に残っているのである。

 なお、このパンフレットの絵地図は、北東方向から見た地図(つまり上が北になっていない)なので、その点だけ注意が必要である。


追記(2011.7.4):無量光院跡から金鶏山山頂に沈む夕日が見られるのは、春と秋2回あるが、正確には春分・秋分の日ではなく、4月中旬(13日頃)と8月末とのことであった。


anagma5 at 00:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2008年11月13日

東北の歴史のミステリーその23〜酒田市の成り立ちと奥州藤原氏

da691530.jpg そもそも頼朝は、泰衡の子供のことについては考えなかったのだろうか。その気になれば支配下に置いた陸奥出羽両国内を徹底的に探し続けることもできたはずである。しかし、そのようなことをした形跡は、少なくとも記録上はない。

 この頼朝による奥州攻めは、徹底的に源頼義が安倍貞任を討った前九年の役に倣っている。源頼義が最終的に勝利を収めた厨川に入る日付も合わせ、泰衡の首に釘を打って晒すやり方も安倍貞任にしたやり方を踏襲、挙句にはその釘を打つ作業も貞任の首に釘を打った者の子孫を探し出してさせるなど、実に徹底している。源頼義は棟梁の貞任は殺したが、弟の宗任は西国へ流罪とした。頼朝も泰衡の首は取ったが、弟の高衡は流罪としている。全くの余談だが、安倍晋三元首相は、この時流罪となった安倍宗任の末裔だそうである。

 ただ一つ、頼義が「戦後処理」において、自分の思い通りにできなかったことがあった。安倍貞任の子供のことである。千代童丸という当時13歳で元服前だった貞任の子は捕縛された。頼義は哀れに思って命を助けようとしたのだが、前九年の役の勝利を決定づけた出羽の清原武則に反対され、やむなく斬らざるを得なかったのである。前九年の役を徹底的に模倣しようとした頼朝は、この場面をどう考えたろうか。頼義は敵の棟梁の子を助けようとしたができなかった。頼朝は頼義の意思を継いで、泰衡の首は取っても、その子は助けようと考えたのではないだろうか

 そう考えれば、頼朝が執拗に泰衡の子の行方を探し回らなかったことにも説明がつく。何といっても、自分の弟義経の時はあれだけ執拗に行方を探索させた頼朝である。その気になればどんなことをしてでも探し出すよう命じたはずである。それをしていないということは、泰衡の子については、端から殺すつもりはなかったということなのではないだろうか。

 もう一つ、泰衡の子を助けた理由になりそうなのは、頼朝の「罪悪感」のようなものである。鎌倉幕府の公文書吾妻鏡自らが認めている通り、義経にしても泰衡にしてもさしたる朝敵ではなかった。ただ、頼義・義家の時代に奥州を手に入れることができなかった遺恨で奥州藤原氏を攻め滅ぼしたというのが文治五年奥州合戦の実情である。当然頼朝にもそうした私的な思いから発した戦に対する罪悪感が少なからずあったのではないだろうか。したがって、棟梁の泰衡は殺さなければならなかったものの、その弟や子供は命までは奪わなくてもよいと考えたのではないかと思うのである。

 これまで頼朝のものと伝えられてきた神護寺の肖像画(実際には足利尊氏の弟直義のものとする説が有力である)のイメージ通り、頼朝については、冷徹な人間という見方が定着しているが、こと奥州合戦については、そうではない一面も見え隠れしている気がするのである(写真は頼朝が寄進した羽黒山の黄金堂である)。

anagma5 at 23:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2008年02月26日

東北の歴史のミステリーその19〜なぜ「阿津賀志山」だったのか

00ad1e74.jpg 吾妻鏡によると、この防塁の存在は鎌倉側も察知し、畠山重忠は鋤や鍬を持った工兵隊80名を同行させ、夜のうちにこの堀を埋めてしまったという。しかし、延べ25万人が半年以上かけて築いた大規模な防塁を80人が一晩のうちに埋めてしまえるものだろうか。この記述の背景には以前も書いたが、鎌倉側の「平泉側のやることなどこの程度」ということを強調したかった意図があるように思えてならない。

