湯沢市  

2006年12月03日

東北で地ビールが飲める店その15〜秋田県湯沢市

3ed1c24b.jpg 秋田県湯沢市は、秋田県の内陸南部に位置する人口約55,000人の市である。昨年3月に小野小町の生誕地として有名な雄勝町、稲庭うどんや川連漆器で有名な稲川町、小安峡や温泉、それに以前紹介した栗駒高原牛乳で有名な皆瀬村と合併して、秋田の最南端の市となった。

 同じ秋田県の内陸南部でも、新幹線の駅がある大仙市や高速道路のジャンクションがある横手市と違い、交通が不便な場所という思いが地元の人にはあるようで、市内のとある居酒屋には「陸の孤島!頑張れ湯沢市」というのぼりが立っていた。

 秋田県南をエリアとするタウン情報誌「あんどなう」を見ていて見つけたのだが、その湯沢市には50種類以上の外国ビールを常時揃える「ロッソコルサ」(湯沢市表町2-1-23、TEL0183-72-3661、19:00〜2:00、日曜定休)というビアカフェがあるというので早速行ってみた。

 ロッソコルサ(写真参照)は、JR湯沢駅にほど近い湯沢駅前名店街の中にあった。中はカウンターだけの小ぢんまりとしたスペースに、ビールの瓶が所狭しと飾られている。メニューを見ると情報に違わず、ベルギーやドイツをはじめ、イギリス、アメリカ、アジアなどのビールが確かに数十種類(数えてないので)あった。

 マスターも言うとおり、ここは秋田県南唯一の本格的なビアカフェであろう。秋田県内でこの品揃えに匹敵するのは、前に紹介した県北の大館市の「びいる亭」くらいではないだろうか。秋田市内の項に追記しておいたが、秋田市内の「酒のSUZUKIYA」でも輸入ビールはおよそ20種類くらいである。

 ちなみに、ここに来る前に湯沢市内の繁華街をくまなく歩いてみたが、他においしいビールが飲めそうな店は残念ながら見当たらなかった。そのようなわけで、この店は秋田県南のビール文化を一手に引き受けている感のある貴重な店である。ビールに造詣の深いマスターとの会話もとても楽しく、勉強になる。これからも、日本酒好きの多いここ湯沢市の皆さんにおいしいビールを提供していってほしいものである。もちろん、私もまた足を運んでみたい店である。


追記(2008.9.21):上記の「50種類」は絶えずマスターの趣味や興味と関心で変動しており、行った時に何が飲めるかは行ってみてのお楽しみである。ただ、いつ行っても私の好きなドイツのヴァイツェンやベルギーのランビック、修道院系のビールは何か置いているので嬉しい。先日行った折には、ドイツのシュナイダー・ヴァイス(ヴァイツェン)、ベルギーのミスティック(チェリーのランビック)、同じくイヒデヘムズのオードブリューン(オールドブラウンの意味、長期熟成ビール)、修道院系で唯一オランダのラトラッペのクアトリペルをいただいた。

 やはりビール好きには堪らない店のようで、先日も仙台から出張で来た人が3日間通い詰めていろいろなビールに舌鼓を打ったそうである(念のために言っておくが、私ではない;笑)。

 それから、ビールの陰に隠れて目立たないが、チーズもマスターの趣味でその時々でいろいろ置いてあって出してくれる。私がこの時行った折には、珍しいパルメザンチーズの塊を出してくれた。これまたビールに合っておいしかった。


追記(2011.7.17):このロッソコルサで、あくらビールの樽生が飲めるようになった。これはまた何ともありがたいことである。


131009-201452追記(2013.10.9):ロッソコルサのあくらビールは、毎週木曜日から週末にかけて飲めるとのことである。
 また、同じくJR湯沢駅近くにできたBAR Pocketは、ウィスキー、カクテル、シガーがメインのバーだが、ビールではシメイブルーとヒューガルデンが飲める。








追記(2016.8.28):なんとロッソコルサがなくなって違う店に変わってしまっていた。美味しいチーズを味わいながら美味しいビールを飲むことができなくなって残念である。BAR Pocketは健在である。


追記(2018.3.22):湯沢グランドホテルで、「羽後麦酒」のペールエールが樽生で飲めるようになった。



anagma5 at 22:02|PermalinkComments(0)clip!

