津軽三味線  

2011年11月18日

東北をめぐる鉄道の旅その10〜JR五能線

111106-082258 JR五能線(ごのうせん)は、青森県田舎館村の川部駅と秋田県能代市の東能代駅とを結ぶ全長147.2kmのローカル線である。名前は、沿線にある津軽半島の拠点都市五所川原市と秋田県の能代市の頭文字から取られている。

 この五能線、今や東北地方を走るローカル線の中でも最も有名な路線と言っても過言ではないのではないだろうか。特に、鰺ヶ沢から東能代までほとんど日本海沿岸を走っていることから、車窓から間近に見られる日本海の美しい景色で知られている。JRも「観光資源」としての五能線の重要性は十分認識しているようで、青森(一部は弘前)と秋田を結ぶ全車指定席の臨時快速「リゾートしらかみ」を1日3往復運行させている他、沿線自治体とタイアップしての観光イベントの実施にも積極的に関わっている。

 「リゾートしらかみ」は、「青池」「ブナ(木偏に無)」「くまげら」という、外観と内装が異なる3つの編成で運行しており(上の写真は「ブナ」編成のリゾートしらかみ2号である)、中でも昨年導入された新しい「青池」は通常のディーゼルエンジンで走る列車とは異なり(五能線は電化されていない)、ディーゼルエンジンで発電した電気でモーターを回して走るという「ハイブリッドシステム」を採用した列車として話題を呼んだ。東北新幹線が新青森まで延伸したため、この「リゾートしらかみ」は東北新幹線と秋田新幹線の終着駅同士を結ぶ列車ともなった。なお、この「リゾートしらかみ」、「臨時快速」という扱いだが、夏季期間(今年は11/27まで)は平日も含めて毎日運行している。冬季期間は土日休日と一部の日のみの運行である。

111106-082619 青森8:21発のリゾートしらかみ2号に乗ると、終点の秋田に着くのは13:21なので、ちょうど5時間の旅である。リゾートしらかみには普通席の他に4名のボックス席もある。どちらも指定席料金は同じ510円である。私が乗った時には希望したA席の空きが普通席にはなかったのか、ボックス席が割り当てられた。ボックス席を3名以下で利用する場合は相席になる場合もあるとのことだったが、結局終点の秋田まで誰とも相席にならなかった。ちなみに、青森発でも秋田発でも、普通車指定席ではA席が海側である。ボックス席はすべて海側に配置されているが、その中でもA席とD席が窓側である。窓越しに海が見たい場合は私のようにとにかくA席を希望しておけば間違いはないはずである。

0903_001 左は車内で手に入る五能線のパンフレットにある路線図だが、これを見れば五能線がどこをどう走っているか一目瞭然である。五能線の青森側の起点である川部駅は青森駅と弘前駅の間にあるが、リゾートしらかみは青森からJR奥羽本線を南下して一旦川部を通り越して弘前まで行った後、折り返してきて川部から五能線に入る。従って、弘前から川部までは進行方向が反対になる。川部から五所川原までは線路の両側にしばらく果樹園のりんごの木々が途切れることなく続く。りんごの白い花が咲く春やりんごの赤い実がなる秋はさぞかし壮観だと思う。

 五所川原から日本海沿岸の港町鰺ヶ沢までは、向こうに津軽富士・岩木山を望む津軽平野の田園風景が続く。海沿いの景色ばかりがクローズアップされる五能線だが、果樹園のりんごの木やこの田園風景も見どころの一つだと思う。五所川原からは、津軽三味線の弾き手が2,3名乗り込んできて、車内のイベントスペースで鰺ヶ沢に着くまで津軽三味線の演奏を聞かせてくれる。揺れる車内でも乱れない演奏はさすがである。列車によってはさらに、「津軽かたりべの会」の方々の津軽弁昔語りも聞ける。