 そのことを暗示しているような文献があった。「義経とその時代」(大三輪龍彦、関 幸彦、福田豊彦編、山川出版社、アマゾン該当ページ )に収録されている吉井 宏氏の「阿津賀志山防塁を考える」である。そこには以下のようにある。

 「堀の埋め土を発掘断面図でみると、埋め土のほとんどが水平に堆積しているのがわかる。凹部に自然に土が堆積していくときには凹部の形状にあわせてレンズ状(三日月状)にたまっていくものであるから、水平堆積は人為的に埋めた証拠と考えることができる。ただしその堆積状況は耕土を意味すると思われ、けっして鎌倉軍が堀の片側から一気に土砂を流し込んだというものではない。つまり発掘地点のどこからも工兵隊の作業痕跡は発見されなかったのである」

 とすると、吾妻鏡にある畠山隊の記述は単なる「フィクション」か、または仮に本当に埋められたのだとしてもそれは広大な防塁のごくごく一部にとどまり、吾妻鏡の記載から想像されるようなほどの範囲が埋められたのではなかったのではないかと考えられる。

 実際には、堀を埋める埋めないよりも大きかったのは、安藤次なる地元民に案内させ、鎌倉側の小山朝光ら7騎が阿津賀志山の西部の山の道なき道を越え、国衡の本陣の北方に出て鬨の声を挙げて濃霧の中、矢を放ったために、平泉側が大混乱に陥ったことであったようである。いわば、源平合戦の一の谷の戦いの鵯越のようなことを鎌倉側にされてしまったのである。

 この壮大な防塁で安心してしまったのか、奥州軍がこの阿津賀志山から外に動かず、守りに徹していたことは返す返すも残念なことである。防塁で鎌倉軍を足止めしつつ、史実とは逆に、奥州軍の方が急峻な山道を越え、阿津賀志山の南から鎌倉軍の横手に奇襲をかけていたらどうなったかと想像するのである。

 ましてや、この合戦、頼朝が奥州制覇という父祖の宿意を晴らすべく、前九年の役で源頼義が勝利を収めた厨川の柵に到着する日にちまで前九年の役終結の日に合わせたが、それは旧暦の9月17日である。この年の9月17日は新暦で言うと10月28日である。すなわち、かつての奥州軍が得意とした騎馬兵を主体としたゲリラ戦に持ち込んであと1月ほど持ちこたえることができていれば、東北は本格的な冬を迎え、「アウェー」で冬の寒さに慣れていない鎌倉軍との力関係も変わったのではないか、それこそ前九年の役の折に、安倍貞任が源頼義に冬場の戦いで壊滅的な打撃を与えたという「黄海の戦い」の再現になったのではないか、と想像するのである。

 ところで、前述の吉井氏は面白いことを書いている。阿津賀志山の防塁は未完成だったというのである。氏は、まず元寇の防塁や万里の長城などを例に、こうした防塁は軍事的な防塁であると同時に異民族・異文化との境界を示しているものである」と指摘している。つまり、奥州藤原氏側から見ると、鎌倉軍の進軍は仏都平泉を蹂躙せんとする「異民族」の侵攻だったというわけである。その上で氏は、阿津賀志山の中腹で終わっている防塁は、「本来はどこまでも西に延びて日本海に通じるべきものであった」としている。それによって、「自分たちの領域を阿津賀志山以北に設定し、これよりは『奥州夷狄』の地であることを宣言した」というのが吉井氏の解釈である。

 吉井氏は阿津賀志山の戦い以降、奥州軍が総崩れになった理由を、「阿津賀志山という境界線を越えられたこと」によるものだと指摘している。つまり、単なる防衛線ではなく、心理的な境界線でもあった阿津賀志山を越えられてしまったことによる「深刻な敗北感」が奥州軍や泰衡自身を襲ったというのである。これまでにないユニークな視点だと思う(写真は阿津賀志山山頂から見た福島盆地。819年前この地に立った奥州側の大将軍、藤原国衡に眼下の鎌倉方の大軍はどのように映ったのだろうか)。

anagma5 at 23:33|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!