2005年08月24日

東北の逸品その7〜栗駒高原牛乳、ヨーグルト、そして…

ba488640.jpg  宮城県と岩手県、そして秋田県の3県の県境にまたがる標高1,627mの栗駒山の山麓には良質の温泉が多い。宮城県側の駒の湯湯浜湯ノ倉温湯(ぬるゆ)、それに岩手県側の須川の5つの温泉を総称して栗駒五湯と言うが、いずれも古くからの温泉でのんびりするには最適の温泉である。湯浜温泉と湯ノ倉温泉は電気が通じていないランプの宿である。

 栗駒五湯には数えられていないが、秋田県側にも大湯温泉小安峡温泉(※小安峡温泉のある旧皆瀬村と合併した湯沢市のサイトにはまだ小安峡温泉などの観光情報がアップされていない)、それに栗駒からは少し離れるが泥湯温泉という、いい温泉がある。

 今回取り上げる栗駒高原牛乳とヨーグルトは、小安峡温泉に湧く豊富な温泉による地熱を全国で初めて活用した結果誕生した逸品である。製造元の栗駒フーズは、 栗駒山麓で酪農を営んでいた10名が共同で設立した企業だが、そこでは栗駒山麓の湧き水とこだわりの飼料で育てられた牛から搾乳された原料乳に、温泉熱を 利用した65℃-30分の低温殺菌処理を行い、自然な風味と栄養を持つ牛乳を作り出している。普通の牛乳ももちろんおいしいが、他にも脱脂粉乳を使ってい ない低脂肪乳や牛乳80%にロブスターとサントスをブレンドしたコーヒーを加えた炭焼珈琲牛乳など、こだわりを感じされる商品がある。

 ヨーグル トは低温殺菌した原料乳を、さらに温泉熱を利用し乳酸発酵させたもので、添加物、安定剤、防腐剤等、一切使用しておらず、牛乳の持つ風味とおいしさがその ままヨーグルトに出ている。ドリンクヨーグルトがメインだが、中でも甘味付けに三温糖と蜂蜜を使った甘さ控えめのハニーヨーグルトと、三温糖に苺果肉を加えた苺ヨーグルト(写真参照)が私のオススメの逸品である。

 牛乳やヨーグルトもおいしいのだが、もう一つのオススメはソフトクリームである。小安峡温泉近くにある栗駒フーズの工場で食べられる他、同じく小安峡温泉にあるとことん山、湯沢市の市街地にあるカウベル、横手市にある秋田ふるさと村、 それに秋田空港1F喫茶スペースsoraなどで食べられる。同じものだとは思うのだが、私的には工場のと、とことん山とカウベルのが他のところのよりおいしい 気がする。

 「牛乳屋さんのソフトクリーム」と銘打っている通り、おいしい牛乳の味がそのまま活かされているソフトクリーム で、私が今まで食べた中で一番おいしいと感じた。コンビニのミニストップのソフトクリームはおいしいと思うが、ここのソフトクリームはさらにその上を行っ ている 印象である。ぜひ一度試していただきたい。


追記(2006.1.26):秋田空港1F soraのソフトクリームは、栗駒高原牛乳のものではなくなったようである。久々に頼んでみたら、量はかなり増えていたが、味は何の変哲もない普通のソフトクリームのものだった。今まであった栗駒高原牛乳ののぼりもなくなっていたので、恐らく原料供給先が変わったのだと思われる。甚だ残念である。


追記(2006.11.12):秋田空港1F soraに「栗駒高原牛乳」ののぼりが復活した。ソフトクリームも栗駒高原牛乳のものになったそうである(チョコは除く)。牛乳そのものも飲めるが、この牛乳と有機栽培豆のコーヒーを使ったカフェオレがおいしそうである。


追記(2007.9.9):栗駒フーズのソフトクリーム「牛乳屋さんのソフトクリーム」を食べられる場所がもう一つあるのを忘れていた。東京のJR有楽町駅前の東京交通会館内にある「花まるっ秋田ふるさと館」である。秋田県内以外で食べられるのは、恐らくここだけである。東京交通会館内には他にも都道府県のアンテナショップがいくつもあり、北海道のアンテナショップでもソフトクリームは食べられるが、個人的にはこちらのソフトクリームの方がオススメである。

anagma5 at 19:04|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2005年06月30日