十二湖青池 鰺ヶ沢からはお待ちかねの日本海の景色である。まず、古の地震で隆起し、津軽藩の殿様が畳千畳を敷いて宴会したというところから名付けられた津軽西海岸の名勝・千畳敷海岸がある。リゾートしらかみでは最寄りの千畳敷駅を停車せずに通過してしまうが、その付近ではきちんと徐行してくれる。以前紹介したことのあるウェスパ椿山にも同名の駅があり、五能線でも楽にアクセスができる。リゾートしらかみの列車の一つ「青池」の名前の由来となった十二湖の青池(写真参照)は、本当に神秘的な青色をした池だが、十二湖駅からリゾートしらかみ発着時刻に合わせた無料送迎バスでアクセスできる。秋田県側に入った岩館駅周辺も海岸に沿ってさまざまな形の岩が連なる絶景ポイントでやはり徐行運転してくれる。

111106-112424 海にばかり目が行くが、山側に目を転じると何と言ってもこのエリアには世界遺産の白神山地がある。五能線からも白神山地を望めるスポットがいくつもあるので、そちらも実は見どころである(写真の奥にうっすらと見えるのが白神山地である)。

 東能代からは再び奥羽本線に乗り入れて秋田に向かうが、ここでまた進行方向が反対になる。普通席は座席が回転できるのでそのようにして対応している人も多い。以降、終点の秋田までは日本海の景色は見えないが、途中には右手になまはげで有名な男鹿半島の真山などが向こうに見え、その手前には八郎潟の干拓地も見える。

 先に書いたように、東北新幹線の新青森延伸により、五能線は東北・秋田両新幹線を結ぶ列車となった(新青森は始発の青森から一つ秋田寄りの駅でリゾートしらかみも停車する)。そのお陰で、首都圏からでも一旦新幹線で青森か秋田に行けば、そこからリゾートしらかみで反対側の秋田または青森を目指して移動することができ、そこからまた新幹線を利用して帰ることができる。もちろん、沿線で途中下車して、海や山のリゾートも満喫できる。

 そのようにして見ると、この五能線、首都圏から見ると、かつては東北のローカル線の中でも最も行きづらい場所にあるローカル線と言える路線だったのだが、今や新幹線を利用すれば最も行きやすい、しかも見どころの多いローカル線となったように思う。夏の晴れた日のどこまでも青い日本海も最高だが、冬の鉛色の空の下の激しい波しぶきの立つ荒々しい日本海も一見の価値ありである(ただ、あまりに天候が悪いと五能線が運休する恐れもあるが)。

anagma5 at 01:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2004年11月24日

東北の食べ処その4〜青森市

b2e1fb0c.jpg 青森市は言うまでもなく、青森県の県庁所在地である。もともと青森県は西半分の旧津軽藩と東半分の南部藩という、文化も風土も違う2つの地域が合わさってできた県であるので、両方の間にあって、陸奥湾に面したこの地に県庁所在地が置かれた。ただ、文化的には(言葉も含めて)津軽の影響の方が色濃い。


トムヤムクン青森市本町3-3-3、TEL017-777-9899、17:00〜24:00(日祝〜22:00)、無休)
 アジア料理のお店。店の名前にもなっているトムヤムクンとチキングリーンカレーがおいしいが、その他のものもいずれ劣らずおいしい。

 お酒の種類も多く、アジア各国のビールも飲めるが、私的に何よりも嬉しいのがベルギービール「ヒューガルデン」の樽生が飲めること。店の雰囲気もオシャレでいい。

おすすめ:トムヤムクン、チキングリーンカレー、ヒューガルデン


マル海ラーメン青森市安方2-2-16、TEL017-722-4104、10:30〜20:30、日曜定休)
 家族4人で年商1億を稼ぎ出す青森市内の大繁盛ラーメン店。朝日新聞の全国のラーメン店10店にも選ばれた。メニューは「大」と「中」のみ。

