稲庭うどん  

2007年12月27日

仙台散歩その22〜手打ちの讃岐うどんが食べられる隠れた名店

2b0f4dbd.jpg 香川と言えば、何と言っても讃岐うどんが有名である。一度だけ高松を訪れたことがあるが、うどんと言えば秋田の稲庭吉左衛門の稲庭うどんだと思っている私も(参照サイト)、この本場の讃岐うどんはおいしいと思った。

 市内には数多くの讃岐うどん店があるが、そのそれぞれに個性があり、同じ小麦粉で同じように太打ちのうどんが異なった味わいであることに、讃岐うどんの奥深さを垣間見た思いであった。

 折りしも全国的な讃岐うどんブームで、讃岐うどんのチェーン店が全国各地にオープンしていた。仙台にも何店かのチェーン店がオープンしたので、あの味を求めて行ってみたのだが、なかなかこれはという店には巡り合えないでいた。

 今回紹介する「手打ちうどん青い麦」(写真参照仙台市太白区郡山4-14-13、TEL022-248-0536、11:00〜20:00頃、途中休憩あり、日祝は15時頃まで、月曜定休)は、そうした全国チェーンではなく個人でやっているお店だが、おいしい讃岐うどんを食べられるオススメの店である。

 讃岐うどんは基本的にシンプルな食べ物であるだけに素材のよしあしが問われる。「青い麦」では、店の中の黒板に使っている食材の産地を明示している。うどんの小麦粉は宮城県産小麦とオーストラリア産小麦のブレンド、ネギは仙台の誇る曲がりねぎ、スリムネギも宮城県産、おろしに使われる大根も宮城県産と、小麦や野菜は地元のものが中心だが、塩は瀬戸内産、煮干しも香川産など、つゆは四国で固めているのが興味深い。当然つゆに化学調味料は使っていない。

 打ち立てのうどんはもちもちっとしていながらコシがあってみずみずしく、掛け値なしにおいしい。このような讃岐うどんが食べたかった、という感じである。様々なメニューが揃っており、きざみ油揚げ豚ねぎうどんが店の看板メニューだが、私のお気に入りは冷やし梅ねぎうどんとひやひやおろしうどん、いずれもシンプルな冷たいうどんである。

 この「青い麦」、唯一の難点は、場所が分かりづらいことであろうか。まさに隠れた名店と言うべき讃岐うどん店である。


追記(2014.5.15):この「青い麦」、その後2008年末に閉店してしまった。残念である。

anagma5 at 22:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2005年07月01日

東北の逸品その5〜能代・桔梗屋の翁飴

1c42b595.jpg  秋田県の県北にある能代市は能代工業高校に代表される「バスケの街」として有名だが、私的には以前紹介した十八番」のラーメンのある街である。それともう一つ、伝統ある「翁飴」のこともぜひとも紹介したい。私が能代に出張したりすると、土産は大抵この「翁飴」である。

 翁飴は能代市畠町の桔梗屋と いう菓子店が作った淡黄色の飴である。桔梗屋自体、実に文禄元年(1592年)創業という老舗中の老舗の菓子店だが、ここの翁飴も文化年間から約200年 の伝統を持っているという。

 飴とは言っても、餅とゼリーの中間のような独特の歯ざわりであり、口の中で噛むとやさしい甘さがほんのりと広がる。原料はもち米と大麦で、砂糖・添加物などを一切使用せずに、自家製の麦芽糖化水飴に「特別な原料」を配合して固形化している。その製法は桔梗屋の家業を継承している武田吉太郎家の秘伝とされ、一子相伝で伝えられている。

 職人も雇わず、すべて武田吉太郎氏一人の完全手作業で、仕込みから完成まで一週間もかかるので量産ができないそうである。前回紹介した稲庭吉左衛門の稲庭うどんを髣髴とさせるような話である。名前の由来は、滋養に富み、病人や老人にも食しやすいので長寿を全うできるという意味が込められているのだという。

  そうそう、この翁飴、真夏でも溶けないし真冬でも固くならない。他の菓子店でも「翁飴」と称した菓子を見かけることがあるが、ここのものとは別物で味もまるで違う。ぜひ一度「家伝元祖」の翁飴を味わってみてほしいと思う。ちなみに、家庭用のミニサイズが8個入り270円(写真参照)、贈答用の箱入りは18個入り650円からある。

anagma5 at 01:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2005年06月30日

東北の逸品その4〜稲庭吉左衛門の稲庭うどん

59ff46de.jpg  うどんと言うと、何と言っても香川の讃岐うどんが有名だが、日本三大うどんと言うと、この讃岐うどんと群馬の水沢うどん、そして秋田の稲庭うどんを指す(讃岐うどんの代わりに長崎の五島うどんとする説もある)。讃岐うどんや水沢うどんが太切りで腰の強さを売りにするのとは対照的に、稲庭うどんは細打ちで喉越しのよさを特徴としている。

 稲庭うどんの起源については諸説あるが、文献に初めて登場するのは寛文五年(1655)であるとされる。その後この「稲庭干饂飩」が秋田藩主佐竹家の御 用達となり、稲庭吉左衛門家が代々一子相伝でその製法を秘伝として受け継いできた。

 が、その系譜が途絶えるのを恐れた稲庭吉左衛門家が分家佐藤養助家にも その製法を伝授した。明治に入るとさらに多くの稲庭うどん製造元が誕生したが、その総本家はそのような経緯から紛れもなく稲庭吉左衛門である(現在第十六代目)。