東北の逸品その4〜稲庭吉左衛門の稲庭うどん

59ff46de.jpg  うどんと言うと、何と言っても香川の讃岐うどんが有名だが、日本三大うどんと言うと、この讃岐うどんと群馬の水沢うどん、そして秋田の稲庭うどんを指す(讃岐うどんの代わりに長崎の五島うどんとする説もある)。讃岐うどんや水沢うどんが太切りで腰の強さを売りにするのとは対照的に、稲庭うどんは細打ちで喉越しのよさを特徴としている。

 稲庭うどんの起源については諸説あるが、文献に初めて登場するのは寛文五年(1655)であるとされる。その後この「稲庭干饂飩」が秋田藩主佐竹家の御 用達となり、稲庭吉左衛門家が代々一子相伝でその製法を秘伝として受け継いできた。

 が、その系譜が途絶えるのを恐れた稲庭吉左衛門家が分家佐藤養助家にも その製法を伝授した。明治に入るとさらに多くの稲庭うどん製造元が誕生したが、その総本家はそのような経緯から紛れもなく稲庭吉左衛門である(現在第十六代目)。

 ところがこの稲庭吉左衛門の稲庭うどん、なかなか手に入らない。他の製造元が一部の工程を公開してたくさんの従業員を雇って大量生産を実現しているのに背を向けるかのように、頑なに昔ながらの稲庭吉左衛門氏一人の手作業を守り通しているために大量生産ができない。佐藤養助商店寛文五年堂稲庭手延製麺といった製造元の稲庭うどんは贈答品として広く流通しているのに対して、この稲庭吉左衛門の稲庭うどんは地元の人ですらめったに入手できない「幻のうどん」となっている。秋田以外の人は、そもそも稲庭吉左衛門のうどんのことをまず知らない。

 この稲庭吉左衛門のうどん、注文しても今や2、3年待ちだそうである。まさに幻のうどんだが、実は稲庭吉左衛門の稲庭うどんが買える可能性のある店が、私の知る限り秋田県内に2つある。一つは以前紹介したダムの茶屋」である。ここは稲庭吉左衛門のうどんが食べられる稀有の店だが、販売用に稲庭吉左衛門のうどんが置いてあることもある。それから、もう一つは秋田市仲小路にある「さかいだ」という食器店である。ここは稲庭吉左衛門の親戚筋に当たるということで特別に販売されている。が、いつもあるわけではない。入荷すると地元の新聞「秋田魁新報」に、ごく小さく広告が載ったりする。

 ダムの茶屋で稲庭吉左衛門のうどんを食べたことは何度もあるが、持ち帰り用のうどんを買ったことはなかった。が、先日さかいだで初めて購入することがで きた。入荷したてだったそうだが、既に残り少なかった。奮発して桐箱入りのものを買おうかとも思ったが、あまりに高いので(他の製造元のものの倍くらい)、結局家庭用の袋入りの切り落としにした(写真参照)。それでも同様の切り落としの倍近くの値段(1,465円)だった。

 ITが発達し、大抵のものはネット上で手に入れることができるようになったが、この稲庭吉左衛門のうどんは、まだネット上では手に入らないようである。

anagma5 at 23:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2005年04月01日

東北の食べ処その5〜秋田県南地方のカレー

pokara 町の「成熟度」を測る方法はいろいろあるだろうが、私が個人的に意識しているのは、インド料理店の有無である。普通のカレーショップではなく、インド料理店である。インド料理店に限らず、タイ料理やベトナム料理でもよいのだが、要するにそうした店がやっていけるような、「異文化」を受け入れる余地がある町かどうかが、その町の成熟度を測る一つの目安になるのではないか、と勝手に思っている。大きな町にインド料 理店が複数あるのはそうした意味ではごく当然と言えるが、小さな町では1軒でもあるかないかで、町の印象はずいぶん違う(と思う)。