 2種類の小麦粉をブレンドした太麺と魚のダシが効いたやや酸味のあるスープの組み合わせが病みつきになる。

おすすめ:ラーメン


六兵衛青森市古川1-17-2、TEL 017-776-5639、17:00〜23:00、日曜定休)
 むつ湾の新鮮な魚料理とおいしい地酒を手頃な値段で出してくれる嬉しいお店。店の中はそれほど広くないが、それがかえって落ち着ける。

 週末はすぐ席が埋まってしまうので、早目に出掛けるのが○。

おすすめ:ホタテの貝焼き、その日ある刺し身


甚太古(じんたこ)(青森市安方1-6-16、TEL017-722-7727、18:30〜22:30(LO21:00)、第1・3日曜定休)
 伝説の津軽三味線奏者、故高橋竹山の一番弟子だったおかみさん西川洋子さんの手料理と津軽三味線が味わえるお店(写真参照)。

 一般に、津軽三味線はバチを叩き付けるような迫力のある演奏と捉えられがちだが、故高橋竹山が「三味線は叩くものじゃなく弾くもの」と言っていたのを髣髴とさせる繊細な音色に引き付けられる。曲の合間の津軽弁の語りもユーモアたっぷりで楽しめる。

 ただし、要予約のお店なので、行く前に電話を。コースが5,000円くらい。

おすすめ:津軽三味線

anagma5 at 18:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2004年10月23日

私的東北論その4〜沖縄に負けない東北らしさを

424e93fc.JPG 私事で恐縮だが、私は歌うことが好きである。小中高と、校内で合唱祭、合唱コンクールなどがあると、クラスに一人はやけに張り切って人一倍大きな声で歌う生徒がいるが、それが私の昔の姿である。その私は、数年前県内の某大学の学園祭の折にカラオケ大会に出場し、何を間違ったか優勝してしまったことがある。その賞品として仙台―札幌の往復航空券をもらった。

 その往復航空券で冬にスキーに行ったが、その機内でアンケートに答えたところ、なんと今度は行き先自由の往復航空券が当たった。恐るべき勝負運というところだが、その往復航空券でどこに行くか考えて、北には行ったので、今度は南だろうということで沖縄にすることにした。私は歌うことと同じくらい自転車に乗ることが好きなので、沖縄を自転車で一周することにした。私が当たった航空会社の沖縄便は福島からしか出ていなかったので、福島県南部にある福島空港までは高速道路を使って車で移動した。

 初めて訪れる沖縄は、実に刺激的な地であった。沖縄の人たちは自分たちのアイデンティティをとても大切にしていると感じた。沖縄は1609年に島津氏に侵攻されて以来、島津氏の支配下にあった。1879年の琉球処分以後は、沖縄は強制的に日本の一部に組み入れられた。それでも沖縄の人たちは自分たちの自分たちらしさを失わず、悲劇の戦禍も乗り越えて現在を生きている。彼らの中には「自分たちは『うちなんちゅ』だ」という確固たるアイデンティティがあり、それが彼らの心の根っこの部分にある。そうした思いが沖縄という地の至るところから感じられ、それが私には刺激的だったのである。

 沖縄の文化・慣習・食などを目の当たりにしながら、東北はどうだろうと考えさせられた。東北も元はと言えば、大和朝廷の支配の外にあった「独立国」であった。朝廷に従わない者は蝦夷と言われて虐げられ、従った者は俘囚と呼ばれて蔑まれた。征夷大将軍坂上田村麻呂と蝦夷の族長アテルイとの激しい戦いの以後、岩手県内陸部の「奥六郡」と秋田県南部の「仙北三郡」以南は朝廷の支配下に置かれた。平安時代末期の1世紀にわたる奥州藤原氏三代の時代は、平泉文化が花開いた。京都の仏教文化を取り入れつつも、金色堂に代表されるような京都にもないものを作ろうという気概が感じられた。

 しかし、源頼朝による文治五年奥州合戦を経て「日本」に組み込まれた後は、単に私の不勉強かもしれないが目を瞠るような文化は見られないように思う。以降、今に至るまで、東北は日本の一部として同化することに専心してきたように見える。

