庄内地方  

2011年11月29日

東北の逸品その23〜この時期だけの味覚「庄内柿」

081215-225827 秋になるとスーパーや果物店などで見かける果物が柿である。栽培方法や保管方法の工夫などで年中手に入るようになった果物も多いが、柿は依然この時期にしか見かけない、この時期だけ味わえる果物のままのようである。

 毎年紹介しようと思っていながら時期を逸して紹介しないでしまうのだが、今年は一念発起して(?)ぜひ紹介したいのが、そうした柿の中の一つである庄内柿である。

 庄内柿は山形県の沿岸、庄内地方の特産で、底が平らで角型の種のない柿である。庄内地方では明治時代の始めから栽培されているが、元は地元の農家の一人が行商人から買った柿の苗木の中に一本だけあった、他の柿とは違う平らで四角で種のない実のなる柿であった。それについて相談を受けた酒井調良という人がその柿を貰い受けて大事に育て、増やしていったのだそうである。

091103-095453 庄内柿は正式には「平核無柿(ひらたねなしがき)」というそうで、甘柿ではなく渋柿だったのだが、酒井調良は焼酎を使った渋抜き方法を独自に開発し、販路を拡大させていったとのことである。お隣り新潟の「おけさ柿」や「八珍」も、この庄内柿と同種の柿である。また、奈良などで取れる「刀根早生柿」は庄内柿の変異種だそうである。

 さて、味の方であるが、この庄内柿、他の柿より糖度が高く、そのため濃厚な味である。果肉は他の柿より柔らかく、食べやすい。私の父など、本来柿は好きでなかったそうだが、この庄内柿だけは食べる。もし、「柿はちょっと…」という人がいたら、ぜひ庄内柿を一度食してみてほしい。

 地元の方に聞いたところ、庄内柿の中でも鶴岡市の旧羽黒町松ヶ岡地区で取れた庄内柿が特においしいとのことだった。ただ、他の果物ではけっこう当たり外れがあったりするが、こと庄内柿に関しては「庄内柿」と書いてさえあれば、これまで外れだった経験がない。庄内のどこで取れた庄内柿でも多分期待を裏切らない味が味わえるのではないかと思う。

 ちなみに、上の写真は2008年に撮ったもの、下の写真は2009年に撮ったものである(笑)。

anagma5 at 19:39|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!

2009年04月17日

東北の逸品その17〜庄内の誇る和風スイーツ「笹巻」

090412-235753 以前ちょっと紹介した、庄内各地のクオリティの高い物産品をさまざま取り揃えている「清川屋」であるが、最近はオリジナルのスイーツの人気が高いようである。特に、「ほわいとぱりろーる」という卵白を使った純白のロールケーキは楽天市場などネット上でも人気が高く、これまでに70,000本以上売り上げているそうである。

 ほわいとぱりろーるはもちろん清川屋の自信作だけあっておいしいが、庄内でスイーツと言えば、この時期には「笹巻」がある(写真参照)。私も大好きな、この時期しか味わえない、庄内の誇る「和風スイーツ」である。

090413-000126 笹巻は、端午の節句にお供え物として各家庭で作られていた、木灰汁で煮た飴色のもち米を笹の葉で三角に包んだものである。笹を剥いて、添付の黒蜜を全体につけ、さらに添付の黄粉や黒砂糖をまぶして食べる。やさしい甘さの懐かしい味わいで、この時期になるとなんとなく食べたくなるものである。

 清川屋の笹巻は古来からの習慣通り、4月に入ってから5月の連休明けくらいまでしか置かれていない。まさに、期間限定の極上スイーツである。

anagma5 at 01:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2007年12月07日

東北の逸品その13〜鶴岡のだだちゃ豆

407b6f12.jpg ビールのつまみと聞いて真っ先に思い起こすのは、ドイツ人やポーランド人ならソーセージにザワークラウトなのだろうが、日本人にとっては枝豆であろう。この枝豆であるが、どれも同じように見えてその実なかなか奥が深い。聞くところによるとその品種は全国に200種ほどあるとか。それだけあるわけなので、一括りに枝豆と言っても、その地域によってさまざまな種類の枝豆が食べられているわけである。

 その枝豆であるが、東北人にとって最高級の枝豆と言えば、山形県鶴岡市の「だだちゃ豆」を措いて他にはない(参照サイト)。このだだちゃ豆、鶴岡市白山が原産の枝豆の「在来種」で、サヤが茶毛の茶豆の一種だそうである。サヤのくびれも深いため見た目こそ良くないが、味は絶品である。普通の枝豆にはない特有の甘みと旨みがある。だだちゃ豆を食べてから普通の枝豆を食べると、普通の枝豆がまったく物足りなく感じてしまうほどである。したがって、銀河高原ビールにだだちゃ豆という組み合わせは、私にとっては東北出身同士の黄金コンビというイメージである。