 と前置きしておいて、今回は秋田の県南地区でインドカレーなどアジア系の料理を食べられる店を紹介したいと思う。いずれも、町の規模から言えば、こうした料理を食べられる店がなくても不思議ではない町であるが、実際には1軒ずつでも店があり、存続している、私の基準から言えば「成熟した」町である。


インドカレーロダン由利本荘市出戸町字八幡下157 、TEL0184-24-3418、11:00〜14:00、17:00〜21:00、火曜定休)
 秋田県の沿岸南部で本格的なインドカレーが食べられる貴重なお店である。普通のカレーとインドカレーの2種類があって、それぞれいろいろな種類のカレーがあるが、ここに来たらインドカレーを食べないと意味がない、と断言したい。

 インドカレーはブイヨンと20種類のスパイスで煮込んだもので、くどくなくあっさりしていて飽きのこない味である。テイクアウトも可である。

 辛いのが好きなら、注文時に頼めば辛口にしてくれる。+50円で煮込んだにんにくの粒を入れてくれるが、これがまたホクホクしてて美味である。

おすすめ:チキンインドカレー(辛口)+にんにく粒


ムーンライト大仙市大曲黒瀬町10-10-1、TEL0187-62-3238、18:00〜24:00、日曜定休)
 無国籍料理の居酒屋だが、その日何があるかはマスターの気分次第である。注文は店の壁に掛けられている黒板を見て、その日そこに書いてあったものの中か ら選ぶことになる。でも、時々つくってくれるグリーンカレーはとてもおいしい。どうしても食べたいなら、行く前に電話をしておくのがいい。

 「作るのに時間がかかるから」という理由でいまだにお目にかかっていない、幻のインドカレーも死ぬまでに一度は食べてみたいものである。

おすすめ:グリーンカレー


歩空横手市安田字ブンナ沢80-47、TEL0182-32-5025、11:30〜23:00(日曜は21:30まで)、無休)
 歩空と書いて「ぽから」と呼ぶ。ポカラとはネパールの都市の名前である(参照サイト)。ここはすごい。店の外観、内装、いずれもアジア系の香りぷんぷんで個性的である(写真参照)。 夜などはますます怪しげな雰囲気を醸し出している。

 まずは同店のサイトを見ていただきたい。この店が並みのカレー屋でないことが分かる。「歩空経典」など を見ると、「怪傑ゾロリ」もびっくりのオヤジ系ギャグのオンパレードである。「ご予約はお電話で」と書きながら、電話番号がそばに書いてなかったり、「超!地図」はなんと銀河系外からの道順が書いてあったり、ツッコミどころ満載である。

 ご主人はおいしい紅茶が飲みたくてしょっちゅうインドに行っているうちに、店を開いてしまったそうだが、紅茶だけでなくインドカリーもなかなかのもので ある。インドカリー以外にもタイカリーやその他様々なオリジナルメニューもあり、まさにアジアの多様さを体現したような店である。辛いのが好きな人は頼めば辛くしてもらえる。

おすすめ:チキンマハラジャカリースペシャル


  ワンミント仙北市角館町岩瀬字花場下6-4、TEL&FAX0187-54-1315、11:00〜17:00(夜は4,5名から要予約))
 2年前、武家屋敷の街角館に初めてできた本格的なカレー店。カレー以外にもコーヒーとジャズ音楽もウリ。カレーは、コクのある欧風カレーの「母さんカ レー」、サラッとした南インド風の「父さんカレー」、母さんカレーと父さんカレーが半分ずつの「息子カレー」(笑)、そして父さんカレーにトマトと辛味を 加えた「娘カレー」(?)の4種があって、値段は650〜750円くらいである。

 私は大抵父さんカレーか娘カレーを食べるが、スパイスの効いた味わいで、 カレー好きにも満足できる味である。

 ご夫婦二人でやっている店だが、カレーもコーヒーもジャズももともとは旦那さんの趣味だそうである。にも関わらず、店は奥さんが一人で切り盛りしてい る。それもそのはず、旦那さんは公務員だそうで、兼業ができないのであった。閉店が17:00と比較的早いのも、旦那さんの夕食の準備があるからなのであった。旦那さんの定年まで、頑張れ!