 今、沖縄の文化に互角に対抗できるとすれば、東北ではやはり津軽だろうか。沖縄の三線と津軽三味線、島唄と津軽民謡、全島エイサー祭りと青森ねぶた祭…、こうして見るとがっぷり四つのいい勝負ができるかもしれない。

 沖縄からの帰りの飛行機、ふと窓の下を見ると首都圏の街並みが見えた。どこまでも広がる市街地、ビルの群れ、それらが霞んで見える空気、時々出張で訪れる街は上から見るとこのような街だったのだとわかった。人脈もあり情報もあり、仕事で行くにはとても貴重な街だが、自分が住むには大きすぎると思った。

 飛行機はそれから北に進路を変えてしばらく飛んで、夕方頃に福島空港の上空に差し掛かった。眼下には遥か先まで続く緑の森がオレンジ色の夕陽に照らされて、とてもまぶしく美しく見えた。ここが自分の住んでいる場所なのだと思うと、何か無性に嬉しかった。

 「東北には何もない」という声を住んでいる人から聞くことがある。何もないことはないのだと思う。その人が探しているものはないのかもしれない。でも、それを補って余りあるものが東北にはあると私は思う(写真は沖縄の喜屋武岬。沖縄戦では人々の血で海が赤く染まった、という)。

 ちなみに、私はその後抽選や懸賞の類には一切当たっていない。どうやら一生分の運を既に使い果たしてしまったようである(笑)。

anagma5 at 19:32|PermalinkComments(1)TrackBack(0)clip!

2004年08月31日

東北の食べ処その1〜青森県弘前市

45f139e3.jpg 食は生きていくに欠くことのできない営みであると同時に大きな楽しみでもある。東北は海の幸、山の幸に大いに恵まれており、それらを生かしたおいしい店が数多くある。観光ガイドに必ず登場するような店もあるが、あまり知られていない店もある。

 あまり知られていない店が、人が来ないがために閉店してしまうと私が困るので(笑)、この東北ブログでは、私がおいしいと思った東北各地の店も紹介したい。初回は青森県弘前市の店である。


カリ・マハラジャ写真参照弘前市土手町132 、TEL0172-35-7344 、11:00〜15:00、17:00〜20:00、木曜定休(祭日を除く))
 ここはすごい。無農薬米やホールスパイス(粉末は香りが飛びやすいし、何が混入されているか分からないのだという)、アルカリイオン水の使用など、材料を吟味することはもちろん、火を絶やさずに煮込み続け、完成まで3週間もかけるという、一切の妥協を排して生まれた、オリジナルのスパイスカレーの店である。

 インド料理店では一般的なナンも作らない。添加物として膨らし粉を使わなければならないからだと言う。代わりに添加物を使わないで作れる素朴なチヤパティを出す。インドでは実はむしろナンよりチヤパティの方が一般的とのことである。ライスは無農薬米にターメリックで色をつけたターメリックライスである。サフランを使うのが一般的だが、薬効はターメリックの方が高いのだと言う。

 私が三度の飯よりカレーが好きなことは知っている人は知っているが、その私があちこちでカレーを食べて、今のところ一番おいしいと思う店である。テイクアウトも可。全国発送もやっている。

 ご主人は以前食品会社に勤めていたそうだが、そこで遭遇した食べ物軽視、消費者軽視の実態に我慢ならず、本当に身体にいいものを提供したいと店を開いたのだという。そんなご主人の執念にも似た思いがここのカレーには表れている。ただ、カレー作りに打ち込むあまり、ご主人が体調を崩してしまったりもし、気掛かりである。身体をいたわって、いつまでも身体においしいカレーを作り続けてほしい。

 カレーは大きく分けてとろみのある「マハラジャカレー」とスープ状の「マハラニカレー」があり、それぞれ具と辛さを選べる。私のオススメはマハラジャチキンカリー+ターメリックライス。