 ちなみに、だだちゃ豆の「だだちゃ」とは庄内地方の方言で「お父さん」のことである。庄内藩の酒井の殿様も相当この枝豆が好きだったらしく、領内のあちこちから枝豆を献上させ、「今日はどこのだだちゃの豆か」と尋ねながら食べたことからその名がついたそうである。

 このだだちゃ豆、難点を挙げるとすればまず当然ながら普通の枝豆よりは値が張ることである。しかし、これは希少価値のある枝豆であり、味も文句のつけようがないのでしようがない。問題はむしろ、出荷時期が8月のお盆の頃から9月上旬頃という、短い期間に限られることである。なので、「黄金コンビ」が組める期間は実はそう長くないのである。

 ただ、最近は幸運なことに鶴岡を含む庄内地方に行けば、冷凍保存されただだちゃ豆が手に入る。庄内を代表する物産店である清川屋にも冷凍だだちゃ豆があった(写真参照)。普通なら「生に比べれば冷凍ものなんて〜」と思ってしまうところだが、これまでの経験から清川屋が扱っているものに外れはまずないので、買って食べてみた。やっぱりおいしかった。生のだだちゃ豆をゆでたのと同じ味である。これがあることでだだちゃ豆が年中食べられるのはありがたい。

 ちなみに、仙台には「仙台ちゃ豆」という枝豆がある。これもだだちゃ豆と同じ茶豆の一種で、実は数年前まで「だだちゃ豆」の名で売られていたが、だだちゃ豆は鶴岡の特産品ということで、現在の名称に変わったという経緯がある。「仙台ちゃ豆」ももちろん悪くないが、やっぱりだだちゃ豆の方が味は上だと思う。

 そうそう、このだだちゃ豆、おいしい枝豆ということで首都圏など他の地域でもその名は知られているようであるが、残念なことに東北山形の鶴岡の特産品であることはそれほど知られていないようである。う〜ん、ここでも東北のPR下手が出てしまっているのかなぁ〜、と思うのは私だけだろうか。せっかくブランドイメージがあるのだから、これからも豆にPRを行ってほしいものである。

anagma5 at 00:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2005年02月28日

東北のオススメスポットその5〜庄内

349e2990.JPG  庄内とは、山形県の日本海沿岸地域のことである。今でこそ内陸の最上、村山、置賜と共に山形県の一部だが、藩政時代は庄内藩として内陸とは別の藩であった。そのせいか、今でも内陸とは言葉も食文化なども異なっている。

 この地域の見所は、海と温泉である。海は遠浅の浜が続き、夏は波静か、水もきれいで海水浴に最適である。私はずっと仙台に住んでいるが、子どもの頃夏休みは毎年泊りがけで庄内に海水浴に連れていってもらったものである。季節風の関係で、夏の太平洋側は曇り空の日が多く、夏らしい太陽を拝める日というのは限られているが、日本海側は夏は晴れの日が多く、その意味でも海水浴にはもってこいである。それとやはり海に沈む夕日の素晴らしさはなんとも言えない。

 新潟県境付近から国道7号は天候が荒れる日は道路に波しぶきがかかるほど海岸すれすれを走っており、海を見ながらのドライブにもってこいである。7号が内陸に入る由良地区で海岸を走る国道112号に入ると、引き続き海を見ながらのドライブを湯野浜まで続けることができる。

 この地域のもう一つの特徴として温泉が多いことが挙げられる。庄内三楽郷と言われる湯野浜温泉、あつみ温泉、湯田川温泉が特に有名である。湯野浜温泉は目の前が砂浜のリゾート温泉地。温海温泉は海岸から山の手の方に登っていったところにあるが、「萬国屋」など高級旅館があり、朝市でも知られる。「大清水」という湧き水で打った手打ちそばを出すお店も有名である。湯田川温泉は春の「孟宗汁」が名物の、山あいにある落ち着いた、ひなびた雰囲気の温泉である。

 で、私のオススメはそれら庄内三楽郷とは別の由良温泉、…だったのだが、この由良温泉の中にあって、子どもの頃毎年夏に家族で泊まってお気に入りだった国民宿舎由良荘が、数年前廃業してしまった(参照サイト)。由良荘がなくなって、由良温泉の宿は、今は高級リゾートホテルのホテル八乙女と民宿数軒だけになってしまった。それでも、目の前の海はきれいだし、新鮮な海の幸は食べられるし、白山島という小さな島にも橋を渡って行けるし、やはり好きな場所である。夕日にシルエットになって浮かぶ白山島はとても絵になる風景である(写真は白山島から見た夕焼け)。


追記(2007.9.7):閉鎖した国民宿舎由良荘だが、民間に売却されて「ホテルサンリゾート庄内」としてこの4月にオープンしたようである。建物などは国民宿舎時代のものをそのまま使っているが、露天風呂付客室や岩盤浴の設備など、内装にはかなり手が加えられているようである。室数限定だが安価なビジネスプランもあり、使い勝手はよさそうである。

anagma5 at 23:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!