おすすめ:父さんカレー、娘カレー


LUSH LIFE(湯沢市表町1-2-32、TEL0183-73-5676、10:00〜19:00、木曜定休)
 湯沢駅通り商店街から路地に入ったところにあるジャズ喫茶なのだが、ここの「特製印度カレー(辛口)」はかなりのものである。他にも「ビーフライス(牛丼)」、「ホットサンド(ツナ)」、「ピザトースト(サラミ)」などのメニューがあるが、脇目も振らず私はいつも「特製印度カレー(辛口)」である(笑)。

 ただし!ランチタイム終了後(14時)から夕方までの時間帯が要注意である。店は開いてるのに誰もいないという状況に遭遇することがある。まったく不用心である(笑)。ま、それでも何もないということは、湯沢という街の平和さを物語っているようで好ましい。ただ、この時間帯に訪れる際には事前に店に連絡を入れておくのがよいと思う。

おすすめ:特製印度カレー(辛口)

anagma5 at 12:12|PermalinkComments(1)TrackBack(0)clip!

2004年09月15日

東北の食べ処その2〜秋田県南地方の麺

74f34265.jpg 秋田の県南地方は、非常に「麺文化」の栄えている地域である。それも、横手市の「横手焼きそば」、十文字町の「十文字ラーメン」、羽後町西馬音内(にしもない)の「そば」、稲川町の「稲庭うどん」など、多種多様な麺が味わえるのが特徴である。

 今回は、これら秋田県南地方の食べ処を紹介したい。


焼きそばのふじわら
横手市寿町8-16、TEL0182-33-1648、11:30〜16:30 、木曜定休)
 最近売り出し中の横手焼きそばのお店。横手の焼きそばは太麺でモチモチっとした食感と上に乗った半熟の目玉焼きが特徴。これがまたうまいのに安い(300円〜)!

 地元の人はおやつ代わりに食べている。横手市内にはここを含めて、50軒くらいも焼きそば屋さんがある。

おすすめ:焼きそば


丸竹食堂
平鹿郡十文字町十文字新田字本町7-1 、TEL0182-42-1056 、11:00‐20:00 、木曜定休)
 十文字ラーメンは、細打ちの麺に醤油味のあっさりスープが特徴で、やはり地元の人はおやつ代わりに食べている。

 この丸竹食堂も麺は細打ちの縮れ麺、にぼしのダシが効いたスープは透き通っている。あっさりしているがまた食べたくなる懐かしい味の中華そばが味わえる。十文字町内ではここを含めて4件の十文字ラーメンの店がある。

おすすめ:中華そば


ダムの茶屋
雄勝郡皆瀬村川向小保内3、TEL0183-46-2444 、10:00〜17:00 、不定休)
 名前に惑わされてはいけない。妙な看板に惑わされてもいけない(写真参照)。ここは知る人ぞ知る稲庭うどんの名店である。なんと稲庭うどんの本家、稲庭吉左衛門のうどんを使っているのである。

 このうどんを使っているお店は、稲庭うどんの本場であるお隣りの稲川町でも見当たらない。ちなみに、稲庭吉左衛門のうどんを買おうと思ったら1年待ちだそうである。

 御年90歳の石山りつさんが40年以上店を切り盛りしている。笑顔が素敵なとってもあったかい方である。その石山さん自らが春先に山に入って取ってきたふきのとうの佃煮の瓶詰めもとってもおいしい。おみやげに最適。

おすすめ:稲庭うどん(温)


松屋雄勝郡羽後町西馬音内中野11-4、TEL0183-62-0628 、11:00〜18:00 、日曜
 羽後町西馬音内地区は重要無形文化財にもなっている盆踊りで有名だが、発祥が江戸時代にまで遡る手打ちそばも名物。

 有名なのは元祖で老舗の弥助そばだが、一押しは分家格の松屋。この地域特有の、つなぎにふのりを使ったそばは、コシがありながらものどごしがよく、つるつる食べられる。西馬音内地区には4軒のそば屋があるので、ハシゴもいいかもしれない。

おすすめ:もりそば、冷やがけそば


 ところで、私にはどうしても写真のシュールな看板と石山さんの温和な笑顔とが結びつかない。今度行ったらこの看板ができた経緯を石山さんに聞いてみようと思う。

anagma5 at 17:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!