 カレーのことばかり書いたが、デザートもおいしい。自家製ヨーグルトのラッシー、中でも季節限定のストロベリーラッシーもおいしいし、タピオカデザートもぜひ頼んでほしい。タピオカの粒が大きいのが目を引く。しかも食感がいい。見慣れたタピオカはすぐ柔らかくなるので使いやすいが、この店で使っているタピオカは柔らなくするのに一晩煮込まなくてはならないそうだ。ここのご主人はデザートにも手を抜かないのだ。


山唄弘前市大町1-2-4 、TEL0172-36-1835 、17:00〜22:40LO、第1、第3月曜定休)
 JR弘崎駅前にあり、津軽三味線の名手山田千里さんとそのお弟子さんによる津軽三味線の演奏が聞ける「ライブハウス」である。飲食のメニューはだいたい通常の居酒屋と同等だが、「津軽」を感じさせる帆立のけやぐ(貝焼き)がいい。

 別の機会に紹介しようと思うが、青森市には甚太古という店があり、そこでは伝説の津軽三味線奏者高橋竹山の一番弟子だった高橋竹苑さんの演奏が聞ける。高橋竹苑さんの津軽三味線は「三味線は叩くものではない」という高橋竹山の教えを受け継いだ繊細な音色だが、山田千里一派の演奏はそれとは違い、リズム感を前面に出した迫力のある演奏が特徴である。一般の人の津軽三味線のイメージは、恐らくこちらの方が近いと思う。

 10数人の奏者による合奏はまさに圧巻で、飲み食いする手を止めて聞き入ってしまう。ここでは津軽三味線が何よりのごちそうなのである。


緑屋弘前市大字豊田1-1-2、TEL0172-27-0411 、11:00〜売り切れ終了、月・火曜定休(1月〜3月は土日祝日のみ営業))
 弘前にはおいしい中華そば屋が多いが、ここはその代表格。手打ちのちりちり細麺に旨みたっぷりの醤油スープがよく絡む。昼は人で溢れている。ご主人が朝の3時から仕込んだこの手打ちラーメンは1日100食限定で、なくなり次第終了となる。


 津軽の人の気質を表す言葉として「じょっぱり」がある。「負けず嫌い」「強情っぱり」というような意味だが、ここに紹介したいずれも店も、そうした津軽のじょっぱり気質が垣間見える気がする。


追記(2009.6.18): 弘前市内に初めての本格的インド料理店キンスカバブ(弘前市大字田園4-7-4ケイエスハイツ1F、TEL0172-26-9378、11:30〜14:30、17:30〜21:30、水曜定休)が昨年11月にできた。カリ・マハラジャが休みの木曜日にもやっているということで、私にとってはありがたい。

 また、津軽弘前屋台村かだれ横丁には、インド料理の屋台カンティプール(店のパンフレットには「カンティプル」とあるが一応かだれ横丁の方の表記に従っておく)がある。11:00〜14:00と17:00〜2:00の営業で、無休であるので、夜飲んだ帰りにカレーが食べたくなったという時などに重宝しそうである。

 5月末にはこのカンティプールの弘前駅前店東横イン弘前駅前の1Fにオープンした(TEL0172-55-0371、11:00〜24:00、無休)。ホテルに入っているインド料理店というのは珍しい。東北では他には八戸市内のよねくらホテルのインド料理レストランゴールデンパルキがあるくらいだろう。


追記(2014.6.19):上記「カリ・マハラジャ」、店主の海老名さんがこの5月に急逝されたために、当分の間休業するとのことである。残念である。海老名さんとはもっといろいろとお話をしたかった。急に亡くなられたとのことで、ご家族の悲しみたるやいかばかりかと思う。この先のことなど考える余裕すらない状況とも思う。いつかまた、海老名さんがゼロから作り上げたあのカレーを守り継いで再開していただけたら、と思う。

anagma5 at 19:26|PermalinkComments(0)clip!