2008年02月04日

私的東北論その8〜やはり必要な道州制の明確な「国家像」

fca7fc16.JPG
 1月24日付の秋田魁新報によれば、秋田県の道州制ビジョン懇話会は23日、「道州制のイメージ」中間報告素案の内容について大筋で合意したとのことである(該当記事)。

 素案では、「東北州」が実現すれば人口、GDPともベルギーと同程度になるとし、分権だけではなく、経済的側面からも道州制の意義を強調したとのことで、「産業、学術各分野で人や企業のパワーを結集することで一国並みの潜在力を持ち、国内外との競争により経済力を底上げする」としているそうである。

 この経済的側面でのメリットが重要であることは以前、このブログで紹介した大前研一氏の論考に詳しいが、今回この面に初めて触れたことには意義があると思える。なぜなら、これまでは、道州制が主に地方分権の文脈でのみ語られることが多かったからである。

 その意味で、秋田県の道州制ビジョン懇話会の今後出す「道州制のイメージ」には期待したいところだが、地方分権や経済的側面に加えて、もう一点期待したいのは、まさに道州制ビジョン懇話会の名前にある「ビジョン」である。

 1月5日付の河北新報によれば、仙台市民意識調査の結果として、道州制について「あまり関心はない」「関心はない」との回答が合わせて75.3%に上ったそうである。道州制の認知度についても、「知らなかった」が55.9%で最も多かったとのことである。この結果を見る限り、まだまだ道州制についての関心は高くないようである(該当記事)。

 記事には、調査した東日本リサーチセンターの「道州制は具体的にイメージしにくく、関心の低下を招いたのではないか」というコメントが載せられているが、道州制が「具体的にイメージしにく」いのは、道州制が実現した暁にどのような「東北州」が誕生するのかについてのビジョンが欠けているからに他ならないのではないだろうか。

 つまり、道州制成った後の「国家像」を誰かが明確なビジョンと共に声高らかに提示しないことには、「東北州民」の道州制への理解は得られないのではないように思うのである。今回のこの秋田県の道州制ビジョン懇談会の「道州制のイメージ」もその流れに与するものだとは思うが、この、東北州を統合するにふさわしいリーダーシップを持ったリーダーの「顔」が見えないのも、道州制に関する懸念材料の一つである。かつてのアテルイ、安倍貞任、奥州藤原氏に当たるような「カリスマリーダー」が今の東北にいれば、状況も大いに変わると思うのだが、言ってみれば、将来、この一国の大統領にも相当するような地位に就くべき東北のリーダーが、「道州制でこのような東北を創る」と宣言しなければ、道州制への理解と支持はなかなか得られないのではないようにも思う。

 なお、今回の秋田県の中間報告素案では、道州制で懸念される点に関して、「州都への一極集中が生じる」「区域拡大で住民サービスが低下する」などを挙げ、対応策として「一極集中は、州都と経済中心地を分離することで緩和できる」「市町村が住民サービスのほとんどを担うので、住民との距離は近くなる」などと明記したそうである。

 「州都」については、以前このブログでも提案したが、安易に仙台市とすることは絶対に避けるべきである。仙台市への一極集中を警戒する向きは東北の他の県、特に都道府県合併に向けて「最短距離」にあると言われる北東北の各県に根強いと思われる。「地方分権」の流れは、この「東北州」の中でも徹底すべきである。すべてが仙台市に集中し、あたかも東京に一極集中していた今までの日本のミニチュア版ができただけの道州制であっては決してならないと強く思う(写真は私の好きな木の一つである秋田県の旧山内村にある筏の大杉である)。


anagma5 at 22:03|PermalinkComments(0)TrackBack(1)clip!