 ところがこの稲庭吉左衛門の稲庭うどん、なかなか手に入らない。他の製造元が一部の工程を公開してたくさんの従業員を雇って大量生産を実現しているのに背を向けるかのように、頑なに昔ながらの稲庭吉左衛門氏一人の手作業を守り通しているために大量生産ができない。佐藤養助商店寛文五年堂稲庭手延製麺といった製造元の稲庭うどんは贈答品として広く流通しているのに対して、この稲庭吉左衛門の稲庭うどんは地元の人ですらめったに入手できない「幻のうどん」となっている。秋田以外の人は、そもそも稲庭吉左衛門のうどんのことをまず知らない。

 この稲庭吉左衛門のうどん、注文しても今や2、3年待ちだそうである。まさに幻のうどんだが、実は稲庭吉左衛門の稲庭うどんが買える可能性のある店が、私の知る限り秋田県内に2つある。一つは以前紹介したダムの茶屋」である。ここは稲庭吉左衛門のうどんが食べられる稀有の店だが、販売用に稲庭吉左衛門のうどんが置いてあることもある。それから、もう一つは秋田市仲小路にある「さかいだ」という食器店である。ここは稲庭吉左衛門の親戚筋に当たるということで特別に販売されている。が、いつもあるわけではない。入荷すると地元の新聞「秋田魁新報」に、ごく小さく広告が載ったりする。

 ダムの茶屋で稲庭吉左衛門のうどんを食べたことは何度もあるが、持ち帰り用のうどんを買ったことはなかった。が、先日さかいだで初めて購入することがで きた。入荷したてだったそうだが、既に残り少なかった。奮発して桐箱入りのものを買おうかとも思ったが、あまりに高いので(他の製造元のものの倍くらい)、結局家庭用の袋入りの切り落としにした(写真参照)。それでも同様の切り落としの倍近くの値段(1,465円)だった。

 ITが発達し、大抵のものはネット上で手に入れることができるようになったが、この稲庭吉左衛門のうどんは、まだネット上では手に入らないようである。

anagma5 at 23:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2004年09月15日

東北の食べ処その2〜秋田県南地方の麺

74f34265.jpg 秋田の県南地方は、非常に「麺文化」の栄えている地域である。それも、横手市の「横手焼きそば」、十文字町の「十文字ラーメン」、羽後町西馬音内(にしもない)の「そば」、稲川町の「稲庭うどん」など、多種多様な麺が味わえるのが特徴である。

 今回は、これら秋田県南地方の食べ処を紹介したい。


焼きそばのふじわら
横手市寿町8-16、TEL0182-33-1648、11:30〜16:30 、木曜定休)
 最近売り出し中の横手焼きそばのお店。横手の焼きそばは太麺でモチモチっとした食感と上に乗った半熟の目玉焼きが特徴。これがまたうまいのに安い(300円〜)!

 地元の人はおやつ代わりに食べている。横手市内にはここを含めて、50軒くらいも焼きそば屋さんがある。

おすすめ:焼きそば


丸竹食堂
平鹿郡十文字町十文字新田字本町7-1 、TEL0182-42-1056 、11:00‐20:00 、木曜定休)
 十文字ラーメンは、細打ちの麺に醤油味のあっさりスープが特徴で、やはり地元の人はおやつ代わりに食べている。

 この丸竹食堂も麺は細打ちの縮れ麺、にぼしのダシが効いたスープは透き通っている。あっさりしているがまた食べたくなる懐かしい味の中華そばが味わえる。十文字町内ではここを含めて4件の十文字ラーメンの店がある。

おすすめ:中華そば


ダムの茶屋
雄勝郡皆瀬村川向小保内3、TEL0183-46-2444 、10:00〜17:00 、不定休)
 名前に惑わされてはいけない。妙な看板に惑わされてもいけない(写真参照)。ここは知る人ぞ知る稲庭うどんの名店である。なんと稲庭うどんの本家、稲庭吉左衛門のうどんを使っているのである。

 このうどんを使っているお店は、稲庭うどんの本場であるお隣りの稲川町でも見当たらない。ちなみに、稲庭吉左衛門のうどんを買おうと思ったら1年待ちだそうである。

 御年90歳の石山りつさんが40年以上店を切り盛りしている。笑顔が素敵なとってもあったかい方である。その石山さん自らが春先に山に入って取ってきたふきのとうの佃煮の瓶詰めもとってもおいしい。おみやげに最適。

おすすめ:稲庭うどん(温)


松屋雄勝郡羽後町西馬音内中野11-4、TEL0183-62-0628 、11:00〜18:00 、日曜
 羽後町西馬音内地区は重要無形文化財にもなっている盆踊りで有名だが、発祥が江戸時代にまで遡る手打ちそばも名物。

 有名なのは元祖で老舗の弥助そばだが、一押しは分家格の松屋。この地域特有の、つなぎにふのりを使ったそばは、コシがありながらものどごしがよく、つるつる食べられる。西馬音内地区には4軒のそば屋があるので、ハシゴもいいかもしれない。

おすすめ:もりそば、冷やがけそば


 ところで、私にはどうしても写真のシュールな看板と石山さんの温和な笑顔とが結びつかない。今度行ったらこの看板ができた経緯を石山さんに聞いてみようと思う。

anagma5 at 17:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!